まちのさんぽみち

日々のできごとを思いつくままに書いています。
手話や俳句やリウマチのこともあります。
☆ カテゴリーを見てね ☆

別れ

2007年03月30日 | まちの日々
3月は別れの季節だ。
今日、ひとりの方とお別れをしてきた。

私の尊敬するNs.だ。
明日で、職場を去って行く。
明日は盛大に送別会をすることになっているが、
私は出られない。

延び延びになっていた里帰りのためだ。
このところ忙しくて帰っていなかったから。
先週帰ろうと思ったが、先週はすでに休みを取っていた人が
多くて、急に休むことはできなかった。
そして、来週は私が休日出勤の当番だ。
その次の週は、運転手の都合が悪い。
もう今週を逃すと、ずっと先まで帰れない。

送別会にはとても出たかったけれど、
大勢の方が出てくれるらしいので、
失礼させてもらうことにして、
今日で最後なので、個人的に挨拶してきた。

すでに60歳の定年は過ぎ、
65歳の限度いっぱいまで、嘱託できていた人だ。
勤続50年というから、15歳の時から、
働きながら、勉強し、資格を取って勤めてきたのだと思う。

はぁ~!ただただすごいと思うばかりだ。
コメント

人事考課

2007年03月29日 | まちの日々
人事考課というものを初めて経験した。
今年の初めくらいだったかな?
人事考課の自己評価の用紙が配られた。
去年は正採用になったのが中途だったので、
対象外だった。
だから生まれて初めての経験だ。

今日ひとりずつ課長に呼ばれて、話しをした。
別に、問題はないと思ったし、課長は優しいし…。
でも、なんだか、ドキドキした。

私より、ずっと若い課長は気を使ってくれたのか、、
注意のようなものはなく、
もっと自信を持ってやれと言ってくれた。

自信か…確かに自信はないかも知れない。
表面上は平然と(?)しているつもりだけれど、
小さな失敗はたくさんあるし、
第一、ここに来て、2年、自信なんてまだまだ持てないよ。
やっと、一通り仕事を覚えたところだもの。

この1年はもっと自信を持てるように…
というのが課題かな…
コメント

1割引のはがき

2007年03月28日 | まちの日々
薬局で買い物があったので、
先日1割引のはがきが来てたのを思い出し、
確かに持って出かけたはずなのに、
買い物をしてレジでお金を払おうと思ったら、ない。
バッグの中をひっくり返すようにして探したのに、
とうとう、みつからなかった。
4千円以上買ったから、400円くらい安くなったのに。

家に帰ってきて、探してみたら、
なんと、本の間に入っていた。

その本というのは、今日は病院へ行ったので、
待ち時間に読もうと思って持っていった本だ。
その本が、ちょっと分厚かったので、
買い物をするのに、重いから、バッグから出して、
車のシートに置いておいたのだった。

あ~あ、ドジだなあ…
たかが400円、されど400円。
いやぁ、主婦にとっては400円はイタイよ。
有効期限は31日まであるけど、
もう、4000円もの買い物の予定はさしあたりない。
コメント

しゅわな日

2007年03月27日 | まちの日々
2週間ぶり、いや2回行かなかったから、
3週間ぶりのしゅわな日。

今日は、初心者向けの指導者が来なかった。
この手話サークルは(他もそうなのかな?)
手話を教えるのは、「聞こえない人」と、
決まっているのだそうだ。
手話は「聞こえない人」の、言語だから、
後から覚えた人が教えるのは、
日本語を習った外国人が日本人に日本語を
教えるようなものだから、らしい。
(外国人から日本語を教わってもいいような気もするが)
ここは、その方針に従うしかないかな。
別に、イヤというわけでもないけれど。

というわけで、今日は手話のことや、
サークルのことや、いろいろな話が聞けた。
それはそれで、とても勉強になったし、
楽しいおしゃべりもできて、
これからも楽しくやっていけそうだと思った。

それはそれで、大きな収穫だった!
コメント

俳句

2007年03月26日 | まちの日々
私の下手な俳句は、一応毎月「白露」という
俳句の会誌に投稿しているが、
あまり熱心に作っていないので、
なかなかうまくいかない。

母と兄も投稿しているが、
2人とも、コンスタントに2句掲載されている。
投稿すれば、最低1句は載るので、
私はこのところ1句ばかり。
それもそのはず、締め切りが近づいて、
大慌てで作って出すのだから。

今日、今月号の「白露」が届いた。
どうせまた1句だろうと思って見たら、
2句載っていた。
やっぱり2句載るとうれしいな。

せっかく作るのだから、もうすこし熱心にやればいいのに。
と、他人事のように、言ってみる。(苦笑)
いやいや、本当にもう少しがんばってみよう。
コメント

地震

2007年03月25日 | まちの日々
また大きな地震だ。
震源の近くに友だちがいるので、
とても心配だったけれど、
どうやら、みな無事だったようでホッとした。

1日中テレビでも地震のニュースをやっていたが、
2年前の地震から仮設住宅に入っている人たちが
またもや、今日の地震でショックだったという。
ひとりの方が「私は地震恐怖症だから…」
と言っていた。

それはそうだろうと十分想像できる。
私だって、きっとそうなると思う。
今までは、偶然にも震度3程度の地震しか経験してない。
でも、それでも、十分怖かった。

地震国日本だから、これからも、いつ地震が来るかわからない。
だから、日ごろから…といっても、
気をつければ地震が来ないわけじゃない。
あ~あ、何が言いたいんだろう、私。
コメント

金メダル

2007年03月24日 | まちの日々
フィギュアスケート、つい見てしまった。
「ニッポン」を意識することには、
へそ曲がりな私はいつも軽く反発しているけれど、
今日は、安藤、浅田の1、2フィニッシュには
思わず拍手!

昨日は、浅田が、5位というのに、
かわいそうでたまらなかった。
16歳で、みんなから、期待されて、
どんなにプレッシャーを感じていたことだろう。

若いのだから、プレッシャーを乗り越えて、
強くなるのだというが、
第一線で活躍する選手って、つらいだろうなあ…
マスコミは言いたい放題だし、まわりは期待するし、
実力があっても、十分発揮するためには
よほどの自信と精神力がなければできないだろうと思う。
安藤も、いろいろあったけれど、よかったね。

ぐうたらな私には想像もできない世界だ!
コメント

リカバリ

2007年03月23日 | まちの日々
息子が私のパソコンのリカバリをしてくれた。
なんだか、軽くなったような気がする。

私は毎日使って遊んでいるのに、
リカバリどころか、ちょっとした不具合にも、
「なんか変になっちゃたよ。」と言って、
息子におんぶに抱っこだ。(爆)
仕事で使う、エクセルなども、
ベースは注文通りに息子が作ってくれて、
私はそれを使うだけだ。

私も母には、母の言うとおりに、資料など作ってあげるが、
母のは、難しいことなどなく、
原稿をきれいに仕上げるというようなものだ。
だから、私にもできるのだけれど…。

もう少し、自分でできたらと思うけれども、
身近に便利な子がいると、頼ってしまうなあ。

きっと、身近にいなくなっても、
困ったときには、呼んじゃうかも。

親子関係は逆転したのか…
それもいいな。
いや、ありがたいと思ってるよ。
(息子はここを読まないけど。笑)
コメント

手紙

2007年03月22日 | まちの日々
家に帰ると、達筆なペン書きで、
手紙が来ていた。
その人からは初めてもらう手紙だ。

先日、母の友だちが、まごすけのために、
手編みのボレロとくつ下を母に託して贈って下さった。
母の古くからの友だちで、今は手編みの先生だ。
家は近所だったので、子どものころは私もよく知っていたが、
高校を卒業して以来、会ったことも話したこともない人だ。

まして、娘のことも孫のことも知らないが、
母がひ孫に何か編みたいというので、教わっているらしい。
ということで、いただいたものだ。

それで、30数年ぶりに…
いや、手紙を書くのは初めてで、お礼状を書いた。
昔のことや、近況報告や、孫の話なども添えて。

その手紙がうれしかったと、こちらが恐縮してしまうほど、
丁寧なお返事を下さった。

こういう手紙って、何ものにも代えがたいものだ。
なんだか、ほんのりしみじみしてしまった。
コメント

春分の日

2007年03月21日 | まちの日々
昨夜早く寝たので、ゆっくり眠れた。
やっぱり寝不足だったんだ。
今朝はすっきり。

午後は、娘が買物をする間、
まごすけを見てる約束だったので、
その前に、夕飯の準備をしようと、
息子から注文の出ていたビーフシチューを朝から作った。

まごすけは息子の高い高いに大はしゃぎ!
まごすけの喜ぶ顔を見て、
息子の方がもっと嬉しそうだった。
完全におじばか!(爆)

娘のいない間、お腹いっぱいになったためか、
まごすけはご機嫌で遊んだ後、眠ってしまい、
面倒を見ると言っても物足りないくらいだった。
いやいや、それでよかったのだけれど。
ママがいない間に何かあったりしたら大変!
内心は少し緊張する。
でも、かわいいから、いい…

そのうち、ひとりでおばあちゃんの所に
遊びに来るようになるのかな?
コメント