TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

壬生の郷の歴史をトレッキングする

2020年02月02日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

壬生織り手織り教室の休講を機会に壬生の郷の歴史トレッキングに出た

出発は本田宗一郎もの作り伝承館の建物から始まった。

この建物は旧二俣町庁舎で現在は浜松市の保存建造物に指定されている

本田宗一郎ものつくり伝承館の前は諏訪神社である、

夏に行われる二俣祭はこの諏訪様の祭典で14台の屋台が

町内引き回しでここに集合するときは荘厳である

お滝様の前を行くと徳川信康の廟所を祀る清龍寺の境内に入る

子供の頃にこの池に入って遊んだ思い出があるが

多分禁止されていた行為であったと思われる

池を過ぎると頭上に井戸櫓は見える

二俣城から水を汲み上げるために組まれていた井戸櫓である。

武田と徳川が戦った二俣の役で上流から流された筏で破壊されてしまった。

 

清龍寺の梵鐘の前に咲く紅梅を眺めながら歩く、

腹が減った本田宗一郎少年は早く弁当を食べたくて

昼の12時前にこの梵鐘を鳴らして昼飯を早く食った逸話もある

 

清龍寺の徳川三郎信康の廟所へ登る

 

 

徳川家の葵の紋がついた信康公の墓所である

 

信康と共に殉死した吉良のお初の墓が哀れを誘う、

青木又四郎吉継、中根兵左衛門政親、大久保七郎左エ門忠世、の

信康側近の武将の墓もここに納められている

清龍寺を通過すると皆原へ登る鳥羽山公園・二俣城址ハイキングコースを登る

 

森林の中の整備された静かなハイキングコースを行く

 

皆原の開けた台地の道を二俣城へ向かうと天竜川の向こうに見えるのは観音山

ここには縄文時代の遺跡もある、天竜の水と魚介や野生動物も豊富にあっただろうと思わす台地である

 

二俣城の真下に天竜川が見えるが急峻な崖が天然の防御となっていたのだ

東側の二俣川も直下を流れていて武田が攻め落とすに3ヶ月の時間をかけた総力戦があったと思わすに十分な地形である

 

やがて二俣城の本丸天守台に着く

 

遠州の要にある二俣城、戦国武将が城主になりたいと願った名城である、

私が住む蒲郡の上ノ郷城の城主鵜殿様も二俣城主にと今川義元公に願った城である

二俣城の天守台の野面積みの石垣である、笹岡城址に続く鎌倉時代の古城である、

ここで反逆者信康は切腹、二十歳の命を絶えたがその真相は

と、いつも城址を訪ねては信康のことを想う私である

 

二俣城址を南へ下ると川口の街を見下ろす堤防に出る、

ここの地名の川口は旧二俣川が天竜川に流れ込む河口であったからだ

(私財を投じて二俣の町を水害から守った現在二俣町にある丸百酒店の先祖である

二俣村名主袴田翁の話はまた後ほど当ブログで投稿したいと思う)

 

堤防上から見下ろす天竜川、ダム建設に伴い川床が下がってしまって昔の流れとは

違う流れになってしまった。

川口の堤防を歩くとこの木が見えるがこれを右折して鳥羽山城址に登る

急な車道を登ると遊歩道案内の看板が現れたら、私は車道を離れ階段を登る

上りきると鳥羽山城内に出る、ここには室町の城郭庭園があり

二俣城と一体の城であったそうであるから

二俣・鳥羽山城は壮大な城構えであったのだ。

 

鳥羽山の櫓から見た遠州平野

右端に浜松市街地のアクトタワーが見える

この眺望が二俣城が戦国時代の遠州の要にあったことがわかる

 

鳥羽山城大手門跡を通り遊歩道を下る

国土交通省と浜松市の石碑を見ながら二俣市街に下る

そして、二俣市街地に出た。

東に行けば磐田市、森町、袋井市であり

西に行けば引佐、三ヶ日、豊川市であり

南からは二俣街道と秋葉街道が通じて、

古来の山岳道は尾根沿いに通り、塩の道として信州に通じていた。

 

天竜川と山地に囲まれた二俣の町に旧陸軍中野学校があった事は、

今日歩いた城と自然の地形の中に、この街の秘密と魅力が秘められている

と思う私である。

 

コメント

天竜ヤマタケの蔵のイギリス壁

2019年12月13日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

私は浜松市天竜区のヤマタケの蔵で開催されている壬生織手織り教室へ行く

そのヤマタケの蔵にあるイギリス壁を見るのが好きだ。

この町の豪商であった旧内山家にあった蔵が登録有形文化財として

保存されている、その蔵の南面にイギリス壁はある

手焼き煉瓦を使った壁である

一枚として同じ形のレンガは無い

 それは私が織る手紡ぎの糸を使った織物と同じである

不揃いのレンガはそれぞれ表情が違うレンガの群れ

それぞれが私に主張して来る

私は違う と、

現代私たちは同じ型に嵌められ 同じ情報の中で暮らしている

それが現代社会を安全に生きる術としているように見える、

高度社会構造の中で生きずらさを感じ始めている

私はこのイギリス壁の個性あふれるレンガ達が主張しているように

私が作る糸も布も色もそれぞれが自然原理に生まれ主張している

眩しい程の個性あるレンガがある天竜のイギリス壁である。

 

 

 

 

 

 

コメント

壬生織木綿手織り教室

2019年11月29日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

浜松市天竜区のヤマタケの蔵で開かれる壬生織手織り教室の日である

本田宗一郎記念資料館に寄ってから蔵に行く

 

 

正規の生徒さん3人が手織り作品を制作をしていた。

 

新作のコースターを織る準備中をしている

ここは天竜だけに杉綾の組織を織るそうである

杉綾だけでもたくさんの組織があるが彼女がどれだけの

組織を作り出すか楽しみだ。

 

この作品は残り糸を使ってクッションを作るそうである

出来上がったらフカフカのクッションが暖かそうだ。

 

先ほどまで織機にのせる準備をしていた作者は少しの時間で

課題組織の杉綾組織を織り始めていた。

杉綾の組織は天竜杉の魅力を秘めた作品群が出来るであろう。

 

作者は天竜中山間地域の問題に取り組み実践している人だけに、

題材の杉と織物材料の天竜壬生の木綿を生かした織物作りをしている。

 

 

コメント

焼かれて 落ちて 死んだのさ

2019年09月04日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

空からトンボが落ちてきた

今日の浜松市天竜区の我が家の気温は34度、

高齢の母は熱中症になり買い物は無理と

私が買い物袋をぶら下げて鳥精精肉店まで行こうと

玄関を出ると空から何かが落ちてきた。

 体長10cm以上はあるオニヤンマ

”ハチのムサシは死んだのさ

焼かれて落ちて死んだのさ”

トンボも焼かれて死ぬほどの この暑さ

 

異常を感じながら何も出来ない私たち人類

それが最大の異常と言うのだろう

物事を金でしか判断出来なくなってしまった

哀れな末路の暗示と言うのだろうか

 

 

 

 

コメント

あれから一年、今はノッテイングに集中

2019年08月11日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿
 
羊毛服地の織り上がり
浜松市天竜区のヤマタケの蔵 壬生織教室では生徒のMorisitaさんの羊毛服地が織り上がっていた。多色羊毛を紡績した特殊系の単糸を経て糸と緯糸に使い織っている。6本......
 

あれから一年、今日も織り続けるMorisitaさん

今はノッテイング技法を学んで、

自分の生活で使うクッションを作っています。

自分の作品で生活を飾り尽くすなんて贅沢なことだと思う、

次から次へと発想が生まれ、それに挑戦することが

作者の心に余裕と生きがいを得ることが出来たら嬉しい

 

 

コメント

サモエド犬の毛を紡ぎ織ったのよ 2

2019年06月06日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

シベリヤ原産のサモエド犬の毛を紡いで織った作品

第2作が織りあがって来た。

愛犬のサモエド犬を初めて見たのは竹島の竣成苑である

飼い主のFukuokaさんは今や私の手織り教室の生徒となって

サモエドの毛を手つむぎして糸を織っている

サモエド犬の毛の特徴なのか織物はスベスベとなめらかで

フアフア感といい 今まで感じたことのない手触りである,

 

手紡ぎがまだ完全ではないので抜け毛が多いがこれを克服すれば

もっといい糸になる

近い将来サモエド糸のマフラー、ショール、ストールの作品が

お目見えすることでしょう。

コメント

私の作品です

2019年06月06日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

「私の作品です」

といって袋から取り出した作品

新人生徒さんのFukuokaさんが織った作品

リジェット織機で織った平織りです

「こんなになってしまった」

と、恥ずかしそうに見せた。

「おー、良いね」

「本当ですか」

「良いよ!良い、織物の存在感満点でわたしは好きだが自分では織れない」

「それじゃ私のはダメですよね」

「そうじゃない、私たちは流通社会の中での物作りをやって来た

 大量生産と大量消費の中で0.1ミリ単位の許される社会で生きて来ると

 整然とした整ったものが美しい物と洗脳されて来るういちに

 変な常識が生まれて織物ってこうなければならないという、

 非常識がまかり通った社会の中にいるんだ」

「スラブの糸を使って織りました」

「おー、良いねスラブ糸の番手変化が予期せぬ紋様を作ってる」

「私はジャガード織りの専門家だから寸分違わぬ紋様意匠を大量に

 作って来た。それが大量生産の基本だったが、手作りの基本は作品ごとに

 出来が違うことなのだ。だからこういうの良いね、自由がいい」

「なぜ、ここにもじり織りをつけたの?」

「ただの平織りだけじゃ つまらないと思って織りました」

[なるほどね、物足りないからと感じることは大切で

失敗を恐れずやってみることはもっと大切なことだ」

「そう 見てくれると嬉しい」

師弟の織物談義は延々と続く、

 

「チェック柄に習いたてのもじりを入れてみました」

「これもいい感じだね」

「素直にチェックを織るかと思えばもじり織りを入れてしまいました」

ここでまでと決めずに自分の思いのまま次の技法を入れて

完成させてしまうのがFukuokaさんなのだ。

 

 

 

 

 

 

コメント

あれからもう一年経った!

2019年06月06日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿
 
初めての作品はトートバッグ生地を織る
浜松市天竜区ヤマタケの蔵で開かれる壬生織教室、先週入塾してその日に「私はトートバッグを作りたい」と言うことで持参した糸を使い整経をしたが 今日は筬通しの作業......
 

手織り教室へ参加して棉から糸へ 糸から織物へと学びたい、

との熱い思いを心に秘めて学び始めて一年、

今からが物作りの基本の意味を学ぶ本番に入っていく

道のりは長い。

 

コメント

サモエドの毛を紡ぎ織ったのよ

2019年04月27日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

浜松市天竜区に北方犬サモエドの毛でショールを織った女性がいる

蒲郡市の竣成苑の竹島クラフトセンターで開催した御座の市の日に

犬のお散歩にと愛犬サモエドと訪ねてくれた福岡さん、

そこで実演していた和綿の手つむぎ作業を見て、

「犬の毛も糸に紡げますか?」

この一言で物語は始まったのです

「先生、犬の毛を紡ぎたいという人が居るのですが」

「紡げますよ、私は何でも紡いじゃいますから」

何んてジョークから始まったこの作業だ

先生の指導でスピンドルから始まった手つむぎだが

これじゃ間尺に合わないと紡錘車を購入した福岡さん

練習に羊毛の手つむぎから始まったが

気持ちは愛犬のサモエドの毛を紡ぐ目的だ

”好きこそものの上手なれ”

がむしゃらだが彼女の織りたい一心に応援する

愛犬の毛で織りたいと紡いだ糸を織機にかけて製織に入る

糸が切れるのも何のその

一心には天にも通じた

出来上がった織物がこれだ!

サモエドの毛を織物で触った人は少ないと思うが

この手触りは 雪原を思わす柔らかさと滑らかさだ

雪のように手が滑るが暖かさは毛は生きているのだ。

写真では表せない純白なのだ

 

長く柔らかい毛はモヘヤー

羊毛とは違う毛質は私の経験にはない未体験のものだった

寒い氷河期の地球で人類の先祖はこの犬の毛をまとい

命を守ってきたのに違いないと思わす迫力を

サモエドの毛を纏ってそう思った。

今愛犬のサモエドのショールを身に付けて

幸せいっぱいの福岡さんだが

すでに頭の中は次の作品を描いていた。

 

「先生これも織りました」

おー、斬新な織りだ。

「この織物変でしょ?」

と彼女は言った。

「いや、私はこの作品を好きです」

”織りたい、織物を知りたい”

そんな想いの中で一生懸命の作品には力があるからだ。

 

一つの企画から次の展開を描くことは楽しい

それは挑戦であり冒険であるが人間はそれを楽しむ動物である

 

自分の作品を身に纏う女性は自負に満ちた美しさがある

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

天竜・壬生ホールで 映画 つ む ぐ 上映会

2019年04月16日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

今日は浜松市天竜区の壬生ホールで開かれる

映画 つ む ぐ の上映会の日である

朝9時から機材の搬入で、TCCから運んだ糸車と

ガラ紡機を搬入した。

会場は棉から綿 へ棉から糸へ の道具が並び

映画 つ む ぐ の上映会の雰囲気が盛り上がって来ました

その他、会員の手作り作品も展示されて

なかなか手に入らない茶棉の種も並んでいます。

 

わんちゃんのパンも手作り 椿の家も出店していて私も欲しくなり買いました

会員同士の会話も弾むうちに上映の時間になりました。

 

感動・感動・の連続でした。

妻はハンカチを取り出していました

つむぐ 織る 纏う 

それを通じて人と人が繋がり心を通じ合う

 

過去の自分の姿と合わせ

現在の自分の生き様を見つめて

未来の自分にまだやり残したこと

を 発見させていただいた映画でした。

もの作りを主題にした人間としての心のあり方を

強く刺激していただいた名作だと思いました。

 

明日からも やるぞ!

渡辺さんをはじめスタッフの皆さんありがとう

 

 

 

 

 

コメント

つ・む・ぐ 織人は風の道をゆく 映画上映会

2019年04月12日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

映画 つ・む・ぐ の上映会のお知らせです

 

2019年4月15日 

AM10:00 開場

AM10:30 上映開始

募集人数 若干名 (満席になり次第締め切り)

参加費 1000円

会場:浜松市天竜区 壬生ホール

上映会・昼食後は 棉 の処理体験や交流会もあります。

 

リッチモンド国際映画祭 ドキュメント部門 佳作受賞

インドネシア 国際スピリチュアル映画祭 ドキュメンタリー部門佳作受賞

ダラムサラ映画祭 ドキュメンタリー部門 正式出品作品

 

”なにが彼らをそうさせたのか 

そして、どこへ行こうとしているのか?

常識にとらわれない生き方に

未来をつむぐカギが隠されている”

 

Story

織る Weaving

タイ東北部イサン地方の小さな村で昔ながらの田植えが始まった。食べるものを自分たちの手で育て、着る物を母が織り上げ、家をみんなで建てる。そんな素朴な暮らしが何代も続いてきた村も電柱が立ち始めた頃から変わり始める。服を作る文化もこの村から途絶えようとしていた時、伝統文化の復興を支援するボランテアグループが活動を開始する。     そんな時、ブリュッセルでオートクチュールを手がけていた一人の日本人がこの地を訪れる。                                       さとう うさぶろう、彼がこの村にやってきたのは、ある声に導かれてだった。やがて彼はタイに移り住み仲間とともに”息吹にあふれた”服作りを始める。

 

生きる Living

優秀な外科医として病院でガンなどの患者を診て来た医師 船戸崇史。しかし、なんど切り除いても再発する患者の多いことから、自分のメスではガンに勝てないとさとり、せめて在宅で最後を看取るお手伝いができたらと、病院を去り、西洋医学だけでなく東洋医学や保管代替医療等を取り入れたクリニックを開業する。イサンで染められた”いのちやどる”服の愛用者でもある彼は、毎年末期ガンを患う人たちを連れて氣功ツアーに出掛ける行き先は石垣島だった。

 

大地 Earth

農業を営みながら歌手を続けるYae。彼女は、母 加藤登紀子の影響もあり、若くして大手レコード会社と契約するが歌うことを通じて社会に貢献したいという理由からレコード会社との契約をやめ、独自のライブ活動を始める。彼女の父は学生運動の指導者で後に有機農法実践者となった藤本敏夫。その父が残した農園「鴨川自然王国」には毎年援農に多くの人が訪れる。ここで彼女は将来の夫となる男性と出会う。そして、ウエデイングドレスはタイで織られた”いのちを感じる”服だった。

彼女は語る、「私たちは、土、水、空気、太陽のめぐみで生かされているんです」

 

始 Beginning

うさぶろう と船戸医師とYae が一堂に会する機会が訪れる。服のフアッションショーが船戸クリニックで開催されることが決まり、準備のためにボランテイアたちの奔走がはじまる。モデルは医師や看護士、患者、そしてガンで大切な人を亡くした家族

やがて、ショーの当日がやってきた・・・。

 

7年に及ぶ撮影期間の映画です

上映時間 98分

 

この映画上映企画を当ブログ発信になったのは

映画上映会の主催メンバーの渡辺さんが、

浜松市天竜区のヤマタケの蔵で開かれている

[壬生織り木綿の会]のメンバーでもあることから

竹島クラフトセンターでも応援しています。

 

上映会当日は、私も棉の処理や手つむぎとガラ紡機の実演体験をします。

皆さんの参加をお待ちしています。

 

竹島クラフトセンター

 鈴木 敏泰

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

春の二俣川原散歩

2019年03月18日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

今日は彼岸の墓掃除にやって来た。

家を出て秋野不矩の美術館をめぐりいつもの二俣川原に

やって来た。

雨が少なくて先週まで干上がっていた川原も

今日は少し流れている

今日は墓掃除なので栄林寺の境内に入る

 

鐘を打ち拝む夫人の後ろ姿

あの世とこの世を結ぶ彼岸に祖先の在りし日を想う

お地蔵さんに70年も前に失った妹の幼姿を想い出し

手をあわせる前にシャッターを押してしまった私であった

今年も芽を発し花を咲かせようとして

天に昇る枝に生命の力が宿る

門前の扉をこんなにみたのは初めてで

何を意味するか考えた 煩悩の私

お前はなんて奴だと

お地蔵さんが嘆く

川面に映る木の姿に

我が心もここに映したらどんなに映っているのか

我が身の心は

こんな花のように清廉な私ではなかろう

川原に咲く花々とは比べようもない

私の醜さを恥じ入り

花々を眺めるうちに安らかな想いになって

匂いも色も移りかわり

一つ一つの花にそれぞれの想いがあるのなら

大木に宿る想いの重さを考えてしまう

それも これも 煩悩 じゃ

と道祖神は言っているよう

足元の 野に咲く花に

目をやれば

命芽生えて花を咲かし

次に伝える命の事を

その大切さを語りかけていた

それもこれも 

空 だと

 

 

 

 

 

 

コメント

網代織りの試織が始まった

2019年02月22日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

浜松市天竜区のヤマタケの蔵で開かれている

壬生織り手織り教室では

生徒さんが新しい試作を初めていた。

 

リジット織機を使って網代紋様を織り出すのである。

網代紋様がどうして織り出されるのか

その原理を学ぶために方眼紙に組織図と配色図を描き

太番手の糸を使って試験織りを始めていた。

「こうして教えてもらうと原理が良くわかります」

「この紋様が出来たきっかけは整経順を間違えたこと

 から出来た紋様だと思いますよ」

と、教室内では組織学の問答が行われていました。

 

 

 

 

 

コメント

山野を歩けばそこに春

2019年01月31日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

昨日は暖かさに誘われて野山を歩いた

水仙は太陽の陽を受けて気持ち良さそう

陽を受けて透ける紅梅

池の陽だまりにおしどり夫婦

雑木林に夕日が沈む

明日は冷たい春の日になるとか

 

コメント

春を探しに歩くと梅一輪

2019年01月31日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

風もなく暖かい一日を運動のために山野を歩く

ひだまりに咲き出した蕾に春を見る

暖かさに誘われて

梅の花一輪に明日を読む

 

磐田市三家にて撮影

 

コメント