ぽせいどんの今日の一枚

写真とかCGとかを気ままに + DIY

水中カメラ 1993 バージョン その3

2021-11-18 12:43:03 | カメラ レンズ 写真用品

            これから水中撮影を始めたいと御思いの諸兄へ  1993年当時のことです

 「やめておいた方が宜しいですよ。精神的にも、肉体的にも、そして経時的にもけっして楽ではありません」
  それでも水中で撮影をしたいと言うならばクオリティ・価格に関しては下記を参考にしてください。


 まずは、もっともお手軽簡単および低価格な『潜るんです』
 例のレンズ付きフィルム(一般的に使い捨てカメラと呼ばれている代物)をプラスチック製ハウジングにセットする。
 ハウジングは数社から¥10,000前後で発売しております。
 多くを望まなければ、(ご自分のアルバムに貼る程度ならば)これで満足、あるいは我慢できると思います。
 事実、ファンダイブで一番よく視るのがこれです。
 ただし、水中カメラの知識が無い者が安易に使うと漏水したりして・・・。
 ダイビング中に他のパーティのダイバーに泣きつかれたことが数度ありました。
 ※この機種に限らず水中カメラの漏水対策(主にOリング)は確実にしないと高価なカメラをご臨終させます。


 もう少しカメラらしきものをと、お望みの方にはS社製の『35MX10』
 固定焦点ゆえにピントの調整は不要(できない)露光はオート、シャッター釦を押すだけで一応写ります。陸上での撮影もできます。
 価格は本体及び専用スピードフラッシュのセットで¥62,000。実売価格は¥50,000くらいです。
 余裕ができたところで次の物を追加購入すればよい。
 色調整用のフィルター¥6,000 ワイドコンバージョンレンズがスポーツファインダー付きで¥19,500。
 実写したプリントを拝見したことがありますが『潜るんです』よりは我慢できます。

 もっとそれらしいものをお望みならば同じくS社製の『MMⅡ』
 ボディカラーは二種。ピントは目測。絞りの選択も可。レンズ交換はできないがフロント装着タイプのワイドコンバージョンレンズが二種、接写用のマクロレンズが同じく二種発売されている。手間はかかるが満足度は増す。
 気になるかかくであるがカメラ本体は¥62、000。スピードフラッシュ付きだと¥99、000(別々に購入すると少々高くなる)実売価格は¥80、000。
 コンバージョンレンズは最高で¥28、000。
 ダイビング機材メーカーの白井がこれを使用している。
 彼女の年賀状はこれで撮った水中写真である。今年はイソバナが写っていた。
 『・・・感想は?』と問われたら少々答えに窮する。ピントが甘い、露光オーバー。
 これはカメラの所為と言うよりも彼女の力量がまだ伴わない『ゴメン』所為であろう。
 ダイビング雑誌のコンテストを視ると数は少ないが一応のレべルには達していた。


  たぶん『MMⅡ』の祖先はこれだと思います。OEMでしょう。

 本格的なものをお望みならば『ニコノスV』(Vはローマ数字の5・です。ニコノス・ブイと呼ぶ方が殆どですが前モデルがⅣ-Aでしたのでファイブかと)

 度々出しているので詳細は省きます。
 価格はボディのみ¥67、000。レンズは五種。¥18、000~¥196、000(含む水中用光学ファインダー)
 スピードフラッシュは¥65、000あるいは¥200、000。その他多数のアクセサリーが他社製を含めて多数ある。
 総合予算は値引きを考慮して¥120、000から。
 実写結果は上々。

 

 ※これ以降はマニアックな世界なのでそこまではと言う方は読み飛ばしてください。
 一眼レフ、プラス本格的ハウジング。カメラもハウジングも多数あるのでとても全部の組み合わせを記すことはできない。
 故に私のシステムのみについて記すことに
 Nikon F4 ¥220、6000 アクションファインダー ¥70、000。
 レンズ 24-50mm ¥51、000 105mmマクロ ¥80、000 
 スピードフラッシュ ¥65、000 ハウジング NEXUS F4 アクセサリーを含めて¥320、000 
 計約¥800、000。しかしもう少々出費がありそうだ。

 他社のカメラとハウジングの組み合わせは  F4+NEXUSよりも安価におさまるはずです。


 
 NIKONOS-RS 
 使用する場所が国内のみ、あるいは通産省が近くにある。あるいはそこに 赴くことを厭わない方ならば現在考えられる最高の組み合わせ。
 ただし超広角レンズは未発売。さらに陸上撮影用のカメラが別途必要。

 ボディ¥390,000 レンズ 28mm ¥98、000 50mmマクロ ¥160、5000 
 20-35mmズーム ¥420、000 スピードフラッシュ ¥65、000~¥200、000

 参考になりました?。

 なお、このほかにフィルム代及びその処理料金(現像代・プリント代など)とかスピードフラッシュの電池代とかその他思わぬ出費が多々あります。

 ※まだデジカメ以前の1993年の話でした。

 

 つ づ く

  ※掲載順位がランダムなのでダイビング記事の目次を作りました。
   年代順となってます。

  ダイビング編目次  

  


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。