高知ファンクラブ

“高知をもっと元気にする”ボランティア集団、「高知ファンクラブ」の仲間が発信するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」・・・土佐の高知にありがとう(Ⅳ)リムジン

2016-07-16 | 鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」ほか

土佐の高知にありがとう(Ⅳ)リムジン  

                                      情報プラットフォーム、No.346、7(2016)

お遍路さん   (記;2001/7/8)

 四国八十八カ所巡りを始めました。ある時、あるお寺で、風呂敷に大量の納経帳を包んで添乗員がやってきました。「急いでいますので先にお願いします」と順番待ちの列の先頭に立ちます。観光客はバスから降りません。何のためのお遍路なのか分からなくなります。でも、私たちも大差ないことをしているように思えてきました。車でお遍路を続ける熱意はなくなりました。この事件は、お遍路さんのことを真剣に考える糸口を与えてくれました。仕事から解放されて、時間が取れるようになったら、何回かに分割してでも、歩き遍路をやろうとちえ子と約束しました。

 クリスチャンの彼女に、お遍路に対して抵抗がないのか尋ねました。自分の信仰と矛盾はしないとの答えでした。観光の一つと位置づけているのか、登山のように私に合わせているのか、1400㎞を歩くことに魅力を感じているのか、信仰の中で許容できる範囲なのかなど、詳しく聞きたいことがたくさんありました。でも、それ以上の詮索はしませんでした。

リムジンバス    (記:2001/8/11)

 高知を出たのは2000年3月10日、成田発でサンフランシスコに向かいます。大学の駐車場に車を置いて、工科大発9:00の高知空港行きのバスに乗ります。このバスに乗ったのは私達2人だけで、片道料金は500円でした。

 ナッシュビル空港から予約しておいたレンタカーで、Opryland Hotelに向かいます。このホテルは迷子になるほど巨大で、トロピカル・ガーデンを囲んで2800室もの客室、たくさんのホールや会議室があります。TMS(米国材料工学会)の講演大会がここで開かれます。その中に「シャービー教授引退記念シンポジウム」があります。ここで私も講演発表をし、Sherby先生ご夫妻にお会いし、有意義な楽しい数日を過ごすことができました。

 帰りは3月18日にシカゴ発、19日に予定よりも相当に遅れて成田に到着しました。荷物の特徴を聞いたエアラインの係が、いち早く我々の荷物を取り出してきます。税関を通り抜けると、荷物を持って羽田行きのリムジンまで走ってくれます。羽田からの高知行きの最終便に間に合いました。高知空港発20;30の工科大行きのバスに乗ります。我々2人だけです。この3月の一か月間だけ試験運行している土佐電鉄のバスです。アメリカでの会議に出席する私達のために運行してくれたように思えてなりません。

 横浜の我が家は東急田園都市線のたまプラーザでした。我が家に帰るとき、羽田空港で新横浜行きのリムジンに乗り、そこから市営地下鉄、そして東急線に乗り換えます。札幌に住んでいた時も、高知に住んでからも、戻るときはその路線でした。2年ほど前に新規路線が開設されました。リムジンバスの運行が、羽田空港―たまプラーザ駅間で始まったのです。片道料金は1100円ですが、時には乗り残しがでるほどの盛況です。便数もどんどん増えています。時間帯によっては15分毎に出ています。

 首都圏と地方との格差が拡がっていく典型的な例に思えます。我々が度々利用したエア・ニッポンの高知―札幌便が廃止になります。テレビが今そのことを報じています。同じように淋しい話です。

 いま思い起こすと、アメリカからの帰り、高知空港から土電バスに乗ったのは夢ではなかったかと思います。ちえ子はバスを降りなかったのでしょう。ちえ子が乗り換えたのは、銀河鉄道バスだったようです。今頃、どこかの星座を走っているのです。

註)Stanford大学名誉教授、Oreg D.Sherby氏は2015/11/9に90歳で逝去された。文部省在外研究員としてスタンフォード大学に滞在中(1974~1975)に彼には家族ぐるみでお世話になった。

 

ご感想、ご意見、耳寄りな情報をお聞かせ下さい。

鈴木朝夫  s-tomoo@diary.ocn.ne.jp 

〒718-0054 高知県香美市土佐山田町植718     Tel 0887-52-5154、

携帯 090-3461-6571  

 

 鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2016年~現在に至る) 

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2012年~2015年

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2008年~2011年)

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次(2002~2007年 )

高知県産業振興センター発行の情報誌「情報プラットフォーム」に掲載された 「ぷらっとウオーク」 を、「高知ファンクラブ」事務局の要請を受けて、ブログでも紹介させていただくことにしました。
どうぞよろしくお願いします。     HN:鈴木朝夫

 

 鈴木朝夫の講演・出版の記録 目次

こんな祝う会も・・・鈴木朝夫先生の叙勲を祝う会 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」・・・土佐の高知にありがとう(Ⅲ)、プリティ

2016-06-28 | 鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」ほか

土佐の高知にありがとう(Ⅲ)、プリティ 

                                            情報プラットフォーム、No.345、6(2016)

 年の初めと大型連休に民放のBSJで「プリティ・ウーマン」が放映された。十数年前とは異なり2人で鑑賞した。なお、今回はタイトルを元の「土佐の高知にありがとう」に戻す。

プリティ・ウーマン  (記: 2001/10/1)

 去年の今頃は、退院してきたちえ子と一緒に、この我が家で月を眺めていました。今年(2001)のゴールデンウイークの頃には、一茶の「名月や 膳に這いよる 子があらば」を思い、名月の季節は来ないで欲しいと願っていました。(註:ちえ子の命日は2000/12/16)

       去年(こぞ)見てし 秋の月夜(つくよ)は照らせれど

                  相見し妹(いも)は いや年さかる

と柿本人麻呂は詠んでいます。昨夜の高知には、大雨に関する注意報が出ていました。当然ながら、宵待の月は見えませんでした。

 そんな土砂降りの雨の夜に電話が鳴りました。「映画『プリティ・ウーマン』を見たことありますか。世間的には、まったく不釣り合いなと感じさせる組み合わせのところが、私たちの場合と少し似ています。今そのビデオを見終わったところです。返すまで一週間ありますから、是非見て下さい」という彼女からの電話でした。「見ていません。でも、『マイ・フェア・レディー』の現代版のように思いますが」と答えました。

 夜来の雨も午前中には上がっていました。仕事を終わっての帰り道、彼女のお店に立ち寄ってそのビデオを借りてきました。今日は中秋の名月です。座っている食卓から月は見えませんが、庭は昼間のように明るくなっています。ガラス戸に近づいて、軒先を見上げれば、月は煌々と輝いています。わずかに残っている雲に時々顔を隠します。少し左側が薄くなっているように感じられます。本当の満月は明日の十六夜の月なのでしょうか。

 コップに注いだビールを呑みながら、ビデオのスタートボタンを押しました。リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが主演と出てきます。10年前の映画です。プライドを傷つけられたまま、一週間の契約が終わり、報酬も受け取らず、憤然として高級ホテルを出ていくビビアン。フランス映画ならここで終わりです。そんなはずはない。でも、そうだとすれば、彼女は何を伝えたいのだろうと不安がよぎります。

 イングリッド・バーグマンとハンフリー・ボガートの「カサブランカ」、グレゴリー・ペックとオードリー・ヘップバーンの「ローマの休日」などの別れを思い出します。ホットしました。「プリティ・ウーマン」はハッピーエンドのアメリカ映画でした。

 見終わった丁度その時、「見ていますか。私の部屋から月が良く見えます」と電話がありました。「いま、『プリティ・ウーマン』を見終わったところです。月も見ています」、「如何ですか」。一緒ではありませんが、いま同じ月を見ている人が確実に居るのです。いま同じ映画を見て、感動を語り合える人がいるのです。この巡り合わせを作り出してくれた演出者に「有難う」を言いたいのです。そして、ちえ子さん、私たちを見守って下さい。

 「私は今も山に登っています。私は高所恐怖症ではないのです。花束を持って非常階段を上がるとき、びくびくしないと駄目なのですか」、「デンタル・フロスを使っていますか」、「あれよりもっと大きい双発のジェット機しかないのです。ボーイング767型で我慢して下さい」、「ロータスでないのは残念だけど今度のドライブでは、私のレガシー・ランカスターを運転してください」,「ユニクロやダイエーには、最高級の得意さんとして丁寧に扱うよう話を付けておきましょう」などと冗談が次々と出てきます。 

 

ご感想、ご意見、耳寄りな情報をお聞かせ下さい。

鈴木朝夫  s-tomoo@diary.ocn.ne.jp 

〒718-0054 高知県香美市土佐山田町植718     Tel 0887-52-5154、

携帯 090-3461-6571  

 

 鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2016年~現在に至る) 

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2012年~2015年

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2008年~2011年)

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次(2002~2007年 )

高知県産業振興センター発行の情報誌「情報プラットフォーム」に掲載された 「ぷらっとウオーク」 を、「高知ファンクラブ」事務局の要請を受けて、ブログでも紹介させていただくことにしました。
どうぞよろしくお願いします。     HN:鈴木朝夫

 

 鈴木朝夫の講演・出版の記録 目次

こんな祝う会も・・・鈴木朝夫先生の叙勲を祝う会 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫達と石垣市のバンナ公園・世界の昆虫館に行ってきました

2016-06-12 | 石垣島から情報発信

孫達と石垣市のバンナ公園・世界の昆虫館に行ってきました

 ( じいじと孫たちの石垣島アラカルト

昨日の6月11日(土) 、3年生の孫の「昆虫館へ連れて行って!」 のリクエストで、3人の孫と一緒に バンナ公園 世界の昆虫館に行ってきました。2か月ぶり2回目の訪館でした。

 

 ヘラクレスオオカブトの標本を見ながら、3年の孫が短時間で描いたクレヨン画。山田守館長がほめてくれて、館に貼っておくよ!と言っていただき、絵を描くのが好きな孫は大喜びでした。

 世界の昆虫館    http://konchukan.isigaki.info/

 場 所:沖縄県石垣市登野城 県立バンナ公園北口駐車場より徒歩1分 バンナカフェ隣    電 話:0980-82-6993(バンナ公園事務所)

 

 開 館:10:00~17:00(最終入館 16:30)  駐車場:北口駐車場無料

 入場料:大人 300円 小中校生 100円 未就学児童無料(保護者同伴) 割 引:20名以上 10%引   

 

世界40カ国の昆虫を展示 世界の昆虫館   (八重山毎日新聞 2012年01月03日 より一部抜粋 )

クワガタや「虫キング」もいるぞ   

バンナ公園北口に昨年4月22日、「世界の昆虫館」がオープンした。館内に入ると、色鮮やかなチョウが目に飛び込んでくる。子どもたちに人気のクワガタ、カブトムシの標本がずらり。生きたヘラクレスオオカブトもいる。昆虫館には世界40カ国、350~400種の昆虫1000匹が展示されている。  館長をしているのは山田守さん(66)。小学校2年のチョウの収集を始めたというから、かれこれ60年近くも昆虫とつきあっている。山田さんは奈良の生まれだが、父親の転勤や自分の転勤で国内各地で収集してきた。ドイツ型標本箱という収納ケース(41.5センチ×50.5センチ)300個分。山田さんは2001年7月、家族とともに石垣島に引っ越してきたが、「自分一人で標本を抱えるものではない。島の人たちが見る機会をつくりたい」と思い続けてきた。  そんな折、バンナ公園を管理する県の人に、標本を展示する場所がないか相談してみた。山田さんは5年前からバンナ公園内の「蝶園」をボランティアで世話しており、県の担当者も提案を受け入れてくれた。  管理施設だったところを改修してつくられた昆虫館は、24時間空調で温度と湿度が一定。日光を遮断するため窓は一つもない。照明は人がいないときは自動的に消える仕組みになっている。山田さんは「本格的な標本の博物館」と県に感謝している。運営はもちろんボランティア。山田さんのほかに2人のスタッフがいる。みんな昆虫に詳しいから何でも聞いてみるといい。  山田さんの願いは、多くの子どもたちに昆虫館を訪れてもらうこと。小さな生き物に関心をもてば、小さな生き物も住む自然環境を大切にする心が育ってくるはずだと信じているからだ。・・・

 

 館長の山田守さんは、家族で訪れる子ども達にやさしく昆虫の話をしており、聴いた子ども達は目を輝かせながら、展示を見ていました。

 

(八重山毎日新聞 2012年01月03日 より一部抜粋 ) 山田さんによると、昆虫館があるバンナ公園は、有名な採集地。ここで発見されたチョウやガは多い。与那国島で初めて発見されたヨナグニサンもいたんだ。1973826日に日本鱗翅学会会長の岸田康則氏が採集したもので、寄贈標本には「当時は珍しくなかったようですが、今では全く見られなくなってしまいました」とのコメントがある。

 オオゴマダラが正面(真ん中)のハウスで見ることが出来ます。ご自由にどうぞの標識がありました。

 

 子ども達に人気のカブトムシやクワガタ。何日か前に仕掛けたパイナップルの食べかすから、クワガタを捕獲して子ども達に見せていました。これからもう一度、昨日のパイナップルの食べかすを仕掛けに行くけど、行ってみるかい?とこども達を誘ってくれました。子ども達は喜んで現地へ…

 

 オオゴマダラが正面(真ん中)のハウスで、沢山飛んでいました。石垣市の市蝶 オオゴマダラが蓬莱鏡(ホウライカガミ)に卵を産み付けています。

食草ハウスでは、オオゴマダラの食草であるホウライカガミの葉っぱが幼虫に食べられて弱っているのを養生しているのだそうです。

孫たちの通う小学校には、校舎に隣接して”ちょうちょランド”と言う名の建物があり、オオゴマダラを飼育しているようです。

 旅をする蝶、アサギマダラ・・・高知県香南市 サンポウ・・・でマーキングされたアサギマダラが、小浜島で捕獲された標本も展示されていました。

 石垣島にサソリも居るのか!とびっくりでした。そう言えば竹富島でも、修復用に積んでいた赤瓦の中からサソリが出てきたことを思い出しました。

小浜真英氏(瓦職人)作のシーサー その8 赤瓦

 

 石垣島のセミやクワガタ・バッタなど、移住間もない私にとっても、嬉しい展示が沢山ありました。

 

(八重山毎日新聞 2012年01月03日 より一部抜粋 )  運営はボランティア。山田さんのほかに2人のスタッフがいる。・・・とのこと、関係のスタッフの皆さんに感謝です。子ども達とお礼を言って、館を後にしました。

  

じいじと孫たちの石垣島アラカルト

じいじとばあばの おいしんぼ日記

琉球割烹ダイニング司<つかさ>

琉球割烹 司(つかさ) 二号店

石垣島、竹富島、鳩間島、西表島に関する記事

小浜真英氏(瓦職人)作のシーサー に関する記事

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月8日、28年度 第110回 石垣市ハーリー大会が開催されました 

2016-06-09 | 石垣島から情報発信

6月8日(水)、28年度 第110回 石垣市ハーリー大会(爬龍船競漕大会)が開催されました    ( じいじと孫たちの石垣島アラカルト

 

このハーリー大会(爬龍船競漕大会)は石垣市では、明治39年に催されて以来、毎年旧暦5月4日に行われているそうです。今年は6月8日(水)で、110回の節目の大会でした。このハーリーは14世紀頃に中国から伝わり、琉球王朝時代の国家的行事として催されて以来、沖縄独特の文化として発展継承されて、現在では豊漁を祈願する海の祭典として、沖縄県内各地で開催されているようです。

孫二人が通う八島小学校では、ハーリーの日は学校が休みになり、4歳の孫が通う幼稚園もハーリー見学に行くと出席扱いにします…でした。。(この小学校では、前週の日曜日を 弁当持参の登校日として授業をするとともに、午後は恒例のクリーン大作戦として、保護者を交え学校周辺や近くの登野城漁港・マンタ公園などの周辺のゴミ拾いをハーリー前に実施しました。)6月8日(水)は、パパの車でハーリー見学に行きました。

登野城漁港・マンタ公園のすぐ北に位置する我が家の二階からは、登野城漁港に所属する東1組と東2組の二つのチームが、ハーリー大会を前にして漁港内で若者たちがハーリー競争の練習や、女性部の方たちが踊りの練習をしている光景が、掛け声や音楽と共に見えていました。

ハーリーの朝、6月8日6時前からの早朝ウォーキングに出発して間もなく、糸数御嶽で東一組が神事をしているところに通りかかりました。

 早速、持っていた携帯のカメラで取材を…

 

 糸数御嶽での神事に続いて、港での行事にも同行して取材しました。

2月に高知市から石垣に転居した私たちは、この 伝統行事を一目見たいと思っていたので、実にタイミング良く遭遇したものでした。

糸数御嶽での神事に続いて、港でも豊漁と安全操業を祈願する 神祭。

 ハーリー競技に参加する海人(ウミンチュ)の若者と、応援する女性部の方達の息の合った伝統の流れを見ることが出来ました。

 

 ハーリー大会(爬龍船競漕大会)に参加する海人が港の中をハーリー舟に乗って廻り、太鼓などをたたいて女性部の皆さんが鼓舞して雰囲気を盛り上げていました。

 

 大会は石垣漁港で行われ、海人(ウミンチュ)たちが地域のプライでをかけて、力強い櫂さばきで熱い競漕を繰り広げました。

本バーリーは東一、東二、中・西合同の3チームで、中・西合同が総合9連覇を達成したそうです。このほか中学校、団体、マドンナなどのレースに140組1400人が参加して、海人の伝統行事を盛り上げていました。 

 海人3チームによる競技最初の「御願ハーリー」と、中盤の「転覆ハーリー」(レース中に2回、旗の合図を見て自分たちの乗っている舟を転覆させ、いち早く立て直して速さを競う)は迫力がありました。

 途中で少しの間、風と雨で海に波が立っていましたが、直ぐにおさまり競技が続けられました。あまりに暑いので最後までは観覧かなわず、会場を後にしました。

 ハーリー大会終了後の神祭の様子を、家のすぐ近くにある登野城漁港の東一組を取材しました。

 

 多くの関係の皆さんが参加して、ステージの舞踊などを観ながらビールや泡盛などで親交を温めていました。宴は夜遅くまで、我が家にも聞こえておりました。

ハーリー大会では、女性部舞踊披露で、東一組20名は「恋の初み」「谷茶前」を、東二組30名は「鳩間節」「東二組ぬアバァ小ター」を踊るプログラムになっていました。

  

じいじと孫たちの石垣島アラカルト

じいじとばあばの おいしんぼ日記

琉球割烹ダイニング司<つかさ>

琉球割烹 司(つかさ) 二号店

石垣島、竹富島、鳩間島、西表島に関する記事

小浜真英氏(瓦職人)作のシーサー に関する記事

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知県産のキビナゴが入荷!刺身とにぎりでいただく (司つかさ 本店)

2016-06-05 | 石垣島から情報発信

高知県産のキビナゴが入荷!刺身とにぎりでいただく (司つかさ 本店)  

じいじとばあばの おいしんぼ日記  

6月3日、高知県産のキビナゴが入荷!刺身とにぎりで いただきました。  

じいじとばあば二人とも今夜も、最初にオリオン ドラフト 生ビールを飲んで、その後6月から日本酒に変えて・・・今夜は高知の酒(酔鯨酒造)で、酔鯨(すいげい) 竹壽 冷用酒。常連客でこれしか飲まない方が、”日本酒の域を超えている”とおっしゃっているとか! メニューには「スーと入る呑み口 幅のあるしっかりした味わいと キレ味が良く出ています」 日本酒度 +6 酸度 1.5  

 ボトルを氷の中に入れて、冷やしながら、冷酒で頂きました。 

 

焼きナスを美味だしでいただく・・・ナス好きの私の、嬉しい一品です。 

今日、高知県産のキビナゴが入荷! 早速刺身にしてくれました。キビナゴの美味しい時期で、卵や白子を付けたままで刺身にしてくれており、これが絶品でショウガ醤油でいただきました。口の中で甘みが広がります。 

そのキビナゴを、大将が得意のにぎりにしてくれました。 

エンドウ豆の磯辺揚げ。たびたび大阪からご夫婦で石垣に来られている常連客の、ご主人手づくりのエンドウをいただいたそうで、なんと甘くて海苔の香りと相まって美味しくいただきました。 

 ゆし豆腐とヤンバル地鶏を、原木シイタケのだしを効かせた、お吸い物。 

ネットからの情報: ゆし豆腐は 沖縄の郷土料理で、豆乳に にがりを入れただけで枠に入れて固める前のやわらかいおぼろ状の豆腐。そのまま しょうゆをかけて食べるほか、みそ汁などの具にしたり、沖縄そばにのせたりして食べる 。  

  

 

 

 琉球割烹 司のFacebook  

じいじとばあばの おいしんぼ日記 

琉球割烹ダイニング司<つかさ> 

じいじと孫たちの石垣島アラカルト 

石垣島、竹富島、鳩間島、西表島に関する記

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パダラーとヤガラとロウニンアジの命を懸けたバトルを垣間見る・・・

2016-05-30 | 石垣島から情報発信

パダラー(ヤクシマイワシ)とヤガラとロウニンアジの命を懸けたバトルを垣間見る・・・じいじと孫たちの石垣島アラカルト

 

5月25日(水)と26日(木)の朝6時、孫と早朝ウォーキングの予定を変更して、パパが魚とりに連れて行ってくれるというので、パパと孫と家のすぐ近くの港へ。

5月25日(水)、パダラー(ヤクシマイワシ)の群れが岸近くに来ており、パパはこれを投網で一網打尽にしたいと近づきますが、人の気配を察知して群れは投網の届く範囲から離れてしまいます。投網を一度だけ投げて、20匹くらい捕獲。

その後、岸近くへヤガラが来たので、捕獲したパダラーを釣り針に付けて鼻先に持っていきますが、死んで動かないパダラーには興味が無いようでした。パパは地獄針を、遠くにいるパダラーの群れの中へ投げてしゃくります。何回か繰り返して、パダラーを引っ掛けました。すぐさまそれを釣り針に付けて、ヤガラの鼻先に持って行くと、見事に食い付きました。

ヤガラをリールで巻き上げていると、沖からパダラーの群れがロウニンアジ一匹に追われて岸の方へ逃げてきたのです。パダラーは岸の方でも逃げ回っていましたが、追っていたロウニンアジが突然、食い付いて巻き上げられているヤガラに咬みつこうとしたのです。さすがに大きすぎてすぐ止めて、パダラーを追いながら沖の方に姿を消しました。一瞬の出来事でしたが、パダラーとヤガラとロウニンアジの命を懸けたバトルをこの目で見ることが出来ました。

パパの話では、年に二回パダラーの群れが港の岸にやって来て、投網で捕獲する。うまく捕獲できるタイミングは、パダラーの群れがロウニンアジの群れに追われて岸に来た時で、その時にロウニンアジも釣ることが出来る・・・その時期が近づいているとのことである。

25日、夕食をいつものように1階の 割烹 司でいただきました。そのメニューに今朝捕獲したパダラーとヤガラの料理を加えてくれました。

 パダラー(ヤクシマイワシ)は、あまり流通することはないが、ごく一部の釣り人や漁師の知る人ぞ知る美味しい魚・・・名前に「イワシ」と付くが、マイワシやカタクチイワシなどとは全くの別物。

パダラーのタタキ、10㎝位の小さな魚体ですが、三枚にさばいて 活け作りに!切り身に新鮮野菜を加えて・・・

食べた後はこのような形で、これをから揚げにしてもらい、頭から全部いただきました。から揚げの美味さと香ばしさは、エイグア(アイゴ)と比肩するもので、人気があるはずだと・・・実感しました。

ネットからの情報: ヤクシマイワシは、 名前に「イワシ」と付くが、マイワシやカタクチイワシなど一般的にいうイワシ類がニシン目に属するのに対して、本種を含むグループはトウゴロウイワシ目に属す全くの別物であり注意が必要だ。背側は薄い鶯色から青っぽい色をしており、体側は銀白色。 分布: 三重県、高知県、九州南岸、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。  あまり流通することはないが、ごく一部の釣り人や漁師の知る人ぞ知る美味しい魚だ。 

 5月26日(木)の朝は、群れが岸近くにいなくて捕獲できませんでしたが、司 二号店で幼稚園児の孫と昼食をした後、遊びがてらに港のポイントへ寄りました。潮は相当引いており、パダラー(ヤクシマイワシ)が網の投げられる距離に集まっているのを発見。パパに話すと、すぐさま現地へ。海水に腰までつかりながら近づくと、ゆっくり集団は広がっておりましたが、投網は見事に開いて30匹ほどのパダラーを捕獲しました。丘へ持って来て、投網からぴちぴちする魚体を外すのも、興奮する一瞬でした。

 5月26日(木)の夜は、パダラーのから揚げもメニューに加わり、妻と二人で美味しいを味わいながら・・・今夜の酒の銘柄は「むかしむかし」の焼酎の湯割りでした。

 

  

じいじと孫たちの石垣島アラカルト 

じいじとばあばの おいしんぼ日記

琉球割烹ダイニング司<つかさ>

石垣島、竹富島、鳩間島、西表島に関する記事

小浜真英氏(瓦職人)作のシーサー に関する記事 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物部川こども祭、予定通り 実施します

2016-05-29 | 高知のイベント情報

本日(5月29日)の、第5回物部川こども祭 

   予定通り実施します。

       ご家族そろってお越しください。

 

こども祭

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物部川こども祭 2016年5月29日 10時から15時 開催します

2016-05-23 | 高知のイベント情報

物部川こども祭 2016年5月29日 10時から15時 開催します。

第5回物部川こども祭 5月29日(日)のご案内

香美市香北町のアンパンマンミュージアム前広場で、10時から15時まで開催します。ご家族そろってお越しください。

 

こども祭

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」・・・御礼、七人の高知の恩人 

2016-05-22 | 鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」ほか

御礼、七人の高知の恩人         

                                             情報プラットフォーム、No.344.5(2016)

 公的な立場での多様な出会いはそれとして、ボランティア活動に誘って下さった方々、その活動を通じて知り合った方々から、高知の豊かさや楽しさをご教授頂いた。”土佐の高知にありがとう“とお礼を申し上げる代表としてこの七人の方を選ばせて頂いた。

 沖野和賀子さん そして 沖野誠一さん,今戸道子さん

 高知に来てすぐの夏に、猪野沢温泉の吉井勇ゆかりの渓鬼荘に2泊した。この時が、沖野和賀子さんとご母堂の今戸さんにお会いした最初である。一枝との再婚に当たり橋本知事夫妻をお呼びしての披露宴を企画したのは和賀子さんである。{予定調和とは「赤い糸で結ばれていること」}、鈴木夫妻を祝福する会での挨拶(2002/11/2)。お嬢さんの沖野沙耶香さんは高知工科大学に入学し、卒業された。{高知工科大学の効果は大}

(本誌、No.297、6(2012)。また、一枝の実家の新築は沖野建築にお願いした。NPO牧野の森(くるくる五台山)、四国八十八ケ所ヘンロ小屋プロジェクトなどが活動の場となった。

 坂本耕平さん そして 坂本規子さん

 初めは森の音楽会運営委員会委員長に請われ、森の情報交流館ネットワークなど次々に、そして最後に,各(鏡川、潮江、仁淀川、物部川など)こども祭実行委員会と続いた。数多くのグループ間の情報交流の役割を持つのが代表を務める高知ファンクラブである。{情報交流館ネットワーク}(本誌、No.287、8(2011))、{巨樹・巨木と古仏・名刹}(本誌、No.257、2(2009))、{地震発生3分間、災害後3時間、生き延びて3日間}

(NHKおはようネットワーク『防災マガジン』、2014/2/10、07;40、{森のこども祭、いつ、どこで&どのように}(本誌、No.331&No.332、4&5(2015))などで述べたように、活動内容は多面多次元的である。坂本耕平による被害者の会では最高顧問に就任するつもりでいる。

日和崎三郎さん

 高知県宇宙利用推進研究会(てんくろうの会)の仕掛人である。県内の18の蔵元、ひまわり乳業などの方々と親しくさせていただいた。{土佐の宇宙酒}(本誌、No.218、1(2005))、{夢}(本誌、No.232、1(2007))。花伝説プロジェクトでは、高知からひょうたん桜と稚木の桜が宇宙桜になった。{花伝説・宙へ!}(本誌、No.265、10(2009))

杉本昭壽さん

 メタンハイドレート開発研究会は彼の独創的な掘削法が発端にある。視点を変えたユニークな発想の持ち主である。{活力は土佐沖の海底より出づ}(本誌、No.280、1(2011)。

森崎さとさん

 南国ご免の「喫茶ともだち」の常連客。一枝さんとの出会いのチャンスを創出してくれた。最初のコメントは「調理の腕は抜群。毎日、美味しいものが食べられます」であった。

依光美代子さん そして 依光正隆さん

 一人だけになった正月、2001/1/7の夕方、家に帰ると車庫の梁にレジ袋がぶら下がっていた。森ときのこを愛する会への入会が同じ日の美代子さんからの「七草がゆ」の贈り物だった。

ご夫妻とご一緒に香美市合併記念ウオーキング(大栃~山田間(30㎞))を歩いた。

(故)島崎俊弘さん

 きのこの会の会長さん。最初から、「先生」でなく、「鈴木さん」と呼んでくださったのが嬉しかった。様々なキノコの入ったキノコ汁が美味しかった。{ウスキキヌガサタケ}

(本誌、No.203、8(2004)、{ネバネバ、ヌルヌル、ツルツル}(本誌、No.228、9(2006)) 

 

ご感想、ご意見、耳寄りな情報をお聞かせ下さい。

鈴木朝夫  s-tomoo@diary.ocn.ne.jp 

〒718-0054 高知県香美市土佐山田町植718     Tel 0887-52-5154、

携帯 090-3461-6571  

 

 鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2016年~現在に至る) 

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2012年~2015年

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2008年~2011年)

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次(2002~2007年 )

高知県産業振興センター発行の情報誌「情報プラットフォーム」に掲載された 「ぷらっとウオーク」 を、「高知ファンクラブ」事務局の要請を受けて、ブログでも紹介させていただくことにしました。
どうぞよろしくお願いします。     HN:鈴木朝夫

 

 鈴木朝夫の講演・出版の記録 目次

こんな祝う会も・・・鈴木朝夫先生の叙勲を祝う会 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜は石垣の美味しい! が、満載のメニュー(司つかさ 本店)

2016-05-22 | 石垣島から情報発信

今夜は石垣の美味しい! が、満載のメニュー(司つかさ 本店)

じいじとばあばの おいしんぼ日記

5月11日、今夜は地元石垣島の美味しい! が、満載のメニューでした。

今夜の石垣は24度、涼しいのでじいじとばあば二人ともビールはやめて、いつものクロジョカでの焼酎の湯割りにしました。銘柄は「農家の嫁」、コガネセンガンと言う品種の芋(焼き芋にして)で造られているとか・・・。あまり芋の匂いを主張せず、まろやか…でした。

石垣牛のタタキ、島豆腐に酒盗をのせて、水なすにちりめんをはさんで鰹節を効かせて、地元のもーうり(まくらうり)に土佐酢を利かしてカリカリ感の残るさっぱり味の酢の物でした。

次は石垣島近海で獲れだした天然の本マグロ(黒まぐろ)の大トロ、石垣産のクルマエビ、そして地元の釣り好きの常連客Yさんが今日釣りあげたアカグチサヨリの3種類の刺身です。

地元の釣り好きの常連客Yさんが今日釣りあげたアカグチサヨリのからあげです。中骨の両脇に切れ目を入れて揚げているので、骨もパリパリに揚がって丸ごとかぶりつくと、香ばしさが口中に広がります。揚げ具合に、職人技を感じる一瞬です。

〆は、天然本マグロの大トロにぎり(にぎりの上に本マグロの脂部分を切って焙ったものをのせています)と、クルマエビのにぎりです。極上の味に、しばし至福に浸っておりました。

 

 

 

琉球割烹 司のFacebook 

じいじとばあばの おいしんぼ日記

琉球割烹ダイニング司<つかさ>

じいじと孫たちの石垣島アラカルト

石垣島、竹富島、鳩間島、西表島に関する記事

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」・・・感謝です。私の三度目の退職

2016-05-14 | 鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」ほか

感謝です。私の三度目の退職     

                                         情報プラットフォーム、No.343、4(2016)

 今年、2016年を、私の3度目の退職の年にしたいと考えている。1955年に大学を卒業し、その東京工業大学で、教育・研究・社会貢献に関わり、北海道大学に移った。高知に関わったのが、1993年に高知県工科大学計画策定委員会・設立準備委員会委員に任命されたときである。その高知工科大学を退職したのが2001年で、第1回目の退職である。

 続いて就任した県産業振興センター理事(プロジェクト・マネージャー)、そして県公安委員会委員(委員長)などの公職を退任したのが2006年である。2度目の退職になる。

 その後も現在まで、名刺に載せきれないほどの数の役職・名誉職が出てくる。昨年度当初の役職で見れば、高知県児童生徒表彰選定委員長、こうち産業振興基金(販路開拓支援事業等)助成対象事業審査会委員長、こうち農商工連携基金助成事業審査会委員長、高知県防災関連製品認定審査会委員長、四万十ブランド認定委員会委員長、香美市障碍者自立支援協議会委員、南国市産学官連携ビジネスプラン審議会委員長、南国市高齢者及び障害者虐待防止ネットワーク委員会委員などであり、これに高坂学園生涯老人大学学長が加わる。全体を眺めてみると、新産業・地域振興、教育・子育て、防災・減災・安全、健康・福祉、など行政の広い範囲に関わっている。

 ボランティア活動でも、森の情報交流館ネットワーク代表、高知県宇宙利用推進研究会(てんくろうの会)会長、高知県メタンハイドレート開発研究会代表、高知ファンクラブ代表、NPO牧野の森(くるくる五台山)理事長、各(鏡川、潮江、仁淀川、物部川、森の、木の)こども祭実行委員会委員長、防災用品普及ネットワーク高知代表、高知県エコデザイン協議会理事、高知県技術者協会理事、高知県森と緑の会顧問、高知県緑サポーター会顧問、地方仏研究会顧問、アサギマダラの里in秋葉山顧問、83(蜂さん、ハチミツ)プロジェクト顧問、高知県緑と水の会会員、森ときのこを愛する会会員、土佐塩の道保存会会員などがある。活動の範囲はさらに広がっており、対象は、子供から老人まで、過去から現在そして未来まで、空(宙)から海(底)まで、里山・里川・里海など、その多様性には“びっくりポン”である。お陰様で地縁が開け、高知での生き甲斐をたくさん頂くことができた。移住のハシリとしてその気にさせてくれた高知の方々に感謝である。

 1932年生まれの私は、申年の今年、2016年10月10日で、満84歳になる。昨年の免許更新に際しては5回目の高齢者講習を受けた。免許返納も考えたが、先に延ばすことにした。その後、歩行機能に異常が出てきた。パーキンソン症候群(神経変性疾患)の一種と診断された。(註)階段に手すりを設置し、筋力低下を防ぐためにリハビリに通っている。転倒して大怪我をするようなことがあれば、皆様に大変なご迷惑をお掛けすることになる。

 3度目の退職を考える時にあるように思える。ただし、ボケは来ないどころか、頭はますます冴えている。この退職は、順次ご辞退を申しあげての軟着陸でいきたい。

 情報プラットフォームにエッセイを書き始めたのが2002年(本誌No.175,5(2002))である。最初は編集後記が欲しいとの発想で、職員が皆で、順番で、書いてもらうつもりだった。

続く人が出なかった。しかし、2004年度から「センター職員のひとりごと」の欄が設けられ、今では似顔絵付きで、仕事や趣味などの感想や提言が掲載されだした。目的の一つが果たされたと感じている。誰かに引き継いでもらう潮時かも知れない。しかし、「土佐の高知にありがとう」シリーズが整ってきた。今年度も順次掲載させて頂きたい。註){急速に「老人力」が増しているこの頃}、本誌、No.337、10(2015)

 

 

ご感想、ご意見、耳寄りな情報をお聞かせ下さい。

鈴木朝夫  s-tomoo@diary.ocn.ne.jp 

〒718-0054 高知県香美市土佐山田町植718     Tel 0887-52-5154、

携帯 090-3461-6571  

 鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2016年~現在に至る) 

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2012年~2015年

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次のつづき(2008年~2011年)

鈴木朝夫の「ぷらっとウオーク」 目次(2002~2007年 )

高知県産業振興センター発行の情報誌「情報プラットフォーム」に掲載された 「ぷらっとウオーク」 を、「高知ファンクラブ」事務局の要請を受けて、ブログでも紹介させていただくことにしました。
どうぞよろしくお願いします。     HN:鈴木朝夫

 

 鈴木朝夫の講演・出版の記録 目次

こんな祝う会も・・・鈴木朝夫先生の叙勲を祝う会 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珍味をいただく! (司つかさ 本店)

2016-05-13 | 石垣島から情報発信

珍味をいただく! (司つかさ 本店) 

じいじとばあばの おいしんぼ日記

 

5月12日、今夜は珍味をいただく! ことが出来ました。 

じいじとばあば 二人とも最初にオリオン ドラフト 生ビールを飲んで、その後は昨夜の美味さをもう一度と言うことで、定番のクロジョカを使っての湯割りで、銘柄は「農家の嫁」、コガネセンガンと言う品種の芋(焼き芋にして)で造られているとか・・・でした。

定番のクロジョカを使っての湯割り、これで飲むと一段と美味しさが増します。

最初のメニューは、珍味! 鯨のさえずり(舌)の酢味噌和えでした。牛肉のタンとは違い、もちもちっとした食感とほのかな甘みを出していました。

 

メバチマグロの中トロ 刺身です。

昨夜の本マグロとは一味違う、美味しさでした。メバチマグロは、二号店のマグロ丼でたびたび口にしている落ち着いた毎日食べても飽きない味を感じています。毎日数量限定の まぐろ丼 超人気!(司 二号店)

 

 高知産のウルメのあぶり焼きです。

じいじとばあばは高知でウルメを焼いて食べるとき、頭を除けて中骨を除けて食べていました。司では、生ウルメを大きなコンロで程よく焼き上げているので、頭からかぶりついて、口の中でゆっくりとガシガシ噛みます。骨ごと食べることで骨のうまみが肉のうまみと重なって、これまで経験したことのないうまさを知りました。骨ごと食べるメニューをリクエストして、現在骨のうまみが病みつきになっています。

 ノコギリガザミのてんぷらです。時々食べていますが、いつ食べても印象に残る味、珍味をいただきました。

以下はネットからの情報です。 ノコギリガザミの身は濃厚であるといわれており、食感は大型の白身魚に似ているとされています。旨み、甘みともに強い割には、後味が軽いことが味の特徴です。高知では「エガニ」または、「本ガニ」「真ガニ」と呼ばれ、カニの中でも一番旨いカニとして好まれています。国内では沖縄、瀬戸内(ドテキリ)、志摩 (ドテヤブリ)などでも漁獲されますが、その量は少なく、希少価値の高い高級蟹として、市場にも僅かしか出回りません。

 ヤンバル地鶏と島豆腐にエイサイ(クウシンサイ)のお吸い物です。スープの美味さが際立っていました。きれいに平らげて、おなかいっぱいでした。

 

 

 

 

 

琉球割烹 司のFacebook 

じいじとばあばの おいしんぼ日記

琉球割烹ダイニング司<つかさ>

じいじと孫たちの石垣島アラカルト

石垣島、竹富島、鳩間島、西表島に関する記事

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「懐石料理」 その時々の旬が・・・(司つかさ 本店)

2016-05-09 | 石垣島から情報発信

「懐石料理」その時々の旬が・・・(司つかさ 本店)

じいじとばあばの おいしんぼ日記

予約されるお客様の要望を事前にお聞きして、様々に「懐石料理」の内容を変えながら予算に合わせて造られているようです。 

昨夜5月7日(土)は、おまかせメニューの「懐石料理」でした。その時々の旬を取り入れた、様々な内容の料理を堪能できました。料理人の思い入れが伝わるメニューの一つだと思いました。

おまかせメニューの「懐石料理」その時々の旬が・・・

「黒一刻 くろいっこ」のこだわりの焼酎、「コクのある味わいを生む黒麹を用いた”黒麹仕込”のこだわり全量芋焼酎」

定番のクロジョカを使ってのお湯割り、なんとも良い雰囲気を醸し出してくれます

じいじとばあば 二人とも最初にオリオン ドラフト 生ビールを飲んで、その後は定番のクロジョカを使って「黒一刻 くろいっこ」のお湯割りを楽しみました。テーブルに置かれているお酒のメニュー帳には、「コクのある味わいを生む黒麹を用いた”黒麹仕込”のこだわり全量芋焼酎」とありました。今のところは毎晩、様々な銘柄の焼酎の湯割りを中心に、二人で楽しんでいます。

 

 北海道産の牡蠣と、裏庭で取り立てのイタリアンパセリの天ぷら

 石垣島近海で水揚げされはじめた、旬の本マグロ(クロマグロ)の中トロ刺身

 北海道産の水タコ刺身、こんな大きなタコの吸盤を食べるのは初めて…タコの味覚の深さを味わいました。表が緑で裏が紫の葉を持つハンダバ(ハンダマ)も裏庭で育てています。

 島豆腐と高知産の酒盗、塩分控えめでまろやかなこだわりの極上酒盗は、幾つかのメニューにも使われています。

 「やみつきイタドリ」、私達が高知で食べていたイタドリの家庭料理とは違って、和食料理としての一味違った「やみつきイタドリ」でした。

 ヤンバル地鶏のカリカリ焼き、レモンを絞って食べました。あまり脂が多くないので、さっぱりと食べれました。

 裏庭で育っているシュンキクとカツオの削り節を一緒にマヨネーズに付けてたべました。キュウリの上に酢味噌と裏庭のトマトをのせて・・・

 仕上げは、藤の葉を形どって飾られた「本マグロと大葉を海苔で裏巻きした、細巻寿司」。その先には、裏庭で咲き誇っているアサガオの花とナンテンの葉が彩に添えられていました。

 

琉球割烹 司のFacebook 

じいじとばあばの おいしんぼ日記

琉球割烹ダイニング司<つかさ>

じいじと孫たちの石垣島アラカルト

石垣島、竹富島、鳩間島、西表島に関する記事

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月5日 石垣青少年の家で開催のこどもまつりに行って来ました

2016-05-09 | 石垣島から情報発信

5月5日 こどもの日、石垣青少年の家で開催のこどもまつりに行って来ました

    ( じいじと孫たちの石垣島アラカルト

孫たちと早くから楽しみにしていた石垣青少年の家で開催のこどもまつりです。地元新聞によると1600人の親子が楽しんだと報道されていました。20を超えるものづくり体験コーナーや動物とのふれあいコーナーなど、実に素晴らしい内容でした。孫たち3人も初めてのことが多く、幾つかの体験に目を輝かせていました。

 

 子ヤギたちへのえさやり体験、柵の中にも入ってのふれあいも・・・

 水牛にのせてもらいました。孫達はビビりながらも、すごい体験でした。

 乗馬の無料体験もありました。時間の都合で孫たちは乗れませんでしたが、準備しているところを見学しました。

 竹馬乗りや缶ぽっくり、けん玉など昔遊びの体験コーナーも楽しんでおりました。

 木の実や貝などを使っての創作コーナー、手軽に短時間でできるので多くのこども達が作っていました。孫たちは記念品として大事に持ち帰り、パパやママ、ばあばにも目を輝かせながら見せていました。

バルンづくりでは一人の孫が、指導してくださる方もびっくりするぐらいうまく作れて、 ほめてもらって得意顔で持って帰りました。

 ゴムカンでマト当てゲーム、孫たちは初めての体験でしたが楽しんでいました。

 山の幸染めコーナーでは、3人の孫がしおりづくりを体験。作り方を教えてもらいながら4歳の孫もお気に入りのしおり2枚を作りました。小学生の二人も良い出来栄えが気に入って、既に本などに挟んで大切に使っているようです。

 

 熊本支援コンサートとして、ウイングキッズリーダーの元気な踊りに多くの参加者が見入っておりました。

  

 フリーマーケットも沢山出店されて、にぎわっておりました。

 会場の見取り図と内容が、何カ所かに置かれていました。施設をフル活用したイベントで、さすが・・・でした。

 

 

 

じいじと孫たちの石垣島アラカルト

じいじとばあばの おいしんぼ日記

琉球割烹ダイニング司<つかさ>

琉球割烹 司(つかさ) 二号店

石垣島、竹富島、鳩間島、西表島に関する記事

小浜真英氏(瓦職人)作のシーサー に関する記事

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早朝ウォーキング中に発見したタコを釣って、夕食のメニューに!

2016-05-06 | 石垣島から情報発信

早朝ウォーキング中に発見したタコを釣って、夕食のメニューに!

 

4月30日(土)孫と早朝ウォーキングの途中、家のすぐ近くの港で魚を見ながら歩いていてタコを発見。

家に帰り着いた孫は、すぐにパパに報告。パパはすぐさま孫と「地獄針」の付いた釣竿をもって現地へ・・・見事にとらえて帰ってきました。「地獄針」をはずしているとスミを吐いて、バケツの中が黒くなってしまいました。

 

鳩間島生まれで、お父さんから漁の捕り方をしっかり教えてもらっているパパは、魚捕りの名人で、子ども達も日曜日などは釣りに行って日頃からその手ほどきを受けているのです。孫たちは釣ってきたタコを見ながら、「パパはもっと大きなタコや魚を釣ったことがあるよ!」と自慢しながら私達じいじやばあばに話します。

その日の夜、じいじとばあばは夕食をいつものように1階のお店で食べましたが、二人の前には今朝釣り上げたタコの刺身も並びました。なんと美味しかったこと!

娘が、これまでにパパが釣り上げた記念の画像を見せてくれました。その一部を掲載しました。

がーら(ロウニンアジ)

コウイカ

2016年2月に高知市から石垣島に転居してから、孫と一緒に早朝ウォーキング(6時から7時くらいまで)をしています。

海岸近くを 歩くときなど、天気が良いと日の出がきれいに見えるのも楽しみの一つです。

 潮の干満も毎日の変化です。

 少し前 ウォーキングしながら港の岸を覗いていて、ウミヘビを見つけました。ウミヘビの毒は、陸のハブより怖いと言われています。ハブは血清があるけど、ウミヘビの血清は手近かにないとも聞きます。くねくね泳ぐ姿は気持ち悪いものでした。別の日にも別の所の港で見つけました。

 

 

じいじと孫たちの石垣島アラカルト 

じいじとばあばの おいしんぼ日記

琉球割烹ダイニング司<つかさ>

石垣島、竹富島、鳩間島、西表島に関する記事

小浜真英氏(瓦職人)作のシーサー に関する記事 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加