映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

それでも夜は明ける

2014年03月21日 | 洋画(14年)
 『それでも夜は明ける』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)本作は、今度のアカデミー賞で作品賞を獲得したというので映画館に行きました(注1)。

 映画の時点は1841年で、1863年の奴隷解放宣言よりも前のことです。
 場所は、ニューヨーク州のサラトガ。
 バイオリニストのソロモンキウェテル・イジョフォー)は、自由黒人で、妻のアンと2人の子どもと一緒に幸せな生活を送っていましたが、あるとき2人の興行師にワシントンで開催されるサーカスのショーで演奏してほしいと誘われてワシントンに出向いたところ、騙されて誘拐されてしまい、気がついたら地下室に鎖で繋がれて。
 自分が自由黒人であることは無視されたまま、ニューオーリンズに連れて行かれます。



 ここから、奴隷として過酷な生活が始まるのですが、果たして彼は生きてこの状態から脱出できるのでしょうか、………?

 本作は、実話に基づいており(注2)、ありえないような厳しい境遇に陥りながらも、自分を見失わず、家族のもとに戻るためになんとしてでも生き抜いてやるという主人公の強固な姿勢が、実に上手く描かれていると思いました。
 それにしても、描かれている時代は日本の江戸末期ぐらいながら、今でも自分の意志に反して自由を奪われている人たちが大勢いるのですから、けっして昔の出来事ではないのではという思いを強くしました(注3)。

(2)本作は、『大統領の執事の涙』の冒頭で描かれているエピソードの前史のような位置づけにあります。
 すなわち、同作の冒頭の出来事は1926年に起きたとされ、本作はそれより80年以上前の話ながら、同作の主人公・セシルの父親が、若主人にクレームをつけようとしたところ、いともあっさりと射殺されてしまうのと同じように、本作でも、ソロモンたちが連れて行かれる船の中で、白人の行為に非難がましい素振りを見せた黒人が、その白人によって簡単に刺殺されてしまいます。
 また、同作には、縛り首にされた黒人をセシルが目の当たりにする場面がありますが、本作でも、ソロモンが逃亡を企てて森の中を走りだしたところで、黒人奴隷を白人たちが縛り首にしているところにぶち当たります。

 セシルにせよソロモンにせよ、二人は、そうした場面に遭遇しながらも積極的なアクションをとらずに、冷静に受け止めようとします。でもそうだからこそ、セシルは大統領執事として長いこと勤めあげることが出来たのでしょうし、ソロモンにしたって、12年はかかりましたが自由黒人に戻れたのだと思われます。

 その自由黒人ですが(注4)、そういえば『ジャンゴ 繋がれざる者』の主人公ジャンゴジェレミー・フォックス)は、賞金稼ぎの歯科医(クリストフ・ヴァルツ)に買われ自由の身となります。ソロモンと同じように白人に救われるわけながら、ジャンゴの場合は、自分や愛する妻・ブルームヒルダを酷い目に合わせた白人に徹底的に復讐します。
 一方のソロモンも、自由黒人に戻った暁に、自分を奴隷の身分に陥れた興行師たちを訴えますが、上手く行かなかったようです(注5)。

 本作にはもう一人興味深い黒人が登場します。
 ソロモンがいる農園で働く女奴隷の中にパッツィールビタ・ニョンゴ)がいますが、彼女が日曜日に訪れる黒人のショー夫人(アルフレ・ウッダード)は、元々はパッツィーと同じ身分でありながら、今や白人の妻となって逆に奴隷を管理する側に身を置いているのです(注6)。そして、そういう立場から、いろいろパッツィーにアドバイスをします。

 本作を見ると、同じ黒人奴隷と言いながらも、いろいろな境遇があるのだなとわかってきます。
 それと同様に、奴隷を管理する側も様々な白人がいるように描かれています。
 
 典型的なのは、本作に登場するエップスマイケル・ファスベンダー)でしょうが、この男は、『ジャンゴ』でディカプリオが演じたカルヴィン・キャンディに通じるものがあります。なにしろ、エップスは、些細なことからバッツィーを酷く鞭打ったりしますが(注7)、キャンディの方は、黒人同士を死ぬまで戦わせたりするのですから。



 他方で、本作には、フォードベネディクト・カンバーバッチ)という、ソロモンに理解を示す農園主も登場します。映画の中でも、農園で働く黒人たちに対して聖書の言葉を説くシーンが映し出されますが(注8)、全体として温厚な紳士といった感じで、『ジャンゴ』の歯科医キング・シュルツに若干ながら通じるところがあるのかもしれません(注9)。



 こうした様々の登場人物を見ているうちに、果たしてアメリカの黒人奴隷制度は、経済的観点から見て効率のよいものだったのか疑問に思えてきます(注10)。そして、何かわかったつもりでいた黒人奴隷について、実のところ何も知らなかったのではという思いにとらわれてしまいました。

(3)渡まち子氏は、「物語は実話で、ソロモンが最後には救われることを知っていてもなお、この映画の圧倒的な衝撃は、観客を金縛りにしてしまう。いかにもアカデミー好みの社会派の良作だが、見る側に体力と気力を要求する作品であることは間違いない」として75点をつけています。
 相木悟氏は、「人心の暗部を容赦なくえぐる、重量級の逸品であった」と述べています。
 佐藤忠男氏は、「アメリカの奴隷を描いた映画はこれまでにたくさんあるが、この映画では、虐待する白人も、される黒人も、一人一人の人格が鋭く描き分けられている。そこがかつてなく本格的である。それで悲惨な日々の耐え方にも強い現実味と精神的な葛藤がともなって感じられる」と述べています。
 中条省平氏は、「民主国家アメリカの歴史的恥部である奴隷制度をこれほど生々しく、苦痛に満ちて描き出した映画は稀であろう。人間の尊厳を踏みにじる愚行を前にして、観客は怒りとともにこうした不正義を地上から駆逐したいと念ずるはずだ」と述べています。
 恩田泰子氏は、「終盤、「脱出」に必死のソロモンは決して後ろを振り向かない。他者が目に入らなくなる。その情景の苦さ、そしてリアルさは、いつまでも心に残る」と述べています。



(注1)今回のアカデミー賞では、作品賞のほかに、パッツィーに扮したルピタ・ニョンゴが助演女優賞を、脚本を書いたジョン・リドリーが脚色賞を受賞しました。
 なお、本作の監督は、『SHAME−シェイム−』のスティーヴ・マックィーン

(注2)本作は、本作の主人公のモデルとなったノーサップ・ソロモンが著した『12Years a Slave』(1853年)を映画化したもの。同著について、Wikipediaでは、「1968年発表のスー・イアキンとジョセフ・ログスドンの編集による初めてのノーサップの伝記の学術書によって、彼の伝記が驚くほど正確であると証明された」と述べられています。

(注3)本作に出演する俳優の内、主演のイウェテル・イジョフォーについては、なんといってもDVDで見たことがある『キンキーブーツ』(2005年)でしょう。また、マイケル・ファスベンダーは、『悪の法則』や『ジェーン・エア』で、ベネディクト・カンバーバッチは、『アメイジング・グレイス』や『戦火の馬』でそれぞれ見ています。
 更に本作は、ブラッド・ピット(最近では、『悪の法則』で見ました)製作にあたるだけでなく、奴隷制度に反対のカナダ人労働者・バスをも演じていますし、フォードの農園でソロモンに冷酷な振る舞いをするデイビッツポール・ダノ(最近では、『LOOPER/ルーパー』で見ました)が演じています。

(注4)自由黒人については、下記の「補注」をご覧ください。

 また、Wikipediaを参照。
 なお、この記事によれば、1850年における自由黒人の比率は11.9%とされています(およそ364万人の黒人のうち43万人が自由黒人)。 

(注5)本作のラストでクレジットによる説明がありますが、劇場用パンフレット掲載の歴史家デイヴィッド・フィスク氏のインタビュー記事には、「彼らが埋めた罰は、裁判を待っていたときから保釈されるまでの7ヵ月間の獄中生活だけでした」とあります。

(注6)奴隷のパッツィーが、日曜日にショー夫人の元を一応の身なりをして訪れて、そのベランダで一緒に紅茶を飲んでいるというのは、クマネズミにとってとても不思議な光景でした(そこに、ソロモンがやってきて、「ご主人様が呼んでいる」と伝えると、パッツィーが「今日は安息日だから、どこにいても自由なはず」と答えるのも)。
 なお、この記事には、「奴隷所有者の中には黒人や先祖が黒人である者がいた。1830年、南部には3,775人のそのような奴隷所有者がおり、その80%はルイジアナ州、サウスカロライナ州、バージニア州、およびメリーランド州にいた」とあります。

(注7)他方で、エップスはパッツィーを性的に弄んでもいるのです。

(注8)上記「注5」で触れたインタビュー記事によれば、「フォードはバプテスト派の高名な牧師」とのこと。

(注9)尤も、キング・シュルツはドイツ人であり、ジャンゴを自由奴隷にしたのも、自分の賞金稼ぎに役立ったせるためにすぎないのでしょうが。でも、キャンディを撃ち殺すことまでしでかすのですから、奴隷制を酷く嫌ってもいたのでしょう。

(注10)パッツィーが綿花を1日230kg摘むのに対し、いくら平均より少ないからといって鞭で叩かれようと1日80kgほどしか摘めないソロモン。インセンティブを持たない者に対しては、鞭による強制を加えても、労働効率は一向に上がらないように思われます。
 それに、奴隷の逃亡を防ぐための人件費などを考えると、かなり非効率的なシステムではなかったかと思われます。
 でも、だからといって、このサイトの記事が言うように、「(奴隷制は)非効率。そのまま行ってたら、経済がやばい。なのでリンカーンは連邦そのものを救うために、奴隷制度に反対しました」とまで言えるのかどうかは疑問ですが。


〔補注〕自由黒人について
 本田創造著『アメリカ黒人の歴史 新版』(岩波新書、1991)には、自由黒人になる方法として、「独立革命時にみられたように軍役に服すること」、「勤勉と貯えによって主人から「自由」を購入」すること、「なんらかの理由で奴隷所有者によって解放され」ること、「逃亡によって非合法的に「自由」を獲得」することが例示されています(P.80)。
 また、上杉忍著『アメリカ黒人の歴史 奴隷貿易からオバマ大統領まで』(中公新書、2013)によれば、「深南部では黒人の数は少なく、大半は奴隷主が奴隷に産ませた子供で、多くが都市に居住し、上南部では、農村で奴隷と隣接しながら暮らす黒人が多く、再奴隷化の危機に直面しつつ生活していた」が、北部では、「それなりの規模の自由黒人居住区ができていた」ようです(P.38〜P.39)。

 本作やこうした記事からすると、自由黒人の大半が北部にいたような印象を受けがちのところ、このサイトの記事によれば、「(南北戦争)開戦前年の1860年に北部に住んでいたのは46%に過ぎず、過半の54%は南部に住んでいた」とのこと!
 驚きました。
 そこで、同サイトの記事の元になった記事(2013.7.8)を見てみると、その筆者は、自分の先祖が、南北戦争よりずっと以前に自由黒人であったにもかかわらず、南北戦争時にはヴァージニア州で暮らしていて、どうして北部に移動しなかったのかと疑問に思い、Ira Berlinの『Slaves Without Masters: The Free Negro in the Antebellum South』(1974)を読み直してみて、「自分の先祖が南部にいて、南北戦争時にもそこを離れなかったというのは、当時珍しいことではなかった」ということを知って驚いているのです(1860年当時、南部にいた自由黒人の方が北部よりも35,766人も多い!)。

 この記事の筆者はハーバード大学の著名なHenry Louis Gates Jr. 教授。彼はアメリカの黒人歴史学者のトップと言われていますが(誤認逮捕事件でも知られています)、そんな学者が基礎的と思える事実を最近になって知って驚いているくらいですから、自由黒人の実体はまだ余り分かっていないのではないでしょうか?
 (なお、本件についてヘンリー・ルイス・ゲイツ教授は、この記事において更に議論をしています)



★★★★☆☆



象のロケット:それでも夜は明ける
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MUD−マッド− | トップ | 銀の匙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スティーヴ・マックィーン監督『それでも夜は明ける(12 Years a Slave)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『それでも夜は明ける(12 Years a Slave)』監督は『SHAME -シェイム-』のスティーヴ・マックィーン。主演のソロモン役をキウェテル・イジョフォーが演じる。共演にはマイケル・ファスベン
それでも夜は明ける/キウェテル・イジョフォー (カノンな日々)
『SHAME シェイム』のスティーブ・マックイーン監督が実話を基に拉致され奴隷とされてしまった黒人音楽家の再び妻子に会うために生きた壮絶な人生を描いた伝記ドラマです。 出演は ...
それでも夜は明ける〜虐待の背後にあるもの (佐藤秀の徒然幻視録)
本当は気が優しいエドウィン・エップス 公式サイト。原題:12 Years a Slave。 スティーヴ・マックィーン監督。キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カ ...
『それでも夜は明ける』 2014年3月7日 TOHOシネマズスカラ座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『それでも夜は明ける』 を鑑賞しました。 劇場をみゆき座からスカラ座に変えてくれたのはラッキーだけど 初日の夜の回にしては意外と空いていた。 アカデミー賞効果を狙っての劇場変更だろうが、効果は乏しい。 もっとお客さん来てくれてもいいと思うのだが・・・ 【...
それでも夜は明ける (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(招待券) TOHOシネマズ映画招待券を生まれて初めて頂きました(笑)
『それでも夜は明ける』 (beatitude)
奴隷制度が広がっていた1841年、アメリカ。ニューヨークで家族とともに暮らす自由黒人で音楽家のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、突如誘拐され、奴隷としてアメリカ南部のニューオーリンズへ売り飛ばされた。農園での労働を強いられ、狂信的な選民主義者エップス...
それでも夜は明ける/12 YEARS A SLAVE (我想一個人映画美的女人blog)
12年、奴隷として。 史実に基づく実話を映画化。 本年度アカデミー賞作品賞で見事受賞 以前から書いてるけど近年だけで...
それでも夜は明ける (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
それでも夜は明ける オリジナル・サウンドトラック [CD]自由の身でありながら奴隷として12年間も暮らした男の衝撃的な実話「それでも夜は明ける」。人種差別問題という社会派ドラマ ...
『それでも夜は明ける』 (2013) (相木悟の映画評)
人間の尊厳を問いかける、重厚サバイバル・ムービー! 人心の暗部を容赦なくえぐる、重量級の逸品であった。 本作は、19世紀半ば、自由黒人として普通の暮らしをしていたバイオリニストが、突然誘拐されて南部に売られ、12年間の奴隷生活を強いられた経験を克明に....
「それでも夜は明ける」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「12 Years a Slave」2013 USA/UK ソロモン・ノーサップ/プラットに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「2012/20009」のキウェテル・イジョフォー。 エドウィン・エップスに「悪の法則/2013」のマイケル・...
【 それでも夜は明ける 】全ての人間に尊厳と平等を (映画@見取り八段)
それでも夜は明ける〜 12 YEARS A SLAVE 〜     監督: スティーヴ・マックィーン    出演: キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ギャレット・ディラハント、ポール・ジアマッティ、スクート・マ...
『それでも夜は明ける』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「それでも夜は明ける」□監督 スティーヴ・マックィーン □脚本 ジョン・リドリー □キャスト キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ポール・ダノ、       ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ジアマッティ...
『それでも夜は明ける』 不自由の中にあるものは? (映画のブログ)
 仮面ライダーは何のために戦うのか? 平和のため? 正義のため?  そのいずれでもない。  『仮面ライダー』のオープニングで、ナレーションの中江真司氏はこう述べている。  「仮面ライダー本郷猛は改造人間である。彼を改造したショッカーは世界制覇を企む悪の秘...
「それでも夜は明ける」、今年のアカデミー賞受賞作品です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆    アメリカの歴史好き ☆☆☆☆☆ アカデミー賞が決まったことで、初日に早速見に行った。 南北戦争以前の1841年、自由の身でニューヨークに生まれた黒人ソロモンが奴隷制度が根強く残る南部ルイジアナに売り飛ばされ3か所の綿花農園で奴隷と...
それでも夜は明ける (Akira's VOICE)
心の痛みは命の重み。  
それでも夜は明ける (ダイターンクラッシュ!!)
2014年3月11日(火) 13:20〜 TOHOシネマズスカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:700円(買っていない) 果てしなく続く絶望感。 『それでも夜は明ける』公式サイト 「キリング・フィールド」に激似。果てしなく続く絶望感。兎に...
それでも夜は明ける (映画と本の『たんぽぽ館』)
“人権”という言葉の重み * * * * * * * * * * この度の第86回アカデミー作品賞受賞作。 ということで、通常ならガラガラと思える向きの作品ですが、 さすがに、ほぼ満席となっていました。 本作は実話を記録した本「12Years a Slave」が1853年に...
それでも夜は明ける (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
南北戦争前のニューヨークで暮らしていた自由黒人が誘拐されて南部で奴隷として12年間を過ごした過酷な体験を描いている。娯楽性は全くなく、下手なドキュメンタリー映画が逃げ出すくらいの衝撃を受けた。黒人奴隷が歌う葬式の歌がゴスペルの発祥だったのだ。必見だ。
『それでも夜は明ける』 (こねたみっくす)
これは黒人監督による黒人奴隷を描いた映画。それゆえに他の作品とは全く違う世界に到達した映画。 辛い、苦しい、怖い、逃げ出したい。でもこの人類の負の歴史を見なければなら ...
映画:それでも夜は明ける 12 Years a Slave 圧倒的! アカデミー賞「本命」と判断。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
まずオープニングで驚く。 基本プロットは予想がつく通り、主人公はNYに住む、自由証明書で認められた自由黒人。 地位、名誉、家族とともに幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致され、南部に連れて行かれる。 そして奴隷にされてしまう、 のだ...
それでも夜は明ける (悠雅的生活)
所有物。チランドシア。Rall Jordan Rall。 
映画『それでも夜は明ける』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
14-25.それでも夜は明ける■原題:12 Years A Slave■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス■上映時間:134分■料金:0円(ポイント利用)■観賞日:3月15日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督:スティーヴ・マックイーン□脚本:ジョン・リドリー◆...
それでも夜は明ける  監督/スティーヴ・マックィーン (西京極 紫の館)
【出演】  キウェテル・イジョフォー  マイケル・ファスベンダー  ベネディクト・カンバーバッチ  ルピタ・ニョンゴ 【ストーリー】 1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモンは、ある日突然拉致され、奴隷として南....
それでも夜は明ける ((仮)impression)
【12 Years a Slave】 奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ。 アカデミー賞3部門、作品賞、助演女優賞、脚色賞受賞の『それでも夜は明け....
それでも夜は明ける (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞それでも夜は明ける/12 YEARS A SLAVE 2013年/アメリカ/134分 監督: スティーヴ・マックィーン 出演: キウェテル・イジョフォー/マイケル・ファスベンダー/ベネディクト・カンバーバッチ/ポール・ダノ/ポール・ジ...
映画・それでも夜は明ける (読書と映画とガーデニング)
原題 12YEARS A SLAVE2013年 アメリカ・イギリス合作 1841年、ニューヨーク州サラトガで愛する妻と可愛い子供たちに囲まれ、幸せな日々を送っていたバイオリニストのソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー) 彼は生まれた時から自由....
それでも夜は明ける (そーれりぽーと)
混戦のアカデミー賞で漁夫の利で作品賞をかっさらった感の有った『それでも夜は明ける』を観てきました。 さて、漁夫の利だったのか、ずば抜けてよかったのか。 ★★★★ ずば抜けて良かった感は無かったけれど、フツーに面白かった。 最近「SLAVE」と言う言葉に敏感な...
映画「それでも夜は明ける」 (FREE TIME)
映画「それでも夜は明ける」を鑑賞しました。
それでも夜は明ける (心のままに映画の風景)
1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク。 生まれながらの自由黒人である音楽家ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)は、妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ幸せな日々を送っていた。 ある日、2週間の興行に参加したソロモンは、興行主に騙され...
『それでも夜は明ける』 (ラムの大通り)
(原題:12 Years a Slave) (※ネタバレ注:見どころに触れています) 「さて、今夜は話題の『それでも夜は明ける』を…」 ----あっ、これだったら知っているよ。 タイトルが原題(『12 Years a Slave』)とあまりにも違うって、 あっちこっちで話題になっている映...
それでも夜は明ける (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【12 YEARS A SLAVE】 2014/03/07公開 アメリカ PG12分監督:スティーヴ・マックィーン出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ、サラ・ポールソン、ブラッド・....
それでも夜は明ける  12 YEARS A SLAVE (映画の話でコーヒーブレイク)
先日発表されたアカデミー賞で作品賞を獲得 英国のスティーブ・マックィーン(往年の俳優さんと同姓同名です)監督は、アカデミー作品賞を獲得した 初の黒人監督になりました。 本作は、主人公ソロモン・ノーサップ氏ご本人の回顧録をもとにした真実の物語だそうです。 3月...
「それでも夜は明ける」正義の危うさ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アカデミー賞作品賞を見事勝ち取った作品は、映像も素晴らしい、役者の演技も本当に素晴らしい、テーマも見事だ。 場面展開もよく、134分の長さも感じさせないストーリーは、観る者の心をつかんで離さない。
それでも夜は明ける・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
もう一度、家族に会いたい。 奴隷制度がはびこる時代のアメリカで拉致され、人生のすべてを奪われたうえに、南部の農場で奴隷として働かされた男の、苦難の12年間を描く実話ベースの人間ドラマ。 原作となったのは1853年に出版されて、当時ベストセラーとなったソロモ...
それでも夜は明ける (こんな映画見ました〜)
『それでも夜は明ける』---12 YEARS A SLAVE---2013年(アメリカ)監督:スティーヴ・マックィーン出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ 、ポール・ダノ 、ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ 、サラ・....
それでも夜は明ける (シネマ・クレシェンド)
11月になりました。映画賞レースの第一陣トロント映画祭も終わり、前哨戦が本格的にスタート。10/24にはゴッサム賞のノミネートが発表されました。今月はオスカーに絡みそうな作品を ...
「それでも夜は明ける」 (きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ))
自由黒人だった音楽家が拉致され奴隷として売られ 12年間労働に従事し、 その間は自由になれたかった、というお話。 邦題タイトルはアクティブ過ぎだよね。 耐えて我慢してたら救世主が来たけど、 それは主人公限定で、 他の奴隷の境遇は変わらないまま。 個人じゃ制度...
「それでも夜は明ける」みた。 (たいむのひとりごと)
第86回アカデミー作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門の受賞作品。奴隷制度が廃止されるまでにはまだ30年近い年月が必要な1841年のお話で、自由な身分にも拘らず意図的に誘拐され、南部の農園に売られた黒人
映画「それでも夜は明ける」 感想と採点 (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『それでも夜は明ける』 (公式)を3/7の劇場公開日からだいぶ経ちましたが、やっと先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 舞台は1841年、南北戦争によって奴隷制度...
12年間 奴隷として〜『それでも夜は明ける』 (真紅のthinkingdays)
  12 YEARS A SLAVE  19世紀、南北戦争以前のアメリカ。ヴァイオリニストのソロモン・ノーサッ プ(キウェテル・イジョフォー)は自由黒人として、愛する家族とともにニュー ヨークで暮らしていた。ある日ワシントンでの興行に誘われたソロモンは、...
それでも夜は明ける (とりあえず、コメントです)
19世紀のアメリカを舞台に黒人男性の過酷な12年間を描いたアカデミー賞受賞作です。 観るのに勇気のいる作品だなあと、チャレンジするまでに時間がかかってしまったのですけど、 監督さんが舞台挨拶に来る回があると知って、これはチャレンジしようと決意しました。 よう...
それでも夜は明ける ★★★★ (パピとママ映画のblog)
奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ。主人公が体験した壮絶な奴隷生活の行方、そして絶望に打ち勝つ希望を描き出す。監督は『SHAME -シェイム-...
それでも夜は明ける (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
それでも夜は明ける '13:米・イギリス ◆原題:12 YEARS A SLAVE ◆監督:スティーブ・マックイーン「HUNGER ハンガー」「SHAME シェイム」 ◆主演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ポール・ジア...
奴隷という生活 (笑う社会人の生活)
14日のことですが、映画「それでも夜は明ける」を鑑賞しました。  1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン 彼はある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に売られてしまい・・・ 重厚な重き作品、やはり作品賞....
それでも夜は明ける (いやいやえん)
【概略】 突然誘拐され、奴隷として売られた黒人音楽家・ソロモン。差別と虐待を受ける日々を耐え忍ぶが、ある男との出会いが彼の運命を大きく変えることになる。 ドラマ 黒人差別問題が題材の映画は昔からあったけれど、表面上はなくなったとは言え根強く残って...