ザウルスでござる

真実は受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

シリア化学兵器問題に一石を投じる尼僧の報告書 原文

2013-09-21 13:40:46 | 中東問題

<日本ではほとんど報道されないニュースです>

https://docs.google.com/file/d/0B8EEXlHT4RkWZVJUdGxQZkdoMFU/edit?usp=sharing

 

シリアのカトリック修道院の

修道院長であるマザー・アグネスが

国連の人権委員会に提出した報告書

 

以下の画像はそのごく一部です。

リンク先でダウンロードすると全文が得られます(ダウンロードは安全です。ご安心ください)。写真だけでも趣旨はわかります。アメリカ、イギリス、フランスなどがシリア政府の化学兵器使用の根拠としているYouTube動画がいかに疑わしく、根拠の薄弱なものかを分析して暴露しています。

 

 

 

化学兵器使用はもちろん反乱軍

シリア攻撃: アメリカの尻馬に乗る日本は“スネオ”

シリア“反乱軍”が化学兵器を発射しているとされる映像

シリアの尼僧が“化学兵器被害映像”はニセモノと主張

シリア化学兵器問題に一石を投じる尼僧の報告書 原文

シリア 化学兵器“攻撃”は反乱軍側での“事故”だった: 反乱軍兵士が打ち明ける

BBCによる“シリア虐殺プロパガンダ” 2012年5月

コメント   この記事についてブログを書く
« 自爆テロはCIAとモサドの仕業 | トップ | ギョベクリ・テペ ギャラリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東問題」カテゴリの最新記事