天野たかしのToday's Words

いつも輝いていてほしいあなたに、天野が毎日、ことばのエールを贈ります。

今日のことば・・・流れに棹さす

2021-04-09 00:00:15 | Today's Words
「流れに棹さす」は、
ただでも水の流れに乗っているところへ、
さらに棹をさして下るので、とても速い。
というところから、
そのようにものごとがスムーズに運ぶことですね。

蛇足ながら、これを「流れにさからって進む」と理解し、
まちがって使っている人もけっこういて、
たとえば、落合信彦さんの本にはこのことばがよく出てくるのですが、
いつもまちがって使われていました。
担当編集者が教えてあげないのですかね。
さあ、今日も流れに棹さしていきましょう。


電子書籍にすてきなことばをたくさん収めましたので、そちらも見てくださいね。

●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.jp


コメント

今日のことば・・・四面そうっかぁーっ

2021-04-07 00:00:15 | Today's Words
「四面楚歌(しめんそか)」といえば、
その昔、中国で、
楚の項羽が、漢の高祖との戦いに敗れ、
敵軍に囲まれたとき、四方(四面)から楚の歌が聞こえてきて、
自分の故郷である楚がすべて敵の支配下に下ったことを知ったという故事から、
まわりがすべて敵で孤立した状況をあらわすことばですね。
一方「四面そうっかぁーっ」の場合は、
四方にいるまわりの人みんなが同じ意見のときは、
自分はほんとうは反対意見だったとしても、とりあえず、
「ああ、そうっかぁーっ」
と納得したふりをしておこうという処世術ですね。
さあ、今日も四面そうっかぁーっ でいきましょう。



電子書籍にすてきなことばをたくさん収めましたので、そちらも見てくださいね。

●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.jp


コメント

今日のことば・・・朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり

2021-04-05 00:00:15 | Today's Words
「朝(あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なり」は、
『論語』にある、孔子が言ったことばですね。
朝に、道(人として生きるべき方向性の真理)を聞くことができたなら、
その日の夕方に死んでもいいよ、ということで、
裏を返せば、いくら長生きしたところで、真理を知らずに生きているのなら、
それにたいした意味はない、という意味にもなります。
さあ、今日も朝に道を聞かば夕べに死すとも可なりでいきましょう。


電子書籍にすてきなことばをたくさん収めましたので、そちらも見てくださいね。

●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.jp

コメント

今日のことば・・・君子は豹変す

2021-04-03 00:00:15 | Today's Words
「君子は豹変す」とは、
君子は、自分のあやまちを改め、善に移るのが早い、
という意味ですね。
ただ、気が変わりやすいというのではなくて、
善い方向へならどんどん躊躇なく変える、
というところがポイントです。
さあ、今日も君子は豹変すでいきましょう。


電子書籍にすてきなことばをたくさん収めましたので、そちらも見てくださいね。

●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.jp

コメント

今日のことば・・・亭主6缶パック

2021-04-02 00:00:15 | Today's Words
「亭主関白」というと、
亭主がいばっていることですが、
「亭主6缶パック」の場合は、
亭主にはビールの6缶パックでも与えておけば、
当面は機嫌よくして、なにも言わないだろう、
ということで、先手を打って相手をうまく懐柔してしまう意味ですね。
さあ、今日も亭主6缶パックでいきましょう。



電子書籍にすてきなことばをたくさん収めましたので、そちらも見てくださいね。

●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.jp

コメント