称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2018/08/30(木)~31(金) 北海道(4) 知床岬→秘湯→酋長の家

2018-08-31 23:55:55 | 山登り
(北海道(3)へ戻る)【第5日目 (8月30日)】続き30日の宿は、民宿しれとこペケレさんです。お風呂に入ってから夕食。昨夜の羅臼が寒かったので、ウトロもそうかなと温かくして寝ましたが、意外と暖かだった。【第6日目 (8月31日)】朝ご飯。他に生卵もついてきました。チェックアウトの時に宿の主人と話がはずんだ。「これから遊覧船に乗る」というと「車は停めておいていいよ」。「割引券持っているか?」と聞か . . . 本文を読む
コメント

2018/08/29(水)~30(木) 北海道(3) ホエールウオッチング→カムイワッカ湯の滝

2018-08-30 16:25:10 | 山登り
(北海道(2)へ戻る)【第4日目 (8月29日)】続き今夜の宿泊先は、らうす第一ホテルさんです。周辺の民宿と同じくらいのお値段のスタンダードコースにしました。夕食は氷見の民宿並みの料理をいただけました。さらに、シカ肉のシチューが運ばれてきました。美味しかったです。お風呂は乳白色の掛け流しの温泉で、露天風呂もありました。しっかり布団にくるまって寝ましたが、冷え込みがきつくて明け方に目がさめた。エアコ . . . 本文を読む
コメント

2018/08/28(火)~29(水) 北海道(2) 屈斜路→摩周湖→羅臼の秘湯

2018-08-29 16:12:29 | 山登り
(北海道(1)へ戻る)【第3日目 (8月28日)】続き屈斜路湖の近くにあるホテル、パークウエイさんは温泉が充実しています。源泉掛け流しの内風呂。カメラのレンズが曇りました。内風呂から続く露天風呂。ここも掛け流し。それらとは別に、情緒あふれる露天風呂があります。もちろん掛け流し。入り口は、けっこうオープンな感じがする。真ん中を岩で仕切った湯船の、入口側は女性用、奥側は男性用です。じじが行ったときは、 . . . 本文を読む
コメント

2018/08/26(日)~28(火) 北海道(1) 富山→大雪山→阿寒湖→屈斜路湖

2018-08-28 23:59:59 | 山登り
(北海道へ行こう、へ戻る)半年前から準備をしてきた北海道ひとり旅の記録です。【第1日目 (8月26日)】富山から新潟港へ行き、新日本海フェリーで北海道小樽市へ向かいます。 午前3時、自宅を出発。「気をつけて楽しんできてください」と、嫁はんがおにぎりを持たせてくた。深夜なのに蒸し暑くて、半袖に短パン。フェリーの出港まで十分に時間があるので、新潟に住んでいた40年前を思い出して下道を走ることにした。 . . . 本文を読む
コメント (2)

2018/08/25(土) 北海道へ行こう

2018-08-25 14:28:17 | 山登り
北海道へ行く支度をしています。目的は「目の手術後のリハビリ」ということで。(オイオイ!)新潟からフェリーに車を乗せて、北海道の北半分を走ります。車を持って行くと、荷物が多くてもかまわないのでとても便利です。クツにしても、履いていくズックのほかに、長靴と登山靴も持って行きます。着る物は、下着・半袖・長袖・フリース・雨合羽を、押し入れ用の衣類ケースに詰めて、そのまま車に乗せます。今回の目玉は、ホエール . . . 本文を読む
コメント (6)

2015/08/23(木) 浄土山、敗退

2018-08-23 16:42:26 | 山登り
天気予報は、台風が迫っていて猛烈な暑さになると言っている。今日は嫁はんがお休み。山に登って涼みたいという。5日前に登ったばかりだけど、浄土山から竜王岳にいって涼んでこよう、ということになった。06:50 立山駅でケーブルカーを待つ。フェーン現象で暑いくらいに気温があがり、けっこう半袖の人がおられた。今日はお行儀の良いお客さんばかりで、きれいに列を作っていました。高原バスが天狗平を過ぎたころから、外 . . . 本文を読む
コメント (2)

2018/08/22(水) 暑くて・・・リュックを洗う

2018-08-22 16:25:45 | 山登り
台風が近づいている。今朝の富山市は熱風が吹いて、夜明け前からとても暑い。最低気温は29.1℃。最高気温は39.5℃。ちょっと山に行きたかったのですが、あまりの暑さで車で走る気になれなかった。ちょうどいいや、リュックでも洗おう。じじと嫁はんのリュック4つをベランダに干したら、2時間でカラカラに乾いた。そのベランダで、ちっちゃな植木鉢にミニヒマワリを育てています。あまり暑くならない東向きのベランダなの . . . 本文を読む
コメント

2018/08/21(火) 水回りのDIY

2018-08-21 17:43:00 | 趣味
夏の高校野球で、3回戦で高岡商業をやぶって勝ち進んだ大阪桐蔭が優勝した。今思えば、あの試合が事実上の優勝戦だったに違いない。今週になってから、水回りのDIYをやっています。【1つ目】実家の母から電話で、蛇口の水がとまらないとSOS。蛇口の中にある「こまパッキン」を交換するだけの簡単な作業。父が生きているときは、父がやっていました。「こまパッキン」は1個100円くらいで売っています。工具を持って実家 . . . 本文を読む
コメント

2018/08/18(土)その2 立山縦走、時計回り

2018-08-18 20:08:37 | 山登り
嫁はんのリクエストで、立山縦走に出かけた。04:00 自宅を出発。04:50 立山駅の切符売り場に並んだ。寒くてフリースを着た。発売が始まった5時10分には、300人くらいが並んでいた。2つめの6時10分のケーブルカーで美女平へ行って、バスに乗り換える。いつもは最前列を狙うのだが、今日は最後列に座ってみた。これが大正解で、景色が良く見えた。次からは、最後列に座ることにしよう。07:10 室堂バスタ . . . 本文を読む
コメント (8)

2018/08/18(土) 再放送決定「北アルプスドローン大縦走」

2018-08-18 03:04:10 | 山登り
NHKで先日放送された「北アルプス ドローン大縦走~剱・立山~」の再放送が決まりました。再放送は、8月19日(日)16:40~17:53です。裏番組は笑点かぁ。。悩むなぁ。。 . . . 本文を読む
コメント

2018/08/17(金) 大日平で生ビール割引中!

2018-08-17 15:35:09 | 山登り
左目の手術から45日が過ぎました。今日は手術をした大病院で再診でした。眼圧は10。(喜)緑内障の目薬をささないで、10です。正常範囲のいちばん下まで下がりました。診察の後で抜糸をしてもらったら、目の違和感がなくなりました。眼科さんには、目のチェックシートがおいてあります。将棋盤のような四角い格子模様を印刷してあるシートです。使い方は、片目づつ中心にある白丸を見ます。(スマフォであれば目から30セン . . . 本文を読む
コメント

2018/08/14(火) 「かたぬき」を売っていました

2018-08-14 18:10:15 | 山登り
お祭りの屋台でやっていた「かたぬき」。【解説】かたぬき(型抜き)とは、板状の菓子に描かれた動物や星、桜などの型を、針や爪楊枝などを使い、くり抜く縁日の遊戯である。型を割らず上手にくり抜くことができれば、景品がもらえる。 なかなかうまく抜けず、すぐに割れてしまう。これ、どこかで売っているのかと思ったら、アマゾンなどネット通販にありました。100枚で1000円ほどで、簡単なのと、難しいのがあります。ク . . . 本文を読む
コメント

2018/08/12(日) ラーメン・ドローン大縦走・瀬戸蔵山

2018-08-12 22:56:47 | 山登り
この週末は墓参りなどで、忙しく過ごしました。8月9日(木)。富山市図書館へ行き、夏休みの受験勉強をする高校生に混じって、科学雑誌と将棋雑誌を読んた。将棋なんて分からないのに、何を読んだかといえば、高校生天才棋士の藤井聡太の特集です。富公へ行きお昼ご飯。チャーシュー麺の大盛り(750円)。腰のある太麺、肉、メンマ、ネギ、というシンプルな構成で、実に美味しい!。でも、じじには肉の量が多すぎてお腹がもた . . . 本文を読む
コメント (4)

2018/08/10(金) 尖山、オロロにかまれず。

2018-08-10 16:02:31 | 山登り
空を見るとドンヨリと曇っている。日曜日から山に登っていないので、とにかくどこかに登りたかった。雨が降っても30分で車に戻れるという理由で、尖山に行った。10:30 横江の駐車場を出発。じじの車と、他にもう一台だけです。半ズボンに半袖シャツ。ステッキはなし。オロロが大量発生、という情報はあるのだが、オロロは服の上からでもかむそうなので、長ズボンをはかなかった。暑いし。(笑)立ち止まるとかまれる確率が . . . 本文を読む
コメント (2)

2018/08/08(水) 今週は富山テレビで立山中継

2018-08-08 18:35:20 | 山登り
今週の月曜日から金曜日に、富山テレビで立山から中継をやっています。夕方17時53分からのプライムニュース2部の中です。今日は18時20分頃から5分間ほどの中継でした。今日はスゴ乗越小屋から五色ヶ原でした。午前中は晴れていたようです。今年も日帰りをしたい五色ヶ原山荘。今年は2週間ほど早かったと聞いていますが、まだ咲いている花もあるようです。プロのカメラマンは上手です。見覚えがある木道。明日は室堂へ向 . . . 本文を読む
コメント