北海道ハイテクトンボブログ

北海道エコ・動物自然専門学校 教員 広瀬良宏のブログ
【掲載の記事・写真等はすべて無断複写・転載を禁じます】

アカメイトトンボの新産地について その四

2016年07月28日 | イトトンボ科

再度単独でアカメイトトンボの産地に行ってきました。

やはり未成熟の個体が多いですね。

一番上の写真は羽化直後の個体だと思います。

写真:アカメイトトンボ未熟雄

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカメイトトンボの新産地について その参

2016年07月27日 | イトトンボ科

写真のアカメイトトンボは今年、新産地とは別の産地で撮影したものです。

新産地が見つかるまで、昨年まではこの産地にしかいませんでした。

餌を食べていますね!

写真:アカメイトトンボ雄

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカメイトトンボの新産地について その弐

2016年07月26日 | イトトンボ科

前回に引き続き今回は未熟な雌です。

未熟なアカメイトトンボは結構素早く、近づくと木の上のほうに移動してしまいます。

この日は残念ながら成熟したアカメイトトンを撮影することはできませんでした。

しかしほかのメンバーは眼の赤いアカメイトトンボを採集していました。

写真:アカメイトトンボ未熟雌

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカメイトトンボの新産地について その壱

2016年07月25日 | イトトンボ科

アカメイトトンボですが先日、産業技術総合研究所の二橋君が来道し調査をした情報を頂きました。

短い時間ですがアカメイトトンボを発見してしまうのはすごいですね!

そこで現地に北海道トンボ研究会メンバーであるY氏とH氏の3人で向かい、調査したところ、写真撮影をすることができました。

今までは水面を探すことが多かったですが、今回林の中を探すと何匹か発見しました。

未熟の眼が赤くないアカメイトトンボですね。

アカメイトトンボは環境省が指定するレッドデータブックにおいて、絶滅危惧IA類に指定されている貴重なイトトンボです。

これからも守ってゆきたいですね。

写真:アカメイトトンボ未熟雄

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日高支庁のトンボ その五

2016年07月24日 | トンボ科

最後に沢山いたのがショウジョウトンボです。

なぜか雄だけ沢山見ることができました。

時期が遅くなると雌が出てくるのですかね?

これからもここに通ってどのようなトンボが見れるか観察したいと思います。

写真:ショウジョウトンボ雄 日高支庁にて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日高支庁のトンボ その四

2016年07月23日 | イトトンボ科

ようやく他の種がいました。ルリイトトンボです。

こちらは解放水面が好きなようですね。

実は北海道では普通種のルリイトトンボも日高支庁では珍しく、あまり記録がありません。

写真上:ルリイトトンボ雄 日高支庁にて

写真下:ルリイトトンボ雌

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日高支庁のトンボ その参

2016年07月22日 | イトトンボ科

アジアイトトンボはカラカネイトトンボとほぼ同じくらいいて、出現の時期もほぼ同時です。

現在池の周りはこの2種がほとんどで、たまにキタイトトンボが姿を見せます。

写真上:アジアイトトンボ未熟雄 日高支庁にて

写真中:アジアイトトンボ成熟雄

写真下:アジアイトトンボ未熟雌

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日高支庁のトンボ その弐

2016年07月21日 | イトトンボ科

カラカネイトトンボの雌は2タイプあり、こちらは黄土色の個体です。

こちらの雌は結構老熟しているようですね。

このような個体はまだまだ少なかったです。

写真:カラカネイトトンボ雌 日高支庁にて

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日高支庁のトンボ その壱

2016年07月20日 | イトトンボ科

前回行った日高支庁の池にまた来ました。

今回は結構成熟しているカラカネイトトンボもいます。

複眼と縁紋の色で成熟しているかわかります。

 

写真:カラカネイトトンボ雄 日高支庁にて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サラサヤンマ その弐

2016年07月19日 | ヤンマ科

サラサヤンマ雄の縄張りは常にホバリングするので疲れるらしいです。

よく近くの小枝に静止している姿を見かけます。

この時は時期が早く雌は1頭見ただけでした。

写真:サラサヤンマ雄 弟子屈町屈斜路湖畔にて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加