TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

楽しい小学生の手織り教室

2020年01月20日 | 教育 織物 体験教室

今日は岡崎市立矢作南小学校4年生が三河木綿の手織り教室が

竹島クラフトセンターで開かれました。

生徒さんが春から育てて採取した綿で紡いで糸を持参して

その糸を織物に織り込む授業です。

今朝は72名の生徒さんが、金曜日には第2陣の74名の生徒さんが

岡崎市を出発して蒲郡駅から竹島クラフトセンターへやってきました。

芝生広場には生徒さんが順番待ちの間ピクニックを楽しみ、

その他竹島水族館と生命の海科学館に分かれて勉強したのち

竹島に集合して手織り教室です。

 

今日は快晴に恵まれて大寒だというのにポカポカ陽気で子供たちも

芝生で走り回って元気です。

 

 

教室内には15台の手織り機が並んで8名の手織り講師が指導しています

手織りの原理と織機の操作を教わりながら織り進めています

 

今自分で紡いだ本物の三河木綿を織り込んで、ボコボコして

素材感あふれる織物が織り上がっています。

 

明治大正時代の昔、岡崎市矢作川流域で生産されていたガラ紡糸と生徒さんが紡いだ

手紡ぎの糸が歴史的コラボレーションした作品が織れています。

 

大寒とは思えない日差しの中で手織り作業も順調に進んで

生徒さんも、指導講師のスタッフも真剣勝負の時が流れています。

 

「楽しいです」

「僕の作った糸が織れて嬉しいです」

子供達の真剣な眼差しと、その集中力に指導スタッフも真剣です。

 

教室の外では竹島水族館と生命の海科学館の見学を終えた

生徒さんが興味深々で教室を眺めながらこれから始まる

授業に緊張の様子です。

 

この竹島での経験は子供達にとって一生忘れられない体験になったと思います

失敗を恐れず果敢に織機に挑戦する子供達の瞳は美しかった。

 

次の矢作南小学校の教室は金曜日に開かれます。

 

竹島クラフトセンターの指導スタッフとしてご協力いただいた

講師の先生方は次の方々です。

豊川市の曽田さん

西尾市の信田さん

西尾市の青山さん

蒲郡市の大須賀さん

刈谷市の鈴木さん

蒲郡市の小倉さん

竹島クラフトセンター

子供達のために大変なご尽力をいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

明日は岡崎市矢作南小学校の遠足手織り教室です

2020年01月19日 | 教育 織物 体験教室

岡崎市立矢作南小学校4年生の4クラスの生徒さん144名以上のうち

第一陣として明日は72名が竹島クラフトセンターで手織り教室で

三河木綿の勉強と体験をします。

春から三河綿花の種をまき秋に綿を収穫して全員手紡ぎした糸を持って

竹島まで遠足にやって来るので、明日に合わせて体験用の糸の準備と

織機15台に経糸を掛けて明日の教室に備えて準備万端です。

迎える竹島クラフトセンターでは8名のベテラン講師が教えます

竹島へ遠足を兼ねて生命の海科学館と竹島水族館見学と竣成苑でお弁当を

食べ15名づつ自分の綿の糸を織り込む三河木綿の手織り体験をして

自分の作品をお持ち帰りという壮大の教室なのです。

先日には担任の先生方がお忙しい中を竹島クラフトセンター考案の

スピンドルの練習に来ていただきその結果が楽しみである。

 

 

 

コメント

手織り体験の申し込みと、ご予約はこちら

2019年12月28日 | 三河木綿の手織り体験

      竹島クラフトセンター

  令和一年12月27日〜令和2年1月5日まで

          年末年始の休業日です

 

 


  竹島クラフトセンターの手織体験をご希望の方は、こちらから

     体験用手織り織機は常時5台を使用していますから

       織機が空いていればいつでも体験できます

(午前中10時スタートに限り事前特別予約していただければ織機10台用意できます)

         詳しくは スタッフにお問い合わせ下さい

       090-5100-8109 (鈴木)



          手織り教室・生徒募集中!

    手織教室用上級用手織り機10台

 休業日 毎週 火・水曜日、毎月末29,30,31日(織機メンテナンスのため休業)

  年末年始、市内外イベントに参加、小学校三河木綿教室、等で臨時休業日あり 

 

 

 

            岡崎の英会話教室

                1st STEP

                   ファーストステップ ホームページ

                                https://www.1ststep.me/

                   ファーストステップで楽しく英会話と英語を学ぼう

                           岡崎市六名本町6−8(六名体育館通り)

                              tel 0564-71-1797 


                竹島クラフトセンターの関連教室

               ニューヨークからやって来たジョー先生の一家で教えてくれる

              アットホームで安心な教室です

 

 

 

 


コメント (2)

TCC・竹島クラフトセンターへのご案内

2019年12月28日 | 竹島観光と手織り体験 手織り教室

                  TEL 090-5100-8109 

 

この地図は 愛知県蒲郡市竹島町2 竣成苑 を表示しています

 

             

  みなさんようこそ蒲郡市へおいでくださいました。

 ではご案内をさせていただきます。

  東名高速道路[音羽蒲郡]インターを出て

 (料金所を出たら右側車線をとると良いです、

そのあと国道1号の交差点手前では真ん中の車線に入ってください)

 国道1号線を横切り直進南下してください。

するとトンネルを2つ通過します。

”トンネルを抜けるとそこはミカン畑だった。”

この道路はオレンジロードと申しますゥ~

ここ蒲郡は全国でも有数なミカン産地でございます。

道は下り坂ですから、スピードの出し過ぎににご注意下さい。

私もここで捕まっております。

急ぎ旅でござんす、なんて旅の途中でネズミ捕りじゃ 楽しい蒲郡観光で土産も買えなくなっちゃうよオ~

そのまま海に向かって真っ直ぐ走りますと、着いたところが竹島遊園です。

昔の鉄道唱歌って知ってます?その中に

海の眺めはがまごおりィ~

ここは写真のように美しい竹島海岸でございますゥ

竹島海岸には、俊成苑という広大な芝生広場も オープンしました。

俊成苑には竹島クラフトセンターがオープンして

三河木綿の手織体験が出来ちゃうよ。

手織作品はお持ち帰りが出来るので[竹島のお土産]になるよ。

手作り作品の土産が買えちゃう”てま”も店内あるから 寄ってみると良いよ。

江戸時代の手織り織機も展示されていて、鶴の恩返し気分で 記念撮影も良い思い出になりそう!

美しい竹島を眺めながら癒しの一時を過ごせる [ホテル竹島]や

[蒲郡クラシックホテル]などもございます。

そして子供達も喜ぶ[竹島水族館]では三河湾の海の 生き物達を観察できます

(これは黒ナマコ)

波穏やかな竹島をゆっくり散策すると足元の岩陰の潮溜まりには

小さな生き物の世界をのぞき見ることも出来ます。

竹島散策の後は[竹島パルク]でお買い物も楽しいよ。

ここ蒲郡は織物産地だって知ってました? そうなんですよオ~!

ミカンと並んで全国有数な綿織物産地です。

ここ三河が日本に初めて棉が渡来した所なんですよー!

799年にコンロン人が壺の中に棉の種を持って漂着したんだって

崑崙人って何だ? そんな国あるの?(あるわけないじゃん!)

 

それを知りたい人は芝生広場にある[竹島クラフトセンター]の主人が 昔えてくれるよ!ご機嫌がよければネ

手織り体験でアーッくたびれたアーって言う人は ホテルの温泉にゆっくり浸かって無事にお帰り下さい。

アッ言うの忘れた!、恋人同士の人は竹島では仲良くしないほうが良いんだって!

(誰かがやきもち妬くとか言ってたなアー) 竹島弁天だから?・・・・・

                                  

手織り体験した作品はお持ち帰りできます

いつでも体験は出来ます。予約のお客様がある時や、

先客様が使用時はお待ちいただく事に なります。

営業時間は午前10時~午後4時30分

手織り体験の申し込みは午後4時まで

 

 

☆手織り体験コースター・竹島観光みやげに・・・・・800円 

(所要時間約30分~45分)

 

 

 ☆ 綿から糸を紡ぎ織り込む、1200年の伝統 三河木綿のフルコースで

 コースターを織ってみよう・・・・1200円(所要時間約1時間)

 

 

☆竹島の絶景を眺めながら、ランチョンマットの手織り体験 3000円 

(所要時間約3時間)

 

                            

☆手織り教室、初級者10回コース(1回3時間、合計30時間) 

 ☆手織り教室、初級コース・中級コース、上級コース、(入会金無料)  

生徒募集中!

 (日程:時間は自由に設定できますのでご相談下さい)  

TCC・竹島クラフトセンター 蒲郡市竹島町2 竹島園地竣成苑内

    電話予約とご案内 090-5100-8109 

  ブログ http://biog.goo.ne.jp/tcc-suzuki


 

           浜松市天竜区ヤマタケの蔵で開催される壬生織教室は

                                          毎週水曜日午後1時30分から

 

                

毎週・火 水曜日と年末年始。 毎月29,30,31日は織機のメンテナンスのため休業

くらふとフエアー蒲郡・蒲郡市手織り教室・蒲郡まつり・ テックスビジョン・竹島弁天手づくり市、学校施設の手織り教室  等イベント・教室開催のため 臨時休業日あり

 

 

 

 

 

 

コメント (10)

ことしの教室は静かに過ぎてゆく

2019年12月27日 | TCC手織り教室・作品

本年最後の教室は差し込む日差しで暖かく

眠たい気分であったが

私が居眠りではあかん、 

 

 と、羊毛の紡ぎ車で糸を作る生徒さんを写し見事に紡がれた糸を見て目を覚ます

今日も軽やかな音を立てながら車が回る

リズムの乗って糸紡ぎほど楽しいものはない!

嘘だ、と思う人は紡いでみると良い

(上手な人で毎日3ヶ月くらいやらねば)

こちらはなんと!この糸で織るの?

オサも通るの?綜絖も通るの?

大丈夫ですよ

織れていますよ!

 

こちらは新入生で2度目の整経作業を終えて織機に載せている

デザインも決まり、これが終われば 楽しい世界が

ここは、こうして引っ張るといいのね

お正月は機織りをしますか?

いいえ、キャンプに行きます。

おー、厳冬期のキャンプは雪もあり、寒くもあり

命を守る知恵をフル回転で楽しむなんて、

キャンプ登山大好き人間の元山男だった先生

羨ましいい

のでありました。

 

コメント

今年最後の夕日を見て”ゆく年来る年”を感じる

2019年12月27日 | 竹島観光と写真散歩

強風の吹き付ける竹島を見ていると夕日が沈む

日本海から流れる伊吹下ろしの雲が太平洋に流れゆく

夕日が雲の下から僅かに見せ始めた

今年最後の夕日に私はロマネの夢を見る

とは言えこの寒さ、体感温度は氷点下であろう

 

おー、寒い

血圧が危ない!(血圧が危ない?)

 

コメント

鷹がホテル竹島の屋上に居た

2019年12月27日 | 竹島観光と写真散歩

ぴー!ぴー!っと

いつもの鳶とは違う泣き声が上空から聞こえて

見上げると鳶よりは小さいく羽の裏の模様が白くまさに鷹である

(中央が鷹である、ホテル竹島の屋上に止まっている)

 

今日は朝からトビが姿を見せないなと思っていたが

原因はこの鷹の飛来なのである

しかし、トンビもシタタカである、鷹が飛ばないと見たのか

近くをスクランブルしている様子見ている

 

正月に鷹を見るのは縁起が良い、と言われるが

ホテル竹島へ来ると

”こいつは春から鷹を見るとは縁起が良いわいな〜”

 

 

 

コメント

年の瀬の竹島は強風の中

2019年12月27日 | 竹島観光と写真散歩

今日は朝から強風の竹島であった

カメラを持って竹島に向かうが吹き付ける風で

身体がよろめきながら海まであるく

海面に吹き付ける風は飛沫を上げて水煙を立てている、

これからはこのような様子を見せながら春を待つ竹島の海

日差しが日毎に強くなり もうすぐ来る春を待つ水面

 

 

コメント

名古屋からの一人旅で機織りをします

2019年12月27日 | 三河木綿の手織り体験

「名古屋から電車に乗って来ました」

「すぐ着きましたよ」

名古屋駅から快速で来れば30分そこそこで蒲郡駅、

そこから海を眺めながら10分で竹島に来てしまい

竹島の絶景の中で過ごすことができるmini旅です。

竹島クラフトセンターは竹島へ来てから知って

竹島を眺めながら手織りが楽しめるなんて嬉しいですよ

芝生ではのんびり遊ぶ親子連れの微笑ましい姿が見える竣成苑です

教室内は静かに織物を楽しむ手織り教室の生徒さん

やがて完成したコースターを掲げて記念撮影です

よっぽど手織りが好きなのか、初めてとは思えない

おりを見せてくれました。

”おめでとうございます”

今度は畑で採れた綿から糸を紡ぎそれを織り込む

三河木綿のフルコースがいいですよ

 

コメント

冬休み親子で手織り教室のミニマフラーの作品完成

2019年12月27日 | 教育 織物 体験教室

先日蒲郡市観光商工課主催で生命の海科学館で開催された

”冬休み親子で手織り教室”の作品が仕上げられたので

その作品を写真で紹介しよう

子供も大人も3時間で織り上げたマフラーである

大胆なカラー展開に挑戦した皆さんの作品です

こうしてご覧いただいてもどれが子供の作品か

分からないほどの出来上がりとなっています

”一心不乱”と言う言葉の通りに織物に集中した受講者の皆さんの

努力の結果が織り出されているように思える作品ばかりです。

終わったばかりの教室ですが、もう来年の構想を組み立てなければ

と、来年に夢を馳せています。

指導スタッフに参加してくださった先生の皆さん、

これが完成したマフラーです。

 

 

コメント

お母さんと手織り体験をしました

2019年12月27日 | 三河木綿の手織り体験

「手織り体験は出来ますか」

と、少女とお母さんの手織り体験です

スタッフから織物が作られる原理と織機の操作法を学びながら

手織り体験は進みます

最初は緊張気味に始まりましたが

時間が経つほどに体験が進むと

”私も織れます”

”職人さんの気分”

と、余裕の表情で織っています。

ブルーのコースターが出来てきました

「楽しいですか?」と聞くと

「楽しいです」と嬉しい答えが返ってきました。

 

 

やがて難問の房作りが終わるとコースターの完成です

「出来たー」

お母さと一緒にゴールインです

 

お母さんの作品を並べて記念撮影です

おめでとうございます

 

 

 

コメント

ことし最後の棉を摘む

2019年12月23日 | 三河織りの地産地商

今年最後の綿を摘む

三河木綿の再興の元となった天竹神社ゆかりの棉である

三河種の綿も枯れて今年最後の綿を摘む

綿は小さく収穫量は少なく 綿毛は太く短い

品種改良された綿に比べれば原種に近い遺伝子を持って

三河に咲く棉である

 

葉は枯れても幹は生きている

すでに根元に新しい葉をつけて春を待っている。

故郷のベトナムでは年に3毛作であるから

日本でも暖かい蒲郡では冬でも芽を出すのである。

 

 

 

コメント

美しい竹島の竣成苑を歩くと (犬の糞、閲覧注意!)食事中の人は絶対見ないで

2019年12月23日 | 私の独り言

今日は暖かさに誘われて竣成苑を歩く

美しい芝生を歩く

なんと優しい散歩道であろう

お年寄りから赤ちゃんまで

そして外国人も竹島を楽しみ芝生を楽しむ

 

ここ竹島は遠足のメッカなのだ

たくさんの子供たちが遊び

赤ちゃんの竹島デビューも竣成苑から始まる

地球を歩き始めるところがここだ

 

ここから閲覧注意!

ところがこれはなんと!

犬の糞

言っておきますが犬が悪いと思っていません!

ほとんどの愛犬者は袋を持って回収してお帰りです

ところが、今朝も散歩しながら歩くと

この通りだ

夜間に犬の散歩をする方は夜陰に紛れて

リードを外す愛犬家の人も見受けられます。

ここは子供達も遊ぶところです

ピクニックを楽しむところです

愛犬の糞の始末をしてお帰りください

お願いします。

 

 

 

 

 

 

コメント

歳末の竹島は時間ものんびりと流れる

2019年12月23日 | 竹島観光と写真散歩

風もなく暖かい日

芝生広場も冬の色

海を眺める人 ひとり

 

 

浮かぶ島陰に

海と空の色を写し

歳末の時は流れいく

 

 

コメント

私のマフラーを織りました。 蒲郡市観光商工課

2019年12月21日 | TCC手織り教室・作品

 

今日は蒲郡市生命の海科学館でサテライトルームで

蒲郡市観光商工課主催の冬休み親子で織物教室が開催されました。

10台の織機がセットされて応募してきた10名が午後1時30分から始まりました。

竹島クラフトセンターで制作デザインされた企画図案16柄の中から

それぞれお気に入りの図柄と色糸を選んで制作が始まりました。

 

今日は織るものは毛織物(ウール織物)です

 

蒲郡市は三河木綿が有名になりましたが、ウール織物の産地だったのです

市内には大きな毛織物会社ありましたので、産業歴史文化として

冬の今日は毛織物のマフラーを織る勉強をしていただきます。

 

午後1時にサテライトルームに織機10台が設置されて、

手織り教室準備に追われる竹島クラフトセンターのスタッフたち

 

観光商工課の担当者の挨拶のあと教室はスタートしました。

 

まだスタートしたばかりで全員緊張気味の生徒さんたちです

 

竹島クラフトセンター製のデザイン16と羊毛色糸数十色の中から選んだ

色糸が織り込まれています。

 

織機にはデザイン画をセットして書き込まれた企画書通りに織っています

 

経糸は竹島クラフトセンターで整経セットされた糸です

 

竹島クラフトセンター製のボコボコリング糸を織り込む少女

ピンクが好きだから嬉しい!

 

僕はブルーを基調にしたデザインです

「気持ちの良いカラーで楽しい」

 

ミニマフラーですが長さ130cmのマフラーを3時間で織れるのでしょうか

「私、心配です」

 

私はグリーンの配色です

「楽しくて楽しくてたまらないです」

 

お母さんが見守る中で織っています

お母さんも織りたそう

 

ブラックの部分が終わっていよいよグリーンが入りました

あと1時間半ですが出来るのかしら

「ベテランの先生ばかりですから大丈夫です」

 

「はーい、色糸を変えたいです」

黙々と織っている皆さんですが、疲れたと言いません

 

色糸が次々とシャトルに巻かれて行きます

「色糸の量が足りるか心配のわたしでーす」

計算し尽くして準備とデザインしたから大丈夫だと思うんだけど

 

色糸を変えるときはこうしてやると綺麗に出来ますよ

ベテラン先生の指導を真剣な表情で勉強中の新人先生です

 

竹島クラフトセンター 蒲郡市観光商工課で行われたの

”夏休み親子で手織り教室”で作ったポーチを持っていた人がいたので紹介しよう、

綺麗な刺繍が入って素晴らしいポーチに仕上がっています。

 

僕たちも出来ました

おめでとうございます!

「やったね、すごいぞわたしののマフラーだよ」

 

わたしも出来ました。

初めての手織りで織るのは大変でしたが

「出来て嬉しいです」

と、嬉しいコメントをいただきました。

 

私は仕上げの最中です

今、房を作っています

もう少し、でも あわてないあわてない

 

出来ました

どう、格好いいでしょう

この後は竹島クラフトセンターで仕上げの縮絨作業をして

”ふんわりふあふあ”に仕上げられますから

少し待ってくださいね。

 

一台があと数センチで織り上がりのところまでおったのですが時間制限で、

明日は竹島クラフトセンターで織り上げていただきます。

皆さん完成おめでとうございます

 

指導されたスタッフの皆さん大変ご苦労様でした

今日も織物大好きな人が増えてよかったです。

 

以下は、指導に参加くださったスタッフの皆さんです

西尾市から 信田さん

蒲郡市から 大須賀さん

刈谷市から 鈴木さん

蒲郡市から 小倉さん

竹島クラフトセンターの鈴木さん

蒲郡市観光商工課でした。

          終わり

 

 

 

 

コメント