映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ロボジー

2012年01月31日 | 邦画(12年)
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。
 それには、主演のミッキー・カーチス(別名五十嵐信次郎)とか、濱田岳吉高由里子らの俳優陣の演技力の賜物であり、かつまた、『スウィングガールズ』や『ハッピーフライト』を制作した矢口史靖監督の力量が与って大きいのではと思われます。

 物語は、とある小規模家電メーカー・木村電器でロボット製作に勤しんでいた3人組(濱田岳ら)が、あと1週間の内に5分でも10分でもいいから動くロボットを作れとの社長(小野武彦)の鶴の一声で、窮余の一策として、被りものロボット「ニュー潮風」を作り、その中にミッキー・カーチス扮する鈴木老人を入れ、それを博覧会で披露したところ、バカ受け。今更、真実を言えなくなって、全国を巡り歩き、はては大学でロボット工学の講義までするようになります。
 そこに、このロボットに危ないところを助けてもらった吉高由里子まで加わって(実は、彼女は大学でロボット工学を研究しているロボットオタクなのです)、騒ぎは大きくなって、……。

 ロボット工学という最先端科学と、一線から疾うにリタイアした70過ぎの高齢者とが手を握るという破天荒な物語ながら、それぞれが抱える問題、さらには中小企業問題なども触れられていて、なかなか面白く見ることができました。

 主演のミッキー・カーチスは、『日輪の遺産』の冒頭とラストの方で登場する元通訳将校イガラシの役を好演していましたが、本作でも、その細身の体を十分に生かして、まさに適役に思えました。



 本作のヒロインである吉高由里子は、昨年の『婚前特急』と同様、コメディ・タッチの作品ながら、水を得た魚のように柔軟にスクリーンで活躍しています。



 また、濱田岳は、『今度は愛妻家』や『フィッシュストーリー』、『ゴールデンスランバー』など様々の作品で活躍しているところ、本作においてもなくてはならないキャラクター(社長と五十嵐信次郎と「ニュー潮風」との間に立って汗をかき続ける役柄)をこの人ならではの味わいをもって演じています。

(2)ロボットといえば、自動車工場で華々しく活躍している産業用ロボットが目に浮かびますが、むろんそれだけでなく、「AIBO(アイボ)」とか「ルンバ」といった身近なロボットも最近ではかなり出回っています。
 「アイボ」はエンターテインメントロボットであり、「搭載されたカメラから物体を視認し、声による命令を聞き分け、動作パターンなどを記憶・学習することによって個性を備えることなどが可能」でしたし(注1)、「ルンバ」はロボット掃除機です。

 こうした中で、本作に登場する「ニュー潮風」のような2足歩行型ロボットは、どんなコンセプトをもって制作されているのでしょうか?



 本作から窺えるのは、単に、人間の類似する外形を持った機械が、人間の行動の内の簡単なものを代行するというに過ぎないように見えます(だからこそ、老人が中に入っても様になるのでしょう)。
 あるいは、それを作り出した企業の技術力を世の中にアピールするということなのかもしれません。「ニュー潮風」についても、木村電器の社長は、ロボット博に出して企業宣伝をしようと考えたわけです。
 ただ、映画の中の大学の講義で明らかにされたように、その程度のことならば既に細かいところまで研究がなされていて、吉高由里子が、大学を卒業して木村電器に就職すると、すぐさま「ニュー潮風」2号が制作されてしまいます(注2)。
 でも、その際にも、なぜ人間の外形に似せたロボットを制作する必要があるのかが殆ど議論されてはいないように思われます。

 そして、そんなことをやっているからなのでしょうか、日本は工場等で使われる産業ロボットの面では、世界の先端を行く技術を持ち、かつ生産量をあげているにもかかわらず、日本のロボットが福島原発事故の現場で大活躍という報道は余りされていないように思われます(注3)。

(3)としたところ、現在、横浜美術館で開催されている展覧会で、自身の作品約100点を展示している日本画家・松井冬子氏(注4)と、ロボット工学者・石黒浩氏の対談が、雑誌『美術手帖』の本年2月号に掲載されています。

 一方の松井氏は、「爛れる自分の内臓をドレスの裾のように引き摺り、不気味な笑みを浮かべながら天地が反転する杉林を歩み行く女」(同誌P.67)など、大層不気味で陰惨な印象を見る者に刻みつける絵を沢山描いていますが、他方の石黒氏は、大阪大学大学院教授(基礎工学研究科システム創成専攻)で、「人間酷似型ロボット研究の第一人者」(同誌P.79)とのこと。


 (石黒教授と、教授をモデルに作られたジェミノイド)

 対談の中で、石黒氏は、「僕自身はアイデンティティーや存在感がすごく薄い人間というか、自分がわからないんです。松井さんも同じ感覚をお持ちなのでは?自分の存在に確信を持てないからこそ、人間らしさとは何かに余計にこだわる。それで僕はこんなロボットを、松井さんはあんな絵を描いちゃう(笑)。僕は共感しますけどね。すごくいい。」と述べ、松井氏も「ありがとうございます」と答えています。
 驚いたことに、芸術活動と最も遠い所に位置すると思われるロボット工学の第一人者が、芸術家同然の語り口で話しているのです!

 上記(2)では、「ニュー潮風」のコンセプトが分からないなどと申し上げましたが、もしかすると、その制作に当たっていた3人組は、自分のアイデンティティーを探すことに熱心だったのかもしれません!
 少なくとも、ミッキー・カーチス扮する鈴木老人は、皆から除け者にされかかっていたところ、「ニュー潮風」を被ることによってそのアイデンティティを取り戻したのではないでしょうか(なにしろ、木村電器の新型ロボット開発状況からして、まだまだ引退できない事情にあるようなので)?!

(4)渡まち子氏は、「もちろん映画はフィクションだし、このお話そのものが性善説に基づいて作られているのだからヤボなことは言わない。だがそれにしても、ニュー潮風の秘密がバレるかバレないかの“サスペンス”の部分が弱すぎる。それでも、新人俳優・五十嵐信次郎が実はミッキー・カーティスだということや、日本全国の有名ロボットが惜しげもなく集結するなど、見所は多い」として55点をつけています。



(注1)昨年12月18日のエントリの(3)で触れた立石泰則氏の『さようなら!僕らのソニー』では、「ストリンガー・中鉢体制」の誕生直後から展開されてきた措置の3番目として、犬型「AIBO(アイボ)」と二足歩行のヒト型「QRIO(キュリオ)」という「二つのエンタテインメント・ロボからの撤退」が挙げられ、「それを中止したのは、ストリンガー氏と中鉢氏が「技術」に関心がない、将来の家電製品のあるべき姿をイメージできない、見通しをもっていないからである」と述べられています(P.233〜P.234)。

(注2)尤も、それも不調で、窓から地上に落下して壊れてしまうのですが。

(注3)例えば、米国の軍用ロボット「パックボット」(米アイロボット社が開発)の名前などを聞きますが。
 なお、WikipediaのASIMOの項には、「ホンダはアシモの技術を応用し、福島第1原発内で活用するアーム型ロボットも開発する予定だという」と述べてありますが、その後はどうなったでしょうか?
 また、こうした方面で研究が進まなかった事情を、なんと中国メディアが伝えているようです。

(注4)松井冬子氏については、一昨年1月7日のエントリ、及び昨年11月12日のエントリの(3)でも触れています。



★★★☆☆




象のロケット:ロボジー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイウェイ | トップ | アニマル・キングダム »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
木村電気 (milou)
2012-01-31 08:45:07
矢口監督は嫌いなので『ハッピーフライト』しか見ていなかった(TVで『スイングガールズ』の一部は見た)。
ただ嫌いになったきっかけが舞台挨拶か何かの態度だったので『ひみつの花園』を見ているはずだが記憶にも記録にもないので分からない。

だから『ロボジー』も見たいとは思わなかったが映画の好みが非常に近い知人が面白かったと言うので時間の都合で見ました。予想よりは面白く見れましたが、それはやはり五十嵐信次郎に負うところが大です。ちなみに田辺誠一も嫌いなので今回は出番が少なくて安心。

僕が最初に乗れなかったのは“とある小規模家電メーカー・木村電器”です。当然ながら“昭和電機”を連想させます
映画のトップシーンは廊下を歩く男(社長)の足を追いかける縦の構図、続いてカットが変わると(よくアメリカ映画の病院のシーンにありそうな)近代的なビルの空中のガラスの渡り廊下を右から左へ歩くロングで捉えた横のシーン。ロングなので足同様男であることしか分からない。

つまり(僕の勘違いでないとして)木村電器という会社の規模なのです。3人組の作業場や記者会見の場所(窓から落ちるシーン)を見ると町工場のような感じしかないが、何回か立派なビルのように見えたし、ロボット開発部も7階建てぐらいのビルの上の方だった。

せいぜい社員が十数人ならまだしも数百人もいる会社なら、あくまで最初は思いつきの企画だとしてもオチこぼれ“3人組”に担当させるはずがない。しかもロボット大会当日に社長は顔も見せない…

と、そもそもの設定に“矢口らしさ”?を感じてしまった。もう1点、最初鈴木老人は耳が遠くワイヤレスマイクを30センチも遠ざけると何も聞こえないはずなのに途中からは一切マイクを使わなくなる。

とまあ、細かいことを言い出すとキリがないのですが、最初に書いたように全体的には楽しく見ることができ、興行的にもヒットしているようですね。
中企業or小企業? (クマネズミ)
2012-01-31 22:03:39
milouさん、コメントをありがとうございます。
確かに、「木村電器」がどんな会社なのかはよく分からないところです。
おっしゃるように、下に落ちてしまったロボットを窓から3人組が見るシーンなどからは、ある程度「立派なビル」に入っている会社のように思えるところ、3人組がロボットを開発している姿からは、とても社員が「数百人もいる会社」とも思えず、しかしロボット博に出展するものを作るというからには、「社員が十数人」の町工場というのもおかしいのでは、というところから「零細」ではなく「小規模」の「家電メーカー」といった書き方にしてみたのですが。
とはいえ、考えてみれば、ロボット工学の研究に熱心な大学から、吉高由里子のようなよくできそうな学生が、小さな町工場に就職などしないでしょう!
また、落ちこぼれ3人組は、元はエアコンのIC担当であるとか、洗濯機の営業とか梱包の担当だったようで(文科系とも考えられます)、いくら様々の本を買い集めてみたところでロボット工学などとても歯が立たないのではとも思われます。
こんな風に、いくらでもあげつらうことはできるでしょう。
でもマア、これはこんな軽い感じの作品なのかな、と思っています。
なお、クマネズミは、矢口監督作品といっても『スイングガールズ』と『ハッピーフライト』しか知りませんが、『スイングガールズ』を高く買うものです。
ロボットなど作れるはずがない (KGR)
2012-02-01 09:49:35
確かにそうで、落ちこぼれ3人組がいかに優秀でも、最初の壊れたニュー潮風を作れだけでも絶賛に値します。
いくら優秀な学生が大勢集まっても等身大の二足歩行ロボットが何度かの議論できてしまうほど簡単なものではないし、何より構造もさることながら、センサーからの情報の処理と制御プログラムの難易度の高さは
言うに及ばずってところでしょうか。

しかし、それを言ってしまえば物語そのものが崩壊します。
この映画は科学ドキュメントでもそれをベースにしたパロディでもないので、他の映画と同じようにある程度のありえない設定は許されると思います。

私は大変面白くよくできた作品だと思いました。
心配はしないが (milou)
2012-02-01 10:50:39
自分のブログでもないのにコメントに対するコメント失礼します。

多分理解してくれてはいると思いますが、ここで何度も書いたように“現実と違うこと(あり得なさ)”に文句を付けるわけではありません。そんなことを言えばホラーやSFを筆頭に、極端に言えばドキュメンタリーですら100%フィクションなので、すべての映画に“あり得ない”部分はあります。
その、あり得なさの程度を許容できるかどうかを僕は、その映画を楽しめたかどうか、が基準だと思っています。楽しめるというのは、例えば好きな俳優が出てるとか、関係者に知り合いがいるとか、実に下らない(?)外部要因が大きく作用します。

例えば『ケータイ刑事 The Movie 2 石川五右衛門一族の陰謀〜決闘!ゴルゴダの森』では映画冒頭で熊野古道のような深い森が港区青山にあり、しかも奥深い峠にビデオレンタル店(何と2号店)があるという馬鹿馬鹿しさ。しかし僕はそれだけで乗ってしまい最後まで映画を楽しめました。

ということで、この作品の場合は、まあまあ楽しめた程度の許容度でした。
ネタバレ予告。 (ほし★ママ。)
2012-02-01 21:49:03
これは、かなりひどかったですね。
なので、私も全く期待せずに観ました。
でも、思いのほか乗れました。

それは、きっと私が全く産業界やロボットに対して
無知だからなんでしょうけど
監督の前三作は、ラストの着地が見えているものだったのが
今作は、どんな風に落とすのかハラハラしていたら
そこがなかなか笑わせてくれたからです。
 
結局、「ニュー潮風」は、被り物のキャラクターと同じだったわけで
やはり、ロボットが担うべきなのは
「人間の及ばないところで、力を発揮する事」との
意味も込められているように思ったりもしました。
理解しています! (クマネズミ)
2012-02-01 22:52:01
milouさん、心配されずともmilouさんを誤解していないつもりですし、クマネズミも全くそのように考えおります。
おっしゃるように「すべての映画に“あり得ない”部分はあ」るのであって、「“現実と違うこと(あり得なさ)”に文句を付け」ていったら、評価できる映画など皆無になってしまうでしょう!
milouさんがおっしゃるように、「あり得なさの程度を許容できるかどうか」の問題となって、それは結局は、「その映画を楽しめたかどうか、が基準」となるのでしょう。
最近見た映画で言えば、『マイウェイ』は、“based on a true story”を前面に打ち出して“真実の物語”だということを余りに謳うものですから、逆に「あり得なさ」が目立ってきてしまい、クマネズミにはとても楽しめませんでした。
逆に本作は、コメディタッチの軽いお話なことがすぐ分かる作りになっていますから、いろいろ「「あり得なさ」をあげつらうまでもないと思え、milouさん同様、映画自体を楽しむことができます。
なお、以前の話で恐縮ですが、『戦火のナージャ』の冒頭部分について、こんなことは実際にあり得ないのだから「夢」と捉えるべきだと言われ、そうかもしれないがそれではちっとも面白くないので、映画の上では「現実」に起きたこととしてはどうかと言い返したのですが、全く受け入れてもらえませんでした。
逆に、『レポゼッション・メン』や『スイッチを押すとき』では、人の死をゲーム感覚でとらえるような姿勢に当初から嫌悪感を抱いてしまい、その設定自体をあり得ないこととして受け入れることができませんでした。
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-02-02 16:14:32
こんにちは★

TBありがとうございます。

粗末な(失礼!)な感が否めない中にも
素朴な笑いがあったのが、良かったかな〜と思います。

ありがとうございます。
お礼 (クマネズミ)
2012-02-02 21:08:51
「yutake☆イヴ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、手の込んだ笑いというよりも、“おなら”で換気扇が回ったりするとか、“トイレ”の竹中直人の表情など、「素朴」ながらとてもおかしく、愉しんで見ることが出来ました。
こんばんは! (愛知女子)
2012-02-05 23:08:38
クマネズミさん、拙ブログにトラバとコメント賜りましてありがとうございます!
そうでした。ミッキー・カーチスさんは『日輪の遺産』に出てましたね。
コメディ映画の中では勢いが続かず中だるみや尻すぼみになってしまうものも多いのですが、こちらの映画は最後までやってくれました。
私、この映画は劇場内のハチャメチャな宣伝を見て関心を持ちました。
ワクワク期待して観たのですがそれでも満足感は高かったです。
「ハチャメチャな宣伝」? (クマネズミ)
2012-02-06 05:12:44
「愛知女子」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、本作は最後の最後まで面白さが持続して、大層満足いたしました。
ところで、「劇場内のハチャメチャな宣伝」とあるところ、クマネズミが見た渋谷の映画館では、単に予告編が流れているモニターが置かれているだけでしたが、「愛知女子」さんが『ロボジー』をご覧になった「田舎の映画館」(失礼!:貴エントリにありましたので)では、どんな「宣伝」がなされていたのでしょう?
あるいは、変に洗練されたシネコンで上映するよりも、本作は、「ハチャメチャな宣伝」のある映画館の方が似合うのかもしれません。なにしろ、主役が、ステテコ姿で登場したりするのですから!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

68 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
No.296 ロボジー (気ままな映画生活)
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督がロボットを題材に描くオリジナルのコメディドラマ。弱小家電メーカー、木村電器で働く小林、太田、長井の3人は、企業 ...
「ロボジー」主演・五十嵐信次郎って誰? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ロボジー] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖 監督、待望の最新作!「ロボジー」(東宝)。今回のテーマは『ジジイとロボット』!『変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をし...
劇場鑑賞「ロボジー」 (日々“是”精進! ver.A)
ローテク・ロボ、参上… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201170004/ 映画 ロボジー オリジナルサウンドトラック ミッキー吉野 スザクミュージック 2012-01-11 売り上げランキング : 7093 ...
ロボジー (あーうぃ だにぇっと)
ロボジー@有楽町朝日ホール
「ロボジー」ROBO-G (東宝=フジテレビ=電通=アルタミラピクチャーズ) (事務職員へのこの1冊)
YouTube: 映画「ロボジー」主題歌 MR. ROBOTO by 五十嵐信次
ロボジー (うろうろ日記)
試写会で観ました。【予告orパンフの印象】ロボットになったお爺ちゃんが吉高ちゃん
『ロボジー』 成長の鍵はコレだ! (映画のブログ)
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...
映画『ロボジー』 観てきたよ〜〜(^^)V (よくばりアンテナ)
笑った笑った(=^0^=) 楽しかった〜〜 日本の映画ってコメディもいいよね〜〜 最後の最後まで練られたストーリーで しっかり笑わせてもらいました! ロボットっていっても、シロウトに毛が生え...
ロボジー (迷宮映画館)
監督がニマニマしながら作っている姿が目に浮かぶ・・・・
『ロボジー』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(...
ロボジー (とりあえず、コメントです)
『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督の最新コメディです。 ロボットとおじいさんが並んでいる写真を見た時から楽しそうだなと思っていました。 矢口監督らしい笑いと展開に、クスクスしながら最後まで楽しめる作品でした。
『ロボジー』 2012年1月10日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ロボジー』 を試写会で鑑賞です。 東宝の正月映画はクオリティ高いですね〜 【ストーリー】  弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しか...
「ロボジー」ドモアリガットMr.ロボット (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
私が今月の1本にあげた作品。 こういう映画大好き!! ロボットにじいちゃん入れちゃうんだよぉう☆これは観ないと!
映画「ロボジー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/1/14、109シネマズ木場。 五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、浜田岳、川合正悟(チャンカワイ) * 木村電器の小林(浜田岳)、太田(チャンカワイ)、長井(川島潤哉)は 木村社長(小野武彦)から二足歩行ロボット「ニュー潮風」の製....
ロボジー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 物語の流れを変えたあのキッカケが弱過ぎたかな。
ロボジー〜はパンチラの夢を見るか (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。矢口史靖監督、五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦、竹中直人。木村電器の社長命令プロジ ...
ロボジー (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/01/14公開 日本 111分監督:矢口史靖出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦 変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした−−。 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、...
ロボジー/濱田岳、吉高由里子 (カノンな日々)
ヒットメーカー矢口史靖監督の最新作です。『リアル・スティール』とは真逆のベクトルを進むロボット映画ですけど、この発想もなかなかユーモアがあって魅力的ですよね。キャッチ ...
ロボジー (★tip of the iceberg★)
面白い! 土曜日公開でしたが、矢口監督大好きな主人が珍しく邦画に腰をあげると仰るので待っていたら、 月曜日になってしまった。 だから、期待マックスでスクリーンに向き合いましたよ。 展開がどうなることやら、こっちが心配になるほどのロボット開発チームの3人....
『ロボジー』 (こねたみっくす)
物足りない!制服女優・田畑智子さんが制服を着ていないのが物足りない!ミッキー・カーティスさんのロボットコスプレよりも田畑智子さんの制服コスプレを見せてくれ! ジイさん ...
『ロボジー』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 矢口史靖 出演: 五十嵐信次郎 、吉高由里子 、濱田岳 、川合正悟 、川島潤哉 公式サイトはこちら。  フリーパスポート8本目。 大好きな濱田くんご出演ということで当然鑑賞。 公開日に行って来ました。 満席! 予告で相当流れているので詳しくは書...
ロボジー (そーれりぽーと)
矢口史靖監督最新作、今度はロボットがテーマ。 『ロボジー』を観てきました。 ★★★★ ロボットにおじいちゃんの魂が乗り移る系のファンタジーを撮ったのかと勘違いして観に行ったら、ロボットにおじいちゃんを入れて八百長発表をする事で後に引けなくなる話。 しかも...
『ロボジー』 ('12初鑑賞10・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 1月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:05の回を鑑賞。
「ロボジー」  、文句なし。大絶賛 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
まさか、ロボットの中におじいさんが入っているとは思わない。そのまさかを逆手に取った傑作だ。これぞ日本のロボット技術。大ヒット間違いなし。世界に配給できる出来栄え。抜群におもしろい。前半に配置した伏せんをしっかり回収する脚本がすばらしい。
[映画『ロボジー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しくて時間がなく、20分で書く・・・。  後から書き足しをすると思う、あしからず。    ◇  私はどうも、この作品の監督・矢口史靖の、なんちゅうか「優しさ」とか「手作り感」のある作風に苦手意識を持っており(例えば、出演の濱田岳の顔に代表される善良...
ロボジー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 ロボジー オリジナルサウンドトラッククチコミを見るデジタルとアナログを足して優しさを生む「ロボジー」。リアルな事情はしばし忘れて楽しむのが正解だ。弱小家電メーカー ...
『ロボジー』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
映画 ロボジー(公式サイト) を 思いがけず「舞台挨拶付」の試写会でみせて頂くことができました。   矢口監督、吉高ちゃ
ロボジー (勝手に映画評)
『ウォーターボーイズ』で男子シンクロを、『スウィングガールズ』でビッグバンドジャズを、そして『ハッピーフライト』で航空業界を描いた矢口史靖監督の最新作品。今回は、ロボット業界にメスを入れています(笑)。 何と言っても、主演の『新人』五十嵐信次郎が話題です...
ロボジー (映画 K'z films 2)
Data監督矢口史靖出演五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 田畑智子 和久井映見公開2012年 1月
ロボジー  監督/ 矢口 史靖 (西京極 紫の館)
【出演】  五十嵐 信次郎  吉高 由里子  濱田 岳  川合 正悟  川島 潤哉 【ストーリー】 家電メーカー木村電器の窓際社員・小林、太田、長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。近く行われるロボット博での企業広告が目的....
【ロボジー】鈴木さん、助けてください (映画@見取り八段)
ロボジー 監督: 矢口史靖    出演: 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦、田辺誠一 公開: 2012年1月            ...
ロボジー (だらだら無気力ブログ!)
吉高由里子が素晴らしい。
「ロボジー」じいさんロボットが暴走した先にみたじいさんロボットに惚れたロボットオタク女と窓際3人組のロボット開発 (オールマイティにコメンテート)
「ロボジー」は電機会社が社長の思い付きでロボットでPRしようとリストラ寸前の社員がロボット開発をするが直前で故障し、73歳の老人がロボットの中に入って奇想天外が行動で ...
『ロボジー』 (beatitude)
家電メーカー木村電器の窓際社員、小林(濱田岳)、太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人は、いつもワンマンな木村社長(小野武彦)から流行の二足歩行ロボット開発を命じられる。近く開催されるロボット博での企業広告が目的だった。しかし、ロボット博まであと1週間...
「ロボジー」:もっと脚本練らないと (大江戸時夫の東京温度)
映画『ロボジー』は、矢口史靖らしさはあるものの、うまくいってない部分も多くて、中
■『ロボジー』■ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2012年:日本映画、矢口史靖監督、五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
「ロボジー」 (元・副会長のCinema Days)
 矢口史靖監督にしては“薄味”な映画作りだ。たとえば「スウィングガールズ」や「ハッピーフライト」のように、題材に対する深遠なリサーチが独特の凄みを醸し出して観客を圧倒させることはない。ならば面白くないのかというと、そうではないのだ。適当に肩の力が抜け...
ロボジー (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.robo-g.jp/ 製作段階からとても楽しみにしていた作品。 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。 しかし、発表直前の1週間前にロ....
「ロボジー」 (てんびんthe LIFE)
「ロボジー」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 2012-009 矢口監督の作品はテンポの良さがウリ。 2週連続で1位をキープしているこの作品です。 男子高校生、女子高校生、新人CAとパイロットときて今回はおじいちゃん。 しかしこの爺さん、下着姿でうろうろしてて監督...
ロボジー【映画】 サイボーグGちゃんに非ず (as soon as)
ドモアリガット みすたーろばっと ドモ ドモ サイボーグGちゃんはサイボーグなので吹きすさぶ風がよく似合いますが ロボジーはワンカップがよく似合う じゃあマウスで描いてみます ウロ覚え選手権...
ロボジー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  弱少家電メーカーの開発担当者3人は、社長の思い付きでロボットを創らされたが、どうも上手く動かない。ロボット博まであと一週間に迫った日に、ひょんなことから窓からロボットが落ちて壊れてしまう。 もう修理している時間がない。追い詰められた三人は、...
ロボジー (ただの映画好き日記)
家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。
ロボジー (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
弱小家電メーカーの社員3人は、社長命令でロボット開発をする羽目になります。けれど、折角、動きかけたロボットが、発表する予定のロボット博1週間前に大破。やむなく、ロボットの中に人間を入れて、その場を誤魔化そうとしますが...。 主人公の五十嵐信次郎(ミッ...
映画『ロボジー』★「あのー鈴木さん」素朴に面白かったです☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
     公式サイトです。 http://www.robo-g.jp/index.html  作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/157160/   映画レビューしました。(結末は言ってません) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id3406...
■ロボジー (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第253回「どんなに荒唐無稽な話でも、結末次第で名作に」 2011年末から2012年初めにかけて、すっかり映画鑑賞から遠ざかってしまいました。いくつか話題作はありましたが、どうしても観たいと思える作品ではありませんでした。今日の作品「ロボジー」も絶対に...
「ロボジー」 またまた意外な組み合わせ (はらやんの映画徒然草)
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作です。 今まで
映画・ロボジー (読書と映画とガーデニング)
2012年 日本 社長命令で3ヶ月で二足歩行ロボットを開発しなければならなくなった、家電メーカー、木村電器の窓際社員3人 エアコンIC担当だった小林(濱田岳)、洗濯機営業担当だった太田(川合正悟)、梱包担当だった長井(川島潤哉) ロボット博開催まで数日となっ...
ロボジー(2012-005) (単館系)
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...
映画:「ロボジー」〜劇場で (David the smart ass)
五十嵐信次郎主演のロボジーを見てきました。 音楽のことはあんまり詳しくないの、この、五十嵐信次郎がミッキー・カーチスだなんて、今、記事を書き始めて、初めて知りました。こういうことは、書いてもな...
『ロボジー』・・・ドモアリガトーミスターロボット(懐) (SOARのパストラーレ♪)
2012年最初の映画鑑賞は私の大好きな矢口監督の鈴木さんシリーズ(?)最新作! これまでの作品のような終盤へ向けての盛り上がり感は少々控えめだが、笑いと感動のツボをうまくおさえたストーリー展開はやっぱり矢口監督ならではの面白さ。“ジジイとロボット”というあ...
ロボジー (to Heart)
製作年度 2011年 上映時間 111分 脚本 矢口史靖 監督 矢口史靖 音楽 ミッキー吉野 出演 五十嵐信次郎/濱田岳/吉高由里子/川合正悟/川島潤/田畑智子/和久井映見小野武彦/森下能幸/田中要次/田辺誠一 「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が贈る痛...
【映画鑑賞】ロボジー1時間51分 (愛知女子気侭日記)
〈感想〉 椅子が揺れっぱなしになりながら涙目で堪えてました。 いやはやハチャメチャバカ映画です!! よく出来きましたね。 Blu-ray出たらまた観たいです。 初日の夕方行きましたが、田舎の映画館の割に...
ロボジー ぎゃはははは〜っそないくるか〜! (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた....
ロボジー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
二足歩行ロボットの開発を命じられた電器メーカー社員が、開発に行き詰まり、老人にロボットの外装を装着したことから起きる騒動を描くコメディ。出演は五十嵐信次郎こと「日輪の ...
映画・ロボジー (読書と映画とガーデニング)
2012年 日本 社長命令で3ヶ月で二足歩行ロボットを開発しなければならなくなった、家電メーカー、木村電器の窓際社員3人 エアコンIC担当だった小林(濱田岳)、洗濯機営業担当だった太田(川合正悟)、梱包担当だった長井(川島潤哉) ロボット博開催まで数日となっ...
ロボジー (ハリウッド映画 LOVE)
ROBO-G監督・脚本:矢口史靖出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦
ロボジー (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】矢口史靖 【出演】五十嵐信次郎/吉高由里子/濱田岳/川合正悟/川島潤哉/田畑智子/和久井映見/小野武彦 【公開日】2012年 1月14日 【製作】日本 【ストーリー】 家電メーカー、木村電...
「ロボジー」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/アルタミラ・ピクチャーズ = 配給:東宝 監督:矢口史靖 脚本:矢口史靖 脚本協力:矢口純子 製作:亀山千広、新坂純一、寺田篤 エグゼクティブプロデューサー:桝井省志 企画:石原隆、
「ロボジー」 (みんなシネマいいのに!)
 ワンマン社長から二足歩行ロボットの開発を命じられてしまった木村電器のロボット開
矢口史靖監督 「ロボジー」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
昨日(2012年2月1日)の映画の日、久々に映画のハシゴ。 まず1本目はネットとかで、まぁまぁ評判の良い本作「ロボジー」 矢口史靖監督の作品を観るのは「ウォーターボーイズ」以来 オフィシャルサイト⇒http://www.robo-g.jp/index.html 【あらすじ】 家電メー...
おじさんシネマ(ロボジー) (おじさん(Age.56)日記By宙虫)
ロボジー 淡々と進むコメディー映画。 どこか懐かしい画像。 スペクタクルに展開すればできる話をごく普通の世界に引き戻してしまう。 そこに生まれる笑いとちょっと切ない話がミックスされて。 「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」の監督、矢口史靖監督...
ロボジー (pure\'s movie review)
2011年 日本作品 111分 東宝配給STAFF監督:矢口史靖脚本:矢口史靖 矢口純子CAST五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 田畑智子 小野武彦 矢口監督に外れはないのは分かっていることなんだけど、その中でも一番好きです、ロボジー。本当に笑わせて....
映画『ロボジー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー...
ロボジー (我が頭に巣くう映画達)
8点 2012年の日本映画で、 監督は「スウィングガールズ」、「ハッピーフライト」の矢口史靖さん、 主演は五十嵐信次郎ことミッキー・カーチスさんです。 家電メーカーで働く3人のエンジニアは、 ロ...
ロボジー (銀幕大帝α)
11年/日本/111分/コメディ/劇場公開(2012/01/14) −監督− 矢口史靖 『ハッピーフライト』 −製作− 亀山千広 −脚本− 矢口史靖 −出演− *五十嵐信次郎『デッドボール』・・・鈴木重光 *吉高由里子『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』・・・佐々木葉子 *濱田...
ロボジー (いやいやえん)
家電メーカーで働く3人のエンジニアは、ロボット博に向けて二足歩行ロボットを開発、しかし開発中のロボットが大破してしまう。困った3人はお爺さんにロボットの着ぐるみを着てもらい、何とかロボットを発表すること
ロボジー (Akira's VOICE)
ロボットは夢である!
【映画】ロボジー…北九州は映画ロケが多い的な話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ゴールデンウィークも本日で終了。 そんなゴールデンウィーク後半の過ごし方・その2 2013年5月4日(日曜日・みどりの日)は、朝から友達と福岡のコンサートに行くという娘を小倉駅まで送った後に昼寝。夕方から帰省する(本当は小倉で飲んで、早朝の新幹線に乗る)とい...