長宗我部ファンクラブ

目指せ!長宗我部、大河ドラマ化!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「長宗我部ファンクラブ」からの最新情報は こちらをご覧ください

2014-07-13 | 事務局からのお知らせ

「長宗我部ファンクラブ」からの最新情報は

こちらをご覧ください。長宗我部ファンクラブHP
http://sevenoxalis.moto-chika.com/

 

 

高知県イベントカレンダーは http://www.attaka.or.jp/kanko/event.php

長宗我部まつり に関する記事

長宗我部に関する主な記事 目次

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部ファンクラブ通信・・・2013年 如月号(2月13日発行)

2013-02-13 | 長宗我部なんでも情報

長宗我部ファンクラブ通信・・・2013年 如月号(2月13日発行)

 

日中は暖かくて、夜は冷え込むという日が続いていますが、体調の方は

みなさん大丈夫でしょうか?すでに花粉が飛び始めたと言いますし、大気汚染

も心配な今日この頃です。日頃の健康維持が大事ですね。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃(1)1月13日、第一回合戦ウォークが開催されました!!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この日は天気が心配されましたが、何とか日中は曇りでしたが天気がもち、

ウォーキングが終了した夕方からの雨となりました。日頃の行い…というより、

元親と国虎の加護でしょうか?

 安芸方は安芸駅から国虎の菩提寺・浄貞寺を訪れて墓参、その後国道から山

へと入り、新城城跡や穴内城跡を巡っての決戦場所到着となりました。

長宗我部方は夜須駅から殿の号令の元に出発、道の駅を訪れた方々やコースで

出会った方々から、「どこまで行くの?」「なんのイベント?」といった質問が

ありまして、合戦ウォークの説明をすると「頑張ってね。」と誰もが笑顔で

応援してくれました!普段サイクリングコースを通らないので、新鮮でした。

 また、芸西村の海水浴場近くでは「萩森城」という愛媛の南予にあったお城

について、その子孫の方と思われる年配の男性が、ウォーキング参加者の方に

熱心に話をされていました。何でも萩森城も長宗我部に攻められたが、降伏する

ととても丁寧に扱ってくれて、それまでの支配権も認めてくれて…という話でし

たが、小耳にはさんだ程度で詳しくは聞けませんでした…ウォーキング中で無け

れば、もっとちゃんと話を聞いてみたいと思いました、はい(笑)。

 穴内公民館での決戦は………安芸方の「ちりめん丼」と「ナスのフィナンシェ」

が圧倒的勝利でした……れ、歴史が変わりました……次回はぜひとも、安芸に

リベンジを挑みたいですね!!

 安芸方からは「今度は岡豊に攻めていこうじゃないか。」

という話も合ったそうで、今回の合戦ウォークは大好評、大成功で終わることが

出来ました。

 

 実行委員として頑張ってくださった馬楽さんや、安芸の観光協会の方は本当

にありがとうございました、そしてお疲れ様でした!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃(2)来年度より新体制を発足させるため、現在色々調整中です

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  来年度、4月より新体制に移行するため、現在会則や会員登録について

見直しをしています。また、詳しいことが決まりましたら改めてお知らせし

ますが、現段階では、会員制として正式な登録と管理、年会費の設定を行い、

会員証の発行も行おうという運びになっています。また、ホームページの

新設を行い、インターネット環境が無い方も考慮して季刊誌の発行も予定

しています。ホームページと季刊誌には投稿欄も設けて、投稿ページを

増やしたり会員同士の交流も活発にしていきたいと思っています。

 

 また、詳しいことが決まればお知らせします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃(3)宗我部さんは長宗我部の子孫?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 つい先日、知り合いと飲む機会がありまして、色々話をしていたのですが、

その方は岡豊城跡がある豊岡山のすぐ北側の地区に住んでいるそうです。

何でも、その方の話を聞くにご先祖は「山内家を見張るため」に土佐へ来た

武士であり、今住んでいる岡豊で土着したそうです。そうした身分であった

ために特に土地は持ってなくて、明治維新後、一気に落ちぶれてお墓を建てる

ことすら出来ないほど貧乏になったそうです。実際、高速道路ができるので先祖

の墓を移すということになり、建設予定地の江戸時代期の墓がある場所に初めて

入ると、近代に建てられたお墓(明治以降は家の近くの土地に建てていたとの事)

よりずっと立派な石造りのお墓があって、驚くと同時に明治以降の石を敷き詰めた

だけの お墓を思い浮かべて「土地持ってないので一気に落ちぶれたんだなぁ」と

感慨深くなったそうです。

 ご本人は「山内家を見張る」と言ってましたが、場所が場所(長宗我部家の

本拠地のすぐ近く)だし、山内家というより、長宗我部の血縁(直系ではなく、

傍流や分家筋)や元家臣達(谷忠澄さんの一族も確かこの辺りにいたはず)を

見張るための様な気もするのですがね…。特に歴史が好きという訳でもないし、

口伝で伝わっているらしいのでそのあたりを問いただすのも微妙で、話を追及は

しませんでしたけれど。

 その中で、その方の母方は長宗我部の血筋だというのですよ。なんでも母方は

「宗我部」さんで、長宗我部の子孫だというのです。もちろん、元親より前に

分かれた家だったが、関ヶ原で敗れてから長宗我部の血統と知られるのがまずい

ということで、「長」を除けて「宗我部」と名乗ったんだと言ってました。

残念ながら母方なので、家系図は残ってないし、誰が始まりなのかはわからない

と言ってました(父方は土佐に来てからの分がしっかり残っているそうです)。

「宗我部」という名字については、一説で秦氏が土佐に来て土地の支配者クラス

で「宗我部」が多いと聞き名乗ったものの、近くにも「宗我部」さんがいて、

区別つけるために「長」と「香」をつけて、「長宗我部」と「香宗我部」と

なった話もあるので、口伝で伝わるお話を鵜呑みにすることはできませんが、

これはこれでロマンがあっていいのかな?とも思いました。

 先祖が家を開いた場所と歴史の流れを考えると、本当に人の歴史と時代の流れ

を感じるな、としみじみ感じ入りました。

 今回は特に史跡巡りをしていませんでしたので、私事になりました。

しかし、自分の名字や住んでいる土地、家の事を知るのも楽しい事だと思い

ませんか?という話をしてみたかったのです、はい。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃(4)~~坂崎の史跡紀行(後編)~~

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(2012年師走号からの続き)

 結果、元親が秀吉に媚びへつらってまで必死に守り抜こうとした土佐は取り

上げられ、家は潰されました。土佐は山内の支配を受け、その後苛烈な身分

制度を設けられて長宗我部家旧臣達は苦渋をなめることになった…。元々

長宗我部家の家臣(厳密にいうと津野家)だったという母方の影響もかなり

あると思いますが、やはりその後の土佐を思うと許せないという感情が強い

のです。

 しかし、一方で大坂の陣では自らの不明を知りもう一度土佐(この場合国

と民)を取り戻そうと戦に臨み、そのために生き抜こうとした姿は真田幸村は

また違った意味で最後の戦国武将としての気概も感じてはいました。だから、

全く嫌いだとも言えないのですが、やはり県外ということもあり、親和や親忠

ほど「お墓詣りに行きたい!!」というほどのものではありませんでした。

でも行く気になったのは23日夜に話す機会があった盛親が好きだという方

(長曾我部最高委員会から出席された女性)の影響がかなりありました。

彼女がいなければ墓参りに前向きにならなかったでしょう。

 主たる目的は別だったのですが(関ヶ原町の某武将隊だったし・笑)、

利用した高速バスが京都発だったので、観光ついでに…と足を向けました。

蓮光寺は京都の人も良く知らないと言ってましたが、地図を持って行っていた

ので、聞きながら無事につくことができました。お寺に着く少し前から雨が

降り始めていましたが、さほど強い雨でもなく、コートのフードで十分でした。

 お寺の方では法事をされているのか読経が聞こえており、その中を失礼に

ならないよう足音をなるだけ立てずにお墓のある奥へと進みました。

墓地の突き当りにある、五輪塔。そこが盛親のお墓。手を合わせたものの、

うまく言葉が出ませんでした。恨みつらみはある、でもそれを言うのは私

ではないし、400年前に亡くなった方に対してぶつけるものではない。

かといって最期のおそらく初めてであろう自分自身の判断である大坂参戦を

賛辞するのも違う…う~~ん、今は世は戦がなく平和です、土佐も多少変わり

ましたが、天地の有様は変わりありません…というよくわからないものに

なりました(苦笑)。

 謝罪のために大坂に赴き、そのまま土佐に帰ることが許されなかった最後の

殿様。取り返すことのできなかった国と民。異郷の地で眠っていますが、

そのまどろみの中で見る夢はやはり土佐の天地なのでしょうか?……

帰りたくても、帰れない故郷。でも、その故郷には己が奪ったものが

たくさんある。だから、取り返したかったのではなかったのか?取り返すまで

土佐に帰れないと思っているのではないか?そんな思いが頭を過ぎりながら、

帰途に着きました。

 

※8日発行予定が本日に遅延しました。お詫び申し上げます。

■ ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行    :長宗我部ファンクラブ

お問合せ  :dokodemodoa0328@yahoo.co.jp

 

長宗我部ファンクラブ事務局 の記事

長宗我部まつり に関する記事

長宗我部に関する主な記事 目次

長宗我部ファンクラブ

 

情報てんこもり  サイトマップ   「高知ファンクラブ1」(新設) 「高知ファンクラブ

コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部ファンクラブ通信

2013-01-09 | 事務局からのお知らせ

長宗我部ファンクラブ通信

長宗我部ファンクラブ通信・・・2013年 睦月号(1月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 師走号(12月10日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 長月号(9月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 葉月号(8月10日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 文月号(7月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 水無月号(6月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 皐月号(5月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 卯月号(4月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 如月号(2月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 睦月号(1月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 師走号(12月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 霜月号(11月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 神無月号(10月8日発行) 

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 長月号(9月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 葉月号(8月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 文月号(7月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 水無月号(6月8日発行) 

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 皐月号(5月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 弥生号(3月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 如月号(2月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2011年 睦月号(1月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2010年 師走号(12月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2010年 霜月号(11月8日発行
長宗我部ファンクラブ通信・・・2010年 長月号(9月8日発行)

長宗我部ファンクラブ通信・・・2010年 葉月号(8月8日発行)
長宗我部ファンクラブ通信 2010年 文月号(7月8日発行)
長宗我部フェス動画の掲載
長宗我部ファンクラブ通信・・・2010年 卯月号(4月8日発行)

さがす! 高知ファンクラブへ サイトマップ



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部ファンクラブ通信・・・2013年 睦月号(1月8日発行)

2013-01-09 | 長宗我部なんでも情報

長宗我部ファンクラブ通信・・・2013年 睦月号(1月8日発行)

新年、あけましておめでとうございます。

今年は元旦に天気がよく、初日の出が良く見れたそうですね。皆さんはどうお過ごしだったでしょうか?坂崎は新年が明けると同時に初詣に繰り出すつもりでしたが、空腹に負けて新年あけてから年越しそばを食べ…などとやっていたら、2時を過ぎてしまい急いで氏神様(日高村の小村神社)に行ったものの、すでに参拝客がおらず参道が真っ暗だったのですごすごと帰ってきました……(涙)。寝過ごして日の出も見れず……。でも、初詣はたくさん廻りました!!皆さんはどちらに参られたでしょうか?

 と、長くなりました。では……今年一年も皆様のご多幸をお祈りします。また、本年もよろしくお願いいたします。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃(1)12月7日長宗我部を語る会スタッフ間での反省会がありました

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月7日、長宗我部を語る会のスタッフ間での反省会が開かれました。

 この日は長宗我部慰霊祭についての進行上の反省点や、改善点を話合いました。語る会とは別にスタッフ同士の打ち合わせの場を月一回設けて、そちらでイベント等の打ち合わせや段取りを行っています。今回は前回の反省点を主に出してゆきました。

 やはり、もっと慰霊祭を主催されているところや、わざわざ県外から訪れてくださる方との連絡を密にして、スタッフ間でわからないことが無いようにする事、直会の後のフリートークについてはもっと早い段階から打ち合わせをして、どうすれば楽しめるかというのを検討していくようにする、といった内容になりました。今回から議事録を作りましたので、どういった話し合いだったか気になる方がいましたら、ゆうあい工房さんにファイルを置かせてもらうようにしますので、目を通してみてください。

 うん、今年も駐車場で込み合ったところもあり、駐車場表示は前日くらいから用意しておく!というような話にもなりました。あと、意外と地元の方が慰霊祭を知らないということもあり、地元への普及も大切ではないかと思いました……。

 

 実は……12月14日に語る会を行ったのですが、12月の第二金曜日ということで忘年会等の行事で中々これない方が多かったと思いますが……出席者がなんと4名!!後で一人増えましたが、人が増えたのは20時を過ぎてからの事でした。ここ数か月、出席者の数も減ってきていますので、悩みどころであります。もし、時間が合えばまた語る会にも顔を出してみてください!!

 

 次回の語る会は、1月25日(金)になります。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃(2)1月13日(日) いよいよ第一回合戦ウォークです!!!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 思えば、第一回初陣ウォークの後、高知駅前広場で安芸の方と話し合ったのが最初だったと思います。話はトントン拍子に進み、平成25年1月13日(日)第一回合戦ウォークが開かれます。これは史実に基づき、長宗我部元親率いる長宗我部軍と、安芸国虎率いる安芸軍が戦った八流の戦いにちなんだものです!!……もちろん、合戦ということで両軍が戦いますが、平成の世の長宗我部vs安芸は平和的な『グルメ』『スイーツ』『ゲーム』の三試合で行います。以下は詳細です。

まだまだ定員枠には空きがありますので、みなさん、家族や友人に声を掛け、奮ってご応募ください。

 

 1安芸軍コース(6キロ程度):安芸駅東広場~浄貞寺~新城城跡~穴内城跡~穴内公民館       【9:10安芸駅集合・受付   9:30出発】

 2長宗我部軍コース(10キロ程度):夜須駅下広場~サイクリングロード~八流古戦場跡~穴内公民館 【9:00夜須駅集合・受付   9:20出発】

 

 両軍ともに定員30名。参加費:2000円(高校生以下は1200円、段ボール甲冑等自前で鎧を着てこられた方は1000円)

 申し込み先】「サンエススポーツ健康館 電話:088-822-1522 FAX:088-822-2340  担当:久保・竹村まで」

 申し込みの際は、「長宗我部軍」か「安芸軍」のどちらで参陣するかを伝え、御名前・御住所・お電話番号・性別・年齢(10代、20代といった年代で構いません。)を担当者の方にはっきり伝えてください。

 

 グルメ対決…「西島園芸団地トマトカレーvs安芸のちりめん丼」

 スイーツ対決…「もとちかくんカステラvs美味しいフィナンシェ」

 ゲーム対決…当日のお楽しみ♪

 

 

 今回、安芸方は国道ではなく、市道を通ります。安芸市以外の方は国道しか通ったことがないと思うので、国道横の山の上にある穴内地区の市道は知らない方も多いのではないでしょうか?南側が180°開けていますので、景色がとても良いですよvあと、国虎が自害した浄貞寺跡の案内や、城跡の案内もしていただけます♪

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃(3)須崎市上分甲にある津野神社

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今年、初詣に行った津野神社。国道沿いの山の中にある小さな神社です。国道沿いにあると言っても、道路側には鳥居も看板も、そこに神社があるという何らかの印があるわけではありません。去年、あしげく通った檮原に向かう途中、カーナビが教えてくれた神社でした。

 場所は運慶作の大日如来像で有名になった上分の集落の少し手前…国道197号から須崎市へと抜ける県道の手前になります。国道の北側にコンクリートで覆われた山の斜面。その斜面に創られた幅90センチほどの階段が入り口。ちょうどこの入口の道路を挟んで南側に一軒だけ家があり、その家の手前の歩道が少し広くなっているので、そこに車を停めて登りました。

 傾斜が45度くらいあるので、正直しんどいです。しかも階段は三メートルほどで無くなり、あとはコンクリートで舗装された道だけ。それもコンクリートで覆われた斜面の頂点に来ると無くなりあとは山道になります。しかし、山に入るとシイタケ栽培をされている方がいるようで、道は比較的広く、傾斜がきついことを除けば、そんなに悪い道でもありません…まあ…雨の日の翌日はよく滑ると思います。枯草ある上に赤土ですから…(汗)。

 登り始めて10分ほど、シイタケの原木を置いてあるところから過ぎたら、少し空気が変わって来ます。さらに奥に行くと、石の鳥居があり、その向こうに小さな神社があります。どちらかというと昔ながらの神社、というより側壁がトタン板になっていて、正面はサッシの引き戸という現在風の神社でした。きっとここ十数年の内に建て直しをしたのでしょう。しかし、神社の手前に須崎市が作った説明板が建てられていました。

 それによると、この津野神社には津野家十八公が祀られており、最後の当主・親忠の死後に建てられたというもの。説明文の主人公はやはり親忠で、津野家末代の名君と言われていたが、実父・元親の怒りを買い、香美市の岩村寺に幽閉。翌年奸臣久武親直により詰め腹を切らされ自殺(この書き方が現在らしいですね)。親忠の死を知らされた家臣領民は親が死んだように嘆き悲しみ、津野家領内の各所に津野神社や孝山寺を建て親忠の拝礼・供養をしたという。とありました。

 この神社の裏手には親忠の墓があり、最初は五輪塔、江戸時代に入ると当時の形式での高さのあるお墓を建て、江戸時代以降…近年にも一つ建てています。五輪塔はもう崩れて地面に並べられていましたが、苔むした墓石には津野親忠の名前が刻まれてあり、その手前にある近年っぽいお墓にも親忠の名前がありました。

 親忠の遺体は香美市の津野神社の下に眠っていると言います。こちらのお墓には何もない、形式だけのお墓ですが、それでも家臣や領民達は親忠を想い手を合わせたんでしょうね……。

 

 しみじみして山を降りましたが……車に帰るころには大きく息切れし、太腿がパンパンに張ってかなり痛かったです(汗)。年末、運動をろくにせず、食べてばかりの鈍った体にはかなりきつかったです、はい。

 

※坂崎の史跡紀行(後編)は来月号に掲載致します。

 

■ ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行    :長宗我部ファンクラブ

お問合せ  :dokodemodoa0328@yahoo.co.jp

 

長宗我部ファンクラブ事務局 の記事

長宗我部まつり に関する記事

長宗我部に関する主な記事 目次

長宗我部ファンクラブ

 

情報てんこもり  サイトマップ   「高知ファンクラブ1」(新設) 「高知ファンクラブ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 師走号(12月10日発行)

2012-12-15 | 事務局からのお知らせ

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 師走号(12月10日発行)

12月に入りました。いよいよ師匠(せんせい)が走り始めますね。本当に一年というのはあっという間です。…しかし、これから年末の大掃除が待っているのですよね…大変だ…。聞きかじった事なので間違っているかもしれませんが、昔の人は誕生日に関係なく新年が来たら一つ年を取る、って考えていたようですね。しかも数え年なので、年末に生まれた子供はまだ目も開いてないのに2歳扱いになったということでしょうかね…。

 
 (1)11月8日、長宗我部を語る会が開かれました!


 この日は語る会の後に1月13日に開催される、第一回合戦ウォークの打ち合わせもあり、安芸国虎についての勉強会となりました。出席者は安芸方の曽我さんも
 来られており、色々とこちら側で調べた資料だけでなく、現地の方からのお話も聞けて中々有意義なものとなりました。国虎の子供達の話、特に元親の妹で
 いの町成山に隠棲した養甫尼と暮らした安芸家友は国虎の二男と言われますが、安芸の方ではその次男の存在は確認できてないとか…七色和紙の製造にも携わった家友が国虎の遺児というのはいの町だけに伝わっているということで、地域での伝承にも差があるのだなと痛感しました。……出席するのが少し遅くて、詳しいラスト20分ほどしか聞けませんでしたので、ちょっと残念でした。安芸国虎に関してはまだまだ私も勉強不足なので、また色々調べてみたいです。
 合戦ウォークでは安芸方は浄貞寺(安芸氏の菩提寺で国虎最期の地)や新城跡を案内してくれます。国虎の意外な一面も知ることができるかもしれません。

 
(2)11月23日 長宗我部慰霊祭が開催されました。!


 この日も前日からあまり天気がよろしくありませんでしたが、神事が始まる頃には何とか雨が上がったようです。肌寒さも去年よりずっとマシで、雨降りだからカイロ必須かと思いましたが、それほどではありませんでしたね。去年に比べて出席者が少なく、特に去年多かった若い女性が少なかったですね(苦笑)。慰霊祭は浮ついたお祭りとは違いますが、ちょっと寂しい感じもしました。でも、権禰宜さんの舞が今年はありました!!とてもお美しかったです!!来年もやってほしいですね!!芸能関係は好きそうですし、元親公も喜ばれたかと思います♪
 その次の直会では、ファンクラブとして反省する点が多々ありすぎました。今年は直会の後にあるフリートークもアンケートを用意してみんなで楽しめるようにと企画していましたが、大勢の方が直会のみで帰ってしまい、ちょっと寂しいことにもなりました。このあたりは来年につなげるための反省点を多く含んでおり、考えさせられる場面にもなりました。
 本来の直会の意味が無かった事、年代による考えの格差、相互の連絡と打ち合わせの不備、事前準備の甘さ等々、今度の打ち合わせ会で話し合い、改善策を打ち出していこうと思います。

 
 (3)11月24日 k-fesに参加しました。


 高校生が主体で行われるという中央公園でのK-fesに皆様から後援をいただきまして、出店させてもらいました!!ここではちょっとしたクイズを作って、
 高校生に長宗我部について興味を持ってもらえるようにと『長宗我部検定-入門編-』を行いました。参加費無料、参加してくれた方には参加賞として七つ方喰のステッカー、全問正解者には表彰状とハンドタオルの景品付き。目的はとにかく興味を持ってもらうことだったので、高知市が作成した無料配布の長宗我部氏に関するペーパーから出題、このペーパーを見ながらの解答もO.Kというものでした。
 意外と小学生でも挑戦してくれる子がいて、グループでワイワイ言いながら解答していた小学生4人組や、おばあ様と一緒に回答していた小学生の女の子。このおばあ様が「地元の人の事やのにあたしゃひとっつも知らん。」と言っていたのが印象的でした。年配の方にも興味なければ知られていないのだなと痛感。これをきっかけに色々と知ってもらえたなら嬉しいですね。
 あと、島根県から観光に来ていたおじ様方もしてくれました。歴史に興味あるけど、高知といえば坂本龍馬しか知らないと言われました(苦笑)。厳密には違いますが、龍馬たち郷士の主君だったのがこの方だと説明しました。これをきっかけに…(以下略)。
 いずれは『長宗我部検定-初級編-』をはじめ、中級、上級と検定を発展させていきたいですね、龍馬検定のように!!!あ、この『長宗我部検定』の問題を作るにあたっては歴民からの監修を受けるようにと館長から直々のお達しがありました。もちろん、検定と銘打ってやるからにはそのつもりです!!
 とりあえずは二択問題のこの入門編と土佐戦国時代への入り口として広めていきたいですね。


 
(4)~~坂崎の史跡紀行(前編)~~
 
 12月初旬、京都の蓮光寺にある長宗我部盛親のお墓に初めて、行ってきました。盛親は大阪の夏の陣の折、敗戦を悟り大坂城から脱出して再起を謀りました。しかし、その途中に蜂須賀家の者に見つかり連行されて京都の六条河原にて妻子とともに打ち首になりました。かねてより親交のあった蓮光寺の住職が盛親の亡骸を引き取り、埋葬したと言われています。
 
 個人的に盛親に対して私はあまり良い感情はありません。盛親の判断ミスにより多くのモノが失われました。実兄津野親忠とその側近たちの命、土佐一国、
 家名と伝わっていた多くの品々、家臣領民の自由と命。一歩踏みとどまり冷静に判断していたなら、関ヶ原の西軍に着くこともなかったし、西軍に着いたとしても
 実戦の機微を悟って行動していたなら、西軍の勝利に貢献していたかもしれません。でも、何一つ判断できず、揚句運を天に任せました。結果、元親が秀吉に媚びへつらってまで必死に守り抜こうとした土佐は取り上げられ、家は潰されました。土佐は山内の支配を受け、その後苛烈な身分制度を設けられて長宗我部家旧臣達は苦渋をなめることになった…。元々長宗我部家の家臣(厳密にいうと津野家)だったという母方の影響もかなりあると思いますが、やはりその後の土佐を思うと許せないという感情が強いのです。
(次号後編につづく)


■ ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行    :長宗我部ファンクラブ
お問合せ  :dokodemodoa0328@yahoo.co.jp

 

長宗我部ファンクラブ事務局 の記事

長宗我部まつり に関する記事

長宗我部に関する主な記事 目次

長宗我部ファンクラブ

 

 

情報てんこもり  サイトマップ   「高知ファンクラブ1」(新設) 「高知ファンクラブ」  データーベース「高知ファンクラブ2

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 長月号(9月8日発行)

2012-09-09 | 長宗我部なんでも情報

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 長月号(9月8日発行)

こんにちわ、坂崎です。ファンクラブ通信9月号をお送りします。
 さて、8月も終わり9月に入りましたが暑い日が続きましたね。暑い日が続くと思えば、急に涼しくなったりと今年のお天気は荒れ気味ですね。そうそう、8月は珍しく台風に縁らない雨が多くてしかもほとんどがゲリラ豪雨的な強い雨。朝晴れてても夕方にはどしゃ降り。なんど洗濯物を洗い直したことか……(涙)。
 戦国時代はどうだったんでしょうね~。寒冷期に入っていたという学説はありますが、現在のような異常気象はなかったでしょうから…やはり台風常襲国だったんでしょうね…。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(1)第二回長宗我部元親初陣ウォーク開催!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第二回長宗我部元親初陣ウォーク開催!!
前回もお知らせしましたが、初陣ウォークの詳細が決まりました!参加申し込みはサンエススポーツさんで行っておりますので、申込はそちらまでお願いします。
   日時:2012年10月14日(日)  
      譜代衆(20kmコース) 午前7時  高知駅バスターミナルにて集合、受付  
      国人衆(10kmコース) 午前10時 高知駅三志士像前にて受付
  
   参加費:譜代衆(20kmコース) 2000円(昼食代・傷害保険・乗り物補助券等)
       国人衆(10kmコース) 1500円(昼食代・傷害保険・乗り物補助券等)
   
   ルート:譜代衆(20kmコース) 岡豊城址 → 隼人神社 → 吸江寺(国人衆と合流)→種崎渡し →若宮八幡宮・元親銅像前
       国人衆(10kmコース) 土電利用(葛島電停下車)→ 吸江寺(譜代衆と合流)→種崎渡し →若宮八幡宮・元親銅像前

   注意点:1.種崎渡しは県営と宣を利用します。出発時間は12:00/13:00/14:00のいずれかの便に乗船する事になります。
       2.帰りは公共交通をご利用ください(乗り物補助券をお渡しします)。時刻表はお渡しします。

   問合せ先:サンエススポーツ健康館
        
 去年の初陣ウォークは高知駅経由でしたが、今年はなんと!!恐らくほぼ実際で通ったであろうルートです。国親が極秘裏に事を進め、迅速かつ隠密に行軍した当時を思い浮かべ体感するのもよし、健康のために歩くもよし!なコースですね!!
長宗我部家とルート上にある隼人神社と吸江寺に関するちょっとした冊子も用意しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(2)後世神社訪問
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 後世神社とは、今年の3月に種崎で行われた第二回長宗我部家家臣七十三士供養祭で語られた『顕節姫命の月語り』に登場する長宗我部盛親の正室・北の方様(信親の娘)を祭神として徳島にある神社です。盛親が六条河原で斬首された後、せめて供養にと土佐を出立して、途中の阿波山中で悲劇の死を迎えた姫君。北の方様の秋祭りが10月末に行われるので、参拝と清掃を兼ねての訪問となります。
   
   日時:2012年10月14日(日) 午前6時集合 → 午前6時半出発
   集合場所:長浜若宮八幡宮
   ルート:若宮八幡宮 → 国道55号・室戸廻り → 後世神社 → 金刀比羅神社 (時間可能であれば)→ 国照神社
   参加費:5000円(貸切バス代・お供え物含む/昼食代は含まれていません、各自持参)

 お気づきかと思いますが、これは初陣ウォークと重なっていて、両方に出たい坂崎としては体が二つ欲しいです……。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(3)【坂崎のちょっとした紀行文】檮原の茶堂と加藤清正(前編)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本当は津野親忠と中平善ノ進の供養のために行われる二十日念仏を見たかったのですが、以前にチラ見した高知新聞の記事を曖昧に記憶したまま梼原に行くと実際は迷ってしまって結果惨敗しましたが、面白い収穫もありました。
 檮原町に現存する茶堂。ここで旅人やお遍路さんの接待を行っていました。最盛期の江戸時代中期には檮原含めた津野山郷には二百か所以上あったと言われますが、現存する茶堂は13棟。現在も地区の方々が当番を決められて訪れた方を接待するそうです。
 人の行き交う場所で他国の商人や遍路、旅人と接する事でこの土佐の最奥部とも言える檮原は多くの他国の情報を得ていたと言います。幕末維新の先駆けとなった吉村虎之助や那須信吾等々もこの津野山郷の出身です。この茶堂がある故、他国の動きに土佐中央部よりも詳しかったと言われています。
 そもそも、この茶堂は何のために作られたのか。お接待の為だけに建てられたのではありません。
 元親の三男で津野勝興に養子入りし、勝興死後は津野家の家督を継いだ親忠。彼は実弟・盛親に切腹を命じられ非業の死を遂げます。檮原は最初に津野家が開いたと言われています。その津野家の最後の当主であり、慈愛に満ち、名君であった親忠の無念の死を悼んで供養し、更に地域の守護と安寧、繁栄を願って弘法大師、津野家歴代当主、三霊神(土地神・山神)を祭ってあります。
 少し高めの床は板張り。祀られている弘法大師・三霊神・津野家歴代当主の木造がある場所以外の三方は吹き抜けになっています。ここに腰をかけたり、寝転がっていると風が通り抜けて非常に気持ちが良いです。何年か前、友人達と檮原町に花見に来た際、この茶堂を(勝手に)お借りして持ちよったお菓子でお茶会した事があります。その時の景色と吹き抜ける風はとても心地の良いものでした。
 旅の疲れも癒され、新たな気持ちにさせてくれる。セラピー効果もあるかも……。檮原町に来た時には、ちょっと寄ってみてはどうでしょうか?ちなみに、お借りした場所は当番の方はいらっしゃいませんでしたが、茶が谷という奥まったところの茶堂はいつも灯籠がつるされ、お菓子とお茶が置いてあるようです。

   さて、その茶堂巡りをしている時、気になる看板が……。(次号後編へ続く)

■ ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行    :長宗我部ファンクラブ
お問合せ  :dokodemodoa0328@yahoo.co.jp

 

 

長宗我部ファンクラブ事務局 の記事 

長宗我部まつり に関する記事  

長宗我部に関する主な記事 目次 

長宗我部ファンクラブ

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 葉月号(8月10日発行)

2012-08-11 | 事務局からのお知らせ

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 葉月号(8月10日発行)

草も元気に茂り隆盛を極めていて、史跡巡りには随分不向きな季節になりました。
秋が待ち遠しいです。 
こんにちわ。やっと梅雨が明け眩しい日差しが注ぐ日が始まりましたね。
毎日が本当に暑いです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(1)7月13日(金) 長宗我部を語る会が開催されました。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この日は長宗我部元親の生涯前半部分を馬楽さんによって語られました。先月からの国親のお話の続きも交え、元親の出生から幼少期、土佐統一の足跡、中富川の合戦までを語っていただきました。元親という方が力押しではなく、権謀策術に秀でた腹黒い武将だったが、それも血をなるだけ流さない為の策略だったというお話がメインとなりました。確かに、血を流さない為には謀略と言うのは必要だったかもしれません。戦国と言う時代に血が流れない方法を探した辺りは長宗我部元親と言う方を如実に語っているのではないでしょうか。
馬楽さんの話の後、坂崎がまとめた元親の兄弟達、吉良親貞と香宗我部親泰について語らせていただきました。元親の土佐統一の為、この二人の弟は無くてはならない存在だったと思います。ただ、香宗我部親泰の場合、秀吉の四国征伐後には長宗我部家の政治の表舞台に立った記録がほとんどないのですよね。四国征伐における親泰の早めの撤退が二人三脚だった兄弟の間に何か溝を生じさせたのかもしれません……という話を展開してみました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(2)8月3日(金) 長宗我部を語る会が開催されました。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まずは馬楽さんによる前回の元親の生涯後半部分の語らいがありました。秀吉に屈してから信親を失い、大きく人が変わってしまったところです。元親が信親の死を乗り越えられていたら、人も変わらず、長宗我部家と土佐ももっと違った方向に向かったかもしれません。でも、最愛の息子の死を乗り越えられなかった部分も元親ではあるのですよね……。
前回と同じく、馬楽さんの話の後、引き続き坂崎が兄弟姉妹について語らせていただきました。前回語れなかった、島親房、本山茂辰室、池頼和室、波川清宗室(養甫尼)のお話をしました。特に親房と波川玄蕃室の語りは長くなりました(汗)。ここで、元親はやはりシスコンだった説浮上しました(笑)。
8月の語る会は、8月3日(金)19時に終わりました。次の長宗我部を語る会は9月14日(金)19時より行います。。    
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(3)7月28日(土)・29日(日)鏡川河畔において土佐の宵祭りが行われました。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長宗我部ファンクラブはグッズ販売を行って参加しました。例の『長宗我部法被』はピンクが中々人気の様です。遠くから「長宗我部だ!!」と言っていた男性二人組にはぜひとも立ち寄って欲しかったです。一方、馬楽さんによる『怪談小屋』は中々盛況でした。音響については新聞に載るくらい好評だったようです(7月29日高知新聞朝刊)!!怪談小屋については今回の事を踏まえて色々アイディアが出てきましたので、来年にまた『怪談小屋』を行う時にはぜひともこのアイディアを生かしていきたいものです。
宵祭り前や当日にお手伝いに来てくださった方、本当にありがとうございました!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(4)第二回 長宗我部初陣ウォーク開催されます!!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
詳細はまた来月にお知らせできるとおもいますが、今回は岡豊城跡出発し、田辺島城跡(隼人神社)を経由して五台山へ。吸江庵で合流し、そのまま東孕から仁井田経由で種崎へ。そこから高知市営の渡船を使って御畳瀬へ向かいます。そう、まさしく長浜戸の本の合戦前夜の種崎→御畳瀬上陸作戦の再現になります!!みなさん、参加してみてください!!
 日時:10月14日(日)  岡豊発 午前8時予定。

初陣ウォーク、今回もサンエススポーツさんの主催になります。また情報が入り次第お知らせしますね。では、暑い日が続きますので、水分を良く摂り熱中症に注意してくださいね。熱中症は屋内でもなりますので、油断大敵!です。

※今月は都合により10日配信になりましたことをお詫び申し上げます。
 
   ■ ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行    :長宗我部ファンクラブ
お問合せ  :dokodemodoa0328@yahoo.co.jp

 

長宗我部ファンクラブ事務局 の記事 

長宗我部まつり に関する記事  

長宗我部に関する主な記事 目次 

長宗我部ファンクラブ

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 文月号(7月8日発行)

2012-07-10 | 長宗我部なんでも情報

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 文月号(7月8日発行)

こんにちわ。毎日がジメジメしていて、なかなかに梅雨明けは遠そうですね。

 今月から長宗我部ファンクラブのメルマガ等の編集を任されること
新編集長になりました、坂崎史佳と申します。これからよろしくお願いします。
 突然のことにまだちょっと戸惑っていますが、長宗我部氏や本山氏や安芸氏、
一条氏といった土佐の戦国時代を盛り上げるためにもこれから色々と情報発信
をしていきたいと思います。その中でこのメルマガの形も今までとは違った形
になるかもしれませんが、その時はまたよろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(1)6月8日(金) 長宗我部を語る会が開催されました。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この日は長宗我部元親の父親であり、長宗我部氏再興の礎を築いた
長宗我部国親を中心に国親にいたるまでの初代・秦能俊から一族の変遷を語り
あいました。
 信濃国にいた能俊がなぜ、土佐国に来たのか不明なところがあったり、
十七代元門が当主の座を追われ蟄居した理由についての推測、国親と
その妻である祥鳳の夫婦仲(笑)等々、馬楽さんが用意してくれました資料を
基に、それぞれの意見を語り合ってみました。
  もちろん、我々は学者ではありませんので、根拠がなくとも推測や各々
考えたことを自由に話してみました。
  坂崎の個人的意見ですが、能俊さんが土佐に来たのは同じ秦河勝を祖とする
秦氏が土佐国に飛鳥時代に来ている事が要因ではないかと思っています。
あ…この根拠は土佐神社の変遷を記した看板に、秦河勝さんのお孫さんが
国司として土佐に赴任してきていることが記されていたからです。
 馬楽さんは国親と祥鳳の夫婦仲は長女(本山茂辰室)と元親の歳が離れすぎ
ているので、美濃斎藤家の再興が不可能となるまでは仮面夫婦でなかったかと
言われていましたね…。

  次回の語る会は、7月13日(金)19時より行います。次回は
長宗我部元親とその兄弟・子息たちについて語る予定です。ちょっと人数が
多いので8月の語る会と前後編になるかも…です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(2)7月28日(土)・29日(日)17時から鏡川河畔で土佐の宵祭りが行われます。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 長宗我部ファンクラブも参加しています。今回は怪談小屋をお借り
しまして、『土佐の怪談』を語ることになりました。
  内容として、入場料100円にて土佐に伝わる怪談小話を馬楽さんが
15分/3話語ります。長宗我部に関する会談として、20時より
『七人ミサキ』の怨霊譚を講談します。
  怪談の他、法被とフェイスタオル、クレイアニメDVD(講談編)の
グッズ販売もします。グッズ購入者には怪談話の入場料に特典が付きます!!
 ぜひ、誘い合ってお越しください。意外と知らなかった土佐の怪談が聞ける
かもしれません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(3)7月23日(月) 香美市の津野神社にて夏祭りが行われます。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 祭神は元親の三男・津野親忠公になります。夏祭り、と言っても僅かばかり
の境内と鳥居、小さな社殿のみの大きな神社ではありませんので盛大な!
とはいかないでしょうけれど。
 この方は幼いうちに津野家に養子に出され、四国征伐降伏後には秀吉に
人質として差し出されて上方に数カ月留め置かれ、長兄・信親死後には
家督相続最有力候補となりましたが、親忠を推す一派は元親により粛清され、
弟の盛親が嫡男となりました。さらに文禄・慶長の役では朝鮮半島の
駐留部隊の指揮を元親に命じられて、父・元親と弟・盛親が日本へ土佐へと
帰国する中、出兵が取り止めになるまでの実に6年もの間、異国の最前線で
過ごしています。やっと帰国したかと思うと、今度は元親によって
津野家所領から遠く離れた香美郡岩村寺に蟄居・幽閉されます。
津野家家臣や領民との交流も許されず、連絡すら絶たれました。元親死後も
幽閉は解けず 、元親の息子でありながら長宗我部家の行く末 には関われ
なかった。そして、長宗我部家の為にと秀吉の人質時代に築いた人脈を通じて
徳川と交渉し、家名と領地の安堵を取り付けた結果、盛親の命により切腹と
なりました。久武親直の讒言とも独断とも言われていますが、亡くなったのは
変わらない事実です。
 この方の死後、岩村寺は親忠の戒名にちなんで孝山寺と改名しましたが現在は
廃寺となり、津野神社北側に御堂らしき建物と背後にあるお墓の一群がかつての
寺であったことを語るのみです。
 津野神社の社殿地下には親忠公の遺体があると伝わっています。元親や信親、
盛親の影に追いやられている感じの方ですが、この方がもし長宗我部家を継いで
いたなら、土佐の歴史は変わって、幕末に果たした役割も違うものになっていた
かもしれません。いわゆる歴史のターニングポイントだった方だと思います。
そんな方に思いを馳せてみませんか?

==編集後記==
 梅雨明けは遠く、湿気が多くて温度が高い蒸し暑い日々が続きそうです。
熱中症等が増える時期でもありますので、こまめに水分を取り体調に気を付けて
くださいませ。
 戦国期の方々はこの時期、どう過ごしたのでしょうね。この時期は夏草が生えて
中々史跡めぐりも難しいのですが、土の地面を打つ雨に昔を思い浮かべるのも
楽しいかもしれませんね。
 では、今回は失礼いたします。

■ ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行    :長宗我部ファンクラブ
お問合せ  :dokodemodoa0328@yahoo.co.jp

 

長宗我部ファンクラブ事務局 の記事 

長宗我部まつり に関する記事  

長宗我部に関する主な記事 目次 

長宗我部ファンクラブ

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部ファンクラブ通信・・・2012年 水無月号(6月8日発行)

2012-06-09 | 事務局からのお知らせ

長宗我部ファンクラブです。

九州から近畿地方にかけての広い範囲で今日、梅雨入りしました。
このところ曇りや雨の日が続いていた高知市もいよいよ入梅。
ところで雨の日に悩むのは洗濯干しですよね。私はよくカーテンレールを利用
するのですが(笑)やはりそれはよくないだろうと思い、昨日ついに、ホーム
センターで「室内物干」を購入してしまいました!
雨の日が少しだけ、楽しくなりそうです(笑)

この季節、新しい傘などレイングッズを購入するのも、楽しみのひとつになる
かもしれませんね。

今月も長宗我部ファンクラブ通信をよろしくお願いします☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(1)長宗我部フェス&長宗我部まつりが開かれました!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月19日に長宗我部フェスが、20日には初めての長宗我部まつりが開かれ
ました!
両日とも熱い歴史ファンで大賑わい。訪れた人々は武者行列や
豊後大友宗麟鉄砲隊の演舞に歓声をあげていました。

長宗我部ファンクラブでは会場ボランティアスタッフを始め、長宗我部に
ちなんだオリジナルミニタオルやハッピ、長宗我部アニメの上映、販売等を
行いました。

当日の模様は坂本氏によるこちらのレポートをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/cyosokabefc/e/05da629b86a6b78a0a5d5ae161ff1bef

多くの皆様のご来場誠にありがとうございました。
今年参加できなかった方、ぜひ来年、会場でお会いしましょう!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(2)7月28・29日土佐の宵まつりが開かれます!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月28日(土)29日(日)の2日間、高知市鏡川河畔で「土佐の宵まつり」
が開かれます。
夏の夜、浴衣でおでかけなんていかがでしょう。
長宗我部ファンクラブでは宵まつりでおもしろい企画を計画中。
ぜひ遊びに来て下さいね。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃(3)6月8日(金)第31回 長宗我部を語る会 開催!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月1回長宗我部ファンクラブが開催している「長宗我部を語る会」。
今月も第2金曜日の6月8日(金)、ゆうあい工房にて19時より開催します。 
(そう、今夜ですね!)
(ゆうあい工房は高知市はりまや町3丁目20番1号 北街ビル2階。
1階に不動産屋さんのあるビルです)

参加費はお一人様300円です。(1ドリンク代含む)
お誘い合わせの上お気軽にお越しくださいませ。(近隣にコインパーキングあり)

==編集後記==

今月のファンクラブ通信、いかがでしたか。
先日、NHK歴史秘話ヒストリア「美しき武将 戦国アニキの秘密」が放送
されましたね。
後半ぐぐっと盛り上がってゆく感動的なストーリーでした。
これは「大河ドラマ」への大きな一歩となるのでは!とひとしきり感動。
いつの日か長宗我部の物語を日本で、そして世界で見ることができたら・・・
と考えると本当にわくわくしますね。
ではまた、来月お会いいたしましょう!
チャオチャオ!

※小浜亭馬楽さんによる長宗我部紀行は先月号をもって終了致しました。

■ ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行    :長宗我部ファンクラブ事務局
お問合せ  :dokodemodoa0328@yahoo.co.jp

 

長宗我部ファンクラブ事務局 の記事

 

長宗我部まつり に関する記事 

 

長宗我部に関する主な記事 目次

 

長宗我部ファンクラブ

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり 盛大に開催される!(その12 元親君のゆるキャラ)

2012-06-07 | 長宗我部のイベント情報

5月20日(日)、高知市長浜の若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されました。 (その12 元親君のゆるキャラ)

このまつりは、若宮八幡宮が恒例で取り組みをしている「長宗我部元親初陣祭」とタイアップして、地域を盛り上げようと地元住民の皆さんが実行委員会を作って実施されました。

これには若者を中心とした全国の長宗我部ファンをはじめ、県下からも沢山の参加者があり、武者行列やご当地グルメ、楽しいステージ企画を楽しんでおりました。

楽しかった第1回長宗我部まつり の様子を皆様にもお伝えしたいと思います。

 

第1回長宗我部まつり   元親君のゆるキャラ

ミュージアム キャラクター アワード 2011で全国のファン投票で、第4位に輝いたゆるキャラ「元親君」も登場です。

 

出典:第8回孫市まつり ゆるキャラ(R)サミット大集合!!を紹介します。

長宗我部元親・若武者もとちか君です!
 高知県立歴史民俗資料館のキャラクターです

四国をほぼ制定した長宗我部元親の居城跡の岡豊(おこう)城跡が
国史跡となったのを記念して、同地に所在する高知県立歴史民俗
資料館のマスコットキャラクターとして生まれました。
土佐武士の根っ子である長宗我部氏を全国にPRするために活躍しています。

 
 ○高知県立歴史民俗資料館
 http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~rekimin/

 

 記念撮影をする方で、にぎわっておりました。

ミュージアム キャラクター アワード 2011で全国のファン投票で、第4位に輝いたゆるキャラ「元親君」

 

 

 

長宗我部まつり に関する記事 

長宗我部に関する主な記事 目次

 長宗我部ファンクラブ 

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長宗我部まつり に関する記事

2012-05-28 | 長宗我部のイベント情報

長宗我部まつり に関する記事

2012年5月20日(日)、高知市長浜の若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されました。

(その1 武者行列) 

(その2 開会式)

(その3 長宗我部元親初陣祭) 

(その4 豊後大友宗麟鉄砲隊)

(その5 大自慢大会)

(その6 土佐犬 横綱登場)

(その7 居合演武「精参流」)

(その8 けん玉 技の披露)

 (その9 よさこい演舞 十人十彩)

(その10 スポーツチャンバラ)

(その11 動物ふれあい広場)

(その12 元親君のゆるキャラ)

 

 

長宗我部に関する主な記事 目次

 長宗我部ファンクラブ 

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり 盛大に開催される!(その11 動物ふれあい広場)

2012-05-28 | Weblog

5月20日(日)、高知市長浜の若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されました。 (その11 動物ふれあい広場)

このまつりは、若宮八幡宮が恒例で取り組みをしている「長宗我部元親初陣祭」とタイアップして、地域を盛り上げようと地元住民の皆さんが実行委員会を作って実施されました。

これには若者を中心とした全国の長宗我部ファンをはじめ、県下からも沢山の参加者があり、武者行列やご当地グルメ、楽しいステージ企画を楽しんでおりました。

楽しかった第1回長宗我部まつり の様子を皆様にもお伝えしたいと思います。

 

第1回長宗我部まつり   動物ふれあい広場

動物ふれあい広場が開かれており、子どもや親子で楽しそうに触れ合っている光景を目にしました。

一般社団法人 海 「海の牧場」 代表理事の小笠原 修 さん(携帯090-4502-3046)を中心に運営されており、名刺交換させて戴きました。

後日、日常飼育している「海の牧場」 へも行って来ました。  

 

 代表理事の小笠原 修 さんが力を込めて話されたのは、”アニマルセラピー”とか ”ホースセラピー”と言うことでした。

”イルカセラピー”は、室戸で実感してきましたので、直ぐ理解できました。室戸ドルフィンセンター の記事

 

 

 動物ふれあい広場、子どもや親子で楽しそうに触れ合っている光景を目にしました。普段はなかなかこのような機会はありません。

 えさを100円で買って、動物達に食べさせることも出来たり、鞍をつけた小さな馬に乗ることも出来ました。

 

 

 

長宗我部まつり に関する記事 

長宗我部に関する主な記事 目次

 長宗我部ファンクラブ 

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり 盛大に開催される!(その10 スポーツチャンバラ)

2012-05-28 | 長宗我部のイベント情報

5月20日(日)、高知市長浜の若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されました。 (その10 スポーツチャンバラ)

このまつりは、若宮八幡宮が恒例で取り組みをしている「長宗我部元親初陣祭」とタイアップして、地域を盛り上げようと地元住民の皆さんが実行委員会を作って実施されました。

これには若者を中心とした全国の長宗我部ファンをはじめ、県下からも沢山の参加者があり、武者行列やご当地グルメ、楽しいステージ企画を楽しんでおりました。

楽しかった第1回長宗我部まつり の様子を皆様にもお伝えしたいと思います。

 

第1回長宗我部まつり   スポーツチャンバラ大合戦

スポーツチャンバラ大合戦の模様を見てみたいと思っていましたが、時間の都合で見ることが出来ませんでした。

高知県スポーツチャンバラ協会の理事や事務局長をされている野村さんや山岡さんと名刺交換させて戴きました。

こども祭の中でもメーニューとして面白いのでは・・・と考えております。普及にも役立つのでは・・・とも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されたプログラムです。

 

長宗我部まつり に関する記事 

長宗我部に関する主な記事 目次

 長宗我部ファンクラブ 

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり 盛大に開催される!(その9 よさこい演舞 十人十彩)

2012-05-28 | 長宗我部のイベント情報

5月20日(日)、高知市長浜の若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されました。 (その9 よさこい演舞 十人十彩)

このまつりは、若宮八幡宮が恒例で取り組みをしている「長宗我部元親初陣祭」とタイアップして、地域を盛り上げようと地元住民の皆さんが実行委員会を作って実施されました。

これには若者を中心とした全国の長宗我部ファンをはじめ、県下からも沢山の参加者があり、武者行列やご当地グルメ、楽しいステージ企画を楽しんでおりました。

楽しかった第1回長宗我部まつり の様子を皆様にもお伝えしたいと思います。

 

第1回長宗我部まつり   よさこい演舞 十人十彩

8月10日(水)~ 8月11日(木)第58回よさこい祭り よさこい祭り本番 で、金賞を受賞した、十人十彩(じゅうにんといろ)のよさこい演舞です。

 出典:よさこいネット イベント > 第58回よさこい祭り 

よさこい祭とは

 高知の夏の祭典「よさこい祭り」は、今では日本中で広く知られるところですが、そもそもの始まりは昭和29年、「市民祭」と「商店街の活性化」を兼ねてスタートしました。

お隣徳島には有名な「阿波踊り」があったので、何とかそれに負けない良いものをと、県内在住の作曲家・武政英策氏が作詞作曲、日本舞踊五流派のお師匠さん方が振り付けを担当。素手ではダメだと、高知の田んぼで雀追いの道具に使われていた鳴子を採用し、“ヨッチョレヨ、ヨッチョレヨ”の軽快なリズムの「正調よさこい鳴子踊り」が完成しました。 ‥‥とはいえ、皆が同じ曲に合わせて同じように踊っていたのは最初だけ。「わが道を行く」高知県人の性格からか、正調をアレンジするチームが増え続け、現在のスタイルに発展してきました。そして、いまもなお「よさこい祭り」は、現在進行形でさらなる変化を続けているのです。

出典:十人十彩 2012 さくよさ 平安神宮應天門前会場奉納演舞 

 

 

 十人十彩のよさこい演舞 何時見ても素晴らしいですね。

 

 

 

 この後、ステージでの演舞がありました。

 

 

 5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されたプログラムです。

 

長宗我部まつり に関する記事 

長宗我部に関する主な記事 目次

 長宗我部ファンクラブ 

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/20、若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり 盛大に開催される!(その8 けん玉 技の披露)

2012-05-27 | 長宗我部のイベント情報

5月20日(日)、高知市長浜の若宮八幡宮で 第1回長宗我部まつり が盛大に開催されました。 (その8 けん玉 技の披露)

このまつりは、若宮八幡宮が恒例で取り組みをしている「長宗我部元親初陣祭」とタイアップして、地域を盛り上げようと地元住民の皆さんが実行委員会を作って実施されました。

これには若者を中心とした全国の長宗我部ファンをはじめ、県下からも沢山の参加者があり、武者行列やご当地グルメ、楽しいステージ企画を楽しんでおりました。

楽しかった第1回長宗我部まつり の様子を皆様にもお伝えしたいと思います。

 

第1回長宗我部まつり   浦戸小学校の子ども達の けん玉 技の披露

高知市長浜にお住いの、宮川武夫さん(長浜地区民生児童委員・日赤高知市長浜分区長) が、浦戸小学校の子ども達のけん玉遊びを指導してくださっているようで、子ども達も大変上手でした。

 

 

 浦戸小学校の子ども達の けん玉 技の披露

高知市長浜にお住いの、宮川武夫さん(長浜地区民生児童委員・日赤高知市長浜分区長) が、浦戸小学校の子ども達のけん玉遊びを指導してくださっているようで、子ども達もこのステージに向けて練習を重ねてきたようですが、大変上手でした。

 

 

 

 

3月18日,第1回仁淀川こども祭&お国自慢大会 (その10 けん玉 遊び )

 

長宗我部まつり に関する記事 

長宗我部に関する主な記事 目次

 長宗我部ファンクラブ 

情報がてんこもり  「高知ファンクラブ」パート2    記事一覧はこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加