☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

「空母いぶき」

2019年05月25日 | ★★★++
2019/05/24公開 アメリカ 分
監督:若松節朗
出演:西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、片桐仁、高嶋政宏、袴田吉彦、中井貴一、吉田栄作、益岡徹、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市

運命の、24時間。

STORY:20XX年、12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が他国に占領される事態に。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じる。その旗艦は、自衛隊初の空母という存在から、“専守防衛”を巡って国論を二分する議論の的となっていた“いぶき”だった... (allcinemaより)


かわぐちかいじ原作のコミックスを実写映画化。近未来の日本を舞台に、国籍不明の武装集団によって日本の離島を占拠されるという事態が発生する中、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦“いぶき”の乗組員たちを中心に、政府やメディア関係者を含む全国民が、それぞれの立場で未曾有の危機に立ち向かっていく物語。監督は『石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~』(WOWOW)、『沈まぬ太陽』などの若松節朗。

小説じゃなくてコミックなのねーということで原作は未読です。なので原作に忠実に実写化されているかどうかはわかりません。敵は国籍不明だけど某国や某国などを合わせた感じですよねぇ。戦争勃発紙一重なおはなし、日本が舞台だからあまりリアリティはないのだけれど、いざ観てみると何度も究極の選択に追い込まれ緊張感あるし興味深く観られました。

エンドロールを見ると自衛隊の協力はないみたいだけど、話が話なだけに喜んで協力ーとはいかないか。でも、自衛隊による戦争を起こさないための戦い...もしものシミュレーション的なお話でもありますね。

ハリウッド映画のような派手な戦闘シーンはないけれど、緊急事態での艦長の判断やそれぞれの伝達など、ミサイルや魚雷撃墜などのシーンは思ってたよりも見応えありました。あの関西弁の艦長がいい味出してて和んだ(緊急事態だけど)。で、なんといっても西島秀俊さんが常に冷静な判断をする姿は素敵だったわ。佐藤浩市総理も良かった、外務大臣だっけ?に対しての言葉が印象的でした。

鑑賞日:2019/05/25
コメント (2)

「レプリカズ」

2019年05月18日 | ★★★+
【REPLICAS】 2019/05/17公開 アメリカ 107分
監督:ジェフリー・ナックマノフ
出演:キアヌ・リーヴス、アリス・イヴ、トーマス・ミドルディッチ、ジョン・オーティス

暴走が、止まらない――
愛する家族を守るため、科学者の戦いが今、始まる!

その発明は、[奇跡]か[奇跡]か


STORY:死んだ人間の意識をコンピュータに移す実験が成功へと近づいている神経科学者のウィリアム・フォスター。ある日、突然の自動車事故で最愛の妻と3人の子どもたちを失ってしまう。悲しみのあまり科学者の倫理をかなぐり捨て、家族の身体をクローン化し、意識を移し替える禁断の研究を強行してしまう... (allcinemaより)



事故で家族を失った学者が禁断の再生技術に手を染めてしまうSFサスペンス。
監督は『デイ・アフター・トゥモロー』の脚本を担当したジェフリー・ナックマノフ。製作にキアヌの名前あり。

久々のキアヌー♡

人間の意識をコンピューターに移行.....そんなに目新しいものではないのだけれど、今回は家族ごとクローンを作っちゃうのにはびっくり。あの事故でよくキアヌだけほぼ無傷で助かったよねぇ...というのはさておき。

死んだ人間で実験してたけどまさかの生きてる人間、しかも....。クローンはそんなに早く成長できるとはびっくりだわ。今まで実験失敗してて急に成功しちゃうのはちょっと都合がいいなとは思うけど、思わぬ展開で終わるのは意外でした。普通ならこういうことはやっぱりダメなのよで終わるんですが、なんかイイ話になって終わってた 笑。

よくよく考えるとキアヌが演じるウィリアムは自分勝手だよね。家族を蘇らせるために会社の研究機材使いまくり、同僚は巻き込まれてかわいそうだった。クローンの妻でさえ戸惑ってもんね。

何事もなかったように家族が再生したけど、クローンで今まで食べ物を食べてきてないのにいきなり普通に食べてて大丈夫なのか?とか急にジョギングして筋肉は大丈夫なのか???とか心配してしまったワタシ。あの後の家族のその後が気になるー。

と、終始ツッコミながら観てました 笑。B級くささが漂う作品でしたがわりとテンポがいいので面白く観られましたよ。キアヌだから許す 笑。

鑑賞日:2019/05/18
コメント (2)

「ラ・ヨローナ ~泣く女~」

2019年05月15日 | ★★★+
【THE CURSE OF LA LLORONA】 2019/05/10公開 アメリカ 93分
監督:マイケル・チャベス
出演:リンダ・カーデリーニ、レイモンド・クルツ、パトリシア・ヴェラスケス、マリソル・ラミレス、トニー・アメンドーラ

生き延びたければ、
決して、水には近づいてはいけない。


STORY:1970年代のロサンゼルス。ソーシャルワーカーのシングルマザー、アンナは、川で溺死した子どもたちの母親から“あなたの子どもたちも、あの女の泣き声を聞くでしょう”と謎の警告を受ける。まるで意味が分からないアンナだったが、ほどなくして子どもたちは本当にその泣き声を聞いてしまう。それは水のある場所ならどこにでも現われ、子どもたちの命を奪う“ヨローナ”の呪いだった... (allcinemaより)


「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン製作のホラー・サスペンス。メキシコに古くから伝わる泣く女の怨霊“ヨローナ”をモチーフに、水のある所で子どもたちの命を次々と狙うヨローナの恐怖を描く。監督は今作が長編デビューのマイケル・チャベス。


平日だったからか客4人(知らない人)での鑑賞、、、。←久しぶりだ
ヨローナの話は映画のために作ったんじゃなくて、メキシコに伝わる怨霊なのね。昼間で良かった。怖がりにはいい感じの怖さでした。

かなり脅かし系。来る~来る.....あっ来た!が何度もあってビクつきはしないけどドキっとはしたかな。ヨローナが現れるのはそろそろ来るなとわかるんだけど現れると怖い。

主人公が無宗教。後半で元神父に助けを求めてるくせに結構失礼なことを言ってる 笑。そのアンナ....「アベンジャーズ」シリーズのホークアイの妻ローラ・バートンなのね。全然雰囲気が違っててこちらは可愛らしかった。

こういう設定の物語はありがちで新鮮さはないけれどたまにはこういうホラーも観たい。特に水ものは怖い。ドアがギイギイ言う、急にバタン、急に風が吹く...定番、お祓いも定番。でも好き 笑。

途中に人形の話が出てきたけどあれはアナベル人形?? ペレズ神父は『アナベル 死霊館の人形』に登場したそうなのでこの作品もつながってるのね。←観ていない

鑑賞日:2019/05/15
コメント (6)

「オーヴァーロード」

2019年05月12日 | ★★★++
【OVERLORD】 2019/05/10公開 アメリカ 110分
監督:ジュリアス・エイヴァリー
出演:ジョヴァン・アデポ、ワイアット・ラッセル、マチルド・オリヴィエ、ピルー・アスベック、ジョン・マガロ

STORY:連合軍によるノルマンディー上陸作戦が開始された直後、第101空挺師団が極秘任務を帯び、ドイツに占領されたフランスのとある小村を目指していた。目的は村にある教会の電波塔を破壊すること。しかし待ち受けるドイツ軍の激しい攻撃に遭い、輸送機は次々と撃墜されてしまう。そんな中、かろうじて降下に成功したエド・ボイス二等兵は、作戦の指揮をとるフォード伍長とともに教会を目指す... (allcinemaより)


J・J・エイブラムス製作の戦争サバイバル・ホラー・アクション。第二次世界大戦下のヨーロッパを舞台に、ナチスに占領された小さな村に降り立ったアメリカ空挺部隊の兵士たちが、ナチスの研究施設で生み出された禁断の秘密兵器を相手に繰り広げる決死のサバイバルを描く。監督は『ガンズ&ゴールド』のジュリアス・エイヴァリー。


訳あってTOHOシネマズ日比谷で観てきました。J・J・エイブラムス製作ということだけどキャストがあまり知らない人たちばかり。そんな中にワイアット・ラッセル....カート・ラッセルの息子さんだそう。とは言ってもピーター・クイルではありません 笑。←あたりまえ

冒頭は激しい戦争アクションで、次々と戦闘機が撃墜される中でのアメリカ兵士たちがパラシュート降下、地上戦となかなかのリアル感でドキドキものでした。そこから小さな村に入り、そこにある教会の電波塔を破壊する任務を遂行する前に、ひょんなことからナチスの研究施設に入り込んでしまったボイス。

その研究施設が登場してからは、ふつうの戦争映画からイッキにジャンルが変わりましたよ。研究施設で超人実験.....まさかゾラ博士いる?なんてアメコミの見過ぎ 💦 残念ながらヒーロー誕生とはいきませんでした。この実験がかなり気持ち悪い、、、。

ナチスの研究施設で...ていう設定はありがちで新鮮さはないけれど、研究施設での実験風景やボイスが入り込んでしまった研究施設からの脱出、そして任務遂行と...ハラハラドキドキの展開がてんこ盛りで楽しめました。少しグロいシーンがあるので苦手な人は要注意。俳優陣はあまり知らない人たちだったのがかえって先入観なく観られました。

鑑賞日:2019/05/11
コメント (4)

クイーン シンフォニック @東京国際フォーラム 行ってきた!

2019年05月11日 | Live・Live Viewing等
 
5月10,11日に東京国際フォーラムで開催された、クイーンの名曲をフル・オーケストラ&シンガーで完全再現する“クイーン シンフォニック” の初来日公演に行ってきました。私は11日の夜の部。
 
 
 
ロビーには等身大パネルがあり、一緒に撮影できるスペース。
グッズ(DVD、書籍)販売のスペースもありましたが、ほとんど持っていた 笑。
 
 
 
 
ブライアン・メイ愛用のVOX AC30アンプの展示。
 
 
 
日本公演ではリチャード・シドウェルの指揮、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で、人気ミュージカル「WE WILL ROCK YOU」のメイン・キャストから選出された実力派シンガーの競演。そしてバンドはギター×2、ベース、ドラム、キーボードの5人編成。
 
 
席は1階後方上手側でしたが観やすかったし聴きやすかったです。この会場はかなり久々。両側のQUEENのロゴがスクリーンになってシンガーたちの曲紹介が字幕で表示されるのでありがたかったです。
 
シンフォニックというからQueenの名曲をオーケストラで壮大に聴かせてくれるんだとばかり思ってました。間違いではないけれど、インストルメンタルは2曲だけであとはボーカル男女4人が一人ずつ歌唱。これがまた半端ない声量と半端ない歌唱力で圧倒されましたわ。
 
前半は座って手拍子などでリズムをとってましたが、後半はスタンディングでライブ会場のノリ。会場みんなで歌う曲もいくつか。セットリストは究極ベストでテンションあがりました。おなじみの人気曲のほかに日本だけでヒットした♪ボーントゥーラブユー、日本語曲の♪手をとりあっても演奏されました。約2時間半(途中20分の休憩あり)は本当に楽しかったです。また来日公演があったら行きたいです。
 
セットリスト
Twitterからお借りしました。見えるかな?
コメント

「グラディエーター」*

2019年05月10日 | ★★★★
【GLADIATOR】 2000/06/17公開 アメリカ 分
監督:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ、ホアキン・フェニックス、コニー・ニールセン、オリヴァー・リード、リチャード・ハリス、デレク・ジャコビ、ジャイモン・フンスー

いま、ヒーローは立ち上がる

STORY:西暦180年、大ローマ帝国。皇帝から次期皇帝の座を約束された将軍マキシマス。
ところが、それを許さない皇帝の息子コモドゥスは、皇帝とマキシマスの妻子を殺害し、新皇帝の座につく。全てを失ったマキシマスは奴隷剣闘士に身を落とし、ある決意を胸にコロッセウムに立つ... (Amazonより)


リドリー・スコット監督による古代ローマ帝国を舞台に、陰謀に陥れられた英雄騎士の死闘を描くいたスペクタクル活劇。2000年度、第73回アカデミー賞では最多12部門にノミネートされ、作品賞をはじめ、主演男優・視角効果・音響・衣装の5部門で賞をとり、その年では最多部門受賞となった。

遅ればせながらWOWOWにて鑑賞。
ローマ帝国ものは好きです。ラッセル・クロウ、ホアキン・フェニックスの敵対する役どころは見ごたえありました。『ベン・ハー』を思わせますね。戦闘シーンはもちろん、建物や装飾、衣装も素晴らしく、物語もシンプルでわかりやすい。

将軍マキシマスが皇帝から次期皇帝にと約束されたのに、皇帝の息子コモドゥスが嫉妬からとんでもないことをしでかし皇帝の座につくという.....。そんなんだから父親の皇帝もマキシマスに継いでもらいたかったんだろうにね。

奴隷からクラディエーターへ...のマキシマス。これが男の中の男だ!!という感じ。とにかくラッセル・クロウがカッコ良く本当にハマり役でしたね。と、今更ですが 笑。

クライマックスのコロシアムでの闘いは見ごたえあって、またまた今更ですが大きなスクリーンで体験したかったと激しく後悔、、、。今観ても古さを感じさせないところも素晴らしいです。

鑑賞日:2019/05/08
コメント

アベンジャーズ/エンドゲーム 3回目はIMAX字幕版

2019年05月06日 | 映画関係・その他
GW最終日はまたまた埼玉、ユナイテッドシネマ浦和のIMAXで3回目を観てきました。

久しぶりのIMAX3Dはメガネは軽くなってて持ちかえりOKになってた~いつから?ありがたい。初日はMOVIXさいたまのDolby Cinemaで同じ3D字幕版でしたが、個人的には映像の迫力はIMAXのほうが良かったように思いました。音響や映像の鮮明さはDolby Cinemaなのかなぁ。

冒頭のホークアイの娘が消えるシーンで、前は気づかなかったけど今回は細かい灰が舞ってるのに気づきました。あの時は初回だったから見逃したのかもしれないけど....。新たな発見 笑。

様々なバージョンで鑑賞した方によるとエンドゲームのIMAXは全編IMAXカメラで撮影されているので他のバージョンでは見えない部分まで見られるというもの。ほとんどが上下に黒オビがあるのに対してエンドゲームはないそうで珍しいんだそう。そこまで考えてなかったけれども....。

初回はDolby Cinem 3D字幕、2回目は2D吹替、3回目はIMAX 3D字幕と別バージョンで鑑賞できたのはうれしいです。もう一度吹替でも観たいなー。3時間もある作品なのにまた観たい....それだけ面白いわけですね。

もともと断然トニー♡だったのですが、最近はキャップにも♡でやはりクライマックスの活躍にやられてます。あのムジョルニアをブンブン振り回しているところカッコ良すぎる。とはいえ一番はトニーことアイアンマンですけどね。もーみんな好き 笑。
コメント

「名探偵ピカチュウ」

2019年05月03日 | ★★★
【POKEMON DETECTIVE PIKACHU】 2019/05/03公開 アメリカ 97分
監督:ロブ・レターマン
出演:ジャスティス・スミス ティム、キャスリン・ニュートン、渡辺謙、ビル・ナイ、リタ・オラ
声の出演:ライアン・レイノルズ

全世界待望の
ハリウッド感電超大作


STORY:ある日、青年ティムは敏腕刑事だった父ハリーが事故で亡くなったとの知らせを受け、荷物を整理するためライムシティにあるハリーの部屋へと向かう。するとそこでハリーの元相棒だったという名探偵ピカチュウと出会う。彼は事故の衝撃で以前の記憶を失っていたが、ハリーはまだ生きていると確信していた。そこで2人は協力してハリーの行方を追うのだったが... (allcinemaより)


日本が生んだキャラクター「ポケットモンスター」シリーズの初の実写化。かつてポケモン好きだった青年が、父親を捜すために名探偵ピカチュウとコンビを組む物語。監督は『ガリバー旅行記』などのロブ・レターマン。

令和になって初めての鑑賞。ライアンの声が聴きたかったので字幕版!!

ピカチュウは好きだけど他のポケモンは見たことがあるけど名前はわからない...そんな程度。予告編でのピカチュウがキュート過ぎるのともふもふ感がたまらないのでつい観てきてしまった。ピカチュウの声がおっさんなのも笑える。

アニメとかで見かけるポケモンたちを見事に実写(CGだけど)で再現してる。とにかくピカチュウが表情豊かでメロメロです 笑。眉間にシワが寄るところが可愛い。でもよくしゃべるしゃべる...声はおっさん💧 たまにピカピカいうのが可愛い。これライアンだよね...。

物語は....原作にあるのか、今回のためのオリジナルかわからないけど、たくさんのポケモンたちが出てきてクライマックスには大騒動。ミュウツーはもともと悪い子なの??? 個人的にはやや子供向けで普通の面白さだったけどファンの人は実写化はどうなんだろう...。もっとポケモンを知ってたらもっと楽しめたかな。

なぜピカチュウがおっさん声なのか最後に納得!!

鑑賞日:2019/05/03
コメント (8)

「ボヘミアン・ラプソディ」 吹替版(DVD)

2019年05月02日 | 映画関係・その他
令和最初のDVDというかBlu-ray鑑賞はボラプの吹替版を観ました☆
 
あまりにも字幕版を観すぎたので吹替版はかなり違和感。しかし本職の声優さんを起用しているので安心して観られました。
 
洋画の吹替を観る時は字幕を出しながら観てたりする。気になってた、ミュンヘンでのメアリーとフレディとの会話のシーンで、字幕ではメンバーの名前は省略されているけど吹替ではちゃんとメンバーの名前を言ってたり、フレディの口癖の“ダーリン”も言ってるのが良いよね。やはり吹替版のほうが役者さんの台詞に近いんだろうね。字幕は3秒くらいで読めるように表示されているから仕方がない。
 
個人的にはフレディはもう少しキーが高いほうが...でもラミに合わせてるのかな。ロジャーもややハスキーがかった高めがいいかも。ブラインアンはキャップの声が合いそうとか、ディーキーは...もう少し落ち着いた声で、メアリーはこれで良いかな。そしてそしてマイアミはもっともっと渋めな声が欲しかった...誰がいいかなぁ。などと吹替してくださった声優さんに失礼なこと考えてました😅  超大ヒット作品の吹替はかなりプレッシャーがあったでしょうねぇ。
 
英語の理解力があれば吹替での違いも比較できたのになぁ...。でもこの作品のおかげで、ただ字幕を追うだけでなく英語のセリフにも耳を傾けて字幕にない単語も聞くようになりましたよ。
 
コメント

☆令和はじまる☆

2019年05月01日 | 日記

2019年5月1日、令和時代の幕開けです!

あれほど“平成最後の〇〇”で盛り上がりましたが、今日からは“令和最初の〇〇”が飛びかう一日ですね。
そういうワタクシも“令和最初のブログ更新”でーすw

どんな時代になっていくのかわかりませんが良い時代になるといいですね!

コメント