称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2018/11/11(日) 城ヶ平山 金沢から団体さん

2018-11-11 16:21:47 | 山登り
11月も中旬に入りました。これからの晴れた日はとても貴重です。せっかくの晴天の日曜日なのに、嫁はんはお昼まで仕事です。それで午前中はじじひとりで城ヶ平山へ行きました。服装は、上は化繊タンクトップ下着と化繊長袖シャツ、下は夏物のペラペラの登山ズボン。今日のような小春日和の日は、薄着をしないと暑くてバテてしまいます。09:30 大岩の駐車場は、すでに満車になっていました。靴を履き替えて出発。城ヶ平山登 . . . 本文を読む
コメント

2018/11/08(木) ハゲ山 色づいていた

2018-11-08 17:46:59 | 山登り
朝起きたら、空には雲ひとつ無く、立山の稜線がはっきり見えていた。小佐波御前山に登った疲れが足に残っていたが、この時期きれいなハゲ山へ行ってみた。09:20 大岩の終車場に到着。空は青く澄んでいます。この時期にしては貴重な快晴です。駐車場に来たときはじじ1台だったのが、すぐに若者の車がやってきた。09:30 出発。登山道は、適度に湿気を含んでいて歩きやすかったが、じじの足が重くてヘロヘロ。城ヶ平山ま . . . 本文を読む
コメント

2018/11/07(水) 小佐波御前山 絶賛紅葉中!

2018-11-07 15:25:17 | 山登り
今日は立冬。暦の上では冬になったが、気温はわりと暖かだった。そろそろ小佐波御前山が色づいてきたのでは?、と車を走らせた。10:35 猿倉山の駐車場に到着。先行車が2台、じじの車は3台目。10:45 駐車場を出発。いつものように猿倉山の山頂(左側)を超えていく。右へ行くと登りは少ないが、道が悪くて歩きにくい。猿倉山山頂にある風の塔。昔は風車があって発電をしていたが、改修費用がかさむため風車は取り外さ . . . 本文を読む
コメント

2018/11/14(日) 城ヶ平山 嫁はん単独

2018-11-04 20:07:25 | 山登り
今朝、雨が軽く降ってきた。じじは山をお休みしたが、元気な嫁はんは城ヶ平山へ出かけた。クマ鈴を忘れていったのでちょっと心配しましたが、元気に帰ってきた。嫁はんが撮った写真をアップします。登山道は、色づいているようです。今日の山頂は、立山はどんよりと雲をかぶっていた。平野も雲でした。ハゲ山に向かう道からの眺め。これだけ色づいていると、もうしばらくで葉が落ちて、登山道は視界が開けそうです。 . . . 本文を読む
コメント

2018/11/03(土) 瀬戸蔵山 紅葉が進む

2018-11-03 15:36:34 | 山登り
小春日和になりました。アルペンルートのホームページによると、称名滝と美女平が紅葉の見頃を迎えているそうだ。どちらの標高も瀬戸蔵山の中腹と同じくらいなので、百間滑や龍神の滝も色づいていそうだ。09:25 あわす野スキー場の駐車場を出発。気温は低いが、日差しが暖かく、山に登るにはちょうど良い感じです。出だしは足が重たくて、どんどん先に行ってしまう嫁はんを、モタモタと追いかけた。百間滑のモミジは、期待ど . . . 本文を読む
コメント

2018/11/02(金) 早くもタイヤ交換

2018-11-02 18:39:51 | 山登り
30日に小豆島から帰って、31日に西町の富山市立図書館まで歩いたら、右足の裏が痛くなった。うちに帰って見たら、足の裏の真ん中に水膨れができていた。小豆島で歩きすぎたのだろう。。嫁はんに「水膨れが痛い!」と泣きついた相談したら、「針で刺して水を抜けばいいよ」とこわいことを言う。そういえば、じじの母や姉も、同じことを言っていた。女は強いなぁ。。自分で針を刺すなんて、じじには怖くて出来ないぞ!。まだ11 . . . 本文を読む
コメント

2018/11/01(木) 小松菜が伸びた

2018-11-01 16:31:40 | 山登り
ベランダのプランターで育てている小松菜。1週間前は、カイワレ大根のような密度でした。少し伸びたので、間引きをした。間引いた小松菜はサラダに入っていたのですが、香りがあまりしないので、全然気がつかなかった(笑)。今日の写真です。太陽があまり当たらないので、もやしのようにヒョロヒョロ。プランターはベランダにあるエアコンの室外機の上に置いています。東側もあるベランダなので、午前中だけ太陽が差し込みます。 . . . 本文を読む
コメント

2018/10/29~30(火) 小豆島(後半)

2018-10-31 13:25:34 | 山登り
10月29日前日は寒霞渓の登山をしたので、今日は観光に島をまわります。ホテルを出発して、道ばたにあるお店によってミカンを買いました。・小豆島大観音大きな真っ白な観音様で、とてもありがたく見えたので寄ってみた。近くで見ると、その大きさに圧倒された。・エンジェルロード潮が引くと道があらわれて、向こうの島や、その先の島まで歩いて行くことができる。いちばん潮が引いた時は、砂の道が広すぎて見栄えが悪く、引き . . . 本文を読む
コメント

2018/10/27(土)~ 姫路、小豆島

2018-10-28 17:51:47 | 山登り
秋の遠足に出かけて、姫路と小豆島をまわっています。10月27日(土)03:00 富山を出発。3月に新名神高速道が開通して、吹田や宝塚のやわしいところをバイパスできたので、運転はずいぶん楽になった、09:30 姫路城。さすが、富山城とはひと味もふた味も違う。天守閣のほかに西の丸も見学したが、西の丸は生活感があって良かった。・好古園姫路城の隣にあるきれいな日本庭園。作られたのは最近だと聞いてちょっとガ . . . 本文を読む
コメント

2018/10/26(金) 家庭菜園 城ヶ平山

2018-10-26 08:48:00 | 山登り
親戚のおばちゃんから小松菜の種をもらった。来年の春にしよう思っていたら、気の早い嫁はんがまきました。1週間経過。ズームで撮ると、すごく広く見えるのだが。。。実はちっちゃなプランターで、マンションのベランダに置いてます(笑)。ベランダは東側なので、この季節は3~4時間ほどしか日光が当たりません。しかも晴れた日だけです。どこまで育つんだろう?。昨日、今日と良い天気ですが、歯が痛くなって歯医者に通ってま . . . 本文を読む
コメント

2018/10/22(月) 中山、馬場島

2018-10-22 16:03:29 | 山登り
木曜日に行きそびれた中山へ登った。馬場島の入口にある登山口から登り、反時計回りに一周する。09:00 家を出発。10:00 馬場島のいちばん下の駐車場に到着。馬場島にいくつかある駐車場はどれもガラガラだったが、登山口だけは混雑していた。10:10 中山登山口。標高は約700m。登山口からいきなりの急登で、心臓はバクバク。ずっと続くジグザグの急坂をひたすら登る。昨日の材木坂の疲れが残って、ひざは上が . . . 本文を読む
コメント (2)

2018/10/21(日) 材木坂 美女平の紅葉はもうちょい先か

2018-10-21 16:32:08 | 山登り
材木坂を上がって、美女平を散策しました。08:00 家を出発。「室堂はとうに紅葉が終わっているからケーブルカーで上がる人は多くないだろう。立山駅の駐車場はガラガラのはず。」と思って出かけた。ところが立山駅から近い方の駐車場はいっぱいで、藤橋近くの河原の駐車場へ入れた。09:00 駐車場を出発。09:10 材木坂登山口。登山口の目印だった「千寿ヶ原」の掲示板が無くなっています。登り口は草が伸びて、登 . . . 本文を読む
コメント

2018/10/20(土) 室堂ライブカメラは雪。市内は虹。

2018-10-20 16:31:59 | 山登り
今朝のニュースで、黒部平は紅葉が盛りだと言っていた。でも富山市内は雨が降っていました。朝8時の立山室堂のライブカメラでは、うっすらと雪が積もっている。これくらいの雪なら、お昼には溶けるだろうと思った。ところが、13時の室堂の気温は、なんと、氷点下1℃!。16時のライブカメラでは、さらに雪が積もっていましたよ。室堂はもう冬です。同じ頃に、富山市内には大きな虹がかかっていました。もっとはっきり見えない . . . 本文を読む
コメント

2018/10/18(木) 千石城山

2018-10-18 19:49:03 | 山登り
嫁はんから、中山に登りたい、とリクエストがあった。家を出発して運転しながら中山の話をしたが、どうも話がかみ合わない。良く聞いてみたら、嫁はんが行きたいのは中山ではなく、千石城山だった。09:05 千石城山の登山口。快晴です。空気は肌寒い。短パンでは寒すぎて、夏の登山ズボンでちょうどくらい。上は、ランニング下着に、長袖シャツ、化繊のベスト。道は適度に乾いていて歩きやすい。登りはじめの杉林は、木漏れ日 . . . 本文を読む
コメント

2018/10/17(水) 山には鎮痛剤

2018-10-17 13:06:51 | 山登り
今日は藤井聡太七段の新人王戦の決勝をやっている。対局はインターネットの「ニコニコ生中継」や、「アベマTV」で無料で見られます。今日は風邪でもひいたのか、マスクをしています。藤井七段は学生で、名古屋大学教育学部附属高校の1年生で16才。今日は水曜日ですから、学校を休んで将棋を指していますが、今日勝てば賞金が200万円だそうです。。普通なら「将棋ばかりしてないで、ちゃんと学校へ行きなさい!」とおこられ . . . 本文を読む
コメント (2)