ぽせいどんの今日の一枚

写真とかCGとかを気ままに + DIY

ASAHI PENTAX SPF  (135・SLR)

2020-07-13 12:16:55 | カメラ レンズ 写真用品
昭和48年(1973)PENTAX SP の改良機として登場 TTL開放測光(Cds/平均測光)マニュアル機です。¥42,000円(ボディのみ)(昭和46年に世界初のTTL開放測光・自動露出機構搭載のESを発売) 正面から視るとSPOTMATIC の次にFの文字があります。  「SP」ではエプロン部左に 露光計のスイッチがありました。SPFも同様のレバーがありますが「SW」の文字は無し。「 . . . 本文を読む
コメント

今朝の御宿

2020-07-13 07:39:15 | Weblog
昨夜の雨は夜半には上がりましたが見ての通りすっきりしない天気です。 漁をしているのか?、それとも釣り船なのか?漁港の先1kmも無いところに数隻の漁船が...。 . . . 本文を読む
コメント

ASAHI PENTAX SL    (135・SLR)

2020-07-12 12:19:35 | カメラ レンズ 写真用品
PENTAX SLです。蒸気は出しません。 昭和43年(1968)標準レンズ付きで¥37,500 ボディのみだと¥25,000くらいだったかと。当時の写真雑誌が段ボール箱に数百冊あります。それを引っ張り出せれば正確に記せるのですが。 昨日のSPからTTL露光計を除いた機種です。 軍艦部のシャッター環には感度設定用の小窓がありません。露光計が内蔵されていないので当然です。シャッター速度の指 . . . 本文を読む
コメント

今朝の御宿

2020-07-12 07:57:18 | Weblog
 先ほどまで細かい雨が降っていましたが、急に明るくなり晴れ間が広がってきました。  !。梅雨明け?。   そんなはずはないかぁ....................。 . . . 本文を読む
コメント

ASAHI PENTAX SP    (135・SLR)

2020-07-11 14:09:27 | カメラ レンズ 写真用品
(135・SLR)とは : 135Film(最も普及した35mmfilm)を使用する一眼レフ(Single Lens Refrex)のことです。  漸く真打登場です。アサペン(当時は粋がってこう呼ぶ者がけっこうおりました。業界人を気取った?。今もいる?)の「 SP 」です。昭和39年(1964)ボディのみ価格 ¥30,000 ブラックボディも同じ価格でした。        (....また長くな . . . 本文を読む
コメント

ディンギー

2020-07-11 11:48:09 | 写真 海
先月末のディンギーが再び漁港へ。ロープワークもひたすら練習したそうで...まあまあかな。ビギナーにはちょっと風が強い。艤装からアドバイス・・・・・・・・・・・・出航。 なんとか頑張ってる。 . . . 本文を読む
コメント

今朝の御宿

2020-07-11 07:56:12 | Weblog
 天気予報は曇りなのですが細かい雨が降ってます。 今日は...終日こんな陽気でしょう。 . . . 本文を読む
コメント

ASAHI PENTAX SV    (135・SLR)

2020-07-10 12:58:53 | カメラ レンズ 写真用品
昭和37年(1962)PENTAX SVは発売されました。¥37,300でした。「 K 」以後 「S2」 「S3」 と 改良を重ねられての登場です。ボディデザインはかってのフォルクスワーゲンのようです。カメラ名を隠したらよほど詳しい方でなければ見分けはつかないでしょう。絞りは「S3」から完全自動絞りとなってます。マウント近くの左側にレバーがありAUTOとMAN(マニュアル)の切り替え可。シャッター . . . 本文を読む
コメント

今朝の御宿

2020-07-10 05:54:22 | Weblog
............たぶん今日も雨でしょう。天気予報も思わしくありません。 雨ばかりなので思わぬところから茸が生えてきました。「美味そう!」・・・冗談です。得体のしれない物を無暗に口にしてはいけません。 . . . 本文を読む
コメント

ASAHI PENTAX K     (135・SLR)

2020-07-09 12:21:17 | カメラ レンズ 写真用品
昭和32年(1957)旭光学より世界初の 「クイックリターンミラー」 / 「ペンタプリズム」搭載のフォーカルプレーン35mm一眼レフ「ASAHI PENTAX」が発売されました。(以後AP) そしてその翌年、昭和33年(1958)マイナーチェンジ?...グレードアップ?...「PENTAX K」が登場いたしました。外観はほぼ一緒です。変化したところは...。シャッター速度の上限が1/500から1 . . . 本文を読む
コメント