桂浜ファンクラブ

「龍馬伝」が、2010年に放送するNHKの大河ドラマに決定。福田靖さんのオリジナル脚本に、桂浜の龍馬銅像も大きな期待!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり 盛大に開催される!(その3 長宗我部元親初陣祭)

2012年05月24日 | 長宗我部情報

5月20日(日)、高知市長浜の若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されました。!!(その3 長宗我部元親初陣祭)

このまつりは、若宮八幡宮が恒例で取り組みをしている「長宗我部元親初陣祭」とタイアップして、地域を盛り上げようと地元住民の皆さんが実行委員会を作って実施されました。

これには若者を中心とした全国の長宗我部ファンをはじめ、県下からも沢山の参加者があり、武者行列やご当地グルメ、楽しいステージ企画を楽しんでおりました。

これに先立ち19日には、南国市岡豊町の県立歴史民俗資料館で「第3回長宗我部フェス」が開催され、岡豊城跡が戦国時代にタイムスリップしたような盛り上がりを見せていました。

19日の「第3回長宗我部フェス」に続いて参加されたファンも多く、また約420年前 長宗我部氏が九州・大分の大友宗麟氏救援に駆けつけた”返礼”として、「豊後大友宗麟鉄砲隊」も19日に続いて参加されて、”つるべ撃ち”や”一斉射撃”などの火縄銃の射撃を披露され、参加者の度肝を抜いておりました。

楽しかった第1回長宗我部まつり の様子を皆様にもお伝えしたいと思います。

 

第1回長宗我部まつり とタイアップ! 長宗我部元親初陣祭

 

 

恒例の長宗我部元親初陣祭、 

これまでも「長宗我部最高委員会」など、ネット上で呼びかけられ全国から若者を中心にツアーが組まれて高知に来てくれて、初陣祭に参加しており、にぎやかに行なわれておりました。

5月23・24日、長宗我部ツアーで若者35名が来高・・・その3

今回は、これに加えて第1回長宗我部まつり とタイアップ! 一層の盛り上がりを見せておりました。

 

 ネット上で呼びかける「長宗我部最高委員会」の総大将ほかと、第1回長宗我部まつり の実行委員長ほかなどが同席しています。

全国から集まった若者と、地元の長老の皆様との「長宗我部」を介した交流は、素晴らしいものですね。

また、地元高知でも「長宗我部ファンクラブ」を中心に、比較的若い層が日常的に活発な交流をしており、このファンクラブなどが全国との橋渡しをしたり、南国市岡豊町の県立歴史民俗資料館(岡豊城跡)との結びつきで、「長宗我部フェス」なども応援している形は、これからのあり方を示しているように思います。

第1回長宗我部フェス開催される・・・その2 仮装コンテスト①

 

 

 

 「長宗我部最高委員会」など、ネット上で呼びかけられ全国から若者を中心にツアーが組まれて高知に来てくれて、初陣祭に参加しており、にぎやかに行なわれておりました。今回は、これに加えて第1回長宗我部まつり とタイアップ! 一層の盛り上がりを見せておりました。

 この後、長宗我部元親の「銅像洗い」の儀式が行なわれました。誰が「銅像洗い」に参加できるか・・・も恒例になっている、ジャンケンで決めました。今回も元親ファンの 約20人の女性が ジャンケンをして勝ち残った3人が高所作業車に乗って、「長宗我部元親像」に最接近してブラシや布で像を清めました。

 

 

長宗我部まつり に関する記事 

長宗我部に関する主な記事 目次

 長宗我部ファンクラブ 

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり 盛大に開催される!(その2 開会式)

2012年05月23日 | 長宗我部情報

5月20日(日)、高知市長浜の若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されました。!(その2 開会式)

このまつりは、若宮八幡宮が恒例で取り組みをしている「長宗我部元親初陣祭」とタイアップして、地域を盛り上げようと地元住民の皆さんが実行委員会を作って実施されました。

これには若者を中心とした全国の長宗我部ファンをはじめ、県下からも沢山の参加者があり、武者行列やご当地グルメ、楽しいステージ企画を楽しんでおりました。

これに先立ち19日には、南国市岡豊町の県立歴史民俗資料館で「第3回長宗我部フェス」が開催され、岡豊城跡が戦国時代にタイムスリップしたような盛り上がりを見せていました。

19日の「第3回長宗我部フェス」に続いて参加されたファンも多く、また約420年前 長宗我部氏が九州・大分の大友宗麟氏救援に駆けつけた”返礼”として、「豊後大友宗麟鉄砲隊」も19日に続いて参加されて、”つるべ撃ち”や”一斉射撃”などの火縄銃の射撃を披露され、参加者の度肝を抜いておりました。

楽しかった第1回長宗我部まつり の様子を皆様にもお伝えしたいと思います。

 

第1回長宗我部まつり  開会式

実行委員長の野村さん(総大将の長宗我部国親役)のご挨拶

威風堂々 武者姿の開会式ステージは、沢山の方の熱気で盛り上がっていました。

 

南国市岡豊町の県立歴史民俗資料館・岡豊城跡(長宗我部の城)のある南国市長も駆けつけてくださいました。

また、高知県の観光振興部長もこの盛り上がりを喜びながら「長宗我部大河ドラマ化」の取り組みを強調されておりました。

ステージ前には、約420年前 長宗我部氏が九州・大分の大友宗麟氏救援に駆けつけた”返礼”として、「豊後大友宗麟鉄砲隊」の皆様が陣取られて、雰囲気を盛り上げておりました。

「豊後大友宗麟鉄砲隊」などのお世話をされている事務局長さんからの、熱いメッセージもありました。

 

司会は、私たちが進めている「仁淀川こども祭」など各地のこども祭でもボランティア参加してくれる、熱血司会者の隅田さん。

お陰さまで、ステージと観客が一体となって楽しめる雰囲気をかもし出しておりました。

開会式の閉めは、ステージと観客が一斉に、「エイエイオー」、「エイエイオー」、「エイエイオー」でした。

 

 5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されたプログラムです。

 

 

長宗我部まつり に関する記事 

長宗我部に関する主な記事 目次

 長宗我部ファンクラブ 

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり 盛大に開催される!(その1 武者行列)

2012年05月22日 | 長宗我部情報

5月20日(日)、高知市長浜の若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されました。(その1 武者行列)

これは、若宮八幡宮が恒例で取り組みをしている「長宗我部元親初陣祭」とタイアップして、地域を盛り上げようと地元住民の皆さんが実行委員会を作って実施されました。

これには若者を中心とした全国の長宗我部ファンをはじめ、県下からも沢山の参加者があり、武者行列やご当地グルメ、楽しいステージ企画を楽しんでおりました。

これに先立ち19日には、南国市岡豊町の県立歴史民俗資料館で「第3回長宗我部フェス」が開催され、岡豊城跡が戦国時代にタイムスリップしたような盛り上がりを見せていました。

19日の「第3回長宗我部フェス」に続いて参加されたファンも多く、また約420年前 長宗我部氏が九州・大分の大友宗麟氏救援に駆けつけた”返礼”として、「豊後大友宗麟鉄砲隊」も19日に続いて参加されて、”つるべ撃ち”や”一斉射撃”などの火縄銃の射撃を披露され、参加者の度肝を抜いておりました。

楽しかった第1回長宗我部まつり の様子を皆様にもお伝えしたいと思います。

 

 5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されたプログラムです。

 若宮八幡宮入り口、開会前の様子です。

 ご当地グルメなどのテントが左側に、右側にはイベントでよく見かけるお馴染みの出店も沢山並んでおり、既にスタンバイしておりました。

 出発を待つ、若宮八幡宮に終結した約50人の武者行列。

 先頭は、実行委員長の野村さん扮する総大将の長宗我部国親、続いて副実行委員長の長宗我部元親役の高野さんや〇〇役の森沢さんも勇ましい鎧兜で格好良く決まっておりました。

 

 約420年前 長宗我部氏が九州・大分の大友宗麟氏救援に駆けつけた”返礼”として、「豊後大友宗麟鉄砲隊」が参加されておりました。長年続いている地元大分でのイベントでも活躍されており、実に度に言っておりました。

 地元・長浜小学校などの子ども達が、赤い陣羽織を着て歩く姿に注目されておりました。

 

 「長宗我部ファンクラブ」の皆さんが先頭を務めた「一領具足(いちりょうぐそく)」もこのように貫禄十分で、決まっておりました。

 若宮八幡宮境内からステージが作られている鎮守の森公園までの間、両脇の道を埋め尽くした参加者から歓声が沸き起こっておるなかを、粛々と武者行列は進んでおりました。

 

長宗我部まつり に関する記事 

長宗我部に関する主な記事 目次

 長宗我部ファンクラブ 

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リョーマの休日in桂浜ぜよ!遊びに来とうせや♪

2012年02月08日 | 桂浜水族館
今年は「リョーマの休日」プロジェクトが発足した高知県!!
あちこちから楽しそうなイベントだよりが届いてますが、
坂本龍馬のいる、ここ桂浜でもおもしろいイベントを開催します!!!

2012年2月11日(土)祝日・建国記念日
リョーマの休日in桂浜ぜよ! 

11:00 若宮八幡宮さまのお祓い
11:10 リョーマの休日in桂浜ぜよ!開会式
11:15 鏡開き
11:20 餅投げ
      振る舞い酒
      「RYOMAの休日」撮影会
11:30 おんちゃん合唱団
11:40 大道芸人・SAMEPONバルーンショー&バルーンプレゼント
12:00 お昼休憩(桂浜公園をお楽しみください。)
13:00 清流太鼓 演奏
13:30 桂浜龍馬プロジェクト 歌謡ショー
14:00 前田ひろみ 歌謡ショー
14:30 アロハ・フラ・バンバン フラダンスショー
14:50 フィナーレ
15:00 閉会

お問合せ:リョーマの休日in桂浜ぜよ!実行委員会
     050-3033-3166 担当/橋村・宮地・田村


みんなぁ~、桂浜へあそびに来とうせや!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桂浜水族館80周年記念事業 海の日は桂浜でクロダイを放とう ~浦戸湾環境保護につなげよう~

2011年06月28日 | 桂浜水族館

平成23年7月17日(日)

 9:00  桂浜海中清掃(一般の方は浜辺にて見学。桂浜の海にはどんなゴミがあるでしょう?)

10:00  開会挨拶 

10:30  和太鼓 しばてん音頭 演奏 
       (城南保育園・雨天中止)

10:50  クロダイ放流
        注意事項説明後に放流します。どなたでも参加出来ますので、記念にご参加ください。

11:00  水族館前にて、救命講習(イザという時のための心心肺蘇生法やAEDの使用方法を見てやってみよう!)

12:00  閉会


桂浜水族館は、今年80年。
桂浜のこの地で、浦戸湾の変わり行く景色を身近で感じ、
海を見守ってきました。

 


海の日にちなみ桂浜海中の清掃を
高知スクーバ・ダイビング安全対策協議会の潜水士さんに
行っていただき、海中をキレイにした後、
参加希望者の方と一緒にクロダイ8000尾を放ち
浦戸湾での成長を見守っていきます。
同時に救命講習会も行いますので、ぜひご参加ください。


なお、7月17日と18日は
80周年感謝価格大人800円・子ども無料にて
水族館に入館出来ます!


主催:社団法人 桂浜水族館
共催:浦戸湾の自然を未来に残す会
    NPOこうちサポートネットウィン
協力:高知スクーバ・ダイビング安全対策協議会
    高知ペットビジネス専門学校
    財団法人城南保育協会 城南保育園
後援:株式会社 山技研 高知海上保安部
    高知県 高知市 高知県教育委員会
    高知市教育委員会 高知新聞社 RKC高知放送
    NHK高知放送局 KUTVテレビ高知
    エフエム高知 KSSさんさんテレビ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽迫博己さんの、土佐人の銅像14・・・坂本龍馬先生像

2011年02月10日 | 龍馬に関する記事

羽迫博己さんの、土佐人の銅像14・・・坂本龍馬先生像

 

坂本龍馬先生像

天保6年(1835)11月15日、高知城下で
   郷土坂本八平・幸の次男として生れた。
 14歳から日根野道場で剣術を学び、19歳から2度に
   渡って江戸に遊学、千葉道場で剣を磨く一方、
    米国軍艦の来航に伴う沿岸警備等を経験する。
 土佐に帰っては、知識人で画家の河田小龍に啓発され、
   海軍の強化、通商航海の必要性を強く認識した。
 文久元年秋、土佐勤皇党に加盟、武市半平太の命を
   受けて長州を訪問、藩の枠組みを超えた久坂玄瑞の
    思想に触れ、翌年春帰国後、3月24日脱藩。
 長州・九州を経て江戸に赴き、幕臣勝海舟に師事して
    海軍建設の計画を推進した。
 神戸海軍塾解散後は薩摩藩の保護を受けながら、
   同志を集めて長崎で「亀山社中」を設けて通商航海業
   を営み、中岡慎太郎らと連携して慶応2年(1866)1月
    の薩長同盟成立に大きな役割を果たした。
 翌3年1月、長崎で土佐藩参政 後藤象二郎と会見、
   相提携して国事に尽くすことになり、脱藩を放免され、
   「亀山社中」を解散して土佐藩の遊軍海援隊とし、
    その隊長となった。
 同年6月には、横井小楠の「国是七条」を下敷きに、
   大政奉還論とその後の国政のあり方を示す「船中八策」
   を作成して、後藤象二郎に示し、土佐藩からの
    大政奉還建白が実現した。
 10月14日、将軍慶喜が大政奉還を上奏、龍馬は新政府
   の構想に奔走したが、15日夜、京都近江屋で同志
   中岡慎太郎と会談中、幕府見廻り組の刺客に襲われ、
    闘死した。 33歳。
              墓は京都東山区の霊山墓地にある。
     徐 幕: 昭和3年5月27日
      題 字: 坂本龍馬先生像
      規 模: 本体~5,3 ㍍   台座~8,18 ㍍

      総高~13,48㍍ 事業費: 25,695円

所在地:
   高知市浦戸 桂浜公園龍頭岬

 

羽迫さんの世界

土佐の銅像と 津江美和さんの写真

四万十川流域のひなまつり・・・羽迫博己さんの世界 

投稿数の多い、投稿者一覧

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽迫博己さんの、土佐人の銅像15・・・坂本龍馬先生之像

2011年02月10日 | 龍馬に関する記事

羽迫博己さんの、土佐人の銅像15・・・坂本龍馬先生之像

坂本龍馬先生之像

この像は石材である。
 高知県展立体部門無鑑査の作家狩野信児さんの作品。
 桂浜の坂本龍馬像をモデルに制作、寄贈した。
 
     備付: 平成13年4月27日
     素材: 本体~中国産黒御影石、台座~白御影石
     題字: 坂本龍馬先生之像
     規模: 本体~0.65 ㍍、台座~1.1 ㍍
          総高~1.75 ㍍

所在地:
   高知市浦戸城山龍馬記念館前

 

坂本龍馬銅像 設立趣意書

桂浜の巌頭にくだくる太平洋の荒波が不断のノミをふるって彫り
   あげたものに、長宗我部があり、維新の志士があり、
    岩崎があり、浜口がある。
 大政奉還を中心とする明治日本の創業史をひもとく時、吾人は今更
   ながら先輩のこう業のかくやくとして雄麗なるに心躍るを覚ゆる。
 なかんずく坂本龍馬が維新史における重要さを思うとき、うたた一剣
   風雲をよびこしょう天下に鳴りし彼が豪快を偲ばざるを得ない。
 おもうに彼が世にありし、雄略ならびなかりし三十ゆう三の生涯は、
   一意明治日本の創建にささげ尽くされたというべきである。
 恨むべし京洛秋風せきれきの夕べ凶刃このめいけいじを奪い、
   志業中道にして砕け、壮心ついに施すに由なからしめた。
 何等の凶刃ぞ何等の恨事ぞ。
 しかも彼が回天の壮図はなかば功を収め国本ようやく固く、皇運天譲
   と栄ゆるべき基は不抜に培われて、鴨川のほとり彼がそそぎし
   鮮血千歳にわたって紅を吐き、彼の栄誉永く日本の歴史と共に
   生くというべきである。
 同人等先生の高風を慕うこと、ここに年あり、此の度相図って広く資
   を募り先生の像を建てんことを発願した。
 おもうに先生の大業を誤り無く伝えるの道は別に史家にえんだいの
   筆これあるべし。
 吾人は別に一家の見を有する。
 即ちにっせき先生の英姿をせんぎょうすることによりて第二第三の
   坂本をこの土に生ぜしめんとするにある。
 すなわち吾人の期待はかかって次代にあり未来にある。
 爾来南海の地才俊多く、今郷党のために万丈のこうえんをあぐ。
 しかも同人の期待は更に百代の後嗣に之を継ぎ、千歳のこうこんに
   之を見んとするにある。
 頭をめぐらせば国事日に多端にして国歩日にけんかんを加う。
 時運非にして英雄を思うは古今同てつである。
 第二の坂本出でよ、第三の坂本出でよ。
 同人の期待は、意図はここにある。頑是無き少年といえども其の蕨の 

如き拳を振って発奮を誓うべきを思えば、吾人の企てにかぎりなき
   命の躍動覚ゆるではないか。・・・・・・
        昭和二年五月  坂本龍馬先生銅像建設会同人
 

坂本龍馬の写真

慶応2年(1866)6月、長崎の上野彦馬
   (我が国の写真術の始祖)
   の写真館で撮影されたものとみられている。

 

羽迫さんの世界

土佐の銅像と 津江美和さんの写真

四万十川流域のひなまつり・・・羽迫博己さんの世界 

投稿数の多い、投稿者一覧

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽迫博己さんの、土佐人の銅像16・・・船中八策とは

2011年02月10日 | 龍馬に関する記事

羽迫博己さんの、土佐人の銅像16・・・船中八策とは

  

 

羽迫さんの世界

土佐の銅像と 津江美和さんの写真

四万十川流域のひなまつり・・・羽迫博己さんの世界 

投稿数の多い、投稿者一覧

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部で、長浜まちあるき・・・8 愛馬の碑

2010年10月29日 | 長宗我部情報
長宗我部で、長浜まちあるき・・・8 愛馬の碑


9月2日(木)、午後1時半に若宮八幡宮の元親公銅像前に集合して、

約2.5キロメートルのコース8箇所を、地元のガイド武田末男さん他の説明を受けながら、約2時間半かけて一周しました。

万歩計で計っていたご婦人の二人とも、7,500歩でしたと教えてくださいました。

長宗我部で、長浜まちあるき・・・1 元親公銅像(初陣の像)

長宗我部で、長浜まちあるき・・・2 若宮八幡宮

長宗我部で、長浜まちあるき・・・3 戸の本古戦場跡

長宗我部で、長浜まちあるき・・・4 雪渓寺信親公墓

長宗我部で、長浜まちあるき・・・5 秦神社

長宗我部で、長浜まちあるき・・・6 鶴田塾跡

長宗我部で、長浜まちあるき・・・7 元親公墓



第2回 土佐の鎌倉長浜と長宗我部史跡を歩く

平成22年10月16日(土)午後1時30分集合

集合場所 若宮八幡宮元親公初陣の像前広場

参加申し込み先  氏名・連絡先を記入し、前日までにFAX 088-842-1025 に

参加費 無料  募集人員 30人

連絡問い合わせ先  土佐の鎌倉長浜を歩く会 武田末男 携帯 090-6283-4217



⑦元親公墓からの階段を降りて、そのまま150メートルほど南に来ると、大きなエノキの下に ⑧ 愛馬の碑 がありました。






高知市HP: 愛馬の塚

長宗我部元親が秀吉から拝領した『内記黒(ないきあお)』の墓であると伝えられている。
『土佐物語』によると、戸次川合戦のとき、四国勢は作戦の失敗から、薩摩勢の猛攻により指揮系統は分断され、乱戦の中で信親の生死も分からず、主従わずか21騎となった元親は、武運もこれまでと馬を捨てて戦い、敵陣に斬り込もうとしていた。

これを見て、家来の一人が走りよっておしとどめ、自分の馬に乗せようとしたところ、奇跡的にも戦場から内記黒がかけてきたので、家来は「これぞ家運の尽きぬしるし」と大いに喜び、元親を乗せて敵中を突破し、府内に逃れることが出来た」と記され、内記黒が元親の命を救ったという逸話が残っている。



土佐の鎌倉長浜と長宗我部史跡を歩く 資料

(地元のガイド武田末男さん作成)

⑧ 愛馬の碑

この碑は長宗我部元親が秀吉より拝領した内記黒の墓と伝えられている。戸次川の戦いのおり、元親の命を救った愛馬で有る。

元親が乱戦中に主従わずか21騎になり、武運もこれまでと馬を捨て、敵陣に切り込もうとした時、奇跡的に戦場に内記黒が駆けてき、元親を乗せ敵中突破し府内(大分市)に逃げることが出来たと土佐物語に記されている。

元来、土佐駒は小さく四尺一寸に満たないが内記黒は四尺五寸の大駒である。



⑧ 愛馬の碑 から ① 元親公銅像 までは、少し距離がありました。

⑦元親公の墓がある小高い山を、右手に見ながら、一路 ① 元親公銅像まで戻ってきました。






HN:サカチャン

長宗我部ツアー③ 秦神社で供養祭・神事

長宗我部で、長浜まちあるき に関するページ

長宗我部ツアー に関する記事

長宗我部ファンクラブ

HN:サカチャン さんの記事 (その1)は、こちら

HN:サカチャン さんの記事 (その2)

高知南ファンクラブ

桂浜ファンクラブ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部で、長浜まちあるき・・・7 元親公墓

2010年10月29日 | 長宗我部情報
長宗我部で、長浜まちあるき・・・7 元親公墓


9月2日(木)、午後1時半に若宮八幡宮の元親公銅像前に集合して、

約2.5キロメートルのコース8箇所を、地元のガイド武田末男さん他の説明を受けながら、約2時間半かけて一周しました。

万歩計で計っていたご婦人の二人とも、7,500歩でしたと教えてくださいました。

長宗我部で、長浜まちあるき・・・1 元親公銅像(初陣の像)

長宗我部で、長浜まちあるき・・・2 若宮八幡宮

長宗我部で、長浜まちあるき・・・3 戸の本古戦場跡

長宗我部で、長浜まちあるき・・・4 雪渓寺信親公墓

長宗我部で、長浜まちあるき・・・5 秦神社

長宗我部で、長浜まちあるき・・・6 鶴田塾跡



第2回 土佐の鎌倉長浜と長宗我部史跡を歩く

平成22年10月16日(土)午後1時30分集合

集合場所 若宮八幡宮元親公初陣の像前広場

参加申し込み先  氏名・連絡先を記入し、前日までにFAX 088-842-1025 に

参加費 無料  募集人員 30人

連絡問い合わせ先  土佐の鎌倉長浜を歩く会 武田末男 携帯 090-6283-4217



⑥ 鶴田塾跡から ⑦元親公墓までは、距離もあり、街中の細い路地を通ったりするので、ガイドの方についていかなくてはいけません。



案内標識板

長宗我部元親は、天文8年(1539)岡豊城に生まれ、戸の本の初陣以後次々と宿敵を降し、天正3年(1575)には土佐を統一、天正13年(1585)春には遂に四国全土を制圧するも秀吉の南征にあい、同年夏にはその軍門に降り、土佐一国に減封されました。
 元親は武略家としてのほか教養もあり、文化人としても評価が高く、内政面でも立法家として「長宗我部氏掟書」の制定や優れた検地記録である「長宗我部地検長」の作成など、数々の業績を残しています。
 慶長4年(1599)5月19日、伏見で病没、享年61、法号雪蹊恕三、火化の後遺骨は土佐に送られ、この天甫寺山に葬られました。この墓の形式を宝篋院塔といいます。
 今一代の英傑の眠る静寂のこの地にあって、瞬時の光芒を放ち、やがて歴史上から消え失せた長宗我部一族を想うとき、その哀惜の念止み難いものがあります。



長宗我部元親公墓

さて、次は土佐の英雄、元親公の墓所へ。
50人近い方が参列しました。
元親公の墓所はそんな大きくなく、山の中腹にあるので
こんなに大勢乗れるのかしらという不安。







この画像は、前の時のものです。

11月23日長宗我部ツアー①若宮八幡宮・長宗我部元親公墓碑


土佐の鎌倉長浜と長宗我部史跡を歩く 資料

(地元のガイド武田末男さん作成)



⑦ 元親公墓

長宗我部元親の墓:天甫寺山中腹に眠る。玉垣に囲まれた宝鏡印塔である。

永禄三年の初陣より、十五年掛け土佐を統一し、続いて四国制覇の完成間際、豊臣秀吉の侵攻を受け、秀吉に降り、土佐一国の主になっている。

居城は岡豊城、大高坂城、浦戸城と変わり、小田原攻めや二度に渡る朝鮮の役を戦っている。

慶長五年京都伏見で没し波乱万丈の六十一歳の生涯を閉じている。遺体は京都天竜寺で荼毘ふされ,土佐に帰り四男盛親の手で葬られ,法名は雪蹊怒三大禅定門。



HN:サカチャン

長宗我部ツアー③ 秦神社で供養祭・神事

長宗我部で、長浜まちあるき に関するページ

長宗我部ツアー に関する記事

長宗我部ファンクラブ

HN:サカチャン さんの記事 (その1)は、こちら

HN:サカチャン さんの記事 (その2)

高知南ファンクラブ

桂浜ファンクラブ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加