映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

大統領の執事の涙

2014年02月22日 | 洋画(14年)
 『大統領の執事の涙』を新宿ピカデリーで見ました。

(1)本作は、アイゼンハワーからレーガンまで7人のアメリカ合衆国大統領に仕えた黒人執事の半生を描いた映画であり、アメリカで大ヒットしたということなので、映画館に行ってきました。

 映画の冒頭では、主人公のセシル・ゲインズフォレスト・ウィテカー)が大統領執事選考の面接に呼び出され、ホワイトハウス内にある事務室のドアの前に置かれた椅子に座っているところが映し出され、次いで彼の回想シーンとなります(注1)。
 時は1926年で、舞台はジョージア州メーコンの綿花農園。
 セシルは両親とその農園で働いていたところ、あるとき、彼の母親(マライア・キャリー)が、彼の目の前で農園主によって小屋に連れて行かれ強姦されます(それによって彼女は正気を失ってしまいます)。この行為に対し、父親は何もできませんでしたが、セシルの促しで農園主に抗議の素振りを見せたところ、いともあっさりと撃ち殺されてしまいます。
 孤児同然となったセシルを、農園にいた白人の女性・アナベス(農園主の母親?:ヴァネッサ・レッドグレーヴ)は哀れんでハウス・ニガー(家働きの使用人)にしてくれ(注2)、色々仕事を仕込みます。
 ですが、セシルは、この農園にいたら早晩農園主によって殺されてしまうと思い、農園を脱走。
 といっても、外の世界は、食べ物も寝る場所もなくて農園よりも酷く、思い余ってホテルの窓ガラスを破って中に入り空腹を満たしますが、ホテルの執事のメイナードに見つかってしまいます。
 危うく縛り首になるところ、メイナードは逆にセシルをそのホテルの給仕にしてくれます。
 さらに、メイナードが、ワシントンD.C.にある高級ホテル(エクセルシオール)の給仕としてセシルを推薦してくれたことから、セシルの前途が開かれてきます。
 1957年、そのホテルにおける仕事の仕振りに目を留めたホワイトハウスのスタッフが、彼を呼び出したところで冒頭の場面につながっていきます(注3)。
 さあ、大統領府で勤務することになったセシルには、どんな風に各大統領が見えたのでしょうか、そして父親の出世に対して余り喜んだ顔をしない長男との関係は、………?

 冒頭のクレジットに「アメリカ大使館後援」とあり、実際にも、キャロライン・ケネディ駐日大使の小さいころの様子が描かれたり(注4)、オバマ大統領の選挙演説がそのまま画面に流されたりもして(注5)、何らかの政治的な背景があるのかなと思わせるものの、主人公セシルの家族関係を描く中で、南北戦争の頃にしかありえないと思っていたことが1926年当時でも行われていたことが描かれたり(注6)、黒人差別撤廃運動の流れが取り扱われたりしており、アメリカの現代史を簡単にお浚いするにはうってつけの作品といえるかもしれません。

 主演のフォレスト・ウィテカーは、『レポゼッション・メン』で見ましたが、本作では、「相手の心を読んで察する」とか「空気になる」という執事の心得を会得しているセシルを物静かに見事に演じています(注7)。

(2)本作は、実話に“inspire”された物語とされていますが、劇場用パンフレットに掲載された越智道雄氏のエッセイ「執事の涙、オバマの涙」によれば、映画で描かれる執事セシル・ゲインズのモデルとなったユージン・アレン氏は、トルーマンからレーガンまで8人の大統領に仕えているとのこと。また、ユージン・アレン氏には子どもは一人しかおらず、その長男は「国務省で穏やかな人生を歩んだ」とのこと(注8)。

 本作では、トルーマンの次のアイゼンハワーの時にセシルはホワイトハウスで勤務することになりますが(注9)、こうしたのはおそらく、トルーマンには黒人差別撤廃運動に関係する事績が見当たらず、他方、アイゼンハワーは、登校する黒人生徒を軍隊を使って守る措置をとったためではと思われます(リトルロック高校事件)(注10)。
 ケネディ大統領についても、キューバ危機ではなく、公民権法案の議会提出に際しての演説が描かれます。

 とはいえ、本作のフィクションの部分で一番大きなものは、セシルの子どもの設定でしょう。特に長男のルイスデヴィッド・オイェロウォ)は、ユージン・アレン氏の長男とは異なり、南部の大学に行ってから黒人差別撤廃運動にのめり込んでいきます(注11)。
 こうした作りのフィクションによって、シット・イン運動やフリーダム・ライダーズ運動とか、はてはブラックパンサー党といったものまで、黒人差別撤廃運動が本作において具体的に描き出されるようになったものと思われます(注12)。
 加えて、「父さんは世の中を良くするために白人に仕えている」とルイスに語るセシルの微温的ながらも地に足の着いた姿勢も浮き彫りになるでしょう(注13)。

 本作は、ドキュメンタリー作品ではなく劇映画ですから、いくらでもフィクションが取り入れられるのは当然のことです。そのこと自体をとやかくいうべきではないと考えます。
 ですが、こうしたフィクションの作りによって、映画全体が教科書的なもののなってしまったのは否めないのではないでしょうか?黒人差別撤廃に関する動きが、ホワイトハウスの内外で次々に起こり、それが本作で綴られていくのですから、まるで歴史年表を見ている感じにとらわれます。
 本作を制作したリー・ダニエルズ監督(注14)は、劇場用パンフレットに掲載された監督インタビューの中で、「これは公民権運動の物語である以上に、父と息子の物語だ」と述べていますが、逆に「父と息子の物語」という枠組みの中で「公民権運動の物語」に焦点を当てて描いた映画ではないか、というように思えてしまいます(注15)。

(3)渡まち子氏は、「白人にとって都合のいい黒人を演じることで家族を守るしかなかったセシルの複雑な心情を、フォレスト・ウィテカーが静かに熱演している」として70点をつけています。
 また、前田有一氏は、「現実主義に生きて実際に家族を守り続けた父と、理想に燃えて家族を危険にさらしている息子の対照的な価値観は、物語をエキサイティングに彩る」が、「もしかしたら、意外にもこの映画があなたの価値観をひっくり返してくれるかもしれない。少なくとも、違う意見にも傾聴の価値があることは、説得力を持って教えてくれる。その意味で、奴隷制とはあまり縁のない日本人観客にも楽しむ余地がある映画といえる」として65点をつけています。
 さらに、相木悟氏は、「アメリカ史における黒人社会の変転を学びながら、普遍的な家族ドラマが心に響く感動作であった」と述べています。



(注1)ここで、マーチン・ルーサー・キング牧師の「闇は、闇で追い払うことはできない。光だけがそれを可能にする。憎しみは憎しみで追い払うことはできない。愛だけがそれを可能にする」という言葉が紹介されます。

(注2)セシルを助けたメイナードは、「ハウス・ニガーと言うな、それは白人の言葉だ」と言います。

(注3)それまでにセシルは、ホテルで出会ったグロリアオプラ・ウィンフリー)と結婚し、ルイスチャールズの二人の息子を設けています。



(注4)ケネディ大統領(ジェームズ・マースデン)の一家と執事たちとの初対面の際に、キャロラインが落とした人形をセシルが拾ってあげたり、キャロラインにセシルが絵本を読んだりする場面があります。



(注5)さらには、ジョンソン大統領(リーヴ・シュレイバー)のベトナム戦争とか、ニクソン大統領(ジョン・キューザック)の「ウォーターゲート事件」とかが、簡単ながらも取り扱われたりします。

(注6)黒人が縛り首にされている画像が2度ほど出てきたりします。

(注7)本作には、ほかにニクソン大統領役のジョン・キューザック(最近では、『ペーパーボーイ』で見ました)や、レーガン大統領の夫人役としてジェーン・フォンダこのエントリの(2)で若干触れました〕、ケネディ大統領役のジェームズ・マースデン(『運命のボタン』で見ました)、セシルの母親役のマライア・キャリー(『プレシャス』に出演)などが出演しています。

(注8)本作を巡るフィクションと事実との関係については、より詳しくは、例えばこのネット記事を参照して下さい。例えば、1926年の綿花農園のエピソードはフィクションだとされています。

(注9)ユージン・アレン氏は1952年からホワイトハウスで勤務しますが、セシルは1957年から。

(注10)本作でも、「大統領の英断だった。はじめて黒人を守るために軍隊が使われた」と強調されます。

(注11)次男のチャールズは、親のすすめる大学に入り、その後ベトナム戦争で戦死するのです(ちなみに、上記「注8」で触れたネット記事によれば、ユージン・アレン氏の長男もベトナム戦争に従軍したものの、無事に帰還したとのこと)。

(注12)言うまでもありませんが、シット・イン運動などの黒人差別撤廃運動がフィクションだと申し上げているわけではありません。

(注13)家に戻ってきたルイスが、『夜の大捜査線』のシドニー・ポワチエのことを「白人に受け入れられやすい黒人。外見は黒人だが中身は白人」などと言って貶したところ、セシルは頭にきて、「この家から出て行け」と怒鳴ってしまいます。その不和は18年後まで解消されませんでした。



(注14)同監督は、傑作『ペーパーボーイ』を制作しました。
 つまらないことですが、劇場用パンフレットに掲載の監督インタビューで同監督は、デンゼル・ワシントンやウィル・スミスに主役を断られてと述べていますが、別のインタビュー記事では、「デンゼルは断ってないよ。オプラもそうだけど、僕らは日ごろから何か一緒にできないかと話をしている間柄だ」と述べています。
 なお、同インタビュー記事で、同監督は自身のことを「ゲイだよ」と述べています。

(注15)本作を見る前は、例えばケネディ大統領が、地下の秘密の通路(このエントリの「注11」を参照)を使って外に出てマリリン・モンローと逢引するのを執事がサポートする場面とか、クリントン大統領とモニカ・ルインスキーとの不倫現場を執事が覗き見するシーンでもあるのかなと期待したのですが、本作ではそういう視点はマッタク受け入れられません!



★★★☆☆☆



象のロケット:大統領の執事の涙
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカン・ハッスル | トップ | ウルフ・オブ・ウォールスト... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トルーマン (佐藤秀)
2014-02-22 10:29:42
セシルとモデルのアレンの仕えた時期が違うとのことですけど、アレンは最初皿洗いなどの雑用でホワイトハウスで仕事し、その後、執事に昇格したのだから最初に仕えたのはアイゼンハワーで間違ってませんよ。トルーマンに黒人に関する逸話がないから意図的に外したというのは的外れです。そもそもトルーマンは1953年初めに退任していてほとんど入れ替わりですから絡む筈ありません。
そうでしょうか? (クマネズミ)
2014-02-23 07:20:57
「佐藤秀」さん、大変拙いエントリをお読みいただき、さらにコメントまでいただき、誠にありがとうございます。
ですが、いただきましたコメントの内容につきましては、以下のように問題があるように思われます。
①上記拙エントリ(2)の最初のパラグラフに関し、“アレン氏は、執事としてアイゼンハワー以降7人の大統領に仕えたのだから、映画のセシルとの間に違いはない”、というのが「佐藤秀」さんの第1のご指摘の趣旨だと理解いたします。
でも、そこはクマネズミも慎重に取り扱ったつもりです。すなわち、越智道雄氏は、アレン氏が「8名の大統領に仕えた」とだけ書いているのであり、「“執事として”8名の大統領に仕えた」とまでは述べておりません。
そして、クマネズミも、その点に違いがあるとは一言も書きませんでした。
ですから、「佐藤秀」さんが「間違ってませんよ」とおっしゃられても、正直、戸惑うばかりです。

②このパラグラフで問題にしたかったのは、正解が「7名」なのか「8名」なのかという点ではなく、アレン氏が1952年にpantry workerとしてホワイトハウスに入ったにもかかわらず、映画では、わざわざ1957年にセシルは「ホワイトハウスの執事としてスカウトされ、働き始める」とされている点です(以上の記述は、劇場用パンフレットのP.12~P.13掲載の「セシルが見た、7人の大統領と公民権をめぐるタイムライン」にある「chronology」に依ります)。
アレン氏の半生を映画化するにあたり、その点でフィクショナルな設定にしているとクマネズミは考えました。

③この点は、「佐藤秀」さんの第2のご指摘につながるでしょう。
すなわち、「そもそもトルーマンは1953年初めに退任していてほとんど入れ替わりだから絡む筈」もなく、従って「トルーマンに黒人に関する逸話がないから意図的に外したというのは的外れ」だ、と「佐藤秀」さんは厳しく非難されます。
ですが、ここでの問題は、実際にアレン氏がトルーマンと絡んだ可能性があったかなかったかという点ではなく(注1)、セシルを大統領に絡ませることが映画制作上意義があるとみなせる格好のエピソードがトルーマンにあったのかなかったのか(1952年から退任の日までの間に)、という点ではないかと思います。
もしそうした華々しいエピソードがあれば、何もワシントンD.C.のホテルでのエピソードをわざわざ創らずとも、アレン氏と同じようにセシルが1952年にホワイトハウス入りを果たしたことにしてトルーマンと絡ませればいいわけです(この映画では、セシルの執事としての最初の日にアイゼンハワーの軍隊出動の決定があったように描かれていますが、それと同じようにフィクショナルな絡みのシーンを創り上げればいいわけです。それは、大統領の退任の日が間際に迫っていようといまいと無関係でしょう)。
クマネズミはそう考え(下手な考え休むに似たり!)、トルーマンには黒人差別撤廃運動に絡むような興味深いエピソードがないと映画製作者側が判断したのではないかと推測してみました(注2)。そこで、上記拙エントリ(2)では、「こうしたのは“おそらく”………と思います」と推測文を書いてみました。
「佐藤秀」さんが、こうした推測は「的外れ」だとおっしゃるのであれば、黒人差別撤廃運動に絡むトルーマンのエピソードを具体的に指摘していただければと思います。それなしに「的外れ」だとおっしゃられても、クマネズミは面食らってしまうばかりなのですが?


(注1)とはいえ、下記のネット記事には、「トルーマン大統領は彼を「ジーン(Gene)」と親しく呼んでいました」とありますから、もし本当にそうであれば(真の出典が明らかではありません)、pantry workerといえども大統領と絡む可能性は十分にあることになります。
http://matome.naver.jp/odai/2139228534632318101
http://www.butlerschool.com/interesting_facts.htm(“President Truman called him Gene”)

(注2)とはいえ、Wikipediaのトルーマンの項には「全米有色人種地位向上協会で演説を行い、公民権運動を支援した初めての大統領である」と、また公民権運動の項にも「1948年7月28日には、ハリー・トルーマン大統領によってようやく軍隊内での人種「隔離」を禁止するよう命ぜられた」とあります。でも、時点が古過ぎるようです。
Unknown (佐藤秀)
2014-02-23 10:52:11
>(真の出典が明らかではありません)
オリジナルらしいワシントンポストの記事に載ってます。
http://www.washingtonpost.com/politics/a-butler-well-served-by-this-election/2013/08/13/961d5d78-0456-11e3-9259-e2aafe5a5f84_story.html

しかしながら普通、pantrymanとしてホワイトハウスに職を得ることと大統領のbutlerとして仕えることとは全然違うと思います。越智氏の書き方は非常にアバウトです。そりゃ、同じ家の中だからGeneとぐらい呼ぶでしょう。それ以上でもそれ以下でもありません。実際、映画でもいきなり執事になってなかったでしょう。トルーマンが黒人問題でコミットしていたか云々はそれ以前の問題。そんなこと言っていれば、トルーマン以前のルーズベルトだって言及しなければいけないことになる。セシルはホワイトハウスに職を得る前から生きていたのですから(笑)。
そうでしょうか?(その2) (クマネズミ)
2014-02-23 16:20:17
「佐藤秀」さん、当方のコメントに回答していただき、ありがとうございます。
同時に、わざわざ「ワシントン・ポストの記事」をご紹介いただき、感謝申し上げます。
ただ、確かに、「pantrymanとしてホワイトハウスに職を得ることと大統領のbutlerとして仕えることとは全然違う」にしても、トルーマンとアレン氏との間の接触が考えられないわけではないということが確認されれば(「同じ家の中だからGeneとぐらい呼ぶでしょう」)、セシルとアイゼンハワーの絡みと類似のシーンをセシルとトルーマンとの間に創りだすのは十分に可能ではないでしょうか?
にもかかわらず映画でそうしなかったのは……、と考えていくと、拙エントリの(2)のような推測も、あながち「的外れ」とはいえないのではないでしょうか?

なお、「実際、映画でもいきなり執事になってなかったでしょう」とありますが、映画では、ホワイトハウスのスタッフがセシルを「執事」としてホテルからスカウトし、その仕事の最初の日に「リトルロック高校事件」があったように描かれているように思います。

また、この関係で「トルーマン以前のルーズベルトだって言及しなければいけないことになる」わけではないのは、あくまでもこの映画はセシルを主人公にした映画であって、それも表題が「The Butler」というわけですから、セシルがホワイトハウス入りをする前の大統領のことについて云々する必要もないからだと考えます。
ここでの問題は、あくまでも、アレン氏がホワイトハウス入りを果たした時の大統領であるトルーマンについて、映画の中で取り上げなかったのはなぜなのか、というものだと考えます。
Unknown (佐藤秀)
2014-02-23 23:21:20
>それも表題が「The Butler」というわけですから、

だからあ、なぜほんのわずかのpantryman時代のトルーマンを取り上げなければいけないの、ってことになりますでしょ? なんでトルーマンにこだわられるのかよく分かりません。
そうでしょうか?(その3) (クマネズミ)
2014-02-24 07:06:55
「佐藤秀」さん、再々度のコメントをありがとうございます。
ですが、クマネズミは、上記拙エントリやコメントにおいて、「pantryman時代のトルーマンを取り上げなければいけない」などと申し上げているわけではありません。「だからあ」とおっしゃられても目を白黒させるばかりです!
繰り返しになって恐縮ですが、クマネズミは、アレン氏が1952年に「pantryman」としてホワイトハウス入りを果たしているにもかかわらず、そして「ほんのわずかの」期間ながらもトルーマンとアレン氏との間の接触が考えられないわけではないにもかかわらず、映画ではその期間がカットされ、セシルがそれより5年も後の1957年に「butler」としてホワイトハウスに入るというフィクションが設けられているのはどうしてなのかな、という点に専ら関心があって、上記拙エントリの(2)のようなことを書いた次第です。
にもかかわらず、「佐藤秀」さんの方から、「トルーマンに黒人に関する逸話がないから意図的に外したというのは的外れ」だとのご指摘を受けました。でも、決して「的外れ」ではないのではないかということで、コメントで縷縷申し上げているところです。
ですから、ことさら「トルーマンにこだわ」っているわけではなく、実話に沿ってトルーマン絡みの映画を作ることが可能だと思えるにもかかわらず、映画がそうしないでフィクションを導入しているわけを推測することに関心を持っているにすぎません(なお、上記拙エントリでも申し上げましたように、この映画にフィクションが取り入れられたからといって、そのこと自体を批判するつもりはまったくありません)。
どうやらここまでくると、関心のありかがどこにあるかという点が問題であり、「的外れ」かどうかという問題でもなさそうですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「大統領の執事の涙」 (日々“是”精進! ver.F)
誇りと信念を持って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402180001/ 【送料無料】大統領の執事の涙 [ ウィル・ヘイグッド ]価格:1,470円(税込、送料込) 【当店専用ポイント(楽天ポイントの3倍)+メール便送料無...
映画『大統領の執事の涙』観てきた~ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン (よくばりアンテナ)
奴隷から大統領執事になった男の目を通して、 アメリカの黒人差別問題の歴史を見る物語。 公式HPはコチラ 実在の人物がモデルだそうです。 綿花畑の奴隷の息子として生まれ育ったセシルは、 ある日、屋敷の主に父を目の前で撃たれた。 家働きの下男となり、そ...
『大統領の執事の涙』 2014年2月5日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『大統領の執事の涙』 を試写会で鑑賞しました。 リー・ダニエルズ監督が来日していて急遽登壇いたしました。 陽気な監督でした。(ちなみに黒人です) 【ストーリー】  綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。ホテルの...
大統領の執事の涙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 人間いくつになっても学ぶことがあるな~と改めて思い知る。
「大統領の執事の涙」 犬と狼 (はらやんの映画徒然草)
この作品のような黒人の公民権運動を題材にした作品を観ると、これがたった1世代前の
映画『大統領の執事の涙』★時代ととともに~父の涙 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163357/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     ホワイトハウスの執事として、アメリカ大統領数名に仕えた執事セシルを 大好きな ...
十人十色。『大統領の執事の涙』 (水曜日のシネマ日記)
ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の人生を描いた作品です。
大統領の執事の涙 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
大統領の執事の涙 [単行本]7人の大統領に仕えた名もなき執事とその家族を描く「大統領の執事の涙」。黒人版「フォレスト・ガンプ」という趣の作品だ。20世紀初頭、黒人差別が日常 ...
映画:大統領の執事の涙 The Butler 黒人執事からみた、アメリカ現代史。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
奴隷からのし上がってなんと大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男(フォレスト・ウィテカー)の波乱に満ちた人生。 これを描く監督は、リー・ダニエルズ(「プレシャス」「ペーパーボーイ 真夏の引力」「チョコレート」) この点で、一定以上の水準が確実にある....
大統領の執事の涙 (あーうぃ だにぇっと)
大統領の執事の涙@アスミック・エース試写室
大統領の執事の涙 (佐藤秀の徒然幻視録)
結局、全てはバラク・オバマのために 公式サイト。リー・ダニエルズ監督、フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、デヴィッド・オイェロウォ、マライア・キャリー、デヴ ...
大統領の執事の涙 (映画と本の『たんぽぽ館』)
黒人からみたアメリカの歴史 * * * * * * * * * * 7人の米国大統領に仕えた黒人執事の実話を元にしています。 子供の頃ほとんど奴隷と変わらない状況で 南部の綿花畑で働いていたセシル・ゲインズは ワシントンへ出てホテルのボーイとなり、 や...
大統領の執事の涙 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。主演を務める『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーを筆頭に、ジョン・キューザック、ジェーン....
大統領の執事の涙 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】子供時代から執事を終えるまでの出来事を追
大統領の執事の涙 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://butler-tears.asmik-ace.co.jp/ 実話を基に作られた作品。 予告を観て、主役のフォレスト・ウィテカーの顔が脳裏から離れなくなり鑑賞してきた。 綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。 ホテル....
『大統領の執事の涙』 (2013) (相木悟の映画評)
歴史を変えんと戦った勇士に捧ぐ人生ドラマ! アメリカ史における黒人社会の変転を学びながら、普遍的な家族ドラマが心に響く感動作であった。 本作は、ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた実在の執事ユージン・アレンさんをモデルに創作された伝記ドラマ。監督は、....
『大統領の執事の涙』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大統領の執事の涙」□監督 リー・ダニエルズ □脚本 ダニー・ストロング □キャスト フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、       ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス...
大統領の執事の涙 / Lee Daniels' The Butler (勝手に映画評)
ユージン・アレンと言う8代の大統領に使えた実在の執事の人生を元に描いた、1950年代から1980年代のアメリカの戦後史。 物語の始まりは、1920年代のアメリカ南部から始まるのですが、まだまだ黒人差別が有る時代が描かれています。ネタバレになってしまいますが、いきな...
大統領の執事の涙/LEE DANIELS' THE BUTLER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミニーやGG賞ノミニー、トロント映画祭で最高の観客賞受賞の「プレシャス」や 「ペーパーボーイ 真夏の引力」のリー・ダニエルズ監督が、 1950年代から80年代という長い間ホワイトハウス...
大統領の執事の涙 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。奴隷から大統領の執事に上り詰め、ホワイトハウスで歴代大統領7人に仕えた黒人執事セシル・ゲインズと、その家族の人生を描くヒューマンドラマ。綿花畑の奴隷として生まれたセシルは、子供の頃父親を白人の主人に撃ち殺されてしまいますが、ハウスニガ...
大統領の執事の涙 (シネマ日記)
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生を描いた作品。試写会に行って参りました。綿花畑の奴隷の子として生まれたセシルゲインズフォレストウィティカー。母マライヤキャリーは雇い主の白人アレックスペティファーに手籠めにされ、父は射殺された。そんなセシルに同情し...
大統領の執事の涙 (心のままに映画の風景)
奴隷解放後も差別が日常的に行われていた時代。 南部の農園で両親と働くセシル・ゲインズは、農場主に父親を殺された後、ハウス・ニガーとして作法を叩き込まれる。 やがて町に出たセシル(フォレスト・ウィテカー)は、幸運な出会いと努力の結果、高級ホテルのボー...
大統領の執事の涙・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その時、執事は見ていた。 「プレシャス」「ペーパーボーイ/真夏の引力」など、ハードな人間ドラマを得意とするリー・ダニエルズ監督の最新作。 ホワイトハウスで34年間に渡り執事を勤めた実在のアフリカ系アメリカ人、ユージン・アレンの生涯にインスパイアを受け、...
映画「大統領の執事の涙」 (FREE TIME)
映画「大統領の執事の涙」を鑑賞しました。
「大統領の執事の涙」 (みんなシネマいいのに!)
 ホワイトハウスで歴代大統領7人に仕えた黒人執事の物語。 公民権運動やベトナム戦
映画『大統領の執事の涙』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-21.大統領の執事の涙■原題:The Butler■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:1,800円■観賞日:2月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:リー・ダニエルズ◆フォレスト・ウィテカー◆オプラ・ウィンフリー◆...
『大統領の執事の涙』 悲しみの目 (Days of Books, Films )
Lee Daniel's The Butler(film review) 『大統
「大統領の執事の涙」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Butler」2013 USA セシル・ゲインズに「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」「バンテージ・ポイント/2008」のフォレスト・ウィテカー。 グロリア・ゲインズに「プレシャス/2009」のオプラ・ウィンフリー。 ルイス・ゲインズに「ペーパーボーイ 真夏...
『大統領の執事の涙』 人間の範囲はどこまでか? (映画のブログ)
 西洋で発明されたものはたくさんある。  映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとして...
大統領の執事の涙 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
大統領の執事の涙 '13:米 ◆原題:LEE DANIELS' THE BUTLER ◆監督:リー・ダニエルズ「ペーパーボーイ 真夏の引力」「プレシャス」 ◆主演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、テレンス・ハワード、レ...
アメリカ現代史~『大統領の執事の涙』 (真紅のthinkingdays)
 The Butler  南部の白人家庭で、給仕などを担当する 「ハウスニガー」 として育ったセ シル(フォレスト・ウィテカー)は、大統領の執事に抜擢され、ホワイトハウスで 働くことになる。  1950年代から80年代にかけてのアメリカに実在した、7人...
大統領の執事の涙 (とりあえず、コメントです)
8人の大統領のもとで働いた実在の執事をモデルにアメリカの激動の歴史を描いた人間ドラマです。 予告編を観た時から、主人公がどんな人生を送ってきたのか気になっていました。 過酷な少年時代を経て執事になってからも、時代の大きな変化に家族共々翻弄されていくような...
大統領の執事の涙 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リー・ダニエルズ 出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、デヴィッド・オイェロウォ、ヴァネッサ・レ...
大統領の執事の涙 (いやいやえん)
【概略】 ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の視点から、揺れ動くアメリカとその時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描く。 ドラマ 非暴力による誇りと戦い。 早足で中途半端な感じは否めない。黒人の虐げられてきた歴史や、歴代大統領の...
映画『大統領の執事の涙』2014年 (見取り八段・実0段)
ホワイトハウスで8代の大統領に仕えた実在の黒人執事、ユージン・アレンをモデルに、彼の目から見たアメリカ人権問題の30年間を描いた物語。「アメリカ」の話でもあり、主人公の家族...
映画・大統領の執事の涙 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE BUTLER2013年 アメリカ アメリカ・ホワイトハウスでアイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガンの7人の大統領に仕えた黒人執事・セシル(フォレスト・ウィテカー)の物語 実話に基づいているそうです 1926年、....