映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

のだめカンタービレ(後編)

2010年06月13日 | 邦画(10年)
 遅ればせながら『のだめカンタービレ 最終楽章 後篇』を、渋谷の渋東シネタワーで見てきました。
 勿論、本年1月にその『前篇』を見たからですが、それもかなり面白かったがために、今回作品も期待を込めてぜひ見てみようと思っていました。

(1)実際に見たところも、マズマズの出来栄えではないかと思いました。
 ところが、映画評論家の 前田有一氏は、「内容が薄すぎやしないか。123分の堂々長編だが、ストーリーも堂々巡り」、「どう見ても上映時間を埋めるためだけに作ったような、お定まりの恋の障害エピソードで、新味もなにもありゃしない」、「この後編で主人公二人がやっていることには、ドラマ1話分程度のボリュームしか感じない」、「これでは後編を20分に縮めて、前編にくっつけて1本にしたほうがよかったのではないかと、嫌味のひとつもいわれよう」と、この映画について言葉を尽くして酷評しています。

 ですが、前田氏が、「ドラマ1話分程度のボリュームしか感じない」とか、「後編を20分に縮めて、前編にくっつけて1本にしたほうがよかったのではないか」と言っているところからすると、この映画の大切な登場主体であるブラームス作曲の「ヴァイオリン協奏曲」とか、ラヴェル作曲及びショパン作曲の「ピアノ協奏曲」の演奏をまるで無視してしまっていることがよくわかります。
 そりゃあソーでしょう。これらの演奏を今回の映画の中から全部外してしまったら、「ドラマ1話分程度のボリューム」でしょうし、せいぜいのところで「20分」程度のシロモノになってしまうことは必至でしょう。

 しかしながら、私には、この映画の価値は、こうした曲の演奏をたっぷりと聞けたからこそのものではないかと思えて仕方がありません。
 特に、ラヴェルのピアノ協奏曲はクマネズミは初めて聴く曲で、この曲を、しかもたっぷりと聴けただけでも大きな収穫でした!
 それに、前日の記事で取り上げた『オーケストラ!』でも、ラストの12分のチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲の演奏が、主役並みの位置づけを与えられていたではありませんか!
 なぜ、前田氏は、この映画を見て、登場人物の恋愛劇の方だけしか関心を払わないのか、音楽映画を見て、どうしてタップリと描かれている演奏場面のことを外してしまうのか、その理由がドーモよくわかりません。

 それに、もう一方の登場主体である「のだめ」と「千秋」は、前編と同様、扮している上野樹里玉木宏の熱演によって大層うまく仕上げられていて、ラストのセーヌ川に架かる橋の上での抱擁シーンまで間然とするところがなく、全体としてこの映画を随分と見ごたえのあるものにしていると思いました。

(2)ただ、この映画にも問題を感じないわけではありません。
 「のだめ」が、シュトレーゼマンの指揮の下で、ショパンの「ピアノ協奏曲第1番ホ短調」を演奏しますが、その冒頭に「千秋」の声で、「この曲は、音楽家としての飛躍のためウィーンに発つショパンが、故郷ワルシャワで開いた告別演奏会で自ら弾いた協奏曲で、故郷を発とうとするショパンがこの曲に込めた気概を感じる」とか、「ロマン的な静穏の中に、楽しい無数の追憶を感じさせる」などといった解説が入ります(これはおおよその感じで、映画で言われた内容から離れているかもしれません)。
 ラヴェルのピアノ協奏曲とか他の曲が映画で演奏される場合にも、似たり寄ったりの解説がつきます。
 むろん、そうした解説が間違っているわけではありません。むしろ、そうした導入的な解説がなされた方が、クラシックの曲の受入れが容易になるかもしれません。
 ただ、その曲自体をそのまま受け入れて先入観なしに味わおうとしている者にとっては、なくもがなの解説と言えるかもしれません。知った風な解説なしに、余計な知識なしに、黙って音楽が演奏される方が、音楽自体を十分に味わえるのではないかとも思われます(注)。

 ただ、京大准教授・岡田暁生氏の『音楽の聴き方』(中公新書、2009)では、次のように述べられています。
 「ドイツ・ロマン派によって音楽が一種の宗教体験にまで高められていくとともに、音楽における「沈黙」がどんどん聖化されていく。批評もまた、言葉の無力を雄弁に言い立てるというレトリックでもって、黙する聴衆の形成に加担する」のであって、「「音楽は語れない……」のレトリックには、多分に19世紀イデオロギー的な側面があった」。
 だがそうではなく、むしろ、「音楽は言語を超えていると同時に、徹頭徹尾、言語的な営為」なのであって、「音楽の少なからぬ部分は語ることが可能」なのである〔同書P.56~P.58〕。

 そうであれば、音楽を前にして語るべきか語らないでいるべきか、ではなくて、何をどのように語るべきなのかが問題となるのでしょう。

(注)似たようなことは、5月に「三岸節子展」を見た際にも思ってしまいました。

(3)映画評論家たちは、総じて大層辛目の評価をしているようです。
 冒頭で述べたように、前田有一氏はこの映画を“ダメダメ”として、わずか20点しか付けていません。
 福本次郎氏も、「音楽家を目指す若者の苦悩と葛藤も少しは描かれる。ところがその本質は「クラシックやってます」的な浅薄な選民意識に酔ってお祭り騒ぎを繰り返しているだけ。そこには音楽に対して真摯に向き合う姿勢は微塵もなく、ただ出演者とスタッフがバラエティ番組のノリではしゃいでいるとしか思えない」として30点です。
 さらに、渡まち子氏までも、「相変わらずのメンバーと相変わらずの展開で、安心感満載…と言えば聞こえはいいが、物語に新鮮味はまったくない」、「この後編のウリはいったい何なのか? と首をかしげたくなる」、「しかも本作にはコミカルな要素はほとんどなく、シリアス一点張りだ。本気モードは、本物の音楽があれば十分なのに。ついに実現した二人の“共演”は、グランドフィナーレにはあまりにも地味すぎやしないか。このために前・後編という長い時間を費やしてきたのかと思うと力が抜けた」として30点しか与えていません。

 クマネズミには、こうした論評は、映画で演奏されている音楽から感じられる楽しさを無視しているとしか思えないのですが。

 1月10日の記事では取り敢えずの評点を記しましたが、今回は後編をも合わせた『最終楽章』全体の評点ということです。それでもやっぱり、下記のところでしょうか。

★★★☆☆


象のロケット:のダメカンタービレ(後編)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (76)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーケストラ! | トップ | 『愛のむきだし』再論―カメラの... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました! (ナドレック)
2010-06-13 08:13:58
私は映画評論家諸氏による新作映画のコメントを読むことは滅多にないので、貴ブログの記事は興味深く拝見しました。
思うに、映画評論家諸氏が映画を評するのは難しいのではないでしょうか。
作り手はその映画に何年も取り組んできています。また「のだめ」の場合は、受け手もTVドラマから何年も付き合ってきています。双方の数年越しの想いの高まりが、映画のフィナーレに結実しているわけです。
そのフィナーレの部分だけに、映画評論家氏が仕事として2時間だけ付き合っても、数年越しで想いを高めた人たちの気持が判るとは思えません。
ましてやお仕事ですから、映画を見たら〆切までに何か文章をひり出さねばならない。
そうして書かれた文章に、はたしてどれだけ共感できるものがあるでしょうか。

時間をかけて執筆した研究書は、また別なのでしょうが…。
映画評論家の役割 (クマネズミ)
2010-06-14 05:47:26
ナドレックさん、わざわざ私のブログにコメントをいただき、誠にありがとうございます。
それも実に周到な内容なので心から感謝しております。
おっしゃるように、この映画の場合、作り手と受け手との「双方の数年越しの想いの高まりが、映画のフィナーレに結実している」いることは確かなことでしょう。ですから、この映画について、「映画評論家氏が仕事として2時間だけ付き合って」も、「共感」できる文章を書けるはずはなく、基本的に「映画評論家諸氏が(この)映画を評するのは難しい」ことなのかもしれません。
にもかかわらず、クマネズミがブログの記事において映画評論家諸氏のコメントを論評しましたのは、内幕を申し上げれば、公開されてから1ヵ月以上経過してしまい、既に皆さんがいろいろの角度からレビューされ絶賛されているので、今更同じような傾向のものを駄文で積み重ねても仕方がないと思え、それなら映画評論家諸氏の論評をやり玉に挙げてお茶を濁すだけにしてみようと思ったからです。
ただ、こういうような記事を書くと、クマネズミがいつも評論家の見解ばかりを気にしていると思われてしまうかもしれません。以前、『人間失格』の記事(3月28日)に対して、「通りすがり」氏から、「あなたの感想って、批評家の言っている事すべてそれになぞらえたものだったから、ついコメントしてしまいました。もっと自分自身の目で見た事を大切にすればいいのに」などと批判されてしまいました。
この批判に対してはそのコメントで答えておきましたが、基本的には、どんな見解であっても、門前払いはすべきではないと思っているところです。
確かに、評論家は、この映画に「仕事として2時間だけ付き合って」いるに過ぎないのかも知れません。ですが、そうだからといって、この映画を享受して議論する仲間から外して良いということにはならないのではないでしょうか?他の映画と同様に、この映画についても、色々の立場の人が様々な角度から自由に議論して、お互いに批判し合うべきものと考えます。
ですから、映画評論家諸氏を批判するのであれば、彼らがこの映画について書いた文章の何処がどのようにナドレックさんが「共感」できなのか、そこのところを明らかにしていただくことがこの場合一番肝心なことではないかと思います。
加えて、絵画や音楽でも同じだと思いますが、作品に対峙したときに、その作品が生み出されるに至る経緯を重視する立場と、そういったことは括弧に入れてその作品自体のみから受けるものの方を重視する立場があるのではないでしょうか?あるいはナドレックさんは前者で、映画評論家諸氏は後者に該当するかもしれません。作品自体から受け取る印象を重視する立場からすれば、いくら「数年越しで想いを高めた人たち」が制作したものであっても、必ずしも良い作品が出来上がるわけではないということになるでしょう。
とはいえ、クマネズミとしては、本文の(2)でも触れましたが、実際にはその中間辺りが適切なのではと思っています。
わざわざコメントをいただきながら口幅ったいことばかり書いてしまいました。
これに懲りずにまたコメントをよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございました (ナドレック)
2010-06-14 08:35:43
クマネズミさん、拙ブログにコメントありがとうございました。
私が上でコメントしたのは、貴ブログを読んで、クマネズミさんが映画評論家諸氏の意見に納得されていないように感じたからです。
私自身の感想については拙ブログに書いたとおりです。
またお邪魔しますのでよろしくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

76 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「のだめカンタービレ最終楽章後編」 (日々“是”精進!)
映画 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」ガイドブック「のだめカンタービレ最終楽章後編」を鑑賞してきました二ノ宮知子の同名コミック原作、上野樹里、玉木宏主演の大ヒット...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (映画情報良いとこ撮り!)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 千秋は、孫Ruiとの共演の話が。のだめは、コンクールの許可が下りずに、焦っていた。 清良の出場するコンクールで、のだめは、ピアノ部門でラヴェル ピアノ協奏曲に心奪われた。 この曲で千秋と演奏したいと。しかし、その曲は千...
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
涙が出ました。感動で胸が詰まりました。音楽が与えてくれる感動が、そこにはありました。
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の正しい見方 (映画のブログ)
 「特別版」というだけのことはある。  『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の公開初日にテレビ放映された前編のことだ。  劇場公開し...
2010_4/19 映画 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 を觀た (仙丈亭日乘)
これが最後なんだらうな・・・寂しいなあ
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (勝手に映画評)
大人気漫画「のだめカンタービレ」の完結編。2009年年末に『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』として、千秋がルー・マルレ・オーケストラに常任指揮者として就任するあたりまでが語られましたが、今回は、完結編としてそれ以降の千秋とのだめの物語が描かれます。 完結...
楽しい音楽の時間 (僕らのドラマ)
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』/ I believe in music.
映画感想『のだめカンタービレ最終楽章 後... (レベル999のマニアな講義)
内容今まで以上に音楽に打ち込もうと千秋(玉木宏)は、のだめ(上野樹里)と離れることを決断する。“これで良い”そう考えていた千秋であったが、思いがけない仕事が舞い込むのだ...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (うろうろ日記)
試写会で見ました。前回の映画の後半戦です。今回は、のだめちゃんがやりたいことを次
ついに最終楽章 後編『のだめカンタービレ』 (美容師は見た…)
試写会に行って来ました~。とうとう前編を観ることが出来なかったので諦めてたんですが、娘がゲットしてくれたので後編だけでも楽しめました。『インビクタス』の試写会も当たったりして、日々応募に励んでる娘。最近はそういうマメさも無くなって来ちゃった私。『20世紀...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (とりあえず、コメントです)
二ノ宮知子著のコミックシリーズの映画版です。 「最終楽章 前編」を昨年に観た時から、ずっと公開を楽しみにしていました。 期待通りの楽しさとオーケストラの素晴らしい演奏にワクワクしました(^^)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (Akira's VOICE)
静かに感動。ブラボーと拍手♪♪  
[映画] のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (霞の気まぐれ日記)
やっぱりこれだけは見ておかないとね~。 続きが待ち遠しかった、のだめの後編です。。 近所に出来た、新しい映画館で、早速見てきました獵 原作も読みましたし、三月まで放送されていたアニメも見ていたので、 ストーリーの大枠は、3回目。 なので、お話の流...
のだめカンタービレ最終楽章後編 (DASH's blog)
のだめカンタービレ最終楽章後編を見てきました。 クラシック音楽大好きなのでこのアニメ・映画は大好きですね。 指揮者の存在価値を教えてくれたアニメでした。 マンガもアニメもTVも映画も全部制覇しました。 原作のマンガがアニメやTVや映画で脚本によって色...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (上野樹里さん) (yanajun)
上野樹里さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』に野田恵 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 (みゆみゆの徒然日記)
 昨年末公開された『のだめカンタービレ最終楽章前編』を見てからずっと楽しみにしていた後編を見てきました。 【あらすじ】のだめカンタービレ 最終楽章 後編 - goo 映画より引用。 離れ離れに暮らすことになった、のだめと千秋。千秋には孫Ruiとの共演話が持ちかけら...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (心のままに映画の風景)
のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距離を置くことを決める。 オクレール先生のもとでレッスンに励むのだめは、 ...
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 ('10初鑑賞60・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:15の回を鑑賞。
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (いい加減社長の日記)
今週も、朝とレイトショーの変則ダブルヘッダー。 まず朝は、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編 」。 「...
映画 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (ようこそMr.G)
映画 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
桜木町駅前に先日オープンしたばかりの横浜ブルク13で観て来た。映画を公開初日に観るのは久しぶり。土曜18:30の回。尋常でないほど空いている。400人収容だそうだが、40人ぐらいしかいなかったのではないだろうか。やはり同日に公開が始まったアリス・イン・ワンダーラ...
10-106「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」(日本) (CINECHANの映画感想)
それでも、あの舞台に連れて行きたい  離れ離れに暮らすことになった、のだめと千秋。やがて千秋には孫Ruiとの共演話が持ち上がる。一方、オクレール先生のもとでレッスンに励むのだめは、どんどん先に行ってしまう千秋に焦りを感じてしまう。  そんな中、コンクール...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (そーれりぽーと)
とういことで、これでおしまい! 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』を観てきました。 ★★★ 抱腹絶倒のギャグと真剣風なクラッシックと、意外にも純愛のシリーズが遂に今回で終わってしまいます。 フツーに後編。 フツーに無難な映画化。 でも、ファンだからそれで...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (いやいやえん)
劇場版前編の、のだめです。 さすがになれたのか、千秋先輩の指揮棒振りが以前より上手くなってましたね。のだめの誇大表現妄想がドラマ以上に凄くなっていて面白かったです。そして可愛かった(笑) 伝統あるマルレ・オケでのどたばたが続きますが、ドラマ以上にスケー...
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 (ラムの大通り)
----おっ。これはみんなが待ち望んでいた、 あの映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』の続編だニャ。 スゴい人気があるだけに、下手なことは喋れない…。 「そうだね。 楽しみにしている人は多いし、 喋りすぎてもいけない。 でも、そんなことばかり言っていると前...
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 祝!大団円 (はらやんの映画徒然草)
うん、しっかりとフィナーレを決めてくれました。 「音楽」って、その漢字をもう一度
映画「のだめカンタービレ最終楽章~後編」 (極個人的発言録Blog)
テレビドラマから観ていた「のだめ」のラスト(?)ということで劇場に足を運んだよ。 とは言っても、それを強く希望したのは小学5年生の次女(笑)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (おかいものあんてな)
評価[★★★★☆]良くも悪くも「のだめ」であって「のだめ」でない作風でした。作品としては楽しめますが、いろいろカットされてしまった部分を、ぜひ原作で読んで補完して欲しいなと思います。
のだめカンタービレ最終楽章後編 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
のだめと千秋がピアニストと指揮者として切磋琢磨する姿に、二人の恋愛模様も合わせて描いている。後編だけでも一つの作品になっている印象を受けたが、クラシックの名曲に聞き惚れているうちに気にならなくなった。音響のいい映画館で見て欲しい。
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (映画と本の『たんぽぽ館』)
のだめをここへ連れてくるために、神様は僕を日本に留まらせていたのかもしれない・・・。                         ...
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」試写会 (またり、すばるくん。)
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」の試写会に行ってまいりました!
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (だらだら無気力ブログ)
二ノ宮知子の同名コミックを原作にしたテレビドラマの劇場版2部作のうち の後編となるラブコメディ。 挫折しつつも音楽的才能を伸ばしていくのだめと指揮者としての上を目指す 千秋との恋の行方を描く。のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (Memoirs_of_dai)
蒼井優の勿体ない使い方 【Story】 のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距離を置くことを決める。そんな折り、千...
映画「のだめカンタービレ最終楽章 後編」... (今日も何かあたらしいこと)
玉木宏・上野樹里主演映画「のだめカンタービレ最終楽章」の後編を見に行きました。前編は玉木さんの指揮が中心で、後編は上野さんのピアノが中心、という感じ。テレビドラマからの...
「のだめカンタービレ最終楽章」上野樹理×... (コレ、いいかも☆)
指揮コンクールで優勝した千秋(玉木宏)は、エリーゼ(吉瀬美智子)の差し金で、若き日のシュトレーゼマン(竹中直人)が音楽監督を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指...
映画『のだめカンタービレ最終楽章後編』(... (私的映画生活)
こんにちわぁ~ゴールデンウィークも残すとこ後すこしです・・・楽しい時間は早く過ぎて行きますねぇ今日はぁ~~先日見たぁ~コレです『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 201...
のだめカンタービレ最終楽章後編 (だめ男のだめ日記)
「のだめカンタービレ最終楽章後編」監督川村泰祐原作二ノ宮知子出演*上野樹里(野田恵)*玉木宏(千秋真一)*瑛太(峰龍太郎)*水川あさみ(三木清良)*小出恵介(奥山真澄)*ウエン...
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (塩ひとつまみ)
見に行ってからもうだいぶ経つんですが 何だか感想が書けないままでした。 やっぱり寂しいからなのかな~。 以下、“頑張って”書きま...
のだめカンタービレ最終楽章 後編 レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 音楽に集中したいという理由でアパルトマンを出て行ってしまった千
のだめカンタービレ最終楽章 後編 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/04/17公開 日本 123分監督:武内英樹出演:上野樹里、玉木宏、ウエンツ瑛士、ベッキー、なだぎ武、伊武雅刀Story:のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距離を置くことを決める。そんな折り、千秋の元にピアニストの孫Rui(山田優)との共...
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」千秋に追いついたのだめに待っていた愛の協奏曲 (オールマイティにコメンテート)
4月17日公開の映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を観賞した。 この映画はこの映画は2006年に放送された ドラマ「のだめカンタービレ」の続編で 千秋先輩と別々に暮らす事になったのだめが 待望のコンクールに出場した事で自らの音楽を出し切ってしまう...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (シニカル・ヒストリー・タワー)
テレビドラマのシリーズ、ヨーロッパ留学編スペシャルと映画の最終楽章・前編はテレビで見ましたが、ラストの最終楽章・後編は大画面で見たいと思い映画館へ行ってきました。 のだめと千秋の葛藤と互いを想い合う心情もよく描けていましたし、パリやプラハの美しい景色と...
「のだめカンタービレ」最終楽章後編 (読書三昧・写真三昧)
CANON S90 「のだめカンタービレ」を見た。 映画館で映画を見たのは、ちょうど一年前の「レッドクリフ」以来。 写真と自転車にはまってから、映画も買い物にも行く機会が激減してしまった。 「のだめカ
のだめカンタービレ最終楽章 後編 (LOVE Cinemas 調布)
二ノ宮知子の人気コミックが原作。昨年公開された最終楽章前編の続き。いよいよ本作をもって「のだめ」シリーズ完結となる最後の作品だ。主演は当然、上野樹里と玉木宏。その他前編から出演者は変わっていないが、前編では殆ど出演機会の無かった友人たちを演じる瑛太や小...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (FREE TIME)
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を鑑賞。
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (2010) (白ブタさん)
いよいよ感動のフィナーレです{%音符webry%}
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
のだめと千秋の恋の結末が気になるグランドフィナーレの後編だが、見終わってみると、わざわざ2部構成にする意味があったのだろうか??と大いに疑問だ。音楽に集中するため、互いに距離を置こうと離れ離れに暮らすことになったのだめと千秋。孫Ruiと共演し大成功を収め...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (ルナのシネマ缶)
いよいよ、のだめと千秋の 物語もこれで見納めですねぇ~! テレビで充分だと思いながら 観に行ってしまいました。 やっぱり上野樹里の、のだめは 最高でした。 ピアノのシーンもとても 良かったです。 千秋(玉木宏)は、のだめ(上野樹里)としばらくの間お互...
のだめカンタービレ最終楽章、後編 (最近気になること)
インターネット予約して絶好の席を予約してあったので、 予定通り、鑑賞してきた。 笑いもありながら、クラシックの演奏も楽しめ、ストーリーの流れも良かった。 原作は知らないが。 ただし、まだ二人とも若い。続編も十分作れると思う。本当に最後かな?(^^; ショパン...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編☆独り言 (黒猫のうたた寝)
17日にのだめの前編をTV放送で観てしまったら後編が気になって気になって、仕事中もクラシックが頭の中でリフレイン~あ、これは行くしかないなっと仕事帰りに映画館♪でレイトショーと久しぶりにムチャしてきました。どんどん前に進む千秋に、焦るのだめ。オクレール先生...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (物・モノ・mono)
4ヶ月くらい前に観た前編からの続きです。 予想通りテレビで前編やってましたけどね。 妻が、のだめ全巻大人買いしているので、 家にあるので読めばいいんですけどね。 結構原作をすっとばしているようです。 最後の三巻くらいを読めばいいといわれました。 映画はとい...
【のだめカンタービレ 最終楽章 後編】楽しい音楽の時間の終わり (映画@見取り八段)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 監督: 川村泰祐    出演: 上野樹里、玉木宏、竹中直人、瑛太、水川あさみ、ベッキー    ...
のだめカンタービレ最終楽章 後編 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:のだめカンタービレ最終楽章 後編 制作:2010年・日本 監督:武内英樹 出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、山田優ほか あらすじ:離れ離れに暮らすことになった、のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)。千秋には孫Rui(山田優)...
★「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
平日休み(火曜日)に、TOHOシネマズららぽーと横浜で観てきた2本目。 もちろん前編は劇場鑑賞済み。 しかし、原作漫画・TVドラマは一切見てなかったので、 ストーリー展開や雰囲気がこれで合ってるのか、ちょっと不明。 まあ、前編見る限りは楽しめたので結末も見なく...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (迷宮映画館)
大団円!!ということで、よろしいのでは・・・。
【映画評】<!-- のだめかんたーびれ・さいしゅうがくしょう・こうへん -->のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (未完の映画評)
テレビドラマから続いたのだめと千秋の恋の行方が、ついにグランドフィナーレ。
「のだめカンタービレ 最終楽章/後編」 (暇さえあれば映画ミル)
コミック読んで、ドラマ見て、アニメ見て内容知ってるのに~ やっぱストーリーに音楽に感動して泣いちゃったデスヨ。 シリーズの中では笑いはやや少なめだったかもしれない。 前編が“千秋”のサクセスストーリーに対して、 後編はいつになくシリアスな“のだめ”の胸...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.nodame-movie.jp/index0417.html 待ちに待っていた最終楽章後...
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」みた。 (たいむのひとりごと)
終わっちゃったなぁ~。月9連ドラからスペシャルを経て、実写版『のだめカンタービレ』の最後を飾る劇場版の後編ということもあり、実写版として綺麗にまとめてくれたことを嬉しく思う。入場プレゼントのポストカー
【のだめカンタービレ 最終楽章 後編】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督】川村泰祐   【原作】二ノ宮知子   【脚本】衛藤凛   【公開】2010/04/17   【上映時間】123分  【配給】東宝     ...
のだめカンタービレ最終楽章 後編 (Diarydiary! )
《のだめカンタービレ最終楽章 後編》 2010年 日本映画 のだめと千秋の恋と音
のだめカンタービレ最終楽章後編 (単館系)
上野樹里と玉木宏のコンビはやはり素晴らしいということで! 前編ではコメディタッチだったのだめワールドは後編ではのだめの心 の葛藤が...
劇場版「のだめカンタービレ」後編 (なんとかなるかな?たぶん・・・)
久々の更新は、映画レビュー見たのは、タイトルの通りのだめカンタービレ劇場版後編連ドラ、SPドラマ、劇場版前編を経ての最終章宣伝等で出演者が語る通り「恋」に重点を置かれた...
のだめカンタービレvol.56 映画<のだめカンタービレ最終楽章・後編> (美味-BIMI-)
  昨年12月に公開された『前編』に続き、『後編』観てきました!! 初日・予約での映画鑑賞です!^^! 1日の舞台挨拶・観客動員数の最多記録(12,107人)も突破したそうですよ!! 凄い!^^! (→<のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (愛猫レオンとシネマな毎日)
昨年12月に公開された前編に引き続き、今回の後編で、ついに完結です。 前編を見られた方は、もちろん後編も見られるでしょう。 だって、前編は面白かったもん! でも、後編は前編ほどは盛り上がりません。 と言うか、上映時間が、ムダに長すぎ。あと、10分は削って...
映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 (健康への長い道)
14:30頃、シネ・ピピアへ。劇場内のバグダッド・カフェにて、ホットドッグ、コーヒー、『星新一 1001話をつくった人 上巻(新潮文庫)』で、時を待つ。あぁ、寛ぐ・・・。 昨日から公開の『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』を鑑賞しました。 Story 音楽に集中し...
「映画 のだめカンタービレ最終楽章・後編」 (DolceVita)
映画「のだめカンタービレ最終楽章・後編」を観てきました。 思っていた以上に良かったです。面白いだろうとは思っていたけど、面白いじゃなくてそれ以上でした。映画の最初のシ...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (B-scale fan's log)
公開中 川村泰祐監督     上野樹里主演     出演 玉木宏、竹中直人、ウエンツ瑛士、     ベッキー、山田優、福士誠治、吉瀬美智子、     水川あさみ、小出恵介、瑛太、伊武雅刀 他 新評価 3.0 前編はおそらく後編の公開直前にTVで見れるから劇場...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編’10:日本◆監督: 竹内英樹「のだめカンタービレ最終楽章 前編」「電車男」(TV) ◆出演: 上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山田優、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人...
「のだめカンタービレ 最終楽章/後編」 (暇さえあれば映画ミル)
コミック読んで、ドラマ見て、アニメ見て内容知ってるのに~ やっぱストーリーに音楽に感動して泣いちゃったデスヨ。 シリーズの中では笑いはやや少なめだったかもしれない。 前編が“千秋”のサクセスストーリーに対して、 後編はいつになくシリアスな“のだめ”の胸...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を見てきちゃいました♪ (モコモコ雲を探しに♪)
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を見てきちゃいました♪ 【題名】      「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」  【出演者】 野田 恵:上野樹里、千秋 真一:玉木宏、峰 龍太郎:瑛太、三木 清良:水川あさみ、奥山 真澄:小出恵介、フランク・...
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (みんなシネマいいのに!)
 公開1週間前に前編の復習上映があったのだが、公開初日の4月17日の特別番組が放
観ました、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (オヨメ千感ヤマト)
今この時期にまだ上映している映画館を見つけたので、やっと観てきました[E:das
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
先輩、 お別れデス。 二ノ宮知子の人気コミックでテレビドラマとして大ヒットした「のだめカンタービレ」。昨年 12月に公開された劇場版の後編。 「ルー・マルレ・...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (シネマDVD・映画情報館)
累計発行部数3300万部を突破、日本中にクラシックブームを巻き起こした大人気コミックスシリーズがついに完結!のだめの音楽的な成長と、千秋との恋愛関係の葛藤と苦悩を中心に描かれる後編。シリーズを通して、常にギャグ混じりでポップに描かれてきたのだめと千秋の恋...
【のだめカンタービレ 最終楽章 後編】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督】川村泰祐   【原作】二ノ宮知子   【脚本】衛藤凛   【公開】2010/04/17   【上映時間】123分  【配給】東宝     ...