☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ブリッジ・オブ・スパイ

2015年12月12日 | ★favorite★

【BRIDGE OF SPIES】 2016/01/08公開 アメリカ 142分
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ

Story:世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。アメリカとソ連が一触即発の冷戦時代にあった1950年~60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる... (TOHOシネマズより)


『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』以来のタッグとなる、スティーヴン・スピルバーグ監督とトム・ハンクスによる東西冷戦下の1960年に実際に起きたソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件“U-2撃墜事件”の舞台裏を描いたサスペンス。

脚本は『ノーカントリー』で第80回アカデミー賞監督賞を受賞したジョエル&イーサン・コーエンが担当。

久々に父を誘って試写会で観てきました。そして久々のスピルバーグ監督作品。
スパイ映画といえば冷戦時代が面白いですよね。アメリカとソ連がお互い探り合いしてた時期でわくわくします。

アメリカがソ連の老スパイ・アベル大佐を逮捕した頃、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件“U-2撃墜事件”が起きパイロットは捕まってしまいます。そしてベルリンの壁が作られる頃、ひとりのアメリカ人学生が東ドイツでスパイとして捕まります。その3人の交換劇をかなり地味で淡々とした展開なのですが、142分の長さを全く感じさせずにみせてくれました。

実際のスパイはこうだよねという冒頭部分、どこにでもいるようなおじさんが普通に追っ手を巻くシーンはお見事。コインの仕掛けもすごいわ~。007シリーズみたいな派手な娯楽作品も面白いけど、本物らしい緊迫感ある展開もなかなか良いです。

ソ連のスパイ、アメリカのパイロットと学生との2対1の交換劇は最後まで緊張感ありました。実話なので成功したのかどうかははっきりしてるのですが、私は知らずに観たのでハラハラしちゃいました。これが実際に行われてたと思うと橋の上での緊迫感はどれほどのものだったのでしょう...。

アベルは絵を描くが好きな人でとても物静か。捕まった後でも動じることもなくアメリカ側からの甘い言葉にも情報を漏らすこともなく...。ソ連のスパイ・アベル大佐の弁護を引き受けることになった主人公のドノヴァンとのやりとりから次第に友情が芽生えてくるのが印象的でした。なのでクライマックスでの二人の別れはちょっぴり切なかったですね。

60年代のアメリカの雰囲気や衣装など味があって好き。パイロットとソ連のスパイとの交換の交渉をする舞台が東ドイツ。ちょうど東西を分けるベルリンの壁を建築中のシーンがあるんですが、その時は東か西で選べたんですね。慌てて西側に移動する人たちもいて....知らなかった。

東ドイツの街なみもしっかり再現されていて、しかも冬なので寒いのが伝わってきます。部屋の中でも吐く息が白くて役者さんたちも大変だなと思いました。でも冷戦時代は真冬が似合います。
ソ連の偽家族が出てきた所はクスッとする所があったけれど全体的にはシリアスです。そんな中でトム・ハンクスの温かみのある演技がとても良かったです。

それぞれの3人のその後が気になって、特にアベルのその後が気になりました。彼がドノヴァンにつぶやいた言葉が気になって仕方がなかったのだけれど、その後の様子がわかり安心しました。ドノヴァンもこの交渉の後もすごい仕事をしたそうで、そちらの話も1本映画ができそう。

かなり淡々としてるのですがじっくり丁寧に描いているので、一見複雑そうでも理解できますし、なによりも“保険”が大事ということ 笑。秘密だから言い訳できなかったけど前半と後半での列車内の乗客のドノヴァンへの目の向け方の違いにニヤっとしました。ラストで事件の全容が報道された時のドノヴァンの家族の驚き具合が気持ち良かった~名誉挽回ですね。

★★★★★
鑑賞日:2015/12/10 試写にて

 

ブリッジ・オブ・スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
トム・ハンクス,マーク・ライランス,エイミー・ライアン,アラン・アルダ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

【Amazon.co.jp限定】ブリッジ・オブ・スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD (A3サイズUSポスター付き)(初回生産限定) [Blu-ray]
トム・ハンクス,マーク・ライランス,エイミー・ライアン,アラン・アルダ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

コメント (25)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
« 「第73回ゴールデングローブ... | トップ | スター・ウォーズ/帝国の逆襲 »

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スピルバーグ監督 (まっつぁんこ)
2015-12-26 07:01:18
スピルバーグ監督への期待が大きすぎました。
最近さえないような気が・・・(笑)
お父様と (ノルウエーまだ~む)
2015-12-27 00:36:22
yukrarinさん☆
随分早くご覧になっていたのね~
お父様と試写会いいね!

かなりの長さの映画な上に、淡々としていて、私はどうしても起きてられないシーンがあって・・・・(汗)
チェックポイントチャーリーは実際行って観てきました。
当時は様々な方法で西側へ脱出しようとして、市民がまるでスパイみたいなことしていたのよね。
あんな時代もあったのねーとしみじみしちゃったわ。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2015-12-27 22:49:00
あらら、そうですか?
来年観に行くつもりがいきなりの試写だったので期待も何もなく観たのが良かったのかもしれません。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2015-12-27 23:44:44
めずらしく早く観られました。
父ともかなり久々です。

実話もので実際のスパイものとなると淡々としちゃいますよね。
まだ~むは実際に行かれたのですね~すごい。
実際に見てるから映画も...と思いきや起きてられないところもあったなんて 笑
当時の人々のことを思うと....すごい時代だったんですね....
こんにちわ (にゃむばなな)
2016-01-08 16:17:55
この作品を見ながら、ふと『シンドラーのリスト』を思い出しました。
国家が愛国心を叫び、戦争を望むなか、人として正義を貫く気高き強さ。
この作品もまたスティーブン・スピルバーグ監督の「戦争映画」の1作品として数えたいですね。
こんにちは。 (BROOK)
2016-01-09 16:05:51
派手なアクションだけがスパイ映画ではないんですね。
今作は骨太な社会派スパイ映画といった感じで、
これはこれでとても見応えがありました♪

最後にドノヴァンのその後も描かれていましたけれど、
カストロ議長との交渉もたしかに映像化して観てみたいと思いました。
Unknown (えふ)
2016-01-10 11:20:00
弁護士としてドノヴァンいい仕事してたよね。
だから最後のアベルとの別れと贈り物には
じ~んとしちゃった。

でも静かすぎるないようだったから・・・
ちょっと長く感じてしまった(汗
こんにちは (オリーブリー)
2016-01-10 16:12:06
遅くなりましたが、今年もどうぞ宜しくお願いします。

地味ながらも濃密なドラマでしたね。
後半、東西ベルリンでの交渉術には引き込まれっぱなしでした。
ドノヴァンのメッセージをボスに伝えた秘書(?)クン、ある意味、影の功労者かも。
Unknown (ジャスター)
2016-01-11 12:01:55
yukarinさんの述べている通り、シリアスな映画のはずなのに、トムハンクスのユーモアある演技や偽家族のシーンなどで不思議と暗くならずに見れましたよね! そして、私のように世界史知らない人でも分かりやすく作られている点も含めて素晴らしい出来の映画だったと思います。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2016-01-11 17:12:14
こんにちは。
確かに戦争映画でもありますね。
「シンドラーのリスト」に通じるものがありますし、ドノバンの正義を貫く姿に感動しました。

コメントを投稿

★favorite★」カテゴリの最新記事

41 トラックバック

『ブリッジ・オブ・スパイ』 2015年12月16日 20世紀FOX試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ブリッジ・オブ・スパイ』 を試写会で鑑賞しました。 この映画も長い。(今日の2本は長尺である) 【ストーリー】  アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引...
ブリッジ・オブ・スパイ (あーうぃ だにぇっと)
ブリッジ・オブ・スパイ@20世紀フォックス
「ブリッジ・オブ・スパイ」スピ+コーエン+トムハンクス=平凡 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
コーエン兄弟がかかわったら面白いと思うはず。 確かにスリリングな話で、しかも実話を基にした物語なんだから・・・・ でも何だろう? スピルバーグの真面目さと、トム・ハンクスの誠実さが強すぎて、一触即発な話が何だか落ち着きと安定に負けちゃったような??
映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市....
「ブリッジ・オブ・スパイ」@20世紀フォックス試写室 (新・辛口映画館)
 今回私は「Yahoo!映画ユーザーレビュアー」試写会に招かれた。客席は満席だ。
「ブリッジ・オブ・スパイ」世界を救った男の物語。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード  “監督 スティーヴン・スピルバーグ”“主演 トム・ハンクス”“脚本 イーサン&ジョエルのコーエン兄弟”。各部門でそれぞれ2度のアカデミー賞に輝く彼等が結集した、或る意味夢のような映画「ブリッジ・オブ・スパイ」...
『ブリッジ・オブ・スパイ』 (こねたみっくす)
愛国心が正義を踏みにじってもいいのか。 「20世紀を映像として残すことが監督としての使命」と語るスティーブン・スピルバーグが描く正義。それは常に愛国心を超えた世界に存在す ...
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ブリッジ・オブ・スパイ(日本語字幕版)』 (公式)を公開初日の本日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー アメリカとソ連が冷戦下の1950~60年代。保険の分野で...
劇場鑑賞「ブリッジ・オブ・スパイ」 (日々“是”精進! ver.F)
信念を、持ち続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601090001/ ★トム・ハンクスのアップ!名優のオーラを感じよう!★【 数量限定グッズ 】インテリアに!DVD...価格:16,800円(税込、送料別)
同じ人を見ているのに・・・。『ブリッジ・オブ・スパイ』 (水曜日のシネマ日記)
東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件「U-2撃墜事件」の舞台裏を描いた作品です。
ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞...
ブリッジ・オブ・スパイ (ハリウッド映画 LOVE)
今年の映画観始めは、BB-8恋しさに元旦にフォースを覚醒してきました。したがって今年2回目の映画鑑賞です。
ブリッジ・オブ・スパイ (心のままに映画の風景)
米ソ冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。 敵国の人間を弁護することに非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たし...
ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies (勝手に映画評)
事実に基づく作品。U-2撃墜事件でソ連に抑留されたフランシス・ゲイリー・パワーズの釈放にまつわる話を描いている。 U-2撃墜事件は、ちょうどベルリンの壁が構築されて時期にも近く、冷戦が最高潮の頃。それを理解しないと、アメリカでソ連のスパイを弁護するということ...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(10) 安定した面白さはむしろ地味な作品の方が多いのでは。
〔劇場鑑賞〕ブリッジ・オブ・スパイ (ジャスターの部屋)
??? 『ターミナル』以来のタッグとなる、スティーヴン・スピルバーグ監督と名優トム・ハンクスによるサスペンス大作。東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察 ...
「ブリッジ・オブ・スパイ」Bridge of Spies (2015 FOX=ドリームワークス) (事務職員へのこの1冊)
陶然とする。死ぬまでに、あと何本のスピルバーグ作品を見ることができるのか、とまで考える。いっしょに見ていた妻は「これを一年の最初に見ちゃったら、次に苦労するわね」まったくです。スピルバーグの映画は、いつも上手に撮ってあることは確かだけれど、妙にあざと...
ブリッジ・オブ・スパイ (とりあえず、コメントです)
スティーヴン・スピルバーグ監督が冷戦時代の事件をトム・ハンクス主演で映画化したドラマです。 ずっと前から予告編を観ていたので、公開を楽しみにしていました。 この世界がそれほど遠く無い時代の出来事なのねと改めて思いながらスクリーンを見つめていました。
ブリッジ・オブ・スパイ (風に吹かれて)
交渉術は大事です 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy 事実を基にした映画 製作・監督: スティーヴン・スピルバーグ 米ソ冷戦下の1957年。ニュ
"Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容・台詞に触れています。『ブリッジ・オブ・スパイ』Bridge of Spies監督 : スティーヴン・スピルバーグ脚本 : コーエン兄弟、マット・チャーマン出演 : トム・ハンクス、マーク・ラ
『ブリッジ・オブ・スパイ』 (pure breath★マリーの映画館)
               真実に基づく奇跡の物語 『ブリッジ・オブ・スパイ』 解説等はこちら 私にとって本年初劇場鑑賞はこちらの作品になりました~。 新年から幸先の良い出だしというか・・・見応えあり、後味良し、いい映画でした♪ しかも実話。。。...
ブリッジ・オブ・スパイ~実はソ連側の勝利 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Bridge of Spies。スティーヴン・スピルバーグ監督、イーサン&ジョエル・コーエン脚本。トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライ ...
ブリッジ・オブ・スパイ~実はソ連側の大勝利 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Bridge of Spies。スティーヴン・スピルバーグ監督、イーサン&ジョエル・コーエン脚本。トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライ ...
『ブリッジ・オブ・スパイ』をトーホーシネマズ渋谷6(B1F)で観て、ジェフ・ブリッジやないんかいふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★主演はトム・ハンクスだけど誰でもええわ】 脚本がしっかりできてて、演出がちゃんと脚本のまんまやってるから、よっぽど変な人を据えない限り、主役は年輪 ...
ブリッジ・オブ・スパイ (もののはじめblog)
アメリカとソ連が冷戦状態にあった1957年。 スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟(&マット・チャーマン)脚本による実話の映画化。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドを主人公にした007が創られたのが1962年であり、スパイ合戦していた時...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画好きパパの鑑賞日記)
 スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、脚本がコーエン兄弟と、鉄壁の布陣。コーエン兄弟の人をくった毒が少ないような気がしましたが、非常に上質の作品です。ただ、当時の知識がないと、よく意味が分からないかも知れません。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督...
フツーの弁護士が、がんばりすぎ~~~(;´∀`)「ブリッジ・オブ・スパイ」~ (ペパーミントの魔術師)
正直なとこ私があんまし見るタイプの映画じゃない。(わわわわわ) でも、安定のトムハンクス。ヾ(・∀・;)オイオイ ジェームズ・ドノヴァンは、フツーの市民、フツーの弁護士、それも保険の。 それが、形式上は弁護士をつけなきゃくらいの気持ちで選ばれただけだった...
映画:「ブジッジ・オブ・スパイ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成28年1月21日(木)。 映画:「ブリッジ・オブ・スパイ」。 監督 スティーヴン・スピルバーグ 脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 音楽 トーマス・ニューマン ストーリー: アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950~60年代。 冷戦...
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 (FREE TIME)
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。
「ブリッジ・オブ・スパイ」:古き良き米映画の伝統 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ブリッジ・オブ・スパイ』は、ヒューマニスト・スピルバーグらしい信念と正義の
ブリッジ・オブ・スパイ (E'S STREAM)
激しい謀略戦の代償は、責任ある国家が負う…。冷戦下、米ソ間のスパイを用いた謀略戦は、デッドヒートを繰り広げていた。核爆撃の機をうかがい、その準備として米国に潜伏するソ連スパイのルドルフ・アベル大佐。彼は、画家として悠々自適の生活を送りながら、水面下では...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の高まり。 米国とソ連は、互いに相手の核の能力と意図を怖れていて、...
ブリッジ・オブ・スパイ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ブリッジ・オブ・スパイ」 原題:Bridge of Spies 監督:スティーブン・スピルバーク 脚本:ジョエル・コーエン    イーサン・コーエン 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:トム・ハンクス      マー...
無冠詞~『ブリッジ・オブ・スパイ』 (真紅のthinkingdays)
 BRIDGE OF SPIES  1957年、東西冷戦の時代。保険が専門の弁護士、ジェームズ・ドノヴァン (ト ム・ハンクス)は、ブルックリンで諜報活動に従事していたソ連のスパイ、ルドル フ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を命じられる。  一人の...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画の話でコーヒーブレイク)
家の屋根・外壁の塗り替えをお願いし、家の周りに足場が組まれ、洗濯物も干せない状態が 続いています。強風に雪で、思ったより長引いています。 加えて、ベランダの支えの木の腐食が判明 早く気が付いてよかったねって、 洗濯物と共に落下なんてことになったら大変という...
ブリッジ・オブ・スパイ(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年3本目です。 【あらすじ】 アメリカとソ連が冷戦下だった1950~60年代。 ソ連のスパイ・アベル(マーク・ライランス)の弁護人になったジェームズ・ド...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ここなつ映画レビュー)
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴す...
ブリッジ・オブ・スパイ  監督/スティーヴン・スピルバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハンクス  マーク・ライランス  エイミー・ライアン  オースティン・ストウェル 【ストーリー】 アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、ア....
ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス 2015年 アメリカ/ドイツ/インド映画 142分 ドラマ 採点★★★★ 私の世代的なものもあるのかも知れませんし、いつ見ても似たり寄ったりの服装にモジャモジャ髭と変わらない風貌のせいかも知れないんですけ...
ブリッジ・オブ・スパイ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライアン、セバスチャン・コッホ、アラン・アルダ、オースティ......
ブリッジ・オブ・スパイ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ゲームにはまってしまい日記もそちらの記事に なってしまいましたが、久々に映画ネタをアップ したいと思います。 こちらは1月に観た映画、スピルバーグ監督の新作 で主演は『ター......