映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

武士の献立

2014年01月21日 | 邦画(14年)
 『武士の献立』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)昨年12月に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことでもあり久しぶりの上戸彩の主演作ということで映画館に出向きました。

 映画の冒頭では、武家屋敷の台所で料理を作る武士の姿が映し出され、「包丁侍」と呼ばれたと説明が入った後、加賀藩邸に場面が移り、臥せっている側室・お貞の方夏川結衣)に、女中の上戸彩)がお粥を「生姜の粥でございます」と差し出すと、それを食べたお貞の方が「うまい、誰に習ったの?」と尋ね、春は「お母様です」と答えます。
 ついで物語は10年後に飛び、藩邸で催された宴席で余興として出された「鶴もどき」―台所方の舟木伝内西田敏行)が作ったもの―に使われた具材を、春が事細かに言い当てます。



 そこで、伝内は春を息子・安信高良健吾)の嫁にと望みます。



 ですが、春は、1年前に離縁された身であり、かつまた安信が自分より4歳も年下であることや町人の出であることから固辞します。しかし、なおも伝内が懇願するものですから、春も折れて嫁ぐことに。
 春が加賀に出向くと、夫・安信は、包丁侍であることを恥じ、むしろ剣術の方を励んでいる有り様。足繁く、親友の今井貞之進柄本佑)が開いている道場「養心館」に通っています。姑の余貴美子)とはうまく行きそうですが、春はこの先、夫と上手くやっていけるのでしょうか、………?



(2)本作は、単に、包丁侍(主君とその家族の食事を賄う武士の料理人)というこれまでスポットライトを当てられてこなかった役職を取り上げただけでなく、加賀騒動までもストーリーの中に織り込んでいる点(注1)は評価できるものの、全体としてはイマイチの感じが残りました。

 というのも、本作は、昨年見たフランス映画『大統領の料理人』(フランス大統領府の大統領専用シェフに取り立てられた女性料理人のお話)となんだか似ているなと思えたのですが、どちらもいくつも料理が画面に登場するものの、本作においてはそれぞれの具体的なイメージが同作ほど把握できない感じでした。
 例えば、本作の始めの方で「すだれ麩の治部煮」が言われますが、どんな料理でどんな風に作るのかが映画ではわかりません。ましてラストの「饗応料理」は、「七の膳」まであったりして大層豪華なことは見て取れるものの、一々の内容は本作では描かれません(注2)。
 料理を一つのテーマとする作品でありながら(注3)、肝心の料理が抽象的な感じに思えてしまいます。

 また、本作はあくまでもフィクションであり、従って包丁侍の妻がどんなに活躍しても構わないとはいえ、やはり江戸時代という時代設定の下では、女性が全面に出過ぎてくると違和感のほうが先に立ってしまいます(それも、町家出身の娘が武家に嫁ぐのですから)(注4)。

 まあ、主演の上戸彩(注5)を中心に描くラブストーリーと捉え、その他のことはそのためのお膳立てにすぎないとすれば、これはこれで構わないとも思えるのですが(注6)。
 それにしても、共演の高良健吾は、映画のみならずTVにおいてもよく見かけるものです(注7)!

(3)渡まち子氏は、「食は昔も今も生きる基本。日本映画伝統の家族愛を描く作品だが、料理の腕の成長が夫婦として人間としての成長に重なる展開が共感を呼ぶ」として65点をつけています。



(注1)藩政改革派〔中心人物は藩主の側近・大槻伝蔵緒形直人)〕と守旧派〔中心人物は前田土佐守鹿賀丈史)〕との争い。藩政改革派の後ろ盾だった六代藩主・前田吉徳が死ぬと、守旧派が盛り返し、藩政改革派は粛清されてしまいます。
 その中で、安信の親友の今井貞之進も国を追われ、また前田吉徳の側室・お貞の方も藩主毒殺の嫌疑をかけられて囚われの身となってしまいます。

(注2)さらには、加賀騒動に関与し、幽閉されているお貞の方(その時は、出家して真如院)に春がお重を持っていくのですが、実に綺麗に作られていることはわかるものの、一つ一つがどんなものなのか、それぞれをどのようにこしらえたのかは映画を見ている方にはわかりません。

(注3)劇場用パンフレットの監督インタビューにおいて、朝原雄三監督は、「この作品の大きな見せ場は、やはり料理のシーンです」と言っているのですが。

(注4)例えば、春は、夫・安信が、今井貞之進らによる前田土佐守暗殺計画に参加しようとしているのを察知すると、その刀を持って屋敷の外に飛び出してしまい、安信の行動を妨害してしまいます。その結果、今井らは土佐守の手の者によって殺されてしまう一方で、安信は生き延びることが出来たのですが。
 なお、春は、浅草の著名な料理屋の娘とされています(家事で両親を亡くし、それで側室・お貞の方之女中となっていました)。

(注5)上戸彩については、レビュー記事を書いてはおりませんが、DVDの『テルマエ・ロマエ』で見みましたし(なお、このエントリの「注1」を参照)、TVドラマ『半沢直樹』はいうまでもないでしょう。

(注6)成海璃子は、親友・今井貞之進の妻で、安信が密かに思い続けていた女性・佐代の役ながら、セリフ回しがどうしようもない感じがしました(『書道ガールズ!!』や『シーサイドモーテル』では頑張っていたのですが。でもまだ22歳ですから仕方がないのでしょう)。

(注7)高良健吾については、最近の映画では『ルームメイト』で見ましたし、TVドラマでは『ハードナッツ! 〜数学girlの恋する事件簿〜』とか『書店員ミチルの身の上話』で見ました。




★★★☆☆☆



象のロケット:武士の献立
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永遠の0 | トップ | ジャッジ! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
関連して加賀騒動 (コキリコ)
2014-01-29 13:41:59
 金沢の伝統料理だけの話かと思って見たら、加賀騒動まで話が及んでびっくり。
 大槻伝蔵の流刑地・五箇山は蕎麦や伝統祭事で行きましたが、そのときは昔の話は聞きませんでしたから、その地その地に歴史があることを認識します。
 話がうまく進みすぎますが、上戸彩さんはそれなりにいい味を出していました。
Unknown (クマネズミ)
2014-01-29 20:30:46
「コキリコ」さん、コメントをありがとうございます。
『こきりこ節』は富山県五箇山地方のものですから、本作に登場する大槻伝蔵に関係してきますね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『武士の献立』&舞台挨拶観てきたよ〜(*´∀`*)b.:゚+♪ (よくばりアンテナ)
ここ石川県のご当地映画です。 石川県だけ先行上映ってことで、本日から上映です。 県内のシネコン6カ所を次々と舞台挨拶で回られた、 朝原監督、上戸彩ちゃん、高良健吾くん、お疲れさまでした〜〜!! 前から3列目のいい場所で見てきました。 とにかく、上...
武士の献立 (あーうぃ だにぇっと)
武士の献立@なかのZERO
武士の献立 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.bushikon.jp/ 石川県の先行上映で鑑賞。 もちろん、地元の映画だから観ないわけにはいかないよね? 春(上戸彩)は人並み外れた料理の才能と味覚を持っていたが、勝ち気過ぎてたった1年で婚家から離縁を言い渡される。 加賀藩で料理方を務....
「武士の献立」、加賀藩の料理侍の話です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 昔は、正月映画といえば、派手な映画だったが、 今は、時代劇といっても、料理包丁侍が主役とは、様変わりだ。 金沢といえば京に次ぐ、伝統の和食どころ。 それは、この江戸時代からの流れがあるのだろう。 舟木家というのは実在した料理侍で、映...
武士の献立 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
武士の献立 オリジナルサウンドトラック [CD]料理で藩に仕える包丁侍の家に嫁いだヒロインの奮闘を描く人情時代劇「武士の献立」。江戸時代って、実はグルメな時代だったのだ!江戸 ...
「武士の献立」 (prisoner's BLOG)
「武士の家計簿」とは一応シリーズという関係づけのようなのでほのぼの系かと思ったら、お家騒動絡みの意外とハードな話で緊張感が終始途切れない。 料理もので鹿賀丈史が出てくるというから、「料理の鉄人」にからめたパロディ的な使い方をするのかと思ったら旧主派の頭...
武士の献立/上戸彩、高良健吾 (カノンな日々)
加賀藩に実際に存在した料理担当武士・舟木伝内と息子が残したレシピ集「料理無言抄」を題材にして『釣りバカ日誌』シリーズの朝原雄三監督がメガホンをとり江戸時代に包丁侍とし ...
武士の献立〜和食とオ・モ・テ・ナ・シ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。朝原雄三監督、上戸彩、高良健吾、余貴美子、西田敏行、夏川結衣、成海璃子、柄本佑、緒形直人、鹿賀丈史、ふせえり、宮川一朗太、猪野学、海老瀬はな、浜野謙太、笹 ...
映画『武士の献立』★夫をウマ〜く料理した姉さん女房の赤い糸☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画レビューです(ネタバレ表示。▼で囲ってます) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346347/rid29/p1/s0/c1/     作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161720/ ↑ あらすじ・クレジ...
「武士の献立」:上戸彩が好演 (大江戸時夫の東京温度)
映画『武士の献立』は、松竹内で制作のきっかけとなったであろう『武士の家計簿』より
武士の献立 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
加賀藩に実在した包丁侍と江戸屋敷の女中から妻になった女性の波乱万丈の物語をユーモアと忠実に再現された調理シーンで描かれている。この時代に食品偽装などあるはずもなく日本料理のすばらしさを堪能した。
武士の献立 (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】料理上手な上戸さんが高良さんと夫婦になっ
『武士の献立』 (こねたみっくす)
古狸なくして包丁侍は成り立たず。 加賀藩に実在した料理担当侍・舟木伝内が残した「料理無言抄」を題材に、包丁侍の夫を支え続けた妻の愛を描いたこの作品。 夫婦っていいなぁ〜 ...
武士の献立 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
君主とその家族の食事をまかなう役割を担うことから「包丁侍」と呼ばれた武士の料理人の家に嫁いだ娘が、夫や家族と絆を深めていく姿を描くヒューマンドラマ。 御算用者(経理係)として藩に仕えた「そろばん侍」の家族生活を描いた「武士の家計簿」(2010)に続き、江戸....
『武士の献立』('13初鑑賞109・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 12月27日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン5にて 18:10の回を鑑賞。
武士の献立 (だらだら無気力ブログ!)
イイ映画だったのに、ED曲がアレで台無し。
武士の献立 (勝手に映画評)
時代は加賀騒動の頃。加賀藩前田家に使えた料理人の船木家を舞台に、刀の代わりに包丁で殿様に使えた“包丁侍”の姿を描く。 正直最初は、「上戸彩と高良健吾かぁ。このキャストでの時代劇はなぁ・・・」と、若干否定的な視点で考えていたのですが、見終わったらその考え...
武士の献立  監督/朝原 雄三 (西京極 紫の館)
【出演】  上戸 彩  高良 健吾  西田 敏行  余 貴美子 【ストーリー】 春は人並み外れた料理の才能と味覚を持っていたが、勝ち気過ぎてたった1年で婚家から離縁を言い渡される。加賀藩で料理方を務める舟木伝内に料理の腕を見込まれた彼女は、彼のたっての願いで伝....
武士の献立 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(AF) クライマックス、淀みなく出てくる饗応料理の豪華さは圧巻である!
武士の献立 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年12月14日(土) 13:35〜 TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 あんなに沢山食えるのか。 『武士の献立』公式サイト 「武士の家計簿」に続くプロフェッショナル武士。 上戸綾が、亭主を只管罵倒して...
武士の献立 (はるみのひとり言)
「ありがとう」の試写会で観せていただきました。公開1ヶ月以上前に観たので、感想も書こうと思いつつ、まだ先でいいかと思ってるうちに印象が薄らいでしまいました。由緒ある包丁侍の家に嫁いだ料理上手のお春が、跡取りで年下の夫 安信とぶつかり合いながらも内助の功....
「武士の献立」 姉さん女房の奮闘記 (はらやんの映画徒然草)
上戸彩さん、最近良妻役が多いですね(「半沢直樹」は観てないけど)。 本作で上戸さ
『武士の献立』 (2013) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 朝原雄三 出演: 上戸彩 、高良健吾 、西田敏行 、余貴美子 、夏川結衣 、緒形直人 、成海璃子 、柄本佑 、鹿賀丈史 江戸時代。優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となり1年で離縁された春(上戸彩)は、加賀藩六代藩主・前田吉徳の側室・お貞....
武士の献立 (迷宮映画館)
金沢にはどんだけネタがあるんだ!
『武士の献立』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「武士の献立」□監督 朝原雄三 □脚本 柏田道夫、山室有紀子、朝原雄三□キャスト 上戸 彩、高良健吾、余 貴美子、西田敏行、夏川結衣、成海璃子、       柄本 佑、緒形直人、鹿賀丈史、ふせえり、宮川一朗太       (語...
武士の献立 (とりあえず、コメントです)
江戸時代の加賀藩で料理方として藩に仕えた武家・舟木家の物語を映画化したドラマです。 上戸彩&高良健吾のコンビがどんな夫婦を見せてくれるのだろうと楽しみにしていました。 お家騒動という激動の事件も登場しますけど、上戸彩さんの大らかで優しい雰囲気が 全体を包...
[映画まとめ語り『HUNTER×HUNTER-The LAST MISSION-』『武士の献立』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『HUNTER×HUNTER-The LAST MISSION-』             昨年末に見ました。  まあ、ネテロ会長のスタンド「百式観音」が大画面で見れたのは嬉しかったかな。  でも、最近のジャンプのバトルマンガは長編で読者の情動を高めていくので、映...
武士の献立 (愛猫レオンとシネマな毎日)
「釣りバカ日誌」シリーズの朝原雄三監督による作品。 本作では、脚本も担当されてます。 江戸時代、刀を包丁に持ち替えて主君に仕える“包丁侍”こと、武士の料理人がいました。 ストーリーは、そんな由緒ある包丁侍の家に嫁いだ主人公が、持ち前の明るさと 料理の腕...