花ごよみ

映画、本、写真など・

チェ 39歳 別れの手紙

2009-01-23 | 映画

『チェ 28歳の革命』の続編。
試写会で観てきました。

キューバ革命を成し終え、
家族と最後の食事をした後、姿を消す。

次に足を運んだ新たな地は、
独裁政権下のボリビア。

この地で平等な社会への変革を果たそうと
ボリビアの政府軍と戦うが…。

革命へと突き進むゲバラだが
ボリビアの共産党の協力はなく
アメリカの援護のもとでの
政府軍相手には勝ち目のない戦い。

その上、地元民の協力も得られず
食料にも困窮した状態の中
争いをとおしてのゲバラ仲間の死。

ゲバラの苦悩は深まる。

未来の見えない戦い
観るものに重い心を持たせたまま
映画は進行していきます。

ボリビアの改革はキューバのようには
うまく進まず
政府軍の銃弾に倒れ、
無念さの中で39歳で命を閉じる。

新しい世界を夢見た、
私利私欲のないゲバラの、
愛に満ちた澄んだ心。

 

希求するは理想的な平等の世の中。

でも武器を持った戦いによって
目的を果たそうとする、
武力革命のむなしさが残りました。

 

映画を観る限りでは少人数のゲリラ戦で、
国の変革を求めるのは無茶な気がしました。

39歳の早すぎる死。

動かせない歴史的事実なので、
革命万歳!!と、
ハッピーエンドにはなりえない作品。
それにしても、つらすぎる終わり方でした。

でもそんな凝縮された人生が、
偶像化され英雄視されている一因なのでしょう。

今、彼がカストロと同じように
まだこの世に存在しているとしたら…。

前の座席の二人連れ、
二人して映画の上映時間2時間強、爆睡。
段差の少ない映画会場、
おかげで前方視界良好でした。

『チェ 28歳の革命』の方は→こちらです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南天とレモン | トップ | 2009大阪国際女子マラソン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よりりん)
2009-01-23 01:10:30
もうご覧になったんですね!!
そういえば、試写会あたったとおっしゃっていましたね・・・。
ボリビアは、南米解放の父シモン・ボリバルの名を冠した国ながら、未だに南米でも一番貧しく治安もよろしくない国のままですね。
天然資源も多いのに、クーデター続きで政争も収まりませんし・・・涙。
現在は、初の先住民出身大統領になって、少しはマシになってきてるんでしょうかね?
ポトシ銀山やノエル・ケンプ・メルカード国立公園など世界遺産も色々あって、歴史の深い土壌なのにねぇ・・・。
ゲバラの戦ったゲリラ戦争は、ボリビアではあまり受け入れられてないようですね。
当時のボリビア政府とアメリカ政府は、ゲバラを追い詰めるためのサン・ファンの虐殺を行ったり色々やってますよね。
キューバの社会主義化が評価されていた都市部の労働者にはゲバラは受け入れられたようですけど、先住民にはどうだったんでしょう?
キューバでのような国全体の一体感が得られなかったのが、ボリビアではダメになった原因ですかね~?
よりりんさんへ☆ (kazu)
2009-01-23 23:18:45
こんばんは~!

よりりんさんはゲバラのことを
すごくよくご存じなんですね。
私は映画で見た範囲位の知識しかないです。

今回の39歳の方の戦いの先には、
彼の人生の最期が待っています。
それが分かっているだけに、
画面を見ていても
むなしいものがあります。

キューバで成功した革命は、
ボリビアでは受け入れられません。
ボリビア内部から起こった戦いでないので、
民衆の支持を得られなかったのでしょう。
そういう風が吹いて、
いなかったのかもしれません。
革命には風が必要なんですね。
炭鉱労働者のストが起こった時も
連動が出来なかったんですね。

でも、そういう状況においても
常に弱者の味方であり、
人のために生きようとしたとした
チェ・ゲバラの理想とする生き方。
これが愛される理由なんですね。
映画を見て学びました。
Unknown (晴雨堂ミカエル)
2009-10-13 11:18:19
こんにちは、映画ブログの晴雨堂です。
 
 もしゲバラが生きていたら、残念ながら程度の問題はあれ晩節を汚していたと思います。汚せずに政治家をまっとうできるのは不可能ですから。
 
 ゲバラの娘で小児科医のアレイダは、殺されたおかげで父は今でも理想に燃える若い革命家のままです、といったコメントを残していますが、その通りでしょう。
晴雨堂ミカエルさんへ (kazu)
2009-10-13 20:17:53
こんばんは~!

ゲバラは早く亡くなったので
英雄になったというのは
その通りかもしれないですね。
でも生きていても変わらなかったという気持ちもあります。

でも、いずれにしても国家の統治ということになればむずかしいことでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「チェ 39歳 別れの手紙」そして彼は、“英雄”になった。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年1月20日 2:06 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  『2009年は、「チェ」と「チェ」で始まる…』という予告編でもお馴染み、“2つのチェ”の2つ目、前作「チェ 28歳の革命」に続く...
『チェ 39歳別れの手紙』 (めでぃあみっくす)
エルネスト・チェ・ゲバラ。キューバ革命を成功させた伝説的英雄。しかし決して英雄視してばかりではいけない真の革命家。スティーブン・ソダバーグ監督が『28歳の革命』よりも伝えたい要素を詰め込んだというこの作品は、チェ・ゲバラの内面に客観的に迫る一方で、彼が残...
★★★★★ 『チェ 39歳 別れの手紙』 (映画の感想文日記)
2008年。フランス/スペイン。"CHE : PART TWO".   スティーヴン・ソダーバーグ監督。  エルネスト・チェ・ゲバラがキューバを去り、ボリビアで死を遂げるまでの物語。  第1部の『チェ 28歳の革...
チェ 39歳別れの手紙 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CHE: PART TWO/GUERRILLA公開:2009/01/31製作国・年度:フランス/スペイン、2008年上映時間:133分鑑賞日:2009/02/01監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、カルロス・バルデム、デミアン・ビチル、ヨアキム・デ・アルメイダ、エルビラ・...
「チェ 39歳別れの手紙」民衆の支持と支援を得られず散った革命家の革命に生きた戦い (オールマイティにコメンテート)
「チェ 39歳別れの手紙」はチェ28歳の革命の続編でキューバ革命に成功したチェ・ゲバラは1965年にキューバを離れボリビアで革命ゲリラ活動を開始するが、ボリビアの内部から支援を得られず、内部から脱落者や逃亡者などが続出して苦戦の連続の中でついに捕まり処刑さ...
チェ 39歳別れの手紙 (LOVE Cinemas 調布)
前作『チェ 28歳の革命』でキューバ革命成功までを描き、本作ではその後、チェ・ゲバラがボリビアに渡り反政府ゲリラの指導者として処刑されるまでを描いている。主演と監督ははもちろん前作同様ベネチオ・デル・トロとスティーブン・ソダーバーグ。注目の後編です。
チェ 39歳別れの手紙 (悠雅的生活)
わたしは 人間を信じる
*チェ 39歳 別れの手紙* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1965年3月、チェ・ゲバラは忽然と姿を消した。様々な憶測が飛び交う中、カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、ゲバラの手紙を公表する―。彼は再び、革命の旅を始めた。変装したゲバラは、1966年11月ボリビアに入国する。そこは大...
チェ 28歳の革命 |チェ 39歳別れの手紙 (我想一個人映画美的女人blog)
この時期毎年参加している、小学館の年末忘年会パーティ (美味しいものいっぱい食べ放題{/m_0050/})と重なってしまってどうしようかと思ったけど そこは映画ファンのわたくし やっぱ生デルトロでしょう! ってことで行って来ました ベニチオ・デル・トロ&ソダーバー...
Che: Part Two (2008) (アヤは観た。)
邦題:チェ 39歳 別れの手紙 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、ベンジャミン・ブラット、フランカ・ポテンテ、ルー・ダイアモンド・フィリップス、カリル・メンデス、ジュリア・オーモンド、エドガー・ラミレス、カタリーナ・サンディノ・...
チェ 39歳 別れの手紙 (Akira's VOICE)
目を閉じないで,見届けよう。  
劇場鑑賞「チェ39歳別れの手紙」 (日々“是”精進!)
 「チェ39歳別れの手紙」を鑑賞してきました「トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、孤高の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの半生とその人間像に迫る伝記ドラマ2部作の後編。本作では、ゲバラがカストロと袂...
『チェ 28歳の革命』面白かった・・・ (自由の森学園図書館の本棚)
今日、『チェ 28歳の革命』を見てきました。 ちょっと予習が必要かなぁ、と思うほど、はなしがくるくる進むけど、とても面白かったです。 とにかく、主人公チェ・ゲバラが、かっこ良いです。 キューバのために、というよりは全世界の抑圧されている人々のために闘...
チェ 39歳 別れの手紙/CHE PART2 (いい加減社長の映画日記)
先週公開の映画の中で、最後に残った「チェ 39歳 別れの手紙」。 月曜日に、溜まっていたポイントで観てきました。 「UCとしまえん」は、平日だと普通なのかな。 「チェ 39歳 別れの手紙」は、中くらいのスクリーンで、1割か。 【ストーリー】 1959年にキューバ革命...
辛過ぎる後編。『チェ 39歳 別れの手紙』 (水曜日のシネマ日記)
伝説のカリスマ的革命家チェ・ゲバラを描いた歴史ドラマ2部作の後編です。
チェ 39歳 別れの手紙〔2/4鑑賞〕 (関西おいしいもの♪)
◎チェ 39歳 別れの手紙 監督 スティーブン・ソダーバーグ   脚本 ピーター・バックマン  出演 ベニチオ・デル・トロ カルロス・...
【妄想183】「CHEチェ 39歳 別れの手紙」 感想 (日本妄想協会 paradigm shift)
「CHEチェ 39歳 別れの手紙」 感想
チェ 39歳 別れの手紙 (だらだら無気力ブログ)
フィデル・カストロとともにキューバ革命を成し遂げたチェ・ゲバラの 半生をスティーヴン・ソダーバーグ監督がベニチオ・デル・トロ主演で 描いた伝記ドラマ2部作のうちの第2作。 キューバ革命後、ボリビアでの革命運動を起こしてから戦い敗れて、死に 至る過程を描く...
チェ 39歳 別れの手紙  (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『チェ 39歳 別れの手紙』  (2008) = 1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。 しかし、チェ・ゲバラは変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消してしまう。 そして...
映画「チェ 39歳 別れの手紙」 (FREE TIME)
映画「チェ 39歳 別れの手紙」 を鑑賞。
チェ 39歳の別れの手紙/スティーブン・ソダーバーグ/ベニチオ・デル・トロ (永遠の夕暮れ)
チェ 28歳の革命に続き、チェ 39歳の別れの手紙が公開されました。
「チェ 39歳別れの手紙」 ドキュメンタリー以上に乾いた視線 (はらやんの映画徒然草)
やっぱりソダーバーグ監督とは相性が良くないというのを再確認したという感じがします
『チェ 39歳別れの手紙』 (自由の森学園図書館の本棚)
映画『チェ 39歳別れの手紙』を見ました。『チェ 28歳の革命』と対をなす作品でした。 最後まで自分の信ずるところを枉げずに生きるチェ・ゲバラの姿が印象的でした。孤立して、悲惨な道をすすんでいくことになるのだけど、やっぱりかっこ良い。 権力・抑圧者...
チェ 39歳の別れの手紙 (利用価値のない日々の雑学)
第1部「チェ 28歳の革命」のレビューでの懸念が、筆者に取ってはそのまま反映した鑑賞になった。なぜ、今、この時期にゲバラなのか。そもそも1本の作品を2分割することによって得られる効果はあるのか。ゲバラが革命を通して生涯残したたかった事を作品で表現できたのか...
チェ 39歳別れの手紙 (Sweetパラダイス)
キューバ革命を成してのち姿を消したゲバラについてごまかし切れなくなったカストロが彼の「別れの手紙」を読み上げるところから 映画は始まる。最初の方は状況がつかみにくかった「28歳」に比べ仕掛けがないぞ切なすぎてもう観てて嫌になってきたぼうっとなったりむな...
[映画『チェ 39歳 別れの手紙』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ケレンはないし、けしてドラマチックに描いた作品でないことは、『チェ 28歳の革命』(クリック!)を既に観ていたので分かっていた。  故に、どうにも先ず観るロードショー作品は娯楽作優先になり、『チェ 39歳 別れの手紙』は公開から観るのが遅れていたのだが...
【映画】チェ 39歳 別れの手紙 (新!やさぐれ日記)
▼動機 チェ・ゲバラを知りたかった ▼感想 チェ・ゲバラに対して欲が出てきた気がする ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。しかし、チェ・ゲバラは変装...
映画「チェ 39歳別れの手紙」 (<花>の本と映画の感想)
チェ 39歳別れの手紙   映画館にて鑑賞 監督 スティーヴン・ソダーバーグ 出演 ベニチオ・デル・トロ カルロス・バルデム デミアン・ビチル ヨアキム・デ・アルメイダ エルビラ・ミンゲス  カタリーナ...
チェ★39歳の別れの手紙レビュー (銅版画制作の日々)
 CHE PARTIE 2 いよいよ後半です。ベニチオ・デル・トロ、益々ゲバラに近づいていくような気がします。パート2は、ボリビアでのチェ・ゲバラの活動が描かれています。後半の作品の方が何かしら食い入るように観てしまいました。タイトルからも分かるように、彼の最...
感動からエナジーを得よう 「チェ 28歳の革命」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「チェ 28歳の革命」 味付無しのチェ。   【原題】CHE: PART ONE/THE ARGENTINE 【公開年】2008年  【制作国】米・西・仏  【時間】13...
映画『チェ 28歳の革命』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-3.チェ 28歳の革命■原題:ChePart1:TheArgentine■製作年・国:2008年、スペイン・フランス・アメリカ■上映時間:132分■字幕:石田泰子■鑑賞日:1月11日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・撮影監督:スティ-ヴン...
チェ 39歳別れの手紙 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『信念は、死なない』  コチラの「チェ 39歳別れの手紙」は、「チェ 28歳の革命」の続編となるバイオグラフィー映画、”チェ2部作”の後編です。いきなりハゲヅラのゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)?何があったのぉ?と早速置いてけぼりですw  映画の中のセリフにも...