釣・食・感

釣行記録と釣魚料理、雑感等をつらつらと。

【感】日光を観て結構と唸る (日帰り旅行・日光)

2018-08-31 06:07:00 | 日記
夏期休暇2日目、シャンシャンに会いに行った翌日はかみさんは仕事。

ならば釣りでも。と考えていたものの、生憎の強風で見送り、代わりに上映館が増えて近場で観れるようになった「カメラを止めるな」を観に行った。
映画はなるほどと唸る演出で、前評判のとおり面白かったね。

その翌日。
夏休み3日目は朝7:30に家を出て日帰りで日光へ。


(約3時間で到着。)

日光は小学校と高校の卒業旅行で行ったし、その他にも何度か訪れていたけど、今回は30年振りだろうか。
かみさんは東京に住んでいたのに今回が初だという。


(男体山。)

東照宮近くの駐車場待ち渋滞に巻き込まれ、到着から1時間をロス。
日光宇都宮道路は日光じゃなく、終点の清滝で降りて戻るのが正解だったな。
次回は気を付けよう。

渋滞を抜けて東照宮をスルーして先に華厳の滝を目指す。

愛車レヴォーグでいろは坂を走るのは愉しくて、上りと下りを繰り返しループしたかったな。
かみさんが同乗してなければもうチョイ攻めたのに。


(駐車場からの男体山。)

駐車場で車を降りると涼しい。
気温は25度くらいで、日陰に入って風があると肌寒く感じるくらいだ。

華厳の滝は地上からエレベーターで100mほど降りて展望台から観る。
エレベーター待ちで並んでる周りを見ると、半数くらいの方は外国人観光客だ。
アジア系もだけどヨーロッパ系の方々が多い印象。
どういうコースで観光してるのか気になるな。


(さすがのスケール。)


(緑もきれいだ。)

見上げる華厳の滝の姿は、何十年前と変わらず迫力と共に品格を感じるね。
初めてのかみさんは感動してた。

滝をバックに写真撮影する人が多いが、一昔前のファッション誌のようなポージングをしているのは中国の方だね。
これ、観光地あるある。


(こちらイワナの塩焼き。)

地上に戻って腹ごしらえしてから、スルーした東照宮に向かいますよ。

気持ち良くいろは坂を下ったものの、日本ロマンチック街道と称される120号線が東照宮1km手前から渋滞。

業を煮やして、ちょっと離れた日光カステラ本舗さんの駐車場に停めた。
1回500円を払うけど、お店で使える500円分の商品券が貰えるからお土産を買えばチャラになる。
ここに停めて正解だね。


(表参道。)


(葵の御紋入り。)

杉並木に囲まれた表参道をてくてくと歩き、石鳥居をくぐって宮内へ。


(石鳥居は黒田長政寄贈だそうだ。)

(五重塔。)

神厩舎には有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」がいますよ。


(三猿。)

奥に進むと豪華絢爛な陽明門。
東照宮と言えばこれですね。

厩舎や門でこの豪華さとは当時の徳川家康の権勢はどれほどだったか、と思うね。


(陽明門。)


(豪奢だね。)

眠り猫を眺めて裏手の石階段を奥宮拝殿に向かう。
階段の途中から行列して渋滞してる。
周りは外国の方ばかり。


(眠り猫。)

奥宮をぐるっと回って、樹齢600年と言う「叶い杉」に家内安全をお願いする。


(家康の墓所。)



(これが叶い杉。)

本殿に上がって、本地堂で鳴龍を聞いたら、一通り観れたかな。


(本殿の唐門。)


(本地堂。)

陽が傾いて来たんで、もうひとつの目的の天然氷のかき氷をいただこうと、ググったお店に向かったけど16時で閉店してた。
残念。


(天然ですよ。)

慌てて戻って、西参道にあったお店に天然氷ののぼりがあったから、そちらでいただいた。
ぎりセーフ。

日光カステラ本舗さんでお土産を買ったら17:30。

日帰りでもそれなりに観光できた。
日光、結構でした。


🐡





コメント

【感】猛暑の中シャンシャンに会いに行く

2018-08-27 06:03:00 | 日記
仕事の予定の隙間を狙い、8月15日(水)~17日(金)に夏期休暇を申請したものの、長男は大学のサークル合宿、次男は毎年恒例の母親・妹夫婦との蓼科旅行と、予定はバラバラ。
こりゃ家族揃っての旅行など無理ですな。

ではどうしょうか、とかみさんと相談して、1日目は上野動物園へシャンシャンに会いに行くことにした。


(動物園は久しぶりだ。)

シャンシャンが生まれてからこれまで、かみさんと、会いに行かなきゃ。と言い続けてるうちに時は過ぎ、去る6月12日にシャンシャンは1歳の誕生日を迎えてましたね。
早いもんです。


(ハッピーバースデー。)

ところがこの日は最高気温35度の猛暑日。
こりゃたまらん、と体力温存のために愛車レヴォーグで向かい、開園30分前から並びましたよ。


(開園時で40分、帰り時点で60分待ち。)

開園してもシャンシャンに会うには更に待ち行列。
養舎までテントが設置されて屋根があるから直射日光に炙られずに済むし、所々でミストも噴射されているから何とか凌げる。


(シャンシャン団扇も配られました。)

ランラン、カンカンが来た時のブームをタイムリーに見ていたので、その時ほどじゃないものの、シャンシャンも大した人気だ。


(「香香」と書くのでしたね。)

養舎が近付くと一列に並んで立ち止まらず歩いたままで見学する。


(いよいよですよ。)

一番手前はお父さんのリーリー。
片足を台に掛けたまま横になって、ぐでんとしてる。
全くヤル気なし。
休日の人間のお父さんと同じですな。


(ヤル気なしのリーリー。)

続く部屋では笹に夢中のシンシンがお目見え。
こちらを向いてお食事とは判ってらっしゃる。
慣れっこなのか、何か貫禄を感じるね。


(お食事中のシンシン。)

部屋全体を見渡せる所に来てシャンシャンを見つけた。


(奥にいましたよ。)

小さい姿でちょこまかと動き回り、お遊び中。
癒されるね。


(かわいい。)

立ち止まれないから見学は時間にして1分程。

三匹三様の過ごし方で、休日の家族の風景を垣間見たような、やけに人間くさい印象だ。

安寧を与えられ続けると野性動物も人のようになっちゃうのか、逆にこっちが見られてるのではないか?と錯覚するような気がした。

シャンシャンが可愛いのは間違いないけどね。



(こちらも赤ちゃん。)

ゴリラの赤ちゃんリキくんも愛らしかったけど、こちらはお客さんが疎ら。


(ゾウもいたぞう。)

猛暑の中、チャッと1周してお土産を買って園を後にする。
シャンシャンが中国に連れて帰られる前にまた見に来よう。


🐡


コメント

【感】ノープランからでも満足で終える (夫婦旅行・黒部・立山 2日目 最終回)

2018-07-13 06:06:00 | 日記
夫婦旅行の2日目。

黒部ダムとアルペンルートがメインイベントだったから、2日目の予定はノープラン。
ホテルで朝食後のコーヒーを飲みながらクグってアタリを付ける。

かみさんとそれぞれに行きたい場所を出して本日のコースを決めた。

まずは自分がプランした鷹狩山へ。


(緑が気持ち良い。)


(キャンプ場もあるそうだ。)

大町市の街から直ぐ近くで、アルプス連峰を望める展望台があるそうだ。

狭いワインディングロードをくねくねと上り、ホテルから30分で到着。
緑に囲まれて空気が清々しい。



(これが展望台。隣にはレストランが併設されてるよ。)

広い駐車場に停めて、3分ほど歩いて頂上に着いたけど、展望台脇に数台分の駐車スペースがあったよ。



(展望台からの風景。絶景ですな。)

展望台に昇ると遮るものがなく、ほぼ360度見渡せる。
お手軽に来れてこの眺望はお徳感が半端ないッス。



(下からはこんな景色。)

町から直ぐでこの景色、キャンプ場もあるようだし、自然に囲まれた暮らしって良いなと思うね。

ものの30分ほどで車に戻り、次はかみさん希望の場所へ向かう。



(広々した公園だ。)

安曇野ちひろ美術館。
安曇野ちひろ公園内にあって、いわさきちひろの作品が展示されている美術館だ。

いわさきちひろの母親の実家が松本で、戦時中疎開で訪れた縁から安曇野に建てられたようだ。



(こちらが美術館。)

美術館内は木をメインに使った温かみがあるお洒落な作りで、安曇野の環境にマッチしてる。

いわさきちひろは今年生誕100年だそうで、絵本は見たことがあったものの、原画やスケッチを見たのは初めてだ。



(トットちゃん広場。)

屋外のトットちゃん広場にはトモエ学園を模した電車車両の教室がある。
「窓際のトットちゃん」の挿絵はいわさきちひろだったからか。


(癒されますな。)

美術館に戻って喫茶コーナーでアルプスの山々を眺めながらコーヒーブレイク。
美術館でレンタルのスケッチセットを200円で借りて、ここで水彩スケッチをしてみましたよ。



(大王わさび園で。)

お昼は信州そばを食べたいし、お土産も買わないと、とその両方を充たせる前回来た時に訪れた大王わさび園へ。

やはり水の良さもあって、そばが旨い。
お土産に前回同様に板わさセットを買って、家でのお楽しみに。

帰り際に安曇野インター手前の産直販売のお店で買ったトマトとセロリも旨かったこと。

空気も、水も、そばも、野菜も、景色も、全てが旨い。
信州良いなー。また行きたい。
今度は夏に、かな。


🐡
コメント

【感】絶景から安らぎと癒しで1日を終える (夫婦旅行・黒部・立山 1日目)

2018-07-09 06:04:00 | 日記
旅行から1ヶ月以上経ってるのに、未だに1日目。
釣行の隙間ネタとして綴りますよ。
では。


立山・黒部アルペンルートの観光を終えて扇沢から車で移動、15分程でホテルに到着。

本日のお宿は、くろよんロイヤルホテル。
日向高原にある、黒部ダムから一番近いとされるホテルだ。
確かに環境に恵まれていて、林に囲まれた道路沿いにあるんで、気持ち良くドライブしていたら、うっかり通り過ぎるとこだったよ。


(こちら。)

チェックイン時に驚きの事実が発覚。
予約したかみさんは2食付きだと思っていたらしいが、何と、朝食のみだった。

ホテルには和食とフレンチレストランがあって、コースメニューなら提供できると、フロントでチラとメニューを見せてもらったら、一人万を超えるぞ!?
何事も無かったように冷静にメニューを閉じ、検討します。と言っておいて、部屋に着いたら早速ググリましたよ。

でも、環境が良い裏腹でホテルの近場に食事所が少ない。
いろいろ調べて、決めたのは口コミ評判が良かった、洋食レストランの「花の木」さん。


(こちら。)

ホテルから車で30分弱の距離で、東京のレストランで修行したオーナーがこじんまりとやられているそうだ。
お店の佇まいと手入れされたガーデンが雰囲気良くて好印象。

オーナー兼シェフの方は女性で、開店直後だったんでお客は我々だけ。
落ち着いたインテリアで寛げる店内、そこから見える中庭の景色も良くて、安らぎますよ。


(席からこの景色。)

シェフがサーブもしてくれるので、その都度お話しする。
コースメニューで出て来た魚料理のポアレを見て、

「皮目の感じからヒメジかな。」

と呟いたら、シェフが振り返り、その通りヒメジです。と驚いてた。

同業者か?と思われたかも知れませんが、単なる釣り師ですよ。

食後に、アラカルトを注文していた、かみさんにコーヒーをサービスいただいた。
ありがとうございました。
美味しいお料理に大満足でした。


(こちらです。)

また機会があれば訪れたいお店だ。
ホテルに食事が付いていなくて反って良かったよ。

ホテルに戻って温泉に浸かり、日頃の疲れを癒しなよ、とかみさんから許可が降りたマッサージを申し込むと、こちらでも担当の女性が営業時間を延長して残業で対応してくれた。
更に、凝りの状態からオプションメニューのヘッドスパまで勧めてくれて、実施いただけた。
ありがとうございました。

絶景を見て1日活動した終りに、それぞれ女性から安らぎと癒しをいただけた、とても有意義な日でしたよ。


🐡
コメント

【感】せめてもの首里城で汗だくになる (沖縄 2日目)

2018-07-06 06:02:00 | 日記
沖縄視察の1日目。
懇親会が退けたら23時過ぎで、既にワールドカップのポーランド戦が始まってるぞ。
盛り上がって過ごしちゃいましたね。

ホテルに戻って観戦して、決勝トーナメント進出を確かめてから就寝。
途中、試合の記憶が飛び飛びだけど、こっちは泡盛との勝負に何とか最後まで落ちずに辛勝しましたよ。


(ホテルの朝。)

翌日は10:15の便だから、その前にせめて1ヶ所だけでも観光したい。

ゆいレールで行ける範囲だと首里城しかない。と、朝イチで朝食を済ませてチェックアウト。
かりゆしウエアの通勤中の方々を横目に、県庁前駅から首里駅へ向かう。


(御菓子御殿を発見。)

駅のコインロッカーに荷物と上着を預けて、通学中の学生を横目に首里城へ。

朝とは言え、強い日差しに炙られて汗を拭き拭き徒歩10分で到着。



(裏手から入ったようだ。)

平日の8:00前だから人もおらず貸切り状態。
のんびりと見たいところだけど時間がないから、汗を拭き拭き歩みを進める。


(首里城公園の全景。)

(シーサーがお出迎え。)

首里城は10年程前、子供たちが小学校低学年の時に家族で来た。
ここで記念撮影したな、などと当時の記憶が甦る。
また家族揃って来れると良いな。



(黒い雲からポツポツと来た。)

ちょうど歓会門にさし掛かったところで雨に降られる。
お湿りは涼しくなって嬉しいけど、空は青いから天気雨だ。
傘なんて持ってないから、次の門の下で暫しの雨宿り。



(雨宿り中。)

雨が止んだら歩みを進めるけど、奉神門まで。
ここから先の御庭や正殿を見るには入場料が必要になる。
時間がないからここまでで引き揚げよう。



(ここより先は有料です。)

(中はこんな感じ。)

引き返す途中で眺望を目に焼き付け、沖縄に来た感を自身に刷り込む。
本当は海が見たいけど仕方ないね。



(遥先に海は見えるが。)

来た道を汗を拭き拭き戻り、ゆいレールの端から端まで乗って那覇空港へ。
空港のショップでお土産を買って、慌ただしく機上の人に。


(さらば沖縄。)

羽田空港で昼食を済ませて地元駅までバスで移動し、会社に着いたのが15:30。
研修明けの新人配属の発令日なんで、そのセレモニーにギリ滑り込みセーフで役目を果たせた。

その後の懇親会では、思いのほか疲労を感じていてキツかった。
首里城往復で日差しに炙られたのが効いてるよ。


(ちっちゃい古酒と、)

(もずくもある。)

家でお楽しみのためのお土産がこれ。
三線の音を思い出すね。


🐡
コメント