生活

とりとめもなく

おいしいジュース

2012年07月31日 19時36分13秒 | Weblog

わーい
今日はササヌキさんのママからおいしいジュースをいただいた。いつもいろいろすいません・・・
グアバとパッションフルーツ。私グアバジュース大好き。ジュースの中で一番好きかも・・・2番目はパイナップルジュース。


最近読んでた本は
よしもとばなな「ごはんのことばかり100話とちょっと」
食事に関する書き下ろしのエッセイ。食べ物屋で大切なことは内容と値段のバランスであるというところには共感できた。
コメント

HANA-BI

2012年07月28日 22時59分00秒 | Weblog
今日からロンドンオリンピック開幕のようです。
朝から仕事だったので5時に起きたら開会式の真っ最中だったのでしばらく観ていた。こないだおまめから「開会式のプロデュースはダニー・ボイルである」という情報を聞いたのでちょっと観たいなと思ってたんだけど、私は携帯電話のテレビしかないのであまりに小さくてよくわかんなかった。ケネス・ブラナーとかダニエル・クレイグが出てるあたりは観たがよくわかんなかった。けっこう長くやってたので途中で仕事に行かなきゃだったので残念ながら最後までは観られなかったけど面白かった。開会式ってこんなに長いんだっけ?1時間くらい観てたけど選手入場さえ始まらなかった。
仕事を終えて実家へ。
今日は隅田川の花火大会なので、きっとおまめとつんくんとむーちゃんが来るに違いないと思って寄ったのだ。
6時半にちょっとブラブラしながら花火を観に出かけるというので私もついてくことにした(邪魔だっつの)。大人3人がベビーカーに乗ったむーちゃんを押し押しトコトコと歩いて江戸東京博物館のピロティに行った。私は実家で思いっきりご飯食べて行ったがおまめたちは屋台で焼きそば等を買って食べてた。
むーちゃんは15分くらいの道中ですっかり寝てしまった。
付近は交通規制がすでに始まっており、

清澄通りの地べたに人間が敷き詰められている。

空もとっぷりと暗くなり・・・(一応スカイツリーです)
花火が始まると「お~」とか「きゃー」とか「たーまやー」とか拍手したり周りがうるさいのにむーはずっと寝たままだった。



溶接工の人の視界のようにしか撮れてなくてすいません。
コメント

白銀

2012年07月27日 18時05分04秒 | Weblog
「鳥人計画」に続いてまたも東野作品を読んでみた。

「白銀ジャック」
金を用意しなかったらゲレンデを爆破しちゃうぞ!という、スキー場を人質にした身代金強奪劇。面白かったけどこういうのは心の小説にはならないであろう・・・直球エンターテインメントという感じで、そのうち映画化されそうな作品だ。
コメント

病んだらおいで

2012年07月26日 22時53分05秒 | Weblog
今日は久しぶりに夜お芝居を観に行ったよ。
ニシムラさんが役者やってる「劇団「ソラトビヨリst.」の「病んだらおいで」という舞台です。新宿シアターモリエール。ニシムラさんは真面目な高校教師の役だった。
前回(去年末の「マイセブン」)にひき続き精神に問題のある人たちの集まる話だった。全員がずっと舞台に出ててワーワー言うてるうちに
いい具合に決着するのだ。いい具合だねえ。
コメント

甥っ子ふたたび

2012年07月25日 23時39分58秒 | Weblog
今日は実家におまめとむーちゃんが泊まりに来るというのでママと一緒におまめの家まで迎えに行った。二日連続でむーちゃんに会えて幸せー
前回むーが実家に泊まるという晩、急に大泣きして泊まらずに帰ってしまったのでそのトレーニングも兼ねて泊まりに来るという。
昼間は公園に連れてって疲れさせたつもりだがどうなるのだろうか・・・
コメント

甥っ子依存

2012年07月24日 22時25分45秒 | Weblog
今日は午前中から電車に乗っておまめの家へ・・・
もちろんむーちゃん目当てである。甥っ子がこんなに可愛いとは・・・特になにをしてくれるでもないのに何でこんなに会いたいのかというと、とにかく面白いのだ。ちょっと前に会ったときよりちょっと成長してたり「まさかこんなことができるとは」ということができるようになってたりしてびっくりするのと、ただただ行動が面白いのだ・・・
いつまで楽しめるのだろうか。
そしていつか私のことを「クソばばー」と言うようになるんだろうか。はー。
コメント

鳥人

2012年07月20日 20時29分44秒 | Weblog
気になっていた作品を読んでみました。

東野圭吾「鳥人計画」
ふざけたタイトルだが内容はそのまんま、なかなか怖い推理小説だった。
スキーのジャンプ競技の世界をネタにした話で、より遠くへ飛びたいという欲望やプライドや、私のようなスポーツの才能ゼロ人間とは無縁のなんやかんやでいまひとつ共感できず入り込めなかったけど、これは随分古い作品なので日本のジャンプ業界がふるわない頃に書かれたらしく、その後やって来るアルベールビルとかリレハンメルとか長野での活躍を思い出すと「へーこんな時代もあってのあの隆盛だったのだなあ」と思いちょっと面白かったです。

コメント

老けない人々

2012年07月17日 10時17分39秒 | Weblog
市川崑監督の映画でお馴染みの金田一シリーズだが未だ小説を読んだことが無かったのだがこのたび読んでみました。

横溝正史「犬神家の一族」
昔の作品だし、書かれた当時よりも作中の時代はさらに古いし、とっつきにくいイメージがあったのだがその実まったくの杞憂でした。松本清張作品が平気で読める人なら問題なし。
しかし読んでみて思うのは映画版の脚本家のうまさだなあ・・・やはり小説は細かいところまで書き込まれているし映画では削られたエピソードもあるが、ほぼそのままの雰囲気で映像化されてたんだなああれは!
1976年版と2006年版の両方を観たことがあるが、30年の時を経てなお老けない石坂浩二に感心するよねえ。感心どころか怖ささえ。
老けないといえばふと気がついたのが荒木飛呂彦先生である。
久しぶりにダ・ヴィンチ買った。

50過ぎてるらしいよこの人。

ジョジョのコミックス1巻(昭和時代)の表紙折り返しのとこの写真
(それにしてもこの髪型)

7年位前にユニクロのTシャツデザインしたとき(タグを見るとこの頃ユニクロのTシャツは定価が1000円だったのだなあ。買ったはいいが着る機会がない・・・)
老けないね~

私は老いをひしひしと感じるこの猛暑です。
コメント

プールとおすべり

2012年07月16日 20時15分39秒 | Weblog
今日は実家にウエスを届けに行ったらむーちゃん用のプールとおすべりが用意してあった。

「なぬ!むーちゃんが来るのか!?」
なんの連絡もよこさないなんておまめ、ひどいな・・・
ママはてっきりおまめから私に「実家行くよ」というメールがあったから私がのこのこやって来たのだと思ったらしいが、違うのだ、むーちゃんに会いたい一心が生んだ奇跡なのだ。
むーちゃんはプールを見て大はしゃぎで家にも入らずそのまま裸になってプールで遊んでいた。
いいなあ〜
楽しそうで。
コメント

THE RUM DIARY

2012年07月11日 21時29分23秒 | Weblog
今日も天気がよかったなあ~
今日もお休みだ。でも早めに起きて映画を観に行った。レディスデーだし。
ジョニー・デップ主演の「ラム・ダイアリー」を観ました。これけっこう地味だよね、あまり宣伝もされてないような気がしますがどうでしょう。「あれ?こんなのやるんだ~へぇ~」と思った。ジョニデ様はコスプレ的な役かティム・バートンと組むかしないと大々的に宣伝してもらえないのだろうか??でもこういう素顔の役の映画のほうが私は好きだ。でもそんなこと言っても実はシザーハンズがいちばん好きだ。
まったく予備知識がなかったんだけどチラシの雰囲気からしてなんとなく「ブロウ」とか「ラスベガスをやっつけろ」みたいな感じなのかなーと思ってた、陽気なようなちょっと悪いような。どちらかというと「ラスベガスをやっつけろ」かしらと思ってたら、原作者が同じで(ハンター・S・トンプソンという人)しかも「ラスベガスをやっつけろ」ではジョニデ様はハンター・S・トンプソン役だったらしい。おおー
今回はNYからプエルトリコの地元新聞社にやって来たジャーナリスト、ポール・ケンプ(ジョニデ様です)が酒におぼれつつも記者仲間とともに、アメリカの大物実業家サンダーソン(アーロン・エッカート)たちが不正によってプエルトリコを食い物にしているのを暴き、彼の女もうばってしまうというけっこう痛快な話だった。毎日毎日ラム酒漬けになりながらもジャーナリスト魂が再燃してゆく様子がひしひしと伝わって、こういうジョニデ様も良いよー
サンダーソンの婚約者のシュノーという子演じてをいるアンバー・ハードという女子がエロくて可愛くてバービー人形みたいだった。でもサンダーソンと別れた後のナチュラルメイクも可愛かった。ジョバンニ・リビシがいかれた役で出てるのだが、このひと観るたびに気持ち悪くなってるような・・・
最近なんかあまり観たい映画がないなあと思ってたんだけどこれは観といてよかった。
コメント