ぴかりんの頭の中味

主に食べ歩きの記録

【食】赤横びすとろ TAKKE [居酒屋@釧路市]

2021年06月12日 22時00分00秒 | 外食記録
赤横びすとろ TAKKE(タッケ)[居酒屋@釧路市][釧路赤ちょうちん横丁][facebook][食べログ]
2019.11.9(土)21:15入店(初)
注文 ビールと料理いろいろ 計3400円

  
釧路市川上町の飲み屋街に位置する「釧路赤ちょうちん横丁」で営業する洋食居酒屋。
  
小さな店内はカウンターのみ10席弱。BGMはジャズ。店を賄うスタッフは男性2名。他の客は前後合わせて計4組入店。
 
ライオン スタウト(900円):海外の瓶ビールをあれこれ置いていたので、こちらを注文。飲みごたえあるスリランカの黒ビール。
   
スクランブルエッグ(?円):料理はおまかせでオススメの品を適当に出してもらいました。前菜は泡立った半熟卵。

生ハムとナシとチーズ(?円):料理を出すときにスタッフが説明してくれるのですが、不明瞭でほとんど聞き取れず。
   
とても屋台とは思えぬ、洒落た盛り付けの本格的な料理です。何の気なしに口に入れた粒胡椒が強烈で、食べてはいけない物を食べてしまったようです。

「これは箸でいただくのか??」と迷っていたところ、ナイフとフォークが出てきました。
  
モレッティ ラロッサ(700円):二杯目はイタリアの色が濃いビール。後から思えばワインも飲んでおけばよかったかもしれません。

道産牛ハラミのロースト グリル野菜添え(?円):美味しそうなメインディッシュ。
   
肉は上質で、火の通し加減も適度でクニャクニャとした歯応え。小分けにしながら大切にいただく。ジャガイモ、パプリカ、タマネギ、カブなどの焼野菜が付きます。
 
薬味のマスタードや塩。

会計は計3400円。酒を除いた料理の値段は1800円の計算で、ちょっと安すぎるような気もするのですが、こんなものなのでしょうか。


[Canon PowerShot G7X2]

《関連記事~釧路赤ちょうちん横丁》
【食】きくちゃん [居酒屋@釧路市](2012.10.6)
コメント

【食】らーめん・ぎょうざ 火の車 [ラーメン@釧路町]

2021年06月11日 22時00分00秒 | 外食記録
らーめん・ぎょうざ 火の車(ひのくるま、HINOKURUMA)[ラーメン@釧路町][facebook][食べログ]
2019.11.9(土)15:35入店(初)
注文 限定ラーメン The黒トンコツ 800円

  
釧路町のイオン釧路店の広大な駐車場のそばで営業するラーメン店。

入店してまずは券売機で食券を購入。
   
店内の座席はカウンター約15席にイス席3卓で、BGMはJ-POP。そしてスタッフは男性3名。他の客は先客が3組入っていました。
 
メニューはラーメンが600円より各種。サイドメニューはギョウザやご飯物など数点。今回は「限定ラーメン」の『The黒トンコツ(800円)』を注文。
  
ラーメンの具材は薄切りの豚肉が約4枚、長ネギ、キクラゲなどでニンニクチップがたっぷりとかけてあります。そして途中で卓上の紅しょうがも投入。黒い油が浮く豚骨スープはあっさり風味でした。
 
白っぽい中細の麺は丸い断面で、縮れ少なめ。豚肉はピンク色で生ハムのような見た目です。

 
[Canon PowerShot G7X2]
コメント

【食】レストラン はまなす [いろいろ@白糠]

2021年06月10日 22時00分00秒 | 外食記録
レストラン はまなす [いろいろ@白糠][HomePage][食べログ]
2019.11.9(土)11:10入店(初)
注文 オールしらぬかミルフィーユ・セット 1595円

  
白糠駅の南を走る国道38号線沿いで営業するレストラン。比較的大きな建物で目に付きやすい店舗です。
 
店先の料理サンプル。いかにもファミリーレストランという雰囲気で、品揃え豊富です。
   
店内の座席はイス席約4卓にこあがり3卓のほか、2階や地下にも席があるようです。BGMはレトロなインスト曲。スタッフは給仕係の女性が2名いました。他の客は後から3組ほど入店。
  
店の片隅にはワインセラーがあり、ワインもいろいろと置いているようです。
  
卓上にメニューが見当たらずちょっと迷ってしまいましたが、よく見ると、メニューに見えない表紙デザインのメニュー表を発見。
  
先に出てきた注文品のセットのスープ。熱々で、底にフワフワの溶き玉子が沈んでいます。
 
地産地消メニューより『オールしらぬかミルフィーユ・セット(1595円)』を注文。ハンバーグの上のチーズは、目の前でスタッフがチーズを削ってかけてくれます。
   
下からエゾシカ肉のハンバーグ、モッツァレラチーズ、ラム肉のハンバーグ、モンヴィーゾチーズが重なっていて、ケチャップベースのソースがかかっています。ハンバーグは噛まなくても食べられるくらいの柔らかさで、2種類の肉の味の違いは正直よく分かりませんでした。
  
付け合わせはフライドポテト、ゴボウフライ、紫キャベツ、レタスなどで野菜たっぷり。

セットのライス。ボリュームのある料理でお腹いっぱいになりました。
  
食後のコーヒーも付きます。表面が泡立っていて器械製のような風味でした。

   
   
 
[Canon PowerShot G7X2]
コメント

【食】BAR noise [居酒屋@帯広]

2021年06月09日 22時00分00秒 | 外食記録
BAR noise(ノイズ)[居酒屋@帯広][食べログ]
2019.11.8(金)22:40入店(初)
注文 カクテルほか 2名計6700円

第123回ぴかりん会@帯広の三軒目は、I氏と二人でカクテルバーへ。
   
帯広駅より200mほど北側で営業するバー。店舗は階段を上った2階になります。

店内の座席はカウンター約5席にイス席約6卓で、フロアは階段状になっています。BGMはジャズ。店のスタッフは男性マスターのほか女性が3名と多めでした。テーブル席は満席の賑わいでかなり騒がしかったのですが、しばらくすると客がひけて静かになりました。
  
マティーニ(?円):ジンはタンカレーを使用。甘めの仕上がり。

ノンアルコールカクテル(?円):I氏の注文品。詳細不明。

チャージ(800円×2):お通しは二人分が一皿で出てきてなかなか豪華です。
   
サラミ、野菜スティック、フライドポテト、落花生などなど。
 
ソルティドック(?円):軽めのカクテルでちょっと休憩。

チャイナブルー(?円):I氏の二杯目。
  
オリジナルカクテル(?円):詳細は忘れてしまいましたが、おそらく「ガツンとくるやつ」という注文で作ってもらったカクテル。しっかりと飲みごたえがあり、あまり味わったことの無いような不思議な味でした。

会計は計6700円。カクテルは一杯1000円前後と思われます。さすがに飲み疲れて、会はこれにておひらきに。

[Canon PowerShot G7X2]
コメント

【食】リゾッテリア コバトヤ [洋食@帯広]

2021年06月08日 22時00分00秒 | 外食記録
リゾッテリア コバトヤ(58108)[洋食@帯広][HomePage][食べログ]
2019.11.8(金)21:30入店(初)
注文 ドリンクとパフェ 2名計3960円

第123回ぴかりん会@帯広の二軒目は、パフェを出す店で一服することに。参加はI氏とぴかりんの2名。
 
帯広駅より300mほど北側の南9丁目通沿いで営業する店。ガラス張りの店舗で中の様子が外からよく見えます。
   
洒落た内装の店内は、カウンター約10席にイス席約10卓。他の客は3組ほど入っていましたが、皆若い女性でした。
 
こちらは「こばとハイヤー」の運営で、『パフェテリア パル』などを経営する「株式会社GAKU」が監修する店になります。メニューはリゾットとパフェの二本立て。
 
カモミールブレンド(440円):I氏はお茶でひと休み。かわいらしい器で出てきます。

ハウスウイスキー(660円):パフェの店ではなんとなくいつもウイスキーを注文。
 
お茶目なパフェ(1430円):I氏の注文品。お茶の味のクッキー、ジェラート、ムースなどが盛られている、和風のパフェ。
  
ピスタチオとチョコレートのパフェ(1430円):高く盛られたジェラートが倒壊しないように食べるのがなかなか大変でした。グラスの底にはプリンが入っています。見た目から想像するよりもボリュームあり。

メニューの撮影は禁止のため写真はありません。

[Canon PowerShot G7X2]
コメント

▲閉店【食】オブリガーダ [居酒屋@帯広]

2021年06月07日 22時00分00秒 | 外食記録
▲閉店 近所に移転 [2021.6.7記]
オブリガーダ(Obligada)[居酒屋@帯広][食べログ]
2019.11.8(金)18:40入店(初)
注文 酒とつまみいろいろ 2名計10400円

第123回ぴかりん会を帯広にて開催。参加はI氏とぴかりんの2名。当日候補の店に行ってみると、どの店も満席でふられてしまい途方に暮れる。予約無しでも何とかなるかと思ったが甘かった。結局、飲み屋街をさ迷ううちにたまたま見かけた店に入ってみることに。
 
帯広の屋台村「北の屋台」のそばに位置する「北のうまいもん通り」で営業する居酒屋。店名はポルトガル語で「ありがとう」の意。

店内の座席はカウンターのみ約10席。BGMは無くテレビがかかっています。店を賄うのは、かつてブラジルに住んでいたという気さくなおばちゃんが一人。他の客は3組ほど入って、和気あいあいとした雰囲気でした。
   
日本酒 十勝晴れ(1000円)、生ビール キリンラガー(500円×2杯):一杯目は私はいつものようにビールを注文し、I氏はいきなり日本酒を飲んでいました。
   
お通し(500円?×2):お通しは枝豆、ポテトサラダ、チーズの3点。
 
生ハム(1500円):大樹町産の生ハム。注文すると原木から削って出してくれます。予想よりも少量でしたが、密度濃い味わいで食べ応えがあります。
  
ゆり根のラクレットチーズ(900円):あまりお目にかからない料理ですが、ホクホクしていて美味しかったです。
 
池田牛のシュラスコ(ブラジル風焼肉)(1200円):贅沢な味わいの牛肉のステーキで、なかなか美味。
   
Tatuzinho(500円):ブラジルのお酒も飲んでみました(写真の瓶とは別な酒)。ラム酒に分類されるとのことですが、ちょっと不思議な味がします。
  
インカのめざめ ゆでジャガチーズ(900円):メニューに並ぶ料理は、地元の食材を使った品が多め。
   
カクテル ガラナ(600円):ラム酒をガラナジュースで割っていただく。ガラナといえばキリンのイメージですが、見たことのない銘柄の缶が出てきました。
  
カクテル マラクジャ(600円):I氏の注文品。未知なる果物のカクテルに挑戦。写真が残っていませんでしたが、ほかに『カクテル アセロラ(600円)』も飲んでいました。

しいたけ バターソテー(600円):巨大なシイタケを使ったシンプルな料理ですが、風味豊かで美味しいシイタケでした。歯応えムチムチ。
   
会計は計10400円とそこそこいってしまいましたが、変わった料理やお酒をいろいろ楽しめて店の雰囲気も良く満足度は高かったです。

   
[Canon PowerShot G7X2]

《関連記事~北のうまいもん通り》
【食】麺処 たざ和 TAZATON [ラーメン@帯広](2016.5.4)
コメント

今週の細々したこと 2021.5.30(日)~6.5(土)

2021年06月06日 22時00分00秒 | 日記
皆様こんばんは。

●5/30(日)

●5/31(月)

●6/1(火)

●6/2(水)
【鑑】映画『HOKUSAI』
 

●6/3(木)

●6/4(金)

●6/5(土)
【鑑】映画『クルエラ』

【鑑】映画『劇場版Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 後編 Paladin; Agateram』

(まだ書きかけ。。。)

~~~~~~~
【PR】ぴかりん出演演奏会チラシ集

<2021年>
中止6/13(日)13:00開演@札幌市教育文化会館小ホール:フィオーレ合奏団 第2回定期演奏会
コメント

【食】南ヤ [いろいろ@登別]

2021年06月05日 22時00分00秒 | 外食記録
南ヤ(みなみや)[いろいろ@登別][食べログ]
2019.10.22(火)13:20入店(初)
注文 ミックスフライ定食 880円

   
登別市幌別町の海際を走る国道36号線沿いで営業する店。前々から気になる店でしたが、完全予約制の炭火焼きの店(居酒屋)ということでハードルが高くてなかなか訪れる機会が無かったところ、最近平日にランチ営業していることを知ってようやく訪れることができました。
   
店内にはイス席が約6卓並び、壁にはたくさんの魚の干物(本物?)が並んでいます。BGMは洋楽。
  
店のスタッフは男女計2名で、他の客は前後合わせて計3組入っていました。
 
ランチメニューは定食やカレーが880円から1000円の価格帯で約10品あります。「本日のオススメ」より『ミックスフライ定食(880円)』を注文。
   
皿に盛られたフライは巨大なエビ、サーモン、クリームコロッケ、そしてこれまた巨大なカボチャの4点。衣はザクザクとした食感で、カボチャも芯までしっかり火が通っていてホクホクでした。

付け合わせの千切りキャベツにはドレッシングがかかっています。
 
フライ用のウスターソースとタルタルソース。
   
山盛りのご飯、切り干し大根、大根の漬物、油揚げとネギが入った薄味の味噌汁。かなりボリュームがあって、ギリギリ完食。ご飯は少なめでも私にとっては十分満腹になりそうです。

デザートのオレンジゼリー。
 
セルフ式でコーヒーも飲むことができます。

 
[Canon PowerShot G7X2]





~~~~~~~
2019.11.8(金)13:10入店(2回目)
注文 厚切りポークチャップ 1000円

 
前回からそれほど間を置かずに再訪。
   
今回もスタッフは2名で、他の客は先客3組が入店。

時間の都合により先にコーヒーをいただく。なかなか美味しいコーヒーです。
  
前回、メニューを見て気になった『厚切りポークチャップ(1000円)』を注文。
   
目測約200gのポークチャップは熱々の鉄皿で登場。鮮やかな赤色をしたケチャップソースがたっぷりとかかっています。

肉の厚みはせいぜい15㎜といったところで、期待したほどの厚さはありませんでした。その肉質はほどほど。

付け合わせのミックスベジタブルは「暴力的」とも言えるようなとんでもない量で、さすがに食べきれず。
   
ご飯、切り干し大根、漬物、油揚げのネギの味噌汁。前回の経験を踏まえて、ごはんは「少なめ」でお願いしたつもりだったのですが、前回と量が変わっていないような。結局今回もかなりお腹いっぱいになりました。

オレンジゼリーは酸っぱい味。

[Canon PowerShot G7X2]
コメント

【食】焼肉パラダイス [焼肉@室蘭]

2021年06月04日 22時00分00秒 | 外食記録
焼肉パラダイス [焼肉@室蘭][HomePage][食べログ]
2019.11.11(日)20:30入店(初)
注文 肉いろいろ 5名計9700円

新しい焼肉店を開拓するため、工大オケメンバー4名(H氏、M氏、Y氏、Y氏)を誘って食べに行きました。
 
室蘭市中島町の飲み屋街の中でも、ちょっぴり怪しい雰囲気が漂う「遊楽丁」の奥で営業する店。
   
赤と黒の「コンサドーレ」カラーの店内はこあがり席が6卓並んでいます。BGMはJ-POP。スタッフは店主の男性とアルバイトの男子の計2名。この日のバイト君もたまたま工大オケメンバーでした。
   
コンロはガス式になります。

経費節減のため、飲み物は全員「水」!
 
お通し(275円×6):水の注文でも容赦なくお通しが出てきます。お通しは、ごま油風味のキャベツとメンマ。
 
上カルビ(759円)、牛カルビ(429円)
   
メニューにサラダが見当たらなかったので、ひたすら肉を食べていました。
 
トントロ(649円):出てきた瞬間に写真を取り損ねてしまい、気づくと肉が減っていました。

肉の味付けは、基本的に「塩」のようです。たれの味は主張弱め。
 
?(?円):きちんと記録しなかったので、どの写真がどの肉やら分からず不正確な部分があります。写真と品名が食い違っている可能性あり。
 
ラムロース(759円)
  
中落ちカルビ(649円)、サガリ(649円)
  
タン塩(759円)
  
山わさびライス(429円):しっかり「ツーン!」ときました。

上のご飯にはスプレー式の醤油をかけていただく。

キムチライス(429円):誰の注文品かは忘れてしまいましたが、キムチが美味しかったとのこと。
 
肉はどれも美味しくて水準以上の質。ずば抜けた品はありませんでしたが、値段を考えると十分です。
 
ザブトン(759円):きれいなサシが入った希少部位。噛むと滲み出す脂が美味しく感じます。
 
厚切り牛タン(979円):ノーマルな牛タンの倍ほどの厚みがあって、歯応えあり。
 
牛ホルモン(649円)
 
自分の子供でもおかしくない年代の子たちと卓を囲んでいると、何となく4人兄弟のお父さんになった気分になってきます。

私たちがよっぽど飢えているように見えたのか、向こうのテーブルで食事をしていたスーツ姿のお兄さん二人組が、何故か肉をおごってくれました。上カルビ2人前と厚切り牛タン2人前の大盤振る舞い。ごちそうさまでした! 感謝!

会計は計9700円と、5名でたらふく食べたにしては安上がりでした。ちょっと計算が合わないような気がしないでもないですが、ご愛嬌ということで。

   
[Canon PowerShot G7X2]

《関連記事~遊楽丁》
【食】食処 とんとこ [ラーメン@室蘭](2009.8.20)
【食】居酒屋 流石 [居酒屋@室蘭](2011.7.28)
【食】初代 好基 [ラーメン@室蘭](2018.10.29・11.29)

《関連記事~旧店舗》
【食】焼肉酒場 福澤屋 [焼肉@室蘭](2017.6.18)
コメント

▲閉店【食】ファミリーレストラン ライラック [いろいろ@札幌]

2021年06月03日 22時00分00秒 | 外食記録
▲閉店 2020年8月閉店 [2021.6.3記]
ファミリーレストラン ライラック [いろいろ@札幌][アクセスサッポロ][食べログ]
2019.11.7(木)11:05入店(初)
注文 和食ランチ 800円 + 食後のコーヒー 210円


札幌市白石区のアクセスサッポロで開かれた「ビジネスEXPO」に参加。
 
人が多いので、込みあう前に早めに昼食をとることに。会場の2階に併設されたレストランへ。
 
店先に並ぶ料理サンプル。定食、カレー、麺類などバラエティに富んだ品揃え。

入店してまずはカウンターで注文と支払いを済ませてから席へ。
  
店内は広く、テーブルがたくさん並んでいます。BGMは癒し系のインスト曲。はじめは空いていましたが、後から続々と客がやってきました。
 
注文したのは『和食ランチ(800円)』。いくらも待たせることなくサッと料理が出てきます。
   
チキン南蛮丼は鶏の唐揚げ2個、ししとう、千切りキャベツ、ごまなどが盛られています。唐揚げの衣は薄く、甘いたれがかかっています。
    
そばの具材はたっぷりの天かす、長ネギで、予め南蛮がかかっていました。そばは煮具合柔らかめ。

小鉢のおかずは鶏唐揚げとナスの煮びたし。ボリュームのある食事で、お腹は十分満足しました。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、追加でコーヒー(210円)も注文。安いですがインスタントという訳ではなく、ちゃんと手で淹れたような本格的な味わいでした。

[Canon PowerShot G7X2]
コメント