新・徒然煙草の咄嗟日記

つれづれなるまゝに日くらしPCにむかひて心に移りゆくよしなし事をそこはかとなく紫煙に託せばあやしうこそものぐるほしけれ

動物づくしの週末でした

2017-03-20 22:08:42 | 映画/美術館・博物館・アート

きょう、昼下がりから2度目「SING/シング」(吹替版)を観ることにして(今回はポイントを使って無料)、それまで恒例の「博物館でお花見を」が始まった東京国立博物館(トーハク)を観ようと、朝から上野に出かけました。

そして、上野駅公園口から道路を横断して東京文化会館前に来ると、「本日無料公開」という掲示が目に止まりました。
どうやら上野動物園無料らしいのですよ。

花見には1週間早いことだし、

トーハク来週にとっておくことにして、かなり久しぶりに上野動物園を見物することにしました。

無料なのは、きょう(3月20日)開園記念日(135周年)だったんですねぇ。

まずは、こちらの記事に登場した五重塔を見物しました。

この五重塔(旧東叡山寛永寺五重塔)1958年に寛永寺から東京都に寄付されたらしいのですが、どうしてこの重要文化財を寄付したのか、不思議

説明板によれば、

老中土井大炊頭利勝が寛永8年(1631)今の地に上野東照宮(1627造営)の一部として五重塔を創建寄進しました。

ということで、もともと寛永寺の塔としてではなく、上野東照宮の塔として建てられたんですな。
神社と五重塔とは妙な組み合わせですが、当時は神仏ごちゃ混ぜだったということなんでしょ。
そして、1639年の焼失⇒再建を経て、明治になると、例の神仏分離令によって五重塔上野東照宮から寛永寺移管されたのだそうな。

こういう経緯を考えれば、寛永寺としては五重塔を保有し続けるのは居心地が悪いというか、持て余すというか…、だったのかな?

さて、動物

「SING/シング」尽くしの真っ最中なものだから、どうしても「SING/シング」登場動物と結びつけてしまうんだよなぁ…。

ゾウは、

もちろんミーナだし、脱力感しかないガイアナカイマントカゲは、

ミス・クローリーだし、ニシゴリラ(遠くて、後ろ姿で、ピントが合っていない)は、

ジョニーだし、カナダヤマアラシ(後ろ姿残念)は、

アッシュだし、アグー豚は、、、、

さすがにロジータグンターを連想するのは難しいし、こちらのヒツジも、

エディナナを連想するのが難しい

その代わり、銀行のおねえさまを連想するアルパカを載せておきます。

残念ながら上野動物園にはコアラはいない
けれどジャイアントパンダがいます

今年は赤ちゃんの誕生に期待したいゾ

そうそう、「動かない鳥」として名高いハシビロコウ動きまわっていておかしかった。

この他にもかわいらしい動物をたくさん観られて、満足でした…
たとえばカピバラとか…。

もしかすると、気が向けば「続編」を書くかもしれませんが、きょうはこれまで

たまには動物園見物もいいかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ビバ初め」札幌旅行記 #2-7 | トップ | 大阪でビバった旅行記 #1-5 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。