マジカル・ミスってるツアー

MMT社
ビョンホンと賢太郎と山Pとするめイカ面達と水どうと猫の非常識の中の常識的日常(2017現在)

ホリック

2006-07-31 21:40:34 | Weblog
ホリック・中毒

「社長中毒」という言葉を世に送り出した語源の中心人物

執着心が「ド」を越して狂気に突入している
自分を殺して生きていける
盗聴・盗み読みの癖あり
手先が器用
文章を書くのが上手
何でも極められる
秘密の隠し場所がある
記憶力優れている
背中が綺麗
お尻も綺麗
始終潤んだお目目
各所ぷるぷる・ぐりぐり出来る
起きぬけの顔がかわいい
予想外の展開でも機転がきく
仕事・日常生活順応性抜群


一生騙され続けていける、彼の上をいく演技の出来る方、覚悟のある方、どうぞ生涯のご指名をどうぞ。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

花火大会

2006-07-28 10:32:09 | Weblog
屋形船 花火大会

臨場感抜群の見晴らしで、屋形船から花火をご覧いただけます。


今回は「上司と部下・あやうい関係」の設定にて、添乗員をお選び下さい。


「上司系添乗員・一覧」      
ソフィスト        
ルーピン             
ヒュンダイ           
ジャケット            
ライター             
オープナー            
ゴルコ              
アース              
牛久               
FOX              
天使
監督
つけ毛

「部下系添乗員・一覧」
カーター
ナイフ
サワラ
豆腐
チューペット
黒ぶち
地雷
ランナー
ジョー
ホリック
レイズ
ウブ


上司系をご希望のお客様は、添乗員一名のみのご指名となります。
又部下系をご希望のお客様は、添乗員の人数制限は、ございません。
(部下系多数ご指名のお客様専用、屋上ステッキ付き大型屋形船も有り)

添乗員一同、紺絣・白絣の浴衣を着用して、皆様のご予約お待ちいたしております。


コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

私的「僕・肉・僕」の読み方  南編

2006-07-26 22:07:33 | イ・ビョンホン 
私的「僕・肉・僕」の読み方  南編


強烈な色彩の小花

黄金色の遺跡の国

ナンプラー・レモングラス・コリアンダー

独特な香料の風

空中都市のビル模型

格闘技への情熱とこだわり

ネオンの洪水に沈む夜

埃と貧困の廃墟


南下した場所で

男は新たな無数の光を放つ

幾つもの感性の波動が

黒檀の瞳に満点の星の様に

境界線で屈折していく


ある感情が私達を捉える

ある感触が私達を夢中にする

ある感覚が私達を虜にする

入り込めば入り込むほど

思いは膨張し終わる事はない


さあ、ダイヤモンドより固い誓いを立てよう

男の追い求める夢を一緒に見続けていくと

水中の右手の人差し指にそっと
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

私的「僕・肉・僕 」 読み方 北編

2006-07-25 12:43:45 | イ・ビョンホン 
「僕・肉・僕」  北編 


東の空が白く明ける頃

酒と煙草の香りの余韻の中で

男は啓示を受ける

セピア色の15カットの範囲内

夢と現実のはざ間を行き来して

海馬を探る航海へと旅立つ

鏡に写る実在を確かめ

柔らかな頬に丁寧にカミソリをあてがい

潔められた朝の景色と同化しながら

一人佇み何を思うのか

沈黙の時間を共有しながら

私達は探し出す

言葉よりも確かな方法で

男の目から

背中から

息遣いから

全てから
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

バブ江婦人からの手紙

2006-07-24 23:32:32 | Weblog
僕・肉・僕 北編 『 馬の呪縛 』  作:バブ江

 雪の大地。白樺に囲まれた別荘。
ひとりの男が、白馬と共に暮らしていた。

男は、自分がなぜ、白馬と一緒に住んでいるのか、わからなかった。
煙草をくゆらせ、煙のゆくえを目 で追いながら、男は考えた。
「この馬は、どこから来たのだろう。」

そのとき、はっと気づき、男はニヤッと笑った。
「そうか、この馬は、あいつの化身なんだ!
 あいつが、馬を使って、俺に乗り移 ろうとしてるんだな。」

男は、馬に顔を寄せて、ほおずりし、
「そうか、お前は・・・、うん、そうだったのか。」

それから、思い立って、あわててシャツを脱ぎ、自分の姿を確かめてみた。
「からだが。。馬化しかけている!
 手が・・ひずめみたいになってる・・!
 顔のひげも馬毛・・、ま、まずい。どうしたらいいのだろう。」

男は、あわてて、ひげをそり、
「よし、これで、顔は大丈夫。」
と自分に言い聞かせ、ともかく、馬から逃げることにした。
「白馬よ、すまんが、もう、一緒には、暮らせない。
 俺は、あいつに乗り移 られるのは、ごめんなんだ。ここで、お別れだよ。」

男はブラックコートとブーツを身につけ、別荘を出た。

・・ところが、なんと、馬も男について来た。
「だめだ、逃げきらなければ・・。」
男は、馬を振り切って、北の大地をひたすら、歩き続けた。
 
「あぁ、もう限界だ。これ以上逃げまわるのは、やめにしよう。」
男は、ここで、立ち止まり、開き直った。
「あははは・・、俺は何を怖がっていたんだろう。
 あいつは、たとえ馬の姿でも、あいつのままなのに。」

馬は、それからすぐに、わかったような顔で、バスに乗る男を見送りに来た。

「ごめんよ、白馬、オサキニ。ツイテこないでね。」
馬は、男との絆を断ちがたい目 をしていたが、やがて、
「ひひーん。」
とイナないて、ふっと消えた。

馬の去った後には、首なしニックのような謎の跡が、雪の中に残されていた。

「ヒャッホー!馬の呪縛から逃れられたぞ!」
男は、喜んで、夜の街に繰り出し、開放感にひたって酒を飲み、遊んだ。

しかし、男は、気づいていなかった。
白馬が、形を変えて、男のシャツの中に、ひっそり入り込んでいたことを。
男が、着ていたのは、無地のブラックシャツのはずだった・・・。






コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

正しい「僕・肉・僕」の読み方・北編

2006-07-21 14:27:00 | イ・ビョンホン 
正しい「僕・肉・僕」の読み方   北編
 
この書物は、色々な商品の紹介情報となっております。そこに、ちょこんと、ボケたり、ブレたり、黄ばんだり、斜が入ったり、露出オーバ気味だったり、色合いが薄かったり、色彩が鮮やか過ぎたり、顔半分だったり、白い糸が顔を横断していたり・・等々、我が社の社長より、品物を重点としたパンフとなっております。

1.北の国の別荘編
あなたもいかがですか?
人里離れた周囲は白樺林しかない別荘のご案内です。
2Fは、だだ広いワンルーム(多分)となっており、馬も飼える程の大きさが自慢でございます。
最寄りのバス停:沢の森入り口

2.日本製のグラス・灰皿編
今時珍しい、純正日本製品の品物です。
熟練の技、品質の良さ、飽きのこないデザイン。
ワイングラス・ウイスキーグラス・アッシュトレイの三点セット販売。
飲みかけのジャクダニエル付き。

3.ウエットシェービング編
伝統的な髭剃り方法。シェービングブラシで泡立てたソープの香りを嗅ぎながら、水分を蓄えさせ軟らかくなった髭を優しくT字カミソリで剃る方法。

4.ブラックコート編
冠婚葬祭、場所を選ばずいつでも着用出来る品物です。
着丈:腰くらいまで

5.LLBのブーツ編
このドタ靴なら、どんな雪山もOK。雪に埋もれることなく、スタスタ歩きも可能です。

6.北の大地は、何にもないぞーー編
MMT社で行く、北海どーの旅。
あなたとイカ面添乗員だけの濃厚な空間をうひゃひゃひゃひゃーで体験出来ます。

7.冬の南中高度を知ろう編
休み中の自由研究の教材にぴったり。
冬の太陽の高さが確認出来る商品です。

8.中央バス編
車をお持ちでない方、運転免許を取得していない方、北海交通にお任せ下さい。
いつでも、ガラ空き、どこのお席も可能で座れます。今なら、白い馬の見送り有り。

9.Budweiser編
ノドの乾きにこれ一杯!


10.光の屈折率編
波長の異なる光を色合いの違うガラスに入射する時、その境界線で曲がる屈折光を集めた商品です。
その屈折光の中に多少黄色がかった小さめの社長がスーツ姿で、ご覧いただけます。

11.水玉シャツ編
雨季の季節にぴったり。永遠の定番商品、水痘症にかかったシャツで、落ち着いた雰囲気を表現してみましょう。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

正しい「僕・肉・僕」の扱い方

2006-07-20 15:22:49 | イ・ビョンホン 
正しい「僕・肉・僕」の、扱い方

1.漬物石にする。

2.寝る時、むくんだ足をのせる台にする。

3.布団たたきにする。

4.押し花を作る。

5.ラーメン鍋敷きにする。

6.ダンベルの代わりにする。

7.自分の腹の贅肉が、このぐらいかなあ・・と感慨にふけってみる。

8.金色のオリガミを貼って、金塊にしてみる。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

山笠

2006-07-18 11:30:28 | Weblog
請求書

このお尻を独り占めしたpanamaさま

1500.00バウ両×人数分  (0.01バウ≒100♂・7/18現在相場)
請求致します。




「う~~。ケツ痛てぇ~」

「でも、この食い込み、癖になりそう」

「今度から、グッチのボンサーパンツ止めて、クラシックにしようかなぁ」

「クラシックパンツなら、赤札堂がいいよ」

「おい!豆腐。お前ケツ毛ちゃんと処理してこなかったろう」

「これでもしたんだよ。でもT字カミソリ切れ味悪くてサア、血吹いちゃったよ」

「あっ!そりゃあ、お前、へそ下バリバリ太か毛、じょりじょりしたろう」

「でも、バンドエイドから、何だか哀愁漂うよ、くっくっくっくっ」

「ねえねえ、皆の携帯がんがん鳴っているけれど、どうするの?」

「ミスッてるさんが、一人で添乗あたふたしてるんだよ」

「たまには、僕たちの苦労を一人で背負込むのも、いい経験じゃないの」

「でも、後が怖い」

「panamaさんに、請求書届くまでだよ」

「まあ、ゆっくりしていこうよ。せっかくだから、ねっ!」
  
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

週末企画

2006-07-14 12:49:19 | Weblog
いつもお世話になっている会員の皆様に、ミスっているからのプレゼント企画

  Aパターン:ウブの水着を内緒でチェンジ
  Bパターン:出演者10名の水着SSSサイズに内緒でチェンジ

投票数の多い方、任務遂行致します。




週末企画 「僕・肉・僕」パンフ出版記念祝賀会

デネブホテル  プールサイト  シンクロ演技
  曲名:プッチーニ(トスカ)・水前寺清子(365歩のマーチ)・モーツアルト(魔笛)・ちあきなおみ(4つのお願い)他

デネブホテル  別館小ホール  バレエ演技
  題目:チャイコフスキー(白鳥の湖)

全席指定扱いでございます。かぶりつき席は6席分のご用意です。お早めにご予約下さい。
尚、プレゼント企画のパターンもお選び下さい。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

白鳥の湖

2006-07-13 13:34:24 | Weblog
90年代グループによる白鳥の湖




「おい、若造軍団のチャイコフスキー練習見たか?」

「今、見てきた。ソフィストもサワラもナイフも可愛いよ」

「気合入ってるよな。もうおヒゲが浮いて出てくる程、夜通し踊り続けているぜ」

「なんたって、凝り性だからな。何でも完璧にやらないと気がすまない。誰かさんに似て」

「そうだなあ・・。それにしても皆初々しくていいなぁ。オレたちにも、あんな時代があったんだなぁ・・」

「若干二名を除いてだろ?」

「豆腐とチューペットか?」

「あいつらのチュチュ姿と化粧、化け物入っているぜ」

「でも、チューペットの腰は、きゅんきゅん切れる」

「白鳥に腰の振りは必要ありません。それより、決めポーズが大事です。もっと美しくないと・・」

「あれっ?ウブ、本当はあっちで踊りたいんじゃないの?左足つま先立ちしてない?」

「わ・わ・私はどちらもイヤですよ。それよりシンクロの水着ですが、SSサイズですよ。後ろから見るとお尻の割れ目が5cmは確実に見えてしまいます」

「水着はその位小さくないとダメなの。水に入るとゆるゆるで、脱げちゃうんだから」

「そうだなあ。この間は大浴場で、すっ○ん○んで練習だったから、もう一度きちんと着用して試すか」

「うふふふ。これでオナラもパンツの中で止められる」

「・・・・・・天使、お前のイメージ急降下だぜ」
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加