称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

11月30日(土) 散髪に行けなく・・・

2013-11-30 21:51:42 | 山登り
山で出会った方に「称名じじです」というと、若く見えるのに驚かれる。髪を黒く染めていると、だいぶん若く見られるようだ。ずいぶん髪が伸びてきたので、夕方に散髪に行き、カットと白髪染めをしようと思っていた。まずは朝一番で、頭皮にできた物を診てもらいに、皮膚科に行った。20年ほど前から、頭の後ろのほうに、かさぶたができるようになった。痛くもかゆくもないのでほってあった。 先生:「あ、これかぁ。ほっておく . . . 本文を読む
コメント (2)

11月24日(日) 古洞の写真を編集中に・・・

2013-11-24 09:50:42 | 山登り
昨日(23日)におきた立山の真砂岳での大規模な雪崩により犠牲になった7名の方の、ご冥福をお祈りします。先週木曜日にたまたま読んだ、立山ガール日記に、雪崩の危険が書いてあった。 山岳警備隊からのお知らせにも書いてありますね。 ◎そしてここ数日の降雪から一転、今週末は快晴の予報です。 ということは・・・ 雪崩れの危険性が高まります!! 犠牲になった人は、真砂岳の直下で休息していた人達だそうだ。確かに . . . 本文を読む
コメント (2)

11月17日(日) 紅葉の古洞

2013-11-17 18:26:22 | 山登り
11月中旬は、古洞の紅葉が盛りになる。立山室堂も気になるが、今日はやっぱり古洞に行こう。今年も赤く燃えている。少し近づいて、角度を変えてみる。まだ少し、緑色の葉も混じっていたから、あと数日は楽しめそうだ。古洞には人工湖があります。橋のように見えるのは、取水口。遊歩道の木々は、葉を半分くらい落としました。もうすぐ、遊歩道が一年で一番明るい季節になる。今日は遊歩道を往復して、10キロ歩いた。ステッキを . . . 本文を読む
コメント

11月16日(土) 鍵が抜けない!。。

2013-11-16 21:17:03 | 山登り
今日の室堂は快晴ですばらしい青空だったようだ。じじは、嫁はんを車で送っていった後で、嫁はんの車のタイヤ交換をした。ジャッキで持ち上げて、夏タイヤをはずして、冬タイヤを取り付ける。軽四のタイヤは軽くて、作業が楽だ。トルクレンチを買いたいと言い続けて20年。未だに、勘でボルトを締め付けている。(笑)。タイヤを取り付けたら、足踏みポンプを数十回踏んで、空気入れたら完成!。事件はその前に、タイヤ交換しよう . . . 本文を読む
コメント (4)

11月14日(木) 12日から称名道路閉鎖

2013-11-14 20:24:02 | 山登り
ついこのあいだ開通したと思っていた称名道路が、冬季閉鎖になったようだ。立山町役場のHPから 更新日:2013年11月11日八郎坂の冬期閉鎖について八郎坂は、積雪の関係により11月12日(火)から冬期閉鎖となりますのでお知らせいたします。更新日:2013年11月12日称名道路(桂台~称名平駐車場)の通行止めについて称名道路(桂台~称名平駐車場)は積雪のため、通行止めとなっております。通行止めが解除 . . . 本文を読む
コメント

11月9日(土)~10日(日) 嫁はんにお供して関西へ

2013-11-10 22:42:58 | 山登り
この週末は、大阪に用事がある嫁はんのお供をした。大阪だけではもったいないので、奈良に寄ることにした。9日(土) 朝一番のサンダーバードで、京都へ。京都からは近鉄急行に乗り、9時には奈良に。さっそく、鹿があいさつにきた。まずは、国立奈良博物館へ。目的は、これ。11日まで開かれている、正倉院展だ。じじが着いたころは、意外と人が少ないなぁ、と思ったが、10時頃になると人がどんどんと増えてきた。撮影禁止な . . . 本文を読む
コメント (4)

11月7日(木) 11月4日に冬タイヤに交換

2013-11-07 07:33:07 | 山登り
3日前の11月4日に、早々と冬タイヤに交換した。こんなに早く交換したのは、11月の中旬に、立山駅に向かう道が凍結していたことがあったからだ。毎年自分で交換しているが、今年はタイヤが重い。。作業していたら体が熱くなって、半そでのシャツ一枚になる。取り外した夏タイヤは、きれいに洗った。タイヤ泥棒の多いご時世なので、実家のガレージの一番奥に置かせてもらった。 . . . 本文を読む
コメント

11月2日(土) 材木坂→滝見台→八郎坂

2013-11-02 20:01:01 | 山登り
良く晴れた土曜日。今日は歩きたいという嫁はんと、材木坂へ行った。07:35 立山駅裏にある、材木坂登山口。かつての立山登山のメインルートだ。登り始めてすぐに、ケーブルカーの線路を見下ろす。材木坂は、登り始めてから鉄塔までの15分が、急坂で登りにくい。鉄塔を過ぎると、なだらかなところと、岩場の踏み上げが交互に出てきて、アドベンチャーな雰囲気が楽しめる。今日の嫁はんは、前回の山登りから1ヶ月のブランク . . . 本文を読む
コメント (4)