Kizu-darakeのにっきC

みんなに笑顔が戻るといいな。がんばれ!東北(とおほぐ)!

くうが?

2017-10-31 22:35:53 | 徒然日記帳

福島ツーリング後、夜の寒河江市内をグルグルと走り回って見つけた一杯。

麺場くうが?
いつもタイミングが悪く人がいっぱい並んでてつい諦めちゃうのが今回はいい時間。
ゆっくり味わえるようだ。
エソダシの醤油味を頼んだ。
!!!
驚きの今年食べ歩いた中でトップかもしれん・・・
人の好みは様々だがこういう出会いもあるんだな。
また来よう。
次はなに食べようか?

コメント

初ベーグル体験

2017-10-30 20:31:46 | 徒然日記帳

疲労で腰痛めて寝てました。
がっかり・・・

今日は病み上がりでもガッツリと仕事に行き肩がイタタタ・・・

今月中頃に撮った画像、
山ベーグルで食べた人参たっぷりのやつ。
実はベーグルって知らなかったんです。
パンの一種なんだろうなってぐらいの知識。
テレビで作り方やってたので「ほう、一度茹でるんだ・・・」と最近覚えた。
じゃ食べてみたいよね。
人気のお店に行ってきたのさ。
コーヒーとこのサンドイッチを頼んで食べた。
もぢっ!!!
ん!?
これは歯ごたえ噛みごたえのある!なるほど一度茹でてるのでこういう食感になるわけか!
サクッフワッじゃなくてもぢっもぢっなのね。
コーヒー頼んで良かったw飲み込めねぇwというかコーヒーよりスープが欲しいwww
これ1個でもう腹いっぱいだ。
パンの世界も奥深いものよ。

こんどは小さめの菓子パン系にする。

コメント

RSDベルトガード(プーリーカバー)

2017-10-19 22:48:00 | XL1200R

ROLAND SANDS DESIGNのベルトガードが届いた。
待ってたよよよ

これは何かというとベルトガードだ。
そのまんまだ。
スイングアーム上下じゃなくてフロントのプーリー用。

純正パーツと比較するとこうなる。
以前に車検の際、ニュートラルランプセンサー交換修理のためガードを外してそのままだった。
戻す際にせっかくだからオシャレでカッコいいパーツに換えちゃおうと思い買ってしまったのだ。
ちなみに純正プーリーカバーは防御力が魅力、取り付けには後部エキパイを全て外さないといけない。
ローランサンズデザイン・・・長いのでRSDで略・・・
RSDプーリーカバーは手先器用なら外さなくてもネジ緩めて取り付け可能です。

ぴゃぁー!、ここゴチャゴチャしてたところがピカピカクロームでビシッと引き締まって見とれてしまった。
こりゃいいわ。
眺めながらコーヒー飲もう!

そうだ、久々にあれをやってみよう。
バッグサポートを左右に着けてあるしリアサスをかばう様に幅調整してある。
もうほとんど出番は無いであろうゴールドウィンの振り分けサイドバッグを改めて装着してみよう。
左右のバッグの位置を決めてシートで挟むだけのすごく簡単な作業だった。
今までのヘンリービギンズのサイドバッグに比べると片側の容量減ったけどちょっとスポーティーな感じか。
まぁ悪くない。

コメント

ラーメン館

2017-10-14 20:39:23 | XL1200R

驚いた!
もうあれから一週間経ってしまったのか、ほんとに早いよ。
福島ツーリングの続き。

この日は世間では3連休らしくほんとにあちこちで渋滞が続いた。
うちのでっかい空冷2気筒とかぶりぎみのv4気筒、2スト乾式クラッチは山中の渋滞で焦り気味、
重い半クラも疲れてきた、カツン!おっといけね。
NSRの乾式クラッチも限界ぽい。
「Uターンしましょう!」
ツーリングリーダーの判断でUターンすることに。
休憩を取った後、猪苗代湖に向かいラーメン館へ。
うっひょう!!
賑やか車もバイクもいっぱいいるぅ、ラーメン屋さんがずらり並んでるね。
そのうちの1軒で昼飯。

喜多方ラーメン食べてきた。
腹減ってたから嬉しい一杯w

そんなこんなで無事に山形に帰ってこれたけど反省点も多い。
ソロで乗るときは考えなかったけど
集団で乗る時の難しさを再確認するツーリングだった。

コメント

行く前に

2017-10-10 22:33:52 | XL1200R

さて、マスツーリングに誘われたのでホイホイと着いていくことにする。
場所は福島県、目的はラーメン!
メンバーは何年ぶりになるのだろうか、以前新潟で一緒になりキャンプした人たち。
もうね、遠足前の子供みたいに寝付けなくてねぇ~
5時起き余裕でした!!
前日は念入りにバイクチェック、キャブのセッティングはSJ45で決まり。
やっぱり48は濃すぎたし燃費も悪かった。
普段のだらだらツーリングでリッター18キロまで下がった。
42や45番手にすると燃費は戻った。
そんでニードルの設定はあれが気に入ったのでそのままで、こんなところだ。

コメント