ライブざんまいの日々

参加したライブやイベントの超自己満足レポ用ブログ。コメントはお気軽に♪
Twitterのまとめ投稿多数ですがヨロシク!

NakamuraEmi NIPPONNO ONNAWO UTAU VOL.5 RELEASE TOUR 2018

2018-06-30 01:14:01 | 音楽ライブ/イベント


6/27(水)
EX THEATER ROPPONGI

NakamuraEmi ワンマンライブ!

スタンディングじゃなかったら速攻でチケット取ってたんやけど…(汗)
いつも同行のオットも立ち見は辛いと見送ってた。

しかし先日のカナケンで観て刺激され、
やっぱ行きたくなって
数日前に一人でチケット取りました!

結果、マジ行って良かった!!
生の醍醐味〜!!

ゲストにSAXのつーじーも来たし〜!
楽しかった!
思ったよりナイスな位置取りで視界も確保できたし♪


取り急ぎ行った記録とセトリ!
また追記します!

MCで言ってたシュークリーム、私も断然ツイン派なので、帰りに買って食べてもたやないの(笑)


【以下、セトリの間に追記(途中)】

バンメンに続き登場したEmiちゃん、
シルエットで頭部が妙な膨らみだったので何かと思えば帽子だった(笑)

Don’t
大人の言うことを聞け
かかってこいよ

いきなりアッパー3タテかまされ、もう心鷲掴みされました。
CDで聴くよりリズム隊が力強く、あぁ、これがライブだわ。。。
これよコレコレ的な感情に包まれながら早くも感動していたら。

「(全国ツアーから)東京に戻ってきたよ〜!
 たくさん入っていただいて…
 なんかもう泣きそうですけど、泣きません!」
とか言うてるんで私も泣きそうになった

MCからメンバー紹介に移る際、
「今日はみんなにミュージシャンになってなかったら何になっていたか、
 子供の頃は何になりたかったかを一人ずつ聞いていきます。」
ということで、「自分は幼稚園の先生」、
パーカッション大塚さんが「映像制作」、ベース鹿島さんが「船宿のおやじ」、
ドラムTOMOさんが「料理人」、
ギター・カワムラ氏が「先生」ということでした。
カワムラ氏は塾の先生を実際にやっていたそうで、
それがなければ今はない、とも言ってたけど詳細忘れてしもた。。。

Emiちゃんは一曲一曲、歌う前に説明をして歌うスタイル(ない時もあるけど)なので
その曲を作ったエピソードなどを聴くと余計に沁みるというか

N
スケボーマン

使命

波を待つのさ

次の曲は、いきなり小林麻央さんの話を始めたので、
「?」となったけど、同世代と言うし、
バレー部の先輩も幼子を残して亡くなったと言っていたので
まぁ納得というかなんというか。
私は同世代で近い人が亡くなる経験はないので(母や祖母は言うても十分年上やからね)
Emiちゃんの気持ちを完全に理解することは出来ないかもしれないけど
大切な人を亡くした辛さはわかるし…
そんな話をEmiちゃんも涙を浮かべて話していたのを聞きながら思っていたら
涙腺緩むしかないもう。
星なんて言わず
泣けたね。

新聞

昔はバラードばかりを歌っていたそうで。
「愛も何もわからないくせに歌っていました。」と。
それは今の彼女をみると意外であった。
で、ギタリストのカワムラ氏と出会って、
「Emiちゃんでプロデュースをやってみたい。プロデュースをEmiちゃんでやってみたいんだ!」
ということで二人で活動していたそう。
そこで、オフイスオーガスタのマネージャーが
「君たちの音楽をそのまま届けたい」と声をかけてくれたと。
そんなこんなで今に至るというような話でしたが、
無名の彼女に目を付けたカワムラ氏もスゴイが、よっぽど相性ええんやなこの二人!
どっちかだけじゃ足りんかったんやろう。
Emiちゃんの曲がカワムラ氏のアレンジで生きるし
これまでの彼の活動は知らんけど、ギターもEmiちゃんの曲で冴えている。
なんやねん。すごいやん。相乗効果。

メジャーデビュー
こういう話もあったせいか、本人のポテンシャルも高く力強い歌いっぷりで
沸き立つ場内。拍手も大きい。


いつも自分のことばかり書いているという曲を
初めて人に向けて書いたそうです。
教室
何度も「『教室』という曲です。」と言っていた(笑)

☆ココからつーじー参加
モチベーション

YAMABIKO

<アンコール>
女子達
コメント

DEAN FUJIOKA POP UP SHOP開催記念スペシャル対談 @HMV&BOOKS SHIBUYA(チラ見)

2018-06-20 18:33:32 | 音楽ライブ/イベント
せっかく東京に住んでいるので、
生おディーンを見られるチャンス到来!

モンクリロス真っ最中、
今をときめくディーン・フジオカさん!

ホンマにおる人なんやろか(笑)
TVや映画の世界の中だけなのでは(汗)

と、勇んでHMV渋谷に行ってきましたが。。。

って、会社帰りやったら全然間に合わへんがなっ!!

CD買えば優先エリアに入れるけど、
つーわけでCD買ってない。
ゴメンね

てか、抽選やから必ず入れるとも限らんし!

当たったとしても開始時間には当然間に合わないので、10分、せめて5分だけでも、
お顔だけでも拝めたら、と思ったけど、
雨やし人多いし全然たどり着かん!∑(゚Д゚)

ギリギリ終了寸前(正味1分もなかったかも…)に到着!
超滑り込みでなんとかお顔は拝見できた!

実在する人物やった!(笑)
生おディーン!


ぜひ今度はライブに来てね的なことを話していた模様。


すぐ退場してもた。

歌も聴けず



しょうがないので(?)パネルと衣装だけ写真撮って帰って来ました(笑)
↑CD買えよ。
(写真は後ほど。)


人多いやろうから、チラ見だけでも〜と思ってたけど、時間無さすぎてのチラ見に終わるとは(苦笑)

いやー、でもカッコよかったです




〈余談〉後ろの方はまだ若干のスペース空いてましたよ〜
しかも終わりがけやのに入れてくれた係の人。
外れて諦めた方、来たら見れたよ!

コメント

NakamuraEmi インストアライブ@新宿タワレコ(途中から)

2018-03-24 23:34:38 | 音楽ライブ/イベント
NakamuraEmiちゃんのインストアイベントに行ってきました。


しかし遅刻。


なぜかと言うと、どうしてもパッチョと会いたかったんだよぅ。

※パッチョとは、東京ガスのキャラクターです。
 東京ガスのショールームで(着ぐるみの)パッチョと会えるイベントがありまして。。。


意外と人が多く、パッチョと撮影後、
電パッチョと入れ替えのタイミングを完全に失敗し
数十分並ぶハメに。。。



同じ新宿なのでなんとか間に合うと思っていたが甘かった。

東京の広さ見くびんなや!
↑ブラマヨ吉田風


着いたら既に10分ほど過ぎており。。。

まぁ、まずやるであろう

Don't

かかってこいよ

等を聴き逃した模様。。。
(予想)

観覧スペースにはもう入れなくなっていて、
まわりをうろつくも人だかりで見えず。

しょうがないので、通路のPOPのスキマから盗み見るような状態(汗)

そんな状態でも数曲は聴けた。


新聞
YAMABIKO

私よりもチビッコなEmiちゃんは(特に男性)客に埋もれてほぼ見えず(汗)

私もチビッコなので客で見えん。。。

それでも時々台の上に乗ってくれた時だけ見えた(笑)

カワムラヒロシ氏もいたのだけど、
座って弾いてるのでホンマ一瞬しか見えん。。。

まぁでも生で聴けて良かったな。

最後はコールも盛り上がって終了。

サイン会は時間の都合で不参加。

垣間見た感じになってしまったよ。
コメント

NHK J-MELO Rocks 2018 公開収録観覧

2018-02-20 21:44:37 | 音楽ライブ/イベント



スカパラがタダで観られると
軽い気持ちで応募したら当たりました(笑)

あとGLIM SPANKYも気になった。


ブルエンは名前しか知らんかったので
どんなもんかな〜って感じ。

シドは昔パチパチに載ってたよね〜てな感じで曲も知らんし範疇外。

しかし前説で判明したのが
会場内のほとんどがシドのファン!!

歓声がすごい。
そんな人気あるん〜!?

しかしシドももうええ歳であろう?と思ったけど、
こちとら黄色い声援浴びてる55歳のガチファンだった(笑)


前説ディレクターの紹介で
司会のMay-Jがちょろっと出てきて挨拶。



東京スカパラダイスオーケストラ
1. Paradise Has No Border(氷結CMの曲)
2. Down Beat Stomp
3. スキャラバン
-MC-
4. Samurai Dreamers -サビレルナ和ヨ- feat.TAKUMA(10-FEET)
5. Routine Melodies Reprise
6. Pride Of Lions
7. ペドラーズ

オットと行ったのはいいのだが、
相変わらず地蔵なので
こっちも乗りにくいんだわさ。
今回、席が端っこだったせいもあり
せっかくのスカパラで今ひとつ乗り切れず
もったいないことをした。

前半3曲はメジャーやったけど、
最近は聞いてへんので後半全然分からず(汗)
(拾って来ました)

ほんで岩橋みたいな子が出てきても
誰かわからんかったよ(汗)

帰って調べたら、コラボしてた10-FEETの子やった。
コラボしてた事すら知らんかったし。


後の3組も曲順拾ってきました。


GLIMSPANKY
1. 愚か者たち
2. 怒りをくれよ
3. 闇に目を凝らせば
4. 美しい棘
5. 大人になったら
6. アイスタンドアローン

感想はTwitterと重複しますが、若いのに渋くて悪くない。
音もファッションも60〜70年代ぽくて、
なかなかスタイルがしっかりしていると思いました。
今後も要注目。


BLUE ENCOUNT
1. SE
2. Survivor
3. LIVER
4. VS
-MC-
5. 灯せ
6. はじまり

若い男子バンドにありがちな、音量上げすぎて
もう個々の音が聞き取れません。。。
わーーーん。ってひとつの音になってしまってる。
(オバハンにはそう聞こえるんですわ。。。)
MCも全然響かず。
ペラい。。。って思ってしまった。
続けば良いですね。。。


シド
1. ANNIVERSARY
2. V.I.P
3. 嘘
4. ハナビラ
5. Ash(Lisaに提供した曲をセルフカバー)
6. Dear Tokyo

黄色い歓声がすごい。
ナルシスト感しかないMC。
遠目だったので、なんか綾部に見えてくるし、
ツッコミどころ満載な気がしたけど、
あえてつっこまずにいよう。

1曲目から振り付け激しいし、ヘドバン始まるし
あっけにとられた感は否めない。

顔と名前しか知らんかったので、
こんな感じなのね、この人ら。。。

オットは帰りたがってたけど、なんかむしろおもろなってきて、
せっかくなので最後まで見ることにした。

しかしアンコールまで付き合う気も無く早々に退場。

May-Jが出てきたみたいやったけど、
さすがにもういいやって感じで帰ってきました。

やれやれ。

NHKワールドは見られへんけど、
BSプレミアムで3月に放送あるようなので、要チェック!
コメント

毎日がクリスマス12/13★DADARAY / NakamuraEmi

2017-12-13 23:59:48 | 音楽ライブ/イベント
2017.12.13 Wed
@横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
毎日がクリスマス 10TH ANNIVERSARY!
出演:DADARAY / NakamuraEmi




開演前の場内アナウンスが
やたらアニメ声ぽいし噛みまくるし
誰やねん、と思っていたら
折込チラシの中に入っていたCDの主、
ちさというアーティストでした。

急遽オープニングアクトで出るいうんやけど
その割にギターとドラムにキーボードまでセッティングされていて、
どの時点での急遽やねん!
出る気マンマンやないかー!
それやったらその分、
NakamuraEmiをもっと聞きたかってんけど~。
だいたいオープニングアクトって
開演前の入場時にやるやつちゃうんか〜!
悪口にしかならない気もするが、
高音が耳について苦手な声質。
顔も「りあるキッズ」の安田くんにしか見えなくなってきて入ってこない(汗)
これ以上は言うまい。
ごめん。

そして転換が入ったので結局30分ぐらいかかってようやく本題。
ISEKIさんよぅ、これはいかがなものかと思うぜ〜。


※詳細は時間できた時に追加します。


★NakamuraEmi:セットリスト(たぶん)
Gt:カワムラヒロシ
Dr:河村亮(あきら)
兄弟だそうです。名字一緒やしな(笑)
あと、どうやらカメラマンの兄?もいる模様。

カワムラヒロシ氏はえらい焼けて黒くなってたので何故?と思ったら、サーフィンやってるそうで。
上川隆也っぷりが若干薄れた気が(笑)

Don‘t
大人の言うことを聞け
プレゼント
星になった(タイトル?新曲)
新聞(新曲)
メジャーデビュー
Yamabiko

最後、ステージから降りて、
客席にマイクを向け歌ってたけど、
どうやら上がれなくなったようで(笑)
スタッフさんが箱馬を持ってきて戻るという(笑)
ちっこいから、座ってる人にさえ埋もれるEmiちゃん(笑)


転換に30分近くかかるのは中だるみやなぁ。
改善してほしい。
ISEKIさんよぅ。
↑主催者やってね。
海の家だけじゃなかったんやね。


★DADARAY:セットリスト
(ネットで拾ってきたので、正確かどうかは責任持ちません)

少しでいいから殴らせて
美しい仕打ち
block off
(↑なんか半ば強引に客を立たせる)
場末
誰かがキスをした
僕らのマイノリティ
優しく鬼に
<アンコール>
イキツクシ

楽曲は良いのだが、
パフォーマンスは違和感しかなかったので、
正直なところ期待以下。
えつこじゃない方のボーカルの女女した感じが苦手。
イキってる感じしかしなかった。
最後の方は尼神インターの誠子に見えてきる始末。
あかん。合わん。
課長がもうちょいフィーチャーされてんのかと思ったけど
ゲスん時と大して変わらんつーか。
結局ゲスも曲が好きなので、
となると絵音の曲が好きなのか?
結論。
indigo la Endも一回ちゃんと聞いてみよう。
DADARAYどっか行ってもーた(笑)
コメント

NakamuraEmi NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4 ~Release Tour 2017~@LIQUIDROOM

2017-06-01 23:05:02 | 音楽ライブ/イベント
4月に行ったNHK-FM「ライブビート」の公開録音が良かったので
(レポはこちら。と言っても行った記録のみ状態)
オットがめずらしく勢い付いてチケット取ってくれと。
ちょうどワンマンの一般発売前のタイミングで、
結果的に SOLD OUT になっていたので、取れただけでも良かったです。

6/1(木)に、恵比寿の LIQUIDROOM に行って来ました。

ライブ前に AFURI(あふり・阿夫利)のラーメンで腹ごしらえ。
(写真忘れたので、公式でご確認ください。↑)
以前、シカオちゃんライブの際にスガ友Kさんに教えてもらったお店。
スガ シカオまたはラーメンに興味ある方はこちら
なかなか行動範囲にお店がないので、問答無用で決めました(笑)

前回柚子塩らーめんにしたので、今回は醤油。
どちらも美味しいので、気分で選べばいいかな〜
炙ったチャーシュー美味しいね。




さて本題です。

ロッカーにカバンを入れ、整理番号(760番台)を呼ばれて会場に入ると
背の高い男性客が多く、私はチビッコなので、
もう下のフロアでは埋もれてしまって見えない可能性もあるので、何とか一段高い場所を確保。
おかげでよく見えた。
でもパーカッションの人は死角で全く見えず

以下、うろ覚えなので、間違ってるところはご指摘頂けると幸いです。
※曲順は某サイトを参考に修正いたしました!


Rebirth

I
すんごいキレッキレの演奏でびっくり。

スケボーマン

使命

ツアーもいろんな方のアドバイスを頂いて変わってきました、と
大人の言うことを聞け

メンバー紹介はこのへんだったかしら?
パーカッションの人はずっと見えなかったので、覚えてない(汗)
ホントはドラマーって言うてたっけな。
ベースの人は色白で、「白いベースの人がいる」と言われて、白いベースを持ってる人だと思われてたとか(笑)
ドラムの人は地元で偶然(←?)叩いていた姿に惚れ込んで、お願いします!って参加してもらったそうで。
MISIAのツアーにも参加してたそうです。
ギターのカワムラヒロシさんは安定の上川隆也っぷり。外見だけですが(笑)

「今日はファイナルにふさわしくゲストがいます。」と、
カルメラの辻本美博さん(アルトサックス)、HEY-SMITHのかなすさん(トロンボーン)を呼び込む。
ゴメンね、全然知らんねんけど、辻本さんは金髪で、かなすさんは銀髪で、服も含めてインパクト強えぇな。
どっちも明らかに年下やけど一応さん付けにしとこう。
晴人
さすがにホーンが入ると演奏にグッと厚みが増す。

ヒマワリが咲く予定

ハワイ島へ一週間強制的に休暇で行った時の歌だそうで。
歌う前にカメラをたすき掛けに。
歌詞に出てくるかららしいけど、初めての試みだそうで。
足踏みから曲スタート。
ギターの入りがすごく違和感あってんけど、合ってるんよね。
絶妙やな。
オーシャンドラム使用。
ハワイと日本

次は『笑ゥせぇるすまんNEW』のオープニング曲、書き下ろしって言うてたかな。
主題歌の話が来た時は2〜3度断ってしまったけど、
さらにオファーをいただいて、この世界観はNakamuraさんでないと!という話で
それなら是非やらせてください。と、受けたそうです。
曲紹介でいきなりクレヨンしんちゃんのモノマネ始まった?と思ったけど、喪黒福造やってんな(笑)
Don't
「ドーン!」やから『Don't』なんか!って、あとから気付くという(苦笑)

再度「ゲストが来ています。」と、マリンバ奏者の加納りなさんを呼び込む。
今日はマリンバではなくミニグロッケンでもなく(←カワムラさんに指摘されるEmiちゃん)グロッケンを演奏。
鉄琴的なものかな?
妹?がいて加納姉妹だ、さらにお母様がキョウコさんだそうで(笑)
ボブ・ディラン

めしあがれ
この歌はやっぱり泣けるなぁ。
隣の女性なんて嗚咽してたよ。

音楽業界に不信感を持っていたけど、デビューにあたり(してから?)
素晴らしいチームと出会って、
元々あった曲(歌詞)の半分は書き換わったそうです。
メジャーデビュー

ラストは代表曲でシメ。
YAMABIKO


〜〜〜アンコール〜〜〜
皆さんグッズのTシャツで登場。
ようやくパーカッションの人の顔を確認(苦笑)

ツアーグッズについてのトーク。
「Tシャツは「ハワイと日本」の歌詞をデザインしてあります。
 どこにも「NakamuraEmi」とも「NIPPONNO ONNAWO UTAU」とか書いてないから大丈夫です(笑)」
と、自虐ネタか。
普段着に出来るよって事でね(笑)
「このTシャツを着ている人を見かけたらもれなく抱きつくことにしてます!」
だそうですので、着て歩いてる方は会えたらいいですね(笑)

モチベーション
今は入手できない初期のインディーズ発表曲。
TSUTAYAで45秒の視聴は可能。
今日イチファンキーやったな。
やたらギターのワウ効いてるし。
録音?
パーカッションの人が弾いてた?←見えないので。

本日のゲスト3名を呼び込み全員で
女子達
正直グロッケンは合ってるか合ってないかわからんかったけど、ファイナルらしい豪華な感じで終了。


最後、写真撮っていいよ〜!ってなってんけど、
iPhoneの電源切ってたから起動で間に合わず、かろうじて撮れたのがご覧の一枚です(汗)



歌良しバンド良し音良しゲストもありでホント良いライブでした
アットホームな雰囲気で楽しませてもらいました
コメント

日比谷野音空想旅団 ~そこに素晴らしき音楽があった~

2017-05-23 01:49:41 | 音楽ライブ/イベント
日比谷野外音楽堂90周年記念にふさわしく日本の音楽シーンを一望する、一夜限りのマスターピース・クロニクルがここに。

音楽プロデューサー・小林武史、亀田誠治による“空想旅団”が豪華アーティストを迎え、ポップ/ロックの歴史を辿る一大絵巻を展開。

これを逃すと二度と観ることのできないレアなコラボも目白押し!



2013年4月28日(日)
開場16:00 / 開演17:00
会場:日比谷野外大音楽堂

書いてなかったので行った記録として。

時間ある時に整理します。


とにかくフミヤもシカオちゃんも出るって事で、プレオーダー各種は全滅、一般も瞬殺。
何とか当日券が予約出来てチケット入手して、大阪から参加したのです。

※どっちも出たので、カテゴリは音楽ライブ/イベントにしています。


コメント

NakamuraEmi NHK-FM「ライブビート」公開録音

2017-04-11 23:21:26 | 音楽ライブ/イベント
NHK-FM「ライブビート」の公開録音が当たり、
NHK みんなの広場 ふれあいホールに行って来ました。


アーティストはNakamuraEmiさん。

30歳を過ぎてのメジャーデビューに加え(35歳だそう)、
事務所はオーガスタだし、
女・スガシカオか!?っていうのは勝手に思ってるんですが(笑)
まぁ音楽性も違うし、メディアではそんなこと言われてないので、スルーしてください。

曲もいいですが、ストレートな歌詞がいいですよ。

キッカケはTVで「Yamabiko」のPVを観たことですが、
私よりオットの方がハマっていて、
私はYouTubeで見る程度でした。

数曲しか知らん状態で行ってしまったのですが、心配は杞憂でした。

初めて聴く曲でも良かった。
泣けたのもあった。

曲順等はOAまで控えますね。

4/30(日)10:30〜11:00pm です。
ぜひ聴いてみてください!



初めて生で見る彼女は思った以上に小柄でしたが、
ものすごくパワフルで、CDの歌唱力と遜色なく、それ以上かも!?
プロデューサーでギターのカワムラヒロシさんと2人だけでしたが、熱いステージでした。
カワムラヒロシさんも相当上手いね。


アンコール1曲を含む1時間半のライブは、
タダでめっちゃええもん見してもろた!
という感じです。
OAは30分なので、どの曲が放送されるんやろう。。。
OA曲は以下です。

1. Rebirth
2. スケボーマン
3. 大人の言うことを聞け
4. プレゼント〜繋ぐ〜
5. めしあがれ
6. ボブ・ディラン
7. メジャーデビュー
8. YAMABIKO
9. 女子達


オットはワンマンライブの方も気になってる様子。


私もアルバム2枚、iTunesでダウンロードしました


今後も注目のアーティストです。
コメント

ゲスの極み乙女。ゲスな乙女大集会~武道館編~初日

2016-04-28 21:55:06 | 音楽ライブ/イベント
満開には早いが、桜もいい感じに咲いていた3/30、3月3回目の武道館。

いろいろあったけど、ゲス初の武道館公演に参加。
席が悪くてテンション低めやったけど、立見が出てたぐらい満員で、取れただけでも良かったという感じ。
某サイトでチケット余りまくりとか書かれてたけど、あんなんガセと言うかもはや嫌がらせで
数日前のROOTS66の方がよっぽど空いてた(汗)



行った記録程度ですが上げておきます。
細かいとこは音楽サイトのレポをご参照くださいませ。



ステージ上には棒状のスクリーンが5本。
アリーナクラスの会場では当たり前になっている遠い人用のスクリーンはナシ。

そして黙々とニューアルバムの曲を立て続けに演奏し、歌い続ける。

音楽に対してストイックな姿勢を演出しているのだろうか…。

スクリーンは棒の2面を使用しているので、正面でないと遠い側の面が見づらい。
要改善やな。

以前、豊洲のライブハウスで見た時より音が良いせいか、演奏の上手さが際立つ。

個人的には楽曲の良さと演奏(編曲)がいいと思って聴いているので、ライブでもやはり聴きどころは同じである。

同行のオットが趣味でドラムをやってるせいか、いこかちゃんに目がいってしまう。
月並みだが、女子で、この若さ(26歳だっけ)であれだけ叩けるってやっぱスゴイと思う。

残念ながら双眼鏡を駆使しても休日課長は遠いし、ちゃんMARIは小柄だし、よく見えなかった。

それにしても、あれだけ歌い続けても動じない絵音くんのノドはタフやなと。
序盤こそオヤ?と思う箇所はあれど、後半はむしろ調子が出てきた感じで伸びが良くなってた感じ。



セトリは31日のばっかで、30日のはどっかにあったので、探してくるとしよう(笑)
アンコールぐらいしか変わらないし、違う部分は記憶で補うとして某サイトより頂いてきました。

01. ロマンスがありあまる
02. 私以外私じゃないの
03. サイデンティティ
04. 星降る夜に花束を
05. 勤めるリアル
06. シリアルシンガー
07. 煙る
08. セルマ
09. 無垢
10. 無垢な季節
11. 心歌舞く
12. id 1
~いけないダンスダンスダンス~
13. いけないダンス
14. パラレルスペック(funky ver.)
15. オトナチック
16. Mr.ゲスX
17. アソビ
18. 両成敗でいいじゃない
<アンコール>
19. 続けざまの両成敗
20. ドレスを脱げ
21. キラーボール



本編2部構成で、後半は赤い衣装に着替えてきた。

ニューアルバムは17曲と盛りだくさんなので、ほとんど新曲で本編終了。



アンコールでようやく話始める絵音くん。
「いつもの長い話がないなって思ってると思います。」とかなんとかで、いこかちゃんがあおってみたり
ちゃんMARIが「アリーナ!コポゥ!」「1階!コポゥ!」「2階!コポゥ!」と、コレがやりたかったと(笑)

少し前にいこかちゃんが既婚だという報道(?)が出てたけど、それにもめげずにいこか推しの課長は健在であった(笑)

アンコールになってからようやくいつもの(って1回しかワンマン見てへん)感じなのかなー。

やはり例の騒動が尾を引いている模様…。


しかしゲスの曲はお客さんの振りがほぼ同じで、せっかくアリーナクラスの武道館なんやし、何かいろいろやればもっと楽しいのでは…。
「両成敗でいいじゃない」なんて、コーラスが振りやってるんやし、みんな真似してやれば良いのに…。

ただただ曲を続けて演奏してるんじゃ非常にもったいない気がしましたオバハンは。

騒動無かったらもうちょっと違ってたんかな~。。。

次の日は更に盛り上がってたみたいなんで、初日にしたことを少々悔やみもしましたが
でもまぁ、ええバンドです、この子ら。
来て良かったです。(*^_^*)




ちなみに写真のキティちゃんは数日前のROOTS66の時に見つけた日本武道館限定(らしい)ご当地キティちゃん。
キティはキモイやつを中心に集めてるけど、行ったとこのやつは最低1個は買うようにしてるので
コレクター魂に火が付いた(笑)

あと、休日課長の元会社の同僚から花が届いてて笑けた
ええ会社やね。
コメント

シンリズム 1st TOUR「NEW RHYTHM」

2015-07-24 01:04:38 | 音楽ライブ/イベント
J-WAVEで当たったので、シンリズム君のライブに行ってきた。





正直良かった。

若いのに気負ってないしイキってもない。

4台ぐらいのギターを曲ごとに変え、ベース弾くわ鍵盤弾くわで、1stライブやのに、こなれてる感ハンパない。

でもMCでは夏休みだのテストだの、現役高校生トークで和ませる。

豪華バンドメンバーにも負けない技術あるし、楽曲のクオリティも高い。
(洋楽オンチなので詳しくはよくわからないが)

なんなんこの子(笑)

嫌みない好青年やし。

すごいよ。

聴いてみる価値あり。


帰りは神座のねぎラーメン♪


青ネギたっぷりは関西人にはうれしいね。
↑東京やと白ネギばっか。

久々の大阪の味で、冷えた身体もあったまった。
クアトロ寒すぎ。
コメント

ゲスの極み乙女。全国ワンマンツアー「ゲスな魅力?」豊洲PIT

2014-12-11 22:45:27 | 音楽ライブ/イベント
先週12/7(日)、シカオちゃんがオススメしていた事と『僕らの音楽』で共演していて楽曲が良かったので
ダンナにも勧めてみたら意外と気に入り、生で観たいというのでチケット取ってみたら運良く当たった。
という事で、行ってきましたゲスの極み乙女。@豊洲PIT。
豊洲って言うんで、ららぽーとの近くかな?と思ったら、ゆりかもめで一駅…なんもない
しょうがないので腹ごしらえはららぽで済ませ、一駅歩く。

キャパ3,000越えというなかなかのデカ箱で、自分らの番号1600番台を超えてもまだゆとり。

中に入ると、赤い横断幕に明朝体でバンド名を大きくステージに掲げてあり、インパクトはさすが。
旧ソビエトのような退廃的なムードさえ漂う。

10分近く押して
列車クラシックさん
PVかな?機関車のイラスト映像がスクリーンに流れる。
(生演奏かは不明。)

幕が下りたまま
猟奇的なキスを私にして
が始まり、演奏中に幕が上がる。
沸く会場内。

その後も
デジタルモグラ
ノーマルアタマ
など、序盤からメジャーナンバー連発で会場内は早くもヒートアップ。

やってる方も若いし、客もめちゃ若い(10~20代前半がコア)から、まー元気やわ~~~(笑)
アラフォーのおじさんおばさんが若い子に混じって手を上げるのも何だか気恥ずかしいので
リズムに乗る・揺れる程度で見ていました(苦笑)
まぁ、元々ダンナはそんなタイプでもないのだが。(^^;)

なんか、煽らなくても勝手に会場が盛り上がってる感じで、いいファンなんやろうね。

タイトル見ながら聴いてないし、曲調がやや似ている事もあり(毒)
セトリの順番はさっぱり分からん。。。
そのうちどっかに上がらんかな。
すんません。また調べておきます。


ひとしきり盛り上がって、飛ばすなーと思っていたら、暗転。
全員いなくなり、下手から売れないお笑い芸人のようなコンビが登場。
芸人ではなく、TOKYO FMの「スクールオブロック」という番組の校長と教頭だそう。
教頭はフテネコ描いてる芹沢って人らしい!
(↑フテネコの絵は知ってた。)
今回は段のある後ろで陣取っていたので物理的に見えない。という理由で判別できないのではなく、
本当に顔も名前も知らない人だった(苦笑)スマン。
大阪から引っ越して来たオバハンは知らんねや(汗)

豊洲にハイセンス太郎なる人物から悩み相談メールが届いるという体で、
誰だ?という小芝居から始まり、
ハイセンス太郎ことえのぴょん(って書くのもなんかハズイな…)の運動不足についてのトークが繰り広げられる。
ミスチルの桜井さんのフットサルに参加したのだが、
なめてて、自分が一番若いから大丈夫だろうと思ったら元日本代表の人もいて、
試合開始3分で片耳が聞こえなくなったらしい。
途中、桜井さんが帰るタイミングに合わせてこそっと帰ったそうな。

あと、ツアーのパーカー4,500円を2回言う。

後半は、校長、教頭のリクエスト…と思いきや
ミスチルの「TOMORROW NEVER KNOWS」…
イントロを弾くちゃんMARI。
歌い出す校長!
「お前が歌うんかい!!」教頭のツッコミにも負けず歌い続ける校長。
何だこの茶番(笑)

そしてようやくまともなリクエストをするのだが拒否られると言う(苦笑)
どこまで台本通りなのか?
モニエは悲しむ
からスタート。
ドレスを脱げ
餅ガール
キラーボール
など、アッパー続々で盛り上がる
てか、バラードほとんど無いよこの子たち。。。

そう言えば、MCで休日課長のラーメン月一回ルールについて結構長々としゃべっていた。

しかし上手いね~、ホント。
音は割れてたので、クオリティーは下がってしまったけども、
小休憩なしでグルーブ感も下がらずキープ。

わりかし演奏はCD通りという印象だったので、
ダンナはきっちり練習してると言っていた。

でもチェッカーズも当時は20代だった事を考えれば、こなれてるバンドがいたって不思議ではない。
他のバンドが下手なのか?
↑そんなことはない。


アンコールではストリングス、再度コーラスも加えて
bye-bye 999
をしっとりと。
唯一のバラードなのでは?

終わった後「まだやります」とえのん。
「この間、赤坂BLITZで、この曲で終わったらすごい空気になったので、もう1曲ぐらいやる事にしました。
 今日はなんと~!スペシャルゲストがいます!
 スガシカオ!」

マジかシカオちゃん!!!
赤坂かどっちかに観に来てるとは思ってたけど、ステージ上がるとは!!!!
しかもセッション!!!!!
ラッキー

パラレルスペック

会場内は異様な盛り上がり。
私も思わずダンナの横ではしゃいでしまったぜ。フ。
見せた事の無いノリを見せてしまった…(汗)

最後は
jajaumasan
でもうひと盛り上がりし、記念撮影で終了。
Twitter見たら後ろ過ぎて全然判別できず。
前でタオル広げてたヤツがいたので写らへんやーんとか思ったが、
そんな次元の話では無かった(笑)
ていうか、タオルのおかげでこの辺…ってわかったのでむしろ感謝。

また機会があれば参加してみたいと思いましたが
オバハンでもはしゃいでよかですか?
コメント

ポルノグラフィティ 15th ライブサーキット ラブ Eメール フロム 1999

2014-06-01 23:40:39 | 音楽ライブ/イベント
1/30(木)はポルノグラフィティのコンサートに行ってきました。

久々の大阪城ホール。
というか、前に来たのも前回のポルノやな。



内容はネタバレなので、書きませんが、盛りだくさんの3時間。


3時間でも足りないぐらい。

めちゃ楽しかったです。




↑恒例の記念撮影コーナー。




いやー、また行きたいなー♡




今回買ったグッズ。
タオルとご当地ロゴピンズ、アポロチョコレート、ポルノグラフィティバージョン。
エコバッグも買えば良かったなぁ~、500円なら。


さて、以下追記。
セトリはWOWOWの放送から拾って来ました。
抜けとったらゴメン。
大阪はホームなので…と言うようなことを繰り返し行っていたのが印象的。
同い年(学年)やけど、当時はホンマに存在すら知らんかったので、なんか悔しいと言うかなんと言うか(笑)

青春花道
ミュージックアワー
オレ、天使
ヒトリノ夜
ーMC
エビキュリアン
サウダージ
東京デスティニー
ーMC
ルーズ(カゲボウシc/w)
愛が呼ぶほうへ
ーMC
「マギの主題歌を…」
瞬く星の下で(アコースティックver)
サボテン
ラック
音のない森
夕陽と星空と僕
ーMC
「今歌った曲がアンケートNo.1でした。」
【メドレー】
Mugen(転調、サビのみ)
君は100%
ギフト
あなたがここにいたら
Love too, Death too

◯◯が叫ぶ~!フゥフゥ!
で、後半戦突入!

幸せについて本気出して考えてみた
Mugen
アゲハ蝶
Let's go to the Ansar
メリッサ
ハネウマライダー
ーMC(ハルイチ)
ひとひら

新しい順からシングルジャケットとワンフレーズが次々とスクリーンに。
箱型のスクリーンにあのジャケット!
上にはポルノの二人。

アポロ
ー黄色の旗を掲げる~暗転

【アンコール】
ーMC
ひわいなカタカナ3文字を叫ぶけぇ、やらんといかん!

マシンガントーク
ハルイチがもう一度アウトロを弾き再度モンキーダンス!!
さらに何度も繰り返すのでヘロヘロの昭仁(笑)

メンバー紹介!
大阪では高槻出身ということで、バイオリンのナオトが話す時間を取っていた。

Sweet Home Chicago ~ご当地Ver.~
ジレンマ

ーエンディング
コメント

ポルノグラフィティ「PANORAMA × 42」@大阪城ホール

2013-01-17 12:59:51 | 音楽ライブ/イベント


今日はポルノグラフィティのコンサート
12th LIVE CIRCUIT “PANORAM × 42"
で久々の大阪城ホールに行ってきました。
(一人です!!)


ワンマンは8年ぶりだったコトに驚き。
その間にREQUESTAGEで観たけど、そんなに行ってなかったのねー。
基本、一緒に誰も行く人おらんので、定期的にならんのですよ。


(↑ご当地?撮影コーナー)

ネタバレあかんというアナウンスが流れてましたが、
なんと新譜を聴かないまま参戦してしまい、セトリがわからんという(汗)
ある意味チャレンジャー、アホとも言う。
近々、何かしらの方法で聴こうと思います。


ずーっと同じ人のファンやってると、たまには違うミュージシャンって新鮮で純粋に楽しかった♪(´ε` )

ポルノ好きだし。
(↑ここだけ見ると日本語おかしいが。)

城ホールも久々やったんで、上から見るアリーナも圧巻やね。
(席悪かった。)


あの「変な踊り」もやってきたよ(笑)

因島から出てきて、デビュー前は大阪で活動してた(城天やってた)彼らにとって大阪は第二の故郷のようなもんで、「武道館より大阪城ホールに思い入れがある」という話もありました。
(↑晴一くん)

とりあえず今日はここまで。
MCもエンディングもけっこう長くて、退場したのは22時をまわっておりました。

ま、でも、こんな年の瀬に思いつきで行ってしまったけど、良かったわー。

また行きたくなるね。

【2013.1.15.追記】
えー、某雑誌に載っていたセトリを追記しておきます。
たぶん捨てちゃうから、自分のためでもあるのさ。

メリーゴーラウンド
2012Spark
やがて哀しきロックンロール
ネオメロドラマティック(アレンジVer.)

ーMCー
次の曲『はなむけ』に合わせ、
「乾杯のときにウーロン茶を頼む女子はモテません。
 カクテルとか頼んで乾杯のタイミングを遅らせるような女子もモテません。
 ビールを飲みましょう、ビールでいいじゃないですか。」
と、晴一くん。
おおぅ、両方とも私じゃねーか。
おかげさまでいっこうにモテませんけど!未だに独身ですけど!!
ビールが飲めねーからだよ!!!などと、
ゲーノージンの単なる発言にカチンと来てしまった。。。

はなむけ
星球
素敵すぎてしまった
シスター(PANORAMA × 42 Ver.)
ーMCー
ジャケットがシマシマなので、太鼓(なんとかタムって言ってたな)叩いてたら、
くいだおれの人形っぽくなると言っていたアキヒト(笑)
練習で太鼓がうるさいので、皮にガムテープを貼られてしまったそうです。

EXIT
ゆきのいろ
Truly
カシオペヤの後悔
以上の4曲(だっけ?)はストリングスも加わって、違ったアレンジでした。

ーMCー(?)

FLAG
電光石火
Before Century
おなじみの?「エビバデー、セー!」「フーフー!」であおりーの、変な踊りの曲へ(笑)
ミュージック・アワー
メリッサ
ワンモアタイム
サウダージ
メジャー
光のストーリー

Encore
カゲボウシ
「大切な人を思って聴いてください。」と昭仁に言われて聴いていたのだが、
(歌詞も出ていたのに)イマイチピンと来ず。残念。

瞬く星の下で
まだリリース前の新曲を披露。

ジレンマ
コメント (4)

怒髪天 & THE JOE-NETS LIVE ALIVE TOUR 2011 "GOLDEN MUSIC HOUR"

2011-11-05 18:07:29 | 音楽ライブ/イベント
昨日は怒髪天のライブに、NHK大阪ホールに行ってきました。


今年の5月に2連チャンで(タダで)怒髪天を見てから結構好きになってしまい
(過去レポ参照:カミングコウベロックの学園
マイミクさんがチケット余ってると言うので、乗り気で(笑)



上記のロックの学園がかなり良かったので、
ホールだし、期待しすぎてはイカンと思いつつ、
今回の編成はホーンズ(勝手にしやがれ)にコーラス(男前シスターズ3人)、
サポートのギター(ビークルのカトウタロウ)とキーボードまで入った大所帯なので
「いつもと違う俺たちも見てくれ」と増子さんも言ってたんですが、違う一面が見られて楽しかったです



珍しくスーツ(ジャケット)で登場した増子さん。

しかし「暑い!」と、3曲ほどで脱いでしまい、
インしてたシャツも出しちゃって、「結局いつもの格好だな」とかなんとか。


前半は全然曲が分からずで、もっと勉強すべきと反省。
コレしか聴いてなかったからなー


中盤からは昔の曲もやりますということで、
「いやんなっちゃう」ことがいっぱいだと、前振りから曲へ行こうとしたけど、
カトウタロウのギターアンプにトラブル発生
電源が入らないというんで、しばらくいやんなっちゃうトークでつなぐ増子さんでした。

ここでようやく知ってる曲が
分かった曲だけ書きます(笑)順不同。たぶん。

ドンマイ・ビート

トーキョー・ロンリー・サムライマン

労働CALLING
初めは全然違うアレンジで始まって、ウケた(笑)

「関西で人気の曲行くか~?」と
オトナノススメ

喰うために働いて 生きるために唄え!!

全人類肯定曲 ~豪華管楽器隊参戦編~

セバ・ナ・セバーナ

盛り上がって、ズボンの股が破れてしまったようで
大丈夫?と周りに聞く増子さん。
上原子さんとカトウタロウが股下をのぞき込む場面も

「今日の着てきたジャケットは、このズボンとセットアップで、スーツなんだよ。
 ツアー初日なのに破いちゃって、次からは似たようなズボンをはくことになりますが。
 しゃべっちゃダメだよ。」

って言われたけど、面白いから書いちゃいました

情熱のストレート
ズボン破れても盛り上がる!!


アンコールは2曲ののち、曲に乗せてメンバー紹介。
コレで終わりかな?と思ったら

ニッポン♥ファイターズ

最後はこの曲だったと思うんやけど、45歳、燃えてます



熱い熱いステージでした
コメント

福山雅治 WE!RE BROS TOUR 2011「THE LIVE BANG!!」

2011-07-31 23:47:21 | 音楽ライブ/イベント
尚友かつ福山ファンの友人からチケットが余っているという嬉しいお知らせをもらい
二つ返事で参加することにしました。

バックステージ席なのですが、遠くの正面より近くの後ろの方が、臨場感があって断然良い
譲ってくれたKちゃんに感謝です

サイドとバック席の売り上げは東日本大震災のチャリティーで全額寄付!
ライブ全体からもさらに寄付するという太っ腹!
よっ、男前!!


さて、本題。
大阪4Days最終日に加え、来年発売というライブDVDの収録もあり、
かなり気合いの入った感じで始まった。
お客さんも盛り上がってる。
いいね~。


セトリはうろ覚えなので後ほど追加、整えます。


vs. ~知覚と快楽の螺旋~
いきなりギターで見せてくれます、男・福山!

明日の☆SHOW
18 -eighteen-
序盤から応援歌で、やはり東北を意識してるのかしら。

そして、ここだかどうかはあやしいですが
被災されて亡くなられた方に向け、1分間の黙祷を。。。


(この辺は順番、曲すら不明)
想 -new love new world-

HELLO

PEACH!
もはや恒例のTバックのオシリを装着
右の尻には「収録中」、Tのヒモをずらすと「あなたも映ります」の文字が
芸が細かい(笑)


アリーナ中央に延びる花道の先にはステージと左右に広がる花道。
「僕にとってはこの大阪城ホールが大阪の中心なんです!」と、
ステージの中心には、初めて大阪城ホールでコンサートをした当時(1995年だそう)の写真が…
若い!カワイイ

「いつもより多めになにわの中心で歌います!」ということで…
蜜柑色の夏休み
幸福論
蛍(でしたか?)
はつ恋
画面に映る白黒の福山がステキ


メインステージに戻ってきた福山。
NHKのホットスポットの話から
アンモナイトの夢(←?/inst)
群青 -ultramarine-
RED & BLUE(たぶん)
#revolution//evolution(←あってる?スーパードライのCM曲)

WOWOW開局20周年のメインキャラクターに選ばれた福山。
「キャラクターと言えば…NHK BSのどーもくんが有名ですよね。
 警察ならピーポくん、
 そして僕はマーシャくんとして…(一応ウケた・笑)
 初の実写版キャラクターとしてがんばりますよ!」
と、WOWOWのテーマ曲を初披露!
fighting pose

しばらく分からない曲が数曲…


GANG☆
化身
タオル回す!!
買って良かったスポーツタオル!!(笑)金欠なのに(汗)


震災からコンサートを続けていいのか、という話、
いろんな人に聞いたところ、皆大事なのは家族だということで作った歌。
家族になろうよ
(ゼクシィのCM曲、8月から再開されるそう。ここだったは不明?
 いやはや、いろんな事を考えていたら、マジ泣けました。

WOWOWのテーマ曲と両A面で
8/30(?)に発売される新曲ジャケットも初披露!!

心color ~a song for the wonderful year~(?)

【アンコール】
???(忘れた)
追憶の雨の中
今日は水ではなく、アメちゃんをコップに入れて投げる投げる!!


メンバー紹介のあと、みんなで手をつないで万歳三唱。
最後に残った福山は…スタッフと相談?

止まない声援。

時間がオーバーしているという。
しかし一人で弾き語りを。
milk tea

きっと台本通りなんやろうけど、それでもWアンコールみたいで嬉しいよね。
この曲もキュンと来るし。




興奮冷めやらぬ状態で会場の外に出ると雨でした。

「追憶…」で福山の投げる水の代わりに?なーんて思ったりして(笑)



笑った時に見える白い歯が印象的でした。
カッコ良かった~~~










最後にちょっとだけ毒を吐きます。


興ざめするかもなので、熱狂的、陶酔的に福山が好きな方は
この先、読まない方がいいかもしれません。


一昨年に観た時は、Aブロックだし10年ぶりだし、あまりの完成度の高さに驚きましたが
今日は真後ろから見ちゃったせいで、いわゆるモニターというやつが丸見えで。
(と言っても双眼鏡でわざわざ見た

詳しくは書きませんが、そら間違えへんわ…という、ね。

その上、MCまで書いてある。というのはいいんだか悪いんだか。

あのネタも台本通りなの?
と、思うと少ーしガッカリもしつつ。

でもカッコイイから全部許しちゃう(意味不明。アホとも言う。)

しかしどのミュージシャンのモニターも同じようなのかしら???
じゃあなぜ歌詞を間違えるんだろう。。。(誰のことでしょう・笑)


ま、いいか。



ライブDVDが出たら買ってしまいそうです(爆)
コメント