1 TWO 1 Impact
応援しているMinnesota Timberwolvesの事や趣味のNBAトレカ、Fantasy NBAの事など
 



おいっ!!メディアデーも済んでキャンプはじまってんぞーっ!!!
ということで前回のメモが・・・、8月19日・・・orz
9月更新してなかったのかぁ…大ニュースがあったのに…。

というワケで現地9/11にチームはF.Saundersが治療に専念する為にHC職、球団社長職から一旦退くことになると発表しました。
本人の意思を尊重していたんだろうと思いますが、個人的には色んな事が中途半端になるのがコワイので治療に専念した方が…、
と思っていたので本人は悔しさを感じているんだろうと思いますが、命、健康が一番大切ですから…。
私は病気や怪我で大変な事になると本人よりも周りの大切な人達が大きな苦労をかけると知ったのでムリはすべきじゃないと思います。
ましてやSaundersは、お金持ちなんですから、思い切って休むことは、きっと全てうまくいく決断だと信じています。

そして、次期HC・・・、ではなく暫定HCにはSam Mitchellが就任。
彼がTorontoでHCになった時には“いつか…”と思いましたが、暫定とはいえ本当にやって来るとは…。
しかもKGまで戻って来ている状況で…、過去の自分に話したら泣いて喜ぶかも?いや、信じないだろうなw
それぐらい凄くストーリーのある人事だなぁと思います。
メディアデーでも“まずはディフェンス”とはなしていたようですが、ディフェンスの改善…というか構築に期待大ですね。


で、フロント責任者というのか何なのかよく分かりませんが、GMのM.Newtonの権限も大きくなるようです。
カメラの前に出てくることも増えていますね。
そして、9/14には、Arnie Kanderをスポーツパフォーマンスの役員(副社長)として迎えたとアナウンス。
92年から今年までDetroitでコンディショニングコーチを務めた方だそうです。
怪我の予防やリハビリにおいてユニークなアプローチで成果をあげている、その世界では有名な方だそうです。
また、9/24にはNew OrleansでACをつとめていたBryan Gatesと
Atlantaでbasketball operations departmentをつとめていたVince Legarzaの2名をチームに迎えたとアナウンス。
B.GatesはAC、V.LegarzaはPlayer Development Assistant兼ビデオコーディネーター。


そして、同じく9/24にAnthony Bennettをウェイヴしたとアナウンス。
バイアウト額は$360万との事なので約$220万の節約…って事になるのかな…。
えー、非常に残念ではありますが、彼の契約先がTORだったのは不幸中の幸い。
地元で心機一転、頑張って欲しいと思います。Wolves戦以外は応援します。Wolves戦以外は…。
シカタネーシカタネー。デアイトワカレノクリカエシダモノ・・・。

というワケでロスターもメモりましょうかねぇ。
Point Guard
 ・Ricky Rubio:約1270万ドル(18-19)、HT:6-4(193cm)/WT:180(82kg)、24歳
 ・Tyus Jones:約128万ドル(17-18 T-Option)、HT:6-1(185cm)/WT:190(86kg)、19歳
 ・Andre Miller:約150万ドル(15-16)、HT:6-2(188cm)/WT:200(91kg)、39歳
 ・Lorenzo Brown:約-万ドル(14-15)、HT:6-5(196cm)/WT:195(88kg)、24歳、FA

Shooting Guard
 ・Kevin Martin:約709万ドル(16-17)、HT:6-7(201cm)/WT:185(83kg)、32歳
 ・Zach LaVine:約215万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:180(82kg)、20歳
 ・Nick Wiggins:約?ドル、HT:6-6(198cm)/WT:192(87kg)、24歳

Small Forward
 ・Shabazz Muhammad:約206万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:225(102kg)、22歳
 ・Andrew Wiggins(SG/SF):約576万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:200(90kg)、20歳
 ・Tayshaun Prince:約576万ドル(15-16)、HT:6-9(206cm)/WT:215(98kg)、35歳

Power Forward
 ・Adreian Payne:約194万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-10(208cm)/WT:245(111kg)、24歳
 ・Kevin Garnett:約850万ドル(16-17)、HT:6-11(211cm)/WT:237(107kg)、39歳
 ・Nemanja Bjelica(SF/PF):、約400万ドル(17-18)、HT:6-10(208cm)/WT:223(101kg)、27歳
 ・Damjan Rudez(SF/PF):、約115万ドル(16-17 T-option)、HT:6-10(208cm)/WT:200(91kg)、29歳

Center
 ・Nikola Pekovic:約1210万ドル(17-18)、HT:6-11(211cm)/WT:290(132kg)、29歳
 ・Gorgui Dieng:約140万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-11(211cm)/WT:245(111kg)、25歳
 ・Karl-Anthony Towns:約570万ドル(17-18 T-Option)、HT:6-11(211cm)/WT:250(113kg)、19歳
 ・Kleon Penn:約?ドル、HT:7-00(213cm)/WT:279(127kg)、29歳

Buyout
 ・Anthony Bennett(SF/PF):約360万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:240(109kg)

Draft Pick
 ・Paulo Prestes(PF/C):2010 45th Pick、):HT:6-10(208cm)/WT:275(125kg)、27歳
 ・Tanguy Ngombo:20011 57th Pick、HT:6-6(198cm)/WT:210(95kg)、25歳
 ・Bojan Dubljevic(PF/C):20013 59th Pick、HT:6-9(206cm)/WT:235(106kg)、23歳
 ・2016 1st Round Pick trade to Phoenix.(top 12 protected in 2015 and 2016, or second-round picks in 2016 and 2017)
 ・2016 2nd Round Pick receive the from Houston.(top 45 or extinguished)
 ・2017 2nd Round Pick receive the from New Orleans.(top 55 or extinguished)
 ・2018 1st Round Pick trade to Atlanta. (lottery protected in 2016-2020 or 2020 and 2021 second round picks. )
 ・2019 1st Round Pick trade to Cleveland.
 ・2019 2nd Round Pick receive the from Miami.(via Charlotte)

所謂キャンプ契約のK.PennとK.Wigginsを含め18名でキャプイン。
15人目なぁ。Lorenzo・・・なぁ。
まぁ、デアイトワカレノクリカエシダモノ・・・。


それでは、お時間です。さようなら





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一週間後には次号が出るのにやっとこさ月曜にDS誌9月号を入手しました。
ふぅ。
前回の更新は7/27でN.BjelicaとのサインとかChaseやらをメモったんすねぇ。
今回もロスターに動きがあったようなので漏れが発生しないうちにメモっておきたいと思いますよ。
いや、たぶん漏れてるんだろうなぁ(白目)

まずはAndre Millerとミニマムの単年契約で合意との報道がありました。
Twitterのお気に入りにぶち込んどいたtweetが7/30の日付だったので現地時間の29日だったのかな?
まぁ、何日でも良いのですがw
で、8/3に公式アナウンス。
MillerはKG、T.Duncanと同じ76年生まれの39歳。
Wolvesはリーグ最年長の3人の内2人をロスターに抱える事になるそうです。
RookieのKATは95年生まれ。
KATが生まれた11/15、KGはデビューから6戦目。
キャリア初の二桁得点を記録。19P、8R、1A、1Blkだったようです。
・・・。
いや、Millerとの契約ですねwww
脱線しましたが、それだけのキャリアを積んだ大ベテランから多くの事を若手が学べると良いですね。
それに伴い?Q-offerをいったん出したR.Hummelがイタリアのミランと契約。
彼にQOを出した時点ではおそらくフォワードの面々をトレードで整理する算段だったんでしょうね。たぶん。
それが出来なかったのか、Bennettのカナダ代表でのプレーを観て止めたのかは知るトコロではありませんが、
昨シーズンの起用の仕方やもったいぶるようなオファーを出したりと、Hummelにはなんか扱いが失礼というかなんというか…。
まぁ、他のNBAチームからオファーが無かったからこういった結果になったんでしょうけれども、
彼にはイタリアで真っ当な起用法で正当に評価されてNBAに戻って来て欲しいと思います。
それがWolvesなら最高ですね。

そして、F.Saundersが、8/12かな?だから現地11日にリンパ腫の治療を行っていると公表。
Draftの頃には治療を開始していたんですね。
・・・むぅ。
まぁ、こういう話は他人事じゃないですよねぇ。
身近な人や自分自身にいつどうなるかなんて分からないですからねぇ…。
むぅ。
一ファンとしては、完治、・・・いや、根治するよう願うしかできませんが。

そして、8/14だから現地13日、Tayshaun Princeと単年のミニマム契約で合意との一報があったそうです。
忙しくて、この情報を知ったのが昨日なのですが…(白目)
80年生まれのTayshaunは35歳。
Princeも35歳なのかぁ…。
個人的に好きな選手ですし嬉しいです。
Wiggyの成長にも大きく力を貸してくれそうですよね。
Bjelicaにとっても大きな助けになりそうです。
Zachにもディフェンスへの意識を向上させる助けになると思いますが、本人が果たしてDに力を注ぐかどうかwww

つーワケでロスターを確認。

Point Guard
 ・Ricky Rubio:約1270万ドル(18-19)、HT:6-4(193cm)/WT:180(82kg)、24歳
 ・Tyus Jones:約128万ドル(17-18 T-Option)、HT:6-1(185cm)/WT:190(86kg)、19歳
 ・Andre Miller:約150万ドル(15-16)、HT:6-2(188cm)/WT:200(91kg)、39歳
 ・Lorenzo Brown:約-万ドル(14-15)、HT:6-5(196cm)/WT:195(88kg)、24歳、FA

Shooting Guard
 ・Kevin Martin:約709万ドル(16-17)、HT:6-7(201cm)/WT:185(83kg)、32歳
 ・Zach LaVine:約215万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:180(82kg)、20歳

Small Forward
 ・Shabazz Muhammad:約206万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:225(102kg)、22歳
 ・Andrew Wiggins(SG/SF):約576万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:200(90kg)、20歳
 ・Tayshaun Prince:約576万ドル(15-16)、HT:6-9(206cm)/WT:215(98kg)、35歳

Power Forward
 ・Anthony Bennett(SF/PF):約580万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:240(109kg)、22歳
 ・Adreian Payne:約194万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-10(208cm)/WT:245(111kg)、24歳
 ・Kevin Garnett:約850万ドル(16-17)、HT:6-11(211cm)/WT:237(107kg)、39歳
 ・Nemanja Bjelica(SF/PF):、約400万ドル(17-18)、HT:6-10(208cm)/WT:223(101kg)、27歳
 ・Damjan Rudez(SF/PF):、約115万ドル(16-17 T-option)、HT:6-10(208cm)/WT:200(91kg)、29歳

Center
 ・Nikola Pekovic:約1210万ドル(17-18)、HT:6-11(211cm)/WT:290(132kg)、29歳
 ・Gorgui Dieng:約140万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-11(211cm)/WT:245(111kg)、25歳
 ・Karl-Anthony Towns:約570万ドル(17-18 T-Option)、HT:6-11(211cm)/WT:250(113kg)、19歳

Draft Pick
 ・Paulo Prestes(PF/C):2010 45th Pick、):HT:6-10(208cm)/WT:275(125kg)、27歳
 ・Tanguy Ngombo:20011 57th Pick、HT:6-6(198cm)/WT:210(95kg)、25歳
 ・Bojan Dubljevic(PF/C):20013 59th Pick、HT:6-9(206cm)/WT:235(106kg)、23歳
 ・2016 1st Round Pick trade to Phoenix.(top 12 protected in 2015 and 2016, or second-round picks in 2016 and 2017)
 ・2016 2nd Round Pick receive the from Houston.(top 45 or extinguished)
 ・2017 2nd Round Pick receive the from New Orleans.(top 55 or extinguished)
 ・2018 1st Round Pick trade to Atlanta. (lottery protected in 2016-2020 or 2020 and 2021 second round picks. )
 ・2019 1st Round Pick trade to Cleveland.
 ・2019 2nd Round Pick receive the from Miami.(via Charlotte)

Millerの加入で待望のPG3人確保となり、ZachがSGとして存分に力を発揮できそうな体制となったんじゃないかなぁと嬉しい反面、
キャンプ契約が公表されているLorenzoが…ががががががががが・・・・・・・。
まぁ、仕方が無いですかねぇ。
未だになんとかならないかな?とも思いますがwww
個人的には代表チームでのプレーで首脳陣のBennettへの考えが変わっていて欲しいなぁと思いますが…、果たして???
となると同じ誕生日のD.Rudezをカットして15人か…。
どーなるんだろ???



それでは、お時間です。さようなら





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一週間後には次号が出るのにやっとこさ月曜にDS誌9月号を入手しました。
ふぅ。
前回の更新は7/27でN.BjelicaとのサインとかChaseやらをメモったんすねぇ。
今回もロスターに動きがあったようなので漏れが発生しないうちにメモっておきたいと思いますよ。
いや、たぶん漏れてるんだろうなぁ(白目)

まずはAndre Millerとミニマムの単年契約で合意との報道がありました。
Twitterのお気に入りにぶち込んどいたtweetが7/30の日付だったので現地時間の29日だったのかな?
まぁ、何日でも良いのですがw
で、8/3に公式アナウンス。
MillerはKG、T.Duncanと同じ76年生まれの39歳。
Wolvesはリーグ最年長の3人の内2人をロスターに抱える事になるそうです。
RookieのKATは95年生まれ。
KATが生まれた11/15、KGはデビューから6戦目。
キャリア初の二桁得点を記録。19P、8R、1A、1Blkだったようです。
・・・。
いや、Millerとの契約ですねwww
脱線しましたが、それだけのキャリアを積んだ大ベテランから多くの事を若手が学べると良いですね。
それに伴い?Q-offerをいったん出したR.Hummelがイタリアのミランと契約。
彼にQOを出した時点ではおそらくフォワードの面々をトレードで整理する算段だったんでしょうね。たぶん。
それが出来なかったのか、Bennettのカナダ代表でのプレーを観て止めたのかは知るトコロではありませんが、
昨シーズンの起用の仕方やもったいぶるようなオファーを出したりと、Hummelにはなんか扱いが失礼というかなんというか…。
まぁ、他のNBAチームからオファーが無かったからこういった結果になったんでしょうけれども、
彼にはイタリアで真っ当な起用法で正当に評価されてNBAに戻って来て欲しいと思います。
それがWolvesなら最高ですね。

そして、F.Saundersが、8/12かな?だから現地11日にリンパ腫の治療を行っていると公表。
Draftの頃には治療を開始していたんですね。
・・・むぅ。
まぁ、こういう話は他人事じゃないですよねぇ。
身近な人や自分自身にいつどうなるかなんて分からないですからねぇ…。
むぅ。
一ファンとしては、完治、・・・いや、根治するよう願うしかできませんが。

そして、8/14だから現地13日、Tayshaun Princeと単年のミニマム契約で合意との一報があったそうです。
忙しくて、この情報を知ったのが昨日なのですが…(白目)
80年生まれのTayshaunは35歳。
Princeも35歳なのかぁ…。
個人的に好きな選手ですし嬉しいです。
Wiggyの成長にも大きく力を貸してくれそうですよね。
Bjelicaにとっても大きな助けになりそうです。
Zachにもディフェンスへの意識を向上させる助けになると思いますが、本人が果たしてDに力を注ぐかどうかwww

つーワケでロスターを確認。

Point Guard
 ・Ricky Rubio:約1270万ドル(18-19)、HT:6-4(193cm)/WT:180(82kg)、24歳
 ・Tyus Jones:約128万ドル(17-18 T-Option)、HT:6-1(185cm)/WT:190(86kg)、19歳
 ・Andre Miller:約150万ドル(15-16)、HT:6-2(188cm)/WT:200(91kg)、39歳
 ・Lorenzo Brown:約-万ドル(14-15)、HT:6-5(196cm)/WT:195(88kg)、24歳、FA

Shooting Guard
 ・Kevin Martin:約709万ドル(16-17)、HT:6-7(201cm)/WT:185(83kg)、32歳
 ・Zach LaVine:約215万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:180(82kg)、20歳

Small Forward
 ・Shabazz Muhammad:約206万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:225(102kg)、22歳
 ・Andrew Wiggins(SG/SF):約576万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:200(90kg)、20歳
 ・Tayshaun Prince:約576万ドル(15-16)、HT:6-9(206cm)/WT:215(98kg)、35歳

Power Forward
 ・Anthony Bennett(SF/PF):約580万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:240(109kg)、22歳
 ・Adreian Payne:約194万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-10(208cm)/WT:245(111kg)、24歳
 ・Kevin Garnett:約850万ドル(16-17)、HT:6-11(211cm)/WT:237(107kg)、39歳
 ・Nemanja Bjelica(SF/PF):、約400万ドル(17-18)、HT:6-10(208cm)/WT:223(101kg)、27歳
 ・Damjan Rudez(SF/PF):、約115万ドル(16-17 T-option)、HT:6-10(208cm)/WT:200(91kg)、29歳

Center
 ・Nikola Pekovic:約1210万ドル(17-18)、HT:6-11(211cm)/WT:290(132kg)、29歳
 ・Gorgui Dieng:約140万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-11(211cm)/WT:245(111kg)、25歳
 ・Karl-Anthony Towns:約570万ドル(17-18 T-Option)、HT:6-11(211cm)/WT:250(113kg)、19歳

Draft Pick
 ・Paulo Prestes(PF/C):2010 45th Pick、):HT:6-10(208cm)/WT:275(125kg)、27歳
 ・Tanguy Ngombo:20011 57th Pick、HT:6-6(198cm)/WT:210(95kg)、25歳
 ・Bojan Dubljevic(PF/C):20013 59th Pick、HT:6-9(206cm)/WT:235(106kg)、23歳
 ・2016 1st Round Pick trade to Phoenix.(top 12 protected in 2015 and 2016, or second-round picks in 2016 and 2017)
 ・2016 2nd Round Pick receive the from Houston.(top 45 or extinguished)
 ・2017 2nd Round Pick receive the from New Orleans.(top 55 or extinguished)
 ・2018 1st Round Pick trade to Atlanta. (lottery protected in 2016-2020 or 2020 and 2021 second round picks. )
 ・2019 1st Round Pick trade to Cleveland.
 ・2019 2nd Round Pick receive the from Miami.(via Charlotte)

Millerの加入で待望のPG3人確保となり、ZachがSGとして存分に力を発揮できそうな体制となったんじゃないかなぁと嬉しい反面、
キャンプ契約が公表されているLorenzoが…ががががががががが・・・・・・・。
まぁ、仕方が無いですかねぇ。
未だになんとかならないかな?とも思いますがwww
個人的には代表チームでのプレーで首脳陣のBennettへの考えが変わっていて欲しいなぁと思いますが…、果たして???
となると同じ誕生日のD.Rudezをカットして15人か…。
どーなるんだろ???



それでは、お時間です。さようなら





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




PCを起ち上げた瞬間に明日になったらSD誌やH誌が田舎でも手に入るからそれを見ながらの方が楽だなぁと…、
思いましたが、Chaseのトレードくらいしかネタが無い(と思ってる)ので大差ないですかねぇ。
という訳でChase Budingerがトレードとなりました。
現地7/12に公式アナウンスだったでしょうか?
IndianaとのトレードでDamjan Rudezを獲得する形となりました。
Damjan Rudezは6-10(208cm)、200lbs(90.7kg)のクロアチア人のフォワード。
先日、29歳になったばかり…、んっ?!!!!!!!!!!!!!!
ろ、ろ、ろくがつ、じゅーなな日生まれだとっ!?????????????????????????
誕生日が一緒ですwwwマジかぁっ。
いやぁ、とうとう同じ誕生日の選手がWolvesに現れるとは…。
というワケで急に是非生き残って欲しくなったりもしますが、今季は約$115万(来季はT-option)でChaseの1/4以下の契約で、
トレードがまとまったすぐ後にサインしたNemanja Bjelicaとポジションが被るのでチームに残るかは疑問が残る存在でしょうか?
3Pが得意なようですがBjelicaやFAのHummelと被るタイプっぽいでしょうかね?

そうか、N.Bjelicaとのサインもまだ、更新してなかったのか…。
サボりすぎやな…、後悔するからなるべく細かくメモしておかないととは思っているのですが…。
ドラフト時、44番のジャージを持って会見したBjelicaですが、88番を着けるそうです。
あの頃より倍は凄い選手になったぜ!とか言うのかと思ったらダブル8だそうで、8への思い入れが強いようですね。
生まれも88年ですねw
契約は3年、約$1170万だとか。
噂されていたより安い契約になったようで良かったですねぇ。
まぁ、1ファンからしたら選手は多く稼げれば良いと思いますがw
というワケでロスターが変わりました。

Point Guard
 ・Ricky Rubio:約1270万ドル(18-19)、HT:6-4(193cm)/WT:180(82kg)、24歳
 ・Tyus Jones:約128万ドル(17-18 T-Option)、HT:6-1(185cm)/WT:190(86kg)、19歳
 ・Lorenzo Brown:約-万ドル(14-15)、HT:6-5(196cm)/WT:195(88kg)、24歳、FA

Shooting Guard
 ・Kevin Martin:約709万ドル(16-17)、HT:6-7(201cm)/WT:185(83kg)、32歳
 ・Zach LaVine:約215万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:180(82kg)、20歳

Small Forward
 ・Shabazz Muhammad:約206万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:225(102kg)、22歳
 ・Robbie Hummel:約90万ドル(14-15)、HT:6-8(203cm)/WT:220(98kg)、26歳、FA
 ・Andrew Wiggins(SG/SF):約576万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:200(90kg)、20歳

Power Forward
 ・Anthony Bennett(SF/PF):約580万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:240(109kg)、22歳
 ・Adreian Payne:約194万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-10(208cm)/WT:245(111kg)、24歳
 ・Kevin Garnett:約850万ドル(16-17)、HT:6-11(211cm)/WT:237(107kg)、39歳
 ・Nemanja Bjelica(SF/PF):、約400万ドル(17-18)、HT:6-10(208cm)/WT:223(101kg)、27歳
 ・Damjan Rudez(SF/PF):、約115万ドル(16-17 T-option)、HT:6-10(208cm)/WT:200(91kg)、29歳
 ・Arinze Onuaku:約48万ドル(14-15)、HT:6-9(206cm)/WT:275(125kg)、27歳、FA

Center
 ・Nikola Pekovic:約1210万ドル(17-18)、HT:6-11(211cm)/WT:290(132kg)、29歳
 ・Gorgui Dieng:約140万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-11(211cm)/WT:245(111kg)、25歳
 ・Karl-Anthony Towns:約570万ドル(17-18 T-Option)、HT:6-11(211cm)/WT:250(113kg)、19歳
 ・Justin Hamilton:約82万ドル(14-15)、HT:7-0(213cm)/WT:245(111kg)、25歳、FA

Draft Pick
 ・Paulo Prestes(PF/C):2010 45th Pick、):HT:6-10(208cm)/WT:275(125kg)、27歳
 ・Tanguy Ngombo:20011 57th Pick、HT:6-6(198cm)/WT:210(95kg)、25歳
 ・Bojan Dubljevic(PF/C):20013 59th Pick、HT:6-9(206cm)/WT:235(106kg)、23歳
 ・2016 1st Round Pick trade to Phoenix.(top 12 protected in 2015 and 2016, or second-round picks in 2016 and 2017)
 ・2016 2nd Round Pick receive the from Houston.(top 45 or extinguished)
 ・2017 2nd Round Pick receive the from New Orleans.(top 55 or extinguished)
 ・2018 1st Round Pick trade to Atlanta. (lottery protected in 2016-2020 or 2020 and 2021 second round picks. )
 ・2019 1st Round Pick trade to Cleveland.
 ・2019 2nd Round Pick receive the from Miami.(via Charlotte)


KGとの再契約も触れてなかった…orz
噂通りKGと契約延長。
2年。
はいいけど、もっと安くならんもんかねwwwいや、まぁ、1ファンにゃ額は関係ないけどw
BjelicaもRudezもスピードを考えるとPFが軸になる選手じゃないかと予想。

契約下には14人。
ABのトレードはカナダ代表での活躍を見守ってからでしょうか?
それとも何処からも関心が無いから何も起きないのか?
誰が出て、誰が入ってくるのか?
それとも何も起きないのか?
いや、ロスターバランスは見直さないといけないと思いますし、何も起きないことは無いかな…。
何も起きないならLorenzoと再契約を希望したいですねぇ。
2番もカバー出来ますし、サマーリーグを見る限り、Zachはやはりゴリゴリの2番。
PGで起用するにしてもMartさんが2番じゃ危険過ぎますし…w
やはり、まだ動きはありそうですよね。

サマーリーグもそうですが、Wigginsも短い動画ですが、ハンドリングが向上しているようですし、楽しみ楽しみ♪
あ~、プレシーズン始まらないかなぁw
そのころには涼しくもなってるしwwwホントに暑い日が続いてますし嫌になりますね。
ご覧の方も体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。


それでは、お時間です。さようなら






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大病で床に伏せると風邪のひきかたも変わるんですかねぇ。
FA交渉も解禁になる前に1度ブログも更新しておきたいなぁと思っておったら風邪ひきましたorz
なんか熱が出るんですよねぇ。ちょっと前まで風邪をひいても熱が出ても微熱程度で済んでいたのですが…齢ですかねぇ…。
FAもTwitterの通知が凄かったですが、目を通しても記憶に残っておらずで結構サッパリです。
J.ButlerやK.Leonardの再契約で合意という報道は嬉しいですね。
移籍なら移籍で面白い事になるとは思いますが、チームの顔になる選手には留まって欲しい派です。
M.Gasolにも再契約して欲しいのですが、どんな状況なんですかね?
他の選手、そしてチームの出方を観察してるのでしょうか?
Wolvesはいわゆる目玉FAが落ち着いて、その次のランクの選手たちが落ち着いたらトレードでウンヌンカンヌン…。

で、Draftすね!
1st PickでKarl-Anthony Townsを指名!
ライブ視聴していたのですが、ホッとしたというのが感想ですw
あとは他人事なのでボケーっと観ており、そろそろ家を出なくちゃいけない時間になり準備をしながら視聴。
TwitterでCLEがTyus Jonesを指名するというリークが流れ、『トレードは片方が指名を確定した後に…』とか思っていたら、
ホントにCLE-Wolves間トレードのリークがブチ上がりました!!!!!
しかも初期報道は2つの2nd R Picksとのトレードという事でションテンもガリアー!!!!
ホントにSaunders体制下でのドラフトは見事としか言いようがないです。
そして、LeBronとCavsにはありがとうとしか言いようがありません。
トレードは将来の2nd R Pickも含まれるという事らしいですが、持って行ってよお兄さんてな感じですね。
将来的に悪く評価される事もあり得るかもしれませんが、現状、欲しかったポジションを欲しかった選手で埋められましたので、
将来どうなろうとも支持したい動きだったと思います。

その後、R.HummelへのQ-Offerを行使。R.Hummelは制限付きFAとなります。(でイイんですよね?)
全然ルールが分かっていないのですが、残留が決まったとTweetをしている方も多いので何が何やらサッパリです。
Hummel側が他からの良いオファーにサインしたら同条件で引止めが可能なんですよね?たしか。
んで、オファーがなければ1.25倍の単年契約。
まぁ、理解していなくてもなるようにしかなりませんが気がかりですねぇ。
とはいえ、個人的には他から良いオファーがあればいいなぁと思っています。
Hummelのキャリア的にもその方が良いと思いますし、Wolves的にもダブついてるフォワードの控えより、優先した方がいいんじゃない?かと思います。
勿論、トレードで調整するつもりだと思いますが、Bjelicaとも契約となりそうなのになんだかなぁと…。
個人的には前回も書いたかTwitterの方だったか忘れましたが、Lorenzoの方が~と思います。
やはりLaVineは2番だと思うのでPGは3人抱えた方が…と思うんですよね。
批判するつもりはありませんが、結果的にRubioのキャリアに出場できないレベルの怪我が付き物になっている以上、控えPGは2人欲しいと思います。
Zoはサイズもあるので2番もカバー出来るのでうってつけだと思うのですが…。
トレードでロスター枠に空きが出来れば、再契約もあり得ると思いますが…。
とはいえ、Bjelicaと同時にコートに立つならZachの1番での起用はオフェンス面では面白いのかもしれないと思ったりwww

何はともあれ楽しみには変わりないです。
ココからどう変わっていくかも楽しみながら見守りたいですね。
まぁ、変わる場合はトレードがつきものになるので楽しいだけでは済みませんが…。


それでは、お時間です。さようなら




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ドラフトも目前。
という事で指名予想やらトレード予想やらで賑やかですねぇ。
WadeやらDMCやらの名前がブチ挙るLALはサスガLALといった感じですねぇ。
個人的にはKobeの存在がある限りは、一からの再建には踏み切るワケにはいかないんだろうなと思っているので、
若手&指名権でベテランを狙うのはとても“らしい”なという印象です。
とはいえ、Cousins加入ですぐに勝てるか?というとそうでもないでしょうし、7月からのFA市場でのLALのらしさにも注目です。
いや、DMCが獲得できるかもワカリマセンが…。

さて、LALに注目とウソをついてしまったトコロで注目のWolvesのメモを~。
DraftはKATがLALとのワークアウトを拒否?キャンセル?し、チームからの招待を受けてのワークアウトはWolvesのみで終えるという事で決まりですかね。
本人は、確約なんて受けていないとコメントしているようですがw
1st Pickに関しては、そんな感じですが2つの2nd R Picksはどーするのでしょうか?
ロスターを見ると・・・、KATを加える事を考えると…パンパンですw

Point Guard
 ・Ricky Rubio:約1270万ドル(18-19)、HT:6-4(193cm)/WT:180(82kg)、24歳
 ・Lorenzo Brown:約-万ドル(14-15)、HT:6-5(196cm)/WT:195(88kg)、24歳、FA

Shooting Guard
 ・Kevin Martin:約709万ドル(16-17)、HT:6-7(201cm)/WT:185(83kg)、32歳
 ・Zach LaVine:約215万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:180(82kg)、20歳
 ・Gary Neal:約325万ドル(14-15)、HT:6-4(193cm)/WT:210(95kg)、30歳、FA

Small Forward
 ・Chase Budinger:約500万ドル(15-16 P-Option)、HT:6-7(201cm)/WT:218(99kg)、26歳
 ・Shabazz Muhammad:約206万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-6(198cm)/WT:225(102kg)、22歳
 ・Robbie Hummel:約90万ドル(14-15)、HT:6-8(203cm)/WT:220(98kg)、26歳、FA
 ・Andrew Wiggins(SG/SF):約576万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:200(90kg)、20歳

Power Forward
 ・Anthony Bennett(SF/PF):約580万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-8(203cm)/WT:240(109kg)、22歳
 ・Adreian Payne:約194万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-10(208cm)/WT:245(111kg)、24歳
 ・Kevin Garnett:約1200万ドル(14-15)、HT:6-11(211cm)/WT:237(107kg)、38歳、FA
 ・Arinze Onuaku:約48万ドル(14-15)、HT:6-9(206cm)/WT:275(125kg)、27歳、FA

Center
 ・Nikola Pekovic:約1210万ドル(17-18)、HT:6-11(211cm)/WT:290(132kg)、29歳
 ・Gorgui Dieng:約140万ドル(16-17 T-Option)、HT:6-11(211cm)/WT:245(111kg)、25歳
 ・Justin Hamilton:約82万ドル(14-15)、HT:7-0(213cm)/WT:245(111kg)、25歳、FA

Draft Pick
 ・Nemanja Bjelica(SF):2010 35th Pick、HT:6-10(208cm)/WT:223(101kg)、26歳
 ・Paulo Prestes(PF/C):2010 45th Pick、):HT:6-10(208cm)/WT:275(125kg)、27歳
 ・Tanguy Ngombo:20011 57th Pick、HT:6-6(198cm)/WT:210(95kg)、25歳
 ・Bojan Dubljevic(PF/C):20013 59th Pick、HT:6-9(206cm)/WT:235(106kg)、23歳

FA陣を見てみるとPekの事を考えるとJ.Hamiltonはキープして欲しい気がしますが、KAT加入で再契約は無いでしょうねぇ。
Nealは、どうなんですかねぇ?本人はPlayoffチームへ行きたいでしょうから再契約は無いのかな?と勝手に思っていますが。
LoBronはキープですよねぇ。PGは彼をキープした上でもう一人…。
そして、Hummel。個人的にはドアマットで便利屋をやらされているのが不憫でなりません。
彼のような選手は完成されたチームでチームを補完する役割を担ってこそ称賛されると思うので、今のWolvesにはある意味勿体ない選手だと思っています。
エリートチームから誘いがある事を願っています。そして、Wolvesにも邪魔して欲しくないです。
FA市場での彼の評価が非常に気になりますね。
勿論、他から誘いがなければキープですが…ありますよね?ねっ?!

あとはLaVineの起用法っていうのが気がかりでそれによってPGかSGを加えて~といった感じですかね?
と、トレードがなければやはりPGかPFですかね?

という事でトレード。
やはり2つ2nd R Picksはトレード材料とするのが定石となりそうですね。
トレードアップ?か未来の指名権?か、海外クラブ在籍選手を指名か?ベテランを加えてのトレードか?
きっと色んな可能性を模索しているでしょうね。
そんな中、TORからGravis Vasquez獲得の噂。
サイズのあるコンボガードということで2nd PGとして起用しやすそうだと思ったのですが、
Twitterで『LaVineとのバックコートは危なっかしそうだから反対』という意見を拝見しました。
ウザいだろうなぁと思いながらもついつい、危なっかしいという言葉の意味をお聞きしてしまったのですが、
2人ともシュートファーストだから、との回答をいただきました。
Vasquezのプレーは大して観ていませんし完全なイメージですが、J.J.やMo.Williamsに比べるとボールをシェアできる選手だと思っていました。
正PGがRubioである限り、2nd PGには得点力というのも必要かと思っていたのでVasquezは良いなぁと思ったのですが、バスケットは難しいですね…。
とはいえ、PGの補強はやはり検討しているのかなというのは窺えたので一安心?でしょうか。
そして、何よりもTrontoというチームが良いです。
必ずしも交換相手が噂されるBennettでは無いのかもしれませんが、個人的に次シーズンもABを観たいので出すのであればTORへ出して欲しい。
コレに関しては完全に“情”です。
エリートチームでHummelを観たいというのと同じで“情”。
とはいえ、ABには次シーズンもチャンスを与える価値はあると思っているのですが…。
AB出したらBjelicaで埋めるのか?それともBjelicaの交渉権でトレードか?FAか?

なにはともあれ、Draftが終われば、いくつかの答えが出るでしょうし楽しみです。
今年は1st Pickという事もあり指名の瞬間を見守れそうです。
Draftって日本時間で午前中に終わりましたっけ?今回は11時半までなら観られるのですが…。
あと1.5日。待ち遠しいわぁ。



それでは、お時間です。さようなら




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




携帯ゲームにハマって、TwitterのTweetペースどころかアプリを開く回数が激減中ですw
そりゃあ、ブログも放置するわなぁ。

さて、Draftまで10日を切りました!
が、1st Pickってイマイチ楽しくないですねwww
他チームのニーズを考えて、誰が残りそうか?とか、
残りそうな選手で誰がフィットしそうか?とか、何も考えず、誰が欲しいか?だけですし、
その上、トップ候補が欲しいインサイドプレイヤーという事でトレードダウンの可能性も低い…。
驚いたのは、F.Saundersが、オフの課題に3Pとディフェンスの改善を掲げているのにOkaforの方を気に入っているという報道があったこと…。
現在は、KATのワークアウトを観てKATに傾いていると報道されていますが、果たして????

また、Rashad Vaughn、Pat Connaughton、Trevor Lacey、Charles Jackson、Alan Williams、Bryce Dejean-Jonesらのワークアウトを実施。
R.Vaughnは評価を上げて、現在、コンバインで若干評価が下がったもののワークアウトで持ち直したT.Jonesに近い順位にモックされるほどの存在。
トレード無くして、彼の獲得は困難な様相を呈してきました。
交渉権、指名権、選手…、トレードでの動きがあるのか?!注目ですねぇ。

さて、トップACとしての招聘が期待されたMike MaloneがDENの新HCとして迎えられたそうです。
Oh.....
個人的には非常に期待していた人事だったので残念。
果たしてどのようなコーチを招き入れるのか?
ドラフト前にフロントオフィスを固めて、トレードを含めたドラフトに臨まないとチグハグな事になりそうで怖いです。
どーなりますかね?


それでは、お時間です。さようなら



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




吉報、吉報!!


2015 NBA All Rookie Teamが発表され、ROYを獲得したWiggyが1st Team、Zachが2nd Teamにそれぞれ選出されました!
Wiggyは1st Team票が満票の130票(計260P)で文句無しの1st Team入り。
Zachには1st Team票が22票(計135P)を獲得し、全体で7位で2nd Team入り。
内外の多くの怪我の副産物とはいえ大した成果です!!
Bounce Bros.の未来に幸あれ!
おめでとう!!!

そして、彼らに続くルーキーを指名する上で重要なDraft Lotteryを迎えました。
チームの代表者は夫人を派遣しようとしたトコロ、リーグからの要請でGlen Taylor(オーナー会議議長)自ら出陣。
奥様に勝利の女神となって欲しかったのでしょうが…。
Taylor翁を呼んだって事は、冥土の土産を持たせるつもりでしょう。きっとそーだ!うんうん。

ロッタリーの結果が14位からテンポ良く読み上げられていきます。
成績通りの順にチームが並びます。
6位でSacramentoが呼ばれた時、Lakersフロント、ファンは胸をなでおろしたのではナイでしょうか?w
5位Orlando。
4位New York!!!!!!
ココで成績通りにきていた指名順が崩れました。
そしてWolvesのTop3が確定。
LALのB.Scott HC、PhiladelphiaのN.Noel、そしてWolvesのG.Taylor。
席を立ち前に集められた3人を映しCMへ…。
そして、CM明け最初に読み上げられた3位指名はPhiladelphia。
まぁ、彼らはTop2候補がCなので1つ順位を下げたとはいえダメージは少なそうですね。
そして、WolvesはTop2が確定。
インサイドを補強したいはずなので一安心といったところでしょうか?
とはいえ、何かLALに1st Pickが行くのはスモールマーケットチームのファンからすると癪ですし、
チーム初の1st Pickをどうせなら獲得して欲しい!金の事なんて知りませんw
どーせなるようにしかならないんだし!!
で、2位は?!?!?!?!?!?!
Los Angeles Lakers・・・・・・・・・・・・・・・・。

てなワケで無事(?)にチーム史上初の1st Pick獲得であります。
基本的にはKarl-Anthony Townsか?Jahlil Okaforか?
と言われているようです。
比較するとジャンパーが良いKAT、ポストプレーのOkaforでいいのでしょうか?
個人的にはディフェンスのポテンシャルが高そうなKATを希望しています。
Okaforは…、フリースローとリバウンドがネックですよね。
Townsもパワーやポストスキルが不安視されていますが、
Okaforが不安視されている部分よりも改善が期待できそうですし、対応も出来そうな気がします。
とどのつまり、やってみなきゃ分からないですし、大成するかどうかも才能や努力に加えて、
環境にも大きく左右されます。

Wolvesが獲得したのは最も多くの選択肢。
最も大きな原石を獲得し、そして、しっかりと磨き、美しくカットできるか?
期待したいし、胸も躍ります。

あ、期待といえば交渉権を有しているNemanja Bjelicaが、ユーロリーグのMVPを獲得したそうです。
本人もNBAへのチャレンジを希望しているとの事。
PFサイズですがSFタイプのオールラウンダー。
個人的には今年の2つの指名権、未来の指名権、ベテラン、そしてBjelicaの交渉権を駆使してPGを…と思います。
1st Pickで期待のビッグマンを獲得出来そうなのでなお更に…。

続々と入ってくるであろうワークアウトのリポートや予定というエサを貪っていれば、スグにドラフトでしょう。
あー、楽しみ楽しみ。


それでは、お時間です。さようなら



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、プレイオフが大いに盛り上がっていますが、ロッタリーチームの目はシカゴに注がれています。
シカゴで行われているドラフトコンバイン。
Wolvesからは球団社長兼HC且つマイノリティーオーナーであるFlip Saundersをはじめ、M.Newton(GM)、Ryan Saunders(AC)、
Rob Babcock(球団副社長)Zarko Durisic(スカウト)、Millton Barnes(スカウト?)他ら、8人がシカゴでお仕事。
コンバインへ派遣できるのは上限が8人なんですかね?なんかそれっぽいTweetを目にしました。

そんなドラフトコンバインは例のごとくトップ指名候補は招待をスルー。
Wolvesは一巡目4位以上(が確定)と31位、36位と、今ドラフトの指名権を3つ保有しています。
以下の選手らと面談、また面談予定との事。
Rashad Vaughn, G, UNLV, Freshman(ミネアポリス出身の地元っ子、2巡目候補、196cmのSG、8月で19歳)
Tyler Harvey, G, Eastern Washington, Junior(2巡目候補、サウスポー、193cmのSG、7月で22歳)
Terry Rozier, G, Louisville, Sophomore(1巡目下位~2巡目候補、188cmのPG、21歳3月生まれ)
Christian Wood, F, UNLV, Sophomore(1巡目下位候補、209cmのPF、ウィングスパン220cm!!9月で20歳)
Tyus Jones, G, Duke, Freshman(ミネソタ出身の地元っ子、1巡目中位候補、188cmのPG、2015 NCAA Final4MOP!、5/10に19歳になったばかり)
Myles Turner, F/C, Texas, Freshman(ロッタリー指名候補、211cmのC、279cmのスタンディングリーチ、ウィングスパン223cm、19歳3月生まれ)

地元っ子のR.Vaughnは良いペリメーターシュターでロングレンジでも良いスポットアップシューターになれるポテンシャルを持ったシューターとの事。
2巡目候補でも30位台で指名がされると目されている選手だそうです。
31位か36位、ロスター枠を考えると少なくとも片方は海外クラブ在籍の選手の指名に使うと思いますが、スグにサインとなる選手の中では、
評価、出身地の両面でR.Vaughnが最有力の候補なのではないでしょうか?
素人の個人的な感想ですが、R.VaughnのチームメイトC.Woodはもう少し高い順位で指名されるのではないかと予想。
とても魅かれるモノがあります。現在の多くのモック通り25位以下で指名出来るなら、トレードを模索する価値は多分にあると思うのですが…。
A.Payneと長所も短所も似ていますし獲得は無さそう。
まぁ、細いけれどサイズがあるから1巡目下位じゃなくて中位くらいになるんじゃないかと期待。行き先が気になる選手です。
まぁ、他の選手の事も全然知らないので適当な予想ですwww
PGも補強が必要だと思っているのでT.Jonesも欲しい人材ですよね。マーケティングの観点から言ってもw
う~ん、PGどうするつもりなんだろ???まさかZLVを来季もなんて…、無いですよね(^^;)
いや、Zoの役割が大きくなるならそれはそれでいいんだけど…。
でも、やっぱりRubio、Pekのこれまでのキャリアを考えるとPGもCも3人は確保しておいて欲しい。
Cに関しては今の時代、PFでカバーしてもいいんだろうけど、PGはキャンプから抱えて挑みたいですよね。

ロッタリーもミネソタへ招待、もしくは合同のワークアウトも2巡目候補からになるんでしょうけれど、
なんにせよロッタリーピックですね~。
個人的にはTownsかWillie Cauley-Steinを獲得してディフェンスのコアになって欲しいと思っています。
OkaforではALやLove、そしてPekと変わらないと思うんですよねぇ。
いや、彼らよりも強力なインサイドスコアラーになるポテンシャルがあるとは思いますが、ディフェンス面での期待って・・・。
ALから始まるフロントコート陣のディフェンス面での存在感、リーダーシップの欠如が、長くPOから遠ざかっている原因の一つだと思うんです。
勿論、システムを含めたコーチングのマズさもあったかと思いますが、Wigginnsという核を得た今、ディフェンスのコア、魂になる選手が必要じゃないかと考えます。
1位指名が確定すればTownsの指名で!
1位以外になったら1位次第…、PHIが1位を獲得すれば交渉の余地はありそうな気もしますがw
それは、順位が確定してからのお楽しみですね。妄想するのも楽しみですが、1週間くらいで飽きるんですよねwww
とにかくロッタリーピックは現地5/19の火曜日。
WolvesはGlen Taylor氏の奥さんであるBecky夫人が代表者として派遣されるとの事。
昨年はMILとSACがオーナーの娘を送り込んでいましたね。
リーグ最下位だったMILオーナーの愛娘Mallory Endensさんは2指名権を獲得。
果たしてBeckyさんはチーム初の1st Pickを引き当てる女神となるか?!
祭りだ祭り!!楽しみです。


それでは、お時間です。さようなら



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




先日の更新でPOを行使して残留だろうと書いたChaseですが、なんでも住まいを引き払ったそうでオプションを破棄してFAに?!
との記事をチラ見しました。
シーズン終盤のプレーで複数年契約を得られるという自信を持ったかもしれませんし、ドアマットで若手の控えに回るなら、
勝てるチームなり、地元のチームなりに行くチャンスがあるならそうするのかな?とも思わなくもないですが、
果たして$500万の契約を破棄するんだろうか?とも思います。
続報が待たれるトピックですねー。
と思ってたら早速、オプション行使を決めたとの報道がw
まぁ、そりゃあそーですよねー。
先の住まいの情報はトレードのフラグなのか?
それとも単純に家族が増えるとか?
先日、LAのサウスビーチに$231万の新居を購入したとの報道もありますし勘ぐりたくはなりますねwww
まぁ、地元ってだけだと思いますが…。(Chaseはカリフォルニア出身)


そーいえばNemanja Bjelicaが怪我をしてSaundersが直接プレーを観る機会が無くなったそうです。
もってないなぁ・・・。
Draft Top10候補、2巡目上位候補者に加えて、FAのスカウティング。
何か収穫はあったでしょうかね????


更新した現時点での公式アナウンスはまだですがWigginsがROYを獲得。
ホントにあのような使われ方をして、無事にフル出場するだけでも大したものです。
結局、リーグ4位の平均出場時間、総出場時間はリーグ2位。
ヘトヘトであろうルーキーシーズンを終えましたがカナダ代表でのプレーを明言しています。
来季は平均20Pオーバーを期待したいですし、きっと期待を超える活躍をしてくれると思います。
雑コラで申し訳ないけれど、おめでとうWiggy!!




それでは、お時間です。さようなら




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ