映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

イミテーション・ゲーム

2015年03月24日 | 洋画(15年)
 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)本作(注1)が2014年のアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということから(注2)、映画館に行ってみました。

 映画の冒頭では、「1951年 英国 マンチェスター」との字幕が出た後、アラン・チューリングベネディクト・カンバーバッチ)が、警察の取調室の中に置かれた机の前に座っている姿が映し出されます。
 そこに、取り調べをするためにノック刑事(ロリー・キニア)が入ってきて、チューリングの前に座ります。

 すると、場面は暗転してチューリングの声が聞こえてきます。
 「ちゃんと聞くか?注意を払ってないと、大事なことを聞き逃してしまうだろう。繰り返さない。君に主導権があると思うだろうが、主導権は私にある。君たちが知らないことを私が知っているから」。
 この声が聞こえているシーンの背景として、チューリングの自宅の模様が映しだされます。どうやら家宅侵入騒ぎがあったようで、警官が本部に「窓が割られ、室内は物色。刑事を寄こして欲しい」などと報告しています。

 チューリングの声が続きます。
 「約束して欲しい、注意して聞き、途中で私を批判しないこと。ここに残るなら、それは君が決めること。これから起きることは、私の責任ではなく、君の責任だ」
 この声の際には、一方で、「英国情報局 秘密情報部(MI-6)本部」にいるミンギスマーク・ストロング)の元に、「アラン・チューリング宅で盗難」との情報が入る映像が映しだされます。
 他方で、ノック刑事がケンブリッジ教授のチューリングの自宅に入っていきます。
 ノック刑事が「被害は?」と尋ねると、そばの警官が「何も盗まれていなようです」と答え、さらに「どうしてマンチェスターに?」と訊くと、「マシンの研究だとか」と応じます。
 さらに彼が家の中に入って行くと、しゃがみこんだチューリングがいます。
 ノック刑事が「昨夜盗難があったとか?」と尋ねると、彼は「下がっていろ、青酸カリだ」と言い、さらに「もっと上の人間が来ると思っていた。帰ってくれ」と答えます。



 追い返された家の外で、ノック刑事は「盗まれたことを認めない謎の教授。彼は何か隠している」とつぶやきます(注3)。

 ここから時点は1939年に飛び、チューリングの回想が始まります。
 さあ、チューリングにはどんな秘密があるのでしょうか………?

 色々なところで言及されることの多いチューリング・テストで知られるアラン・チューリングですが、先の大戦中にナチス・ドイツが使っていた暗号機エニグマが生み出す暗号の解読作業に従事していたとは知りませんでした。本作は、そのことを中心にチューリングの半生を実話に基づきながら映画化したもので、描き出される数々のエピソードは実に興味深いものがあります。ただ、彼が実際にどのような機構のマシンを作り出して解読したのかなどについては解説されないので、今ひとつ乗りきれないものがありました(注4)。

(2)上記(1)に記した本作の冒頭場面は、チューリングが同性愛行為によって逮捕される直前の出来事に関するものです(注5)。
 警察の取調室におけるチューリングの話は、ラスト近くの同じ取調室のシーンにつながります(注6)。
 チューリングの回想を聞いたノック刑事が「信じがたい話」だと言うと、彼は「判定を教えてくれ。私は何だ?マシンか人間か?戦争の英雄か犯罪者か?」と尋ね、ノック刑事が「私には判定できない」と答えると、チューリングは、「なら、君は私の助けにならない」と告げます。

 ここでチューリングがノック刑事に発する質問「私は何だ?マシンか人間か?」は、有名なチューリング・テストと同様のものです(注7)。
 そんなところから、映画全体の枠組みがチューリング・テストによっているように思われ、ひいてはなぜ「イミテーション・ゲーム」というタイトルが使われているのかがわかろうというものです(注8)。
 ただ、本作では、チューリングがノック刑事相手に一人でしゃべっているわけで、マシンか人間かを判定してくれと言っても、答えはわかりきっているように思われます(注9)。

 本作には、この他にチューリングと女性数学者のジョーン・クラークキーラ・ナイトレイ)との関係とか、ドイツ・ナチスの暗号機エニグマの作る暗号の解読など様々のエピソードが散りばめられていますが、クマネズミにはやはり上記のチューリング・テスト的なエピソードの描き方に興味を覚えました。
 それで、監督が「僕らはこの映画が一つのパズルになるようにしたかったんだ」と言っていることでもあり(注10)、それなら拙エントリ自体をチューリング・テスト形式にしてみたら面白いのではと思いました。
 ですが、そんなことは、大層素敵なブログ「detoured」のエントリ「イミテーション・ゲーム」においてとても真似することのできない高いレベルで行われてしまっていました!

 なお、本作では、エニグマの作る暗号の解読作業が中心的に描かれているものの(注11)、エニグマがどういう原理で解読不可能とされる暗号を生み出すことができるのか(注12)、そしてチューリングが開発したマシン(クリストファ:実際にはボンブ)によって(注13)、どうしてそれを解読できるのか、あの部品がくるくる回るマシンはどのような働きをするのか、などについてほとんど説明されないので(注14)、イマイチの感が否めません。
 尤も、そんなことを説明し出したらとても映画にはならないでしょうが!

(3)渡まち子氏は、「エニグマ解読に挑んだ天才数学者の苦悩を描く「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」。3つの時代が同時進行する脚本が緻密で見事」として80点を付けています。
 渡辺祥子氏は、「本格ミステリー調のドラマ展開に魅了されながら、カンバーバッチの深い洞察力を感じる繊細な演技に胸が締めつけられる思いを味わった」として★4つ(見逃せない)を付けています。
 相木悟氏は、「人間社会の業に圧殺された少数派の成すスケールの大きい貢献、葛藤を描いた感動作であった」と述べています。
 小梶勝男氏は、「時代にのみ込まれた天才の悲劇を、絶妙の語り口で、くっきりと浮かび上がらせた」と述べています。
 藤原帰一氏は、「文章にまとめるだけで気が抜けるような筋書きですけど、それがちゃんと映画になった。理由はたったひとつ、主演のベネディクト・カンバーバッチです」と述べています。



(注1)原作は、アンドルー・ホッジス著『エニグマ アラン・チューリング伝』(勁草書房:未読)。
 監督はノルウェーのモルテン・ティルドゥム、脚本は作家のグレアム・ムーア

(注2)アカデミー賞脚色賞を受賞しました。

(注3)以上は、このサイトに掲載されている冒頭映像に依っています。

(注4)俳優陣のうち、ベネディクト・カンバーバッチは、『8月の家族たち』や『それでも夜は明ける』、『アメイジング・グレイス』で、キーラ・ナイトレイは、『はじまりのうた』や『わたしを離さないで』などで見ています。また、マーク・ストロングは『善き人』や『キック・アス』などで見ています。



(注5)ノック刑事が、チューリングのことをあれこれ調査するものの、彼の軍歴などはすべて機密事項となっていて何一つわからず、男娼の客であることだけが判明して、チューリングは逮捕されてしまいます。

(注6)映画の中程では次のような会話がありました。
ノック刑事「マシンは思考しますか?」
チューリング「マシンは人間のように考えたりしない。違うように考えるのだ。人は思考に違いがある。なぜか。それぞれの脳が違うように働くからだ。マシンについても同じだ。マシンか人間かテストするか?」
ノック刑事「戦争中は何をしていたのか?」
チューリング「無線機器製造所にいた。………」。

(注7)例えば、戸田山和久氏の『哲学入門』(ちくま新書)には、次のように書かれています(P.38~P.40)。
 「チューリングは1950年に、機械が知性をもちうるか(オリジナルな問は、機械は考えられるか)、もちうるとしたらそれをどのように判定すればよいかを考えるために、あるゲームを考案し、それを「モノマネ・ゲーム(imitation game)」と呼んだ。いまではそれは「チューリング・テスト」という名前で通っている」。
 「そのゲームは次のようなものだ。二人の人間A、Bと機械を用意する。二人の前には、ディスプレイとキーボードからなる端末がそれぞれ置かれている。Aは審判役をつとめる。Aの端末はBの端末か、もしくは機械と接続している。だがAには、自分の端末が接続している相手がどちらかは見えない。Aは端末を通じてBか機械かのどちらかと会話を行う」。
 「Aは会話の内容だけを便りに自分の話し相手がどっち(機械か人間か)なのかを当てなければならない。このゲームで、Aがかなりの率で機械の方を人間と判定するならば、機械は知能を持っていると言ってよい」。

(注8)Wikipediaの本作に関する項の「タイトル」を参照。
 エニグマによる暗号を解読することだけが描かれているのであれば、「イミテーション・ゲーム(原題は「The Imitation Game」)」というタイトルを付ける意味合いがうまく理解できないところです。
 尤も、例えば、開発するマシンに昔の親友の名前を付けるということが、ある意味でイミテーションなのかもしれませんし、またエニグマが解読された後も、あたかも解読できていないように連合国が装ってドイツ軍を騙したことがイミテーション・ゲームと言えるかもしれません。それに、チューリングがジョーン・クラークと婚約したことも偽装と言えないこともないでしょう(ただ、その後婚約を解消しますが)。

(注9)ただ、「戦争の英雄か犯罪者か?」については、ノック刑事は、チューリングの話以外に客観的な情報を何も持ち合わせていないのですから、「判定できません」と答えるのも当然でしょう。

(注10)劇場用パンフレット掲載の「インタビュー」。

(注11)暗号解読チームを監督する海軍・デニストン中佐(チャールズ・ダンス)とチューリングとの確執、秘密情報部MI-6のスチュアート・ミンギス(マーク・ストロング)との関係など、なかなか興味深いものがあります。

(注12)Wikipediaの「エニグマ」の説明をクマネズミが理解できればいいのでしょう!

(注13)ブレッチリー・パーク内の研究所においてチューリングは「クリストファー」の開発に没頭しますが、その姿はとても「天才数学者」とは思えず、単なるエンジニアにしか見えません(総じて、本作におけるチューリングの姿から「数学者」は思い浮かびません。尤も、「数学者」が一般にどんな格好をしているのか、門外漢にはさっぱりわからないのですが!)。

(注14)他には、例えば、本作のラストで、チューリングは約1,400万人もの命を救ったとされていますが、具体的にどのような暗号を解読してそれをどのように使うことによってそんなにも沢山の人命を救うことができたのか、実行された作戦の一端でも明らかにしてくれたらなと思いました(尤も、当時の暗号解読作業にかかる情報は、大部分が現在でも機密事項なのかもしれません)。



★★★☆☆☆



象のロケット:イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幕が上がる | トップ | 妻への家路 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-04-14 10:42:23
こんちは。
チューリングテストで暴かれるかどうかは不明ですが、機械の思考とは結果を得るためにパターンニングを行い、最適解を出すために自動計算し続ける、と言ったものかと思います。将棋ソフトみたいな。
この映画の中で機械のクリストファーは勿論、そのように動くのですが、情報局のマーク・ストロングも実に機械的に目的の為に的確に動きます。そして、博士に対してもそのように動くよう求めます。歯車としての共同体への奉仕は機械の思考に近いかもしれません。だから、チューリングは「機械か人間か」と尋ねる。人間的な雑念を持っていれば仲間を裏切り続ける事に耐えられない。にも関わらず命令に従っている自分は機械なのではないか。博士が人間である事を証明するのは男娼を買い、罪に問われる事なのかもしれない。それは機械には出来ないから。重い話でしたね。
Unknown (クマネズミ)
2015-04-16 06:15:15
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「男娼を買い、罪に問われる事」は「行動」ですから、人間と人工知能とを「思考」面で判別するチューリングテストの対象から外れるのではと思います。ただ、現在の驚異的なロボット工学がこのまま発展すれば、人間とそっくりの「行動」をするアンドロイドが作られるかもしれず、そうなったら、人間とアンドロイドの判別テスト作成ということも日程に上ってくるかもしれません。その時には、「男娼買い」は意味のある識別点になるのでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
暗号解読/不遇の偉人~『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 (真紅のthinkingdays)
 THE IMITATION GAME  1939年、第二次大戦中の英国。ナチスドイツの暗号機 「エニグマ」 を解読 すべく、MI6は国中から精鋭を集める。そこには天才数学者にして、後のコンピ ュータの原型を創ったアラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッ...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (佐藤秀の徒然幻視録)
日常会話が暗号に聞こえる人が暗号を解読する 公式サイト。原題:The Imitation Game。アンドリュー・ホッジス原作、モルテン・ティルドゥム監督。ベネディクト・カンバーバッチ、キー ...
"Think different"『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(The Imitation Game)』モルテン・ティルドゥム監督、ベネデ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』The Imitation Game監督 : モルテン・ティルドゥム脚色 : グレアム・ムーア出演 : ベネディクト
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密/ベネディクト・カンバーバッチ (カノンな日々)
第二次世界大戦時にドイツ軍の誇る暗号機エニグマによる暗号解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらしたというイギリスの数学者アラン・チューリングを描いたヒューマンドラマ。先 ...
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 (映画と本の『たんぽぽ館』)
心震える実話 * * * * * * * * * * アラン・チューリングは第二次世界大戦時、 ドイツ軍が世界に誇った暗号機“エニグマ”による暗号の解読に成功し、 連合国に勝機をもたらしたイギリスの数学者です。 本作は、その彼がチームで暗号解読に至るま...
『イミテーション・ゲーム -エニグマと天才数学者の秘密-』 2015年3月22日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日の2本目は、『イミテーション・ゲーム -エニグマと天才数学者の秘密-』 を鑑賞しました。 さすがアカデミー男優賞のベネディクト・カンバーバッチですね。 【ストーリー】  第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト...
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 孤独な数学者は人工知能の夢を見るか (はらやんの映画徒然草)
アラン・チューリングというと、ドイツ軍の暗号機エニグマが作り出す暗号を解読した人
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 (2014) (相木悟の映画評)
辛き世の道理に翻弄されし、変わり者の尊厳! 人間社会の業に圧殺された少数派の成すスケールの大きい貢献、葛藤を描いた感動作であった。 本作は、コンピューターの概念を創造し、“人工知能の父”と呼ばれた天才数学者アラン・チューリングの激動の人生を描いた伝記...
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」: (大江戸時夫の東京温度)
映画『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』はアカデミー賞8部門に
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (あーうぃ だにぇっと)
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密@シネマート六本木
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 / The Imitation Game (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 第二次世界大戦当時、解読不能と言われたドイツの暗号“エニグマ”。その解読に挑んだ、悲運の天才数学者アラン・チューリングを描いた作品。 アラン・チューリングがエニグマを解読したのは知っていたんですが、コンピューターの原型を作ったと言...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
彼が本当に作りたかったモノとは。 第二次世界大戦下、解読する事は不可能と考えられていたドイツ軍の暗号マシン、エニグマの謎に挑んだ英国の天才数学者、アラン・チューリングを描く歴史ドラマ。 何百万もの兵士たちが、血と硝煙に塗れて戦いに明け暮れていた頃、実...
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 連合軍を勝利に導く 静かな闘い。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
粗筋は、こんな感じ… 第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 この解読不可能と言われた暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者の物語。 英国政府が50年間隠した真実が今ここに・・・ そして結果、アカデミーで作品賞含め 7部門ノミネート。 ...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (映画の話でコーヒーブレイク)
今年のアカデミー賞受賞作品やノミネート作品が続々公開です。 本作は作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞など計8部門でノミネートされ、脚色賞受賞です 最近読んだ本の中にアラン・チューリングについての記述があり、その後カンバーバッチ主演の アカデミー賞ノミ....
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 天才祭り第二弾(笑)
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 (こねたみっくす)
時として誰も想像しないような人物が、誰も想像しないような偉業を成し遂げる。 ナチス・ドイツが誇る史上最強の暗号「エニグマ」の解読に成功した天才数学者アラン・チューリン ...
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 (セレンディピティ ダイアリー)
ベネディクト・カンバーバッチ主演の「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Imitation Game」2014 USA/UK 1939年、英国はヒトラー率いるドイツに宣戦布告し第二次世界大戦が始まる。ドイツと戦うには敵の暗号機“エニグ マ”の解読以外に勝利は望めない。ある時、MI6の元にチェスの英国チャンピオンを始めとした天才的な頭脳を持つエ...
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 天才チューリングの孤独 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 現代のコンピュータ誕生に大きな役割を果たしたとされる、イギリスの数学者アラン・チューリングの人生を描いた作品。アップル社のロゴマークである「かじられたリンゴ」は、チューリングへの敬意の表れだとか。  主役のチューリング役にはベネディクト・カンバーバッ...
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Imitation Game [CD]エニグマ解読に挑んだ天才数学者の苦悩を描く「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」。3つの時代が同時進行する脚本が緻密で見事。1939年、第二次世 ...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (映画好きパパの鑑賞日記)
 コンピューターの基礎を作ったアラン・チューリングが第二次世界大戦中にドイツ軍の解読不可能といわれた暗号「エニグマ」を解読する秘話の映画化。どこまでが史実で、どこからかフィクションか分かりませんが、これほどの天才が運命に翻弄される姿は感慨深いものがあり...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (だらだら無気力ブログ!)
同性愛が犯罪って、凄い時代だったんだな。
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密  (Break Time)
今日は、寒の戻りの一日で・・・
映画・イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE IMITATION GAME2014年 イギリス、アメリカ 第二次大戦中、解読不可能と言われていたドイツ軍の暗号エニグマに挑んだ天才数学者、アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)戦争終結とコンピューター発明に高く貢献した人物でありながら...
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 (ここなつ映画レビュー)
ここまで面白いとは!すごい、本当にすごい作品。「暗号解読」という、非常時には不謹慎と知りつつワクワクしてしまう題材は元より、一人の天才が、運命に翻弄されながらもその仕事に果敢に取り組む様に引き込まれる。必見。第二次世界大戦。ヒトラー率いるドイツ軍が破竹...
良き理解者たちの存在。『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦時、ドイツの世界最強の暗号エニグマを解き明かした天才数学者アラン・チューリングの波乱の人生を描いた伝記ドラマです。
『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』 (時間の無駄と言わないで)
アラン・チューリングの伝記映画。 ベネディクト・カンバーバッチはアカデミー主演男優賞ノミネート。 「チューリングテストを作ったチューリングさんって学者がいたよ」くらいの ...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (to Heart)
挑むのは、世界最強の暗号――。 英国政府が50年以上隠し続けた、天才アラン・チューリングの真実の物語。 原作 THE IMITATION GAME 製作国 イギリス/アメリカ 上映時間 115分 原作 アンドリュー・ホッジェズ 脚本 グレアム・ムーア 監督 モルテン・ティルドゥム 出演 ...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2015/03/13公開 イギリス/アメリカ 115分 監督:モルテン・ティルドゥム出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、ロリー・キニア、アレン・リーチ、マシュー・ビアード、チャールズ・ダンス、マーク・ストロング 挑むのは、世界最....
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」☆リアルゲーム (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
飄々とした表情の演技の多いカンバーバッチ。 この飄々とした中に、これだけの違いを出せる俳優が他にいるかしら?
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 (そーれりぽーと)
『SHERLOCK』の続きが観たくて禁断症状なところに、ベネディクト・カンバーバッチが天才数学者役を演じると言うところに惹かれて『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』を観てきました。 ★★★★★ 数学の天才でアスペルガーな主人公アラン・チューリン...
コンピューターの父を死に追いやるなんて。~「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」~ (ペパーミントの魔術師)
仲良くなってしまえば、別れはさびし。 機密書類を燃やしてるシーンなのに、キャンプファイヤーみたいで、 でもなんか切ないシーンでもありました。 天才だけどコミュ障ってほかでもそんな役やってへんか?(;´∀`) 機械にも暗号にも疎いやつにとってはただ命...
「イミテーション・ゲーム」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです。4つ★半~5つ★!
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」みた。 (たいむのひとりごと)
第2次世界大戦時、ナチス・ドイツが使用していた”エニグマ”の暗号の解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらした英国の数学者:アラン・チューリングの人生を描いた物語。第87回アカデミー賞では計8部門でノミネ
劇場鑑賞「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 (日々“是”精進! ver.F)
想像もしないような人物が、想像も出来ない偉業を成し遂げる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201503290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「イミテーション・ゲーム」オリジナル・サウンドトラッ...価格:2...
イミテーション・ゲームーエニグマと天才数学者の秘密ー (はるみのひとり言)
第二次世界大戦時、ドイツの暗号「エニグマ」を解き明かした天才数学者アラン・チューリングさんのお話です。 前半のワクワク感と後半の衝撃の事実がなんとも言えなかったですね~。偉業を成し遂げたにも関わらず50年もの間封印されていたとは。今私たちが当たり前のよ...
『イミテーション・ゲーム』 天才の気弱な微笑 (Days of Books, Films )
Imitation Game(viewing film) 『イミテーション・ゲー
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密  監督/モルテン・ティルドゥム  (西京極 紫の館)
【出演】  ベネディクト・カンバーバッチ  キーラ・ナイトレイ  マシュー・グード 【ストーリー】 第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリングはドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (ごみつ通信)
The Imitation Game2014年イギリス/アメリカ (監)モルテン
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (とりあえず、コメントです)
アカデミー賞でも話題になった第二次世界大戦中にナチスの暗号機エニグマの解読に成功した ひとりの数学者の生き様を描いたヒューマンドラマです。 予告編を観て、一体この人に何が起きてしまったのだろうと気になっていました。 ベネディクト・カンバーバッチの素晴らし...
『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学の秘密』 (・*・ etoile ・*・)
'15.03.14 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』鑑賞@みゆき座 これは見たかった! 試写会応募しまくったけどハズレそもそも回数もあんまりなかったような? 公開翌日TOHOシネマズの日に見に行ってきたー♬ ネタバレありです! 結....
『イミテーション・ゲーム』 Stay Weird, Stay Different (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  やばい。面白すぎる。  エニグマ、チューリング・テスト、ケンブリッジ・ファイヴ……。  この映画はスパイ小説や冒険小説、ミステリーやSFが好きな人にはたまらないものでいっぱいだ。これらの要素が入り乱れ、最初から最後までワクワクしっ...
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 ~わが青春のクリストファー~ (偏愛映画自由帳)
2014年/イギリス・アメリカ/115分 監督:モルテン・ティルドゥム 出演:ベネディクト・カンバーバッチ    キーラ・ナイトレイ    マシュー・グード    チャールズ・ダンス    マーク・ストロング ■概要 原題は『The Imitation Game』。第二次大...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
第2次世界大戦時下の1939年イギリスの若き天才数学者アラン・チューリングは ドイツ軍の世界最強の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。 高慢で人付き合いが不器用な彼は仲間から孤立して作業に没頭していた。 新たにチームに採用した仲間2人。そのうちの一人、女....
『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』 (ラムの大通り)
(原題:The Imitation Game) ----この映画、もうすぐ公開だよね。 アカデミー賞でもたくさんノミネート。 「そうだね。 これは確かによくできていて、 観ていてまったく飽きることがない、 ずっと引きこまれっぱなし」 ----ふうん。 確か、第二次世界大戦で ナチス・ド...
『イミテーション・ゲーム』をトーホーシネマス渋谷6で観て、しとしと泣くよふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★鬼じゃないから、そりゃあ泣くよ】   ベネディクト・カンバーバッチは腕力のない頑固者が何てピッタリなんだろう。 物語の核はエニグマの暗号の謎の ...
映画『イミテーション ゲーム』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
こちらにもですが、映画にも随分ご無沙汰。 上映情報も全くチェックしていませんでしたが 「A地点」から「B地点」に行く間に
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
第二次大戦時にドイツ軍が誇る史上最高の暗号機“エニグマ”の解読に挑み、連合軍の勝利とコンピュータの発明に貢献した実在の天才数学者アラン・チューリングの時代に翻弄された過酷な人生を映画化した感動の伝記ドラマ。天才でありながら社会性に乏しく、周囲から孤立し...
暗号解読の真実とその後、 (笑う社会人の生活)
22日のことですが、映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 」を鑑賞しました。 第2次世界大戦下の1939年イギリス、数学者アラン・チューリングはドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。 高慢で不器用なアランは仲間から孤立し作業に....
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (The Imitation Game) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 モルテン・ティルドゥム 主演 ベネディクト・カンバーバッチ 2014年 イギリス/アメリカ映画 114分 ドラマ 採点★★★★ “普通”って単語を自分でもついついよく使ってしまうんですけど、いざ言われる立場に立つとその響きに暴力的というか脅迫的な印象を受...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (いやいやえん)
第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。世界の運命は、解読不可能と言われた暗号に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。英国政府が50年以上隠し続けた、一人の天才の真
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 (或る日の出来事)
コンピューターの元祖(?)ですかー。
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:モルテン・ティルドゥム 出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、ロリー・キニア、アレン・リーチ、マシュー・ビアード、チャールズ・ダンス、マーク・ストロング、ジェームズ・ノースコート、トム・グッドマン=ヒル、スティ...