称名じじの今日も称名滝から大日岳に通っています

大日岳コースマップは、ブックマークからリンクあります。

2019/07/04 2019北海道(3) 松山湿原、エサヌカ線、宗谷岬、礼文島

2019-07-04 16:56:05 | 山登り


7月3日(水)

羽幌のホテルで朝食を食べてから、松山湿原に登って、オホーツクラインを走って稚内へ向かう。



ビジネスホテルの朝食。
定番の納豆はありません。



これから向かう松山湿原は、ナビの地図にはなく、ネットでもはっきりとした道が分からなかった。
それでだいたいの場所をセットして走った。


ホテルから150キロ走ったところで、すぐわかる大きな案内板があった。



そこで曲がると、さらにナビにはない道を20キロほど走って、目的の松山湿原の駐車場に到着。



お約束の「熊出没注意」。



先客はバイクが1台。人が少ないと、なおさら怖い(笑)。
クマ鈴を2つリュックにつけて出発。

駐車場からの道はよく整備されて、案内板もわかりやすい。




30分ほど登ると松山湿原。
敷かれている木道を一周する。




広い湿原には白い花がたくさん咲いていた。



ワタスゲだ。



どこから水が流れ込むのか、池もある。




お手軽に登れるのに観光地化していない松山湿原だが、大日平のように静かで美しい。

さあ、稚内市へ向かいます。
枝幸町まで山の中を走って、さらにオホーツク海沿いに北上して、合計200キロ走る。
山の中といっても北海道、スピードに気をつけていないと80キロなんて簡単に超えます。

ところどころに牛の放牧。





じじのお気に入りのエサヌカ線を走る。
ガードレールも信号も標識もない直線が、地平線の向こうへ続く。



北のさいはて宗谷岬。
3年連続でやってきた。



稚内市にはいって、どうしても見ておきたいところへ寄った。

北防波堤ドーム。



芸術性さえ感じてしまう防波堤だ。



今夜の宿の稚内市内の民宿にチェックインして、夕食をいただいた。



一品一品がデカくて食いごたえがある。
フライの中身を見て「こんなに大きいホタテがあるんだ?」と、仕事で泊まっている人の話が聞こえる。
さらに刺身がきた。




毛ガニの足もきた。



これ、食べ盛りの若者向けの量でしょう。
じじには多すぎて、お腹いっぱいになって爆睡した。


7月4日(木)

早朝に宿を出て、フェリーで礼文島へ往復して、再び宿に戻ります。



05:00 朝食は食べないで、宿から徒歩でフェリーターミナルへ。

礼文島の往復点を券売機で買った。


5600円

06:20 出港。礼文島まで2時間の航海が始まる。

うたた寝して目が覚めたら島が見えた。
雨はなさそうな空で安心した。



礼文島に上陸。



観光バスで島を一周する観光客や、バスやタクシーで登山口へ向かう登山者がほとんどだが、
じじは2回目で道がわかっていたので、フェリーターミナルから歩いて桃岩展望台へ向かった。

舗装道路を登って、トンネルの前を通り過ぎると・・・



「桃岩展望台近道」の標識がある。



その近道はとても楽ちんな登山道で、尖山や城ヶ平山よりも歩きやすい。



途中の合流点で、バスで上がってきた団体様の後ろに付いてしまった。
追い越したいのをじっと我慢。




桃岩展望台。左端に利尻島が写ってます。



2年前はガスで何も見えなかったが、今日は見晴らしがきいた。



よく整備された遊歩道。



いろいろな花が咲いていた。
名前がわからないので、写真だけ載せます。


















じじは先頭を歩いていたが、後ろからきたカップルにわざわざ道を譲った。



何のために道を譲ったのか?。
写真に人を入れると景色の大きさがよくわかるからだ。


猫じゃらしみたいな花の群生。




アップダウンを繰り返して、最後にきつい坂を登る。



元地灯台に到着。
ここで折り返します。



数日前にはるみんさんが登った利尻岳。
あいにく、山頂は雲が隠して、下は海を隠す濃霧が雲海のように見えた。



童話のようなお花畑を下りる。



時刻はまだ11時。
さらに別のコースを歩く時間は充分あるが、じじの目的は達成したので気分は満足した。
稚内へ帰ることにしてフェリーターミナルへ戻ったら、暑い日差しが出てきた。

フェリーターミナルの向かいにある「花文」(かもん)に美味しいラーメンがある。



醤油ラーメン。アツアツで味の濃いスープ。


750円。

礼文島独自のお土産をさがしたら、この島の漁協で作られた、ほっけの燻製、があった。



帰りのフェリーが稚内に近づいた頃に、空が青くなった。



今夜の夕飯。
写真に撮るとたいしたことはなさそうに見えるが、実物はかなり大きめ。
分厚い牛肉と分厚いホッケは、じじには大きすぎだ。



刺身にはウニが付いていた。



なんとか完食して「今日の夕食は多すぎたよ」と言うと、女将は笑顔で笑っている。
リーズナブルな宿代で、食事は充実しているので、仕事関係の人が多いのも納得がいく。


明日は早朝出発するため、朝食は予約していなかった。
宿の女将さんに聞くと、朝食は6:30からと言うので、頼んでいなかった朝食をお願いした。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2019/07/02(火) 2019北海道(2... | トップ | 2019/07/05(金)北海道(4) ノ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お楽しみですね。 (はるみん。)
2019-07-05 12:34:00
わぁ~霧ないですね。良かったです。

私も桃岩展望近道から展望台に登りました。確かにバスを使うと物足りないと思う。
私はガスガスで全く海は見えなかった。じじさん、リベンジ成功ですね。
ピンクの猫じゃらしの大群生はすばらかったです。

もう利尻&礼文に行くことはないと思い帰宅しましたが、やっぱり行ってみたい。


風があんなに凄いとはビックリでした。
>お楽しみですね。 (称名じじ)
2019-07-05 22:10:57
はるみんさん、こんばんは。

そう、霧がなくて景色がきれいに見えて、とても楽しめました。
礼文島の天気は、ほんとうにくじに当たるようなものだと思います。
でも、はるみんさんのことだから、来年の7月は、きっと礼文島に行っている気がします。

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事