African Beads Art -見上げる空にアフリカの夢-

ZUVALANGAがアフリカで出逢ったビーズワイヤーアート、南部アフリカの人々、自然、動物、文化。

ZUVALANGA Solar Lightに照らされて

2020-05-28 17:43:58 | 日記

↑南アフリカで作られているsolarlightでお家時間もほっこり。

 

全国的に少しずつ、日常を取り戻そうと動き出したように感じます。

時々、マスクを忘れそうになってしまう私は

まだまだ新しい日常?!に慣れるのは難しそう・・・(*_*;

恐がり過ぎず、正しい認識を持って生活を送りたいと思います。

 

ZUVALANGAがお世話になっているギャラリーさんや、店舗さんも

色々と思いを抱えながら前へ進んでおられます。

一歩一歩。

↑ ひょこひょこ足短めアヒル

梅雨は近づいていますが、

今日のようなカラッと晴れた日は気持ちも朗らかです。

Comment

ZUVALANGA ビーズとホモ・サピエンス史

2020-05-15 16:11:47 | 日記

春が過ぎて、夏が来たような気温が続いていました。

皆さまいかがお過ごしだったでしょうか。。

まだまだ元通りとはいきませんが、

少しずつ少しずつ、日常を取り戻していける、そんな兆しも見えてきたような気もします。

ただ、気持ちの緩みには気を付けながら、もうしばらく、うまく辛抱をしていけたらと思います。

 

家にいる時間が長くなり始めた時期に、

’ビーズ’展(2017年)の際にお世話になった国立民族学博物館池谷和信教授から新刊をお送りいただきました。

『ビーズでたどるホモ・サピエンス史』

古代から現代、アフリカ、アジアそして世界、幅広い観点から’ビーズ’を考察し、

ビーズと人類の関係性に迫っています。

なかなかの読み応え!!自分の中でビーズの概念がまた新しく更新されました。

現代のビーズの中で、ワイヤーアンドビーズアートについても書かれています^^。

一粒小さなビーズですが、

色、形、素材、サイズ、様々な違いや集合体でそれぞれに意味を持ち、無限に世界が広がって行きます。

改めてビーズの不思議な魅力について考えさせられました。

民族学博物館も臨時休館が続いていますが、再開を楽しみに待っています。

おうちでみんぱくも楽しめます。

 

先週末は母の日。

お花屋さんに行ったら、お花の間からこちらを覗くリアルなカバとシロサイを発見してしまいました!

素材は詳しくわかないとの事でしたが、何とも良い風合いと良いサイズ^^。

自宅に連れて帰りました。また野生動物が増えてしまいました。。。

次回いつアフリカへ行けるかがわからないこの状況下、

自分で撮影した野生動物の写真、サファリでの動画を観ながら過ごす時間も増えています。

 

↑アフリカから届いたカラフルマスクの写真

ビーズアートショップもCLOSEで、厳しい状況が続いている南アフリカからマスクの写真が届きました!

アイデアを絞り、周りの人たちと協力しながら、新しい挑戦をしている師匠達^^。

ロックダウンが続いていた南アフリカの街,

治安問題など混乱の状況を伝えるニュースがどうしても目立ってしまう中でも、

タフに、そしてしたたかに生きる人たちが街の片隅で頑張っていることも伝わると嬉しいです。

’一枚欲しいなぁ’と言うと、

’買いにおいで~’とジョセフさん。

’’アフリカに行ける頃には、マスクは必要なくなるかな’’と話しました。

一日も早く、世界の日常が戻るよう願っています。

 

 

Comments (2)

ZUVALANGA Earth day🌎

2020-04-22 14:13:31 | 日記

4月22日は’’Earth day’’🌎

生きものをモチーフに作品作りをしているので、

地球環境や野生動物についていつも敏感であり続けたいと思っています。

こんな時期だからこそ、

改めて自分が地球に対して何ができるのか考え直してみたいと思います。

 

私の住んでいる市の図書館はただいま閉鎖中・・・。

なので、借りている両生類、爬虫類の本の返却期限が伸びました。

再度、熟読してみようと思っています^^。

これも地球や環境について考えることの一つ🐸。

カラフルなカエル、クールなトカゲ。カワイイヤモリたち。

地球上の多様性あふれる世界がいつまでも続きますように・・・。

 

そして、この辛抱の時に

アフリカから届いたイラストでsocial distanceを再確認。

自分と人との距離はライオン1頭分(1.8メートル)を保ちましょう。

でも、本物のライオンで距離を測らないでください。

自分と本物のライオンとの距離は少なくともゾウ4頭分。

でも,本物のゾウで距離を測らないでください。

 

↑こちらライオンに近づき過ぎた悪い例。

ライオンを置いていたら、ちょっとの隙にうちの猫が上手にはまって落ち着いていました。

ネコ科同士の繋がりを感じたのでしょうか・・・。

 

お家にいる時間が長くなってしまいますが、そんな時間を華やかに。

皆さまくれぐれもご自愛ください。

 

↑ナミビアで撮影した一枚。なんとなくEarth dayっぽいので。

お昼寝中に少し近づいたら気づかれて目が合った瞬間。

 

Comments (2)

ZUVALANGA  星空見上げるライオン

2020-04-14 11:52:24 | 日記

↑ 星空見上げるライオン

 

なんとも久々のブログになってしまいました・・・。

日々状況が変わる中、本当に難しい日々が続いていますね。

私自身も自分の行動に気を付けながら生活をしています。

 

ZUVALANGAのお知らせとしまして、

参加を予定していた4月21日の淡路島でのイベントの中止が決定しました。

沢山準備をされていた主催者さんにとっては大変難しい判断だったと思います。

私も楽しみに準備をしていたのでとても残念でした・・・。

そして、5月1日から予定していた東京での個展の延期も決まりました。

こちらもとても残念・・・。

しかし、開催実現に向けて、ギャラリーオーナーさんとポジティブなお話が出来ていますので、

さらに楽しいビーズアートを皆さんにお届けできるよう、

モノ作りを続けています。

 

師匠達のいる南アフリカの状況もこの一カ月で急激に悪くなっているようです。

かなり強制力のある都市封鎖ロックダウンが2週間。そして、さらに2週間の延期が決定。

スーパーから食べ物や紙製品が少なくなり、どうなるのかとても不安な時間が続いているそうです。

私がこちらのイベントの中止、作品展の延期などを伝えると、

師匠ジョセフさんからは、

’’今はとにかくモノを作れ。作品を増やせ。Life goes on’’と冷静な返信が。

家の中ではビーズをこぼしたくないらしく(ジョセフさんのいつもの作業場は屋外の裏庭)

ワイヤーのみで作る2㎝ミニゲッコー🦎を作りまくっているジョセフさん。

送ってくれた写真が超ピンボケで。。。なんだこれ?!・・・思わず笑ってしまいました。

 

今、出来る事を黙々と。気持ちを落ち着けて日々を過ごしたいと思います。

皆さまもくれぐれもご自愛ください。

↑新たまねぎ喜ぶヒポ。

旬の野菜で栄養をしっかりと!

Comments (2)

ZUVALANGA 新年は東京西荻窪でのグループ展。

2020-01-10 17:32:44 | 作品・作品展

暖かいような冷えるような・・・。

そんな毎日が続いている冬ですね。

昼間は暖かかったので、軽い上着で出掛けて、帰り道に大後悔・・・。

風が冷たく、帰宅後も震えていました('Д';)

皆さまも体調にはくれぐれもお気を付けください❆

 

様々なニュースの飛び交う中、

ジョセフさんと話したことを思い出します。

”世界は繋がっている。世界のどこかで起きていることも必ずぐるっと回って自分に関係してくる。

だから’正しく知る’ということが大切。アフリカと日本もこんなに近いんだからね’’

3か月間日本で過ごしたジョセフさんが私たちに託して帰ったglobe(地球)がいつも語り掛けている気がします。

 

2020年最初の作品展は東京西荻窪でのグループ展!

昨年も参加させていただいたNew year group exhibitionです。

関東方面の方、是非、足をお運びください♪

色々な角度から楽しめるボリュームいっぱいの作品展になっています。

ZUVALANGAは後期’PartⅡ2020.1.18~1.26に参加させもらいます^^。

Comment