称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

5月29日 安房峠、安曇野、大町

2010-05-30 15:00:26 | 山登り
天候がいまいちさえず、相変わらずの寒い風が吹いた。 長野方面にドライブへ行った。 まだかな?と思っていた安房峠は、すでに開通。 峠の茶屋跡で休憩。少し上に登って写真を撮る。 ズックで登ったら、登るのは簡単だが、下りるのは難儀。 短い距離だとなめないで、登山ステッキを持って歩けば良かったと反省。 長野側の焼岳登山口。 すでに時刻は10時半。車が20台くらい停まっていた。 今年登りたい。 . . . 本文を読む
コメント

5月27日(木) パソコンが壊れた

2010-05-27 21:54:31 | 趣味
うちには2台のパソコンがあります。 今日、予備の方のスイッチを入れたけど、応答がない。 ファンさえまわらなくて、テスターを当ててみたら電源部の故障のようだ。 古いパソコンだが、捨てるには惜しい。 WindowsXPが乗っていて、これでしか動かないソフトもある。。。 どなたか電源部か、電源が生きているパソコンを譲っていただけませんか? よろしく! といいながら、ヤフオクで中古の電源を落 . . . 本文を読む
コメント

5月22日(土)の2 大日登山口からから大日平までの雪渓

2010-05-23 20:59:37 | 山登り
大日岳の登山道で、大日平に着くまでにはいくつかの雪渓がありました。 登山口から15分くらい、鉄の橋の先にある雪渓。 この雪渓は、いつも最後まで残る雪渓です。ゆるい雪渓で目は回りません(笑)。 猿が馬場と牛の首の中間にある雪渓。 見上げるとずいぶん先が長そうで、ちょっとためらうのですが、 実は、5メートルほど登って左を見れば、夏道が続いています。 牛の首の手前にある雪渓。ここを登り切れば . . . 本文を読む
コメント (2)

5月22日(土)、大日平山荘、八郎坂

2010-05-22 16:24:21 | 山登り
今日は、土曜日。 称名ゲートに7時に並んだのは、今年初めて。 今日は大日平の様子を見て、気が向けば大日岳へ、 気が向かなければ、帰り道、八郎坂に寄ってこようと思っていた。 牛の首下の雪渓はだいぶん小さくなっていた。 雪渓を5メートル登ると、左手に夏道が出ているはずだ。 先についた3人グループの方の様子を見てから登ることに。 ひとりは夏道を、ふたりはアイゼンを履いて雪渓を登って行かれた。 . . . 本文を読む
コメント (4)

5月16日(日) 美女平

2010-05-16 21:41:53 | 山登り
そろそろ、美女平の遊歩道が散策できるかなと、行って来た。 いつものように材木坂を登る。 途中の鉄塔から発電所を見下ろす。 新緑が美しい。 いつもと違う登山靴を履いてきたら、岩のショックを強くひろい、足が疲れやすそうだ。 美女平へ到着。 この標識がどこにあるか見たことがある人は少ない、かも?。 美女平の遊歩道へおりる。 谷の底に雪がたまっているが、道は乾いていて快適。 途中にあった . . . 本文を読む
コメント

5月15日(土) 称名は積雪

2010-05-15 20:41:45 | 山登り
今日は夕方に仕事があって、昼過ぎには家に帰りたい。 称名ゲートが開く7時には行きたかったのが、霜がおりると注意報が出ていたので、 道路が凍っていてスピンでもしたら危険だからと、2時間遅れの9時に到着。 称名の壁は、上半分が雪で真っ白になっていた。 いつものように、大日登山道を上りはじめる。 10分ほど行くと、動物が下りてきた足跡に遭遇した。 熊だ。 じじの足と比べてみる。 どれくら . . . 本文を読む
コメント

5月10日(月) 尖山、夏椿峠の入り口

2010-05-10 20:23:30 | 山登り
登山初心者さんという方から、夏椿峠の入口の質問をいただきました。 尖山は、タイヤマンのおやじさんが標識を取り付けていますので、わかりやすいです。 夏椿峠の登山道は、下の地図の赤い道になります。 アルペン村の方からくると杉林を左折する三叉路(横江の集落からくると 杉林を右折する三叉路)から200メートルくらいまっすぐに進むと、 「山に突き当たり」、道路が右に曲がって、駐車場に向かいますね。 . . . 本文を読む
コメント (2)

5月9に日(日) 奥飛騨、日帰り温泉

2010-05-09 21:32:16 | 山登り
今年初めての奥飛騨。 新穂高ロープウェイの下見へ行き、道順や駐車場の様子を確認した。 その帰りに、付近の日帰り温泉に入った。 まずは、新穂高温泉郷にある足洗いの湯。 すぐとなりに、蒸気があがる源泉があり、湯量は豊富で温度は高め。 お客さんはひとり。じじも足を浸してみた。 気落ち良い。 料金は無料。 次に、あの有名な、新穂高の湯へ行った。 谷の底にあって、男女混浴(女性は水着着用)、上 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

5月8日(土) 尖山夏椿峠、称名坂、八郎坂

2010-05-08 18:39:10 | 山登り
天気の良い土曜日。 尖山の夏椿峠は通れるかな?と、聞いてみようと思っていたところ、 何日か前にタイヤマンのおやじさんが夏椿峠を歩いたとあった。 実は昨年の秋に行くつもりが、大日で足首をひねってしまい、痛くて登れなかった。 6ヶ月過ぎた今になって、初めて登るのだ。 入り口には、おやじさん特製の標識があってわかりやすい。 初めてだけど、道がはっきりしていて迷うことはない。 昨日は雨だったが、 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

5月6日(木) 上海万博記念ハローキティ記念切手

2010-05-06 20:37:18 | 山登り
リフレッシュした連休明け。朝から暑い一日だった。 毎日、片道2キロを歩いて通勤しているんだけど、 雨風も大変だけど、夏の直射日光が一番こたえる。 会社の昼休みに、コンビニで自動車税を支払った。 いろいろ出費が重なる4月5月なんだけど、トリは自動車税。やれやれという感じ。 今回は、エコカー割引で、2万円だったので、ちょっぴり嬉しかった。 そのあと、郵便局で今日発売の記念切手を買った。 80円× . . . 本文を読む
コメント

5月5日(水) 称名の雪渓は縮小

2010-05-05 21:24:45 | 山登り
今朝から体調が悪く、朝ご飯がまずくて元気が出ない。 それでも、称名の大日登山道の様子を見に行った。 称名の駐車場で着替えてから、大日登山口までヨタヨタと歩いていたら、 モデルのような美女が追い越して行った。 本能的にお顔を拝見したら、美人の外人さんでした。 大日登山口に入ると、5日前よりもずいぶん雪解けが進み、 少しの雪渓を超えると、夏道が顔を出していた。 猿が馬場の雪もずいぶん減ってい . . . 本文を読む
コメント

5月1日(土) 称名大日坂、猿が馬場

2010-05-01 21:30:12 | 山登り
称名道路が昨日開通したというので、様子を見に行った。 日差しが暖かだけど、今年特有の風があって肌寒い。 今年は雪が多かったので、道路がかなり埋まっているかと思ったら、そうでもない。 これから登る大日岳登山口。 いつものように大日平山荘のマスターの車がある。 マスターは昨日から山荘に行って、10日間ほど小屋開けの準備をされているらしい。 登山口を登ると、いきなりの雪渓。 時刻は10時 . . . 本文を読む
コメント