ザウルスでござる

真実は受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルスの法則

インチキ動画 「この地球に山や森は存在しない」(後篇) の診断書  

2017-05-14 00:46:29 | 現代時評

インチキ動画 「この地球に山や森は存在しない」 (後篇) の診断書

 

 

前篇では、「アメリカ、ワイオミング州のデビルズタワーは巨木の切り株である」 という主張であったが、後編ではさらに一般化して、世界中のメーサ(卓状台地)は、すべて “巨木の切り株” であると言いだす始末である。

しかし、前篇においても仮にデビルズタワーが切り株だとしても、誰がどうやって元の巨木を切り倒したのかは、視聴者は何も聞かされていないままだ。そして、この後編でもわれわれは最後まで誰がどうやって巨木を切り倒したのか教えられないままに終わる。これでは、“メーサ切り株説” じたいが成立しているとは言えないことになろう。その説に最後まで耳を傾けていても、肝心な点が何も聞こえてこないのである。 どうやら、単にこの作者のキャパシティに原因がありそうである。

 

さて、作者は、地球上の多くのメーサをめぐり、それらがみな “切り株” であると豪語する。

 その途方もない説に疑念を抱く者は、映画 「マトリックス」 のように頭脳をすっかり支配されているからだと逆に説教されることになる。

しかし、我々の知るふつうの切り株の断面が円もしくは楕円であるのに対して、“巨木”の断面のはずのメーサが円形もしくは楕円であることは滅多にないのだ。

動画以外の以下のメーサを見れば、実際には鋭角的な多角形、不定形が通例である。樹木の断面としては、いくら巨木でもありえない形状である。

 

 こういったメーサ(卓状台地) は世界で100以上あるそうだ。逆に言うと、切り株はたったの100個程度なのか?そもそも切り株だけが残っていて、切り倒されていない巨木が一つもないというのはおかしくないか?

 

 さて、いかがであろうか? 樹木の切り株に見えるであろうか?しかし、これがふつうのメーサである。

 

デビルズタワーは例外だったのだ。 長い不定形がふつうなのである。断面が長い樹木?これらの写真は mesa で検索すれば簡単に出てくるものである。この動画作者がなぜこんな見事なメーサの写真を使わなかったのか考えてみていただきたい。誰が見ても、樹木の切り株にはとても見えないからである。自分の “メーサ切り株説” に都合が悪いものは出さないのである。

樹木の一個の生命としての完結性がない。だらだらと長く、いったいどんな年輪になるというのであろうか?

はっきり言って、切り株には全く見えないと言える。

切り倒される前だったら、よほど平たくて壁のようにそそり立っていたことになろう?平たい壁のような樹木をあなたは見たことがあるか?

作者の言う小型の高さ6キロの巨木どころか、1キロでもすでに、てっぺんの葉までの水分の供給は不可能なはずである。物理的に無理であると言える。“メーサ切り株説” は科学的常識に反する単なる妄想の産物と言えそうである。 

 

前篇のデビルズタワーは非常に例外的に頂上が比較的円形に近く、ある意味では、“メーサ切り株説” には、非常に“理想的”なモデルだったのである。

しかし、デビルズタワー1つで話を終わらせるわけにはいかなかったようだ。

 

 

ロシアにはもともと 巨木伝説 があって、作者はどうやらそれに取り憑かれて、妄想を膨らませているようだ。

 

しかし、この作者は誇大妄想に駆られるばかりで、ディテールの整合性や “詰め” をおろそかにするきらいがある。

フィクションでもよくできていれば、それなりに評価するにやぶさかではないが、とにかく話が雑で、リアリティーが非常に希薄である。こんな動画に感動する人間がいるとは、失礼ながら驚きである。

   

 

動画の作者、ウクライナのマネス氏

 

ここで、動画の作者は、メーサの写真は斜め上から見て、なるべく断面のl形状が鋭角的に見えないものを選んでいる。また、いっそのこと、上からの航空写真はやめて遠景のシルエットを使って、断面の形状がいっさいわからないような写真を使ったりしているのだ。“メーサ切り株説” に都合の悪い形状のメーサのほうが実際には多いので、動画作者は写真の選択に苦労したに違いない。

 ごまかしの画像の羅列はこのくらいにしよう。

 

これが典型的なメーサ(卓状台地)である。

この動画の作者が決してわれわれに見せようとはしないメーサである。

これが “巨木の切り株” だと?

馬鹿も休み休み言え!

 そもそも誰がどうやって切り倒したかも言ってないのだ!

当たり前だ!言えるわけがないだろ!

 

信者たちよ、いい加減に目を覚ませ!

 

さて、これらが切り株だとしたら、切り倒されなかった巨木はどうなったのか、という疑問がいやでも出てくる。

 それに対して「他の森はすべて爆風で破壊されてしまったのです」 という意味不明な答えが与えられる。

 は? 「爆風」? 

地球上の高さ6~100kmの巨木の森をすべて破壊するほどの 「爆風」 とはいかなるものか?そもそも 爆“風” でそれだけの巨木が 破壊 されたと 言う人間 も、それを 信じる人間 も、現実的な想像力を全く欠いている と言わざるを得ない。たとえウソでも、もっと現実味のある説明をしたらどうなのか?

 さらに、「折られた木の姿」 が以下のものだと説明される。

 

 これほど幼稚なアナロジートリックがあるだろうか? 

「一見似ていれば、同じ」 というのは “幼児の論理” である。

ある意味で視聴者はそうとう馬鹿にされている。

 

 

 これで納得する大人は、幼稚園児と変らない!

そう、あなたのことだ!

 

 

 高校くらい卒業していれば、上の図のプレートテクトニクスの初歩はわかるのではないか? 

 

思い出していただきたい。この動画の作者は、「メーサは切り株だ」 と主張していて、その例として デビルズタワー を挙げた。そうでしょう?

そしてデビルズタワーの 柱状節理 の六角形を根拠に、植物起源 であると主張した。そうでしょう?

「デタラメ動画「この地球に山や森は存在しない」(前篇)のトリック」
 
しかし、柱状節理のメーサは例外なのだ。以下のふつうのメーサはどれ一つとして柱状節理ではない。にもかかわらず、すべてのメーサが “切り株” だと言っているのだ。 “植物起源” だと言っているのだ。 

 

柱状節理ではない、ただのメーサ(卓状台地)

 ここには “誤魔化し” がある。そうでしょう?

信者たちよ、いい加減に目を覚ませ!

 

 

 さて、そもそそも何の 「爆風」 で折れたのだ?

 

するといきなり、 「1780から1815年の間に核戦争が起きます。 」  と言いだす。 “証拠なしの言いたい放題” の再開である!

ちょっと待ってくれ、フランス革命は1789年だぞ!

1815年はワーテルローの戦いだ!

 フランス革命とワーテルローの戦いの間に 「核戦争」? いくら何でも、150年早いんじゃないか?そもそも、そんな記録がどこにある?

 

そして、それによる 「核の冬」 が原因で、1816年の 「夏のない年」 が起きたと語られる。

 

たしかに1816年に急激に北半球が冷え込んで 「夏のない年」 になったのは歴史的事実だ。 

しかし、太陽活動の低下と、アジアでの火山の大噴火による日照量低下によってすでに説明されているのだ。

これらではなくて、核戦争が原因だと言うのなら、聞いてあげるから、その状況を説明してみたまえ。

ワーテルローの戦いは 「核戦争」 だったのかい?

ワーテルローでなくてもいいから、どこの国の核兵器だったのか言って見たまえ。

しかし、作者は、ベラルーシで核爆発があったと言うだけで、この話は終わってしまう。

なるほど、ロシア製の核兵器だったと言いたいのか、このロシア人の作者は。

ロシアで世界最初の核爆発と言いたいのか!

 

しかし、当時のベラルーシがどこの国から核攻撃を受けたのか、なぜ受けたのかについては何一つ語られることはない。残念ながらどうも、この作者は想像力に欠けるようで、話がブツリ、ブツリと切れてしまう。

この話もけっきょく一連の“ホラ話”、“証拠なしの言いたい放題”の一つ である!

それはそうだろう。この作者はあまり頭がよさそうではなく、ホラ話もすぐにネタが尽きるようだ。メーサ切り株説も、爆風も、核戦争も、核の冬も、説得力のある説明のないまま、自分の能力も顧みずに言い出しては、続けられない。

どうせ言うのなら、もっと一貫性とリアリティのある面白いホラ話にしてくれ。すぐに途切れてしまうホラ話なら、やめたほうがいいのでは?

前篇で “メーサ切り株説” が出てきて、後編ならきっと 「誰が、どうやって」 を聞けるかと思いきや、見事に裏切られる。 それどころか、後編では、もっと無責任な展開になってくる始末だ。

 

わが日本の名山、富士山が出てくるのだが、こうした、とても “切り株” には見えないような“困った” 円錐形の場合は、言うに事欠いて、なんと廃棄物を積み上げた巨大な “堆積物” であると、説明される。   なるほど。 で、誰が積み上げたの?人間?エイリアン?

そして、これだけの量の廃棄物を運んで積み上げるために、巨大な機械が稼働したのだそうだ。   なるほど。 で、いつの時代に?江戸時代?昭和?  その 「巨大な機械」 は今どこに?

そうした廃棄物には化学廃棄物も含まれ、やがて化学反応を起こして 「爆発」 するが、科学者たちは、それを 「火山の噴火」 と思い違いをするのだそうだ。  なるほど。 それなら、噴火よりも、有毒ガスや水質汚染が大規模に発生しているはずでしょう?

ここでもまた、“証拠なしの言いたい放題” である!

“稚拙なホラ話” の連続である!

 

作者なりに一応 “辻褄合わせ” をしているようなのだが、どれも “詰め” が甘くて、面白くないのだ。

 

“メーサ切り株説” もけっきょく 「誰が、どうやって」 の説明のないまま、いつの間にか鉱石採掘機のホラ話にすり替わってしまう。作者の中途半端な性格がうかがえる。

メーサ切り株説、 爆風による地球の森消滅、 核戦争・・・ これらのどれにもまともな裏付けも、証拠も、納得のいく説明もない。

“証拠なしの言いたい放題” のホラ話の連続である!

 

診 断 書

 

 

この動画に 「衝撃を受けた!」 とか、「目からウロコだ!」 とか言って感動している人間は、以上のさまざまな話を、歴史的事実だと思っているのだろうか? この作者の言うことをすべて本当だと思っているのだろうか?

信じてもいないで 「衝撃を受けた!」 「目からウロコだ!」 と言っているとしたら、相当あたまが混濁していると言える。

信じているとしたら、「前篇」の記事からもう一度じっくりと読み直して “デトックス”(解毒)する必要がある。

 デタラメ動画 「この地球に山や森は存在しない」 (前篇) のトリック  

 

さて、一番の根幹であると思われる、 “メーサ切り株説”に戻るが、けっきょく誰がどうやって高さ6キロから100キロの巨大な樹木を切り倒したのかの説明は最後までなかった。ホラ話が大きすぎて自分でも手に負えなくなったので放り投げたのか?

これは単に作者が自分のキャパシティを超えて大風呂敷を広げ、ホラ話の後が続かなくなってしまっただけと考えられる。

爆風や核戦争の話も同じように尻切れトンボに終わっている。ストーリーテラーとしての才能には相当無理があると言える。

 

動画作者マネス  と  怪僧ラスプーチン

この動画を肯定し、支持、賛同、賛美、推奨する人間は、事実とホラ話の区別がつかず、そして、科学とオカルトの区別もつかない、混濁した頭脳の持ち主である疑いが濃厚である。

論理的に物事を考えることができないということである。幼稚園児である。

自分の判断、言動に責任を持てない幼児的な人間であると、はっきり言える。“証拠なしの言いたい放題” のホラ話を受け入れ、広める人間は社会にとって有害である。

もちろんこれは、この動画の作者にもそのまま当てはまる診断である。 

 最後に一言: この作者と、この動画のファンたちの知的レベルは、宮崎県の“鬼の洗濯板” のホラ話を真に受けている幼稚園児と変わらない。

                                        以 上

 重要! オカルトは宗教である: 教祖がいて、信者がいる: はやし浩司の場合

ジャンル:
ウェブログ
コメント (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デタラメ動画 「この地球に... | トップ | 村井 x 早川:地震予知の双... »
最近の画像もっと見る

65 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ノーフォレスト (Unknown)
2017-05-14 13:53:35
いつも動画を楽しみにしております。
真実を知りたい気持ちが、
ノーフォレストを誤認してました。
もしかすると的な考え方なら、
ありかも知れませんが、
仰有る通りハナシが強引でしたね。
これからも期待しております。
頑張って下さい。
Unknown さま (ザウルス)
2017-05-14 15:41:14
このデタラメ動画 は無害そうに見えて、非常に有害である。変なものを飲ませるインチキ療法みたいなところがある。健康にいいと思って気にとめない人も多いが、精神の健康を大いに損ねている。
一度でもこの動画 「この地球に山や森は存在しない」 を観てしまったひとには、ザウルス特製の2本立ての記事をできるだけ早く読んで “デトックス” することをお勧めしたい。解毒効果と頭脳明晰化の作用がある。

併せて 「オカルトは宗教である: 教祖がいて、信者がいる: はやし浩司の場合」
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/8ad35c81be8a536179b1affcfc21509a
も服用することをお勧めする。
真実が尊ばれています (たきやま よしかず)
2017-05-14 23:15:45
ザウルス様のブログが紹介されています。
シャンティフーラの時事ブログ(2017/05,14/
10:35) 竹下雅敏氏からの情報。
『「ザウルスでござる] インチキ動画 :「この地球に山や森は存在しない(後編)」 の診断書 』
私の意見は述べません、どうぞご覧になって下さい。
感情論要らない (Unknown)
2017-05-15 00:35:51
論証は冷静に。

論証の対象者に対する人格否定、批判を連ねている時点でキミの負けだと思うよ?(笑)
たきやま さま (ザウルス)
2017-05-15 05:51:30
ご報告ありがとうございます。竹下雅敏氏の冷静、客観的な判断にはいつもながら敬服しております。
感情論要らない   さま (ザウルス)
2017-05-15 05:56:17
あなたはこの問題の動画のファン “だった” のでしょうね。この動画が完膚なきまでに否定されているので、さぞやショックだったことでしょう。
しかし、早く目が覚めただけよかったのではないでしょうか?
ああ良かった同じ意見の人が居て (EllE_NiNe)
2017-05-15 12:38:33
実はつい一昨日 YouTube の動画でこの節を支持している人の動画を見てこのロシア人の動画を見ました、余りにも馬鹿馬鹿しい内容だったのでコメント欄にちょっとキツイ意見を投稿してしまいもうちょっと柔らかい表現にした方が良かったかな? と思っていたやさきにこの記事を見つけたので自分と同じ意見の人が居て安心しました。
EllE_NiNe さま (Unknown)
2017-05-15 12:55:11
あなたが正常なのです。まともな考え方をしているのです。証拠なしの言いたい放題” の言説を受け入れ、広める人間は社会にとって有害です。

たしかに既存の科学は万能ではありません。科学で説明できないこともたくさんあります。しかし、ほとんどのオカルト説は科学以前に、論理的におかしなことを言っているのです。論理的飛躍、論理的矛盾、論理的すりかえ、類似=同一のトリック 等々です。
それらは冷静に見れば、どれも幼稚なトリックですが、幼稚な人間を騙すには十分なのです。
そんなボロクソに言わなくたって (Unknown)
2017-05-16 07:51:12
そんなボロクソに言わなくたっていいじゃないですか。ホラ話だの、幼稚園児だの、とひどすぎます!この動画をすなおに受け止めていたひとたちの心を踏みにじっています。あなたの人格をうたがいます。
そんなボロクソ さま (ザウルス)
2017-05-16 08:59:30
「デタラメ」 と 「インチキ」 の2つの記事をきちんとごらんになられたようですね。
この2つの記事はデトックス用に特別に調合してあり、特に解毒作用を最大限にするために成分を強化してあります。服用直後には、多少不快な副作用があるかもしれませんが、じきに収まります。
デトックスには1週間ほどかかるものとお考えください。それを過ぎますと、今までにないほど気分爽快になるはずです。保証致します。
Unknown (MARS)
2017-05-16 22:19:51
俺、あの動画衝撃受けたけど、
ザウルスさんのこの記事見て目が覚めました。

最後に巨大焼却炉=富士山使うあたり日本を巨悪に印象づける意図が感じられます。


YouTubeの(偽装)右翼や「サラ」というネオナチ外国人女が
日本人を釣って中国との戦争に導いてます。

「大衆受けするものを後先考えずに与えられ、死んでも悟らない」と外国の古典にかかれています。

やはり日本は滅びる運命なのか。
MARS さま (ザウルス)
2017-05-16 22:55:29
あなたのように、真実が自分より上にあると考える人は、自分が真実からズレたことを指摘されれば、気がつくことができるのです。
世の中の大半の人々は真実を自分のエゴの下に置いて考えているので、気がつかず、気がついても平気で誤魔化すのです。
あなたは、目覚めることによって、以前よりもずっと真実に近づいたのです。

以下は、わたしの別のコメント欄からのコピーです。

「怪しげなロシアのオカルト信者に日本人の精神を汚染させるわけにはいきません。日本人は精神的にもあまりにも “無防備” です。
わたしの論調が厳しすぎる、思いやりがない、などと文句をつけるひとたちがいますが、平和日本に生まれ育って頭がふやけたひとたちです。
論理の厳しさ、論証することの難しさ、主張を公開することの責任というものがわかっていない人間が、批判されないことをいいことにデタラメを垂れ流しているのです。
こうした有害な動画は海外からだけではなく、すでに日本国内からも無数に生産されて害悪をなしています。その典型的なものをすでに俎上に載せています。

「オカルトは宗教である: 教祖がいて、信者がいる: はやし浩司の場合」
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/8ad35c81be8a536179b1affcfc21509a
Unknown (Unknown)
2017-05-16 23:44:27
最近SHINGENという人がこの動画の内容を「真実」として強烈な持ち上げ方で推奨していました。完全に彼はこの内容を信じている物言いでした。

それで私もこの動画を見たのですが、心底ガッカリしたと同時に、こんな幼稚な動画を真に受けて絶賛している人だらけのコメント欄が、申し訳ないですが本当にバカバカしく思えて仕方がありませんでした。

誰かこの作者の「妄想」と「決めつけ」で作られたバカ動画をまともに批判している人はいないのかと思って見つけたのが、こちらの記事でした。

全部読んでから気づいて驚いたのですが、なんとザウルスさんの記事ではないですか!火星考古学や海底考古学が好きだったので、自分が好きなザウルスさんが完全に私の気持ちを代弁する形で論破してくれていたので、最高に痛快でしたね。

いずれにしろこの動画の内容は、面白い話をしているとは思いますが、最低限の科学的な態度・思考すら持ち合わせていない点で、全く話にならない動画だと思います。

この程度の動画をあっさり妄信して絶賛している人が圧倒的多数ということが本当にばかばかしく、残念ながらSHINGEN氏のいう“あっち系“が大好きな人の思考レベルは、やはりそんなものなのかと思わざるを得ません。

つまりは世の中、ちょっと真実っぽく見せるだけで、簡単に騙される人ばかりだということが、唯一この動画から学んだことでした。
Unknown さま (ザウルス)
2017-05-17 00:24:35
わたしの記事や動画は “トンデモ系” ではありますが、“オカルト系” ではありません。“トンデモ系 と “オカルト系” のこの微妙な違いが重要なのだと、最近つくづく思います。

わたしの 「海底考古学」 に好意的なコメントを寄せてくれる人たちの中には、わたしに SHINGEN を薦めてくれたり、はやし浩司 とのコラボを勧めたり、「この地球に」 に通じるものがあるなどと指摘する有様で、ほとほと、ガックリ きていました。

ザウルスは、“トンデモ系” の中でも超少数派の、“合理的トンデモ系” として位置づけできると思います。 “トンデモ系” の多数派は、もちろん “オカルト系” です。 
Unknown (Unknown)
2017-05-18 19:14:08
ここのブログで完結かなw
Unknown さま (ザウルス)
2017-05-18 19:28:57
「前篇」、 「後編」 ときて、これが 「完結編」 ということでしょうかね。 
このロシア発のオカルト動画も、一つの教訓として、 “反面教師” として受け止めれば、無意味ではなかったと言えるでしょう。
しかし、あまりにも無防備な今日の日本人の精神、特に自分の頭で考えないスマホ脳の若者たちはこれからも同様の “知的流行” に振り回されることでしょう。
Unknown (Unknown)
2017-05-18 22:03:46
娯楽的に面白い(問題動画ね)けど、やっぱりこうなるよね。
非常によい突っ込みや乙
Unknown (わくわく)
2017-05-19 10:48:31
私はオカルト系が嫌いでないので見ますが、この方のは途中で脱落しました。
意味不明で理解できなかったのです。
石化した木は昔家にありました、表面がツルツルして磨いたように見えて綺麗でした。
確か叩くと金属的な音がしたように記憶しております。
恐竜時代 巨人時代 何もかも大きな時代が勝手の地球に有りましたが、オカルト好きの私でも流石に切り株はないと思います。
娯楽としては面白いですが、しかし60%ぐらいの納得できる真実は欲しいです。信じる人もいることが凄いです。
巨人ですがどうやら日本からも出土しているらしいのですが、今は闇の中らしいですねそれ以外にもかなり日本人の常識にない物が出土していると聞きました。すべてが闇の中のようです。
国宝級の美術品を密かに売ってしまう学芸員も居る我が国ですから本当の価値を知っている研究者はゼロに近いのかもしれません。
わくわく さま (ザウルス)
2017-05-19 11:45:36
「信じる人もいることが凄いです。」  同感です。冷静に考えてみると、非常に危険な風潮だと思います。こんなひどいホラ話がまたたくまに世界中に広まり、日本の主に若者の間でもてはやされているのです。
事実と作り話の違いもわからず、何かいいことを言っているような印象だけでひとにも勧めるというのは、非常に幼児的で、無責任です。
こういった有害なウイルスは放っておくとどんどん蔓延して手がつけられなくなります。ひとびとがもっと警戒心を持つべきです。
ご見解願う. (A.W.V. 〔Another World Viewing〕)
2017-05-20 16:06:41
ザックザウルス貴兄が投稿されている渾身の動画やブログを拝見し,新たな関心と知見を抱きます.
私のみならず,私の知人たちも“なるほど!”や“そうだったのか?!”と,合点が行くスッキリ感を味わってますね.
巷間では必ずと言って良いほど,賛同する者が居る一方,それに反目する者も居るとの事で,ある意味に於いての両論とは正常でもあると解せます.
参考のリンクを貼付しましたのは,これらの検証と反駁を加える貴兄のコメントを頂戴したいと考えました.
何かと多忙のところ恐縮至極,快刀乱麻を断つ見解と合点が行くスッキリ感を,貴兄のブログ読者や動画閲覧者へ向けてお願い致します.
※ 下のリンクは検索中に偶々,導き出されたもので,先達てに目に入ったものです.
☞ http://utyujintoufononazo.seesaa.net/article/449864201.html?seesaa_related=related_article
☞ http://utyujintoufononazo.seesaa.net/article/450019330.html?seesaa_related=category
ここまでとなります.
A.W.V さま (ザウルス)
2017-05-20 16:36:14
まず、ザウルスがこのロシア人のオカルト動画を叩き斬ったのは、この動画をザウルスの動画と同列に見ている人間がけっこういることに気づいたからである。

また、はやし浩司のオカルト動画も以前からわたしの動画の視聴者から再三言及されていて迷惑に思っていたので、ロシア人のものより先にトドメを刺している。

つまり、単に自分の動画が誤解されるのが迷惑なので、仕方なしに重い腰を挙げているだけである。

誤解の無いようにお願いしたい。ザウルスはオカルトバスターを仕事にしているのではない。それをやり出したらきりがない。降りかかった火の粉を振り払うだけで手いっぱいである。
A.W.V 様へ (滝山 善一)
2017-05-20 23:22:32
ザウルス様、お世話になります。
ひとこと余計なことを言わせてください。
A.W.V 様へ、
あなたは間違っています。
あなたは、自分自身の問題解決に他人を利用しようとしているのでしょう、このことはザウルス様が拒否なさっています。
諦めてご自身の問題として、解決なさることをおすすめします。
あなたが、他の「 非常識ブログ 」を見つけたのならば、他人を巻き込まずに、あなた自身が、自己責任で、その当事者達に対して、意見具申をして、あなた自身が非常識な奴らと戦えば良いのです。
ただ、それだけのことですよ。簡単でしょう。

目通し願う. (A.W.V. 〔Another World Viewing〕)
2017-05-21 16:17:31
何かと多忙のところ恐縮至極,その後の間髪を容れずのレスポンス,ザックザウルス貴兄の主張は,一応承りました.
貼付したリンクで,貴兄が作り上げたオリジナル動画や画像を引用して,異なった見解をしているそのブログ主の記事やその手法や扱いについて,
具体的にどこが間違っているのか,合っているところはあるのかないのかなど,貴兄のブログ読者や動画閲覧者へ向けてのレスポンスがあったなら,
ありがたかった訳だったのですが,今回は遺憾千万でした.
私は素人の立ち位置ながら,貴兄の情報分析や結果のアップロードは,確証を得たりと説得力が強いと評価をしています.
だからこそ,貴兄が発信しているオリジナル動画や画像と記事に対して,合点が行くスッキリ感の見解説明を願えればとの思いでした.
もうひとつ,私の先達ての投稿では,林浩司などと言う人物の事は全く訊いていませんよ.強いて言えば,貴兄のブログ内で知った程度なのです.
どのような経緯で,オカルトバスターを仕事としているのではないとの,話のくだりになるのかが不明に思え,貴兄からの先達てのレスポンスの
理解にあれやこれやと考え倦ねて苦慮をしました.剰え,相手を駆逐してくれなどとの事はどこにも私は記入すらしていませんよ.
貴兄に私への誤った解釈や別の深読みを避けて戴く意味で言えば,物見遊山気分だとか悪戯心での投稿は一切してない事をくれぐれも留意戴きたい,と.
前段の事柄については,後追いの書き込みをした,滝山善一貴兄にも通じるところがあります.
私の投稿の中身にそぐわない,論点のズレが散見されて,“あなたは自分自身の問題解決に他人を利用しようとしているのでしょう”との
突拍子もない身勝手な決め付けで,滝山善一貴兄は論理展開をしています.それこそ滝山善一貴兄の解釈が間違ってますよ.
二人に対して端的に問えば、私の先達ての投稿の“リンクに書かれている,そのブログ主の中身から,どんな見解をするものなのか”との主旨であり,
そのブログ主に問い合わせたりや“あなた自身が自己責任でその当事者達に対して意見具申をしてあなた自身が非常識な奴らと戦えば良い”などの
方向違いの書き込みは,私の頭を悩ませる中身にも思えます.アドバイスや方向性,助言などを求めてもいなくて,そんな投稿の中身ではないのです.
横入りの投稿としてザックザウルス貴兄に代わって書き込むのならば,私の投稿の中身に沿った書き込みの回答や内容などを期待したいものですね.
誤解を避ける意味で言うが,私の先達ての投稿のリンクでのブログ主は,全く窺い知る人物でもなく,滝山善一貴兄の私への書き込みにあるような
“非常識ブログ”だとか“非常識な奴ら”なのかは,何を以てして断じるのかも見当がつかず,まさか“ザックザウルス貴兄や滝山善一貴兄から見て,
反りが合わない人物は皆敵も同然”などと考え,篩にかけた後にレスポンスをしているのかと,勘繰る読者や閲覧者も将来は出かねやしないだろうか.
真の事柄を知りたい,本当のところはどうなのだろうかと,ザックザウルス貴兄のブログやオリジナル動画に行き着く,新たな読者や閲覧者が今後も
それ相応に増える事でしょう.その将来をしっかりと見据え,日頃から念頭に置いてるなら,相手に対する書き込みの言葉遣いの丁寧さや表現具合も
もうひと工夫戴きたいものです.インターネットを介しての発信であるが故に,全世界の不特定多数の人の目に届く事も更に意識されたいですね.
滝山善一貴兄,どうぞ“冷静な判断とその書き込み”を以降,常時忘れるべからず,です.
※ 下のリンクは“無知の知に至る”道しるべ.
☞ https://www.youtube.com/user/zaurus2012/videos
ここまでとなります.

議論は致しません (滝山善一)
2017-05-21 19:45:56
ザウルス様、お世話になります。
A.W.V 様へ、
私の言論で、問題を生じた様ですが、私の拙い言葉と低脳層の頭脳では、あなたを説得する自信はありませんので、このまま議論を続けるつもりはありません。
 ザウルス様のコメント欄が外国語訳されているとは聞いておりませんので、あなたが心配するような事態には至らぬと存じます。
実のところ、私にはあなた様のブログは難しすぎます、子供達にも分かるようにやさしい日本語を使って文章を書いて下さればわかりやすくなると存じます。
参考までにお伝えしておきますが、私は専ら情報源として、「シャンティフーラの時事ブログ」を使っております。
若干の修正 (たきやま よしかず)
2017-05-22 01:33:28
ザウルス様、お世話になります。
一応けじめをつけておきたいので、もう少し言わせて下さい。
A.W.V 様へ、
若干、当方に解釈違いが有るようですので修正をします。
「宇宙人とUFOの謎、超常現象の謎、国家の陰謀を~」のタイトルのブログは、あなたが作成したものでは無いというわけですか?
でしたら、あなたは、人をあてにし過ぎです。
そのブログの内容に因縁をつけたい( 抗議をしたい )、あるいは希望する方に抗議文を送ってもらって、他の方の理解の手助けをしたい等というのでしたら、そういうことは、あなたの課題ですから、やはりあなた自身でおやりなさいな。他人を頼っていてはいけないですよ。
それと、私は私自身が一生会う事もない他国の不特定多数の人々の目に、自分自身がどのように映ろうとも、気にも留めてはおりません。そのような理由で、自分の言論に制限は設けません、より重要となる、事の真偽の方を求めます。
あなたは、わたしのことを何もご存知無いのですか??。もしも、そうでしたら、あなたには、私がこれまでザウルスブログのコメント欄に私が書いてきた、いくつもの文を読み込んで頂くことを、お勧めします。
主に「 替え玉愛子~ 」の関連のテーマの記事にコメントをしてきましたので、どうぞご覧下さい。
では、これで失礼します。
幕間か,幕を閉じれるか,先方次第. (A.W.V. 〔Another World Viewing〕)
2017-05-22 16:46:22
以下に書き込む事は,私の立場からして誠に不本意ながら,敢えての滝山善一貴兄へと向けた中身となります.
滝山善一貴兄からの要領を得ない書き込みが,又しても見受けられた事から,ここに止むを得ずの投稿となりましたのが,その理由になります.
“私の拙い言葉と低脳層の頭脳ではあなたを説得する自信はありませんのでこのまま議論を続けるつもりはありません”との滝山善一貴兄による
箇所ですが,ザックザウルス貴兄が時々使う単語の“低脳層”との文言を用い,自分自身の事を卑下している一方で,“あなたを説得”だとか
“議論を続けるつもりはありません”などと,身勝手な話の流れを又しても勝手に作り出していて,私は理解に苦しみました.
まず,滝山善一貴兄自身の事について,私はこれまでに,人物像を訊ねたりの書き込みはしていません.また,知りたいと思った事もありません.
従って,滝山善一貴兄が“低脳層”だとかどうであるとか,この私には関係がない事です.更に言えば,滝山善一貴兄とやり取りをする目的で,当初,
私が投稿したのではありません.意見交換や雑談の類の書き込みでもありません.滝山善一貴兄は,物事を曲解して的外れな書き込みをしていますよ.
もう一度,先達ての私からの書き込みの中身について言えば,一番初めに投稿した事柄とは“2つのリンクに書かれている,そのブログ主の中身から,
どんな見解をするものなのか”との主旨をザックザウルス貴兄へと向けた事であり,滝山善一貴兄へは指名やリクエストはしていません事です.
上述の訊ねた事への真っ当な回答や見解を書き込めないならば,静観をしていれば良いのであり,無理に私から訊かれてもいない事柄を書き込む事も
ない訳なのです.回答不可能な事柄ならば,“素直にその理由と共に,分かりません”との書き込みでも良かったのです.分からないと言われれば,
私からは釈然としない気持ちも残る事でもあろうが,そこから先は仕方ない結果を甘んじて受け入れ,取り敢えずは“幕引き”にする予定でした.

その後に滝山善一貴兄による“横入りの投稿”がされましたが,書き込まれた中身を今一度読んでみても,私の投稿の中身に沿った書き込みの回答や
内容などには程遠く,次から次へと滝山善一貴兄自身による繰り出される方向違いの書き込みには,ほとほと呆れます.
“ザウルス様のコメント欄が外国語訳されているとは聞いておりませんのであなたが心配するような事態には至らぬ”との滝山善一貴兄による箇所も,
一体どこを読んだ上で,このような書き込みをしているのかも不可解に思えます.
先達ての“ザックザウルス貴兄のブログやオリジナル動画に行き着く,新たな読者や閲覧者が今後もそれ相応に増える事でしょう”との私の一文から,
“ブログの単語だけ”に目を付け,滝山善一貴兄による身勝手な解釈から,“コメント欄が外国語訳されているとは”などと要領を得ない書き込みが
発生したのでしょうね.ここで良く見て欲しいのは,“ザックザウルス貴兄のブログやオリジナル動画に行き着く”との私からの一文には,ブログと
オリジナル動画の事が記されてます.“無知の知に至る”道しるべとして,リンクの貼付をも行ってます.これらの動画の中には数々の日本語版と,
英訳版がザックザウルス貴兄によってアップロードがされています.特に,英訳版動画を見てみれば気付くように,動画でのコメントには,当然にも
多くの英文による意見や質問など,英会話が出来るであろう外国人から寄せられています.この事柄を考えに加味をした上での書き込みをするならば,
“インターネットを介しての発信であるが故に,全世界の不特定多数の人の目に届く事も更に意識されたいですね”との私からの一文の指すところや
意味するところが,“拡大“誤”解釈”とか“都合の良いところだけを切り出して適用”などを目論む事をしなければ,普通に察せるはずなのです.
仮定の事として,訊ねられているその中身やそれの回答に窮すると考えた場合,まともな回答が投稿できないとの見通しから,無理に返信コメントや
本来の話の流れから逸脱するような書き込みなどは,自制すべきだと私は思います.不用意な書き込みは,閲覧者に筋違いの誤解を与えてしまいます.

終りに,“子供達にも分かるようにやさしい日本語を”とのくだりで,私は自分の文体で記しているのであって,この点は余計なお節介になりますね.
もうひとつ,滝山善一貴兄の“情報源”のところでは,その箇所を私がまず検索窓にかけて,検索結果からのリンクを辿れとの事かと受け止めました.
本当の親切心が滝山善一貴兄にあるならば,“リンクアドレスから該当リンクへと飛べる書き込みの計らい”をするのが,より良かったのでしょうね.
滝山善一貴兄に向けて,今回は“注意喚起”を,実例を挙げての書き込みになりました.“横入りの投稿”から始まった書き込みの再読再考をする事
に対して,滝山善一貴兄は厭う事でしょうが,この私への気持ちを慮り,理解した後には,“今後の返信や余計な書き込みは控えてください.”
誰もが常識的な物の見方で,これまでの書き込みを眺めても,別視点から見れば“不毛のやり取り”に映るであろう,互いの書き込み結果でしょうね.
万が一にも,滝山善一貴兄から“これまでの事を心得てない,的外れな投稿が私宛てにあった場合”,厳重注意喚起の投稿は続く事もあり得ます.
また,滝山善一貴兄から“これまでの事を心得てない,的外れな投稿が私宛てにない場合”,この私からの新たな投稿は,当然の如く行いません.
“滝山善一貴兄,この後のレスポンスは不必要”,“この私宛てに新たな書き込みは慎む事”,もはや“他人様の投稿やその中身を読む事はあっても,
また感じるところがあったとしても自制をし,“横入りの投稿は控えたほうが賢明”であり,“切がない上,時間の無駄な使い方”と気付くべきです.

それから,05/21時点での私から滝山善一貴兄へと書き込みの中身をもう一度読んでもらいたく,同じ事を何度も言わせないようにしなさいな!
到底,正しい物事の理解ができない,否,したくないとの根本的思考の滝山善一貴兄の,物事の曲解から派生する数々の傲慢さにウンザリです!
滝山善一貴兄,“物事の冷静な判断とその書き込み”を以降,常時忘れるべからず,更には,他人様に対しては“謙虚な姿勢”も必要不可欠ですよ!
※ 下のリンクはネット辞書のひとつ,本ブログの運営元と同じ.
☞ https://dictionary.goo.ne.jp/
ここまでとなります.

Unknown (質問です。)
2017-05-23 10:48:33
私も同様に一度見て、信じることも受け止めることもできませんでした。
彼の説ははっきりとした答えが示されないまま終わっているからです。

質問もあります
動画の中で出てきた、(作者は枝だと言っていた)切り株のような結晶化していたものは結局なんだったのでしょうか。
マグマによって樹木が圧縮される前に燃えてしまうと言っていましたが本当のところはどうなんでしょうか。
もう一点
作者は少なくとも古代7500年前には石はなかったと言っていますが、そうなのですか。
質問 さま (ザウルス)
2017-05-23 11:08:33
「彼の説ははっきりとした答えが示されないまま終わっている」   とのことですが、「説」 と呼ぶにはおこがましい、単なる “ホラ話” ですよ。深刻に受け止める必要はないのではないでしょうか? 
とにかく、自分で言い出す “ホラ話” も、あとが続かなくなって、動画の中でも次から次と放り出しているではありませんか?
「少なくとも古代7500年前には石はなかった」 というホラ話も、何の証拠もなしのデタラメです。しかし、世の中には、“意外なこと” を言うと必ず見境もなく真に受ける無知な人間がいるものなのです。この動画は、そういった常識以下の知性の人間たちによって支持されているだけのインチキ動画です。このロシアの妄想家の動画に限らず、そうした無責任な、愚劣な動画はネット上には無数にありますよ。
もっと冷静かつ批判的にみることをお勧めします。
どっちもどっち (Unknown)
2017-05-23 15:01:14
初めてこのブログを拝見させてもらいましたが、現在の主流科学の常識範囲内で結論を断定している以上、ここで解説されている内容もあまり説得力のある物とは言えませんね。
この動画も突っ込み所はありますがまず本当の主旨に気づいておられないかと。
飛行機のない時代に飛行機を論じていたとしたら当時の常識を振りかざして同じような事を繰り返していたのではないのでしょうか。
どっちもどっち さま (ザウルス)
2017-05-23 16:43:54
「現在の主流科学の常識範囲内で結論を断定している以上、ここで解説されている内容もあまり説得力のある物とは言えませんね」    とのことですが、このマネスという妄想ロシア人のホラ話が、地質学、火山学、岩石学、鉱物学の初歩的な知識を覆すだけの何を提示しているというのでしょうか?
そもそも、科学以前に “六角形のトリック” で視聴者を騙しているではないですか。
長いメーサ、多角形のメーサ、不定形のメーサの画像を出さずに、どれも切り株であるかのように視聴者を騙しているではないですか?
誰がどうやって巨木を伐り倒したのかすらも言っていないホラ話を真に受けているあなたの知性のほどを疑います。

「本当の主旨に気づいておられないかと」   とのことですが、核戦争だの、富士山が廃棄物の堆積物だのといったホラ話までさんざん積み上げたこの動画にどれだけの 「本当の主旨」 があると言うのですか?

あなたが持ち出した 「飛行機のない時代に飛行機を」 のたとえを使うのなら、空を飛ぶ道具を作って実際に崖や屋根から飛び降りて死んだ人間はたくさんいますよ。このロシア人は幼稚なボロい翼をつけて屋根から飛び降りているんですよ。あなたはそれを見て感心しているだけなのです。同じ程度に幼稚なのです。


Unknown (Unknown)
2017-05-25 20:30:03
この動画、結局切り株みたいな形だから切り株だと断定しているようにしか見えませんでした。
今まで見てきた中でもトップクラスのアホ動画で楽しませていただきました。
Unknown さま (ザウルス)
2017-05-25 21:02:12
あなたの印象は、非常に健全な、まともなものです。こんな動画を真に受ける方がおかしいのです。しかし、世の中にはこんな愚劣な動画を有り難がっている常識以下のアタマの人間がたくさんいるということは、恐ろしいことでもあります。
つけ上がらないように、はびこる前に誰かがピシャリと横っ面をはたいてやる必要があります。
決定版的考察 (KARATEKA)
2017-05-28 10:18:23
前編に続き素晴らしい考察ですね。
デビルズタワーや一部の卓上台地は確かに木の切り株風に見えなくはないですが、余りにスケールが巨大過ぎますね。
デビルズタワーは巨木と言うより巨岩山でしょう。
木も生命である以上は大きさに限界があります。
体長100メートルの人間が理論的に存在しないのと同じです。
もし仮に巨木だとしても、この大きさなら維持するのが困難であり、切り倒すとか以前の問題で朽ち果ててしまいます。
かつて地球には恐竜という巨大生物が存在しましたが、それでも2〜30メートル程度しかありません。
「この地球に山や森は存在しない」を信じる人は「この地球に古代文明や恐竜は存在しなかった」と言っても信じてしまうかもしれません。
確かに動画内では、誰が?いつ?何の目的で?どの様にして?切り倒しちゃった?のか説明されていませんね。
地球に関しての陰謀論?は殆どが捏造だと言っているのをどこかで見ましたが本当かもしれないですね。
後編も素晴らしい考察に感謝。
Unknown (ドナルド)
2017-05-31 22:05:28
元々の動画と内容は同じですが コピー動画を見て 批判とかワロス

でもどんな事にも批判などは 有益な情報なので 頑張ってください
ここに来て安心しました (わっと)
2017-05-31 23:57:51
動画について最初は興味深く観ていたのですが、あまりにも根拠がないのでがっかりしました。
否定をすれば、常識に囚われているとか洗脳されているとかいう事になるのでしょうね。
まずは現代の科学と論戦できるフィールドに来てからスタートしてほしいものです。
これを観て人生観が変わる人って、どんな人生観・・・って思いますね。
ドナルド さま (ザウルス)
2017-06-01 08:16:22
同じ動画を日本人が作っていたら、おそらく相手にされなかったのではないでしょうか?正体がはっきりしないロシア人というのが功を奏したのかもしれません。
こんなインチキ動画を批判すべきなのは当然ですが、こんな動画を受け入れてしまう幼稚な人間にもビンタを喰らわせて目を覚まさせる必要があります。
わっと さま (ザウルス)
2017-06-01 08:26:51
「否定をすれば、常識に囚われているとか洗脳されているとかいう事になるのでしょうね。」   おっしゃる通りです。この薄っぺらな姑息な脅しに乗って、自分は “脱染脳” をしたつもりになって、“感動” して、逆に “染脳” されている大間抜けがたくさんいるのです。
カルト宗教入信のパターンです。そうして “染脳” された人間ほど仲間を増やそうとして、ひとに勧めて拡散するのです。社会にとって非常に有害です。
46億年の地球なら・・・ (真実は闇の中)
2017-06-04 14:19:13
科学で証明されてるから正しいとか、証明されてないからオカルトだ、と言い合ってることこそ、稚拙になりかねないんじゃないでしょうか。だって、46億年の中で実際にどんな地球だったかなんて、何が起こったかなんて本当の事は誰にも調べる術はないじゃないですか。
科学的に証明されたことであれ、この動画で本当に伝えたい事であれ、「かもしれない」で済ませておけばいいんじゃないかと思います。むしろ、「かもしれない」が増えて共有できたほうが、創造性や可能性は広がるんじゃないでしょうか。

ちなみに、動画では、すべてのメーサが切株だなんて言ってなかったと思いますよ。感情的になって見たからちゃんと全部見れなくなっちゃったんですね。
闇の中 さま (ザウルス)
2017-06-04 15:21:45
「科学で証明されてるから正しいとか、証明されてないからオカルトだ」  は? わたしがどこでそんなことを言っていますか?わたしが言っていないことを批判してどんな意味があるのですか?私自身は今の科学で証明されていない真実もあると思っていますよ。しかし、このロシア人のインチキ動画は科学以下のホラ話です。

「何が起こったかなんて本当の事は誰にも調べる術はないじゃないですか。」   だから、どんなホラ話をしたってかまわない、と言いたいようですね。

「すべてのメーサが切株だなんて言ってなかった」   言い逃れできると思っているのですか?
この後編で、切り株ととしていくつもメーサの写真を挙げているのは、「すべての切り株はメーサ」 であると主張するためではないのですか?

恥ずかしくて言えないようですが、あなたはおそらくというか、間違いなくこの妄想動画のファンなのでしょう。ここのブログであまりにも無残に斬り捨てられているのを見つけて、遺体にすがって泣いているのでしょうね。

「あんまりだ!こんな仕打ちを!」 と思ったんじゃないででしょうか。
「「かもしれない」 で済ませたほうがいいんじゃないかと思います」   お気持ちはわかりますが、世のため人のためにならぬインチキ野郎にそんな遠慮は不要なのです。バッサリ斬り捨てたほうがいいのです。
Unknown (きっと地底人か宇宙人の仕業)
2017-06-05 11:48:00
今の常識での検証ならもちろんザウルス派だと思いますが、何億年も前の話とかなら何があったかなんてまさに想像のみだし、絶滅した生物もあり、こうした自重が支えられる特殊な巨木があったかもというロマンにひかれてるのがファン
まあ動画の矛盾が多すぎるのと説明なしなのがね・・・
地底人 さま (ザウルス)
2017-06-05 12:29:11
「こうした自重が支えられる特殊な巨木があったかもというロマンにひかれてるのがファン」   けっこうだと思います。それがよく出来た話ならば、わたしも評価するにやぶさかではないのです。
実際、わたしはそういったホラ話満載の 「虚報タイムス」 の大ファンでもあります。ご存じなかったら、ぜひごらんください。すべてではないにしても、実にまことしやかな完成度の高い “ホラ話” を楽しめます。
「虚報タイムス」 の完成度に比べれば、「巨木伝説動画」 は、デタラメの完成度が低くて話になりません。素性の知れないロシア人が作者だというので、“外タレ”好きの日本人がもてはやしているだけなのです。
Unknown (Unknown)
2017-06-07 23:06:02
他人の動画をネタに持ち出して批判するだけで自ら何か生み出す能力は無いんですね。
あなたからは可能性というものを感じない。
他人の動画 さま (ザウルス)
2017-06-08 05:13:53
デタラメ動画のファンの恨み節が続いているようですね。
「あなたからは可能性というものを感じない。」   なるほど。妄想ロシア人のホラ話には 「無限の可能性」 を感じるのでしょうか?けっきょく誰がどうやって切り倒したのかも語っていない 「巨木の切り株の話」 がそんなに素晴らしいですか?ホラ話としても出来そこないなのは、単に作者の想像力が貧困なだけではないですか?

「自ら何か生み出す能力は無いんですね。」  は? 同じデタラメ動画のファンでも、あなたはもう一つの記事(「デタラメ動画・・・」) のコメント投稿者の “もんぷち” さまの足元にも及びませんよ。“もんぷち” さまは、わたしの 「海底考古学」 をちゃんと観たうえで、「大変興味深いです。」 とまで言っていますよ。“もんぷち” さまは、わたしに対する批判者ではありますが、その態度は立派です。相手の業績を確認し、正当に評価しています。爪の垢でも煎じて飲んでもらいたいものです。
Unknown (とくめー)
2017-06-08 05:23:00
いやー、感動しました(^^)
馬鹿に向けてのこの動画にムキになるところが実に面白かったです。
応援してます!
とくめー さま (ザウルス)
2017-06-08 05:40:19
日本は “放置国家” です。馬鹿と悪が栄える国です。「馬鹿」 を放置していると、けっきょく 「馬鹿」 は付け上がり、のさばって、 「馬鹿」 に “支配” されるようになるのです。
早い段階で 「駆除」 しておく必要があります。

わたしの2本の記事は、この “馬鹿動画” 人気に致命的なダメージを与えています。少なくとも日本ではこの “馬鹿動画” の人気はもう続かないでしょう。

「馬鹿」 を放置していると、いつか 「馬鹿」 に呑まれるということです。
「馬鹿」 を放置している人間のほとんどは、同じ程度の 「馬鹿」 ということです。
Unknown (とくめー)
2017-06-08 07:54:59
煽って申し訳ないです(´・ω・`)
正直この動画を見た時凄く衝撃受けましたね(´・ω・`)
タイトルが山や森は存在しないですから^_^

もうちょっと宇宙人とか神とか出してくれた方が楽しかったのですがね(´・ω・`)
とくめー さま (ザウルス)
2017-06-08 08:45:36
けっきょく誰がどうやって切り倒したのかも語っていない 、ホラ話としても出来そこないの動画ではないでしょうか。

はっきり言って、科学的にもデタラメで根拠がなく、ファンタジーとしても尻切れトンボという、どっちに転んでも箸にも棒にもかからないお粗末な動画です。

この作者は、科学的、合理的、論理的な展開もできず、自分でブチ上げた壮大な妄想を説得力のあるかたちで膨らませるだけの想像力もないのです。

こんな動画に簡単に染脳されている連中には、ザウルスの2つの記事の “両ビンタ” を喰らわせて目を覚まさせるしかないでしょう。
“馬鹿なガキ” を放置できないのは、ザウルスが元教師だからかもしれません。
Unknown (とくめー)
2017-06-08 09:20:00
元教師(^-^)
素晴らしいです(^_^)

しかしあの作者はよくもまぁ中途半端な否定を織り交ぜながら作れたものですよね(´・ω・`)
樹齢が200年以上のものは存在しないとかデタラメ調べればすぐにわかる事なのに(´・ω・`)
感謝の極み (TK)
2017-06-09 15:23:31
ザウルスさん、お疲れ様です。
ビンタを頂き、少し目が覚めました者です。
様と呼びたいくらいですがそれこそカルトっぽいので、さん付けで失礼します。

ザウルスさんのお陰で我に帰りました。有難う御座います。
残念ながらあの動画の切り口に興味を抱き、足りない部分を補えば或いは...とほんの少し傾倒してしまった事が、恥ずかしくてなりません。
足りない部分を誰かが補っていないか?と、ググったところ、ザウルスさんのこの記事を見つけデトックスさせて頂いた次第です。

本当に恥ずかしい。
助けて頂いて有難う御座いました。

私のような馬鹿者は簡単に騙されてしまう不注意を起こしがちです。

自分ではわりと常識的でおかしなペテンには引っ掛からない自信が有りました。

しかし、自分の興味の有る分野に関して、心の小さな隙間があり、そこはまるで穴の開いたザルの様で、疑うことはおろか、精査検討しようともせずに、スポンジの様に吸収してでも、おかしな話を信じてしまうのです。

ひとたび反論をされれば、烈火の如く頭に血が登り、
ロクに自分で調べもせず、相手の主張を鵜のみにし、信じたいがために、自身の思い込みや願望を押し通すために、根も葉もないくだらない馬鹿げた屁理屈を並べ、言った本人でさえやってもいない、やれもしない事を相手に叩きつけて、あたかも自分が論破出来たかの様に勝ち誇るといった錯乱ぶりを恥ずかしくも露呈して、その醜さに気が付きもしない。

この様な醜態を晒してもなお、姑息な言い訳で妄想にしがみつく等、笑止千万。

既に勝負は着いているにもかかわらず、被害者面で救世主を罵倒、愚弄するなど、どの様に育てられたのか呆れ果てるほど情けなくなる。

この様な恥ずべき行動に入る前に、ザウルスさんの記事に触れられたことは、感謝に絶えません。

重ねてお礼申し上げます。有難う御座いました。

クローラー文明の事や火星考古学の動画も、一昨年辺りから拝見していて、あのザウルスさんだったのかと気が付いたのはデトックス後でした(苦笑)。
どちらも続報が待ち遠しいです。
偽旗テロの件も気になります。

今後のザウルスさんの益々のご活躍を期待させて頂きます。有難う御座いました。
TK さま (ザウルス)
2017-06-09 16:26:38
あなたのように自分に正直になれるひとは、自分のエゴやプライドよりも真実のほうをずっと上に置いているからなのだと思います。

多くの妄想家は自分のエゴのために真実や真理を歪めて利用して、自分のエゴを肥大化させているのです。彼らは “真実のフリ” をしている “真実の敵” なのです。
専門の科学者たちが端(はな)から相手にしないことをいいことに、好き放題にウソやデタラメを広めているのです。

科学者でもないザウルスが出てきたのは、プロの消防士でなくても火は消せるからです。誰かが消さなければ火は広がっていくからです。

あらためて、あなたの誠実さに敬服いたします。
宗教について (ミサイル)
2017-06-10 02:28:09
記事読みました。ザウルス様の。科学的根拠に基づく反論は見ていて心地よく感じました。この記事に書いてあることについては全面的に正しいと思います。
ところで、気になったのですが、宗教や神道について、ザウルス様はどのように捉えて(考えて)いますか?
とらえどころのない質問であることは重々承知ですが、参考までに、お答え頂ければ幸いです。
ミサイル さま (ザウルス)
2017-06-10 03:47:22
宗教については、単独の記事としては書いていませんが、主に「哲学メモ」 で、以下のように断片的に書いています。

「2つ以上の宗教の信者になることはできない。宗教は本質的に排他的である。排他的とは不寛容ということである。そうである。寛容な宗教というものはありえないのだ。寛容であったら宗教ではなくなるのだ。それが宗教というものである。」

「宗教も政治も芸能も、しょせん “虚像” の世界である。実像との落差を、常に “過大な美化” と “不当な隠蔽” で埋めることによって成り立っているのだ。」

「“詐欺師” でない “教祖” はいない。」

ザウルス様、お返事ありがとうございます (ミサイル)
2017-06-11 01:05:42
ザウルス様の哲学メモ読みました。
なるほど、ザウルス様にとって、宗教とは、
誰かのホラによってはじまり、それによって生じる現実とのギャップを不当な隠蔽や過大な美化によって埋めたものである。また、宗教団体は排他的で、他の宗教を受け入れることはない
と解釈しているということで正しいでしょうか?
そうだとするならば、ザウルス様は非常に合理的な価値観の持ち主なのですね。また、宗教に対して否定的であると感じます(実際ザウルス様がそうであるかは私にはわかりません。あくまで、哲学メモを読んだ私の印象です)

では、宗教に利点ってあるのでしょうか?(一部の人間に対する経済的な収益を除いて)
お時間がありましたら、お返事頂ければ幸いです。
ミサイル さま (ザウルス)
2017-06-11 09:31:04
近いうち、記事にまとめてみるつもりです。
丁寧な対応に感謝 (ミサイル)
2017-06-11 21:40:24
なるほど、その記事が出来上がるのを楽しみにしています。
しかし、質問だけして自分の考えを述べないことは卑怯な気がするので、私なりの考えを述べさせて頂きます。
私は、宗教に対して否定的です。基本的には妄想、ホラ話なのではないかと疑っています。しかし、宗教に対して否定的である人間が増えたのは歴史的にはごく最近のことであるようです。これは、情報収集の効率化や、文化的環境の変化によって、価値観が変化したからなのでしょう。
では、少し前の時代は、現在よりホラ話を信じてしまう愚かな人が多かったのでしょうか。無論、現在の人間は過去の人間より合理的思考能力が進歩していることは言うまでもないことだと思いますが、全ての能力(運動能力は除く)が進化したと言えるのでしょうか。この問いは、全ての能力という集合が非常に大きいせいで、いわゆる「悪魔の証明」と同様に、真っ当に証明することは非常に難しい命題です。よって、ここから先は私の主観を述べることになります。
私は、現在人が失った能力もあり、1つが譲れない信念や誇り、人生の指針を持つメンタリティなのではないかと考えています。もちろん、現在でもそのような強い心を持つ人はいますが、それは大半が有能と呼ばれる人間です。昔は、一般的に人々は強い心を持っており、その媒体として宗教が存在していたのではないかと思います。また、ひいては宗教の内容を信じる(理解する)という能力を失ったことが、強い心を失ってしまった要因なのではないかと考えています。この仮説は、昔の有識者が宗教に入っている人が多いことから推測したものです。宗教に対して否定的にならないように解釈した結果であることを注意しておきます。
あの問題の動画を信じる人がたくさんいるようですが、なぜなのかは私にはさっぱり理解できません。考えなしに正しいと判断しているか、騙されやすいかのどちらかであると思いますが、この動画の推論の仕方が宗教のそれと非常に近いと感じました。そこで、動画批判者であるザウルス様にこのような質問をさせて頂いたわけです。
しかし、私にとってこの動画の一番許せない点は、感覚的な議論で科学者の批判をしていることです。信者は、科学で宗教を語られることは嫌うのに、信仰で科学を否定することは許すということでしょうか。非常に不愉快です。

長々と失礼いたしました。
Unknown (Unknown)
2017-06-14 00:41:58
仰る通りあの動画は全くのデタラメでインチキ。そんなのいい年した大人が見れば一目瞭然なのもまた仰る通りで。
それはそうなんだけど…あなたの記事を読んでると
「デーモン小暮はどう考えても人間!十万年も生きてなきゃ、悪魔な訳でもない!そんなことも分からない聖飢魔Ⅱファンなんて幼稚園児並みだ!」
そう叫び散らす人と大して変わらないなと感じました。

確かに動画の内容を信じてしまう方はいるのかもしれません。
とすれば、件の動画を信じ込んでしまった方に対する解毒剤的な記事ではあると思いますが、些か副作用の毒性がかなり強めで危険では?

あなたの言う、あの動画を信じてしまう幼稚園児並みな方。その人たちとは違うベクトルで、あなたも幼稚園児並みに見えてしまいます。ラスプーチンの部分で、特に特に。
デーモン小暮 さま (ザウルス)
2017-06-14 07:22:13
「・・・ 解毒剤的な記事ではあると思いますが、些か副作用の毒性がかなり強めで危険では?」
それを 「完璧要求のトリック」 と言います。相手が完璧でないことをあげつらうことは誰にでもできることです。特に相手の主張を覆すことができないと思った人間が必ず使うトリックです。要するにただのイチャモンなのです。

「デーモン小暮」 の例はまったく無意味です。むしろあなたの論理の混乱を見事に表しています。 デーモン小暮が本当に悪魔であるという説を誰が実際に主張していますか?本人ですか?それを信じている人間がいますか?
あなたはわたしにイチャモンを付けたい一心で、混乱した頭で無理やり思いついたのでしょうが、まったく的外れな“たとえ” に過ぎません。 

「あなたも幼稚園児並みに見えてしまいます。」    そうです。幼稚園児に自動車の怖さを教えるには、かがんで幼稚園児の目線で幼稚園児の言葉で教えなければなりません。それを笑うあなたのような大人こそ幼稚園児以下なのです。

このコメントの少し上の TK さまの言葉を引用しましょう。

「ビンタを頂き、少し目が覚めました者です。 ・・・
ザウルスさんのお陰で我に帰りました。有難う御座います。・・・
本当に恥ずかしい。助けて頂いて有難う御座いました。・・・

既に勝負は着いているにもかかわらず、被害者面で救世主を罵倒、愚弄するなど、どの様に育てられたのか呆れ果てるほど情けなくなる。
この様な恥ずべき行動に入る前に、ザウルスさんの記事に触れられたことは、感謝に絶えません。

重ねてお礼申し上げます。有難う御座いました。」
ザウルスさま (閣下の例えを出した者)
2017-06-14 09:08:23
完璧要求のトリック、考えたこともありませんでした。幼稚園児と話すには幼稚園児の視点にならなければ、と言うのも言われて見れば確かにその通りです。

私は例の動画を面白おかしいジョークとして楽しんだ直後に記事を拝見させて頂いたので、それらを大真面目に否定する内容とその語り口を不満に感じ、上のコメントを残しました。

よく考えてみると、この記事は私のような捉え方をした者を対象にして書かれてはいないのですよね。
それを踏まえると、わざわざこの記事に噛み付いていった私もまた幼稚園児並みなのかも知れません。幼稚な振る舞いを晒してしまい、申し訳ないです。
閣下の例えを出した者 (ザウルス)
2017-06-14 09:17:43
率直にご自身の非を認めるあなたは立派です。誰にでもできることではありません。そういった知的な誠実さをそなえた読者を得たことはこのブログにとっても非常に建設的で意味のあることだと思います。
ありがとうございました。
疑問 (ab)
2017-06-19 01:27:58
2017-05-20 16:06:41のA.W.V.氏による書き込みへの返信(2017-05-20 16:36:14)において「自分の動画が誤解されるのが迷惑」「降りかかった火の粉を振り払うだけで手いっぱい」と書いていらっしゃいます。
しかしマネス氏もはやし氏もザウルス氏の言論を直接批判したわけではありませんよね?
これが「降りかかった火の粉」であるならばザウルス氏を名指しで批判している記事は「火事」そのものと言っても良いのではないでしょうか。
「火の粉」は対処できるが「火事」には対処できないと言う意味でないならもう少し詳しく反論しない理由を説明していただけると幸いです。
ab さま (ザウルス)
2017-06-19 10:31:01
回りくどいことを言いながら周到に予防線を張っているようですが、何とも要領を得ないコメントですね。

あなたがこの記事に不満があるのなら、自分で堂々と率直に批判したらいかがですか?
この馬鹿今度は海が無いとか (通りすがりの戦闘員)
2017-06-23 22:22:16
騙されそうになりましたが、そもそも木を切ったら真ん中から腐って無くなってしまうと思います。木を切った時の断面に年輪なければ怪しいですね。今度は海が無いとか言ってますよこのぺてん師。
戦闘員 さま (ザウルス)
2017-06-23 22:41:36
「年輪」! そうですね、おっしゃる通りです。そうした素朴な疑問にも答えられないインチキ動画でも、信者がいるわけです。ということは、世の中には知的レベルのおそろしく低い人間が潜在的にはけっこういるということなのかもしれませんね。
それにしても、まだ性懲りもなくホラ話を吹いていましたか。わたしとしては、もう巨木伝説にはトドメを刺したので、もう相手にするつもりはありません。
次の動画笑えますので是非見てください。ブログネタになりますよ (通りすがりの戦闘員)
2017-06-23 23:15:30
おおまかに内容を書きますが、太古の地球はシリコンが豊富にある惑星で海がなかったらしい(笑)
ケイ素生物型エイリアンが地球のシリコンを大量に採掘して精製して残った二酸化炭素が、炭素生物を作ったとか。水が何処から来たかの説明がよくわからんかった。しかも、クリスタルで出来た木があったとかなかったとか言ってて、お前の前の動画は完全嘘とわかってしまいましたね。
くだらな過ぎてあんまり内容を覚えてないので間違えてるところがあるかもしれませんが、こじつけ感は凄い。コメントも低レベル過ぎてだから石油が地球に豊富にあるんだとか凄い笑えた。
多分信じているのは小学生から高校生がほとんどですね。最近のこいつ等はネットの影響を受け過ぎて真実が見えなくなってる酷い事になってるので、自分で調べずネットで流行ればその通りと思いこんでしまう。
戦闘員 さま (ザウルス)
2017-06-24 00:24:39
ご紹介ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL