てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

カイトウメン  [海島綿]

2018年11月02日 19時51分39秒 | 日記

 

カイトウメンとはどんな意味だろうと思っていた。

 

「四季の山野草」様に次のようにある。

ワタには多くの品種があり、これはカリブ海の島々が原産の品種。

ペルー原産のペルーワタから18世紀に作られた品種。ワタの中では綿毛がもっとも長く、作られた布は高級品として扱われている。

なお、これに対して内陸で作られた品種が リクチメン  。





コメント

フタモンアシナガバチ

2018年11月02日 19時32分48秒 | 日記

 

 

 

 

陽の当たる暖かい擬木の柵。フタモンアシナガバチがたくさん寄り集まっていた。


北摂の生き物」様には次のようにある。

フタモンアシナガバチのオスは、顔が黄色いのと触覚の先がカールをしてまるくなっているので区別ができます。刺しません。

すぐにほかのなかまを見つけてはとまりに行きます。このオスバチは女王バチが産んだものではないそうです。

女王バチが死んでから働きバチ(ワーカー)が産卵を始めて育ったものだそうです。

等とある。



コメント

ウスバカマキリ

2018年11月02日 19時24分47秒 | 日記

 

 

 

昨日の続きのウスバカマキリ。

 

 

コメント

カンムリカイツブリ

2018年11月02日 19時10分29秒 | 日記

 

これからは、たくさん見られる。

 

コメント

ジョウビタキ ♀

2018年11月02日 19時06分00秒 | 日記

近くの畑のジョウビタキ。梅の木に止まってくれた。

 

 

コメント

ブルーインパルスの曲芸飛行リハーサル

2018年11月02日 18時46分15秒 | 日記

 

 

 

 

入間基地航空祭は明日が本番だが、例年前日にリハーサルが行われる。

近くの貯水池で撮影。

明日は、場所を変えて撮ろうと思っている。



181102


  • 3,522  371
コメント

ジョロウグモの狩り

2018年11月02日 10時14分27秒 | 日記

 

 

ジョロウグモの巣にカメムシが引っかかった。

糸をぐるぐる巻きにすると思いきや、いきなり噛みついた。


小学校4年生、山口加廉君の研究 (第55回入賞作品)

ジョロウグモはなぜ多い?ジョロウグモの生きる秘密

によれば

ジョロウグモのエサは、ほとんどがすばしっこい小さな虫。網目は細かいが粘着力の低い巣ではすぐ逃げられる。

そのため速いスピードで近づき、まずかみついて相手の動きを止める。

という。


コメント

ゴマダラチョウ幼虫

2018年11月02日 09時50分01秒 | 日記

アカボシゴマダラだろうと撮ってきたが、ゴマダラチョウの幼虫のようだ。

 

 

              おち研」様からお借りした、見極めるポイント

 

              オオムラサキ・アカボシゴマダラ・ゴマダラチョウ幼虫の見分け方

 

 

コメント

不明幼虫

2018年11月02日 09時40分24秒 | 日記

 

ヤナギの葉を重ねて中にいた幼虫。

調べたが種名にたどり着けない。



 

コメント

オオモクゲンジの種子

2018年11月02日 09時36分04秒 | 日記

 

先日の台風で、ほとんどの果実が落ちてしまったらしい。

わずかに残っている果実から種子がのぞいていた。

 

 

コメント