映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

今度は愛妻家

2010年02月14日 | 邦画(10年)
 『今度は愛妻家』を渋谷TOEIで見てきました。
 どうもなかなか評判が良さそうなので、足を運んでみた次第です。

 この映画には、大きく言って問題が二つあるかもしれません。
 一つめは、戯曲の映画化という点です。
 映画の設定場所が雑司ヶ谷の鬼子母神近くと酷く具体的で、かつ沖縄の海岸をバックにしたエピソードが出てくるものの、わざわざそんな映像を出さずとも済みそうでもあり、また、写真家の家の中の場面が長く、人の出入りが2か所のドアを通じてなされるようなところから(上手と下手でしょう)、どうやら戯曲を映画化したものかなと思って見ていましたら、劇場用パンフレットにも、2002年に上演された舞台作品(作・中谷まゆみ)とあります。

 もう一つの問題としては、評論家諸氏が指摘しているのですが、ストーリーをもっとシンプルにすべきではないか、という点です。
 例えば、小梶勝男氏は、「どんでん返し以降の水川あさみと濱田岳の恋愛劇や、北見家に出入りするオカマ(石橋蓮司)らとのクリスマス・パーティーの場面がだらだらと長すぎて、せっかくの「喪失感」が薄まってしまった。豊川と薬師丸のカップルに若いカップルを対比させ、物語に重層性を持たせようとしたのだろうが、単純に夫婦の話に絞った方が感動は大きかったと思う」と述べ、渡まち子氏も同趣旨のことを書いています。

 とはいえ、私にはそうした問題は欠点としては映らず、むしろこの映画のもたらす感動の方がずっと大きいものがあるのでは、と思いました。
 まず、戯曲の映画化ですが、私は、セリフの言い回しに新劇独特の臭みさえなければ、問題ないのではと思っています。いわゆる新劇の場合、やたらと明瞭に発声したり、オーバーな身振りをすることが多いのですが、まるで小中学校の学芸会を見ているようで、眼を背けたくなってしまいます〔因果関係はむしろ逆で、新劇の舞台の雰囲気を小中学校の学芸会の方で取り入れているのでしょう!〕。
 ですが、この映画では、主要な出演者が新劇関係者ではなく専ら映画人であることもあって、そうした新劇調はあまり見受けられませんでした。

 ですから、あとはストーリーと出演者さえよければ、私にとっては戯曲の映画化でもかまわないことになります。

 そのストーリーの要は、薬師丸が、「知らなかったな。私のことそんなに好きだったなんて。何で言ってくれなかったの」といったようなことを豊川に話すところにあると思われます(もう一つ、豊川が、「なんか新鮮なことを言ってくれよ」と言うと、薬師丸が「そんなことを言われても困るよ」と返事をする場面でしょうか)。
 これ以上のことを書くと、この映画の良さの大半が吹き飛んでしまいますから控えますが、映画は映画なりに(暗室を使って)、実に巧みにこの場面に辿り着いたものだとホトホト感心いたしました。

 そして、なによりこうした物語を演じる豊川悦司と薬師丸ひろ子とが、実にうってつけの役柄についているなと心底思わされました!
 薬師丸ひろ子については、若い時はその類い稀な可愛らしさでファンを増やしましたが、現在でも驚くべきことにその可愛らしさは十分残っている上に、大人の風情も兼ね備わっていて、後姿の写真だけで感動してしまいます。
 その上、豊川悦司も、芸術家の独りよがりなところと、思っていることと正反対のことを口に出してしまうという日本男性の良くありがちな特性とを実にうまく出して演技しているな、とこれまた感服しました。

 なお、2つ目の問題であるサブストーリーの是非ですが、確かにメインのストーリーで足りるかもしれないところ、メインがかなり重いものである場合には、この映画のようなサブを設けて、息抜きを図るということも必要であって、決して余計なものではないと思いました。むしろ、こうした現実のドタバタがあるからこそ、メインの悲しみが一層際立つのではないでしょうか?

 というわけで、この映画には大層感動し、結果として、新年になって早くも、洋画の方では『ずっとあなたを愛してた』が、そして邦画ではこの映画がいきなり本年のベスト1になってしまいそうな感じになってしまいました(前田有一氏には、「甘い甘い」と言われてしまいそうですが!)。
 もっと良い映画が出現すれば、星5つの評価システムを星6つとか7つにしなくてはなりません!

 先の指摘はあるものの、映画評論家の評判も総じて良さそうです。
 小梶勝男氏は、「豊川と薬師丸はとても良かった。特に豊川は、表面的には軽薄に見えて、実は心に深い喪失感を抱えている男の役を、完璧に演じていたと思う。薬師丸もさすがに年はとったが、昔と変わらずチャーミングだった」として81点を、
 普段はかなり辛口の福本次郎氏も、「長年連れ添った夫婦だけがたどり着くなれ合いという名の愛情を、ほとんど室内の限定された空間の中で、ふたりのベテラン俳優が芝居のせりふのような間の掛け合いを見せる。一見古いホームドラマのようで、重い喪失感と後悔を含蓄に富む物語にまとめている」として70点を、
 また、渡まち子氏も、豊川悦司と薬師丸ひろ子の二人について、「本作でもピッタリ息があっている。特に健康オタクの妻・さくらを演じる薬師丸ひろ子の、可愛らしくて少し寂しげな雰囲気が印象的だ」などとして60点を、
それぞれ与えています。
 ところが、前田有一氏は、「私がうんざりしたのは、本作のとてつもないスイートさ、甘さである。せっかくいいストーリーなのに、その舞台世界には毒がなく、善人ばかりの甘い世界があるだけ。光あふれる明るい映像も甘い甘い。隅から隅までほとんどファンタジーな恋愛至上主義が広がっている」として40点しか与えていません。
 私には、先ほど触れた「知らなかったな。私のことそんなに好きだったなんて。何で言ってくれなかったの」という薬師丸の言葉の重さがあるだけで、「甘さ」など掻き消されてしまうのではと思えるのですが。


★★★★★


象のロケット:今度は愛妻家
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おとうと | トップ | フローズン・リバー »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お邪魔します♪ (ひきばっち)
2010-02-14 08:23:57
「知らなかったな、あなたが私のことそんなに好きだったなんて・・なんでもっと早く言ってくれなかったのよ・・!」

このセリフで決まり、という感じがしました。
しっとり泣かせていただきました・・。

若い二人のゴタゴタも、上記の薬師丸さんのセリフのパンチ力の前では、かすんで見えたほどです・・。
TBありがとう (de-nory)
2010-02-15 12:54:14
こんにちは。
墨映画(BOKUEIGA)のde-noryと申します。

いい映画でした。
たくさん泣きました。
愛妻家と恐妻家の境目 (沖縄そば)
2010-02-18 23:18:29
  トヨエツさんがあまり好みではもないので、どうしようかと思っていましたが、映画がなかなか評判が良さそうなので観てきました。彼もなかなか好演していましたし、映画も佳作のほうだと思います。
ちょっと考えてみて、「愛妻家」とはどういう意味なのでしょうか。そして、「愛夫家」とはなぜか言いませんね。健康食品好きで、夫を思いやる気持ちの強すぎる奥さまを薬師丸ひろ子が雰囲気たっぷりで演じますが、一緒に行った旅行先で交通事故に遭い、突然亡くなってしまいます。本映画はその後日譚なのですが、妻がまだ一緒に生活しているような錯覚のなかで、夫が亡妻を偲んで演じるものです。夫婦のお互いが依存性が強いと、こうしたことはありうることだと思いますし、いなくなって初めて、夫がすなおに愛妻家になったということでしょう。それまでは、煩わしい恐妻の面が大きかったのかも知れませんが、内心で感謝していれば、このときでも愛妻家であったと言ってよいのかも知れません。人生の機微をいろいろ考えさせる映画でもあります。

  ただ、もとが舞台劇であったものを映画化したので、総じて場面がすくなく、出演者の行動半径が大きくないので、映画としては、この辺はあまり好みではありません。旅行先が沖縄という意味はなにかあるのでしょうか。日本の長寿地域といえば「沖縄」だということでしょうか。このところ、短命を招く現代食という表現も見られますが、それよりも交通事故や自殺がいまの日本社会では問題になりそうです。
  薬師丸ひろ子さんも、若い時代はかなり可愛いという感じの方でしたが、さすがに中年になったという感じでもあり、それでも気持ちや行動の可愛らしさはよく出ています。監督の行定勲氏も、私の中では「北の零年」で評価が低かったのですが、やればできるじゃないかという感じでした。そうすると、全体として、脚本の出来がよいということかも知れません。出演者も、みな違和感なく、ストーリーの流れに沿っていると感じます。
後ろ姿の薬師丸 (クマネズミ)
2010-02-20 07:12:35
 「沖縄そば」さん、コメントをありがとうございます。
 この映画では、「沖縄そば」さんが「気持ちや行動の可愛らしさはよく出てい」るとされる薬師丸ひろ子が、走り去る姿がトテモ印象的でした。
 特に、沖縄旅行の際に、ホテルに指輪を取りに行くと言って、背の高い草むらの方に走っていきますが、なぜか去年の夏に見た『たみおのしあわせ』で、皆が草むらの中に入っていってしまうラストシーンを思い出してしまいました。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今度は愛妻家 (いい加減社長の日記)
予告編で気になっていた作品。 公開初日の午前中に行こうと思ってたけど、ネットで空席を見ると少なめ。 不安になりながらも、なんとか通路側の席を確保して、「今度は愛妻家 」を鑑賞。
「今度は愛妻家」 (prisoner's BLOG)
ネタをばらした後かなり長い時間をもたせる脚本の技術に感心する。大ネタをばらしたあと、もうひとつ小ネタを明かす二段構えもあるし、アイデアの一発勝負ではなくて、前半笑わせたところが全部後半逆転して生きてくるドラマの組み立てがしっかりしているせいもある。 人...
映画「今度は愛妻家」(2009年、日) (富久亭日乗)
      ★★★★☆  ぐうたら亭主と 亭主をかいがいしく世話する女房の 愛情物語。 「Always」(1989年)や「Gohst」(1990年)、「The Sixth Sense」(1999年)に 似たテイストの作品だ。  北見俊介(豊川悦司)は名の売れたカメラマンだが、 最近は...
『今度は愛妻家』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:行定勲原作:中谷まゆみ出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、城田優試写会場 : 東商ホール公式サイトはこちら。<Story>かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介(豊川悦司)。しかし、今ではなぜか1枚の写真も撮る事ができず、ぐうたら....
今度は愛妻家 (あーうぃ だにぇっと)
監督: 行定勲 キャスト 北見俊一☆豊川悦司 北見さくら☆薬師丸ひろ子 古沢蘭子☆水川あさみ 古田誠☆濱田岳 井川ゆり☆井川遥 西田健人☆城田優 原文太☆石橋蓮司 他 【ストーリー】 かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然...
「今度は愛妻家」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                            「今度は愛妻家」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・中谷まゆみ 監督・行定 勲 ネタバレあります。 不思議な作品ですな。 観終わって、どれが夢か現かよく判らなくなる・・。 しかし、やがてそんな事...
今度は愛妻家 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。中谷まゆみ原作、行定勲監督、豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、城田優、津田寛治、奥貫薫、井川遥、石橋蓮司。沖縄はやっぱり生と死が近接している場所。その場所を自宅まで引き摺ってしまった中年男はやはり沖縄病に罹ってしまったのだろうか。
『今度は愛妻家』 (ラムの大通り)
----確かこの映画、 観る前は「かなり、きつそう」って言っていたよね。 「うん。 白髪の豊川悦司 がカメラを構え、 横には寂しそうな顔をしている薬師丸ひろ子。 そこにキャッチコピーが 『夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある』。 このメインビ...
『今度は愛妻家』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥、津田寛治、奥貫 薫■鑑賞日 1月16日(土)■劇場 チネチッタ■c...
「今度は愛妻家」みた。 (たいむのひとりごと)
泣いた~~[E:weep]原作は読んでいないから、知っているところは劇場予告編の部分のみ。だから冒頭の明るさからてっきりラブコメだと思っていたのだけど、何気に感じられる違和感が中盤で種明かしされた時に
試写会「今度は愛妻家」 (流れ流れて八丈島)
「沈まぬ太陽」の余韻が冷めやらぬうちに、有楽町のよみうりホールでH越女史と待ち合わせて「今度は愛妻家」の試写会を観ました予告編とかも観てたんだけど、タイトルに騙されましたね公開はまだ随分と先の1月16日ということだし、ネタバレ禁止にした方が良さそうな映...
今度は愛妻家/豊川悦司、薬師丸ひろ子 (カノンな日々)
行定勲監督の久しぶりの新作ですね。豊川悦司さん、薬師丸ひろ子さんの主演でダメ夫と献身的な妻の夫婦を描くハートウォーミングなラブストーリーだそうです。子供の頃から薬師丸ひろ子さんを観ているせいか薬師丸ひろ子さんのほうが年上だと思っていたら実年齢ではトヨエ...
今度は愛妻家 (LOVE Cinemas 調布)
脚本家・中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を実写映画化。結婚10年目を迎える夫婦、自堕落な生活を送る元売れっ子カメラマンと、おっとり型の妻を描いたドラマだ。監督は3月に『パレード』の公開も控えている行定勲。主演は『20世紀少年』の豊川悦司、共演に『ALWAYS 三...
【今度は愛妻家】 カイ・カン・・・ (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
ボクは小学生の頃、なぜか薬師丸ひろ子さんがとてつもなく好きだった。往年の映画はほとんど観に行ったし、鶴見辰吾にも松田優作にも真田広之にも嫉妬したものだ。本気で目高組に入って組長の役に立ちたいとも思っていた。そういやラジオ音源の歌をカセットに入れて擦...
今度は愛妻家 (銅版画制作の日々)
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 おぉ~こういう話しだったとは。。。。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。新年2作目の邦画です。あの豊川悦司と薬師丸ひろ子が2度目の共演となる作品だと思います。(1992年の「きらきらひかる」以来だと...
今度は愛妻家 (to Heart)
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 製作年度 2009年 上映時間 131分 原作 中谷まゆみ 監督 行定勲 出演 豊川悦司/薬師丸ひろ子/水川あさみ/濱田岳/城田優/津田寛治/奥貫薫/井川遥/石橋蓮司 脚本家・中谷まゆみ原作の同名舞台劇を豊川悦司...
「今度は愛妻家」失って知る大切な人と愛されていた日々 (オールマイティにコメンテート)
「今度は愛妻家」は亭主関白で自由気ままなダメ夫と健康オタクの妻が離婚寸前までいってしまい沖縄へ離婚旅行へ行くがそこから1年の月日を経て妻が出て行ってしまうストーリーである。確り内容を辿っていくと冒頭のストーリーの意味を確り理解できるけれど、人は失って知...
今度は愛妻家 (シネマDVD・映画情報館)
中谷まゆみ脚本の大ヒットを博した舞台「今度は愛妻家」を映画化。監督は『OPEN HOUSE』『GO』の行定勲。近年、話題作を次々と発表し、ヒットメーカーの地位を確立した行定が、本作ではカラッと笑えて、心温まる夫婦の感動作を描く。主演・北見俊介を演じるのは豊川悦司。...
10-25「今度は愛妻家」(日本) (CINECHANの映画感想)
探し物は何ですか?  かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介だが、今は写真も撮らずにダラダラと呑気な毎日を送っている。一方、健康オタクの妻さくらは、そんな夫に文句を言いながらもかいがいしく世話を焼く日々。  しかしあるとき俊介は、友だちと箱根旅行に行...
今度は愛妻家 (ゴリラも寄り道)
<ストーリー>かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら...
映画「今度は愛妻家」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割くらい。   映画の話 かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のあ...
今度は愛妻家 (とりあえず、コメントです)
2002年に上映された舞台劇を映画化した、夫婦の物語を描いた作品です。 家の中のシーンが多くて登場人物は少ないのですけど その分、一人一人の心がじっくりと伝わってくるような心に残る作品でした。
映画 「今度は愛妻家」 (ようこそMr.G)
映画 「今度は愛妻家」
「今度は愛妻家」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 原作は2002年に初演され、大ヒットした脚本家・中谷まゆみのオリジナル戯曲。「今度は~」というタイトルと予告映像から、離婚した夫婦が紆余曲折の末によりを戻す物語、とばかり思っていたが、いやはや、これはうまい具合に裏切られた格好である。 おそらく鑑賞さ...
「今度は愛妻家」 (みんなシネマいいのに!)
 1978年に「野性の証明」でデヴューし、その後は角川の戦略により着々と人気を獲
「今度は愛妻家」:浅草公園六区バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}今半の前を通ると、大林宣彦監督の「異人たちとの夏」を思い出すのよねえ。 {/kaeru_en4/}風間杜夫が、父親の片岡鶴太郎と母親の秋吉久美子と連れ立って、浅草の今半で食事を共にするシーンだろ。肉親の情が際立つ名場面だった。 {/hiyo_en2/}薬師丸ひろ子と...
『今度は愛妻家』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
オリジナル・サウンドトラック 今度は愛妻家サントラフォーライフミュージックエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  『今度は愛妻家』 2009年(日)監督:行定勲  素晴らしき衝撃作。本作を「ダメ夫婦から良き夫婦に変わる夫婦愛の映画」だと思ったら、...
「今度は愛妻家」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:東映/監督:行定 勲) 中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を、若手実力派の行定勲監督により映画化。 世話好きで美しい妻・さくら(薬師丸ひろ子)との結婚生活も10年目、かつては売れっ子カメラマン
今度は愛妻家 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
平凡な中年夫婦が再出発を決意する物語は、ささやかな日常を丁寧に描く前半と後半のどんでん返しの対比が効いている。かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介は、今では仕事もせずグウタラと暮らしている。浮気までするダメ亭主を、妻のさくらは明るく献身的に支えるが...
「今度は愛妻家」、そう来たか! (大江戸時夫の東京温度)
映画「今度は愛妻家」は、なかなかにウェルメイドな良作でした。舞台劇が原作だそうで
今度は愛妻家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
・゜゜(ノД`)゜゜・ウワァァァァァァァァァァァン!! 予告編を見て、離婚した夫婦の話なのかなあと思っていたら、完全に騙された。 まさか、...
今度は愛妻家 妻と一緒に見ても大丈夫なのかっ・・・( ̄ω ̄;)エートォ... (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=2 -1-】 今年最初の試写会当選がこの映画。 あらすじを読んでいて、この映画を妻と見に行ったら、立場がやばくて隣でどんどんちっちゃくなっていかなくてはならないのではないかと不安で胸が潰れそうだった・・・(T∇T)アハハ・・・(|||_ _)ハハ・・・ ぎ...
今度は愛妻家 (迷宮映画館)
後悔、先に立たず。
今度は愛妻家 (墨映画(BOKUEIGA))
「忘れ物を取りに走る、妻の後姿。 何だかもの悲しくなり、シャッターを切った。」 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフ...
【今度は愛妻家】 (日々のつぶやき)
監督:行定勲 出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、濱田岳、水川あさみ、石橋蓮司、城田優  夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 「カメラマンの北見俊介はスランプ中、妻のさくらのことを口うるさく思いつつもうまくやっていた。 ある日さ
『今度は愛妻家』 (・*・ etoile ・*・)
'10.01.09 『今度は愛妻家』(試写会)@東商ホール いつもお世話になってるrose_chocolatさんのお誘いで、試写会に連れていっていただいた。rose_chocolatさんありがとうございました! *ネタバレしてます! 映画の性質上ネタバレしない方がいいかと思いますので、未見の...
映画「今度は愛妻家」を観ました!!(2010-1) (馬球1964)
映画「今度は愛妻家」を観ました!!この作品はお薦め作品です。ぜひ夫婦で観に行かれる事をお薦めします!!
今度は愛妻家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
試写会に誘っていただいてノーチェックで観に行った『今度は愛妻家』は行定監督作品でした。うっわ、、、当たりかはずれか?どっちだろうっと期待感低めで鑑賞開始(笑)だって、結構この監督さんの作品大作系はずしまくっているんですもの、、、こどものいない夫婦。気持ち...
今度は愛妻家 (なりゆき散策日記)
 テレビ東京主催の試写会にあたったのでいきました。 今度は…って離婚でもなにかする展開なのかと意味深なタイトルですね。ホームページは ココ 会場は年配のご夫婦、女性同士の組み合わせが多かった。この作品は、結婚していれば夫婦でみてほしい。まだ結婚していな...
今度は愛妻家 (まてぃの徒然映画+雑記)
邦画で久しぶりに涙をこらえました。元売れっ子カメラマンだけど、今は仕事もせずぐうたらと貯金を食いつぶしている北見俊介(豊川悦司)。妻のさくら(薬師丸ひろ子)は人参茶を作って新聞記事は必ずスクラップにする健康オタクで、俊介の身の回りの世話をかいがいしくや...
今度は愛妻家 (愛猫レオンとシネマな毎日)
ヒットメーカー行定勲監督による大人のためのラブファンタジーです。 ヨカッタです! なんか舞台劇を見た時のような面白さがありました。 主な登場人物は5人程、少なく限られてます。 その登場人物同士の掛け合いを楽しむ感じです。 なんせ俳優さんたちが上手いですか...
今度は愛妻家 (B-scale fan's log)
公開中 行定勲監督     出演 豊川悦司、薬師丸ひろ子、     水川あさみ、濱田岳、石橋蓮司 他 新評価 5.0 昨日見た映画より高得点をつけないと。 久しぶりに泣かされる映画を見たな~と。 物語はスランプで撮れなくなった写真家と、 その旦那に愛想を尽...
今度は愛妻家 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
このまま消えないでくれ。 もう1人で暮らせるよね? 夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 中谷まゆみの舞台劇を行定勲により映画化した夫婦愛のドラマ...
『今度は愛妻家』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介は、健康マニアの妻さくらに日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のある日、二人は沖縄旅行に行くことにするが、その日を境に俊介とさくらに...
『今度は愛妻家』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
映画を勘違いしたまま観てしまうと、こんな感想になってしまいます。改めて、思い返してみると、ちょっともったいない観かたをしてしまったなと思うのですが・・・・
【映画】今度は愛妻家 (★紅茶屋ロンド★)
<今度は愛妻家 を観ました> 製作:2009年日本 ランキング参加中 ちょっと久しぶりの邦画です。 公開してたときから観たかった作品。大ヒットはしてなかったと思うけど、ちらほら聞く評価はとても良いものばかりで、すごく気になっていました。レンタル新作だ...
mini review 10483「今度は愛妻家」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦のドラマ。大ヒットを博した中谷まゆみ原作の舞台劇をベースに、ヒットメーカーの行定勲監督が涙と笑いが交互に訪れる感動ドラマとして演出。夫婦を演...
『今度は愛妻家』 今度とは今年のことだ! (映画のブログ)
 劇中でニンジン茶の不味さが繰り返し語られるが、ニンジンの皮にはβ-カロチンが豊富に含まれるので、ニンジン茶を飲めば白内障予防になる...
愛妻家パレード (Akira's VOICE)
「今度は愛妻家」  「パレード」