映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

コンテイジョン

2011年12月03日 | 洋画(11年)
 『コンテイジョン』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)本作は、マット・デイモンが出演するのだから、これまでの作品(『アジャストメント』とか『ヒアアフター』など)からしても、そんなに外れることはないだろうと見込んで映画館に行きました。
 でも、その期待は大きく外れてしまいました。
 本作には、マット・デイモンだけでなく、マリオン・コティヤール(『パブリック・エネミーズ』)とか、ジュード・ロウ(『シャーロック・ホームズ』)、ケイト・ウィンスレット(『愛を読むひと』や『レボリューショナリー・ロード』)、グウィネス・パルトロウなど、主演級の俳優が引きも切らず登場するのです。
 当然、黙っていても面白くなるはずです。
 ですが、これはいったいどういう類いの映画なのだと言わざるを得ない結果でした。

 ある時、突然、得体のしれない感染症が蔓延し出し、ついには2千万人以上の犠牲者が出てしまう事態に陥ります。原因は、コウモリと豚のウィルスが混ざった新種のウィルスであることがつきとめられるものの、対抗できるワクチンはまだ開発されていません。
 さあこうした事態を、人類はどこで食い止めることができるでしょうか……。

 となれば、マット・デイモンが、医師とか医学研究者などに格好良く扮して原因を究明するとか、そうでなければ患者救援組織のトップとして縦横の活躍をする、といったことになるのが常識的でしょう。
 ですが、彼は単に、その伝染病に初期のうちに罹った女性(グウィネス・パルトロウ)の夫であって、ごく普通の人物として設定されていて、映画の大部分の時間は、病院に隔離され、ベッドに座り続けているだけなのです(なおかつ、なぜかその病原ウィルスに対する抗体を彼は持っているのです)(注1)。
 グウィネス・パルトロウは、中国滞在中に罹患し、アメリカに戻ってからすぐに死ぬだけのことですし(注2)、ケイト・ウィンスレットも、CDC(疾病予防管理センター)の感染症調査官ということで、患者の調査をしますが、その内に罹患して死んでしまいます。





 また、主役とされるマリオン・コティヤールはWHOの調査員に扮しますが、香港に出向いた際、中国衛生部に所属するフェンに拉致されてしまい、物語の中心的な動きからは外れてしまいます(注3)。



 要するに、主演級の俳優が次々と登場するものの、皆バラバラに短い時間行動するだけで、映画としてのまとまりは酷く悪いものとなってしまっています。

 なにしろ、CDCで全体を統括しているはずの人物(ローレンス・フィッシュバーン)も、自分の恋人に極秘の情報を流したかどで行動が制約されてしまうのですから。

 ただ、この映画であちこちに出没する人物は、ジュード・ロウ。フリージャーナリストとして、国際機関や政府機関の活動を混乱させる方向で動きまわります。



 彼は、政府機関の発表するものを端から疑ってかかり、それで彼のブログの読者が増えたことから、レンギョウの効果を吹聴して大儲けしたりするのです(注4)。
 といっても、感染症騒ぎの周辺部分で蠢いているだけの人物で、上記の人間とはコンタクトしないのですから、本作において接着剤の役目を果たしているわけではありません。

 そうこうしている内に、この病原ウィルスに対するワクチンがあっけなく開発され(注5)、結局はめでたしめでたしになるのですが、そんなことくらいなら、こんな映画をわざわざ作るまでもないのでは、と思いました。

 このように、映画が邦画の『Flowers』の如くたわいのない絵巻物のような作品になってしまったのは、出演した著名俳優の出演料が高すぎて、それぞれ拘束時間が十分に取れなかったことにもよるものでしょう(注6)。
 だったら、そんな有名人を使わずともと思いますが、制作会社の方針などもあってこういう映画となってしまったのではないでしょうか?

(2)「感染(contagion)」ときたら、邦画の『感染列島』(瀬々敬久監督、2009年;本年1月12日の記事の(1)で取り上げています)を思い浮かべる方が多いのでは、と思われます(注7)。
 こちらでも、日本に限定されてはいるものの1,000万人以上の患者が出たとされ、関与する医師(佐藤浩市など)たちも次々と死んでいきますが、研究者(カンニング竹山)の努力の甲斐あってワクチンが開発され、やがて感染症は収まります。
 ただ、本作とは、主人公の医師(妻夫木聡)には別れた恋人の医師(檀れい)がいて、この感染症の蔓延を機に再会するも、その恋人も病に侵されて死んでしまうとか、南の島に恩師(藤竜也)と一緒に病原体を探しに行くといった物語がしっかり描かれている点などで、大きく異なっているように思います。
 今更、こうしたロマンティックな物語をまともに持ってくれば、リアリティが酷く損なわれてしまうかもしれません。でも、本作のように、単に感染症が蔓延し、2,600万人もの死者が出たものの、ワクチンの開発によって克服できた、ということだけでは、いくら有名俳優がたくさん登場しようが、退屈極まりない作品となってしまいます。
 映画作品を制作する以上は、そこに観客を引き込む工夫が求められるのではないでしょうか?

(3)福本次郎氏は、「他人に働きかければ少なくとも現状に何らかの変化が起こるはず、映画はエモーショナルを排して彼らの姿を描写することで、己の価値観に従って行動する覚悟を見る者に突きつけているのだ」として70点をつけています。
 渡まち子氏は、「マット・デイモンやマリオン・コティヤール、ケイト・ウィンスレットなど、国際的な豪華スターが競演するが、映画は華やかさとは無縁。むしろ、淡々と進む不気味な演出に、スターが出演していることを忘れてしまいそうになる」、「派手さはないが、ドライな演出にリアリティを込めた、ソダーバーグらしいパニック・スリラーだ」として60点をつけています。




(注1)香港出張から帰ってきた母親(グウィネス・パルトロウ)と接触した息子は、罹患して死んでしまいますが、旅行中だった娘の方は助かります。そこで、父親のマット・デイモンは、娘を感染から守るために、厳重に彼女を隔離しようとします。

(注2)グウィネス・パルトロウは、実際には、香港でレストランの料理人からウィルスをうつされ、それをアメリカに運ぶという重要な役割を果たします(そればかりか、帰途、シカゴで時間ができたときに、マット・デイモンの前に付き合っていた男と浮気をしたというプライベートなことまで暴露されてしまいます)。

(注3)フェンは、自分の故郷の村の者にワクチンが支給されるようマリオン・コティヤールを誘拐し、暫くした後、ワクチン100本と引き換えに彼女を解放しますが、実は、中国政府の要請で、彼には偽のワクチンが手渡されたのでした。
 そのことを知ったマリオン・コティヤールは、本国に引き返すことなく、拉致されていた村に駆け戻ろうとします。

(注4)ジュード・ロウは、レンギョウが効き目があるにもかかわらず、製薬会社に儲けさせるために政府は嘘の情報を流している、などとTVで語ったりします。そんなことをしたために、彼は逮捕されますが、彼を支持する者たちからの献金で保釈金がととのい、釈放されてしまいます。
 ですが彼も、マット・デイモンと同じように、この感染症に対する抗体を予め持っていたために、レンギョウが効いたように見えたとされています。

(注5)単に、病原体ウィルスを猿に注入してできる抗体の効き目を探る、ということの繰り返しのようです。
 それでも、CDCの研究員(ジェニファー・イーリー)が、自分の体に「ワクチン57」を注射して治験をした上で、大量生産が行われます。
 本作では、上映時間の関係もあって、感染症が見つかってから1ヶ月くらいでワクチンが作られていますが、実際にはそんなに短期間のうちに製造されることはないようです。

(注6)劇場用パンフレットに掲載されている「Director Interview」の中で、ソダバーグ監督は、「この映画では、みんな短期間しか働かなくていいおかげで、なんとかなった。みんな、7、8日間しか仕事をしていないんだ」と述べています。

(注7)『感染列島』についての評価は概して低そうですが、クマネズミには決してそうは思えませんでした(何より、たくさんの物語を必死になってつないでいこうとする努力を買います)。




★★☆☆☆




象のロケット:コンテイジョン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉祥寺の朝日奈くん | トップ | インモータルズ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (愛知女子)
2011-12-05 15:02:58
クマネズミさん、拙ブログにコメントとトラックバック賜りましてありがとうございます!

この映画はそれぞれの立場での主役でしたね。
ただすごく短いですが…。

死ぬか生きるかの中間の役である後遺症に苦しむ人は登場しなかったですね。割とソフトでした。
最後に1日目のシーンを持ってきたのは世界に向けての戒めのメッセージなのでしょう。
私この後で、猿の惑星の映画を観ました…。

大物俳優を持って来る事でその役の立場の重要性が増すという事でしょうが…
あえて、はかない役や身動きの取れない役を演じる事で人間の命のあっけなさや無力さを知らしめたかったのかもしれません。
その他の意図は私にもよく分かりません。
この映画を見て海外のパンデミックの最前線で活躍する人達の苦労や危険を少し身近に感じる事が出来ました。



猿の惑星 (クマネズミ)
2011-12-06 06:48:33
「愛知女子」さん、TB&コメントをありがとうございます。
この映画の後で『猿の惑星』をご覧になったというのは、何か因縁めいたものを感じさせますね。クマネズミは見ておりませんが、漏れ伝わってくるところによれば、その映画でもウィルスが大きな役割を果たしているとのことですから。
なお、オフィシャルサイトを見たら、『インモータルズ』に登場するフリーダ・ピントも『猿の惑星』に出演しているとか。時機外れながら見てみたい気になってきました。
Unknown (リバー)
2011-12-07 02:53:00
TB ありがとうございます。

感染が起きたら どうなるか・・・
というシミュレーションのような作品でしたね

賛否 あるのは わかる気がします
Unknown (ふじき78)
2012-09-17 08:48:38
人間そうそうドラマのようにドラマチックには遭遇しないので、リアルでした。私はドラマチックでなくても面白かった口です。

無理にドラマチックにするなら、ローレンス・フィッシュバーンは「マトリックス」と同一人物で、ジュード・ロウ扮するエージェント・ウィルスを倒しにマッド・デイモンがコンピューター・ウィルスに感染する。ま、全く別の映画だ。
ドラマチック (クマネズミ)
2012-09-20 17:44:56
「ふじき78」さん、コメントをわざわざありがとうございます。
マット・デイモンが出演するのであればきっとドラマチックなものに違いないと思ったのがいけなかったのでしょう。そして、確かに、リアルには違いありませんが、マット・デイモンとジュード・ロウが免疫を持っているというの
も、なんだかご都合主義的だなとも思ってしまいました。

ドラマチックにするなら、「ふじき78」さんのように高踏的な路線に走らずとも、例えば、ローレンス・フィッシュバーンの指揮のもと、マッド・デイモンやケイト・ウィンスレットらの決死隊がミクロの大きさに縮小されてグウィネス・パルトロウの脳内に送り込まれ、ジュード・ロウ扮する病原ウィルスをやっつけるという古典的なものも考えられるところ、患者数が2,600万人では手の下しようもないでしょう!
Unknown (ふじき78)
2012-09-22 05:42:18
こんちは。

マッド・デイモンがウルトラセブンのコスチュームでグウィネス演じる松坂慶子の体内に入るとジュード・ロウ演じるダリーがいて、エメリウム光線を浴びせる、みたいなのを連想して夢想。

セブンがワクチンなら多数に行き届くんだな。

ジュード・ロウは財力を使って、感染しないよう注意してたから免疫がある訳でもないんじゃないですか?
コンテイジョンの評価、解釈。 (ノゾム)
2013-04-15 22:05:40
ワクチンが開発され安心、という描き方は成されていない。この展開で開発にこぎ着けなければ物語の収まりが悪くなるし、過去の例からも自然な結びと言える。英雄的人物のいない群像劇は、冷徹に人類とウイルスの闘争を描き、個々の人物設定にも無理がなく、パンデミックへの対応を考えさせる佳作の映画だと思う。以上、この方とは全く違う評価、解釈である。
Unknown (クマネズミ)
2013-04-16 05:31:14
「ノゾム」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
ただ、本作が、おっしゃるように「冷徹に人類とウイルスの闘争を描き、個々の人物設定にも無理がなく、パンデミックへの対応を考えさせる」ような映画だとしても、それだけでは何の新鮮味も感じず、つまらなさだけが残ってしまいました。
特に、「パンデミックへの対応」については、そんな政府広報じみた要素をこうした劇映画の中に盛り込まなくてもという感じです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
コンテイジョン (LOVE Cinemas 調布)
『インフォーマント!』のスティーヴン・ソダーバーグ監督が未知のウィルスの発生からパンデミックそしてワクチンの生産までを描いたパニックムービー。注目すべきはその豪華な出演陣だ。マリオン・コティヤールやマット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュー...
『コンテイジョン』 今これを観る意義 (映画のブログ)
 世界人口の約50%が感染し、25%が発症し、死亡者は2,000万人以上(5,000万人とも1億人とも)と云われている。世界人口が18~20億人の時代に、なんと大きな数字だろう。  1918年~19年に猛威を振るったスペ...
コンテイジョン (本と映画、ときどき日常)
監督 スティーブン・ソダーバーグ 出演 マリオン・コティヤール     マット・デイモン     ジュード・ロウ 新種の死のウイルスが発生。 そして世界各地に拡大。 さあ~、大変だ! 内容的にはもうお腹いっぱいのストーリー。 でもでも監督さんと豪華俳優....
No.276 コンテイジョン (気ままな映画生活)
【ストーリー】 「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら ...
コンテイジョン (あーうぃ だにぇっと)
コンテイジョン@よみうりホール。 またまたyousan330さんから試写状を頂戴してしまった。 いつもありがとうございます。 最近は全然自力で行けてないなあ。(笑)
[映画『コンテイジョン』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、私は、その評価に悩んでいる。  スティーブン・ソダーバーグ監督による「ウィルス感染症のパンデミック」ものである。  描き方が、実に実にクールなのである。  幾らでも、サスペンスやお涙頂戴ものに出来るのに、それをしないで、淡々と、状況を追ってい...
コンテイジョン IMAX版/マリオン・コティヤール、マット・デイモン (カノンな日々)
スティーブン・ソダーバーグ監督が新種ウイルスの爆発的感染の恐怖に立ち向かおうとする人々の姿を描いた大作サスペンス映画です。感染モノですけど感染したアンデッドな人たちに ...
コンテイジョン (Akira's VOICE)
思ったより緊迫感が無かったなぁ。  
コンテイジョン (★the tip of the iceberg★氷山の一角)
『感染列島』『バイオハザード』『28日後』を思い出す、細菌感染もの。ただし、どこが違うかと言えば、『カーボーイ&エイリアン』同様に、なぜに?と思うほど出演者が豪華。また、日本人としてはまだ耳新しい、鳥インフルエンザとかの単語が出てきて、映画の内容がどこか...
コンテイジョン (悠雅的生活)
感染拡大。情報流出。そして、人々は・・・
コンテイジョン (映画 K'z films 2)
原題CONTAGION監督スティーヴン・ソダーバーグ出演マリオン・コティヤール マット・デイモン ローレンス・フィッシュバーン ジュード・ロウ グウィネス・パルトロー公開2011年 11月
敵意の宿らぬ右手 (MESCALINE DRIVE)
2011年10月31日、よみうりホールで試写会が催され、「コンテイジョン」を観た。 よみうりホールはビックカメラ有楽町の七階。開場まで階段で並んで待っていると、クライマックスシリーズのさなかとあって読売ジャイアンツの応援歌がエンドレスで繰り返される。応援セール...
劇場鑑賞「コンテイジョン」 (日々“是”精進! ver.A)
ウイルスよりも先に“感染”したのは、恐怖・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111120002/ Contagion: Original Motion Picture Soundtrack posted with amazlet at 11.11.08 Watertower Musi...
『コンテイジョン』 (ラムの大通り)
(原題:Contagion) 「う~ん。これは少し複雑な映画だなあ」 ----へぇ~っ。そうニャの? 何年か前、日本でも作られた 『感染列島』みたいな感じじゃニャいの? 「扱っている題材はパンデミックだし、 確かにそうなんだけど、 3.11を経験した日本で、 いまこれを....
映画『コンテイジョン』  (よくばりアンテナ)
コウモリ・・・豚・・・コウモリ・・・豚・・・ ひょえーっ 人類滅亡とかってリアリティあるぅ~~ ってことは、『猿の惑星』につながりそうな・・・・ 新種のウィルスがまたたく間に世界中に広まって...
『コンテイジョン』 (こねたみっくす)
ウィルスの感染よりも速い恐怖の感染。そのリアルさに人間の愚かさを感じずにはいられない。 『アウトブレイク』のようなパンデミックの恐怖を描いた作品というよりは、パンデミ ...
「コンテイジョン」 情報パンデミック (はらやんの映画徒然草)
タイトルの「コンテイジョン(CONTAGION)」は「接触感染」という意味らしい
【コンテイジョン】生き残るためにはレンギョウ (映画@見取り八段)
コンテイジョン~ CONTAGION ~ 監督: スティーヴン・ソダーバーグ    出演: マット・デイモン、ジュード・ロウ、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、グウィネス・パルトロ...
コンテイジョン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スティーヴン・ソダーバーグ監督が、アカデミー賞獲得俳優を多く起用して作った世界規模のパンデミックを描いたサスペンスだ。疾病予防管理センター(CDC)やWHOが本格的に乗り出してきて、リアルな防護服で医師が登場するとドキュメンタリーを見ている気分になった。恐怖...
コンテイジョン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:CONTAGION(接触感染)。スティーヴン・ソダーバーグ監督、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス ...
コンテイジョン  監督/スティーヴン・ソダーバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  ケイト・ウィンスレット  ローレンス・フィッシュバーン  ジュード・ロウ 【ストーリー】 香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ症状で死亡し。ベスの他....
コンテイジョン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
コンテイジョン(マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン出演) [DVD]新種のウィルスの恐怖を豪華キャストで描く群像ドラマ「コンテイジョン」。素 ...
「コンテイジョン」みた。 (たいむのひとりごと)
まずはマット好きに始まり、さらにそうそうたる豪華キャストに惹かれるところだけど、『猿の惑星:創世記』の余韻が残っている時に予告編を見たこともあって、”ウイルス感染”という内容に期待していた映画。マット
『コンテイジョン』 (Contagion) (Mooovingな日々)
スティーヴンソダーバーグ監督、マリオンコティヤール、マットデイモン、ローレンスフィッシュバーン、ジュードロウ、グウィネスパルトロウ、ケイトウィンスレットほか 数日で命を落とす謎のウィルス感染が地球規模で発生する。感染が世界中に広まる中、各国は、治療...
コンテイジョン (キノ2)
★ネタバレ注意★   『トラフィック』のコンテイジョン版とも言うべき、あくまでリアルを追及したヒーロー不在のパンデミック・サスペンス。監督はスティーヴン・ソダーバーグ、主演がだれとは絞り難く、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フ...
始まりは全て小さい…。スティーヴン・ソダーバーグ監督『コンテイジョン』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容に触れています。スティーブン・ソダーバーグ監督によるパンデミック・サスペンス(←色々な呼び方ができそうですが)『コンテイジョン』出演(豪華!)はマット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、ロー
コンテイジョン (こんな映画見ました~)
『コンテイジョン』---CONTAGION---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン 、ジュード・ロウ 、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット 未知の致死性ウ...
コンテイジョン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【CONTAGION】 2011/11/12公開 アメリカ 106分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニ....
コンテイジョン (ル・ポネ101)
\( ̄0 ̄)/ 伝染等の意・・・「contagion」 映画「コンティジョン」を公開日に観に行きました。 まーまーな客の入りでした。 感染や伝染等の映画はよくありますが、リアリティのある映画でした。 なにがって? ケイト・ウィンスレットが・・・・ ...
コンテイジョン (だらだら無気力ブログ!)
『感染列島』なんか足元にも及ばない!!
コンテイジョン (心のままに映画の風景)
ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港の出張から帰国するや体調不良を訴え、死亡してしまう。 香港、ロンドン、東京でも同じような症状で亡くなる人が続出し、世界保...
『コンテイジョン』 (beatitude)
ベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)は香港出張の帰り、夫のミッチ(マット・デイモン)が待つミネソタの自宅に向かわず、シカゴで元恋人と密会する。だが、ベスは咳と熱を発症しており、同じような症状の人間が香港、ロンドン、東京など各地で次々と亡くなっていた...
【映画鑑賞】コンテイジョン 105分 「スリラーなのかなぁ?」 (愛知女子気侭日記)
こんにちは!まだ携帯で記事作ってます。 ホラーマニアからも評価が高いと噂。確かにこちら「デスノート」実写版の続編に雰囲気は似ているかもしれませんね。 私、この日はネタバレ宣伝が少ないモノを観ようと...
コンテイジョン (うろうろ日記)
試写会で見ました。 新しい感染病が発生し、ワクチンを開発する対応する側の人たちと
「コンテイジョン」 (みんなシネマいいのに!)
 え~実は自分はスティーヴン・ソダーバーグ監督の映画を面白いと思ったことがなくて
■コンテイジョン (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第246回「脅威は静かに、それでも確実に忍び寄る。」 私がパニック映画を好きなのは、以前からこのブログに書いてきた。そのパニックの要因となるものに天災・人災(火災や地震)、地球外生命体によるものなどいくつかあるが、今回の作品「コンテイジョン」は私たちの...
映画:コンテイジョン Contaigion 大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新しい? (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
スティーヴン・ソダーバーグといえば、自分的には「映画マニア」の印象が強い。 長編デビュー作「セックスと嘘とビデオテープ」で史上最年少パルム・ドール。 その後、撮る映画の方向性が2方向に別れる。 「アウト・オブ・サイト」「エリン・ブロコビッチ」「トラフィッ...
感染拡大~『コンテイジョン』 (真紅のthinkingdays)
 CONTAGION  香港出張からミネソタの自宅に戻ったベス(グウィネス・パルトロー)は、激し い痙攣を起こして急死する。夫のミッチ(マット・デイモン)は疾病予防管理セン ターによって隔...
コンテイジョン (風に吹かれて)
感染より怖いもの公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/contagion 監督: スティーブン・ソダーバーグ香港出張からアメリカミネソタ州に帰国したベス(グウィネス・パ
コンテイジョン (迷宮映画館)
うーん、これはお見事。あまねくきっちり描かれている秀作。
コンテイジョン (ただの映画好き日記)
香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ症状で死亡。
『コンテイジョン』・・・接触感染の恐怖 (SOARのパストラーレ♪)
ウィルス感染のパンデミック映画に何を期待するかで評価や感想が二分しそうな作品であった。
コンテイジョン (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/contagion/ マネーボールとどちらを先にしようか迷ったけど、主役の好みの差で本作を先にした。 ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港への出張後にシカゴで元恋人と密会していたが、...
コンテイジョン (Diarydiary! )
《コンテイジョン》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - CONTAGION
コンテイジョン Contagion (映画!That' s Entertainment)
●「コンテイジョン Contagion」 2011 アメリカ Warner Bros.Pictures,Participant Media,106min. 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:グィネス・パルトロウ、マット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、    マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッ...
コンテイジョン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
香港への出張から自宅に帰ったベスは風邪のような症状が出て数日で突然発作を起こして亡くなってしまいます。同じ頃、やはり香港出張から日本に帰ったビジネスマンがバスの中で倒れて死亡。さらに、ベスの息子も同じような症状で死亡。さらに、ロンドンでも同様の死者が出...
コンテイジョン(2011)■□CONTAGION (銅版画制作の日々)
 【恐怖】は、ウイルスより早く感染する。 評価:=70点 ソダーバーグ監督の最新作は、感染パニックサスペンス。確かに冒頭のグネス・バルトロウー嬢の口から泡ふき、痙攣して亡くなるシーンは本当にビビりました(汗) 誰でも感染って聞くだけで、わお~!と思っ...
コンテイジョン (そーれりぽーと)
実力派俳優達の共演が気になるパンデミック物『コンテイジョン』を観てきました。 ★★★★ アカデミー賞俳優がわんさか出てきて、テーマは俺好みのパンデミック物。 至福のひとときw 主役級の人までバタバタ亡くなっていくんだけど…。 中身は『感染列島』が“マトモ...
コンテイジョン/CONTAGION (いい加減社長の映画日記)
最近、よくあるパンデミックパニックムービー。 マット・デイモンなど豪華キャストが魅力的。 【ストーリー】 香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ症状で死亡し。ベスの他にも、香港、....
コンテイジョン (ケントのたそがれ劇場)
★★★  余り馴染みのないタイトル名だが、『Contagion』とは、『伝染』という意味であり、本作は今だかって人類が遭遇したことのないウイルスの恐怖を描いた、パニック・スリラー映画である。 この映画で描かれている新種ウイルスは、接触によって感染し、数...
コンテイジョン (Contagion) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・ソダーバーグ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ/アラブ首長国連邦 106分 サスペンス 採点★★★ 震災の時、整然と列を作って水や食料を求める被災者の姿に「日本人スゲェ!」って称賛の声が上がりましたが、あの時の事を思い出してみる...
コンテイジョン (シネマ日記)
試写会に行ってきました。普通の公開で見るつもりの作品だったのでラッキーでした。スティーブンソダーバーグは特に好きな監督というわけではないのですが、いつも興味深い作品を作っていることは間違いないし、彼が撮るとなるといつも豪華キャストになるのでそれも楽しみ...
コンテイジョン(映画)出演者を伏せて上映すれば (漢方薬剤師の日々)
怖いで~、新ウイルス。 あの人の手がドアノブに、咳き込んでほかの人に、グラスからまたほかの人に・・・ 新ウイルスがどんどん拡散して免疫のない人類はバタバタと倒れていく かつてのスペイン風邪とか、新しいところではSARSとかが思い出されて 防ぎようがないと...
コンテイジョン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「コンテイジョン」監督:スティーヴン・ソダーバーグ(『インフォーマント!』)出演:マット・デイモン(『アジャストメント』『グリーン・ゾーン』)ローレンス・フィッシュバー ...
コンテイジョン (2011) (肩ログ)
CONTAGION アメリカ 監督: スティーヴン・ソダーバーグ 出演:マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、マリオン・コティヤール、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニファー・イーリー、サナ...
コンテイジョン / Contagion (勝手に映画評)
高確率で人を死に至らしめる未知のウイルスのパンデミックを描いた映画。マット・デイモン、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、ケイト・ウィンスレット、グウィネス・パルトローなど、錚々たる俳優が出演しています。 近年、SARSや新型インフルエン...
接触感染という恐怖 (笑う学生の生活)
18日のことですが、映画「コンテイジョン」を鑑賞しました。 未知の致死性ウイルス感染が地球規模で発生 果たして どうなるのか・・・ ウイルスによるパニック映画なのだが 非常にリアルに徹して作られてますね まさに、シミュレーションのような しかし ストーリーは....
コンテイジョン(映画館) (ひるめし。)
【恐怖】は、ウイルスより早く感染する
★コンテイジョン(2011)★ (Cinema Collection 2)
クリックよろしくお願いします CONTAGION   【恐怖】は、ウイルスより早く感染する。   上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2011/11/12 ジャンル サスペンス/パニック 映倫 G 【解説】 「トラフィック」「オーシャン....
コンテイジョン (てるてるブログ)
2011年11月12日公開。 世界規模で発生したウィルス感染の恐怖を描いた作品。 豪華スター共演作という宣伝文句で、実際アカデミー賞受賞経験者がクレジットに名前を連ねている。 そんなスター達に特別な見せ場を用意している感じはないのに、それぞれがその演じる役...
「コンテイジョン」伝染るんです。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[コンテイジョン] ブログ村キーワード  “豪華6大スター共演!”スティーブン・ソダーバーグ監督が、未知のウイルスがもたらす恐怖を描いた本作「コンテイジョン」(ワーナー・ブラザース)。いやあ、恐いって!背筋は冷たくなるし、見終わったら無闇に咳できんよう...
「コンテイジョン」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
ゴホン、ゴホン。 観終わったらつい、セキをしたくなっちゃう映画よね。「コンテイジョン」って。 逆に観ている間は、他の人の視線が気になって絶対セキなんかできない映画。 接触感染により数日で命を落とすという強力な新種ウィルスが香港で発生。瞬く間に世界中に拡大...
コンテイジョン CONTAGION (映画の話でコーヒーブレイク)
予告篇を見た時に 「なんなの~?このラインナップ~?」 「主役級の有名どころがこんなに~?!」っと驚くと共に、「どんな映画?」と映画に興味を持ちました。 でも・・・「カウボーイ&エイリアン」の例もあるし、有名どころが出たからといっていい映画かどうかは別の....
コンテイジョン (C'est joli~ここちいい毎日を~)
コンテイジョン'11:米◆原題:CONTAGION◆監督:スティーヴン・ソダーバーグ「オーシャンズ」「トラフィック」◆出演: マット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、ローレンス・フィッシ ...
映画『コンテイジョン』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-72.コンテイジョン■原題:Contagion■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ソダーバーグ□脚本:スコット・Z・バーンズ□編集:スティーヴン・ミリオン...
ただの感染ものじゃないよ『コンテイジョン』 (Healing )
コンテイジョン ★★★★ 新種ウイルスの感染パニック! 映画の中で起きてることが なぜか今の日本と重なってみえる まず初めに、『コンテイジョン』て何!? と素朴なギモン。 なぜ原題そのまま? まあ最近は、気の利いた邦題をつけるのが難しいからか 原題そのままってパ...
コンテイジョン (銀幕大帝α)
CONTAGION/11年/米/106分/感染パニック・サスペンス/劇場公開 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 過去監督作:『オーシャンズ13』 出演: ◆マリオン・コティヤール…ドクター・レオノーラ・オランテス 過去出演作:『インセプション』 ◆マット・デイモン…...
コンテイジョン (いやいやえん)
パンデミックもの。なんちゅう豪華なキャスト!それを惜しげもなく女優を殺しちゃうんだからまた凄いや。 新種ウィルスの感染拡大は怖い。またも世間ではインフルエンザが流行ってますが、もっと感染症状が酷くて感
『コンテイジョン』『タイム』を新橋文化で観て、ええ組み合わせやねふじき★★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『コンテイジョン』 五つ星評価で【★★★★しまった。面白い】 スティーブン・ソダーバーグとは相性が悪いんだけど、 何でだか、今回だけはムチャクチャ面白かった。 グ ...
【映画】コンテイジョン…こんな事態の時、医療関係者の嫁とか居ると実に困るだろうなぁ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは週末の近況報告。 2012年9月22日(土曜日)は、午前中は買い物に小倉まで、その後、自家用車の半年点検を受けて、午後から私の実家で母親の誕生会をした一日。…もう母親も70歳です。 その翌日23日(日曜日)は、またまた嫁さんが買うモノがあるとかで昨日と同じ...