イーダイブ スペシャルトリップ報告☆

ediveオペレートのインドネシア・コモドクルーズ、インド領アンダマン諸島クルーズのSPクルーズ報告!

東カリマンタンクルーズ 2018

2018-07-28 | 2018/7 カカバン、マラトゥア、サンガラキ


昨年大好評だった東カリマンタンクルーズ
今年も満員御礼!19名のゲストとShoji & Kyo で行ってきました。
昨年8月の時の同クルーズではこのコンビでトラブル続出の思いで深いツアーでしたが。。。
今年はどうだったんでしょうかね~とゆうことでクルーズレポをお届けします。


7月13日 Day1
今回は完璧な点呼により全員無事にベラウ空港に集結


この後名物のオフロードラリー 2時間を経て港に無事に到着。
乗船してランチを食べ終わってからチェックダイブで1本潜りました。


まずはチーム紹介から~

安全第一のんびり&まったりのチーム モーゼス


とにかく泳ぐぜ!大物大好き!ワイドチーム グン


小物探し大好き!マクロハンターチーム エメ


小さいものは見えませんから。。。ほぼワイドチーム レイ




Dive1 Karang Buliulin(SAMAMA)
透明度7~8m、水温28度、流れ無し

水深15m前後の砂地に根が点在した穏やかなポイントであまり記憶に無い。。。
ニシキフウライウオのペアーを見たチームもいたみたいだけど



この日は長旅の移動疲れと明日の早朝ダイブに備えて早めのご就寝


7月14日 Day2

Dive2 Bagang Roulette(TALISAYANG)
透明度7~8m、水温29度、流れ無し

このクルーズツアーのメインの1つ ジンベイダイブ
バガンと呼ばれる沖合いに浮かぶ魚釣りのステーションで撒き餌をしてもらいジンベイをおびき寄せる。
2チームずつが2ヶ所のバガンに分かれてジンベイ目指してエントリー。




早速現れたのは体長6mほどのジンベイザメ



コバンザメを従えて悠々と泳ぎ回る姿は餌付けされてると思えないほど自然な感じだ





アジの群れを引き連れて大接近してくるジンベイザメに大興奮!










撒き餌の催促をしに行くのか水面へと近づいていくジンベイザメ







もう1匹も近づいてきて大きな口をあけて立ち泳ぎをし始めた






Dive3 The Two Towers(MALALUNGAN)
透明度5~6m、水温29度、流れ無し

Dive4 The Two Towers(MALALUNGAN)
透明度5~6m、水温29度、流れ無し

2本目、3本目はエントリーする場所をずらして同じポイントでマクロダイブ。

2本目のブリーフィングで紹介したが見ることの出来なかったやつを水面休息中に
クルーズディレクターのクリスが探してきてマーキング

そこにいたのは。。。


オオモンカエルアンコウの子供。両手を広げて踏ん張ってる感じでめっちゃ可愛い~


そしてそのすぐそばにいた


バキバンティピグミーシーホース


他にもアカククリの幼魚や


チョウチョウコショウダイの幼魚や


ハナヒゲウツボの幼魚や


エビやカニなどの甲殻類たち これはイソギンチャクエビ


イボイソバナガニ


オラウータンクラブ


ピンクスクワットロブスター


ナデシコカクレエビ


モンハナシャコ



ウミウシいっぱい










と、なかなかの充実振りだった


Dive5 (SAMAMA)
透明度8~10m、水温28度、流れ弱

この日最後のダイビングはナイトダイブだったんだけど体調崩してパスしたので
詳しくはわからないけど、面白かったらしい



7月15日 Day3

Dive6 Tanjung Gorango(KAKABAN)
透明度15~18m、水温28度、流れ中

ドロップオフをドリフトで流し、後半はハードコーラルが綺麗な浅場のリーフへ
水深20m前後にはアケボノハゼやアオマスク、スミレナガハナダイなどが見られた

中層では場所によっている魚たちが変わってくる。
ウメイロモドキの群れやムレハタタテダイの群れ、そしてギンガメアジの群れが現れた






普段あまり中層を泳いでる姿を見ることが無い臆病なホワイトチップもここでは悠然とと泳いで近づいてきた




枝珊瑚の群生にスズメダイやハナダイが乱舞する




テーブル珊瑚の下にはホワイトチップの子供が





Dive7 Small Fish country(MALATUA)
透明度7~8m、水温29度、流れ少し

本当はバラクーダの大群が見られるポイントに行きたかったのだが、上げ潮時以外では見られる確立が
低いとゆうことで手前のポイントでエントリーしたんだけど、その先まで流したチームは見れたらしい。。。

中層を泳いでたマダラトビエイのカップル


沖縄で見られるハナゴイにそっくりなパープルビューティーの群れが乱舞してた浅場のリーフ


昔はタイのトゥリンラリーフもこんな感じだったな~ニセフウライチョウチョウウオの群れ



Dive8 Big Fish country(MALATUA)
透明度18~20m、水温29度、流れ強い

いよいよこのクルーズの1番の見所であるバラクーダの大群を狙いに!




バラクーダの大群が集まるチャネル入り口の手前にいつもたむろしてるアカククリの群れ


チャネル入り口でカレントフックをかけてバラクーダが近づいてくるのを待つ


あれ?1人フライングしてませんか~



そして、来たーーーーーーーー!!!!








他にもイトヒキアジの成魚やカンムリブダイ、ピックハンドルバラクーダの群れやカスミアジの群れ
ホホスジタルミの群れやカスミチョウチョウウオの群れ、コガネスズメダイの群れ、モンツキハギの群れなど
まさにここはBig Fish Country!


Dive9 Blue Lagoon(MALATUA)
透明度10~15m、水温29度、流れ少し

昨日と同様に最後はナイトダイブ。体長復活したので行ってきました~
穏やかな入り江の砂地で多様な生物たちに出逢えましたよ

フシウデサンゴモエビの仲間 オリビアシュリンプ


よくわからないカニの仲間たち






英名だとこのての仲間はすべてデコレイトクラブってゆうらしい


お休み中のナンヨウブダイのオス




トサカに擬態してるイソコンペイトウガニ


ナイトだとわりと撮りやすいコモチコシオリエビ


ヒメコウイカ。。。かな?


交接中のゾウゲイロウミウシ


何度見ても楽しいボブテイルスクイドの砂潜りシーン








7月16日 Day4

Dive10 Big Fish Country(MALATUA)
透明度15~18m、水温28度、流れ中

昨日のバラクーダはあまり近くで見れなかったチームもあり、やや不完全燃焼気味だった
とゆうわけで、生真面目で頑固なクリスにリベンジをお願いしてポイント変更~


昨日よりも流れも穏やかで朝早い時間とゆうこともあったのかグレイリーフシャークが
かなりそばまで近づいてきてみることが出来た







さらにこんなレアなやつまで。。。ハタの王様!タマカイ


一説ではサメをまる飲みするらしい



そしているいる、いつものようにチャネル入り口の番人アカククリノ群れ


そして今回はチャネル入り口やチャネルの中など数箇所で大きな群れを
全チームが見ることが出来た~











Dive11 Turtle Parade(MALATUA)
透明度18~20m、水温28度、流れ中

その名の通り亀の多いポイントでした。。。





Dive12 Paradise Reef(MALATUA)
透明度18~20m、水温28度、流れ中
ここは。。。パラダイスとゆうよりはデッドコーラルリーフとゆう感じでした


Dive13 (SAMAMA)
透明度10m、水温28度、流れ強い

2日目にナイトをしたのと同じポイント。
その時は母船からポイントまでがめちゃめちゃ遠くて、おまけに風が強くて
揺れるディンギーに乗り続けて皆さんぐったりでしたが。。。
今日は島に母船を近づけたから大丈夫!と、クリス

が、しかし。。。

エントリーすると激流でダイビングどこではなかったらしく皆さん早々に引き上げてきた



7月17日 Day5

Dive14 Tanjung Gorango(KAKABAN)
透明度15~18m、水温28度、流れ中


朝食後にはこのクルーズで初めての上陸!カカバン島のジェリーフィッシュレイクへ


島へと続く桟橋、なんかちょっとリゾートっぽくていい感じ~


とりあえず記念写真


島の大切な電力源


桟橋を渡って島の入り口へ


ジャングルの中を10分ほど歩いて出たその先には・・・


ここカカバンにしか生息していないクラゲの仲間が


毒が無いので触っても大丈夫


桟橋から少し離れると・・・めっちゃいた





滞在時間が思ったよりも短めだったので、予定を変更して昼食前にもう1本潜ることにした
Dive15 Manyeran Dinding(KAKABAN)
透明度18~20m、水温28度、流れ中




ニタリ狙いで入ったポイントは去年もここで見たのだが。。。
Dive16 Plateau(KAKABAN)
透明度18~20m、水温28度、流れ中

ドロップ沿いに群生してるイソバナとウミウチワが綺麗。
水深20m前後にはアケボノハゼ、アオマスク、フチドリハナダイ
ドロップ沿いのオーバーハングした砂地にはニチリンダテハゼやオドリハゼなど
ワイドもマクロも両方楽しめるポイントです。

水深15mの海うちわについていたデニスピグミーシーホース





この日のダイビングは日中に4本で終了
早く母船に戻ってビールで乾杯~って思ってたらディンギーは母船とは別の方向に。。。


クリスが何かを探してるその先にいたのは・・・


バンドウイルカ~


しかも群れでおるや~ん




イルカの群れだと思ってたらなんと!オキゴンドウの群れも混じってた





去年はジュゴン、そして今年はイルカ&オキゴンドウの群れ 最高!!!



いよいよダイビング最終日
この日はマンタ狙いで同じポイントで2本
7月18日 Day6

Dive16 Manta Parade(SANGARAKI)
透明度15~17m、水温28度、流れ弱

Dive17 Manta Parade(SANGARAKI)
透明度15~17m、水温28度、流れ弱



残念ながらマンタには遭うことが出来なかったけど、流れも無くのんびりと楽しみましたよ~




今回のツアーで2回目の上陸はウミガメの産卵地として有名なサンガラキ島へ

潮が引いててディンギーがこれ以上いけないのでここからは歩いて島へ


めちゃめちゃ遠いよーーーーーーー


誰だよ濡れないって言ったやつは~


しかしめちゃめちゃ綺麗です


ようやくビーチに到着




砂紋が作り出す自然のアート


とりあえず


水槽の中にはウミガメの子供たちがいっぱい


ビーチに降ろしてあげると、やはり海の方に向かっていく(後で水槽に戻しました)







ラストディナーは恒例のBBQ


今夜はJちゃんのお誕生日! おめでとう!


今回のクルーズで記念ダイブを迎えたHさん、おめでとう~




今回お世話になったホワイトマンタ号のガイド陣

マクロが得意のMr.EME


若いけど結構良いガイドをしてくれたMr.REY


親切で笑顔が可愛いMr.MOSES


レイと同じ長いフィンでガンガン泳ぐMr.GUN


今回はガイドはしなかったけど色々とヘルプしてくれた Mr.ANTO


そしてクルーズディレクターの Mr.CHRIS


このクルーズ報告でもたくさん画像を使わせてもらったビデオグラファーの Mr.PJ




今回は大きなトラブルも無く無事にクルーズを終えることが出来ました。
ジンベイにバラクーダの群れ、ゴンドウクジラにも遭うことが出来
とてもHAPPYなクルーズでした!

参加していただいたゲストの皆様、ホワイトマンタ号のスタッフたち
ありがとうございました。

Thank You & See You Again !


最後は全員で



今回のツアーのルートMAPです(まっつぁん提供)
https://drive.google.com/open?id=1supOy-fLpWgijgDZu-Wqeh7lDIuH_Tka&usp=sharing
















コメント

2018.3.10-18 ラジャアンパット~後半~

2018-05-16 | ラジャアンパット
スラマパギー
ここからはいよいよ後半~

そして、なんだか話題はこの2人って似てるよね?!ってことに~

ということで、やってもらいましたぁ~






髪型も体系もそっくりなお2人


ほんま、最高でしたぁ~

ありがとうございましたぁ~


Day5
そんな今日は

マーメイドのガイドのケトゥの誕生日~
ケトゥ、おめでとう~

Dive1:MongroveRidge/透明度25m
Dive2:MantaRidge/透明度20m
Dive3:Sawande Reck/透明度20m
Dive4:   ”

今日もお天気、最高~
1本目は人気のマングローブポイントへ~

こんな根っこのところで潜ることなんてないので、新鮮~




汽水域で見られるテッポウウオ
水面にうつって、Wテッポウウウオ~


木の根っこのところには、ホソスジマンジュウイシモチ



裏側はサンゴもきれいなのです~

サンゴ畑には、マンジュウイシモチ
そうなんです^^ 一つのポイントで2種類のマンジュウさんが見れちゃいます~~~~

マクロも最強

カニハゼちゃ~~~ん

ピカチューこと、ツノザヤウミウシは何固体か・・

スプレンテッドさんもうろうろ

フィラメンテッドフラッシャーラスも背ビレ、開いてくれて、きれ~~~~


そして、えみさ~~ん 600本おめでとうございます
4年前にラジャで初ファンを迎え、ここまで~^^ 
さすがでっす

2本目はマンタ様登場~~~




ブラックマンタがクリーニングにず~っとぐるぐるしてくれていましたぁ~






3、4本目は桟橋下のポイントで~
ここでも、マクロ発揮

バーチークダムゼルの幼魚がいろんなところに~

ポントヒーピグミーちゃんは、ペアで
ほかにも、ペアのは何組かいて、ちょうど求愛中のようでしたぁ

ラブラブ

青いホヤの上にいい感じです~

そして、嬉しかったのが・・・ブルーリングオクトパス~ キャキャ


サンゴの上にカイカムリ~


イソバナについたイカの赤ちゃんも激かわでしたぁ~

そして、4本目には、なんと

もりさんが2000本を迎えました~~~
おめでとうございます~~~~

3本目と4本目の間には島に上陸~

まさかのっ
島で結婚式が行われていましたぁ~
img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6a/f0/96f8b3c3af2210af3b40ea53ff688614.jpg" border="0">
きゃ~~~
こんなおめでたいところを見れるなんて~~~
私の婚期も近づいてる?! なんちって


きれいな服着てるこどもたちも~
^^

夜はケトゥの誕生日のお祝い~


ケトゥ、おめでとう~~~ そして、いつもありがとう~

Day6


お祝いは続きますよ~

今日はともこさんのお誕生日~
おめでとうございます~

Dive1:ThePassage/透明度15m
Dive2:Mioskon /透明度20m
Dive3:BlueMagic /透明度15m
Dive4:Sapokreng 

今日もお天気最高~~~
楽しんでいきましょう~

1本目はなかなかマーメイドの船でもいくことの少ないマングローブポイント
ただ、流れが早かったので、ドリフトはせず、穏やかなところでのんびりと~



浅場にオレンジ色やカラフルなソフトコーラルがびっしり~

そして、水面を見ると、木が生い茂ってるのがみえます~~~


2本目のポイントへ~
なんだか、去年までの印象よりUP↑UP↑↑
楽しい~~~
流れも緩やかだったので、のんびりお魚ウォッチング~


ヨスジフエダイの群れもいい感じに~




最近話題?! 背ひれがCUTEなリボンリーフゴビーちゃん
かわいい~

ミカヅキコモンエビは本当にきれい~


ラジャの海の固有種の代表といえるくらいの人気者のスプレンテッドドティバッグ

パイプカイメンの中を出たり、入ったり、遊んでおりまっす


3本目は流れてた~
そして、マンタさんも登場~

さすが、オーシャニックマンタ でかいっ 迫力~


ホウセキキントキ~
ピンジャロさんと間違えやすいよねぇ~








チェッカードドティーバッグ 
なかなか臆病だけど、めちゃくちゃ色きれい~

さらに、そのチェッカードさんのメス~

4本目のナイトダイブはマクロ天国
いろんなマクロ生物がどんどん登場で忙しい~笑



LongspineWaspfishやBandtailWaspfishのツマゾロオコゼ、みたいなのももいっぱい~ いろんな大きさがいましたぁ~

みんな大好きなイロカエルアンコウのオレンジ~

さらに横には、おチビのカエルアンコウも~
ここは、パラダイスだなぁ~

いきなり目の前に登場
スポットテイルカエルアンコウ 嬉しいなぁ

サラサハタの幼魚 幼魚のときは色もきれいなんだな

このポイントでちらちら見かける、ココナッツオクトパス
ココナッツに隠れてないと、ただにタコでありまっす

甲イカのおチビさんは、威嚇ムンムン


みんな大はしゃぎだったのは、ツノカサゴこと、アンボンスコーピオンフィッシュ かっこいい~

そして、夜はともこさんのお誕生日パーティ


ラブラブなケーキ入刀

ともこさん、ラジャで迎えるバースディは幸せですねぇ~
本当におめでとうございます~


笑 あれれ~?! かずえさんは大変なことに・・・


Day7
いよいよラストデイ~

最後まで楽しいもう~~

Dive1:CapeKri/透明度20m
Dive2:BlueMagic/透明度20m



そして、ここのポイントの目玉

イエローリボンスイートリップスは今日もいい感じに群れてくれていましたぁ~

この整列っぷりは、ほんとに最高です

ピンジャロさんの群れや、ヒメフエダイも群れていましたぁ~




ピックハンドルバラクーダも登場~



ギンガメアジの群れも~

ほんと、安定の魚影の濃さ すばらしい~


浅場ではカンムルブダイがむしゃむしゃご飯中でしたぁ~

モブラもスイ~スイ~っと登場してくれましたぁ



クルーズ中におめでたかった方々~

ともこさ~ん、ハッピーバースディ
お祝いできて、嬉しかったです~~~~~


ゆみちゃん、500本

ブチョー、500本

えみさん、600本



もりさんはなんと2000本

みなさん、おめでとうございましたぁ~~



みなさま、今年もご参加ありがとうございましたぁ~
毎年この3月に来て下さるゲストも多く、同窓会のような雰囲気で和気あいあい^^
初ラジャのゲストの方にも楽しんでいただき、盛り上がったクルーズとなりました~

本当にありがとうございましたぁ~
ラジャの海は最高でっす

写真提供:たっきーさん、おやびん、みほさん、KYO
スペシャルサンクスでしたぁ~
水温:28~30度

また、お会いできる日まで~~~          エビでした^^
コメント

2018.3.10-18 ラジャアンパット~前半~

2018-05-15 | ラジャアンパット
スラマパギー

3月も行ってきましたぁぁ
秘境の海、ラジャアンパット

今回はお天気にも恵まれ、海況にも恵まれ、最高

ここのサンゴの多さには毎回びっくりさせられますねぇ~
たくさんの生命力、エネルギーを感じる海で、本当に感動させられます~~

17名のゲストとKYO・EBI
17名のゲストのうちのほとんどの方がラジャアンパットのリピーターさんということで、
初日から、わきあいあいあと盛り上がってきましたぁ~



到着日から、EBIの誕生日ということで、お祝いしていただき、
ありがとうございます~~~

さてさて、チーム発表で~~す

「やぁぁ=====」 気合いは誰にもまけませ~~~ん

中層プカプカチーム よく泳ぎましたね~

われら、タマンの術チーム
タマンを繰り返すと何になるでしょうか??

もちろんワイド でも、ピグミーも見ちゃうよ~


Day1

今回はラジャアンパットの南エリアのミソールから
ドロップオフやアーチや穴といった地形が多く、
そこに色とりどりのウミウチワやイソバナ、ブラックコーラル、カイメン、ヤギ、ガヤ
などなどが、びっしりと~~~
ほんとにカラフルな森なんです~~



楽しいダイビングの始まり始まり~
Dive1:WhaleRock
Dive2:NudiRock/BatuKecil
Dive3:YillietKecil
Dive4:RomeoRock
 透明度10-20m






タイマイも登場~
きっと、エサもいっぱいあるんやろうねぇ~

ボンボリみたいなオレンジ色のウミトサカ




そして、ウォビゴン登場~~~~~
ミソールエリアでのウォビゴンは珍しいねぇ~


ツボカイメンもあちらこちらに~


ユメウメイロがどのポイントにもうろうろと~


まるで芸術








ピンク・オレンジ色のウミトサカがびっしりで感動しますねぇ


ジュリエットケチルの有名な光の差し込みはちょうどきれいに光差し込まず・・・・><;
それでも、きれいですね

浅場はウミキノコといわれるソフトコーラルたちやガヤがいっぱい~


早速デニスピグミーも登場~

かわいいなぁぁぁ~


そして、ピグミーさんの中でも人気の高い、サンタクロースピグミー 
ほんま、この色は萌え萌えです~


固有種のテイルスポットブレニー
この子もラジャに来たら、絶対見てほしい、アイドルなんです~

バブルコーラルシュリンプは手のところが、水玉なのです~

じ~っとこっちをみるバスズブレニーさん^^かわゆす

3本目終わって、ナイトまでの間に時間があるので、ビーチへ上陸~
ここで、ビーチ上陸初めてだなぁ~
しかも、なんと!!!ブラックチーップシャークの赤ちゃんがいっぱいだとか??
わぉ~ ワクワクがとまらな~~~い


きれいなビーチだぁ~

海をのぞくと、浅いところに

いるいる~~~


おじさまたちは上からウォッチング~

でも、しっかり見えるんです~



わぁお、集まってきたよ~~


ほら~、足元をみてごら~~ん


おぉっと、セクシーな女性も発見

最高に楽しかったです~~

4本目のナイトダイビングは、ウォーキングシャークを狙って
最近、なかなか見れなくなってきているみたいなのですが・・・・

無事に、全員GET
よかったぁぁぁ~~~


ソフトコーラルには、カニさん

アカフチリュウグウウミウシもきれいでしたぁ

Day2
Dive1:KarangBanyangan/透明度20-25m
Dive2:FourKings/15-20m
Dive3:WeddingCake/15-20m
Dive4:BarracudaRock/10-15m

お天気は曇り空でしたが、今日の1本目は今回のクルーズの中で一番の透明度
青い青い海が広がっていて、魚影モリモリ
フュージュラーにロウニンアジがアタック
朝の捕食の始まり始まり~でした



ロウニンアジ、猛アタック中
「うぅぅぅ~~~~」躍動感



マダラタルミの成魚もいい感じ

水面近くには、ギンガメアジ~

ナポレオンはかなり人懐っこく、何度も寄ってきてくれましたぁ~
マーメイド号のガイドさんのモンセのお友達みたい~

2本目のポイントは初めていったポイントでしたぁ~
4つのメインとなる根をゆっくりまわり、まるでラジャアンパットの名前の由来のようです~
  *ちなみにラジャ=王様
       アンパット=4



サラサハタはシミランにはいないので、会えると嬉しい~





カラフル~~



ゆみちゃ~~~ん
500本、おめでとうございます~
大好きなラジャの海で迎えることができて、最高ですねぇ~

ダチョウ俱楽部?!笑 よく似合ってますよ~

およよ・・・モテモテ


イボピグさんこと、バギバンティピグミーシーホース
こっち向いてる~~~

おじさんくまのみことスパインチーククマノミ
タイにもいないから、やっぱり会えると嬉しいな

4本目はバラクーダポイントとあるだけあって、シェベロンバラクーダがちらちら登場~



ここにも登場デニスピグミーさん

クダゴンベさん


目の周りが丸い、リングアイドアフゴビー

オーバーハングにはいろんなベニハゼさんが・・・
ランタナドアフゴビー

Day3

ミソールエリアは今日まで~
ソフトコーラルもりもりも今日までだぁ~
 
Dive1:JamurBoo/透明度25m
Dive2:WarnaBerwarna/透明度30m
Dive3:TwoTreeIsland/透明度20m

1本目はラジャアンパットの雑誌の表紙にもなっている有名ポイント
2つの穴だったのが、柱が折れて、







浅いところは、オレンジ色のソフトコーラルがいっぱいなんです~




 

中層へいくと、ユメウメイロやブルーストリークフュージュラーは一面に~
グレイリーフシャークがアタックかけてましたぁ


大きなオーバーハングのところもオレンジ色のきれいなイソバナ





ツバメウオもあちらこちらで~





フュージュラーを追って、コガネアジの群れ登場~
100匹くらいいたかなぁ~



 


オレンジ色のカイメンが明るくて、と~ってもきれい~



絵になるイエローリボンスイートリップス


サンゴやカイメンの中を自由に動きまわって、とても楽しそうなスプレンテッドドティーバッグ

色がきれいなバスズブレニー


こういう体に寄生虫をつけた魚も多い~

エロンゲイトドティバッグ ラジャの海は本当にドティバッグが多い~

クダゴンベさんも求愛中?! 2匹一緒のところは、なかなか見ないねぇ~

今日は3本で終了~
このあと、ディンギーに乗って、ラグーンツアーへ




ウツボカズラ発見

ありゃりゃ?! どんなことに~?!

イエェェェ~~~イ

少し雨の中でのラグーンツアーになりましたが、食虫植物のウツボカズラも見れて、満足満足~


そして、夜は毎日こんな感じで盛り上がってまぁ~す

Day4
今日からはラジャアンパットのおへそ辺り?!
ペネムーエリアへ

そして、今日はサンゴDay
昨日までのソフトコーラルと変わって、ハードコーラルが登場~
びっしり一面に広がるサンゴに感動しっぱなしでしたぁ~

Dive1:Melissa’s Garden/透明度20m
Dive2:       ”         /透明度25m
Dive3:Batu Rufus /透明度20m
Dive4:Keruo Slope

今日のMelissa’sGardenはすごかったぁぁぁ~
流れもゆるやかなのに、この魚の量はすごすぎやぁ

エントリーすると、辺り一面フュージュラーの壁、じゅうたん
そこにブラックチップシャークがアタックし、さらに迫力満点







イエローマスクサージョンフィッシュと呼ばれるハギちゃんが本当にめちゃくちゃいっぱい


とにかくとにかく~
お魚もっりもりぐっちゃぐちゃ~とはこういうことをゆうんだろうなぁ~






これでもかってゆうくらい、湧き出てきましたぁ~




バラクーダも登場~


そして、ドド~~~~~~ン
ウォビゴンも登場~


ここのポイントに多いホヤ^^
すずらんのようで、とてもきれい~

2本目はサンゴメインで楽しんできましたぁ~









一面のサンゴ畑~
すごいでしょ~?!
そこにデバスズメダイもたっくさん

黄色や青いサンゴも







癒される~~~~


サンゴ畑でヒラヒラ泳ぐキンギョハナダイもと~ってもきれいでしたぁ~




こんなきれいなポイントで記念ダイブ迎えたブチョーは幸せものですねぇ~
ブチョー500本おめでとうございます~

3本目のBatuRufusも人気ポイント~
KYOも押し押しでっす




ここのポイントもサンゴがすごい
リュウウキュウキッカサンゴのキャベツみたいなサンゴも広がってます~

うぅぅ~
きれい~~~~



アーチも通ちゃいま~す
いいところにウミウチワ~


アーチをくぐった先には~、レッドアンドブラックアネモネフィッシュがお出迎え~




バーチークダムゼルは成魚・若魚・幼魚とそろっていますが、特にこの幼魚がたまらなくかわいい~

下の砂地には、ツノザヤウミウシさんも~

固有種エロンゲイトドティバッグさんはなんだか色っぽい色してます~

砂地にはカニハゼさんもいましたぁ~

恒例のビューポイントへ上陸~
でもなんと、今年から新しい桟橋と階段ができましたぁ


できたてホヤホヤ~ めちゃきれ~い


干物も売ってま~す

いざ、出発
階段もおNEWなので、楽チ~~~ン

とうちゃ~く

あぁぁこの絶景はたまんな~~~~い


4本目はナイトダイブ~

カエルのなき声のような音を出す、トードフィッシュ^^
まゆ毛のようなものがあって、愛らしい~

リトルファイルフィッシュはソフトコーラルに擬態
これもCUTE

毎日朝も昼も夜もダイビング満喫~~~~

最高でありっます

では、では、続きはまた後半で~~~~~

ここまで、お付き合いありがとうございました
コメント

2018/2/5~13 ラジャアンパット

2018-02-17 | ラジャアンパット
インドネシア 秘境ラジャアンパットクルーズ 2018年2月5日〜13日 by Aki


秘境の定義とは?
まだ人によく知られていない奥地。
また、外部からの人のおとずれのまれな場所。

日本から結構、時間がかります。
日本〜ジャカルタ約7時間30分、トランジット3時間30分、
ジャカルタ〜マッカサール約2時間30分、
トランジット約3時間、マッカサール〜ソロン約2時間30分、
さらにクルーズ船でどんぶらこ、まさに秘境!
これだけ時間をかけても行くべき魅力的な海であります。



ゲスト16名、スタッフ、しょうじ(男)&アキ(男)の合計18名でラジャアンパットクルーズ、
ハルマヘラ海とセラム海を制覇いたします!



1日目
DIVE1 Yanbuba
まずはチェックダイブも兼ねて、ラジャアンパットの海スタート!!!

いきなりのマクロ攻撃!

イレズミハゼ属のオレンジリーフゴビー


メギスの仲間でチェッカードドティーバッグ


ミヤケテグリ?


マルスズメダイによく似たアンボンスズメダイ


タルボッデモイゼル



DIVE2 Blue Magic
いきなりマンタポイント!
そして、マンタ外しました。ぺこり
ダイビングはマンタだけではない!
マンタが出なくても楽しいポイントでした。
NO PHOTO・・・

DIVE3 Mioskon
マクロからワイドまで楽しめるポイントです!

突如現れたコガネシマアジの軍団




鮮やかな体色のバリアブルジョーフォッシュ


ポントヒピグミーシーホース通称ペラピグは水深5mにいました~



DIVE4 Sapokuven Night
どろっぽい砂地のナイトダイビングでした。
探せば探すほど、次々とマクロの魚たちがとっても楽しいポイントです。
ということでダイブタイムは1時間を超えること間違いなし!

カニがカニ食っとったーーーーーー





ココナッツオクトパス


ピグミーカトルフィッシュ


なんと!ハナイカまで


イロカエルアンコウの親子?小さい方が大きい方の後をぴったりついてってて
ソーキューーーーート❤


ホワイトフェイスワスプフィッシュ




教えられても葉っぱにしか見えないコノハガニ


マルカラッパ




2日目
DIVE1 Cape Cri
ここの目玉はなんといってもリボンスイートリップス玉!
しかし深い・・・減圧が、でないように気をつけて!




ピンジャロ玉が近づいてきて合体!



さらにヒメフエダイの玉も近づいてきて、このあと三位一体になったが
残念ながらタイムオーバー。。。安全第一です。



中盤戦は色とりどりのハナダイが舞うリーフをドリフト〜
キンギョハナダイ、メラニシアンアンティアス、エバンスアンティアス、スミレナガハナダイ、パープルアンティアス!
去年見つけたフトモイハナダイは見つけられず残念

スプレンディッドドティーバッグはカイメンの中がお気に入り。


そして、締めはやっぱりサンゴ!

ポイントへの移動中、なんとっクジラを発見!ラッキー



DIVE2 Manta Ridge
とんでもない発見!!!
水深10メートルにいろんな種類のフラッシャー(クジャクベラ)とハナダイがわんさか!
イリアンジャヤラス、ホカケハナダイ、ブルーフィンフラッシャー、フィラメンテッドフラッシャー、
こんなところ世界的にないんじゃないかな!?
まあ、マクロ好きじゃないとふ〜んという感じではあります。













そのあとはポイント名通り






さらにブラックマンタGET!




DIVE3 Arborek
桟橋ダイブ!
桟橋って素敵なんですよ!


1mを超えるオオシャコガイは100年以上生きてるらしい。。。


ピューターエンジェルフィッシュ



島に上陸!ダンスのクオリティーが年々上がってるぞ!







DIVE4 Arborek Night
ラジャアンパットを有名にした!?
ウォーキングシャークを発見!



ブルーリングオクトパス


ツマジロオコゼに似てるけど・・・


コブシメ?の赤ちゃんは1cm










3日目
DIVE1 Citrus Reef
砂地にいろんなハゼがいっぱい


ギンガハゼ黄化個体のペアー


ネジリンボウ?模様がちょっと違うような。。。
手前の個体は第1背びれが伸長してて、オスとメスの違いなのかな?


オニハゼ


ヤノウキホシハゼ


ブリーカーズダムゼル


メタリックシュリンプゴビー


ラジャアンパットではお馴染みのテールスポットブレニー






DIVE2 Mangrove Ridge
ミキティ〜祝400本!おめでとう


淡水と海水の魚を同時に楽しめるというお得なポイント!
前半の浅瀬では、幻想的なマングローブの写真を撮ったり、テッポウウオを見たり、
(注)マングローブの奥に進みすぎるとワニに遭遇する危険も・・・
後半は海へ!カニハゼ、マンジュウイシモチとサンゴを楽しみました。






ラジャ固有のイソハゼの仲間でその名もラジャゴビー


カニハゼのヤング


カニハゼ


海水域にはマンジュウイシモチ、淡水域にはホソスジマンジュウイシモチ
同じダイブポイントで見れるなんてアメージングラジャアンパット






DIVE3 Melissa,s Garden
たぶん、ここは世界一のハードコーラルのサンゴポイントだと!
みんなに見せてあげた~い!!!








DIVE4 Galaxy Night





サトミズピグミーシーホースは綺麗なヤギについてました~
しっかし、ホントよく見つけるよな~ケトゥーの目が欲しい。。。


2夜連続のブルーリングオクトパス~


しかも穴から出てきた!びよーーーーん


タコだね(笑)このあと別の岩に無事に着地




4日目
DIVE1 My Reef

DIVE2 Cureo Channel
Mr.旦那の祝500本記念!おめでとう





インドカエルウオの幼魚


エロンゲートドティーバッグはラジャで見たいメギスの1つ


チリメンヤッコの幼魚


グルグルリング状のムチカラマツにいたイボイソバナガニ


スパインチークのヤング



DIVE3 Batu Rufus
Melissa,s Garden と並んでラジャアンパットでハードコーラルが素晴らしいのがここ。















さらにこんな景観が見られる場所も!
南エリアの有名なBoo Window に似た雰囲気






バーチークダムゼルは幼魚から成魚までいっぱい。
超ベビーは動きが速くて撮るの大変











こいつもめっちゃ綺麗!スプリンガーダムゼル


デニスピグミーシーホース通称ツルピグはお腹ぽっこりさんでした





島上陸!!!
新しい桟橋と階段が出来ていて、山頂まで快適に登ることが出来ました!




モンセ~ダッシュ!





DIVE4 Keruo Slope
ニシキテグリがいるかもしれないとのことでサンセットダイブからのナイトダイブ~

はいっていきなりワンダーパス!





珍しいハルメイダゴーストパイプのペアー


そして・・・いたーーーーーーニシキテグリ
でも、超ちび




成魚もいたけど、残念ながらお相手が見つからず



音は聞こえど、その姿はめったにおがめないガマアンコウの仲間
以前はバンデッドトードフィッシュと呼ばれてたけど、別種でラジャ固有のトードフィッシュらしい
なので、見れた人は超ラッキー!


カワハギの仲間でリトルファイルフィッシュ


ボブテイルスクイド


5日目
DIVE1 Melissa,s Garden
やっぱり安心、安定のポイント!
いろんな種類のハードコーラルがびっちり、そこにスズメダイもびっちし、まさに天国!




一昨日は見られなかったバラクーダをGET!


DIVE2 Manta Sandy
マンタが・・・マンタサンデー・・・

残念なことがあればもちろん、いいことも〜!
ダイビングの後、移動中にドルフィ〜ン!!!50頭くらいはいたのでは・・・
このクルーズ船とは相性がいいのでしょう。ものすごく遊んでくれて、ゲストも大喜びでした!






DIVE3 Manta Ridge
とりあえず、全員ブラックマンタGET!!!
一安心。



DIVE4 Sawanderek
ラジャアンパットの桟橋は、どこの桟橋も素晴らしい。


アヤコショウダイの群れ



フチドリカワハギの幼魚かな?
初めて見た魚はもしや新種?




これぐらいのサイズが可愛いサラサハタの幼魚


綺麗なガヤにいたシムランス



6日目
今回は南側の海況と天気が悪いというので、南側を諦め、いつもは行かないさらに北側のポイントに行きました!

DIVE1 Eagle Rock
いろんな種類の色鮮やかなソフトコーラルがいっぱいでとっても綺麗なポイント。
スイミングウォビゴンとマンタもでたぁ〜!


イエローリボン玉~Cape kuri より数は少ないけど深度は浅めだからノーストロボでOK!


隣りにはヒラニザ玉~



DIVE2 Next Eagle Rock
ウォビゴンシャークの撮影会!



ええ感じですよ!ねぇさん



DIVE3 Black Rock
このポイントの見どころはとにかく、ソフトコーラル!





ウォビゴンの交尾!現地ガイドも見たことないと興奮していました。




1本目から3本目までは、ウォビゴン尽くしの3本でした!!!


DIVE4 Edi,s Wall in サンセットダイブのウォールダイブ!!!
水中ライトで壁の隅々まで覗きました!
ピンクスクワット、マンジュウイシモチ



あっちゃーん、祝900本おめでとう!
1000本まであと少し。





7日目
ラストDAYなのに曇り雨!がちょーん

DIVE1 Blue Majic
流れ強し!物凄いフュージラの群れが流れと格闘していました。もちろん、ぼくたちも・・・
ギンガメアジ、バラクーダ、ウォビゴン、アケボノハゼを14メートルで見つけたチームも!





DIVE2 Sardine Reef
タッキーさん、祝600本おめでとうございます。
ラストダイブもやっぱりウォビゴンシャークでした。
あっウォーキングシャークを見たチームも!

メギス特集~








ラジャアンパットクルーズ26ダイブ、すべてのダイビングが無事に終了いたしました!
楽しいゲストとマーメイドのスタッフたちのおかげで海も船上も盛り上がった8泊9日でした。
この海は本当にサンゴ&ソフトコーラルが凄くて、大物、群れ、マクロとどんなダイバーでも楽しめる凄い海でした。


来年のラジャアンパットの予定はComing Soon!

天気 晴れ
波 なし
水温 29度
透明度 ・・・よくない

写真提供:あっちゃん、かよねぇ、旦那

コメント

2017/9/16-23 コモド諸島クルーズ!前編

2017-10-13 | 2017/9 インドネシアコモドクルーズ
9月16日~23日のediveコモド諸島スペシャルクルーズへいってきましたー!!
にぎやかな16名のゲストのみなさまと、ediveからはSHOJI、CHIAKIです^^
超快適!
MermaidⅡ~^^



初日からわたしはロスバケというトラブルにみまわれましたが、、笑
今回のクルーズは平穏に過ごせますようにー^^


どんぶらこーと揺られて2日目!!
ダイビングですよーーー!!



今回ご参加いただいたみなさま!!







まずはコモドのサンゴをごらんください~!
サンゴが元気なポイントがいっぱい!
ハードコーラルもソフトコーラルもいっぱいです。
ずっとこのサンゴが元気でいてくれますように・・・










DAY1


DIVE1
Angel Reef―Moyo Island
透明度15m
流れゆるい
水温28度


DIVE2
Satonda Sandy-Satonda Island
ナイトダイブ
透明度悪くない
流れなし
水温27度

ロウニンアジ、フュージュラーいっぱい、ホワイトチップシャーク
デニスピグミーシーホース、イエローバレットジョーフィッシュ、ピンクスクワットロブスター、アケボノハゼ、
ボブテイルスクイード、シルバーパールフィッシュ、スターゲイザー、ウミテング


1本目のチェックダイブはモヨ島へ!
やっとダイビングだー!!



エントリーすると大量のフュージュラー!



その下にはロウニンアジが捕食のタイミングを狙ってうろうろしてました。

ホワイトチップもでーん



通称ツルピグこと、デニスピグミーシ―ホース。
ストロボを当てすぎると気絶するらしい!?
そうなの?!

目に金色が入ったイエローバレッドジョーフィッシュも。
こっちの個体はでかいですね~



毛がふさふさのピンクスクワットロブスター。



アケボノや~
深くいったら
あかんぜよbyしょーじ

タイで見れるアケボノハゼ(の仲間)は黄色っぽいのですが、
こっちの個体は白い!



紫が映えてきれいですね。
何個体か観察することができましたー!



黄色い個体もいました!





ボブテイルも個体数いっぱい!



1本目から満足なダイビングでしたー!!




本日2本目はナイトダイブ~

透明の細長い魚・・・
なんだこれ!?
まさかメガマウスの次はリュウグウノツカイ!?笑
と思いきやナマコの中に身を隠すシルバーパールフィッシュでしたーw
夜になるとナマコからでてきて捕食するらしいですよw
ナイトならではの獲物でした!

こっちのハナミノカサゴは個体がでかい!
活発に捕食してました。

スターゲイザーの10cmほどのおちびを見たチームも!?


DAY2

DIVE3
Batu Moncho―Komodo Island
透明度20m
流れゆるい
水温27度


DIVE4
Crystal Rock-Gili Lawalaut
透明度20m
流れなし
水温28度


DIVE5
Batu Bolong
透明度20m
流れなし
水温28度


DIVE6
Soro Lia-Slawi Bay
ナイトダイブ
透明度微妙
流れなし
水温25度

スカシテンジクダイ、キンメモドキ、ハダカハオコゼ
オオモンカエルアンコウ、キンギョハナダイ、ケラマハナダイ、ホワイトチップシャーク
マンタ!
フュージュラーいっぱい、ロウニンアジ、カスミアジ、アオウミガメ、
イロカエルアンコウ、クロハギ、サザナミトサカハギ、イエローリボンスイートリップス、
アカネハナゴイ、シーキューカンバー


やってきましたコモド島~!!!
かの有名なコモドドラゴンがいる島ですよ!!
コモドドラゴンには明日会いにいくとして、今日もレッツダイブーーー^^

本日1本目は砂地ポイントで癒されましょう~!!
真っ白砂地に点在する根にはウミウチワやイソバナ。
その根を覆いつくすスカシテンジクダイとキンメモドキたち。





そして浅場の淡い色合のソフトコーラルもりもりリーフを流していくと・・・
でました!
マンターーーーー!!!
結構近くまで寄れたチームも!
最近不幸なわたしは見れませんでした。。。



やってきました!
クリスタルロックー!
大海原のど真ん中にある隠れ根です!
回遊魚を狙っていきましょう~^^

流れ注意!カレントフック用意して!
気合いをいれてエントリー!
・・・しましたがまったく流れてませんでしたw

さすがの魚影です!
フュージュラーもりもりに特大ロウニンアジやカスミアジ!
特大イソマグロも~!!!

流れがないため、みんなやる気なさげにだーらだら泳いでました~笑

クロハギやサザナミトサカハギなどもいい感じ。
アヤコショウダイもきれいに群れてます^^



お次はコモド1!?
キンギョハナダイの乱舞が見れるポイントです~




そこに交じってアカネハナゴイが背びれを広げて求愛中!

サンゴもきれい!



キンギョハナダイにアタックするのは大きめカスミアジ!
そして特大ロウニンアジも捕食のタイミングを狙っています。



このダイブから水温が少し落ちます・・・
ここのポイントで見られるのはシーキューカンバー(ナマコ)!
赤×青のどくどくしい色をしたナマコがいっぱい砂から生えてますw





水面休息中には上陸!
ピンクビーチへ~!



なぜピンク?
実は赤いサンゴが砕けた砂でできてるビーチなのです!!
よーく見ると・・・
見えますか?
赤いつぶつぶ!



日が落ちてくると一層ピンクに見えるビーチです^^

小高い丘を登ると~



そこには絶景が!!!

いえーい

夕日も最高でした。

ということで本日も4本お疲れさまでした!!



DAY3


DIVE7,8
Manta Alley-Komodo Island
透明度10m
流れなしうねり少し
水温24度~22度


DIVE9
Yellow Wall―Rinca Island
透明度10m
流れ少し
水温24度


DIVE10
Torpedo Alley―Rinca Island
ナイトダイブ
透明度悪い
流れなし
水温24度

マンタ三昧
クマザサハナムロ、クマドリカエルアンコウ、シーアップル
タルマワシ

やってきました!
マンタアレイ!
もちろん当ててきました!

マンタ~~~




透明度がいまいちでしたが、いるいる~~~
4,5枚がぐーるぐる!
マンタトレインも!!



クマザサハナムロをかき分けて登場!
かっこいい~

ブラックマンタもいくつかいましたよ~

次は潮がかわってクリーニングステーションにマンタが集まるらしい!
ということでさらなるマンタトレインを狙ってもう1本!!

結果は・・・
大当たり~~~~!!!!



右見ると7枚のマンタトレイン!
逆を見るとまた7枚のマンタトレイン!





14枚!!?



あらゆるところからマンタ登場!




こんなに当たるのも珍しいらしく、大満足な1本でした。
が、寒かったです・・・・・・・・・

マンタが上でびゅんびゅん通って行ってる中、
タルマワシ(ヨコエビの仲間)も発見w




リンチャ島までやってきましたーーー
最近おもしろいと噂のこのポイント!?

クマドリカエルアンコウの白赤♡



これなんでしょう!?
シーアップル~~~

リンゴみたいなナマコからもしゃもしゃが生えてますw




ナイトダイブではポイント名の由来になった、パンケーキという愛称のトーピードレイがいましたよー^^




シビレエイなのですが、ほんとにパンケーキみたいですねw



ナイト終わったあとの星空がとってもきれいで感動!
天の川もくっきり~
今日も1日おつかれさまでした!




DAY4

DIVE11
Siaba Kecil-Lintah Strait
透明度20m
流れあり
水温28度


DIVE12
Siaba Besar
透明度20m
流れほぼなし
水温26~27度


DIVE13
Wainilu―Linca Island
ナイトダイブ
透明度まあまあ
流れほぼなし
水温26度


ナポレオンフィッシュ、イエローリボンスイートリップス、キンギョハナダイ、
デバスズメダイ、パープルビューティ、
カスミアジ、ロウニンアジ
ニシキフウライウオ、カミソリウオ、アオウミガメ、ホワイトチップシャーク、
マンジュウイシモチ、デコレートクラブ
コールマンシュリンプ、ゼブラクラブ、セミエビ、オオウミウマ、サザナミフグ


本日1本目は最近コモドで騒がれてる!?ジュゴンを狙っていきましょー!!
まあまあな流れの中流していくと~
まずはナポレオン発見!
固有種のイエローリボンスイートリップスの10匹ほどで群れ!



そして行き着いた先には、、、
素晴らしいソフトコーラルの群生が!
その上をキンギョハナダイやデバスズメダイが乱舞。
ハナゴイのインド洋バージョンのパープルビューティも。











心が浄化されます。笑

浅場をカスミアジの20ほどの群れが駆け抜けると、
そのあとにロウニンアジの50ほどの群れが!
それぞれの個体が大きくて見応えあり!でしたー^^

目覚めのダイブにぴったりな1本でしたー!



次は真っ白砂地とハードコーラルがきれいなポイント。

カミソリウオも2個体並んで~



リーフではアオウミガメにホワイトチップシャークなど~

枝サンゴの中には通称イチゴパンツことマンジュウイシモチがうろうろしてました^^

あっちゃんもお気に入りのサザナミフグの赤ちゃんがとってもかわいかったですー♥





本日のナイトダイブ!

マクロいろいろ楽しんできました!

イイジマフクロウニにはコールマンシュリンプやゼブラクラブが隠れてました!




オオウミウマのおちび!



セミエビのおちびー!!



ボトムテイルスクイード!




大満足な1本でした!


今日も宴会開催中です~^^
大富豪にはまってますw








ダイビング5日目~のログは
2017/9/16-23 コモド諸島クルーズ!後編
で~~~^^


写真提供あっちゃん、おやびん、たまきさん、SHOJI
コメント