北の森での散策日記

北海道の昆虫(主に蛾・ゴミムシ・カメムシ・ハナアブなどなど)が好きで、冬は鳥や動物を撮影しています。旧ブログ名「自世界」

平地河川のゴミムシたち

2018年06月20日 | 春の散策日記
現場の状況確認も兼ねて平地の河川でゴミムシ探しをしました。
河川でのゴミムシ探しに没頭したのは2016年の春以降なので久しぶりです。
今年はゴミムシ熱が強いので色々と頑張ってみようかなと思います。(2018年5月15日 石狩管内)

今回は一通りゴミムシを見直して慣らしていく感じで、撮影に力を入れます。


おそらくチュウジョウヒラタゴミムシ
最も多く見られ付近の木の幹にも沢山付いている。



オオホシボシゴミムシ
この仲間はヒメゴミムシが多く、本種は一頭のみ確認。



ツノヒゲゴミムシ
今年はアナバネゴミムシを探しに行こうかなと思います。(予定)



キベリアオゴミムシ
多い。



ヒメキベリアオゴミムシ
多い。




ノグチアオゴミムシ
上流の石がゴロゴロしている場所に多いイメージ。
ここは別な環境の様で一頭のみ確認しました。



アオゴミムシ
ゴミムシ掘りを思い出す光景。



セボシヒラタゴミムシ ♀
ヒラタゴミムシとしては異質な存在。
何故足が真っ黒なのかは分からない。



キンナガゴミムシ ♂
セボシヒラタゴミムシもキンナガゴミムシもオスは上翅にツヤがありより綺麗。



ササジホソナガゴミムシ
湿地でよく見かける上翅が赤茶色のナガゴミムシ。



コガシラナガゴミムシ
各所で普通。



コホソクビゴミムシ
河原に多いイメージ。



エゾクロヒラタゴミムシ
結構個体数が多かったです。
最初オオヒラタゴミムシだと思いましたが、前胸の形が全然違います。



キアシヌレチゴミムシ
何を食べているかは不明。

他エゾアカガネオサムシ、トックリゴミムシなど
ミズギワゴミムシの仲間はまだあまり種数は見られませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミスジキリガ

2018年06月09日 | 春のライトトラップ・外灯回り・糖蜜



ミスジキリガ 2018年 4月24日 日本海側
カシワ林で糖蜜トラップをしたら飛来しました。
越冬キリガの時期としては終盤なので、あまり期待していなかっただけに飛来してくれて嬉しかったです。



この日フサヒゲオビキリガの飛来も一頭のみだったので運も味方してくれた感があります。



キンイロキリガ
糖蜜で寄せたのは初めて?かもしれません。



上からブナキリガ、?、ハガタキリバ、ホソバキリガ、ホソバキリガ、ホシボキトガリバ



アトジロキリガ
同時に行ったライトトラップにはアトジロキリガが一頭のみ飛来しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メダカチビカワゴミムシ・ヨツボシケシミズギワゴミムシ

2018年06月03日 | 春の散策日記

メダカチビカワゴミムシ


ヨツボシケシミズギワゴミムシ
メダカチビカワゴミムシとさらに小型のヨツボシケシミズギワゴミムシは庭で沢山見られるゴミムシです。(5月16日 札幌市)
今のコンデジは以前は難しかった小型昆虫の写真を簡単に撮れるので楽しいですね。

2011年の写真
身近な極小ゴミムシ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マツキリガ

2018年05月28日 | ヤガ科









マツキリガ
今年もアズサキリガを狙いましたが惨敗です。
マツキリガが20頭以上来た時もありエグリキリガもそれなりに多い。
しかしアズサキリガは来ない。
同じエリアでも別の樹種で試したりなどしましたがダメでした。
う〜ん…そもそもこの場所に定着してるという確証もありません。
難しいですね。
兎に角マツキリガをたくさん撮りました。
マツキリガとエグリキリガ自体はいいキリガで好きです^ ^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シベチャキリガ

2018年05月21日 | 春のライトトラップ・外灯回り・糖蜜
シベチャキリガをとりに行きました。
これが今シーズン一発目のライトトラップ&糖蜜トラップです。
現地は去年から目をつけていたホザキシモツケが繁茂する草原。
日中に吹いていた風が収まり気温も高いまま維持しています。
とても条件が良く期待が持てます。(4月21日 北海道胆振地方)




シベチャキリガ
糖蜜に来てくたのは小さな個体1頭のみでしたが、糖蜜を吸うシベチャキリガを撮れたのは嬉しいです。
あまり成果が上がらず他はイチゴキリガのみでした。


同時に行ったライトトラップは気温が下がりはじめてからいきなり多くの個体が飛来しはじめました。






全部合わせると20頭くらい飛来したと思います。
非常に美しい色のキリガでいて、濃淡の変異が楽しくいつまでも見ていたくなります。
この素晴らしい濃淡はまるで亜寒帯の厳しい寒さを物語っている様です。

色々あり遅めのスタートとなりましたが快調な滑り出しを飾ることができました。


余談:糖蜜を確認しに行く途中スズキコモリグモを2頭確認しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加