ザウルスでござる

真実は受け容れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け容れられない者には不快である。
ザウルスの法則

化学兵器使用はもちろん反乱軍

2018-04-16 07:24:04 | 中東問題

以前と同じことが繰り返されている。

2013-09-05 06:36:43

<日本のマスコミがはっきり言わないこと>

化学兵器使用はもちろん反乱軍

こんなことは冷静に考えればわかることなのだが、アメリカやNATOの息のかかったマスメディアの報道によって事実は歪曲され、ほとんど正反対のことが事実として報道されている。

実は、起きたことが報道されているのではなく、報道したいことを演出して起こしているというのが事実に近い。報道したがっているのは米英仏そしてイスラエルといった国の利害を代表しているような国際的なメディアである。特にアメリカは国際世論を自分に有利に操作することに長けている。

アメリカ、イギリス、フランスはシリア政府が化学兵器を使用したとして非難し、それに対する制裁措置、制裁攻撃を準備している。以前から準備していた手口である。大量破壊兵器があると言ってイラクに侵攻したのはどこの国だったか。そして、大量破壊兵器はあったのか?ヤクザが堅気のひとにケンカを吹っかけているのと変わらない。

報道写真を見るとほとんどが、子どもや一般市民である。ここに注意してもらいたい。シリア政府が本当にやっつけたいのは反乱軍兵士であって、一般市民ではないはずだ。しかし、いわゆる“化学兵器”の犠牲になった人々の中に明らかに反乱軍の兵士である写真はほとんどない。(2013.9.5追記:犠牲になったとされる反乱軍兵士の写真、映像は存在する。信憑性を出すために、反乱軍の上層部は、多少の反乱軍兵士もオマケに付けていると思われる) 反乱軍はいつも自分たちが一般市民を殺しては、それをシリア政府のせいにしてきている。さすがに自分たちが自発的に犠牲になってまでしてシリア政府を非難するところまではできないので、いつも一般市民を自分たちが傷つけてはシリア政府のせいにしている。そもそもシリア政府軍が自国の一般市民や子供を殺す理由がどこにあろうか。化学兵器によって反乱軍兵士が数百人死んだというのならまだ耳を傾けてもいいかもしれない。(2013.9.5追記:実際そういった報道があったが、真相は自分たちが自分たちの化学兵器をいじっていて誤って爆発させてしまったという実にマヌケな話であった)一つ言っておこう。シリアにおけるアサド政権の支持率は非常に高い。アメリカにおけるオバマ政権の支持率よりもずっと高いのだ。

実は反乱軍はアメリカから手渡された“化学兵器”を一般市民に対して使用し、それをシリア政府軍による攻撃だとして、ビデオに撮って欧米のメディアに渡しているのである。アメリカは「よくやってくれた」と言ってその映像や写真を全世界に流し、シリアのアサド政権を悪者に仕立てあげて、アメリカによる軍事介入の口実にしているのである。

日本人は「反政府軍」、「反体制派」というだけで、自由のため、民主主義のために国家権力と戦っている“フリーダムファイター”だと勝手に思う非常にナイーブな傾向があるが、「スターウォーズ」の反乱軍とは全く違う。天安門事件とはまったく違う。リビアのカダフィ政権と同じと思ってはならない。アメリカは、自分がいきなり軍事介入すると国際世論がうるさいので多額の資金を使って“反政府軍”を作り、シリア内部から政府に反対する勢力が成長してきているように時間をかけて演出しているのである。その実体は、上に述べたように元アルカイダや百戦錬磨の傭兵であるが、金をもらって好きなだけ人殺しをしていい犯罪者集団に等しい。彼らの背にはCNNやBBCといったメディアが貼りついて、反乱軍を正義の味方、シリア政府を悪逆な政府であるように報道している。

 

じゃ、なんでアメリカはシリア政府を転覆させたがっているのか?

アメリカやイギリス、フランスの狙いは実はシリアではない。イランである。シリアを転覆させたがっているのは、シリアが地政学的にみても、イランが最も頼りにしている同盟国だからである。つまり、シリア政府の転覆は、イランの孤立化のために不可欠な布石なのである。本当の狙いはイランの孤立化、そしてイランの転覆、崩壊である。そして、中東におけるアメリカの覇権の確立である。本丸はイランなのである。(それと、コメントでの指摘にもあるように、“イスラエルの保護”である。イランはイスラエルにとっての最大の脅威なので、イスラエルは何とかアメリカを動かそうとしている)

そういった長期的展望のもとに、傭兵の“反政府軍”に化学兵器を渡して使わせ、それをシリア政府が使ったことにして自分たちの軍事介入の正当化に利用しようとしているのである。そういった深謀遠慮があってそのための根回しを長い時間をかけてやってきている。すべてアメリカの軍事介入を正当化するのがその目的である。そのために国連もすでに抱き込んでいる。

シリア問題に関して言えば、ロシアの反応や姿勢はアメリカやイギリス、フランスに比べ、かなりフェアと言える。もちろんロシアにも利害関係があるにはあるが、事実認識に関してはずっと客観的である。アメリカと言えば、なりふり構わない、むき出しのマッチポンプである。

今回の“化学兵器使用疑惑”は、元はといえば、シリア反乱軍が、「シリア政府が化学兵器を使用した」と言いだしたことから始まっている。彼らの主張は、シリア政府が一般市民に対して化学兵器を使用し、それによって多くの罪のない市民が犠牲になっている」というものだ。

“化学兵器攻撃”があってからネット上では、シリア政府を批判、弾劾する書き込みが大量に現れた。しかし、綿密な調査によると、それらの一部は、実際に“化学兵器攻撃”が起きたとされている時間よりも数時間前から投稿されている。つまり、国際世論を操作するための組織的なサクラ投稿が事前に準備されていた疑いがある。

今回使用された化学兵器は日本人ならだれでも知っている“サリン”だということである。しかし、今年の5月にシリア国境近くのトルコ領内にあったシリア反政府軍のアジトから化学兵器のサリンが押収されている。トルコ警察は、それらはシリア国内に持ち込む予定のものであったとしている。

 

“化学兵器”以前にも、反乱軍はシリア軍の攻撃によって市民が虐殺されたということを、過去1年以上も前から繰り返し言ってきている。しかし、それらはすべて、反乱軍の仕業であった。それらは一部の良心的なメディアによってほとんど証明されている。しかし、そういったまともな報道は日本では採り上げられない。日本のメディアは一貫してアメリカ寄りである。そして、日本政府の対応も常にアメリカ追随である。反乱軍の実体はアメリカ、イギリス、フランスから武器や資金をふんだんに供与されている元アルカイダなどの外国からやってきたゴロツキや傭兵である。市民の殺戮、強姦、町の破壊を多額の報酬を得て喜々としてやっている人格破たん者がほとんどである。彼らは「シリアをぶっ潰してくれ」というアメリカなどのからの注文に応えてシリアを崩壊させようとしている。いずれシリア政権が崩壊することを見込んで反乱軍側についているシリア人もいる。

ふつうの日本人はテレビや新聞の報道を、そんなにひどいウソのないものだとして受け取っているようだ。しかし、ニュースメディアは大国の国益によっていくらでも操作できるものであることを忘れてはいけない。自国のメディアですら自国の政府や東電の都合によっていいように操作され、利用されてきたことを2011年3.11以来、骨身に沁みてわかったひとは多いはずなのに、もう忘れてしまっている。

化学兵器使用はもちろん反乱軍

シリア攻撃: アメリカの尻馬に乗る日本は“スネオ”

シリア“反乱軍”が化学兵器を発射しているとされる映像

シリアの尼僧が“化学兵器被害映像”はニセモノと主張

シリア化学兵器問題に一石を投じる尼僧の報告書 原文

シリア 化学兵器“攻撃”は反乱軍側での“事故”だった: 反乱軍兵士が打ち明ける

BBCによる“シリア虐殺プロパガンダ” 2012年5月

 

 

コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« NASA のでっちあげだったロー... | トップ | BBC TVドラマ 「ナイトマ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (レイラ)
2013-08-29 10:02:31
シリア転覆はアメリカの友達であるイスラエルにとっても好都合♪
でも・・・ (ペッパー)
2013-08-29 10:50:10
本当に政府軍が化学兵器を使ったという証拠が出てきたらどうするんですか?
Unknown (Unknown)
2013-08-30 10:30:09
イギリスでは軍事介入を断念しました。
しかしアメリカは絶対にシリアを攻撃します。
シリア政府 
アメリカ 日本(資金援助)

しかも反政府側はアルカイダ系ですし、政府を倒しても
イラクの二の舞になることは明白です。

数日で終了なんてありえませんし、長期化することが
考えられます。

単独でしかも自分勝手な国(国民も反対多数)、自称
世界の警察にはあきれます。

日本のマスコミ (栄一)
2013-08-30 11:09:01
日本のマスコミの偏向ぶりには腹が立つ。新聞もテレビもシリア政府、アサド政権をあしざまに報道して、アメリカの軍事介入、そして日本政府の支持を容認している。一人の日本国民として恥ずかしい。
日本のマスコミは「化学兵器を使ったんなら、叩かれても仕方が無いだろう」と日本国民に思わせようとしているようだ。その当の化学兵器使用の裏付けすら非常に怪しい。わたしも使用したのは実際は反政府軍のほうだと考えるが、その根拠はこのブログ記事以外にもネットで調べるといくらでも出てくるからである。
工藤タイキ (八神太一)
2013-12-26 04:41:57
勿論反乱軍って言うと真っ先にスターウォーズシリーズを連想するよ
無論反乱軍って言うと最優秀でスターウォーズシリーズを思い出すよ
当然反乱軍って言うと一番にスターウォーズシリーズをイメージするよ
工藤さんへ (あ)
2018-04-22 20:38:08
なるほど、反乱と言う言葉に正義感を持たせるためにスターウォーズを作ったのかもしれませんね

何事も市民に身近と感じさせることが大切だと思います。今時の動画やテレビもAIや大地震など何度危険と印象づけていますよね
ハリウッド染脳 (ザウルス)
2018-04-23 10:48:42
“あ” さんのご指摘のように、アメリカの映画やドラマはアメリカの政策を原則的に正当化するようなプロパガンダが仕込まれていますね。

「トゥエンティーフォー“24”」 という米国のテレビドラマがかつて日本でも人気がありましたが、あれなどは典型的なプロパガンダドラマでした。
あのドラマはアメリカや文明社会を脅かすテロリストが実在して、大量破壊のチャンスを常に狙っているというメッセージを世界中に送っていました。そうしてアメリカによる先制攻撃を暗に正当化する下地を形成するのに大きく貢献していました。同工異曲のアクション映画は無数にあります。
これをわたしは “ハリウッド染脳” と呼びます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

テロリストとは誰のことか――「実体」と「現象」 (徳丸無明のブログ)
2017年1月27日、ドナルド・トランプ米大統領は、中東・アフリカの7か国からの入国を禁じる大統領令に署名を行った。 市民の抗議デモが沸き起こる中、30日にはワシント......