映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

マネーボール

2011年11月26日 | 洋画(11年)
 『マネーボール』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)『ツリー・オブ・ライフ』では、出演している意味合いを余り感じなかったブラッド・ピットですが、今度の主演作はどうかなっと思って映画館に出かけてみました。
 見る前は若干の不安はあったものの、本作におけるブラピは、その魅力を十分に発揮しているものと思いました。

 前年の地区優勝決定戦では、いいところまで行きながらも敗退してしまった大リーグのアスレチックス(アメリカンリーグの西地区)は、来年に向けて選手補強しようとしたところ、有力選手が何人も、上位チームから高額で引き抜かれてしまい、このままでは大変な戦力ダウンとなってしまいます(貧乏球団のため、引き抜きに対抗できませんし、また力のある選手を補強出来るわけでもありません)。
 そこで、同球団のGMのビリーブラピ)は、イェール大学で経済学を修めたというピータージョナ・ヒル)を補佐として雇い入れ(注1)、その野球理論(マネーボール理論、あるいはセイバーメトリクス)に従って、選手の補強をしていきます(要するに、有力選手の抜けた穴を、何人かの選手―特定の指標から見れば優秀にもかかわらず、誰もその点を評価しないので、トレードの費用が安い―で埋めるというものです)。



 シーズン当初は、GMらの方針がチーム内に浸透せずに負け続けるものの、ビリーの強気の姿勢が功を奏し、そのうちに連戦連勝し出し、あわや優勝というところまで行きつきます(注2)。
 とはいえ、映画では、地区優勝決定戦で負けてしまうと、野球はそうした理論で割り切れるものではないとするマスコミ報道(注3)をなぞっているかの如くに描かれます。

 ただその反面で、人間的な要素がすごく大事なことをも、映画はキチンと描いているのです。
 例えば、ビリーは、出場する選手に向かって、「自覚はないだろうが、君らは優勝する!」と鼓舞したり、さらには一人一人に声をかけ、自分の考え方が浸透するように努めています。

 また、自分が試合を見に行くとチームが負けてしまうというジンクスを大事にしていて、20連勝達成の試合でも、11点差があることがわかってはじめて野球場に足を運びます。ですが、その途端に、相手チームが点を取り出すのを見てとると、急ぎ選手控室に退散してしまいます(そのお陰かどうか、同点とされたにもかかわらず、その裏にホームランが飛び出し、アスレチックスは歴史に残る20連勝を達成してしまうのです)。

 さらには、ビリーは、元は大リーガーとして将来を嘱望されながらも芽が出ずに、入団後10年ほどしてスカウトに転身したという過去があると設定されています。
 ですから、チームの補強策を議論する会議において、スカウト連中が、口々に昔からの見方(ビリー自身が言われたこと)に従って補強すべき選手を言い出すと、そんなものは駄目だと一蹴して、ピーターの理論に基づく補強策を貫こうとします(注4)。

 もう一つ大事なファクターがあります。ビリーは、離婚していて娘のケイシーケリス・ドーシー)ともたまにしか会うことができません。



 でも、ビリーは娘に首ったけで、欲しがっていたギターを買ってあげたりします。ケイシーも嬉しさの余り、父親が求めるままに、買った楽器店でギターを弾きながら歌まで披露してしまいます。さらに、ケイシーが歌う歌が入っているCDが、ビリーの運転する車の中に流れますが、本作の一番の感動シーンです。



 ただ、劇場用パンフレットは、野球の方面に傾斜し過ぎていて、元の妻シャロンと新しい旦那のがいる家にビリーが行って彼らと話す場面があるにもかかわらず、シャロンを演じる俳優(ロビン・ライト)の写真は一枚も掲載されていないのです。

 そんなことはともかく、野球の話とそれ以外の話とがうまくマッチングして、全体としてなかなか優れている作品に仕上がっているな、と思いました。

 ブラッド・ピットは、本作のプロデュサーの一人でもあり、4年も関与していただけのことはあって、随分と説得力のある演技を披露しています。
 それと映画を見て初めて気が付いたのですが、あのフィリップ・シーモア・ホフマンが、アスレチックスの頑固な監督役を演じていたのには驚きました(注5)。

(2)この映画では、ビリーの斬新な球団管理手法(マネーボール理論)に目が行ってしまいます。
 ただ、それは、このサイトの解説によれば、統計的な手法に基づく野球理論(セイバーメトリクス)とは違うとされます(注6)。
 すなわち、ビリーが球団管理を行う上で一番重視するのはコストパフォーマンスであって、その観点からセイバーメトリクスを用いているに過ぎない、とされています(注7)。
 おそらく、ジェイソン・ジオンビの抜けた穴を埋める際に、ピーターは出塁率の高い選手を選びだしますが、彼らの年俸が酷く安かったからこそ、ビリーはOKを出したのだと思われるところです。

 いずれにせよ、ビリーは、ヤンキースの3分の1程度の予算ながらも、自分の考えに従って集めた選手を監督に委ねることによって地区優勝を遂げてしまうのですから、目を見張ってしまいます。
 ただ、優勝決定戦という短期決戦ではそのやり方が通用しないのは、当然と言えば当然なのでしょう!なにしろ、地区優勝までの試合数は162であるのに対して、決定戦ではわずか5試合なのですから、前者では統計数値に近いものが達成されるにせよ、後者では別のファクターの影響の方が大きく出てしまうと思われますから。

(3)渡まち子氏は、「特に善人でもなく、かといって強烈な悪人でもない、むろんルックスの良さなど売り物にもしない、普通の中年男を演じるブラッド・ピットが新鮮で好感が持てる。離れて暮らす娘とのエピソードは、残念ながら物語に効果的に溶け込んでいるとは言い難い。それでも主人公が見せる、優しい父親の笑顔は、野球と家庭を愛する良きアメリカ人そのもの。そのことが、作品に温かさを加えている」として65点をつけています。
 福本次郎氏は、「「夢」が動機の成功譚は胸を打つが「カネ」が動機では共感は呼ばない。それをわかったうえであえて感動的なシーンを省いた演出が非常にクールで、端正な映像とマッチしていた。現代のプロ野球界がいかにマネタリズムに蝕まれているかがよくわかる作品だった」として60点をつけています。
 なお、前田有一氏は、「この作品は、誰もがもうだめだと思っていた弱小チームが、変化を恐れず新理論にすべてを委ねたおかげで旧勢力に勝ち上がる下剋上のお話。つまり今こそ変わるのだという、一種の革命ムービーである。そういえばどこかの国は今、変わろう変わろうとリベラリストに訴えて当選したリーダーが窮地に陥っている。そんな時代、国でいま、この企画が実現した理由をこそ、考えてみるべきなのかもしれない」として70点を付けていますが、相変わらず、映画を直接的に現実の政治状況と結びつけて見方を狭めてしまっているように思われます。




(注1)ピーターは、「野球で何を把握すべきか理解していない人が多い」、「金で選手を買おうとしているだけだが、しかし勝利こそを買うべきだ」などとビリーに向かって言います。

(注2)ビリーは、「俺は、この世界にずっと長くいる。目的は、記録ではないし、優勝指輪でもない。最後に勝たなければ何の意味もないのだ。我々が、この予算で勝てば世界が変わる。そこにこそ意味があるのだ」などとピーターに話します。

(注3)「アスレチックスは健全なチームではない」、「統計という奇策ではだめなのだ」など。

(注4)ビリーは、「おしゃべりばっかりだ。何が問題なのか分かっていない」とか、「ここでヤンキースの真似をしても勝てない」などと言います。

(注5)彼の出演作としては、『ダウト』、『パイレーツ・ロック』それに『脳内ニューヨーク』などを見ています。

(注6)セイバーメトリクスに関するこの論考も、興味深いものです。

(注7)同じことは、このサイトでも言われています(「『マネー・ボール』は普遍的な野球理論そのものではなく、少ないリソースでいかに効率よくチームの勝ち星を積み重ねたり、選手を採用したりするかという、経営戦略及び最適化の一つのアプローチを描いたドキュメントだ」)。




★★★☆☆





象のロケット:マネーボール
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (82)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハラがコレなんで | トップ | 家族の庭 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2011-11-26 09:34:19
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
 (ふじき78)
2011-11-27 01:14:19
> でも、ビリーは娘に首ったけで、
> 欲しがっていたギターを
> 買ってあげたりします。

まさか、ビリーもそのギターで娘がテツ&トモのような女芸人を目指してしまうとは・・・
お礼 (クマネズミ)
2011-11-27 07:51:36
「けん」さん、早々にTBをいただき、ありがとうございました。
こちらこそよろしくお願いいたします。
その嘘ホント (クマネズミ)
2011-11-27 08:02:07
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
でも、「嘘」としても「テツ&トモ」では酷すぎます。せめて渡辺尚美くらいをあげていただかないと?!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

82 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マネーボール (本と映画、ときどき日常)
監督 ベネット・ミラー 出演 ブラット・ピット     ジョナ・ヒル     フィリップ・シーモア・ホフマン 貧乏球団のアスレチックスが一人のGMにより『マネーボール理論』の基、優勝を目指すお話。 ちなみに『マネーボール理論』とは、数字で選手をみて、出塁...
No.275 マネーボール (気ままな映画生活)
【ストーリー】 メジャーリーグ「オークランド・アスレチックス」のGM(ゼネラルマネージャー)、ビリー・ビーンの半生を、ブラッド・ピット主演で映画化。全米約30球団の中でも下 ...
マネーボール (あーうぃ だにぇっと)
「マネーボール」10月11日(火)@よみうりホール。 東京国際映画祭のクロージングで鑑賞予定だった。 それなのに何故か試写状がきてしまった。(笑)
映画:マネーボール Moneyball 今年有数の面白さ ≒ 原作の内容 × 映画のドラマ性 × 俳優陣 × 現代性! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
2004年発行マイケル・ルイス著、マネー・ボール Moneyball: The Art of Winning an Unfair Game の映画化。 数年前、楽天が球団経営に乗り出した時にも話題になったこの本の冒頭には、以下のフレーズが。 「貧乏球団アスレチックスはなぜ3分の1の選手予算でヤンキース....
『マネーボール』 経済学は冷たいか? (映画のブログ)
 「経済学は冷たい」  そんなツイートを目にすることがあった。ひとつの学問に冷たいだの温かいだのと体感温度はないはずだが、そういう思い込みを持つ人がいることに興味を引かれた。  『マネーボール...
マネーボール (LOVE Cinemas 調布)
日本人の松井秀喜が在籍していることでも知られるメジャーリーグ、オークランド・アスレチックス。この貧乏球団をGMビリーの独自のマネーボール理論によって常勝球団へと生まれ変わらせる過程を描いたドラマだ。主演はブラッド・ピット。共演にフィリップ・シーモア・ホ...
『マネーボール』を109シネマズ木場7で観て、もちっと熱狂が欲しいふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆全く持って悪い映画ではないんだけど、不足はある】 うん、なんか全然いい映画なんだけど、 映画的に「グングン来てドーン」みたいな流れがなかったのが ...
『マネーボール』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: MONEYBALL 監督: ベネット・ミラー 原作: マイケル・ルイス 出演: ブラッド・ピット 、ジョナ・ヒル 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、ロビン・ライト 試写会場: よみうりホール [ 2011年11月11日公開 ] 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画...
劇場鑑賞「マネーボール」 (日々“是”精進! ver.A)
逆境を、乗り越えろ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111150001/ マネー・ボール (RHブックス・プラス) posted with amazlet at 11.11.13 マイケル・ルイス 武田ランダムハウスジャパン ...
マネーボール (だめ男のだめブログ)
「マネーボール」 監督 ベネット・ミラー 原作 マイケル・ルイス[作家] 出演 ブラッド・ピット(ビリー・ビーン) ジョナ・ヒル(ピーター・ブランド) フィリップ・シーモア・ホフマン(アート・ハウ監督) ロビン・ライト(シャロン...
「マネーボール」 (みんなシネマいいのに!)
 遥か昔から弱小野球チームを勝利に導くという話は定番中の定番なので、今更な感じが
マネーボール (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(14) 雰囲気は『ソーシャル・ネットワーク』そのもの
「マネーボール」 ビジネス指南映画 (はらやんの映画徒然草)
本作は「日頃忙しくて映画なんか観に行く暇なんかないやい」というビジネスマンに観て
「マネーボール」みた。 (たいむのひとりごと)
”マネーボール理論”で弱小球団だったアスレチックスを強豪に作り替えたビリー・ビーンの実話に基づいた映画。サクセスストーリーの一種だけど、そういうわけでもなく、もっと根本的に大切なものが見えてくるような
■マネーボール (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第248回「新たな道には苦難はつきものである。」 サクセスストーリーと聞いて、どんな作品を思い出すだろう?個人的には「摩天楼はバラ色に」や「エリン・ブロコビッチ」が最初に頭に思い浮かぶ。フィクションであれノンフィクションであれ、サクセスストーリーという...
マネー・ボール (★the tip of the iceberg★氷山の一角)
予告ブラピワールド♪(Moneyball: The Art of Winning an Unfair Game )アマゾンへ地味な作品で2時間20分もありますが、ちっとも退屈しないです。号泣もしないし、カタルシスも足りない感じ。でも、じんわり来ます。別れた奥さんのところから、時々主人公を訪ねてくる...
2011年10月20日 『マネーボール』 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『マネーボール』 を試写会で鑑賞です。 野球は好きなんですけどね・・・ もう少し違った見せ方をしたら良かったのになぁと・・・ 【ストーリー】  元プロ野球選手で短気な性格のビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、アスレチックスのゼネラルマネージャー...
ジャパン・プレミア「マネーボール」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/11/9、東京国際フォーラム、ホールAでの開催。 映画本編以外のことは別記事にて。 ***    ブラッド・ピット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジョナ・ヒル、ケリス・ドーシー。 * 2001年、アメリカン・リーグ、プレーオフ地区シリーズ、 オ....
映画「マネーボール」(11月23日) (Flour of Life)
「マネー=金」、「ボール=玉」、ということは…はっ!私はなんて恐ろしいことを口走りそうになったの!?
マネーボール/ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル (カノンな日々)
メジャーリーグの弱小球団オークランド・アスレチックスを常勝軍団へと再生したゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンの半生を描いたマイケル・ルイスのノンフィクション「マネー ...
『マネーボール』 (こねたみっくす)
人は野球に夢を見る。 貧乏球団オークランド・アスレチックスを常勝軍団に仕立て上げたビリー・ビーンのマネーボール理論。それは敗者を経験した者だからこそ唱えることのできる ...
地獄の沙汰も金次第?『マネーボール』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカのプロ野球メジャーリーグの貧乏球団をデータ分析で集めた選手構成により常勝球団に変えていった実在するGMの物語です。
マネーボール (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Moneyball。マイケル・ルイス原作、ベネット・ミラー監督、ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ディミトリ・マーティン、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ ...
野球を理論で組み立てる〜『マネーボール』 (真紅のthinkingdays)
 MONEYBALL  オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー(GM)、ビリー・ビーン (ブラッド・ピット)は、インディアンズとの交渉の席でピーター(ジョナ・ヒル)と 出逢う。彼...
マネーボール(Moneyball) (KATHURA WEST)
マネーボール 原題:Moneyball 2011/アメリカ 監督:ベネット・ミラー 撮影:ウォーリー・フィスター 音楽:マイケル・ダナ キャスト:ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、他 オフィシャルサイト 僕がMLBが...
マネーボール (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
マネーボール(ブラッド・ピット主演) [DVD]野球界の異端児ビリー・ビーンの画期的な球団経営を描く異色の野球映画「マネーボール」。自然体のブラピの演技に好感が持てる。元大リー ...
マネーボール☆もっと野球を楽しんで (☆お気楽♪電影生活☆)
   常識を打ち破る理論で    野球を変えた    ひとりの異端児の闘い。
マネーボール (心のままに映画の風景)
プロで大成することなく引退したビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、弱小球団アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任するも、財政的に厳しく、優秀な選手の補強すらままならない状況だった。 あ...
映画 「マネーボール」 (SEA side)
 ブラッド・ピット主演の最新作。  弱小球団オークランド・アスレチックスが栄光の連勝記録を達成するまでが描かれる。がそのサクセスというよりGM(ジェネラル・マネージャ)としてそれに関わった男の生き方に焦点がある。  チームを強くするためには強い選手集....
【マネーボール】金と統計と、そして愛と (映画@見取り八段)
マネーボール〜 MONEYBALL 〜 監督: ベネット・ミラー    出演: ブラッド・ピット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト、ジョナ・ヒル、ディミトリ・マーティン、クリス・ブラッド...
人は野球に夢をみる。ブラッド・ピット主演、ベネット・ミラー監督『マネーボール』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マネーボール理論によって弱小球団を強豪に変えた球団GMビリー・ビーンの実話に基づくベストセラー『マネーボール』を映画化。主演のビリー・ジーン役をブラッド・ピット。脚本は「
マネーボール (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
オークランド・アスレチックスのGMビリー・ジーンが、貧乏球団をいかにして常勝チームに変革したかを描いている。ビル・ジェームズが提唱した野球を統計学的に分析するセイバーメトリクスという手法を用いて、今までになかった選手の獲得方法や起用法で球団を変えていく物...
マネーボール (映画 K'z films 2)
原題MONEYBALL監督ベネット・ミラー出演ブラッド・ピット ジョナ・ヒル フィリップ・シーモア・ホフマン ロビン・ライト ケリス・ドーシー公開2011年 11月
映画『マネーボール』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ベネット=ミラー。脚本、スティーヴン=ザイリアン、アーロン=ソーキン。原作
『マネーボール』 (Moneyball) (Mooovingな日々)
元大リーガーのビリー・ビーンは球団のフロントに転身し、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任する。しかしアスレチックスの成績は低迷、ワールドチャンピオンになるには程遠く、優秀で高い選手は雇えない貧乏球団だった。そんな時、データ分析が得...
マネーボール (はるみのひとり言)
先日試写会で見て来ました。TVで予告も流れてて、感動のサクセスストーリーとか言ってますが、そうだったらもっと面白かったように思います子供の頃から5拍子揃ってる選手だと言われ、大きく期待されプロ野球に入団したビリーですが、全く結果が出せず球団のGMに転身...
マネーボール/Moneyball (いい加減社長の映画日記)
しばらくさぼってたけど、そろそろ映画レビューも再開www といっても、1週間以上遅れての投稿だけど^^; 巨人の清武GMが、渡辺会長(ナベツネ)に反乱を起こして騒ぎになってるけど、この作品は、メジャーリーグ・アスレチックスのGMのお話。 【ストーリー】 メ....
「マネーボール」 Moneyball (2011 SONY) (事務職員へのこの1冊)
原作の特集はこちら。 野球映画は当たらないというジンクスがある。日本の話ではなく
「マネーボール」お金だけではない本当の能力価値を見つけて編成するチーム作りの在り方 (オールマイティにコメンテート)
「マネーボール」はオークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャ(GM)ビリー・ビーンが突出した数字に目をつけて他の球団が獲らない選手を獲得してこれまでの常識だっ ...
マネーボール / Moneyball (勝手に映画評)
経営危機に瀕したオークランド・アスレチックスを、統計学を野球に持ち込んだセイバーメトリクスを用いて立て直した、実在のGMビリー・ビーンを描いた物語。今やメジャーリーグを代表する名GMになったビリー・ビーンをブラッド・ピットが演じています。 2002年のオークラ...
マネーボール (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MONEYBALL】 2011/11/11公開 アメリカ 133分監督:ベネット・ミラー出演:ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト、クリス・プラット、ケリス・ドーシー 常識を打ち破る理論で野球を変えたひとりの異端児の闘い。 元プロ....
映画「マネーボール」、GMが動かす野球とは? (ひろの映画日誌)
映画「マネーボール」は野球の映画だが、 主人公のビリー(ブラッドピッド)は、野球をしない。グランドにさえ出ないのだ。 で、彼は何をするかというとゼネラルマネージャー、球団の何から何までを管理するのだ。 弱小球団を任され、よい選手を引き抜かれ、八方ふさが...
マネーボール (映画感想メモ)
もしも貧乏球団のGMがマネーボール論を採用したら。 いい加減あらすじ ビリーはア
マネーボール・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
創造的破壊とはどういう事か。 メジャーリーグの弱小球団、オークランド・アスレチックスの奇蹟の再建劇を描いた、マイケル・ルイス作のベストセラー・ノンフィクション、「マネーボール」の映画化。 圧倒...
『マネーボール』 ('11初鑑賞157・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 11月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:10の回を鑑賞。
マネーボール (Diarydiary! )
《マネーボール》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − MONEYBALL オ
マネーボール (こんな映画見ました〜)
『マネーボール』---MONEYBALL---2011年(アメリカ)監督:ベネット・ミラー 出演:ブラッド・ピット 、ジョナ・ヒル、フィリップ・シーモア・ホフマン 、ロビン・ライト、クリス・ブラット 低迷していたオークランド・アスレチックスを革新的球団運営で常勝チ....
「マネーボール」:野球映画<仕事映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『マネーボール』は、2002年のアスレチックスの実話に基づく映画化。良質のア
『マネーボール』 (ラムの大通り)
(原題:Moneyball) ----これって、これまでの野球映画とはまったく違うって聞いたけど…? 「う〜ん。 それほど違うとは思わなかったな。 基本は同じという気がする。 野球やアメフトなどのチームで戦うスポーツ・ムービーって、 コーチが弱いチームを一つ見まとめ...
*マネーボール* (Cartouche)
  メジャー経験のあるプロ野球選手から球団のフロントに転身するという珍しいキャリアを持つビリー・ビーン(ブラッド・ピット)。風変わりで短気なその性格は、若くしてアスレチックスのゼネラルマネージャーになってからも変わらなかった。自分のチームの試...
『MONEYBALL』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  アメリカの貧乏球団アスレチックスを再生させたGMビリー・ビーンの実話です。  貧乏球団のアスレチックスは選手を育てても 裕福な球団に移籍されてしまい 優勝することができない。 スカウトたちは 長い時間をかけ自分たちが調べてきた選手について....
マネーボール (だらだら無気力ブログ!)
MLBの裏側の一端が垣間見れて面白い。
マネーボール (ダイターンクラッシュ!!)
2011年11月19日(土) 15:50〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『マネーボール』公式サイト マネーボール理論で、金満ヤンキースに挑むアスレチックス。実話ベースの野球マネージメント映画。 統計を優先...
マネーボール (やっぱり最終的には自分じゃないの)
メジャー経験のあるプロ野球選手から球団のフロントに転身するという珍しいキャリアを持つビリー・ビーン(ブラッド・ピット)。風変わりで短気なその性格は、若くしてアスレチックスのゼネラルマネージャーになってからも変わらなかった。自分のチームの試合も観なければ...
「マネー・ボール」野球だもの・・・・ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
そうだよね、野球映画だものね。 恋愛映画より見ないスポーツ映画。 スポーツ観戦すらしない私が、起きていられるわけなかったんだった・・・・(汗)
『マネーボール』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
マネーボール(ブラッド・ピット主演) [DVD]クリエーター情報なしメーカー情報なし 『マネーボール』 2011年(米)監督:ベネット・ミラー ●本作の主な魅力に野球はない  「野球界におけるGMの苦労を描いた作品」「GMには多大な苦労があるものだな」「野球界...
マネーボール (試写会) (風に吹かれて)
キャッチャーを一塁手にだと〜公式サイト http://www.moneyball.jp11月11日公開実話の映画化原作: マネーボール(マイケル・ルイス著)監督: ベネット・ミラー  「カポーティ」選
マネーボール 野球好きかブラピ好きか、の為の映画だったかも・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=61 -10-】 間違っちゃったよ〜、予告編に欺されたよ・・・好きな映画ではなかったよ〜  メジャーリーグの野球選手だったビリー・ビーンは、引退後オークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャーとなる。しかし、財政が苦しいアスレチックスでは、せっかく...
「マネーボール」 MONEYBALL (俺の明日はどっちだ)
我らが松井秀喜が(今のところ)在籍していることでも知られているものの、実は貧乏球団である(!)オークランド・アスレチックスを舞台に主人公であるゼネラルマネージャーが独自の『マネーボール理論』を実践し、球団を改革していく姿を描いた、ブラッド・ピットの等....
マネーボール (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
メジャーリーグの弱小球団アスレチックスを、独自の“マネーボール理論”で強豪に作り替えたビリー・ビーンの実話に基づくベストセラー書を映画化。球界の常識を打ち破った型破り ...
マネーボール (映画と本の『たんぽぽ館』)
ぶれないこと、やり抜くことの勝利                     * * * * * * * * メジャーリーグ「オークランド・アスレチックス」のGM(ゼネラルマネージャー)である ビリー・ビーンのストーリーです。 彼は弱小球団であったアスレチ...
マネーボール (迷宮映画館)
本当に野球って、マネーボールなんだ・・・と言うことを改めて知ったかも。
『マネーボール』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マネーボール」 □監督 ベネット・ミラー □脚本 スティーブン・ザイリアン、アーロン・ソーキン □原作 マイケル・ルイス □キャスト ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、     ...
映画『マネーボール』 (闘争と逃走の道程)
 大リーグ一の貧乏球団、オークランド・アスレチックス。スター不在のチームを、独自の理論と実行力で4年連続プレー・オフ進出に導いたゼネラル・マネージャー(GM)、ビリー・ビーンの実話を映画化。  映画『マネーボール』公式サイト  
「マネーボール」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
アメリカ映画もまだまだ捨てたもんじゃないねえ。 お金がなくて大物を補強できない貧乏球団が、データを元にした補強を行って勝利する。オークランド・アスレチックスを統率するGMの実話。 まず、プロ野球っていう題材がベースボールの国アメリカらしい。 スポーツにデ...
映画『マネーボール』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
日本シリーズも終わってしまいました。 シーズン中は、だんだん力が抜けて行く感じでしたが 後半から、グッと盛りあって、最終
マネーボール (映画の話でコーヒーブレイク)
高校時代、数学のK先生がトラキチで、阪神が負けた翌日は先生のご機嫌が悪くバンバンあてられるので 阪神の勝敗が気になったもんです。大好きだったK先生は随分前に鬼籍に入られました。 今は全く興味が亡くなりましたが、20代のころ野球ファンだった時期があります....
ベネット・ミラー監督 「マネーボール」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
ここ最近、忙しかったり、メチャ疲労が抜けなくて、書かなきゃなぁ〜と思ってるレビューが溜まってます。 これもそのひとつ。 映画を観たのは今週月曜日(2011年11月21日)の公休 オフィシャルサイト⇒http://www.moneyball.jp/ 【あらすじ】 ビリー・ビーン...
マネーボール☆独り言 (黒猫のうたた寝)
プロ野球とか観ない癖に、意外と野球モノのドラマとか映画とかはキライじゃないのです。今回の映画はブラピの主演作でございます。メジャーリーグの弱小貧乏球団アスレチックスでは、育てた優秀な選手を引き抜かれる事態が立て続けに起こりGMのビリーは苦境に立たされてい...
マネーボール Moneyball (映画!That' s Entertainment)
●「マネーボール Moneyball」 2011 アメリカ Columbia Pictures,Scott Rudin Productions,133min. 監督:ベネット・ミラー 製作:ブラッド・ピット 出演:ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライトほか。 <評価:★★...
マネーボール (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞マネーボール/MONEYBALL 2011年/アメリカ/133分 監督: ベネット・ミラー 出演: ブラッド・ピット/ジョナ・ヒル/フィリップ・シーモア・ホフマン/ロビン・ライト/クリス・プラッ...
ある男の挑戦 (笑う学生の生活)
29日のことですが、映画「マネーボール」を鑑賞しました。 アメリカ メジャーリーグ アスレチックスの GM ビリー・ビーンの物語 メジャーリーグとはいえ 野球映画というよりは 人間ドラマ要素が強くて ビリー・ビーンの生き様がカッコ良く 相変わらず ブラピの演技....
マネーボール (とりあえず、コメントです)
アメリカのプロ野球界に変革を起こした貧乏球団のGMをブラッド・ピットが演じた人間ドラマです。 予告編を観て、とても良さそうだなと気になっていました。 期待に違わず、主人公の姿と人生をしっかりと伝えてくれる素敵な作品でした。
映画「マネーボール」 (itchy1976の日記)
マネーボール - goo 映画 マネーボール - オフィシャルサイト マネーボール - Wikipedia マネーボール(映画.com) 映画/マネーボール 映画作品情報 - cinemacafe.net 『マネー・ボール』を検証する マネーボール@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画より) 監督 ベネット・...
マネーボール (食はすべての源なり。)
マネーボール ★★★★☆(★4つ) 常識を打ち破る理論で 野球を変えた ひとりの異端児の戦い。 まさかの133分!!長いぜ・・・。 てか、上記キャッチコピーが私の中で「常識を打ち破る理論でチームを優勝に導いた」と勝手に脳内変換されてた・・・そこまで出来過ぎ...
マネーボール (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
マネーボール'11:米◆原題:MONEYBALL◆監督:ベネット・ミラー「カポーティ」◆出演:ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・プラ ...
映画『マネーボール』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-79.マネーボール■原題:Moneyball■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:菊池浩司■料金:1,800円■鑑賞日:11月19日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督:ベネット・ミラー□脚色:スティーヴン・ザイリアン、アーロン・ソーキン□...
マネーボール (銀幕大帝α)
MONEYBALL/11年/米/133分/ドラマ/劇場公開 −監督− ベネット・ミラー −製作− ブラッド・ピット −出演− ◆ブラッド・ピット…ビリー・ビーン 主な出演作:『ツリー・オブ・ライフ』 ◆ジョナ・ヒル…ピーター・ブランド 過去出演作:『僕の大切な人と、そ...
マネーボール (Moneyball) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベネット・ミラー 主演 ブラッド・ピット 2011年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★ ちょいと行き詰ってたり、にっちもさっちもいかなくなったお店の立て直しに出向くことが多いんですが、そういうお店で最初に苦労するのは出来上がってしまった常識と習...
マネーボール (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 アメリカのプロ野球、メジャーリーグの貧乏球団を独自の理論で常勝球団 に育て上げた実在の男の半生を、ブラッド・ピットが演じる感動的なヒュ ーマンドラマ。 球団のゼネラルマネージャーが独自の理論である「マネーボール理論」を 推し進...
マネーボール (いやいやえん)
ブラッド・ピット主演。 う〜ん、私野球にまったく興味がないからなぁ、下手するとマイナーとかメジャーとかGMとか、ルールやもいまいちよくわかりませんぞな。じゃあ何でこれを借りたかというと、母が見たいといっ
映画・マネーボール (読書と映画とガーデニング)
原題 MONEY BALL2011年 アメリカ 実話に基づいています 貧乏球団オークランド・アスレチックスのGMビリー・ビーン(ブラッド・ピット)過去には素晴らしい成績を収めたことのある球団も今では良い選手を金持ち球団に引き抜かれ、新たに選手を補強する財源もあり...