African Beads Art -見上げる空にアフリカの夢-

ZUVALANGAがアフリカで出逢ったビーズワイヤーアート、南部アフリカの人々、自然、動物、文化。

ZUVALANGA 野生に出会う‐Japanese Red Fox‐

2018-06-08 11:02:19 | 日記

日本の野生のお話です。

↑ 巣穴に戻る前のホンドギツネ

先日、空が真っ暗な中、家を出発して野生に会いに出かけました。

到着して、しばらく静かに待っていると現れたホンドギツネ。

日が昇るか昇らないかの、これから来る朝を待つ気持ちの良い空気の中、彼らは力強く生きていました。

やっぱり、自然っていいなぁ。

 

アフリカでは家の周りや、少し足を延ばせば出会えた野生の動物たち。

日本では少し遠のいていた気がします。

自然や動物の魅力を教えてくれた小学校時代の恩師が

’子育てをしているホンドギツネに会いにいきませんか?運が良ければ出会えるよ’と誘ってくださいました^^。

夜行性の彼らに出会うのはとても難しく、写真となればなおさらです。

明るくなると巣穴に戻ってしまうので、明け方の明るくなりかけたその瞬間が写真撮影のチャンスでした。

幸運にも子ぎつねにも出会うことができました^^。

ファインダー越しに目が合い、一瞬時が止まったような感覚。久しぶりに野生と対峙した興奮を思い出しました。

凄く贅沢な時間でした。

 

日本では動物たちと人との距離がとても難しく、

人に近づき過ぎた動物たちはと害獣という扱になってしまいます。

生きていく為の手段を模索しているだけなのですが・・・。

この日も、野生に出会った嬉しさの中に、

来年もそしてこれから先も、彼らにまた出会えるのかというザラっとした不安もよぎりました。

 

↑アフリカセグロジャッカル(カラハリ・トランスフロンティア公園)イヌ科つながり🐶(ビーズアートのジャッカルがいないので、アフリカで撮影した写真ジャッカルです^^;)

アフリカへ行けば、野生動物にいつでも出会える、

そんな理想もいつまでも続かないのだと思います。

実際に多くの野生動物たちの数が激減しているのが現実です。

自分には何ができるのかと考えさせられます。

サファリで野生動物たちと出会った時の喜びはなんとも表現しきれません。

そんな喜びをより多くの人達に感じてほしいと思います。ずーーっとこの先の未来も。

 

次は、どんな日本の野生動物たちに出会えるのか、ちょっと探してみようと思います。

時々夜中、家の近くで夜鷹らしき鳴き声が聞こえます。

姿はいまだ確認できずですが、近くにいるんでしょうか?夜鷹なんでしょうか??

調査してみたいと思います!

(恩師曰く、もし、いたとしても夜鷹を見つけることはすごく難しいとのこと…^^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZUVALANGA 『Bird Week🐥』

2018-05-14 12:51:56 | 日記

知りませんでした。5月10日~5月16日が愛鳥週間だってこと。

 

アフリカで写真を撮り始めてから、鳥にも興味を持ち始めました。

以前にも書いたんですが、

大きな動物たちが日陰に隠れて見つけにくくなる日中のサファリで私たちを楽しませてくれるのが、

個性豊かな鳥たちです。

Red-headed Finch

過酷なカラハリの大地に力強く生きる小さな鳥。アカシアのトゲも全く気にしない。

 

 Tawny Eagle

カラハリの乾いた風の上昇気流にのって、美しく旋回。

 

Pied Kingfisher

こんなサイズの魚も丸のみに。

 

Black-collared Barbet

 南アフリカでは住宅地にもカラフルな鳥たちが飛び交っています。

 

Pearl-spotted Owlet

 見つけた時は大興奮。

Southern Red Bishop

色鮮やかな小さな鳥。こちらはオス。体を大きく見せて、メスにアピール中。(ちなみにメスは茶色です。)

 

 Long-tailed Widowbird 一枚、私たちの鳥写真の師匠、南アフリカ人Johnさんの美しい写真を拝借しました。

私の腕ではこの美しい’黒’をしっかりと捉えて撮影することが出来ませんでした・・・^^;

名前の’Widow’は’未亡人’という意味。ということで’長い尾羽の未亡人’ですね。

でも、この写真はオス。

繁殖期のオスは尾羽が長くなり、この尾羽を優雅に揺らし飛ぶことで、メスにアピール!(ちなみにこちらもメスは茶色。)

鮮やかな色や、美しい尾羽を持ったオスが人気ということです。

 

Helmeted Guineafowl

まだまだアフリカには個性的で魅力的な鳥たちが沢山います。

またご紹介します^^。

気候も良くなり、山でバードウォッチングも楽しいかもしれません🐦ね。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小躍りのヤスデと、喧嘩を売るhoney badgerのお話。

2018-05-01 18:12:21 | 日記

明日は雨模様のようですが、連休後半はお天気も回復するみたいで、一安心。

ZUVALANGAのヤスデも小躍りです🐛

 

作品作りの参考のためにも、アフリカの動物写真や、動物に関する記事をできるだけ見るようにしています。

美しい瞬間を切り取った写真も好きですが、

動物達の個性が光る写真もとっても面白い!

私の大好きな世界最強動物honey badger(ラーテル)の性格が前面に出た面白い記事を発見!

ナミビア、エトーシャ国立公園のwaterhole(動物達の水飲み場)での一幕。

(私も一度エトーシャでラーテルに遭遇しましたが、残念ながら、写真撮影は叶いませんでした・・・)

写真が面白いので是非チェックしてみてください!

Honey badger don’t care

なんと言っても喧嘩っ早いラーテル。

水を飲んだ後、

機嫌が悪かったのか、先に水を飲んでいたoryx(オリックス)に喧嘩を売る。

オリックスをイラつかせる

角で吹っ飛ばされる

何度も飛ばされる

それでもしつこく向かってくるので、オリックスが立ち去る・・・。

機嫌よく水を飲む。

翌日、同じ場所で、次はjackalジャッカルに喧嘩を売る。

ジャッカルも逃げ出す・・・

(3枚目の写真は、すごい勢いで飛ばされたのか、残像が残っています!)

本当に怖いもの知らず*0*

というか、どうして喧嘩を売るのかがわかりません^^;。

攻撃されるわけでもないのに。これも個性ということですね。

生でこんな瞬間を目の当たりにすることは、なかなか難しそうなので、

ビーズアートで再現^^。

いつかあんな光景に出会ったみたい!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZUVALANGA 多様性彩るRhino

2018-04-13 13:27:38 | 作品・作品展

何ともお久しぶりなブログ更新です^^;

作品作りと並行して、色々なことがありました。

↑ビーズ多色のRhino(サイ)がZUVALANGAに仲間入り。(こちらはクロサイ)

アフリカで出会った時に見た優しい眼差しをいつも思い出します。

作品作りの最後の工程、そして最も重要なポイントはいかに眼を表現するかです。

どことなく愁いを含む、温もり感じる作品になりました。

↑こちらはシロサイ(ZUVALANA2013)

 

絶滅の危機にあるサイはアフリカでは動物保護、環境保護の象徴ともいえる存在。

2013年2014年頃には車にサイの角を付けて走ろう!というキャンペーンがありました^^。

沢山の車がこんな感じで走っていました。ベンツもジープも🚙

残念ながら先月、キタシロサイの最後のオス’スーダン’が感染症にかかり死んでしまいました。

これで、地球上に残るキタシロサイはメス2頭に。キタシロサイ

クロサイに生き物の多様性を表す多色を彩って制作している最中に届いたニュースにショックを受けました。

 

ネルソンマンデラ元大統領は、「異なる色が重なり輝く虹のように、多数の人種が融和する国造りを」という願いを込めて、

南アフリカレインボーネーション(虹の国)と言い表しました。

南アフリカは様々な人たちが混ざり合う中で、個々が光ってとても魅力的な国だと感じます。

そして、やっぱり地球上には多種多様な生き物達がいて欲しいと願います。

動物達それぞれ違った独特な特徴がとても大切で大きな魅力ですから。

ZUVALANGAのクロサイにはそんなレインボーな地球でいて欲しいという思いもこもっています。

ビーズアートを通して、ZUVALANGAが伝えられることは何なのかと思いを巡らせます。

動物達の力強さ、自然の美しさ、多様性の魅力や地球の面白さ。

 

3月4月は終わり始まる変化の時。

忙しさの中、大切なものは保ちながら、変化や挑戦を恐れずに前に進んでいきたいものです。

忙しさに疲れた時はのんびりbaboon(チャクマヒヒ)の毛づくろいの風景でも思い出してみてください🐒。

↑ 夕方、日が傾いてきた。今日も一日ご苦労さんという感でしょうか^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZUVALANGA 怠けているの?ナマケモノ。

2018-01-28 16:54:05 | 日記

↑ どこにでもぶら下がるZUVALANGAのナマケモノ(国立民族学博物館ミュージアムショップにいますよ^^)

 

先日、富士フィルムフォトサロン大阪で開催されていた

写真家山口大志氏の写真展’AMAZON密林の時間’を観に行ってきました。

動物好きの私にとっては、南米ももちろん憧れの土地!

山口さんご本人が会場にてギャラリートーク開催とのことで、

その時間に合わせて行ってきました。そして、前列かぶりつきで話を聞きました。

↑ 山口大志氏ご本によるギャラリートークの様子

 写真の解説だけでなく、野生動物の習性、動物たちが生きる環境、撮影秘話や現地での食事事情など内容盛り沢山。

 森は深く、動物も植物も色鮮やか。ちょっと毒々しいのも魅力的。

 ギャラリートークが終わっても、私の興奮は冷めやらず、’聞きたいことがあるのですが!’と質問攻めしてしまいました…('_';)

 アマゾンの地理や、森の特徴、雨季乾季の様子、動物たちへのアプローチの仕方など、わかりやすく丁寧にお答えくださいました。

 お話の端々からプロとしてのストイックさと、動物や自然に対する愛情が伝わってきました。

 気づけば3時間ほど経過していました…('Д')

↑ 木の上でお昼寝中のアカウアカリについて解説中。

 アカウアカリは鮮やかな紅い顔のサル。生息範囲も狭く、絶滅の危機にある動物。

 とても警戒心の強いアカウアカリに森の中で出会えるのは奇跡に近いそうです。

 

↑ 私の大好きなヤドクガエルたちの写真も。自分の鮮やかさを知ってるかのよう。

↑ こちらはZUVALANGAのキスジヤドクガエル(ZUVALANGA 2017)

 

ふと、’ナマケモノ’について考えてみました。

’ナマケモノ’。何とも’人間勝手’な名前なのではないでしょうか。

英語名の’sloth’にも怠惰という意味があるようですし…。

でも、’ナマケモノ’は’怠け者’なのか??? あんまり動かない=怠けている??

動かないことで、無駄なエネルギー消費を抑え、敵から上手に身を隠しているのです。

独自の方法で、厳しい環境の中、生き残って来たんですね。

日中はほとんど動かないそうですが、

頭の中では色々な思いを馳せているのでは?と私も勝手な想像をしています^^。

いつかアマゾンへ行くことが出来、’ナマケモノ’に出会えたら、’今、何を思っているの?’と尋ねてみたくなりました。

 

↑ 写真集にはさらに贅沢で美し生き物たちがいっぱいでした。

 大阪での開催はすでに終了しましたが、福岡、札幌とまだまだ続くようです。

 ☞山口大志氏HP

 アマゾンの森の匂いを感じに行ってみてください。 

 そして、いつか本物のアマゾンへも行ってみたい!!

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加