TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ

愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房
[竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひとりごと。

天竜ヤマタケの蔵のイギリス壁

2019年12月13日 | 浜松市天竜区と壬生織木綿

私は浜松市天竜区のヤマタケの蔵で開催されている壬生織手織り教室へ行く

そのヤマタケの蔵にあるイギリス壁を見るのが好きだ。

この町の豪商であった旧内山家にあった蔵が登録有形文化財として

保存されている、その蔵の南面にイギリス壁はある

手焼き煉瓦を使った壁である

一枚として同じ形のレンガは無い

 それは私が織る手紡ぎの糸を使った織物と同じである

不揃いのレンガはそれぞれ表情が違うレンガの群れ

それぞれが私に主張して来る

私は違う と、

現代私たちは同じ型に嵌められ 同じ情報の中で暮らしている

それが現代社会を安全に生きる術としているように見える、

高度社会構造の中で生きずらさを感じ始めている

私はこのイギリス壁の個性あふれるレンガ達が主張しているように

私が作る糸も布も色もそれぞれが自然原理に生まれ主張している

眩しい程の個性あるレンガがある天竜のイギリス壁である。

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 見て下さい 僕でも織れました | トップ | 羊毛の手紡ぎを学ぶ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

浜松市天竜区と壬生織木綿」カテゴリの最新記事