まちのさんぽみち

日々のできごとを思いつくままに書いています。
手話や俳句やリウマチのこともあります。
☆ カテゴリーを見てね ☆

第5日曜日

2010年10月31日 | まちの日々
10月は日曜日が5回あったんだ。
今日は台風一過の日本晴れ…になると思っていたのに、
朝から、どんよりとしていて、
おまけに雨もパラついた。
やっぱり天気予報は当てにならない。(笑)

でも、台風の影響が少なくてよかった。
何日か前は日曜日(今日)台風が最接近なんて言っていたから、
今日は手話講習会だったから、
台風の中、出かけるの嫌だなあと思っていた。
だから、ヨシとしよう。

その後、講習会の人たちと食事をして、
たまの日曜日だっていうのに、
家のことも何もしないで、遊んでしまった。

とうとう10月が終わってしまった。
さあ、クリスマスだ。お正月だ。(爆)
コメント

わかった!

2010年10月30日 | まちの日々
この頃、というか、別に急にそうなったわけではないけれど、
夫婦の間で、昔より遠慮がなくなって、
喧嘩することが多くなった。

喧嘩した時って、嫌なもので、
お互いに、気分が悪い。
私も、夫でなければ、こんなに追求しないのに、
と思うこともしばしば。

ある時、そうだ!他人のように接すればいいんだ。
と思った。
他人のように、なんて変な言い方だけど、
他人に、気遣うようにという意味で。

夫以外の人になら、あまり相手を責めたりしない。
ちょっと違うことだと思っても、
自分が引いたり、まちがっていることでも、
後で気がつくかな?と思うようなことは、
いちいち、指摘しないで黙っていたりとか、
一番大きいことは、寛大になれることかな。

それが夫には、なかなかできない。
だから、喧嘩になりそうな時は、
他人のように接しようと思った。

でも、さっきもちょこっと言い返してしまったけれど、
その時わかった!
夫のような失礼なことは他人は言わないということが。
夫だって、私に言うような無遠慮なことは他人には言わないだろう。
だから、夫婦喧嘩って必然的なものなのかなと。

何も考えないで、言いたいことが言えるのも、夫婦なのかなと。
もしかしたら、みんなわかっていたこと?
私だけが今ごろ気がついた?
コメント

台風接近!

2010年10月29日 | まちの日々
台風が近づいている。
今ごろになって、台風の心配をするなんて。
だいたい今ごろの台風は、日本へ接近しないで、
南の方で日本から遠ざかっていくものなのに。
(自信はないけれど)

それなのに、もう11月になるっていうのに、
台風が来そうだなんて。
各地では、プロ野球やら、マラソンやら、
週末に計画しているところは苦慮しているようだ。

同僚のTさんは、日曜日晴れますようにと、言っていた。
日曜日、ディズニーランドに行くのだそうだ。
ハロウィンは日曜日までかな?
運がよければ、日曜日は台風一過のよい天気かも。

今ごろは、けっこうお天気安定してる時期だものね。
いろいろ計画してしまう。
雨だけなら、仕方ないけれど、
台風で大きな被害が出ませんように。
コメント

地球は生きている!?

2010年10月28日 | まちの日々
今日は本当に寒かった。
テレビで、冬のコートでもいいくらいって言ってたから、
コートじゃないけれど、モコモコのジャケット着て行った。

職場の中はブラウス1枚でも十分暖かかったけれど、
外から来る人たちが、本当に寒そうに、
手なんかこすったりしながら入って来た。

いったん寒さのピークは今日までらしいけれど、
もう冬に向かって一直線かな~

でも、台風が来てるんだ。
昨日か一昨日の天気図で、台風と木枯らしが、
同時に画面に存在するって…
やっぱり最近の気象って変だ。

温暖化といっても、何も、
2酸化炭素だけの問題じゃないかも知れない、
という気がする。

大昔から、地球はいろいろ変化してきたんだもの。
もしかしたら、これも大自然の生態かも知れない…
な~んて。
コメント

ヒーターの出番

2010年10月27日 | まちの日々
朝、寒くて、ヒーターをつけた。
前のシーズンの灯油が残っていたのを、
夫がヒーターに入れてくれた。

でも、ポンプが壊れていて、灯油がこぼれてしまって、
玄関が灯油くさい。
それで、灯油係(笑)の夫が言うには、
ポンプが使えないから、給油ができないので、
週末まで、ヒーターに入れた分で持たせろとのこと。

真冬なら、3、4日しか持たないけれど、
まあ、大丈夫でしょう。
でも、今日は公休日だったから…
午前中は出かけたけれど、お昼からずっと家にいた。
ちょっと寒かったけれど、やはり、
ヒーターは点けたり消したりしていた。

明日が今回の寒さのピーク(?)だというから、
たぶん大丈夫でしょう。

だって、関東でも一部山間部では、
氷点下になったところもあるそうだから、
今日はヒーターつけてもしょうがないと思う。
コメント

北風(><)

2010年10月26日 | まちの日々
外は北風がビュービュー吹いている。
これって木枯らし1号じゃないの

近畿地方では、木枯らし1号が吹いたと発表になったって?
でも、関東地方はそうじゃないらしい。
もしかして、明日になったら、関東地方も吹きました、
な~んて発表するんじゃないかな~(笑)

そのくらい寒い風が吹いてる。
天気予報でも、今日は木枯らし1号が吹くって
言ってたような気がするんだけどな…

北海道では雪が降ったそうだ。
いよいよ、雪の季節だな~
Aさん、また雪かきが始まりますね~
無理せず、なんとか冬を乗り切って下さいね~

と、個人的な呼びかけをしてしまったけれど、
ネットの友だち。
私もご無沙汰してるけれど、どうしてるかしら?

と、書きながら、今、Aさんのブログを覗いて来た。
ネットってホントに便利。
ふと思ったら、すぐに行けるもの。
私みたいに無精者にも楽々と。
コメント

秋の夜長に

2010年10月25日 | まちの日々
思ったよりも早く、秋は深まり、
冬がすぐそこまで来ているようだ。
朝起きた時に、空気がひんやりと感じるし、
夜が明けるのが遅く、
夕方は暗くなるのが早い。
季節は確実に進んでいる。

明日は、木枯らしが吹くかも知れないなんて…

秋が深まっていくのは決して嫌いじゃないんだけど、
もう10月が1週間で終わり、
11月になったら、今年も残り少ないって気がする。
なんだか、気が急いてくる。

でも、ふと、立ち止まって、考えてみると、
そんなに慌てることはないし、
しなければならないことも、そんなにない。
仕事も時間で終わりだし、
最低限の家事さえすれば、
後は好きなことができるし、
早くしようが、ゆっくりしようが、
文句を言われることもない。

今こそ、自由を満喫できる時なんだ。

秋の夜長に読書かな?ネットかな?
コメント

日曜日

2010年10月24日 | まちの日々
あ~、今日はのんびりとした日曜日だった。
夫も息子も、ちょこちょこと買い物とか床屋とか、
行ったりしたけれど、お昼も3人揃って食べたし。
そういうのも珍しいかも。

お茶には、箱根で買って来たチーズケーキを食べたしね。

来週は私が、また手話講習会があるし、
きっと息子も出かけるか、
じゃなかったら寝ているだろう。(苦笑)

まあ、夫とは日曜日は行動を共にすることが多いけれど、
息子と行動を共にすることは、めったにない。
息子は来週泊りがけで、学会へ行くというので、
着替えとか、いろいろ買い物に行くっていうから、
一緒に行くつもりだったのに、(行ってくれというから)
床屋にも行くというので、
なら一人で行きなさいと言って、行かなかった。

別に行きたいわけじゃないけれど、
これからもだんだんそうなっていくだろうな。

やっぱり結局は夫と2人になるのだろう。
子どもが生まれる前みたいにね。
気持ちも、そのころを思い出したら、
もっと優しくなれるかな。
コメント

院長先生

2010年10月23日 | まちの日々
平日3日も休んだので、
なんだか仕事に行きたくないなあという気分だった。
でも、今日は一番忙しい土曜日。
そうもいかない。

行ってみれば、忙しさに紛れて、
あっという間に時間が経ってしまった。
今日はがんばった!という感じ。

帰りにタイムレコーダーのところで、
院長先生とばったり会った。
院長先生は、まだ院長になる前に、
サテライトクリニックで私がパートで働いていたころからの、
お付き合いで、そのころは今より親しくして
いただいていたけれど、
最近は、こんな大きな病院の、院長になってしまって、
少し遠い存在になってしまった感じがしていた。

でも、院長先生は以前と少しも変わらず、
「まちさん、このごろは体調はどう?」
なんて声をかけて下さった。
「ありがとうございます。大丈夫です。」と応えると、
「元気そうだね。もう治っちゃったんじゃない?」
なんて、笑いながら言って下さった。
「アハハ、そうかも知れません。」
なんて、親しくおしゃべりができて、ありがたいことだ。

私がこの年で、正採用で、働けるのも、院長先生のおかげ。
ホントにラッキーなことだもの。
がんばらなくっちゃ。
コメント

友だちと…

2010年10月22日 | まちの日々
予定通り、お昼前から友だちが遊びに来て、
夕方まで、思い切りおしゃべりをした。

友だちは、先週1週間別の友だちと、
おもしろい旅行(?)をしたらしい。
というのは、山形県のとある町に、
小学校以来の友人とその友人と、
女3人旅で、ログハウスに連泊し、
毎日、自炊しながら、地域や野山をまわり、
温泉に入り、地域の人と交流したりしたそうだ。

よくご主人が行かせてくれたねと言われたそうだけど、
例えば、私の夫も行かせてくれると思う。

友だちも、家族のためにいつもよくやっているけれど、
自由も十分にあって、
だれかに束縛されたりするのはおかしいもの。

もちろんそれは、子育ても終わり、
元気なダンナ様と2人きりだからできるのだろうけれど。

仕事も趣味だと言いきる彼女は、
人生を楽しんでいて、話していても心地よい。
コメント