プルぽんの☆うまねこトーク

元気の源、馬と猫のエピソードや近況をお届けします!

冬はここで

2010-10-30 16:38:07 | ルディアス
一昨日の午後の様子。

放牧地にいる日、いつも夕方になると、草を食べもせず黙々と歩くル~ですが、一昨日は放して間もなく(放したの遅かったけど)歩き始めました。

草が乏しくなったとは言え、昼間は落ち着いて食べてるもんだけどな

運動もしてくれたほうがいいので、しばらくそのまま歩いててもらう…。

昼になっても歩き続けているので、馬房まわり、放せるようにした所に放してみました。

ロープを張って、いつも過ごしている馬房と出入り自由です。

ル~を出したい時間、入れたい時間に私が家にいようと思うと仕事がないので、勝手に出入りできるようにしました。




前に、雨の日に自分で雨宿りできるように、と設置した馬栓棒を片方利用して、4馬房厩舎にも入れるようにしてます。

この馬房は入口の段差がイヤなのか、入れたら入りっぱなし、出したら出っぱなしで、意図した利用はできませんでした。
でも冬はこちらに引っ越しです。

壁に断熱材が入ってるし、ドアが閉まるし、狭いから暖かい。

今、使ってる馬房は冬は寒すぎるでしょう

いつもの馬房は、これまでも自分で散歩をやめて入っていったりしてたので、ル~の意思で雨、雪、風避けに、中に入ってもらえる。

放牧地と違って牧草を植えてるわけじゃないから、日向ぼっこ、及び気晴らし用です。

ただ、乗馬クラブで馬房で過ごす事に慣れてるからか、一旦馬房に入るとなかなか出てこないで裏戸から顔を出して外を眺めてたりします。







水、飼い桶はいつもの場所に吊って、乾草を馬房の中と廊下にも置いておきます。




この写真↑を撮った2分後、「そんな写真より実際食べてるとこ撮って使えば~?」とでも言ってるようにタイミング良く外から草を食べるル~




「飼い桶のほうも撮っとけよ」

「は、はい







「撮ったか?」
とは訊かれませんでしたが(多分)、この後、馬房に入ってしばらく出てきませんでした。

冬は放牧地に行っても食べる草がないし、放牧地にも途中にも坂があって危ないので、わざわざ行かずにここで過ごしてもらう、ということも考えています。

運動不足は困るけど、去年みたいな雪なら、勝手に歩くと滑ってこけそうだしな

去年は12月に降った雪、「晴れた日に溶けるやろ~」と思ってたら根雪になっちゃいましたからね

静内で根雪なんて考えてませんでしたから

今年はどうなのかな
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ペラリ山の雪 | トップ | 昨日の霜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ルディアス」カテゴリの最新記事