映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ゴールデンスランバー

2010年02月21日 | 邦画(10年)
 『ゴールデンスランバー』を吉祥寺で見てきました。

 伊坂幸太郎氏の原作を映画化したものは、これまで『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フッシュストーリー』、それに『重力ピエロ』を見てきましたし、『クヒオ大佐』で類い稀な演技を披露した堺雅人が主役を演じもするというので、何はさておきと映画館に駆け付けたところです。

(1)実際に見てみますと、伊坂氏原作の4作品の中で、やはり『アヒルと鴨のコインロッカー』の一位は動かないものの、少なくとも二位にはなる出来栄えではないかと思いました。

 というのも、まず、『アヒルと鴨のコインロッカー』や『重力ピエロ』と同じように、この作品もまた仙台を舞台としているのです。主役の青柳青年が、仙台市内を所狭しと走りまくるのは、同市の地理をある程度知っている者には実に興味が惹かれる点です〔「勾当台公園」と聞いて、大体あそこだと分かれば言うことなしでしょう!〕。

 それに、主役を、今一番脂が乗り切っている堺雅人が演じていることも注目すべきでしょう。
 この映画では、単なる宅急便運転手にすぎない市民が、突然首相暗殺犯人にされるわけですが、日常生活を営んでいるときのあまり緊張感のない様子から、いわれなき犯人とされてなんとか逃げのびようとするときの真剣な表情への豹変ぶりは、この役者でないと出せないかもしれないと思いました。

 また、映画の中で重要な役割を演じることになるビートルズの「ゴールデンスランバー」は、アルバム「アビー・ロード」を聞いたときから好きな曲でした(この曲から、「Carry That Weight」へ、そして「The End」にいたるメドレーが実に格好いいので)。映画では、斎藤和義氏が歌っているとところ、またポールとは違った味わいがあるのではないかと思いました(注)。

 さらに加えれば、時事性の点でも面白さを持っていると思います。
 言うまでもありませんが、冒頭で総理がテロに遭って暗殺されてしまうのは、9.11事件をはじめとするテロ事件を思い起こさせますし、あるいは青柳青年によく似た人物が怪しい行動するところなどは、市橋事件を想起させます〔さらには、本人が思い当たらない事件で真犯人にでっち上げられてしまうのは、菅谷さん冤罪事件そのものといえるでしょう〕。

 そういった社会性・時事性を持つ作品でありながら、その点は前面に出さずに、あくまでも青春時代に築いた男女4人の強い絆を巡るお話というラインで描いているのが、この映画のいいところではないかと思いました。

 だから他方で、下記にもあるように、評論家の間で、「映像に力が感じられない」(小梶勝男氏)とか「権力による巨大な陰謀という部分は残念ながら迫力不足」(渡まち子氏)といった批判を招くのでしょう。
 ただ、9.11事件やその後のイラク戦争などを見ても、テロの背後にいる黒い組織はとらえどころがないようであり(ビンラディン!)、たとえその組織を力でつぶしたとしても不死身のごとく蘇ってくるようでもあって(アフガニスタンのタリバーン!)、むしろキチンと描き出さないでいた方が、そしてむしろ学生時代の友情の復活劇といった小市民的なドラマに徹する方が、かえってその不気味さが際立ってくるのではないでしょうか?

(注)アルバム「Abbey Road」に収録されているのは「Golden slumbers」と、一つの言葉として繋がっているわけではなく、それも複数形なのに、伊坂氏の小説の題名もこの映画のタイトルも単数形で一つの言葉となっているのは、著作権の関係からなのでしょうか?

(2)この映画では、仙台市内に敷かれている下水道管が重要な役割を果たしています。
 地下の下水道に重きが置かれている物語は、これまでも随分あると思われます。古くは小説『レ・ミゼラブル』でしょうし、これまで何度か映画化された『オペラ座の怪人』とか、ポーランドの「ワルシャワ蜂起」を描いたワイダ監督の『地下水道』(1956年)もあるでしょう。

 ちなみにここでは、以前の記事で触れた松浦寿輝氏の『川の光』(中央公論新社)を見てみましょう。
 川の工事で巣穴を追われたクマネズミ一家は、しばらく市立図書館に住み着きますが、やはり川辺に巣穴を見つけ出すべくそこを後にします。ただ、ドブネズミの縄張りを迂回して川岸に出ようとして、下水道を利用します。

 「浅い流れのわきに、水に足を取られずにネズミが走ってゆく程度の余地はある。しかし、下水道の床面は側面にかけて湾曲しているし、何やらわからぬもので足元がぬるぬるしているので、三匹とも何度も足を滑らせて汚水のなかに転がって、皆たちまち泥だらけになった。……」(P.104)

 映画の青柳青年も、おそらくはこんな感じで地下の下水道の管の中を走ったのではないでしょうか?

(3)映画評論家は総じて好印象を持ったようです。
 小梶勝男氏は、「いろんな場面がサラッと流されてしまって、映像に力が感じられない」としながらも、「十分に面白いことは認め」るとして80点をつけていますし、
 渡まち子氏は、「仲間たちとの信頼を唯一の武器に走る主人公に、いつしか感情移入してしまい、あれよあれよの大逃亡劇も思いがけず楽しめた」として60点をつけています。
 中で、前田有一氏は、70点をつけながらも、あろうことか先ず「いま民主党政権はいわゆる外国人地方選挙権を推し進めようとしていること」を持ち出してくるのです。
 評論の途中では、この作品は「基本的にはポリティカルサスペンスではなく、コメディを交えた友情ドラマ」だとしていて、そんな問題とは自分は無関係だという素振りは見せているものの、前田氏の関心は、この作品よりもむしろ政治の動向に向けられていることは明らかです。なにしろ、民主党政権は、「内閣に反対派の亀井大臣を入れている時点で、本気で通す気などゼロではないか」などと、政治評論家まがいのことを書いているくらいなのですから〔政府の方で通す気がないというのなら、わざわざ映画評論の中でそんな政治問題を取り上げる必要など端からなかったでしょうに〕!

★★★★☆

象のロケット:ゴールデンスランバー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (88)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャポニスム | トップ | 板尾創路の脱獄王 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-02-21 09:07:02
引用された評論家の方々のご意見、参考になりました(反面教師として)
この映画に「ポリティカルサスペンス」を持ち出すのはどうなんでしょうか。
権力という意味では警察(警察庁)が敵役ですが、政治はさらにその向こうですから、この映画のテーマとして云々する類いのものではないような気がします。

こんにちは。 (みぃみ)
2010-02-22 10:16:27
トラックバック、ありがとうございました。

オープニングの映像とラストの映像の繋がり、ラストには+αがついていたり、最初に逃げ込んだ部屋と爆弾とが繋がっていたり、と随所に伏線が盛り込まれているのが楽しめました。

逃走劇かと思いきや、友人との絆が主となっていたり…。原作が未見なので読んでみようと思っています。
同感、です。 (minatomo)
2010-02-22 12:40:21
TBありがとうございました。

この映画の良さは、深刻なテーマをサラリと、青春劇にしてしまったところにあると思っているので「黒幕を描き切れていない」という批評はナンセンスだと感じていました。共感者がいてうれしいです。

こんな大きな権力と陰謀に、宅配便の運転手が立ち向かえるはずないじゃないですか。そんなの、ハリウッド映画の無茶ぶりだけでたくさんです。

目に見えないものの不気味さ、不条理さがテーマだとすれば、見事に描ききった作品ではないでしょうか。

仙台市内に土地勘のある方の視点での感想、おもしろかったです。
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-02-28 11:24:20
TB有難うございました。
一般市民が突然、首相暗殺犯にされてからの
逃亡劇、見応えがありました。
洋画のようなスピード感ある展開ではなく、
あくまで人の信頼関係、友情をベースにした
お話でしたが、笑い、涙ぐむシーンもあり
もう一度見たくなりました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
人はまどろんで何に向かうのか ( 蛸庭の夢)
2010-03-02 01:14:49
  主役の青柳雅春を堺雅人が好演し、脇役もなかなかで、しかも伊坂幸太郎作品を多く撮っている監督の作品でしたが、娯楽として映画をみる私には、イマイチという感じがありました。いまのところ、伊坂作品の映画化では、「重力ピエロ>フィッシュストーリー>……>」という感じで、重力・フィッシュの二つがが飛び抜けています。
  というのは、娯楽としてあまり楽しめないというのが大きな理由です。総理暗殺という大事件の犯人たちがぬくぬくしていて、その犯人集団(国家警察組織?)から犯人に仕立てられそうになった青柳君が逃げ終えたということで物語が終わるからで、セミ・ハッピーエンドなのでしょうが、そうした意味の爽快感があまりありません。もっと真の犯人像が明らかになるとか、なにか一撃を与えることになっていて、それだからこそ、逃げ延びたということが成功だという終わり方がされるのを、個人的には期待するものです。
  警察組織にせよ、いまの検察組織にせよ、いまの日本である意味、最強組織で、それらに睨まれたら、政治実権を握る小沢一郎といえども四苦八苦する状況ですから、根っ子に、そもそものやりきれなさが残るわけです。映画では、逃亡者を助ける友人たちと逃亡者との連絡が、あまりにうまくいきすぎているようであり、どうもそんなものなのか、とも感じます。この辺が多少現実離れをしているのなら、終わりもそうした同じ調子でもよいのではないかと少し欲張るものです。

  この映画を通じて、「ゴールデンスランバーズ」という名の曲は、ビートルズの「Abbey Road」のなかに入っていることが分かり、探してみると私のPCのなかにも曲が入っていましたが、とくに印象がありませんでした。「ノルエーの森」のほうは曲はよく覚えているのですが、なぜ小説の題名に使われるのか分かりませんでした。
  振り返ってみると、このアルバムの出た頃1969年には、関心が英米ポップスから少し離れかけていた事情があったのだろうと思いますし、ビートルズについては、売出し当初の曲はあまり好みではなかったことがあります。同じアルバムのなかでは、「Something」「Here Comes Sun」とか「Octopus's Garden」のほうが好きで、曲としての印象が弱かったという事情にもあります。
  ともあれ、まどろむときに二十歳前後の多感な時期に想いが飛ぶこともあり、その頃の狭い世間のなかにあって、音楽は良い糧でした。六十年代Popsやビートルズを同時代で聴くことができたのは、いまも大きな喜びです。
犯人追求 (de-nory)
2010-03-18 20:06:57
クマネズミさん。こんにちは。

私も、楽しませてもらった作品です。

>そういった社会性・時事性を持つ作品でありながら、その点は前面に出さずに…

そうですね。この部分が前面に出ていたら、ハリウット映画の「何がし」かと同じつくりになってしまっていたように思います。
だから、かえって私には新鮮に感じましたよ。

だけど、そこに不満を持った方もいらっしゃったように聞いてます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

88 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ゴールデンスランバー」 (日々“是”精進!)
ゴールデンスランバー~オリジナルサウンドトラック~「ゴールデンスランバー」を鑑賞してきました原作は未読。圧倒的なリーダビリティと鮮やかすぎる伏線回収で、2008年の“本屋大賞”や“山本周五郎賞”を受賞するなど各方面から絶賛された伊坂幸太郎の傑作ミステリ...
ゴールデンスランバー (2009) 139分 (極私的映画論+α)
仙台行きたいなぁ(笑)
映画感想『ゴールデンスランバー』 たいへんよくできました (レベル999のマニアな講義)
内容宅配ドライバーの青柳雅春(堺雅人)は、その日、休みをとっていた。学生時代の親友・森田森吾(吉岡秀隆)との再会。卒業以来数年ぶりだった。釣りの準備をして出かけた青柳だったが森田の姿を見て驚く。スーツ姿!?考えてみれば昔から、そういうヤツ。気にしないこ...
試写会「ゴールデンスランバー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/1/20、新宿厚生年金会館。 開場は17:45。 18時過ぎについた時には大半は入場済み。 中央の列はほぼ満席で、右手の2列目に陣取る。 やや斜めに見る感じだが、後方で小さい画面で見るよりはまし。 **   伊坂幸太郎の同名小説の映画化。 境雅人、竹...
ゴールデンスランバー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、濱田岳、貫地谷しほり、相武紗季、大森南朋、ソニン、永島敏行、柄本明、香川照之、伊東四朗、木内みどり。藪の中に眠っている黄金色の塗料がすっかり剥げ落ちたカローラ。それは青春...
ゴールデンスランバー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『無実の男、首相暗殺犯に断定』  コチラの「ゴールデンスランバー」は、The Beatles最後のアルバム「Abbey Road」に収められている「Golden Slumber」をモティーフに仙台で凱旋パレードをしていた首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男の逃走劇を描いた伊坂幸太郎の...
『ゴールデンスランバー』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督・脚本 中村義洋□脚本 林 民夫、鈴木謙一□原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季       大...
「ゴールデンスランバー」 たいへんよくできました。 (ももたろうサブライ)
監督 中村義洋伊坂幸太郎の原作は未読少しあらすじ首相の凱旋パレードが行われている仙台で、ラジコンヘリ爆弾を使った首相暗殺事件が起きる。そのすぐ近くで旧友・森田と再会を果たしていた青柳は、突然警官から発砲される。そして青柳は首相暗殺の犯人として指名手配さ...
『ゴールデンスランバー』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、ソニン、大森南朋、柄本明、香川照之試写会場 : 東宝試写室公式サイトはこちら。<Story>首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳(堺雅人)...
『ゴールデンスランバー』 片目を開けて眠れるか? (映画のブログ)
 " きっと、つながる " というコピーのもと『フィッシュストーリー』が公開され、『サマーウォーズ』では " 「つながり」こそが、ボクらの武器...
真実は闇の中で終わらせていいのか?!『ゴールデンスランバー』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。首相暗殺事件の犯人にでっち上げられた男性の逃走劇を描いた物語です。
「ゴールデンスランバー」 ~懐かしいビートルズの曲が流れる青春コメディ (取手物語~取手より愛をこめて)
「アビイ・ロード」、何度聴いたことでしょう。
試写会「ゴールデンスランバー」 (流れ流れて八丈島)
というわけで、なんと池袋から新宿の厚生年金会館まで徒歩で行って、「ゴールデンスランバー」の試写会を観てきました原作は「アヒルと鴨のコインロッカー」や「重力ピエロ」の伊坂幸太郎、監督は「ジェネラルルージュの凱旋」「フィッシュストーリー」の中村義洋、そして...
『ゴールデンスランバー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
新宿厚生年金会館であった『ゴールデンスランバー』の試写会に行ってきました。 ここで行われる試写会には過去にも何度か訪れているけれど、一番の混みだったんじゃないかと思うくらいに座席の数が次々と人で埋まっていったような印象が強いかも。 ******************...
ゴールデンスランバー (いい加減社長の日記)
かなり大きく宣伝してるけど、実はそれほど大きな期待はしてなくて。 でも、なんとなくストーリーが面白そうで、「ゴールデンスランバー 」を鑑賞。 「UCとし...
ゴールデンスランバー (Akira's VOICE)
「よく出来ました」止まりだけど面白い。  
ゴールデンスランバー (勝手に映画評)
首相公選制が実現している時代が舞台。当選後初めてのお国入りの首相を暗殺した濡れ衣を着せられた男の二日に渡る逃亡劇。原作の舞台は、仙台市。映画も、全編仙台での撮影を敢行しています。 映画化を知ったのが先だったか、原作を読んだのが先だったか忘れてしまいまし...
「ゴールデンスランバー」みた。 (たいむのひとりごと)
伊坂作品を原作にした映画は原作を読んでいない方がより楽しめるといつも思うけれど、今回も片時たりとも目が離せない展開に釘付け。さすが吉田義洋監督!『アヒルと鴨のコインロッカー』以来、伊坂作品原作の映画は
ゴールデンスランバー (そーれりぽーと)
立て続けに期待してた割りにつまらなかった映画を観てしまった勢いで、あんまり期待していなかった『ゴールデンスランバー』を観てきました。 ★★★★★ 考えてみると、邦画のサスペンス逃亡劇でこんなにワクワクした記憶がないかもしれない。 ベースにあるのは学生の...
ゴールデンスランバー (だらだら無気力ブログ)
2008年の本屋大賞や山本周五郎賞を受賞した人気作家・伊坂幸太郎の同名 ベストセラーを『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』 に続いて中村義洋監督が映画化。 仙台を舞台にある日、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられた男が、決死の 逃避行をする様をスリ...
ゴールデンスランバー (堺雅人さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、伊坂幸太郎さんの同名小説を中村義洋監督が映画化した『ゴールデンスランバー』に青柳雅春 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
ゴールデンスランバー (to Heart)
無実の男、首相暗殺犯に断定 製作年度 2009年 上映時間 139分 原作 伊坂幸太郎 脚本 中村義洋/林民夫/鈴木謙一 監督 中村義洋 音楽 斉藤和義 主題歌 斉藤和義『Golden Slumbers』 エンディングテーマ 斉藤和義『幸福な朝食 退屈な夕食』 出演 堺雅人/竹内結子/吉岡秀...
映画 「ゴールデンスランバー」 (ようこそMr.G)
映画 「ゴールデンスランバー」
映画「ゴールデンスランバー」@東宝第二試写室 (masalaの辛口映画館)
 客席は満席の為に座れない人用の補助椅子も出された。映画終了後には中村義洋監督、製作の宇多川肇氏と観客のティーチインが行われた。     映画の話 凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の...
ゴールデンスランバー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
強大な権力の犠牲になりそうになったお人よしの男性が、大学時代の友人たちや見ず知らずの人間の助けによって生き延びる様子を描いている。爽快な仕上げは、杜の都に吹く風のようにさわやかだ。「JFK」や「ダラスの熱い日」に負けない邦画の勢いが感じられる。
【ゴールデンスランバー】★堺雅人 (猫とHidamariで)
無実の男、首相暗殺犯に断定誰が、彼を救えるのか。ゴールデンスランバーHPゴールデンスランバー シネマトゥデイ監督中村義洋製作総指揮-原作伊坂幸太郎音楽斉藤和義脚本中村義洋、林民夫、鈴木謙一キャスト堺雅人(青柳雅春)竹内結子(樋口晴子)吉岡秀隆(森田森...
「ゴールデンスランバー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 伊坂幸太郎原作の同名小説を映画化。総理大臣暗殺犯に仕立て上げられた男の、果てしない逃亡劇を描く。 本作の面白いのは、主人公がまったく普通の一般市民であり、対する敵勢力が個人はおろか生半可な組織では到底太刀打ちできない、国家規模の権力を有する点にあると...
[映画『ゴールデンスランバー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった。  この原作者は、主に仙台を舞台にして数々の作品をものしているとのことで、  総理大臣の暗殺犯とされた主人公・青柳は、自分を陥れた奴らと戦うために、仙台市街を『ダイハード』風に縦横無尽に走る。  もちろん、アクションもあるのだが、『ダイハ...
ゴールデンスランバー (シネマDVD・映画情報館)
人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』に続き中村義洋監督が映画化したサスペンス。巨大な陰謀に巻き込まれ、首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配ドライバーの決死の逃避行をスリリングに描く。主演は、中...
映画「ゴールデンスランバー」 (fool's aspirin)
ファーストデイの本日、早速見て参りました。もちろんお目当ては巻き込まれ系主人公を天然な感じで演じる堺さんですが、その他の方々のキャラ造形が素晴らしい!得体の知れない不条理で大きな力に怒りを覚えながら、スリリングでそれでいてハートウォーミングな映画です。...
ゴールデンスランバー (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎が2008年の本屋大賞と山本周五郎賞を受賞したベストセラー小説の映画化。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』と伊坂作品お馴染みの中村義洋。主演はこれまた中村監督の『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演した堺雅人と竹内結...
「ゴールデンスランバー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                             「ゴールデンスランバー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・中村義洋 原作・伊坂幸太郎 舞台は仙台。オール・ロケーションの力作であります。 まぁ、簡単に言うと、「逃げる映画」ですね(笑)!いや...
『ゴールデンスランバー』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
演出のテンポの良さもあるんですが、ビートルズの「ゴールデンスランバー」が画面から流れてくると、映画を楽しみたい、余計な事は考えず、純粋に素直に、この作品を享受したいって、気持ちが無意識に働いてしまったことも確かです。
「ゴールデンスランバー」 イメージに踊らされるな (はらやんの映画徒然草)
伊坂幸太郎さん原作の映画化は三度目となる中村義洋監督作品。 「アヒルと鴨のコイン
「ゴールデンスランバー」 (俺の明日はどっちだ)
・ う~ん、困ったな。 実は身近なブロガー仲間を含め多くの人たちが絶賛し『本屋大賞』まで獲ってしまった伊坂幸太郎による原作は、そのあまりに胡散臭くてあまりに幼く思わざるを得ない設定にウンザリさせられ、キツイ言い方をするならば、上手さが目立つだけの作品で...
「ゴールデンスランバー」(日本 2010年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
リー・ハーヴェイ・オズワルド。 ジョン・F・ケネディ暗殺の単独実行犯として名指しされている男。 そしてオズワルドにされた男の逃走劇が始まる。
「ゴールデンスランバー」 (Con Gas, Sin Hielo)
あのころの絆。取り戻そうとするイメージ。 伊坂作品は原作を読んだこともなく、映画も昨年「重力ピエロ」を観たのみである。 でも何かこれ特徴じゃないかなと思ったのは、一見荒唐無稽と思えそうな舞台設定と細かな伏線を張り巡らせた筋書きだ。 総理大臣が市街でパ...
映画「ゴールデンスランバー」を観ました!!(2010-2) (馬球1964)
映画「ゴールデンスランバー」を観ました!!
ゴールデンスランバー (花ごよみ)
原作は伊坂幸太郎の、 同名ベストセラー小説。 試写会で見てきました。 監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、 『ジェネラル・ルージュの凱旋』の中村義洋。 堺雅人が主演、共演は竹内結子、 吉岡秀隆、濱田岳 劇団ひとり、香川照之等… 。 『ジェネラル・ルージ...
「ゴールデンスランバー」試写会 (またり、すばるくん。)
右足を負傷して大変だってのに、行きましたよ、 伊坂幸太郎原作、堺雅人さん主演の 「ゴールデンスランバー」の試写会に!
『ゴールデンスランバー』 (ラムの大通り)
----これは超話題の映画だニャ。 「うん。人気の伊坂幸太郎原作。 小説は読んでいないけど、 発表されたとき、そのタイトルを聞いて うわあ。やるな…と思った」 ----タイトルで? 「そう。これは有名なビートルズの『アビーロード』のB面。 メドレーが始まっていく最初に...
ゴールデンスランバー (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ゴールデンスランバー’09:日本 ◆監督: 中島義洋「ジェネラル・ルージュの凱旋 」「アヒルと鴨のコインロッカー」◆出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、ソニン、大森南朋 、柄本明、香川照之 ◆STORY◆首相の凱旋パレードが行...
ゴールデンスランバー(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
10日も前の鑑賞だけど、忘年会やら何やらいろいろあって、すっかり感想を書くのが遅くなってしまいました。2008年の本屋大賞、山本周五郎賞、「このミステリーがすごい!国内編」1位など高評価の伊坂幸太郎作品の映画化。実は原作読んでないんですよね。でもたぶん、結構....
ゴールデンスランバー (cochi のArt-Mill)
伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、斉藤和義音楽、そして主演堺雅人。 面白いように作られている。 楽しいように作られている。 制作チーム、スタッフはがんばっている。 たっぷり楽しませていただきましたが、、、、、、。 何か違うような気がしました。 「繋がり」が...
*ゴールデンスランバー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2010年  日本 首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳は、大学時代の友人・森田と久しぶりに再会していた。様子がおかしい森田。そして爆発音。首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。「逃げ...
ゴールデンスランバー (日々緩々。)
『ゴールデンスランバー』観て来ました~ あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ...
「ゴールデンスランバー」 (元・副会長のCinema Days)
 観ている間は退屈しないが、鑑賞後の印象は実に希薄。底の浅い映画である。仙台市の目抜き通りをパレード中の総理大臣が爆弾によって暗殺され、主人公がその犯人としてデッチ上げられるという設定からして噴飯ものだ。  我が国で最後に首相が暗殺されたのはいつの時...
ゴールデンスランバー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2010/01/30製作国:日本上映時間:139分監督:中村義洋出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、竜雷太、伊東四朗、香川照之、貫地谷しほり、永島敏行無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲Story:凱...
【映画】ゴールデンスランバー (新!やさぐれ日記)
▼動機 小説買うより安いから ▼感想 中村義洋監督による贖罪? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられ...
「ゴールデンスランバー」 (てんびんthe LIFE)
「ゴールデンスランバー」試写会 CC Lemonホールで鑑賞 思いもよらぬ方からの試写会の誘いに軽く乗りました。 堺雅人も気になるけれども、伊坂幸太郎原作も気になっていました。 原作がめっちゃ面白いというので、内容も含めてどんな映像で現れるのかとても興味深か...
『ゴールデンスランバー』・・・「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」 (SOARのパストラーレ♪)
逃げること、生きること。 冒頭で旧友の森田(吉岡秀隆)からこの二つを言い聞かされ、青柳(堺雅人)の逃走が始まる。前置きにさして時間は割かれず、明かしてしまえばラストも実にシンプルだ。しかし最初から最後までこれでもかと張り巡らされる伏線が、前後しながら絶...
ゴールデンスランバー 原作の世界で忠実に作り込むとやはりいいのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=11 -4-】 上映時間が17時20分からとちょっと平日には行きにくい時間のこの映画、今日は仕事だったので、だから海は無し、そのおかげで封切りしてかなり時間が経ってからながらようやく今日観に行けた。 以前に友人が貸してくれたので読んだ原作、むちゃく...
ゴールデンスランバー (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月14日(日) 19:05~ キネカ大森2 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ゴールデンスランバー』公式サイト タイトルの「ゴールデンスランバー」は、ビートルズの最後のスタジオアルバム「アビーロード」の中の...
ゴールデンスランバー (心のままに映画の風景)
仙台。 宅配ドライバーの青柳は、金田首相が凱旋パレードを行う日に、大学時代の同級生・森田(吉岡秀隆)に呼び出された。 パレード中に爆発...
ゴールデンスランバー (eclipse的な独り言)
 映画同好会というのを昨年作りました。でも実態は飲んでばかり・・・仕事も絡んでいないので、このお気楽さがよいのですが・・・これではいかんと思い、観てきました。(1月30日 沼津 シネマサンシャインにて鑑賞)
ゴールデンスランバー (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.golden-slumber.jp/ 初めて劇場で予告編を観てからずっと楽しみにしていた作品。 堺雅人さんのファンだからということだけでなく、警察から犯人に仕立てられながらどうやって窮地を脱出するのかといった興味から、あえて原作を読まずに観た...
映画:「ゴールデンスランバー」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年2月4日(木)。 映画館で、ハリソン・フォードの「逃亡者」を彷彿させる予告に、公開を待ち焦がれていた作品。 映画:「ゴールデンスランバー」。 原 作:伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」(新潮社刊) 監 督:中村義洋 音 ...
ゴールデンスランバー (映画の話でコーヒーブレイク)
JRの横浜駅で、auとコラボした堺さんのビックリ顔の本作ポスターを見かけました。 本作は今週末(1月30日)ロードショー公開なんですね。 そんな中、知人に誘われプロデューサー遠藤氏の会見付きの試写会に行ってきました。                     ...
「ゴールデンスランバー」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  堺雅人、今回は“泣き笑い顔”に泣かされました。「自分に残された武器は“人を信じること”しかない」そうやって人を頼って必死に生き延びようとする主人公、権力とメディアの力ですっかり作り上げられてしまった“犯人像”も彼を直接知...
ゴールデンスランバー (だめ男のだめ日記)
「ゴールデンスランバー」監督中村義洋出演*堺雅人(青柳雅春)*竹内結子(樋口晴子)*吉岡秀隆(森田森吾)*劇団ひとり(小野一夫)*柄本明(保土ヶ谷康志)*濱田岳(黒いパーカーの男キルオ)*渋川清彦(岩崎英二郎)*ベンガル(轟静夫)*大森南朋(樋口伸幸)*貫地谷し...
【ゴールデンスランバー】 (日々のつぶやき)
監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、香川照之、劇団ひとり 「青柳は久しぶりに友人から呼び出され再会した。 その直後パレード中の首相が暗殺される。そして何と青柳はその容疑者となっていた!」     無実の男、首相暗殺犯に断定 「アヒル
【映画】ゴールデンスランバー (Loved things)
いよいよ、本日公開です。映画『ゴールデンスランバー』。 原作の大ファンの私は、 映画を楽しみにする反面、 ちょっぴり恐いような気持ちもあったのですが…。 杞憂でした! それはもう、きっぱり言えます。 試写でひと足先に観させていただいたので、...
ゴールデンスランバー (迷宮映画館)
一番描きたかったテーマは、一体何だったのか・・・
映画・ゴールデンスランバー (お花と読書と散歩、映画も好き)
面白かった! ほぼ原作通り キャスティングもバッチリです 無表情で幽霊みたいな警察の人間たち 佐々木役の香川照之さん 大男・小鳩沢役の永島敏行さん キルオ役の濱田君 印象深かったです 彼も伊坂幸太郎原作作品には欠かせない存在になってきましたね 主役...
ゴールデンスランバー (花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…)
「ゴールデンスランバー」を観に行ってきました! 試写会で、一足お先に。
ゴールデンスランバー (Diarydiary! )
《ゴールデンスランバー》 2009年 日本映画 宅配ドライバーの青柳は、突然首相
ゴールデンスランバー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ある日突然、首相暗殺犯人に仕立てられた平凡な男の2日間にわたる逃亡劇。 原作はベストセラー作家の伊坂幸太郎。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』についで、伊坂作品3度目の挑戦となる中村義洋。完成した本作は、大人気コンビによる最...
『ゴールデンスランバー』 ('10初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 17:20の回を鑑賞。
ゴールデンスランバー (りらの感想日記♪)
【ゴールデンスランバー】 ★★★★☆ 試写会(2)ストーリー 仙台に暮らすごく平凡な30歳の独身男、青柳雅春(堺 雅人)。金田首相が凱旋パレ
『ゴールデンスランバー』 (みゆみゆの徒然日記)
 伊坂幸太郎の原作はかなり話題になりましたし、面白そうだなと思っていましたが・・未読のまま鑑賞。書店に並べられた本の題名を見て、ぱっと思い浮かんだのが、ビートルズの曲。ビートルズは大好きで、中でも『Abbey Road』のメドレーはかなり好き、というか名曲を超え...
【ゴールデンスランバー】アビーロードに打ち上げ花火 (映画@見取り八段)
ゴールデンスランバー 監督: 中村義洋 原作: 伊坂幸太郎    出演: 堺雅人、竹内結子、濱田岳、吉岡秀隆、劇団ひとり、    香川照...
ゴールデンスランバー (シネマ日記)
試写会に行ってきました。原作は読んでいません。原作を読んだ人とはまた違う感想かもしれませんが、ワタクシは面白かったと思います。後半に向かうにつれてどんどんお笑い度が増していくんだけど、それはわざとなのかな?初めの森田吉岡秀隆と青柳堺雅人のやりとりはすご...
ゴールデンスランバー (にわうたぶろぐ)
 オールロケの舞台は地元・仙台。主演は敬愛する堺雅人。原作はだいすきな伊坂幸太郎。  観に行かない理由が見当たらないよね、これ。
ゴールデンスランバー  監督/中村義洋 (西京極 紫の館)
【主演】  堺 雅人  竹内結子  香川照之 【ストーリー】 首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳は、大学時代の友人・森田と久しぶりに再会していた。様子がおかしい森田。そして爆発音。首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。「逃げろ!オズワルドにさ...
「ゴールデスランバー」生きていてなんぼ (再出発日記)
《逃げろ、逃げろ、生きていてなんぼ、だ》話の筋は単純だ。(何らかの巨大な陰謀で)首相暗殺の嫌疑が掛けられた主人公が、仲間の助けを借りながら、ひたすら逃げる話である。監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり...
ゴールデンスランバー (だから、ここに来た!)
アビイ・ロード・スタジオ、EMIが所有権保持の意向 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100222-00000962-reu-ent だそうです。 ホッとしたような、人騒がせな気分というか。 ポールも支援に名乗り出たそうですが、 やっぱり手放します、とならないように祈っ...
ゴールデンスランバー (ぷち てんてん)
☆ゴールデンスランバー☆(2009)中村義洋監督・・「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎:原作堺雅人竹内結子吉岡秀隆劇団ひとり柄本明濱田岳香川照之ストーリー仙台に暮らすごく平凡な30歳の独身男、青柳雅春。金田首相が凱旋パレードを行...
「ゴールデンスランバー」:新橋駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}お。こんなところで牛タンとは珍しい。 {/hiyo_en2/}牛タンといえば、仙台よね。この店も仙台にあるお店らしいわよ。 {/kaeru_en4/}杜の都でモリモリと、牛タン食ったか、永島敏行。 {/hiyo_en2/}なに、それ? {/kaeru_en4/}いや、仙台を舞台にした映画「ゴ...
映画を観た~ゴールデンスランバー~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
ゴールデンスランバー (おりぶん)
かなりテンパっちゃってます オール仙台ロケということもあり ひいきめあればゴメンナサイゞ あそこ?とかあの店この店 もう馴染みのところがたくさんで まさか このブログで密かにネタにしていた病院までゞ で クレジットの「ボランティアエキストラのみなさま」って...
映画『ゴールデンスランバー』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
大変よくできた面白い映画。最初に出てきた竹内結子演じる夫婦の隣にいた怪しい男がラ
大輪の花火(映画/試写会:ゴールデンスランバー) (美味!な日々)
あぁ、ビートルズの曲名なのか…この題名。。。 伊坂幸太郎作品を映画化した 『ゴールデンスランバー』の試写会に行ってきました。
ゴールデンスランバー (墨映画(BOKUEIGA))
「人を信じること。」 人間の得意技は信頼。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』に続き中村義洋監督が映画化したサスペンス。...
ゴールデンスランバー (単館系)
首相暗殺犯に仕立て上げられた主人公が仙台の中をひたすら逃げ回る! 彼は何もしていないから逃げているわけですが・・・ 話の展開は面白...
ゴールデンスランバー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ゴールデンスランバー 制作:2009年・日本 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季 あらすじ:凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライ...
「ゴールデンスランバー」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★★☆ 製作年 : 2010年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 監督 : 中村義洋 原作 : 伊坂幸太郎 出演 : 堺雅人 、 竹内結子 、 吉岡秀隆 、 劇団ひとり 、 貫地谷しほり 、 相武紗季 、 ソニン 、 大森南朋 、 柄本明 、 香川照之 あらすじ 首相の凱旋パレ...
ゴールデンスランバー(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワードゴールデンスランバー(GOLDEN SLUMBER)キャッチコピー:無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲製作国:日本製作....
【映画】ゴールデンスランバー (【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog)
『ゴールデンスランバー』(2010年・監督:中村義洋) 中村義洋監督作品を観るのは本作が初めて。まったく先入観なく鑑賞を始めたのだが、とにかく冒頭から中盤にかけての、その荒唐