マジカル・ミスってるツアー

MMT社
ビョンホンと賢太郎と山Pとするめイカ面達と水どうと猫の非常識の中の常識的日常(2017現在)

おかわり君バット

2010-04-30 20:42:26 | Weblog
NSS大和支部の今月の報酬である。

西武ライオンズ所属中村剛也内野手のバットとほぼ同じ約85cmの麩菓子である。

西武ドーム内のライオンズストアと、西武球場構内限定商品。

たかが麩菓子であるが、そこまで電車賃かけて出向かないと買えない。

ちなみに、西武戦がある日のみ販売・・らしい。


ミスってる、久しぶりに、大はしゃぎである。

嬉しい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アイリス第2回放送分

2010-04-30 09:02:49 | キム・ヒョンジュン 四次元宇宙神
大丈夫だろうか、アイリス。

こんな、軟弱な内容をゴールデンに流して、石投げられていないだろうか?

不安。

それに、なにやら、放映権をめぐりソウルから放送中止仮処分を東京地裁に申請されているし。

途中で、おじゃんなにったら、6億以上のお金を出しているTBS泣くに泣けないだろうなあ。


でも、まあ、放送の始めに流れる、前回までのあらすじ15秒で、充分に話分るし、それをまとめて残り分流せば、例え6話位で打ち切りになっても、そんなモノかで終わるな。

速読ならぬ、倍速見。


と言う事で、この回は、藤原竜也と黒木メイサのなんとも気持ちの入っていない、絡みシーン。

でも、映像は当たり前だけどリアリティー重視のビョンホン。

40真近のオヤジが[二人仲良く肌見せながらシーツかぶって雪景色見の図]

[しゃぶった飴を口移しする図]

[雪合戦後倒れて抱き合うの図]

[恥ずかしがって足湯の図]

[鏡餅付きカマクラでの目キラキラの図]

[変なOKサインの図]



ますます、困った危ないオヤジになっていくワケだな。


それと、もう一つ。

ありがとうの言葉と一緒に、小娘の頬を撫でる行為は、MMT社教育的指導対象です。

その行為を行ってもいい相手の年齢制限は、50歳以上です。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

NSS大和支部

2010-04-27 14:34:06 | キム・ヒョンジュン 四次元宇宙神
ばばから貰った大量の「茹たけのこ」で、チンジャオロース作成


夫「味がボケているし、たけのこもふにゃふにゃしてるし、ご飯もやわいし・・最低」

妻「豆板醤入れて食べればいいじゃん」

と言って、冷蔵庫から瓶ごと出して渡す。

夫「・・・変な味が二乗した感じ。しかも何故だか甘くなったし、不味くてあーーー悲しい」



お皿を下げる時、豆板醤ではなく、テンメンジャンを渡している事に気づく。


やばっ!!そりゃあ、こんなモノ、混ぜたら余計不味くなるわ。

相手にバレたら、殺される!!

何食わぬ顔で、静かにテンメンジャンの瓶を冷蔵庫に戻す。

危機一髪。危なかったが、セーフ。


今夜も気を引き締めて、挑まねば。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アイリス・初回放送2

2010-04-23 09:11:31 | キム・ヒョンジュン 四次元宇宙神
「プロファイリングで、わかった事は?」

「強い男のフリをして虚勢をはる、過去の暗い記憶を隠す為に。そして私に一目惚れしたわね・・・」

何にムカっと、ムラっときたのか分らないが、ヒョンジュンいきなりバキュームキッス!!

はやっ!!(早)。

しかも、二機発射。

うーーーーん。ここは我々が、「唾ごつくん」する所なんだろうけれど、イマイチミンチョルと重なり、「少笑」。

「唾ごつくん」なったのは、スンヒの方で「怪物君」に次第に心を奪われていくのであった・・・。

やすっ!!(安)。

米ドラマ[24]パクリの設定の中、大統領候補者のミンチョルパパ狙撃テロを未然に防ぎ、めでたし、めでたし。

今後の伏線となる医室長の「怖ろしい怪物になる」の言葉と、大統領官邸の水墨画を見ながら子供の時の記憶が蘇って来週へ続く。



おまけ
[アイリスドラマ・プロファイリング]
早・安・薄・低・偽・飽・単



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アイリス・初回放送1

2010-04-22 09:17:21 | キム・ヒョンジュン 四次元宇宙神
ハンガリーです。

[なんでハンガリー?]は、頭のスミにホカして、

Gパン姿のラフなヒョンジュン見ましょう。

おやおや、ちょっとぽっちゃりしたカン社長お出ましです。

何年経っても、この方の下っぱで、働く運命のようです。

と言う事は、この数秒の時点で、ヒョンジュンの行く末は、つまり、アイリスの最終回の予測は、自ずと分ってしまいます。

[単独任務]・・・、やっぱりそうきたか。

今回は、お姉ちゃんのお付任務ではなく、北の要人暗殺計画です。

「南北統一の礎にお前がなるんだ」・・なりません。

そんな事も分らないヒョンジュンは、やはり、単細胞の馬鹿の様です。

案の定、任務は成功しましたが、わき腹を打たれて単独脱出は無理なのに、援護は来ないようです。

バンバン打たれて、ガンガン殴られて、おまけに空からも彼に当たらない様うまく、爆弾撃たれ、飛んで転がって倒れてうめいて・・・。

フェードーアウト

一年前の設定で、大学構内にいる、前髪変なヒョンジュンです。

エクセレントのスンヒに出会い、攻めまくります。

自分が単細胞ではない事の証明は、居酒屋でのメニュー暗記技とぶりっ子Vサイン。

キメ台詞「俺を知る事は、驚きの連続だ」・・・かなりクサイです。

可笑しくて、お腹よじれちゃいます。

煮干と利尻島昆布と鹿児島鰹節でだし取った位、いい味でてきました。

軍人生活も友人のサウの紹介を兼ねて、上半身見せぇの、汗垂らしぃの、シャワーシーンありぃの、丁稚ドン帽子被りぃの、格好よく殴りぃの、ファン限定サービスパック売りで見せてまくりです。

そして、なにやら、怪しげな組織[NSS]の登場です。

この組織に入る通過儀式は、白いランニング姿で、薬物を体に注入させられる事の様です。

ここで、ヒョンジュンは超人ハルク技に打って出ます。

手かせを力で外し、パイプ椅子をマジックミラーにぶつけて怒りまくりです。

でも、シナリオ通り、この怪しげな[なんちゃって・スパイ・組織]に志願するヒョンジュンです。








コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

1Q84  BOOK3

2010-04-17 08:13:51 | Weblog
村上春樹  1Q84  BOOK3


月二つの[猫の町]から抜け出し、天吾はどこにたどり着いたのか・・・?





さてさて、BOOK4は、いつ発売になるのだろう。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アイリス・検証

2010-04-14 09:34:13 | キム・ヒョンジュン 四次元宇宙神
三谷幸喜 わが家の歴史 を見る。

手塚治役の藤原君の声を確認する。

彼の声は特徴がある声だ。

ちょっと、しゃがれている、常に舞台で声出し過ぎみたいな、

ミニマムに潰れているような、そんな声質ではないだろうか。


つまりは、可哀想が似合うタイプの声?


この所、ヒョンジュンは、電話ボックスで泣いていたり、

誰かに追われていたり、随分イナっぽくなってきてる。


後、おまけで[クローズ]ファンには必見、ヒョンジュンのリンダマン見れます。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

プチバトー

2010-04-09 10:32:03 | Weblog
プチバトー

フランスの下着屋さんである。

一昔前まで、ソニープラザでしか購入出来なかった・・と思う。

そして、肌着に仏製品をわざわざ購入して愛用する人間は、とても限られた、

色白で小顔で手・アスィ(足)が長くて、モデル体型の素顔の美しい人と、

私の中では、イメージが定着していた。



その、製品をまさか、この歳になって試着しようとは、誰が想像したであろう。


まるでタンポポの綿毛の様な柔らかなその商品に手を通したその日から、

穏やかな日差しに包まれた皮膚の感触を手放したくなくなるであろう。



この春、アウター用の白いTシャツを二枚購入。

綿のペビー色のカーディガンと一緒に、早く街に出たいなぁ。



http://www.petit-bateau.co.jp/shop/c/c
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アイリス・吹き替え

2010-04-06 13:26:27 | キム・ヒョンジュン 四次元宇宙神



ヒョンジュン≒藤原竜也





これって、どうよ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

キャンディーキッス・アイリス用語集

2010-04-02 11:07:37 | キム・ヒョンジュン 四次元宇宙神
ド「どぉももも、工具大好きドンポでーーす」

チ「メイク大好きチャインでーーす」

ス「コスプレ大好きストームシャドウでーーす」

ド・チ・ス「三人合わせて2009年生てんぷくトリオでーーす」

ド「いやいや、今回のヒョンジュンさん、どうですか?」

チ「凄いですよね。なんちゃってスパイですから」

ス「米ドラマ24や映画ボーンアイディンティティを意識しているみたいですよ」

ド「びょ~んアイディンティティだから、進展が早くて、私達をドキドキさせちゃうわけですね」

チ「ドキドキさせちゃうのは、もっと違う理由だと思いますが・・」

ス「私もそう思います」

ド「はは~~ん。飴玉事件の事ですか?」

チ「あの、キャンディーキッスなるモノを思いついた方は、誰なんでしょうか?」

ス「あのシーンで、ミスってるさん、泡吹いたらしいですよ」

チ「私には、出来ない演技です」

ド「そりゃそうでしょう。砂だらけのあんたから受け取ったら口の中ジャリジャリですわ」

チ「失礼な、血臭く鉄分味のあんたからも、貰いたくないわ」

ス「砂味も鉄分味も、両方いりません」

ド・チ「氷味のあんたからも言われたくないわ」

チ「まあ、我々の出番ではないと言うことですなぁ」

ス「ところで、ヒョンジュンのなめていた飴玉ですが、粗いザラ目付きの大玉だったらしいですよ」

ド「彼の口の体積の大きさは、ボムスが太巻き寿司で証明している通りですから、大玉だろうが、クス玉だろうが、入りますよ」

チ「ははは~~ん。だから、スンヒが受け取ったら、彼女の左頬が、おたふく風邪みたく膨れたわけですね」

ス「ヒョンジュンは、口に飴玉入っている様子、伺えなかったからねぇ」

ド「そんな排気量ターボーキッスされたら、壊れちゃいますよ」

チ「いやいや、壊れちゃいたい方々が沢山いらっしゃるんですよ」

ス「ほら、客席全員、おーけーサインだしてる・・」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加