映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

湯を沸かすほどの熱い愛

2016年11月11日 | 邦画(16年)
 『湯を沸かすほどの熱い愛』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)宮沢りえの主演作ということで映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭は、銭湯の煙突。ですが、煙が出ていません
 銭湯の入口も閉まっていて、「店主が蒸発し、お湯は沸きません  幸の湯」の張り紙。

 次いで、幸の湯の店主・幸野一浩オダギリジョー)の妻・双葉宮沢りえ)が、ベランダで洗濯物を干しています。洗濯物の中に娘のブラジャーがあるのを取り出して、「まだ大丈夫」と呟きます。



 さらに、朝食の光景。
 TVを見ながら食べている娘の安澄杉咲花)に向かって、双葉が「食べるか見るか、どっちかにして」と叱ります。すると、安澄が食べないでTVを見ようとするので、双葉はTVを消して「食べて、遅刻する」と注意します。
 安澄は味噌汁に口をつけて、「違う、一昨日もそう言ったじゃない?」と言うと、双葉は「文句言う人は食べなくていい」と応じます。それに対し、安澄が「食べろと言ったり、食べなくていいと言ったり」と反論します。

 次いで、玄関。
 安澄が「お腹が痛い」「頭が痛い」と言って学校に行くのを渋ると、双葉は「学校裏のコロッケが美味しい店に帰りがけに行って、4つ買ってきてくれる?」と頼みます。
 仕方なく安澄が玄関を出ると、双葉は「ハンカチ持った?」と尋ねて、自分のハンカチを安澄に渡します。すると、安澄は「お母ちゃん臭い」と嫌がりますが、双葉は「文句言わない」「行ってらっしゃい」と安澄を外に出します。
 双葉が「(自転車に)途中まで乗ってく?」ときくと、安澄は「親と二人乗りは恥ずかしい」と拒否します。これに対し、双葉は「恥ずかしい親で悪かったわね」と応じます。

 2年C組の教室。
 安澄が席に座っていると、クラスの女生徒が次々と安澄の机を足で蹴ります。どうやら、安澄はイジメに遭っているようです。

 これが本作のごく始まりのところですが、さあこれから物語はどのように展開するのでしょうか、………?

 本作は、余命2ヶ月と宣告された主婦の頑張りの物語。それだけでなく、自分自身や自分の娘などにも出生の秘密があったりして、感動を盛り上げる要素に事欠きません。ただ、決して単純なお涙頂戴の作品ではなく、主人公が短い期間の内に様々の問題を解決してしまおうとするその情熱の凄さが描かれるので、見終わってもジメッとならず、むしろカラッとした気持ちになってしまいます。宮沢りえは本当に大した俳優になったものだと思いました。

(2)本作の主人公の双葉は、癌のために余命2ヶ月と宣告されますが、こうした設定の作品は、同じ時期に公開されている邦画の『ボクの妻と結婚してください』(注2)のみならず、これまでにも色々作り出されています。
 最近の洋画でみても、例えば、『きっと、星のせいじゃない。』(注3)とか、『永遠の僕たち』(注4)や『50/50』(注5)と『私だけのハッピー・エンディング』(注6)などなど、目白押し状態です。
 本作は、それに加え、双葉の夫・一浩が失踪していたり、さらに、双葉自身や娘の安澄の出生には大きな問題がありますし、安澄は学校でイジメに遭ったりしています。
 さらに、一浩は、幸の湯に戻ってくる際に、それまで一緒にいた女との間にできた子供・鮎子伊東蒼)を連れてくるのです。



 これほど様々な問題をてんこ盛りされると、見る者は、一々涙を流してばかりいられなくなり、返って、一体これらは映画の中でどのように処理されるのか、ということに関心を持つようになってきます。
 そこでまさに、宮沢りえ扮する双葉の八面六臂の活躍に目を見張ることになります。
 例えば、安澄が学校でイジメを受けていることがわかりながらも、双葉は、「逃げちゃダメ。今時分で立ち向かわないと」と言って、休もうとする安澄を無理やり学校に送り出しますし(注7)、母親を求めていなくなってしまった鮎子の居場所をカンを働かせて探し出して、家に連れ帰ったりします。

 こうなると、彼女の周囲の男性は、当然のことながらダメ人間となるでしょう。
 例えば、一浩は、自分がいなくなれば幸の湯が営業できなくなることを承知していながら、浮気相手だった女に出会うと、一緒に生活するために双葉のところから失踪してしまいます。
 駐車場で双葉たちがたまたま出会ったヒッチハイカーの拓海松坂桃李)は、まったく目標・目的を定めずにヒッチハイクを続けています(注8)。

 また、本作で描かれる大人の女性も、主人公の双葉を除けば、登場する男性側に負けず劣らずダメ人間と言えるかもしれません。
 例えば、安澄の実母である君江篠原ゆき子)は、以前一浩と結婚しており、その時安澄が生まれたものの、世話ができずに逃げ出してしまいました(注9)。
 鮎子も、一浩の子供らしいのですが、母親・幸子(本作には登場しません)は、二人を残して逃げ出してしまいます(注10)。

 こうした人たちに取り囲まれながら、双葉は、自分自身だけでなくこれらのダメ人間が抱える問題についても、解決の方策をそれぞれ提示しているのです。
 例えば、一浩の居場所がわかると、双葉は出向いていって、自分の窮状を話し、一浩の自覚を促しますし、拓海には「日本の最北端」という具体的な目的地を提示したりします(注11)。



 本作は、いわゆる“余命物”にありがちな雰囲気はほとんど感じさせず、むしろユーモアすら見出せ、なるほどそうなのかと思わせるラストシーンをも含め、むしろカラッとした明るい感じで映画館を後にすることができました。
 そうなる要因の大きなものは、おそらく主演の宮沢りえの素晴らしい演技でしょう。
 『紙の月』におけるリアルな演技もよかったですが、本作の肝っ玉母さん的なものも感銘を受けました(注12)。

(3)渡まち子氏は、「身体は細いが、心は大きくたくましい、肝っ玉母さんのような双葉を演じる宮沢りえをはじめとして、キャストはすべて好演で、家族としてのアンサンブルは劇中に登場するピラミッドのごとく絶妙なバランスだ」として75点をつけています。
 宇田川幸洋氏は、「見る者の興味をひきつけつづける、たくみで熱いかたりくち。オリジナル脚本と監督は、これがいわゆる商業映画デビューとなる、「チチを撮りに」(2012年)の中野量太。力量を感じさせる」として★3つ(「見応えあり」)をつけています。
 暉峻創三氏は、「これは病弱な女とその近親者の幸薄い物語ではない。死期迫った強い女が、次の世代の強い女を育て上げようとする、最後まで前向きな物語だ」と述べています。
 毎日新聞の高橋諭治氏は、「母ものと余命ものを合わせた家族ドラマと聞くと「またか」と思わされるが、これは優れた配役とよく練られたオリジナル脚本で見せる一本。決してスーパーウーマンではない普通の母親の強さ、たくましさを表現した宮沢、つらい現実から逃げない勇気をしぼり出す娘をひたむきに演じた杉咲が共に素晴らしい」と述べています。



(注1)監督・脚本は、中野量太

 なお、出演者の内、最近では、宮沢りえは『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』、杉咲花は『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』、オダギリジョーは『オーバー・フェンス』、松坂桃李は『秘密 THE TOP SECRET』、篠原ゆき子は『二重生活』、りりィは『リップヴァンウィンクルの花嫁』で、それぞれ見ました。

(注2)公式サイトの「ストーリー」によれば、同作の主人公は、「すい臓がん。しかも末期。余命6か月」と検査で宣告されます。

(注3)17歳で末期ガンを患っている少女・ヘイゼルシャイリー・ウッドリー)が主人公。

(注4)脳腫瘍のため余命3カ月と宣告された少女・アナベルミア・ワシコウスカ)が登場します。

(注5)脊髄癌(悪性神経鞘腫)のため5年後の生存率がフィフティ・フィフティと宣告された若者・アダムジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が主人公。

(注6)大腸癌のため余命半年と宣告された30歳の女性・マーリーケイト・ハドソン)が主人公。

(注7)その結果、安澄はイジメを跳ね返すことができるのですが、帰宅後に安澄が双葉に言った言葉(「お母ちゃんの遺伝子がちょっとだけあった」)は、その後の経緯を考えると涙を誘います。

(注8)さらに言えば、興信所の滝本駿河太郎)は、双葉が依頼した件(失踪した夫・一浩、安澄の実母、自分の実母の居場所の調査)をすぐに解決してしまう腕を持っていますが、妻を亡くしたために、娘の真由)をいつも連れ歩いています。

(注9)双葉が安澄に話すところによれば、君江は、耳が不自由で安澄の泣き声が聞こえなかったことから、育てることに自信が持てなくなって逃げ出したとのこと。でも、世の中には、耳が不自由でも子育てをしている女性がいくらでもいることでしょう。

(注10)さらには、双葉の実母・向田都子りりィ:11月11日に亡くなりました)は、双葉がやっとの思いで訪ねてきても、会おうとはしません。

(注11)無論、すべての問題が解決されるわけではなく、例えば、双葉の実母・向田都子や鮎子の母親・幸子については手付かずのままとなります。

(注12)TSUTAYAに行ったら、本作関連コーナーに『オリヲン座からの招待状』が置かれていたので、釣られて借りてきて見てしまいました。同作は、ストーリー的にはイマイチの感があるものの、10年ほど前の宮沢りえの魅力溢れる映像を見ることができます。



★★★★☆☆☆



象のロケット:湯を沸かすほどの熱い愛

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金メダル男 | トップ | ぼくのおじさん »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2016-11-11 17:33:02
いのちの期限を切られて、やれることをすべてやっておくのは、相当な覚悟が必要ですね。それも結構きついことが多かったのに、立ち向かう姿が尊敬できました。
でも病室で「死にたくない」と泣き崩れるシーンは痛々しかった…
こちらからもTBお願いします。
Unknown (クマネズミ)
2016-11-11 20:54:30
「atts1964」さん、TB&コメントをありがとうございます。
まだそういう現実の場面に遭遇したことはありませんが、おっしゃるように、「いのちの期限を切られて、やれることをすべてやっておくのは、相当な覚悟が必要」であり、常人ではなかなかできないことではないかと思います。
Unknown (ふじき78)
2017-06-03 00:34:20
> 双葉の実母・向田都子(りりィ)

「追憶」でも凄い演技をしていたけど、ここでも何気に凄いですよね。
Unknown (クマネズミ)
2017-06-03 05:50:46
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
りりィは、最近では、他に『リップヴァンウィンクルの花嫁』とか『FOUJITA』に出演していたのを見ましたが、昨年11月に亡くなられていたとは残念です(それも64歳で)。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
湯を沸かすほどの熱い愛 (映画好きパパの鑑賞日記)
 どうせ難病ものかとハードルを下げていたら、お涙頂戴ではなくて必死に生きようともがく人々をちょっと抑えめなトーンで描く作品で、見る前の決めつけは良くないと反省しました......
湯を沸かすほどの熱い愛 (to Heart)
最高の愛を込めて、葬ります。 上映時間 125分 脚本:監督 中野量太 宮沢りえ/杉咲花/駿河太郎/篠原ゆき子/伊東蒼/松坂桃李/オダギリジョー 銭湯“幸の湯”を営む幸野家。しかし父の......
湯を沸かすほどの熱い愛〜滅びゆくシュールな銭湯哀歌 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。中野量太監督。宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、伊東蒼、篠原ゆき子、駿河太郎、遥、リリィ、 松坂桃李、佐藤真子、住田萌乃。タイトルは比喩なのかと思ったら・......
『湯を沸かすほどの熱い愛』 2016年9月4日 ユーロライブ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『湯を沸かすほどの熱い愛』 を試写会で鑑賞しました。 これは今年の賞レース本命でしょ 一般試写では最速な感じだったのでアンケートもありましたが 何回泣けましたか...見たい......
『湯を沸かすほどの熱い愛』 (こねたみっくす)
誰の心にも「お母ちゃん」が必要だ! 人生に迷った時、前に進みたくても進めない時、いつも我々の背中を押してくれるのは血の繋がりを越えた「お母ちゃん」と呼びたくなる女性。 ......
湯を沸かすほどの熱い愛 (あーうぃ だにぇっと)
湯を沸かすほどの熱い愛@ユーロライブ
湯を沸かすほどの熱い愛 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
湯を沸かすほどの熱い愛 (文春文庫 な 74-1) [文庫]銭湯・幸の湯を営む幸野家では、1年前に父・一浩がふらっと出奔。銭湯は休業状態だが、母の双葉が持ち前の明るさと強さで、パート......
ショートレビュー「湯を沸かすほど熱い愛・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛を、燃やし尽くす。 自主映画出身の中野量太監督による、長編商業映画デビュー作。 これは期待以上の面白さだ。
 余命宣告された主人公が、残された時間でバラバラだった家......
湯を沸かすほどの熱い愛 (atts1964の映像雑記)
2016年作品、中野量太監督、宮沢りえ主演。 銭湯・幸の湯は長期のお休みに入っている。 張り紙には 「湯気のごとくを、店主が蒸発しました。当分の間、お湯は沸きません」......
湯を沸かすほどの熱い愛(2016) (銅版画制作の日々)
 最高の愛を込めて、葬ります。 久々の京都シネマにてこの作品を鑑賞。宮沢りえちゃん主演の作品。タイトル長いなあ~!りえちゃんというのはちょいと失礼か(笑)もうお母さん......
映画、試写会「湯を沸かすほどの熱い恋」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016/10/21、虎ノ門ニッショーホール。 日本消防会館、ニッショーホールだが、虎ノ門駅の出口がわかりにくく、 毎度、虎ノ門駅の改札付近でうろうろする人が散見される。 ......
「湯を沸かすほどの熱い愛」☆血よりも濃い赤 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
血よりも濃い赤い情熱が、ときに熱くときに温かく周囲を包み込む。 泣いて笑って泣いて笑って泣いて泣いて泣いて・・・・・・しかし「想像つかないラストに感動」という触れ込み......
湯を沸かすほどの熱い愛 (映画と本の『たんぽぽ館』)
母の愛とは * * * * * * * * * * 双葉(宮沢りえ)は、持ち前の強さと明るさを持つ母。 家業は銭湯なのですが、一年前から夫が“蒸発”し、今は休業中。 そ......
「湯を沸かすほどの熱い愛」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・日本/クロックワークス=テレビ東京、他 配給:クロックワークス 監督:中野量太 脚本:中野量太プロデューサー:深瀬和美、若林雄介 撮影:池内義浩 余命宣告を受けても、......
「湯を沸かすほどの熱い愛」:脚本の技量・演出の力量・演技の熱量 (大江戸時夫の東京温度)
 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』には感動しました。泣けました。死病映画ではあるの
『湯を沸かすほどの熱い愛』('16初鑑賞101・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月4日(金) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 12:40の回を鑑賞。
『湯を沸かすほどの熱い愛』 誰も傷つけない愛の深さ (Nice One!! @goo)
監督・脚本:中野量太 出演:宮沢りえ 、杉咲花 、オダギリジョー 、松坂桃李 試写会場:新宿バルト9 『湯を沸かすほどの熱い愛』公式サイトはこちら。 おひさしぶりです......
[映画『『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・オール母親不在の中での大いなる母性!  勝負下着、「シャブシャブ」コール、手話、天国の所在、車の色・・・、絶妙の伏線を効かせつつ、フランス映画のような、とぼけ......
『湯を沸かすほどの熱い愛』 (京の昼寝~♪)
□オフィシャルサイト 「湯を沸かすほどの熱い愛」 □監督・脚本 中野量太□キャスト 宮沢りえ、杉咲 花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東 蒼■鑑賞日 10月29日(土)......
湯を沸かすほどの熱い愛 (とりあえず、コメントです)
宮沢りえ主演が余命わずかの母を演じた家族のドラマです。 評判が高かったので、宮沢さんがどんな熱い母親を演じているのだろうと気になっていました。 最後まで頑張った主人公の......
映画「湯を沸かすほどの熱い愛」 (FREE TIME)
映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を鑑賞しました。
「湯を沸かすほどの熱い愛」 (2016 クロックワークス) (事務職員へのこの1冊)
銭湯のお話。とくればわたしの世代は森光子と船越英二の(というより堺正章と悠木千帆と浅田美代子の)松の湯がまず思い浮かぶ。あちらも(なにしろ向田邦子が書いていたりした......
湯を沸かすほどの熱い愛 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願......
湯を沸かすほどの熱い愛 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
湯を沸かすほどの熱い愛 '16;日本 ◆監督:中野量太「チチを撮りに」 ◆主演:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリ ジョー ◆STORY◆銭湯・幸の...
湯を沸かすほどの熱い愛 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
宮沢りえを主演に迎えてすばらしい演技を見せており、子役たちの頑張りもいい。余命2ヶ月と宣告された肝っ玉母さんが命をかけて残される家族をしっかりとさせる様子が頼もしいし......
そのピラミッドを見て泣いた (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を鑑賞しました。 1年前、夫の一浩が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだが 双葉と娘 安澄は二人で頑張ってきた だ......
『アイ・インザ・スカイ』『ヒトラーの忘れもの』『湯を沸かすほどの熱い愛』をギンレ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『アイ・インザ・スカイ』 ▲何でも器用によう演じるわ。 五つ星評価で【★★★★ヘレン・ミレンの存在感が光る。ヒリヒリくる佳作】 ヘレン・ミレンの指揮官が効いている......
独断的映画感想文:湯を沸かすほどの熱い愛 (なんか飲みたい)
日記:2017年7月某日 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を見る. 監督:中野量太.出演:宮沢りえ(幸野双葉),杉咲花(幸野安澄),篠原ゆき子(酒巻君江),駿河太郎(滝本),伊東蒼(片瀬鮎......