花ごよみ

映画、本、写真など・

手紙

2006-10-21 | 映画
 
もう、5年位前になるのでしょうか、
新聞の日曜版の連載で読みました。 

すぐに読んだ内容を、
忘れてしまう自分にとっては珍しく、
長期間の連載だったせいもあるが、
かなり年月が経っているにもかかわらず、
結構、記憶に残っている物語でした。 

直貴にもう一度逢える!! 

映画化された作品を、
なつかしい想いと共に、
試写会で観ました。

主演は山田孝之。
相手役には沢尻エリカ。
兄の役には玉山鉄ニが出演。


勉強の出来る弟を、
どうしても大学に行かせたい。 

その思いで強盗に走ってしまった兄。
しかも、弟の好物の甘栗を見つけ、
それを取りに戻ったため 
住人に見つかり殺めてしまう。

もとはといえば、
すべて弟への愛情ゆえに犯した罪が、
弟の人生に犯罪者の家族という烙印を残し、 
夢や希望、恋までも奪ってしまい、
弟の未来を狂わせてしまう。

たった二人きりの家族。

二人を繋ぐ手紙の存在。

最後の直貴の決断、直貴自身にとっても、
兄にとってもつらい決断。
他に為す術は見つからない。

兄、弟の心の痛みを感じると 
やるせない気持ちいっぱいです。 

沢尻エリカの関西弁、少し変だけど
暖かくてホッとします。
母親役も違和感なく見られました。

お笑いコンビの夢??…。
そんなのは読んだ記憶にはなかったような。。。
新聞連載から単行本それから映画、
どこかの時点で変更されたのでしょうか?

同じく東野圭吾原作のドラマ、
「白夜行」の亮司と同様、
寂しさ、悲しさを秘めた
沈んだ暗い目をした山田孝之(武島直貴)が
お笑いを目指すなんて…
直貴とお笑い、しっくりこないです。
直貴の今まで歩んできた人生からも考えにくい。
ずっと心にひっかかりを生じたままです。

深い悲しみ、償いの心は永遠に存在して、
どんな風にしても、
消え去ることはないとしても、
直貴の家族には、
なんとか、幸せになって欲しい…。 
そう思いました。






 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アサガオ(オーシャンブルー... | トップ | 熟した時計草の実! »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう、ご覧になられたのですねっ! ()
2006-10-21 14:04:39
kazuさん、こんにちは~!

早ーいっ!もう、ご覧になられたのですね!?

まだ、途中までしか読んでいませんが、直貴は、バンドのボーカルでしたよね?

それが、漫才師を目指しているなんて・・・山田孝之さんに、漫才師は似合わないような・・・?

でも、バンドのままだと、ドラマ「タイヨウのうた」みたいですし・・・。

早く、続きを読まなくては!!!

また、映画を観たらお邪魔させて下さいね♪



・・・「地下鉄に乗って」観てきました(涙)
観ましたよ~!! (kazu)
2006-10-21 19:41:30
直貴は歌が上手だったんですよね。 

映画を観ている間は思い出せなくて

イライラしていました。 

今頃になってバンド時代の 

状況を思いだしてきました。

友達との色々なこととか…。 

本も変わってなかったんですね。 

漫才師の設定が構成上、必要だったのかも

しれませんが…



「地下鉄に乗って」もう観られたんですか?

どうだったのかな??

はじめまして (naru)
2006-10-23 21:02:30
こんばんは。いつも楽しくブログ拝見しております。『手紙』やはり映画では漫才なのですね。噂では山田君が歌がうまいと聞いていたので、映画も歌かと思っていたのですが。何故歌じゃなかったのかなぁ。この作品でジョン・レノンの『イマジン』は、はずせないポイントだと思うのですが...。この作品は観に行く予定なので楽しみです。
naruさんへ☆ (kazu)
2006-10-23 22:06:15
はじめまして。

ブログ見て下さってありがとうございます。

漫才なんですよ。 

映画を見ていて戸惑いがありました。

バンドのボーカリストだったんですよね。

最後、漫才師としての感動シーンもありましたが…。

「イマジン」聞きたかったです。。。





観てきました! ()
2006-11-04 10:13:14
こんにちは!
ドキドキしながら観てきました。
ラストシーンの映像が、美しくて力強く感じられて、良かったです。
慰問に訪れた時の、テラタケのネタも良かった・・・(涙)
そうそう、沢尻さんの関西弁は、やっぱりおかしいんですね・・・。
空さん、こんにちは! (kazu)
2006-11-04 16:53:15
ご覧になられたんですね。 
ドキドキする気持ち分かりますよ。
ラストシーンは美しかったですね。
慰問に訪れて兄を映すシーン、
よかったですね。
沢尻さんの関西弁はすこしおかしくっても 
そんなに気にはなりませんでした。
ほんわかとしてとても可愛かったですよ。
イマジン (にら)
2006-11-10 17:04:48
ふざけた記事をTBしてすみませんでした。

原作がミュージシャンだとは知ってましたが、「イマジン」出てくるんですか。
もしかしたら、「イマジン」の使用料が高くて使えず、キャラ設定も変更したのかもしれないですね。
そして、しかたなく「言葉にできない」を使った、のかな。

てなわけで、TBありがとうございました。
にらさんへ☆ (kazu)
2006-11-10 21:35:43
こんばんは☆ 
こちらこそTB、コメントありがとうございました。
にらさんの記事おもしろかったですよ。 
漫才師は(あれっ、変だな)と
思いつつ見ていたのですが、
ミュージシャンだったということは見終わってから、
やっと思い出しました。  
キャラ設定の変更、そういうことも
考えられるのですね。
 

 
観てきました (naru)
2006-11-10 22:08:22
こんばんは。この作品観てきました。

ラストはやはりつっーと涙がこぼれま
した。沢尻エリカちゃんリカちゃん
人形みたいに可愛かったです(笑)
でも直貴には、漫才よりイマジンを
歌って欲しかったなと思いました。
naruさんへ☆ (kazu)
2006-11-10 22:24:14
こんばんは。 
観てこられたんですね。
ラストはやっぱり一筋の涙ですね。 
沢尻エリカちゃん、ほんとうに
可愛かったですね。
そして健気で…。
やっぱり、直貴は漫才よりもイマジン方が
あっていますよね。
こんばんは (kira)
2007-06-02 00:44:24
今頃になってDVDを観ました。
こちらの記事を見ていてさえ熱いものに襲われそうになります。
遣る瀬無い山田君の表情は、白夜行とだぶっちゃいますね。
大音量の挿入曲は、エンドロールまで待って欲しいところでした。
TBさせてくださいね。
kiraさんへ☆ (kazu)
2007-06-02 19:39:20
こんばんは~!

TBありがとうございました。

山田君の独特の悲しげな表情…。
見ていてこちらまで
悲しみが伝わってきますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「手紙」試写会レビュー  涙が、溢れてしまう。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
クライマックスには、まさに、涙が溢れるという表現がぴったりの映画だ。
手紙 (まぁず、なにやってんだか)
試写会にて一足先に「手紙」を観てきました。 ストーリーなど詳しいことを知らずに観ましたが、とてもいい映画でした。 最初こそ、「緑の木々があって暖かそうな季節に見えるけどクリスマスかよ!」とか「大雨なのにやけに太陽光線が当たってる」とかツッコミ ...
手紙 (★試写会中毒★)
満 足 度 :★★★★★★★★ (★×10=満点)  監  督 :生野慈朗 キャスト :山田孝之 、玉山鉄二 、沢尻エリカ 、吹石一恵 、尾上寛之 、他 ■ストーリー■  武島直貴(山田孝之)は、2年の間に3回の転職、3回の引越しをした。 今は ...
「手紙」 (てんびんthe LIFE)
「手紙」明治安田生命ホールで鑑賞 泣かされると思って行ったら本当に泣けました。不思議。突っ込みどころ満載の話なのに。理由は単純。玉鉄をみていたらそれだけで泣けました。哀愁漂っていると言うか、悲しい人生。作品そのものは山田孝之くん演じる直樹に対 ...
「手紙」試写会 (Thanksgiving Day)
よみうりホールで行われた、映画「手紙」の試写会に行ってきました!! 東野圭吾原作の小説を映画化した作品なんですけど、感動的でしたよ(;θ;) こんなストーリーです。 『武島直貴には人目を避ける理由があった。兄・剛志が直孝の大学進学のための学費欲し ...
沢尻エリカ、関西弁再び「手紙」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
沢尻エリカの関西弁と山田孝之の漫才、玉山鉄二の坊主頭。東野圭吾の「手紙」が映画化された。注・ここより物語とラストシーンに触れています。ファン投票で必ずベスト5に入る人気作「手紙」(未読です)。暗い話だ
映画「手紙」試写会 (ぶっかにっき)
細木さんの占いでは土星人の(+)で霊合星人。大殺界なんですがぽろぽろ試写会が当たってその反動に恐れるぶっかです。 ということで、またひとつ試写会に当選しました。 「手紙」 東野圭吾さんの原作は読んでいませんが、なんとなく予想していたとおり深いとい ...
『手紙』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1565に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  その「美しさ」が、リアリティの邪魔をした。 『手紙』 参考:手紙@映画生活 手紙-シネマトゥデイ 2006年・日本・121分 監督:
映画vol.94 『手紙』*試写会 (Cold in Summer)
『手紙』(2006年公開)*試写会 監督: 出演:山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ  公式HP 『白夜行』原作、東野圭吾さん原作作品。 好きな作家さんなので、応募しました。でも暗そうねぇ。 ◇ストーリー 弟の学費を ...
無性に書きたくなりました【手紙】 (犬も歩けばBohにあたる!)
インターネットが普及してからというもの めっきり手紙を書かなくなった。 友だち
東京国際映画祭『手紙』舞台挨拶@オーチャードホール (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
観たい映画に必ずと言っていいほど出ている沢尻エリカ第3弾(ぇLIVEまで時間が空いたんで、東京国際映画祭から「虹の女神」と天秤にかけ『手紙』を選択。沢尻エリカは、おとといも見たばかり(笑) 過去2作のレビューは、一番下のリンクから。。。ではいつもの ...
『手紙』 試写会 (**Sweet Days**)
原作:東野圭吾 CAST:山田孝之、沢尻エリカ、玉山鉄二 他 STORY:剛志(玉山鉄二)と直貴(山田孝之)は両親を亡くし、剛志の収入だけで兄弟2人で細々と暮らしていた。しかし腰を痛め勤められなくなった剛志は、ある日強盗目的で他人の家に押し入り人を ...
手紙 (C'est Joli)
手紙’06:日本 ★監督;生野慈朗「ビューティフルライフ」(TV)「3年B組金八先生」(TV)★出演;山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ ★STORY川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に、野球帽を目深に被った青年の姿がある。――武島直貴(山田孝之)、2 ...
手紙 (Akira's VOICE)
伝えたい思いは,心を込めれば必ず届く!
映画「手紙」 (いもロックフェスティバル)
映画『手紙』の試写会に行った。
「手紙」 (しんのすけの イッツマイライフ)
予告編で充分かも、、(^^;; 小田和正さんの主題歌、 「言葉に出来ない」が流れているから。(汗)   予告編だけで泣けてくるので、ちょっとズルイかも??
手紙 (カフェ☆小悪魔)
それでも君は、ここで生きていくんだ―。 原作:東野圭吾公式サイトはコチラ手紙(あらすじ)誰とも打ち解けようとせず暗い目をした青年・武島直貴。彼には人目を避ける理由があった。兄・剛志が、自分を大学進学させる為の学費欲しさに盗みに入った家で誤って家 ...
【手紙】 (空の「一期一会」)
*ネタバレ・・・してます。* ★直貴(山田孝之)が夢見ていたこと。音楽がお笑い
【劇場映画】 手紙 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 工場で働く20歳の武島直貴は、職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。それというのも唯一の家族である兄・剛志が、直貴の学費欲しさに盗みに入った邸宅で老婆を殺してしまったからだった。兄が罪を犯したのは、自分の ...
手紙 (ネタバレ映画館)
 パソコン買いに行くからね。と選んだパソコンのOSがXPだったらTV版「タイヨウのうた」のパロディになりかねない。 
手紙 (欧風)
さて、11/3の文化の日、3連休の最初の日でしたが皆様いかがお過ごしでしたか。文化の日と言えば、埼玉県で入間航空祭があるんですが、今年は青森にいるし、
手紙 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                評価:★8点(満点10点) 2006年 121min 監督:生野滋朗 主演:山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵  【あらすじ】直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、弟の学 ...
映画「手紙」を観て来ました!! (馬球1964)
先日、採り上げました東野圭吾氏原作の話題作、「手紙」を観て来ました!!涙がとまりませんでした!!
「手紙」悪夢の連鎖を断ち切る想いを綴った最後の手紙 (オールマイティにコメンテート)
「手紙」は殺人事件を犯して無期懲役で服役している兄と世間からの差別に苦しむその弟との手紙を通じたやりとりが描かれている。今は殆どメールでのやりとりが多くなったけれど、手紙から思いが伝わる事もあるし、それで苦しむ事もある事を確りと描かれており、苦 ...
『手紙』 (京の昼寝~♪)
差別のない国を探すんじゃない。君はこの国で生きてくんだ。     ■監督 生野滋朗■脚本 安倍照雄、清水友佳子■原作 東野圭吾(「手紙」毎日新聞社、文春文庫刊)■キャスト 山田孝之、玉山鉄ニ、沢尻エリカ、尾上寛之、吹越満、田中要次、杉浦 ...
手紙 (こころいろ)
直木賞作家・東野圭吾原作の映画「手紙」の試写会を観て来ました。 愛する弟を大学にやるための学費欲しさから一人暮らしの老女の家に盗みに入り、誤って殺してしまった兄・剛志(玉山鉄二)。 成績優秀で県下有数の進学
『手紙』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『手紙』鑑賞レビュー! 人は、ひとりでは生きていけないー。 11月3日全国松竹東急系にてロードショー! 第134回直木賞作家 東野圭吾の涙のロングセラー 待望の映画化! 優しさを失った現代社会の 希望を失ったすべての人々に贈る 魂 ...
【劇場鑑賞123】手紙 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。 兄貴、ごめん。俺、兄貴を捨てる・・・ 兄が人を殺した 夢も恋人も 全部なくした 兄のせいで
現実を受け入れて生きていくという事。『手紙』 (水曜日のシネマ日記)
強盗殺人の罪で無期懲役の判決を受けた服役中の兄と、その弟の物語です。
あなたに会えてよかった ☆ 映画『手紙』 ☆今年82本目 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
原作は東野圭吾は好きな作家なので発売された当時に読んだけど、大雑把な記憶が残ってるだけ。 山田孝之は以前にも東野圭吾原作の『白夜行』で主演しているけど、実をいうと私は彼は主演の器ではないと常々思っている。 演技は巧いんだけど、主演俳優としての ...
『手紙』 (ねこのひたい~絵日記室)
全力高校野球部キャプテンだったオレが太鼓判を押す。 電車男よ、これぞまさしく、真の逆境だ。
手紙 (future world)
犯した罪、それも取り返しのつかない程の・・・償うことは出来るのか・・そしてその家族は・・。 東野圭吾原作の「手紙」~未読だが、「殺人無期懲役」という大罪がもたらす苦悩・・・加害者、被害者家族、加害者家族たちの‘想い’をこの映画はとても上手く伝 ...
「手紙」みた。 (たいむのひとりごと)
偏見によってそのまま差別され、でもそんな理不尽な扱いを受けても仕方が無いことなのだと、当然のことなのだとしなければならないことも確かにあるようだ。しかし、偏見を持ったとしても、差別することが当たり前かといえば、必ずしもそうではない、ハズ。
「 手紙 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 生野慈朗 出演 : 山田孝之  / 玉山鉄二  / 沢尻エリカ 原作 : 東野圭吾  『手紙』(毎日新聞社刊) 挿入歌 : 小田和正 『言葉にできない』 公式HP : http://www.tegami-movie.jp/   || 今年
手紙・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
殺人犯として服役する兄と、犯罪者の家族として、世間の冷たい風の中に生きる弟を軸に、人間と人間のつながりを描いた東野圭吾のベストセラー小説の映画化。 テレビドラマのベテラン演出家、生野慈朗が映画監督として16年ぶり
小説『手紙』 (いつかのダイアリー)
内容(「BOOK」データベースより) 強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは ...
手紙(映画館) (ひるめし。)
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:生野慈朗 出演者:山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ 時 間:121分 [感想] 『泣ける映画』って紹介されると絶対泣くもんか!!っと思ってしまうあまのじゃくなワタシ。 この映 ...
手紙 (とんとん亭)
「手紙」 2006年 日 ★★★★★ 号泣でした。 私の住む街のシネコンが、いつも暇なのに「デスノート」のお陰で混みあって いるのは先週お伝えいたしましたが、そのおこぼれに預かったのか、(同時間 に上映で既に満席で来た客は、帰るか違うの ...
手紙 (八ちゃんの日常空間)
かもめ食堂を観に行ったときに試写会招待の応募があったので、応募したら当たった! 二人の絆であるべき「手紙」をあえて断ち切らなければならない二人の心情が計り知れない。ラストの慰問公演で、縁を切っても「それでも兄は兄」と悟る。彼らのこれからの人生を ...
手紙 (美貌録(備忘録))
午前中は撮影したディジカメ画像を職場まで取りに行き、午後から厨房を高校の見学会に連れて行く、その後「手紙」 を角座で観てきた。お客の入りは40%程度で年配の人が目に着いた。 結局のところ、殺人を犯した兄の弟とそれを取り巻く人達の苦悩を描いた作品 ...
*手紙* (Cartouche)
{{{        ***STORY***       2006年  日本 工場で働く20歳の武島直貴は、職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。それというのも唯一の家族である兄・剛志が、直貴の学費欲しさに盗みに入った邸宅で老婆 ...
手紙 (とにかく、映画好きなもので。)
   兄から届く手紙。その宛名面にはピンクの桜の印が押されている。  知る人が見ればそれは刑務所の検閲印だという事が分かるだろう。兄・剛志(玉山鉄二)は、弟・直貴(山田孝之)を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って ...
「手紙」と教育基本法 (再出発日記)
監督:生野慈朗脚本:安倍照雄、清水友佳子原作:東野圭吾出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、尾上寛之、吹越満、風間杜夫、杉浦直樹原作を読んだとき、イマイチだったという記憶がある。東野圭吾だから、絶対最後に「秘密」みたいにどんでん返しが ...
TAKE 32「手紙」(2006年) (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第32回目は「手紙」(2006年)です。 この作品は東野圭吾さんの同名小説「手紙」を映画化したものです。 簡単なあらすじは、工場で働く20歳の武島直貴(山田孝之)は、 職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしてい ...
【映画】手紙を見ました。 (KOHの青赤な日々)
こないだ仕事帰りに11月から公開しヒットしている映画「手紙」を見ました。 簡単
手紙 (勝弘ブログ)
http://www.tegami-movie.jp/ちょっと遅めですが映画館で「手紙」これはよかった東野圭吾さんの映像化差作品には「変身」「白夜行」がありますがこれもそこそこ暗い作品です。直貴の兄は仕事にがんばりすぎで腰を痛めてし
mini review 07052「手紙」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 121分 公開日 : 2006-11-03~2006-12-22 監督 : 生野慈朗 出演 : 山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵 吹越満 風間杜夫 杉浦直樹 殺人を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の...
手紙 (to Heart)
―言葉に できない。― 製作年度 2006年 原作 東野圭吾 脚本 安倍照雄/清水友佳子 監督 生野慈朗 音楽 佐藤直紀 出演 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ 親もなくふたりで生きてきた竹島兄弟。出来のいい弟・直貴(山田孝之)の為に頑張って仕事をしてきた兄(玉山...
『手紙』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で、誤って人を殺し服役中だった。大学進学もあきらめ、工場で働く直貴の夢は幼なじみの祐輔(尾上寛之)とお笑いでプロになることだったが・・・。感想人気作家の東野圭吾が直木賞候補にな...
手紙 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。』  コチラの「手紙」は、11/3公開になる東野圭吾さんの同名ベストセラー小説の映画化なんですが、試写会で観て来ました♪この映画の感想を冷静に書くことなんて、とてもじゃないけど無理。途中でおすぎが憑依しちゃい...
手紙/The Letter(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[手紙] ブログ村キーワード手紙(原題:The Letter)キャッチコピー:兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。製作国:日本製作年:2006年配給:ギャガ・コミュニケーションズジャンル:...
手紙 (のほほん便り)
やはり、山田孝之、まっすぐで実直ゆえ、思い悩む役を演じたら、ハマり役!ですね。 沢尻エリカの可憐なキュートさも、実に魅力的で「ああ、もったいなぁ…(もっと、こういう路線で活躍させてあげたかった)」と感じてしまったのでした。 出番は少ないながら、玉鉄...