コッツウォルズの空の下 スウェーデン報「まあ、見てね」

イギリスとスウェーデンの日常を画像で送ります。
スウェーデン情報は、かなり過去のログを開いてくださいね。

ラップ

2007-02-28 07:55:07 | グッズ

久々のスウェーデン人のおりこうシリーズ。
ラップの切るところ。。
日本では、この部分だけ、金属のぎざぎざになっています。
分別ゴミの時には、ちょっと面倒なところ。
スウェーデンでは、箱の一部がぎざぎざになっています。
日本でも、あったような。
でも、紙ののこぎりなので、切りにくい。
ちょっと、ちがうのは、ぎざぎざが二重になっていて、しかもそれが、半分ずれていること。
補強と、能力を一挙に高めています。

なのに、いつも引き千切るようになってしまうわたし。
問題は、やっぱり、切り方かぁ?

日本の金属ののこぎりでも、ラップをひきちぎっています。
同情のクリックはこちら

人気blogランキングへ
コメント (2)

ちびっこスキーヤー

2007-02-27 06:21:48 | 生活
ちびっこスキーヤーです。
スキー教室には、かなり小さい子から入れます。
ゲレンデが大きいうえに、人が少ないので、安心してまかせておけるのでしょう。
1週間のスキー教室が終わる頃には、ボーゲンですいすい滑ってくるように成長しています。
転んでも自力で立ちあがれるだけ、わたしより立派です・・・・とほほ。

最近では、家族の中で一番下手なスキーヤーになってしまいました。
股の間に挟んで滑ってやった子供たちが・・・なつかしい。
という事とは関係なく、ぜひ、ここのクリックお願いします。

人気blogランキングへ
コメント

レッドクロス(赤十字)

2007-02-26 10:20:07 | 生活

スウェーデンの中規模以上の町には、レッドクロス(赤十字)の建物があるようです。
ここは、各種ボランティアの基地のようになっています。
例えば、戦争トラウマの人のカウンセリングなどをしてくれたり、寄付した品物のリサイクルなども行っています。
この画像は、ルンドのレッドクロス。
わたしはここで、毎週1回、ボランティアの先生にスウェーデン語会話を習っています。
日本もボランティアの基地が気軽なところにあると参加しやすいと思うのだけど。

こちらをクリックしてくださるとレンキング順位があがります。よろしく

人気blogランキングへ
コメント

ZOEGA(コーヒー)

2007-02-25 15:44:20 | 食べ物

ストックホルムにもあるのでしょうか
このあたりでは、もっとも一般的なコーヒーです。
いろいろ種類がありますが、やっぱり緑のスコーネローストでしょう。
いえ、ただ、名前が気に入ってるだけですが。
500グラムひとパック定価は40クローナちかくするようです。
セールで、20クローナをきると、とりあえず、買い置きしておこうと思います。
このあいだ5パック100クローナで、飛びついて買ってしまいました。
買ったは、いいけど置き場所に困りました。

味は、不思議な事にスウェーデンではおいしいと思いましたが、
日本では、ちょっと違う気が・・・
という事と関係なくクリックお願いします。40位ぐらいにいます。

人気blogランキングへ
コメント

ラーソン人形(姉妹)

2007-02-24 08:18:46 | エッセイ
またまた、時間調整エッセイ。
でも、ラーソン人形は姉妹でしまい(さむっ!!)です。


ラーソン人形似の娘のおふろ(ウェッブ名)の6歳話、第三弾。
彼女が6歳の時の保育園ノートからです。


先日、娘とけんかになりました。
けっこう一人前の目でにらむので、母の面子にかけても負けてはおれんと、思いっきり怖い顔をしてにらみあい。
夫の援護を受けて彼のひざにもぐりこんだ娘が
心からの叫び声で、私に向かって

「ごりら~~~~」

と叫んだ時には、思わず大笑いしてしまいました。

ごりらはないだろチンパンジーと心の中で思いました。

って、6歳児とマジにけんかをしている私っていったい・・・
あの頃は、わたしも、コドモだったのね・・・

今はすっかりオトナになった私に、愛のクリックを

人気blogランキングへ
コメント (4)

ブックリア

2007-02-23 17:39:36 | 行事

一年に1度の、本の大安売り「ブックリア」が、始まりました。
スウェーデンでは、国民の数が少ないので、日本のように発行部数を多くする事ができません。
どうしても本の単価が高くなってしまいます。
そのため、「ブックリア」にかける情熱には、すごいものがあります。
パンフレットを見て、事前に予約しておくこともできます。
初日は、夜中の12時に、開店するのですが、その時間にもかかわらず、殺到。
なにしろ、安ければ半額以下になるのですから、見逃せません。


でもスウェーデン語の本だから興味ないわと言う人もクリックよろしく

人気blogランキングへ
コメント

終業式

2007-02-22 07:07:42 | 学校

喜怒哀楽関連画像です。
シュタイナースクールの終業式です。
二年生のクラス。
円の内側左側にすわっている髪の長い女性が担任。
休みの間の注意事項について少し話すと、ひとりつづ名前を呼んで、抱きしめた後
封筒をくれます。
上級生になると、それには、学習内容や成果、努力すべき点などが、ひとりひとりに手紙のように書かれています。それが、いわゆる成績票でしょうか。
でも、二年生には、
「あなたと一緒で、楽しかったわ。良い夏休みを」
などと言う一言が、手作りの便箋に書かれていました。
この日は、学期中の作品を束にしてくれるので、多くの親が迎えに来ています。


こんな終業式いいなぁと思った方は、クリックよろしく

人気blogランキングへ
コメント

入学式のアーチ

2007-02-21 20:30:40 | 学校

喜怒哀楽関連画像です。
シュタイナースクールの入学式。
新入生だけは、胸に上級生手作りのブローチをつけています。
この先輩達の作ったトンネルを抜けるとそこは、一年生の教室の入り口です。
ただそれだけのことなのですが、わたしには、日本式の堅苦しい入学式よりずっと素敵に見えました。

少なくとも、ここでは、主役は新入生です。


こんな入学式いいなぁと思った方は、クリックよろしく

人気blogランキングへ
コメント

ラーソン人形(夏至)

2007-02-20 08:29:24 | エッセイ
まだまだ続くエッセイの日々。
6歳の娘の記憶、第二段。


今日、(保育園に)お迎えに行くと、「はないちもんめ」をしていました。
帰り道で、
おふろ「あー楽しかった」
私「おふろちゃんは、誰が欲しいって言わなかったの?」
お「うん。おふろは、あーちゃんがよかったんだけど、もう他の子があーちゃんっていったから黙っていたの」
私「ふーん」
お「何で、あーちゃんがいいか教えてあげようか」
私「うん」
お「だって、必ずパーだすんだもん」

6歳の先読み、あなどれない!!

まだしばらく続きます。日付調整エッセイ。
ごめんね。ま、いいやという人は、クリックよろしく

人気blogランキングへ


コメント

ラーソン人形

2007-02-19 16:20:52 | エッセイ

スウェーデンコーナーにある人形のひとつ。
カールラーソン(スウェーデン読みだとラーション)という有名な画家の絵の雰囲気をもっているので、通称こう呼ばれています。
表情が気に入って,いくつも買ってきました。
大きさは20センチぐらい。

実は、娘の「おふろ(ネットネーム)」にちょっと似ています。
そのおふろの保育園時代(6歳)の連絡ノートが昨日でてきました。
今、見ると笑える。
例えば、

「お風呂に入るとき、おふろを見たら、幼児から少女体型に変わってきていました。思わず『おふろちゃん、お腹がすっきりしてきたね』というとすかさず帰ってきたお言葉。『お母さん、仲間がいなくなっちゃったね』」

こういうの、せんだんは双葉より芳しっていうのだろうか、三つ子の魂百までもっていうんだろうか。
生意気さはこの頃からだったのね・・・と再認識です。


この失礼な娘を、他の人にも紹介しようかなという人は
クリックお願いします。

人気blogランキングへ
コメント (2)